育児相談 乳腺炎
乳口炎になりパルキゾンを処方されましたが授乳を希望する人は飲まない方がいいと記載されていて心配です。
乳口炎になりました。分娩をした病院に行ったら、お乳の分泌を抑えるパルキソ゛ンという薬を1週間1日2錠ずつ飲むように言われ、また炎症ができているので授乳も搾乳も抑えるようにと言われました。ハ゜ルキソ゛ンについて調べてみると、授乳を希望する人は飲まない方がいい薬と記載されていました。病院で、これからも授乳はしていきたいので、ハ゜ルキソ゛ンを飲んでお乳の出が悪くならないかをきいたところ、「人それぞれ。」と言われました。
ハ゜ルキソ゛ンを飲むわ授乳・搾乳をしないわで、お乳の出が悪くならないか不安です。
お乳はよく出るほうです。
ネットを見ていると、乳口炎ができたら、授乳はだめと書いてあったり、赤ちゃんにひたすら飲ませてよくなるとかいてあったり、どちらを信じていいかわかりません。
授乳の際に痛みは走りますが、なんとか授乳はできます。
ただ、このまま授乳し続けると、菌が入り乳腺炎になると病院で言われたのでそれも心配です。
授乳をし続けていいか、また乳口炎の予防法を教えてください。
せっかく母乳がでるので、このまま母乳で育てていきたいです。
お返事をお待ちしています。

*****************

回答  たまごママネット医師団
パルキゾンは赤ちゃんには影響ありませんが、母乳を止めてしまう薬のため、どうしても母乳をやめなければいけない場合を除いて、母乳を与えているお母さんには使用しない薬です。
  質問のお母さんのように母乳を続けたいと望んでいるお母さんがこの薬を飲むと、母乳を続けるのは難しくなります。薬を飲まなくても乳首のトラブルについては対処する方法があります。
乳頭亀裂や乳首の炎症はもちろん乳腺炎で抗菌薬を飲んだとしても母乳を続けながらなおすことができます。
赤ちゃんがしっかり吸ってくれることで乳頭亀裂などの乳頭のトラブルは自然に治っていきます。またしっかり吸うことで乳腺炎も起こしにくくなります。
  乳首の管理や、吸わせ方も大事になります。母乳育児に関心のある助産師さんに相談すると良い解決法が見つかります。
渡辺眞史先生 07.2.4

***********
 乳口炎で白い斑点ができておいでとのこと。この白い斑点は授乳中のお母さんの乳頭に時々見られます。
乳頭や乳輪まで十分にほぐし、赤ちゃんに出来るだけ深く含んでもらって授乳していると、時期になくなることが多く、白斑自体を手当てや治療する必要はないことがほとんどです。 
  ただし、白斑が乳腺をおおってふたをしてしまうとその乳腺で作られるおっぱいは出口を失って、乳房にたまり、しこりを作ったり、熱を持ったりすることがあります。 このようなときはおっぱいを専門にみれる助産婦に相談されるとよいかと思います。
白斑の脇からでもおっぱいが滲んできていたら、おっぱいは詰まることはないので、授乳の前に充分に乳頭と乳輪をほぐし、赤ちゃんにできるだけ深く含んでもらうようにして授乳されることをおススメします。授乳のときに赤ちゃんの唇がドナルドダックのように上手に外をむいて開いていることを確認して下さい。唇を巻き込むようにおっぱいをくわえると、おっぱいの含みが浅くなり、乳頭にトラブルを起こしやすくなります。巻き込みがちに含む赤ちゃんは、お母さんが指でめくるように引っ張りだしてみるとよいことがあります。
 ご心配なさらずに、しっかりおっぱいをあげて下さいね。薬は不要です。
若松寿美恵助産婦 07.2.4



トップ