血液不適合妊娠
血液不適合妊娠について
以前に「胎児黄疸」について質問しました者です。その後の検診にて「胎児黄疸」の事をお医者様に訪ねたところ、「不規則抗体」検査の結果 という事が判明しました。ママと赤ちゃんの血液型が 異なる場合(とくにRh方式で)と本等には書かれていますが、私はA型Rh+です。お医者様には「今すぐどうこうの問題ではないので、忘れてください。」と云われ???状態です。 また、赤ちゃんの大きさも訪ねたところ、ぜんぜん問題はないと云われました。通 院している産科は、主治医制はなく同じ曜日に受診しても毎回違うお医者様なので、受診後は毎回違う思いで家路に着きます。
**************
回答  たまごママネット医師団
胎児黄疸という異常(疾患)はありません。今回の質問の内容から血液型不適合妊娠のことを言っているのだと推測しますが、血液不適合妊娠の場合、胎児の血液が壊され胎児貧血を起こします。この異常を起こすのは母親がRh陰性でしかもRh陽性の赤血球にさらされて感作が成立している場合(Rh陽性の第一子を出産して適切な処置を受けていない場合)またはごく一部の不規則抗体陽性妊婦です。不規則抗体陽性の妊婦さんの場合胎児貧血を起こす頻度は少ないのですが、胎児貧血を起こしていないかどうかはチェックする必要があります。その方法は間接クームスという血液検査を行うのと、超音波で胎児水腫が起きていないかどうかをみることです。  ABO式血液型不適合妊娠の場合は胎児期には異常は起きません。産まれてから新生児黄疸を発症しますが、ほとんど軽症です。

トップ