■病院選びのチェックポイント

距離は
自宅から近いことは最大のメリット、1時間以内につけることが望ましい。


評判は
出産の体験は感じ方が違って当然です。複数の人に聞きましょう。そして、自分で直接みて決めましょう。 その上で、自分の感じ方で選んでください。医師や助産婦など医療従事者とは相性があります。

費用は
民間病院で、いたれりつくせりのところは費用も高くなります。健診の費用もまちまちです。自治体によっては健診の費用を何回分か負担してくれるところもあります。役所にたずねてください。

バースプラン
バースプランにあうか、母乳で退院する率が高いか、病院の考え方、陣痛促進剤、会陰切開、立会い分娩、フリースタイル分娩可能かなどを確認する。

母子の別室 母子の同室は
母子同室、添い寝は母乳の出が良くなる、赤ちゃんとのスキンシップがとりやすいなど、退院後の育児もしやすくなります。赤ちゃんのためにも別室を選択することはやめましょう。病院に前もって確認してください。 赤ちゃんのためには母子同室をおすすめします。

スタッフは
親切で笑顔があるか助産師・看護師やスタッフの笑顔や親切な対応は、そこが働きやすい施設だということの証明です。

救急医療体制は
急なお産や深夜の対処ができるかどうか聞くことも大切です。

見学・下見は
必ず事前に下見や見学にいってください。その際は事前に電話連絡を!お産の費用は 初診料・定期健診妊娠・出産は病気ではありませんので健康保険がききません。病院や施設によりますが、初診料は、1万〜2万円くらいです。定期健診は、1回、2千円〜5千円くらいです。分娩・入院費用はどのくらい妊娠から出産まで平均75万円くらいかかるといわれています。分娩・入院費用が一番かかります。出産する施設によって変わります。国・公立病院が低く、私立の病院のほうが高額になっています。 また、都市よりも地方の方が低い傾向があります。助産院も低い傾向があります。 入院する部屋が、個室か、大部屋で料金もかわります。 内訳は、分娩費、入院料、新生児介護料、検査費、投薬料などです。だいたい25万から45万円くらいかかると考えてください。(入院6日間)事前に施設にたずねたりパンフレットをもらって確かめてください。

もらえる 出産育児一時金・出産手当金

妊娠・出産は基本的に健康保険が適用されません。産後、健康保険組合から出産育児一時金や出産手当金が支給されますので申請してください。

出産育児一時金
本人か夫が勤めている社会保険(公務員は共済)に加入している場合
30万円が支給されます。退職していても、退職するまで継続して1年以上勤務し、退職後6ヶ月以内に出産した時も支給されます。 手続きは、勤務先か管轄の社会保険事務所。

国民健康保険に加入している場合
地域によって差はありますが、30万円程度が支給されます。
手続きは、住民票のある市区町村の役所へ。

出産一時金は、12週以降であれば、流産・死産の時でも支給されます。双子以上の場合は人数分支払われます。 出産一時金の申請期間は、出産時から2年以内が有効期間です。忘れないようにしましょう。

出産手当金

健康保険に加入している本人が、産休や退職した日から6ヶ月以内に出産した人に、支給されます。 産前6週間、産後8週間の期間、標準報酬の日額の6割が支給されます。死産の場合も同様です。 国民健康保険は受け取れません。

母子健康手帳
妊娠が確定したら、本人の住んでいる(住民票のあるところ)市区町村の役所に行って妊娠 届けを出しましょう。 届け出は、本人か家族ができます。必ず印鑑を持っていきましょう。 自治体によっては医師による妊娠証明書が必要な場合がありますので病院にたずねるといいでしょう。 窓口に妊娠届けを提出するとその場でもらえます。 これを出すことで妊婦は保護されて、いろいろな制度が利用できます。 おなかの赤ちゃんにとっては、妊娠中のお産の記録や、生まれてからの発育の様子記録される大事なものです。 これは一人に一冊必要です。双子以上の時は人数分もらいましょう。

母子手帳で受けられる特典
あなたの住んでいる地域の行政上の特典を利用する場合に必要です。 ミルク代支給 所得が一定以下の場合、妊婦と乳幼児のためにミルク代が支給されます。 妊娠がわかってから産後6ヶ月までと、乳幼児は1才まで支給されます。地域によっては、医療費が無料になります。

入院費用援助妊娠中毒症や妊娠中の糖尿病で入院した場合に、健康保険の適用の他に、 所得におうじて療養援助費の支給が受けられます。

未熟児養育費
産まれた赤ちゃんの体重が2500g以下で、未熟児保育施設の備わった病院に入院した場合に医療給付金の支給が受けられます。ただし、所得制限があります。母子健康手帳の交付をうけたら、次の健診から必ず持っていきましょう。必要なことを記入してもらいます。里帰り分娩や引っ越しにも必ず持っていって、新しい施設にだしましょう。


トップ 戻る