前置胎盤
前置胎盤との診断を受け不安です。自然分娩はできるのでしょうか?
現在28週です。
前置胎盤と20週頃に言われて経過を見ておりますが、現時点で子宮口から7ミリのところに胎盤があるそうです。出血しないよう注意して過ごしておりますが、不意に背伸びをしてしまった場合、それによって出血が始まるとしたら直後なのでしょうか。それとも時間を置いて出血するのでしょうか。また、できれば、自然分娩をしたいと思っていますが、帝王切開での出産と決まるのは、この状態が何週まで続いた場合でしょうか。まだ胎盤が上に上がる可能性があるのかどうか心配です。よろしくお願いします。

*****************

回答 たまごママネット医師団
私は直接エコーであなたの胎盤の付着位置や厚さを見たわけではないので、あくまでも一般論としてお話しします。
妊娠28週で胎盤の下縁が内子宮口から7mm離れているのであれば、これから週数が進むとさらにその距離が長くなり、いわゆる「前置胎盤」や「低置胎盤」ではなくなる可能性はあります。
その場合には自然分娩は可能でしょう。しかし妊娠34-36週になっても胎盤の位置が低く、内子宮口を覆っていたり、内子宮口近くにある場合には大出血の危険がありますので、帝王切開が望ましいでしょう。
詳しくは担当の医師から説明を受けてください。
なお背伸びをしたぐらいで出血するということはふつうありませんので、ご安心ください。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 08.1.22

前置胎盤の可能性があるので里帰り分娩を勧めないといわれました。
はじめまして。今7ヶ月の25週目に入りました。6ヶ月目に入った時、前置胎盤の可能性があると今通っている産院で言われました。少し子宮口にかかっているようです。
私は名古屋に住んでいますが実家が神奈川にあります。ですので先日里帰り出産を希望する旨を先生に伝えたのですが、あなたの場合リスクがあるので里帰りは勧めませんと厳しく言われました。
実家の両親も私が里帰り出産する事を心待ちしています。私自身も近所に知っている人もなく何かと不安なので出来れば帰りたいのですが、やはり里帰りするべきではないのでしょうか。私としては、9ヶ月目に入ったらすぐに里帰りできればと思っているのですが。

***************

回答  たまごママネット医師団
前置胎盤はその程度が問題になるとは思います。妊娠の28週ぐらいから余り胎盤の位置は変わりませんので、その頃の判断(部分前置胎盤とか辺縁前置胎盤言った詳しい診断)になると思います。ここで問題にされているのは、里帰りできるかどうかと言うことですね。一般的にはやはりお勧めできないでしょう。前置胎盤は警告出血といって妊娠後期にちょくちょく性器出血をきたすことも良くあります。もしどうしても里帰りをする必要やしたいという希望があるのでしたら、もう今から里帰りして実家の近くの病院を受診しておくことかと思います。04.7.15

前置胎盤と診察され心配です。
現在、20週目の31歳です。前回の妊娠は多胎妊娠(3つ子)自然妊娠でしたが残念ながら17週4日で稽溜流産で出産(死産)しました。
そのため、今回かなり不安ですがあまり気にしすぎないように心掛けています。先日18週の健診時、いきなり主治医が変更していて更に不安。そして、出血していたのですがそれが前置胎盤だと診断されました。出血は17週で止まりました。
PCで検索するとかなり深刻な病気との事ですが、新しい主治医は「もう、治りかけている。今さらどうこうできない」と、いわれました。
治るものなのでしょうか…?現在、逆子です。帝王切開になる可能性はあるのでしょうか?
前回辛い経験をしておりますので、とても不安です。赤ちゃんが無事に生まれてきてくれるならいいのですが…。新しい主治医の話方がいい加減にしか聞こえないので、今回質問させていただきました。ご回答お願いいたします。

*************

回答  たまごママネット医師団
 前置胎盤とは本来、10ヶ月になって子宮口を胎盤が覆っていることを言っておりました。
超音波診断が一般化し、週数の浅い方の胎盤も見るようになって、やたら胎盤の位置を言うようになったのは本来の意味からは逸脱しております。
胎盤は子宮が小さいときには全周を覆っています。
しかし,胎盤は4ヶ月で完成し、それ以上は大きくならないため、また子宮は下部(下の方)が大きくなってゆくために、恰も胎盤が上のほうに動いているように見えます。(わかりますか?)ですから、妊娠週数の浅いときには大部分の妊婦さんは前置胎盤なのです。徐々に前置胎盤でなくなってゆきます。だから、18週で前置胎盤なぞと言ってはいけないのですが、問題は今回のように出血した場合です。前置胎盤は出血しやすいし、時に大量に出血し母子ともに命を失うこともあるくらい怖いものとなる可能性があります。
そのために安静や子宮収縮を抑える薬が必要になる場合がよくあります。極端に言えば胎盤が子宮口をどいてくれるまでの間だけ注意すればよいのです。胎盤はエコーでよくわかりますので、診察の時に見せていただけば良いと思います。
 10ヶ月になっても前置胎盤が治らなかったり(そんなに頻度の高いものではありません)、それまでに出血が多くなったときはいやでも帝王切開しか治療方法がありません。むしろ治療方法があるからよいとしなくてはならないと考えてください。
それらを含め十分に納得できるまで話のできる主治医を選ぶことからはじめたほうが良いのではないですか?
石井先生 石井第一産科婦人科クリニック 04.4.30

トップ