トップ 戻る
■不妊治療施設>地域>兵庫県英ウィメンズクリニック
英ウィメンズクリニック
交通アクセス : JR三ノ宮駅、阪急三ノ宮駅など各線三ノ宮駅から神戸市役所へ向かって徒歩5分
住所 : 〒650-0021 神戸市中央区三宮町1丁目1−2 三宮セントラルビル2・7・8階
電話 : 078−392−8723
FAX : 078−392−8718
ホームページ: http://hanabusaclinic.com/

医師紹介

塩谷 雅英(理事長)
昭和33年生まれ
略歴  1985年島根医科大学卒業と同時に京都大学産婦人科に入局。 京都大学では体外受精チームに所属し、不妊の臨床に取り組むかたわら研究生活を送り、1994年医学博士(京都大学)となる。 研究テーマは受精卵の着床過程の解析。 1994年より2000年2月まで神戸市中央市民病院に勤務。 2000年3月より、不妊症専門クリニックとして英ウィメンズクリニック(たるみクリニック)を垂水駅前に開設、 2004年4月には英ウィメンズクリニック(さんのみやクリニック)を開設。

苔口 昭次 (院長)
昭和33年生まれ
略歴  1984年に宮崎医科大学を卒業すると同時に、岡山大学医学部産婦人科学教室に入局。 1992年に医学博士(岡山大学)となる。 高知県立中央病院産婦人科を経て、神戸掖済会病院産婦人科部長として勤務。 神戸掖済会病院では、婦人科内視鏡手術に力を入れ、また心身統合医療の一環としてヨガ教室を開設。 2004年9月より英ウィメンズクリニック勤務。 2005年9月より英ウィメンズクリニック 副院長。 卵管鏡下卵管形成手術(FT)に関しては、国内有数の実績を有し、国内およびアメリカ生殖医療学会にて発表。その他論文発表多数である。 英ウィメンズクリニックISO委員会委員長として、医療の品質向上、患者様満足度の向上、安全管理およびシステム作りに活躍している。

垂水クリニック院長 棚田 省三
昭和21年生まれ
略歴  1972年 京都大学医学部卒業。大学卒業後は京都大学産婦人科に入局。 愛媛大学医学部産婦人科講師。 1983年より神戸市立中央病院市民産婦人科 医長。 1990年より兵庫県立尼崎病院産婦人科 部長として活躍。産科救急、各種婦人科治療など幅広く診療に従事。 2005年7月より英ウィメンズクリニックに勤務。 2005年8月より英ウィメンズクリニック 垂水クリニック院長。 外来診療だけでなく、兵庫県産婦人科学会学術委員、兵庫県母体保護法指定医指定委員、京都大学医学部産婦人科教室温知会、理事など各種委員を多くこなす。

副院長 松本 由紀子
昭和50年生まれ
略歴  2001年 浜松医科大学医学部卒業。大学卒業後は岡山大学医学部産科婦人科学教室へ入局。 その後は、神戸掖済会病院、岡山済生会総合病院、姫路赤十字病院に勤務。 2007年9月より英ウィメンズクリニック勤務。

医長 岡本 恵理
略歴  1998年 大阪市立大学 医学部卒業。大学卒業後、大阪市立大学医学部附属病院、産婦人科へ臨床研修医として勤務後、大阪市立住吉病院産婦人科に勤務。 2004年大阪市立大学大学院 医学研究科卒業。大学院卒業後、大阪府済生会千里病院 産婦人科にて勤務。 2007年1月より英ウィメンズクリニック勤務。 得意とする分野は一般不妊症治療および婦人科全般。

医長 水澤 友利
略歴  東京女子医科大学卒業後、慶応大学医学部産婦人科教室に入局。 慶応大学にて不妊治療のトレーニングを受け、その後、東京の荻窪病院では、一般不妊治療および高度生殖医療に従事。 2007年7月より英ウィメンズクリニック勤務。

医長 緒方 誠司
昭和47年生まれ
略歴  1995年 東京大学教養学部卒業。 2002年 大阪大学医学部卒業。その後、大阪大学大学院 医学系研究科、大阪大学附属病院、関西労災病院、箕面市立病院を経て、 2009年10月より英ウィメンズクリニック勤務。

医長 山田 聡
昭和41年生まれ
略歴  1992年 滋賀医科大学卒業。卒業後は神戸市立医療センター中央病院市民 産婦人科にて勤務。現在も非常勤にて胎児超音波外来を担当。 2009年11月より英ウィメンズクリニック勤務。

医員 十倉 陽子
略歴  2005年関西医科大学医学部卒業後、東京北社会保険病院で臨床を受ける。その後、帝京大学医学部付属溝口病院へ入局。母子愛育総合母子保健センター 産婦人科新生児科、帝京大学医学部付属溝口病院 産婦人科を経て、 2011年12月より英ウィメンズクリニック勤務。

医員 安 昌恵
略歴  2003年 京都大学医学部卒業。大学卒業後は京都大学医学部附属病院産婦人科へ入局。その後、大津赤十字病院、兵庫県立塚口病院で勤務。 2009年4月より英ウィメンズクリニック勤務。

医員 梶原 綾乃
略歴  2009年高知大学医学部医学科卒業。 宇治徳洲会病院で研修医として勤務後、京都第二赤十字病院に勤務。 2012年9月より英ウィメンズクリニック勤務。

医長 片山 和明
略歴  1972年神戸大学医学部卒業。1976年神戸大学医学部大学院修了。 1994年より西神戸医療センター産婦人科医長として勤務。 2006年同病院副院長に就任。その後2011年同病院院長に就任を経て、 2013年4月より英ウィメンズクリニック勤務。
治療方針と特徴
    
不妊治療には様々な要因があります。男性・女性、お身体や体質、こころの要因など多岐にわたります。
これら多岐にわたる治療を行うため、医師、スタッフ、医療技術や設備を万全に整え、皆様に最良の治療をご提供いたします。また自然周期体外受精や日帰り卵管鏡手術を取り入れるなど、心と体に優しい治療を目指しております。
診療内容
配偶者間人工授精   × 非配偶者間人工授精
体外受精   顕微授精
胚凍結・移植   精子凍結保存
男性不妊外来   不妊カウンセリング
主たる自費不妊治療料金
精子凍結保存精子による人工授精 21,000円   顕微受精・胚移植 210,000円
運動精子選別・洗浄濃縮法 21,000円   凍結胚移植 73,500円
体外受精 157,500〜178,500円   胚移植 52,500円〜73,500円
受精卵凍結保存 52,500円      
治療実績
人工授精 3,050件   体外受精 1,727件  
顕微授精 1,820件   凍結胚移植 3,090件 (平成24年度)
診療時間
診療受付時間(予約制)
8:30〜16:00)
※ ☆は15:00まで。
土、日、祝 オープン、お昼休みなし。
分娩施設 なし :妊娠された患者さんの主たる紹介先 →患者さんの希望先を紹介
認可等 特定不妊治療費助成指定機関

 

トップ 戻る