育児相談 噛みぐせ

指しゃぶりをしながら私の眉毛をさわる癖がありやめさせるのにはどうすればいいのでしょうか?
長男のことで悩んでいます。現在、2歳10カ月です。妹(6か月)がいます。
1歳になるころから指しゃぶりをしながら私の眉毛をさわる癖があります。
寝るとき、甘えるときなどが主ですが寝付くまで1時間近くもさわり続たり夜中や明け方の眠りが浅いときもさわってきます。
触られると私の顔が子どもの手で覆われて息が苦しくて私も眠ることができません。
寝ているときに触られると無意識に手を払いのけてしまうんですが払っても払っても触ってきます。「ママは僕のこと好きじゃないんだ」と言ってしくしく泣きだすこともありました。
長男にとって精神的に安心する大事な行為なので受け入れてあげたいのですが私も限界です。今までいつかは無くなるだろうと我慢してきましたが早く卒業して欲しいと言う思いから本人にも「ママ、それ嫌だからやめて」とか「3歳になったらやめようね」とかつい言ってしまいます。言われた本人はママに拒絶されたと悲しい思いをしてしまったのではないか、といつも反省しています。
無理にやめさせるのはよくないと思いますが、私としてはつらいです。
どうすればいいのでしょう?気楽に考えればいいかもしれませんが真剣に悩んじゃいます。

***************

回答  たまごママネット医師団
 私の外来にパーソナリティ障害の親がたまってしまい、とても小児科の外来と思えないような状態になっています。これから先もっと増えそうです。精神科の同級生には精神科に変わったらとか言われるありさまです。5月から本職が始まり、常位胎盤早期剥離で緊急帝王切開後心停止して生まれた新生児の低体温療法と生後3週目に原因不明の肺出血から出血性ショックに陥った新生児の低位体温療法を行っています。
良い時代になり、心停止して生まれても、後遺症が残らず退院できるようになりました。
 母親と子どもとの関係はお互い心地よい関係であるとよいですね。
甘えには様々な形があり、中には不健全な甘えもあります。たとえば子どもが母親を操る甘えがあります。
  母親は子どもの言いなりになる甘えです。母親は不安になり甘えの受容に苦痛を感じてしまうことがあります。度の過ぎた品物や小遣いを要求するようになり、子どもはわがままになるような甘えです。
 逆に母親が子どもを操る甘えもあります。どちらも心地よいつながりができていない時に起こります。心の中の否定を捨て、今を楽しんでゆくことが大切ですが難しい問題でもあります。
  まず、いやな行動をやめさせる一般的な方法をお話しします。
眉毛を触ったら、一言「ダメ」と言って手をゆっくりと掃います。その時には叱ったり、怒鳴ったり、ぐずぐず言ったりせず、ただ淡々と行動します。もう一度同じ行為があったならば、一言「ダメ」と言ってその場から立ち去ると止まるでしょう。
  言い聞かせたり、叱ったり、怒鳴ったりせずに、無表情で淡々と行うことが効果的です。
この方法は、かみつきや、パニックなどの対処法でもあります。これは最終手段です。
 眠るとき、甘えるときに、この行為で嫌な感じがするときには、寝るときには布団に子どもを入れてから、本の読み聞かせを10分以上すると心が落ち着きます。
  甘えてきたときには、ひざに座らせ同じように本の読み聞かせを10分以上するとよいでしょう。読み聞かせる人も聞くほうも脳血流が増えて安定します。注意点として、子どもにページをめくらせないことです。子どもがページをめくると読む人もイライラしますし、聞くほうはページをめくることに集中して、話を聞きません。本の読み聞かせは2歳半から3歳頃が最も効果的のようです。白川嘉継先生 福岡新水巻病院小児科 07.6.11


噛み癖は治るのでしょうか?なぜ噛むようになってしまったのでしょうか?
こんにちは。今2歳8ヶ月になる男の子と3ヶ月になる女の子がいます。半年ほど前からお兄ちゃんのほうが友達と遊んでいておもちゃの取り合いになると、その子を噛んでしまう癖があるのです。特に女の子に噛み付いてしまいます。とめると叩ける道具を探しに行き道具を使っていじめる始末です。女の子の顔や腕には歯型がくっきり付いてしまい、とても申し訳ないです。どうしたら噛み癖が治るのでしょうか?なぜ噛むようになってしまったのでしょうか?

***************

回答  たまごママネット医師団
 今年の6月に、このコーナーで日本大学名誉教授の馬場一雄先生の続・子育ての医学(東京医学社、2000年)の中でからだにかみつくことについて解説された文章を引用させていただきました。この内容が最も適切かと存じますので再度引用させていただきました。
短縮、改変して、転記しています。
かみつく時の状況は3つのタイプに分けられます。

第1はお乳を飲んでいる6〜8か月頃の赤ちゃんが乳首にかみつく場合
第2は1歳ぐらいの幼児が大人の腕や肩にかみつく場合
第3は3歳前後の子どもが、突然一緒に遊んでいた仲間の子どものお尻や腕にかみついたり、これを押しとどめようとした大人の腕にかみついたりする場合です。


 第1の状況は歯が生えることに伴って、歯ぐきに軽い炎症が起こり、痛みやむずがゆさを感じ、何かをかむことでその不快感が和らぐことに気づいた時に起きる現象であると説明されています。しかし、かむという動作が食物をかみ取ったり、かみ切ったりすることに利用される以前の段階で、何でも無差別に口に入れ一応かんでみる試行錯誤の時期を経過し、その試行錯誤の一部と考えることもできます。いずれの場合も乳首をかんだ時には即座に指を歯ぐきの間に入れ「だめ」とはっきり言って乳房から離し、しばらくしてもう一度お乳を与えてみて、またかむようなら授乳をうち切るのがよいとされています。
かむのは授乳の終わり頃に起こるので、栄養が不足する心配はまずありません。

 第2の状況は、イライラした気持の表現か、かむ行動を楽しんでいるのか、大人の注意を引く行為であるのかはっきり原因を突き止めるのは艱難ですが、どれもが原因となり得そうです。原因にかかわらず、かみつかれた場合には、それが社会に受け入れられない行動であることを教えるため、すぐに子どもを下におろして立ち去るのがよいと言われています。

 第3の状況は何か子どもの気に入らないことがあった場合に起こりがちな、叩く、ける、物を投げるなどと同様に、一種の攻撃行動であると思われます。

かみついた子どもを別室に隔離してしまうか、それができない時には、かみつかれた子どもにおもちゃやお菓子を与えて、できるだけサービスする一方で、かみついた子どもは部屋の片隅に放置して、完全に無視する態度を取るのがよいとされています。
もしこのような処置が成功しなくても、3歳前後の子どものかみつき癖は自我の芽生える時期に見られる一時的な現象で、深刻に悩む必要はないと述べられています。第2、第3の状況で子どもをおろしたり、別室に連れて行く時には、怒ったり、怒鳴ったり、グチグチ叱ったりせず淡々と行動すると効果的です。
補足
イライラした状態から抜け出したら、叱らずに、静かにその理由を聞いてみることが大切です。イライラの原因が大人にあることが多く、私が経験した最も多い原因は、母親の気持が他に向き、子どもから離れている場合や、子どもを拒否している場合でした。
白川先生 産業医大小児科 05.6.17


トップ