医療相談室

早産が気になります。
教えて下さい。今日で妊娠26週目になる経産婦です。担当医師より妊娠初期から「着床位置が出口に近いので妊娠後期に入ったら気を付けなさい」と言われていましたが、24週目の検診でもう胎児が骨盤内にいると言われました。
第2子の妊娠で、第1子はADHDの為とても手が掛かります。
私の妊娠で情緒不安定気味でもあり4歳で体重が20kgもあるのですが益々抱っこをせがみます。「ちゃんと安静にしていないからこういう事になる!」と先生からはとても叱られました。ですがどうしてもまだ生まれていない子どもより、今、目の前にいる子どもが最優先になってしまいます。
とても人気のある産婦人科で、いつも待合室には人がいっぱいの為、先生にゆっくり相談をする余裕は全くありません…。
今後、どう気を付ければ良いのか訊ねてみたのですが、回答は「あなたを手伝ってくれる人を探しなさい」だけでした。
もしもの時の事も伺ったのですが「考えるべき事が違う。もしもではなくそうならない為に改善しなさい」との事でした。
私たち夫婦には両親がおりません。他人との養子縁組はしていますが…頼る事は無理です。
育成寮という障害者専用の宿泊施設を町から紹介して貰いましたが、やはり可哀想で入所させられません。
今現在の私の状態としては、ごく短時間の弱いお腹の張りが頻繁にある、足の付け根の強い違和感、体重が増加傾向にあり(4週で2kg弱づつ増えていますので可能なら散歩をしたいです)、超音波での胎児は10日程大きい、と言った具合です。早産に関しての自覚症状はありません。
子宮口の状態は内診をしていないので何も言われておりません。
子宮口を縛ってもらえば大丈夫じゃない?という人もいます…が効果はあるのでしょうか?
24週の時点で骨盤内に胎児がいるというのは%的にどの位緊迫した状態なのでしょうか?
このままでは自宅から1時間半も掛かる大きな病院で出産する事になると言われましたが、普通の医院にも保育器はあると思います。何週間経過していれば問題ないのでしょう?
第1子にとっても今が小学校就学前のとても大切な時期で、泣きながらもトレーニングに通わせています。(町の情緒学級なので母子参加が基本になっています)
第1子と第2子と…公平に見てどちらを優先させるべきなのでしょうか?
産院の先生はお腹の赤ちゃんばかりを最優先でお話されるので、どうしても大げさに言われているようで…。気を付ける事、普通の妊婦と区別してやってはならない事、何が早産に拍車をかけてしまうのか、医師の立場から見て一番ベストに思えること等をお教え頂けたらと思います。
長くなり大変申し訳ございませんが、一応参考までに長女(第1子)はリタリンの服用は私の希望(リハビリで頑張りたい)でしていませんし、今後も服用させるつもりはありません。

*************

回答  たまごママネット医師団
妊娠26週で自宅療養を命じられているとのことですが、内診もせずに通院で経過を見られているということは、さほど早産が切迫した状態ではないということでしょう。
「胎児が骨盤内にいる」というのは胎児の先進部分が下がってきているということでしょうか。この時期の胎児の位置はひんぱんに変わっていることが多く、あるとき低めに位置していたとしても子宮口が閉まっていて子宮頚管の長さが十分に保たれていれば心配ないことが多いのです。どれほど緊迫した状態なのか、くわしいことは担当の先生に答えていただいてください。また妊娠中の体重増加に対しては散歩をして体重を減らす事よりもむしろ適切な食生活(間食も含めて糖分・脂肪分を控えることなど)を心がけてください。第1子のお子さまとお腹の中の第2子とを比べてどちらが優先ということはないでしょう。ただもしも妊娠26週で早産してしまったら、普通の産院ではとてもみられません。
新生児集中治療室(NICU)のある大きな病院での管理が必要になりますし、そこで診てもらっていても必ず救命できるという保証はありません。本当に早産の恐れが強ければ、上のお子さまをどこかに預けてでも安静にしていただいた方がよいでしょう。ただお話を伺っただけではそれほど切羽詰まった状態なのかどうか私にはピンときません。人気があって忙しい産婦人科の先生であっても患者さまの病状についての説明責任はありますので、得心のいくまで十分に説明を聞いてください。
どうしても納得のいく説明が得られなかったら、他の産婦人科医師を受診してセカンドオピニオンを求めるという考え方もあります。
育児と早産予防との間で板ばさみになっている苦しいお気持ちは理解できますが、お子さまは二者択一できるものではありません。もう少し情報を得た上で、とりあえず緊急度の高い方を優先されたらいかがでしょうか? 
衣笠先生 尼崎医療生協病03.10.1


産後のおりものと生理について教えてください。
こんにちは。私の体のことなのですが、4月に出産して、2ヶ月悪露が続きました。産後からおりものが多いのです。多い日はティッシュでふくとかたまりになって出てくる時もあります。産前はこんなにおりものがでたことはありませんでした。おりものにはにおいも等なにもないのですが。
産後はおりものが増えるのでしょうか?一度婦人科を受診したほうがいいのですか?
それと、生理が8月(産後4ヶ月)に一度きました。しかし、今月はきていません。子どもが昼間は乳を嫌がるのでミルクを与えているのですが、夜寝るときだけ母乳を与えています。その関係で生理が不順になったりするのでしょうか?お返事お待ちしております。

*************

回答  たまごママネット医師団
産後5ヶ月で夜間だけ母乳をあげている場合、授乳時に分泌されるプロラクチンというホルモンの影響で性周期が乱れる(月経不順になる)可能性はあります。しかし妊娠の可能性も考えられますから、一度調べていただいた方がよいでしょう。また産後5ヶ月で帯下(おりもの)が多いというのは妊娠・分娩の影響よりも、カンジダ性腟炎などの感染症の可能性がありますのでやはり一度産婦人科を受診してください。百聞は一見に如かず、です。衣笠先生 尼崎医療生協病院 03.10.1


張りがあるのですが健診を先延ばししたいのですが。
35W4Dの初妊婦です。7ヶ月後半頃からお腹の張りが気になり、今はひっきりなしに張っている状態です。寝起きでも張っている状態です。あと10日ほどで正期産に入るので、このまま放置しておいてもいいものでしょうか?
検診時には触診はしていません。
あと臨月に入ってからの検診は36Wで受けなければいけないものでしょうか?
前回34W5Dで検診を受けており、2週間後の指示が出ているのですがピッタリ2週間後に行けないので、先延ばしを考えているのですが…。37Wで受けるのはダメなものでしょうか・・・?

************

回答  たまごママネット医師団
妊娠35週にお腹が張っているのであれば、早産になる可能性がありますので、必ずかかりつけの先生に連絡して診察を受けるようになさってください。それからあなたの都合で検診を先延ばしにされるのはあなたの自由ですが、その前にそのために生じる不利益はあなたにすべて跳ね返ってくることをよく考えてください。
我々の立場からはかかりつけの先生の指示を守っていただくことをお勧めします。 03.9.30

前置胎盤で心配です。
初めて質問させて頂きます。私は22歳で、1歳4ヶ月の男の子がいます。
8月中旬に第2子妊娠が分かり、現在11週になりました。
9月15日にチョコレートを少し薄めたようなおりものが出て、祝日のため、救急外来のある総合病院(長男を出産した病院です)で診てもらった結果、前置胎盤とのことでした。
それから5日後の20日に、今まで通っていた個人病院(外来のみ)では「胎盤は普通。前置胎盤ではない」と言われました。今は総合病院で処方された物と同じ張り止めの薬を処方されて3食後飲んでいます。薬の名前はダクチル50mgです。そしてやはり「あなたはお産の経験があるので、子宮収縮によって子宮口が開いてしまったら、赤ちゃんは簡単に流れて出て来ちゃいますからね。可哀相だけれども、大泣きして騒いでも今すぐ断乳して下さい」と言われました。
病院によって診察の結果が違うのはなぜなのでしょうか、また、おっぱいを飲ませる事で、流産をしてしまうのでしょうか、教えてください。

************

回答  たまごママネット医師団
妊娠初期に前置胎盤と診断されたが、他の施設ではそうでないと否定されたのが不思議だということですね。これは表現の仕方の違いに過ぎません。つまり妊娠初期で出血しており、超音波検査上胎盤が子宮口にかぶさるような形で観察されていたということなのだろうと推測されます。この状態はいわゆる前置胎盤と同じ状態です。ただし妊娠初期に前置胎盤と診断されていた人の7割以上の人は子宮が増大するのに伴い、超音波検査の所見が変化して、正常な位置に移動したかのように見えていきます。一般的に前置胎盤は妊娠中期から後期にかけて問題となる疾患とされており、妊娠初期には先ほど説明したこともあって前置胎盤とは言わないことが多いですが、出血の理由をあなたにわかりやすく表現されたのではないかと思います。
それから妊娠中の授乳は子宮収縮を誘発しますので、流産の原因となる可能性があります。現在妊娠している赤ちゃんのために必ず断乳してください。お兄ちゃんにも赤ちゃんのために我慢してあげるよう説明してあげてください。03.9.30

妊娠検査薬で調べたら反応がしだいに薄くなっています。
現在妊娠7w目に入ったところです。5w5dで初診に行ったときに超音波検査で胎嚢と卵黄嚢が確認されました。
その頃から少量の出血(茶色のおりもの程度)が続いていたのですが、3日ほど前にやっと止まったようです。
ここからが質問なのですが、妊娠がわかってから妊娠検査薬を何度か試しているのですが、前回初診に行ったころから、だんだんと反応が薄くなってきているんです。
5wの初め頃はすごくくっきり(終了線より濃いぐらい)陽性反応が出たのですが、その後、3回ほど検査したのですが、だんだん薄くなってきています。
今は終了線の3分の1ほどの濃さになっています。検査する時はいつも朝一番の尿でしています。
これってどうなんでしょうか?流産しかかっているということなんでしょうか?
出血もあったし、つわりも少ししかないし不安です。早めに病院にいったほうがいいですか?教えてください。

*************

回答  たまごママネット医師団
受精卵の異常について
妊娠とは精子と卵子が受精して成立するのですが、実はすべての精子、卵子が正常ではなく精子の中にも卵子の中にも異常な遺伝情報を持つものが含まれており、そのような異常な精子、卵子が受精してしまうと異常な受精卵となってしまいます。
異常な受精卵はその異常の強さによって予後が決まっており、異常が強ければ妊娠初期に流産となり、異常が軽ければ妊娠中期に死産となったり後期で死産となったりします。
また、異常が極軽微であればダウン症のように障害児として生まれてきます。障害児とは異常が軽いために生きる事が出来る子と考えられます。
受精卵が異常な場合、どう医療が介入しようがそれを正常に戻す事は出来ず、その運命に従って多くの子は流れてしまいます。育つことの出来ない子は自ら身を引く。これが自然淘汰です。
逆に、受精卵が正常であれば多少の事で流れてしまう事はありません。重い物を持っても、自転車に乗っても、上の子におっぱい吸わせていても、旅行してもそれが直接的に妊娠経過に異常をもたらす事はありません。
ただ問題は医療側が、受精卵が正常であるかどうかを容易に判断できない事なのです。
そのために例えば妊娠初期に出血があった場合、念のため安静にしておきましょうとか言っ てお母さん方を縛り付けている事が多いのです。
受精卵が正常であれば赤ちゃんは順調に育つ事がほとんどで、もし受精卵が異常であればどんなに安静にしていても流産してしまうのです。つまり赤ちゃんが流産するかしないかは初めから決まっている事で、それはお母さんが安静にするかどうかとは無関係なのです。
あなたの場合、妊娠反応が薄くなっていると言うことですので、流産の可能性があるのかもしれませんが、それは経過を見ていかないとなんともいえません。ただし、上述したように流産するかしないかは最初から決まっている事で、もし流産する命ならあなたも医者もどうすることも出来ないということです。
 赤ちゃんの心拍が確認できたらほぼ順調に育つ命だと考えられます。今の週数であれば心拍は確認できる週数ですので早めに受診されて診てもらうといいでしょう。 中村先生 なかむら産家医院 03.9.30

子どもが出来ないのですが
病院を6回変わって主人の精子が全然ありませんでした、精子のない今は子どもをあきらめるしかないのでしょうか?
主人は若いころ少し病気をしてそのせいなのか精子がなくなったのかほんとうの原因はよくわからないのです、わたしも37歳ぎりぎりの選択がまっていて後は体外受精しかないのでしょうか?

***************

回答  たまごママネット医師団
病院を6回変わっても御主人の精子が全然認められなかったということであれば無精子症の可能性が高いです。もしも睾丸あるいは副睾丸に精子あるいは精子細胞が多少でも残っていれば顕微受精により妊娠できる可能性がありますが、まったくなければ御夫婦間での妊娠は不可能です。ぜひとも挙児希望なら一度、泌尿器科で睾丸生検などの精密検査を受けられたらいかがでしょうか?それで結果が思わしくなくとも落ち込まないでください。あなた方が御自身や世界のためにできること、求められていることは、子孫を残すこと以外にも数え切れないぐらいあるわけですから。 衣笠先生 尼崎医療生協病院 03.9.29

卵巣のう腫の手術についての質問です。
前回も卵巣腫瘍の件で問い合わせしました。MRIで検査した結果、卵巣のう腫(皮様のう腫)であるとのことで、早くて10月末か11月初めに開腹手術をするとのことでした。現在妊娠8週目なのですが、MRI自体で検査しないと確実ではないが、悪性などの判断がつきにくいので、妊娠初期ではあまり勧められない検査であるということと、事例としては奇形児が産まれるとか、流産するといったことは報告されていないということを、検査をする医師(産婦人科の医師とは別です)から説明を受けてから行いました。伺いたいことは以下の2点です。
@妊娠初期(妊娠6週時)にMRIを行ったことで、影響が出たという事例はないとの説明でしたが、ほんとに影響はないと考えてよいのでしょうか。磁気が強いだけで問題ないとのことでしたが・・・。
A皮様のう腫の手術方法は開腹手術しかないのでしょうか。腹腔鏡では対応できない状態なのでしょうか。
右卵巣に100×70×65、左卵巣に45−50mmの大きさの両側dermoid cystsとの検査結果でした。

*************

回答  たまごママネット医師団
@ まずMRIについては、確かに胎児への安全性については不明であるとされていますが、MRIが世に出てからかなりの年数がたち、必要に迫られて妊娠初期にMRI検査を受けられた方は世界的にみれば膨大な数にのぼるはずです。
私の勤めている病院でも少なくとも3人の妊婦が妊娠初期にMRIを撮っています。通常の卵巣嚢腫なら超音波検査(エコー)だけで十分診断がつくのですが、エコーで充実性の部分が認められたりして悪性病変の有無を術前に確認したいときにはMRIが有用です。
MRIが普及する前はエコーで不十分ならX線CTを撮らざるを得なかったわけですが、X線を使用しないMRIが登場してからはエコーの次に必要ならMRIと考えられるようになりました。X線CTであっても線量的には胎児奇形の危険はほとんどないと考えられていますが、MRIで用いられる高磁場や電磁波の胎児への影響はさらに小さいとみなされており、実際のところ特に心配されることはないでしょう。
A 右卵巣に100×70×65mm、左卵巣に45−50mmの大きさの両側dermoid cysts(皮様嚢腫)があり、妊娠12週以後に手術されるということですから、一般的には伝達麻酔(腰椎麻酔あるいは硬膜外麻酔)のもとで通常の開腹術をおこなって、両側卵巣の病変部分だけを摘出する(健常部分を残す)方法がスタンダードでしょう。
全身麻酔下に気腹(腹腔内に炭酸ガスを充満)しておこなう腹腔鏡下手術を妊娠中におこなうことについては、いまだ十分に安全性が確認されていないと思います。 妊娠12週以後に手術を予定されているのは、手術中に卵巣の妊娠黄体を嚢腫部分とともに摘出するか、あるいは損傷した場合でもそれによる流産の心配がないからだとおもわれます。手術の内容やリスクについては担当の医師によくお話を伺ってください。 衣笠先生 尼崎医療生協病院 03.0926

妊娠8ヶ月に入り血液検査でATLがプラスと言われました。
その検診の時にはあまり意味が分からずに主治医の話を聞いて帰ったのですが、家に帰ってからきてから深刻に悩んでいます。少しインターネット等で調べたんですが。
もう一度その部分だけ精密検査をした方がいいのでしょうか?間違いはないのでしょうか?母乳はあげないほうがいいのでしょうか?6ヶ月までは赤ちゃんにも免疫があるので母乳をあげても大丈夫なんでしょうか?私自身、40歳〜50歳までに発病する可能性があるということなのでしょうか?
いろんな考えがあると思うのですが、ご意見、お考えを詳しくお聞かせ下さい。

***************

回答  たまごママネット医師団
ATLV(またはHTLV-1)の検査はスクリーニング検査(ふるい分け検査:PA法、EIA法など)と、確認検査(IF法、WB法など)とに分かれていますが、検査センターでスクリーニング検査が陽性なら確認検査をおこなった上で結果を返してくる場合がありますので、ウィルス陽性が間違いないかどうかは担当の医師にご確認ください。
私自身も妊婦さんがATLV(成人T細胞白血病ウィルス)陽性であることがわかったときに、説明するのが少しつらいことがあります。成人T細胞白血病は現在でも抗癌剤が効きにくく、難治性の病気だからです。ただ幸いなことにATLVに感染していても実際に白血病を発病するのは3-4%程度であり、女性に限れば2-3%とされています。現在、日本人の約30%が癌で死亡しており、男性の方が女性よりも癌の死亡率が数%高いのです。
成人T細胞白血病も血液のガンと考えれば、トータルの癌死のリスクは、あなたの2-3%の白血病発症率を考慮しても、なおあなたの御主人の方が高いかもしれません。
 またこの10年間にかなり有望な抗悪性腫瘍剤も世に出てきており、今後10−20年間にはさらなる治療法の進歩が期待できます。体内に白血病ウィルスがいると聞いただけでパニックになりそうなお気持ちは想像に難くないのですが、だからといって悲観される必要はありません。これまで通りの生活を送っていただいたらよいと思います。
赤ちゃんへの感染予防についてはいろいろな考え方があります。
確かに出生前の胎内感染もありますが、母乳が最大の感染経路であると考えられており、人工栄養児の感染率は3-6%、母乳栄養児では15-25%程度とされています。短期母乳哺育は長期(6ヶ月以上)母乳栄養と比べれば感染率は低いものの、人工栄養ほどの予防効果はないようです。
手間がかかりますが、凍結解凍母乳では母乳中のリンパ球が破壊されるために感染力がなくなると考えられており、私どもの病院でも希望者には指導しています。
母乳栄養には乳児の感染予防効果、母子の精神的な絆を含めて多くのメリットがあり、また乳幼児突然死症候群(SIDS)の発生率を低下させるという報告もあります。
したがってATLV陽性者に一律に断乳を勧めることに対しては反対意見もあります。あなたの赤ちゃんが40-50代になる頃には、成人T細胞白血病が過去の病気として忘れ去られていればそれに越したことはありません。しかし現時点ではその保証がないので、やむを得ずできるだけの予防手段をとろうという考え方には妥当性があります。
ぜひとも直接授乳したいという方にそれを禁じることはできません。一方で危険なウィルスの感染を防ぐためにあえて断乳することも母親の愛情であり、どちらを選ぶかはあなた自身がお決めになることです。 衣笠先生 尼崎医療生協病院 03.09.25

カンジダ菌と溶連菌がいることがわかり不安です。
現在22週に入り順調なのですが、検診でおりもの検査をしたところ、カンジダ菌と溶連菌がいることがわかりました。薬はサワシリンとエンプシド膣錠をいただきました。薬の説明だけ受けたのですが、溶連菌とはどういうものなのでしょうか?感染にはどういう経路が考えられますか。感染しやすい人などありますか?後この先気をつける事など教えてください。

**************

回答  たまごママネット医師団
溶連菌とは溶血性連鎖球菌の略ですが、その種類は18群に分けられています。
その中で病原性が強くて問題となるのはA群溶連菌で、しょう紅熱や扁桃腺炎の原因となります。A群以外の菌は病原性が弱くあまり問題となることは少ないのですが、B群の溶連菌は膣内に繁殖することがあり、病原性は弱いのでお母さんに対しては悪さをしないのですが、生まれてくる赤ちゃんに大しては感染して髄膜炎を起こすことが稀にあります。
菌がいれば必ず感染するのではなく、特に成熟児では感染が成立する頻度は少ないようです。
 感染経路は不明です。というより、世の中菌だらけですので、菌は四六時中身体へ進入してきており、それを抵抗力でもってやっつけているのです。ですから、抵抗力が落ちたときに感染が成立しやすいとかんがえられます。
 気をつけることは、抵抗力がなるべく落ちないように、身体ずくりをする事と膣炎の症状があれば放置せずに早めに治療することです。中村先生 なかむら産家医院 03.09.25

早産の注意と妊娠中の予防接種について教えてください。
@ 17歳と20歳の時に自然流産(どちらも妊娠していることに気づいてませんでした)をし、21歳で長男(健在)を産んだ半年後に稽留流産をしました。長男を妊娠中も切迫流産で2週間、切迫早産で3週間ほど入院しています。今、お腹の中に12週の子どもがいますが、注意することはありますか?
A 子どもの頃、ポリオとBCGだけしか予防接種を受けておらず(熱性痙攣を繰り返し起こすため、三種混合も受けられなかったとの事です)、麻疹と水痘、おたふく風邪はかかっているのですが、風疹だけはかかってなくて、予防接種も受けていません。昭和54年の11月生まれなので、今月末までなら無料で受けられるようですが、妊娠中に受けても大丈夫でしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
現在のところ出血や下腹痛がないのであれば、特に注意することはないと思います。ただ妊娠歴に切迫早産や早産がある場合には、次回妊娠時にもその傾向があるとされていますので、出血や下腹痛、子宮収縮の頻度の増加には注意を払い、異常があればかかりつけの先生に相談されるようにした方がよいと思います。
それから妊娠中の風疹の予防接種は禁忌です。  03.09.25

二卵性双子妊娠中ですが体重差があり心配です。
初めて質問させて頂きます。22週2日の二卵性双子妊娠中です。自然妊娠ではありません。初めての体重測定で2人の体重差が17%と言われました。頭、足の長さは同じで、胴回りに差があります。今後の経過を見ていこうということですが、この時期に体重差があるということは、小さい方の子の器官形成に何らかの異常があるということになるのでしょうか。その場合、治療法はあるのでしょうか。奇形の可能性もありますか?それとも未熟児で生まれるというレベルのものでしょうか。多胎に関する情報が少なく、何かできることはないか次の検診まで心配で仕方ありません。どうか教えて頂けると有り難く思います。

**************

回答  たまごママネット医師団
妊娠22週の時点で(超音波検査による)予想体重差が17%というのは、予想体重の誤差や個体差を考慮すると必ずしも異常とはいえません。担当の先生の言われるように経過をみていかれたらよいと思います。
双胎間の体重差が(大きい方の胎児の)25%以上ある場合に、"discordant twins"(ディスコーダントツイン)と呼び、異常であるとされています。そのような体重較差のある場合には小さい方の胎児よりもむしろ大きい方の胎児の健康状態もそこなわれることがあり、高度になると心不全や胎児死亡に至ることがあります。
また羊水過多を生じやすく、その場合には母体にも負担がかかります。このようなディスコーダントツインは一卵性双生児に多いのですが、二卵性でもみられることがあります。しかし二卵性の場合には極端な体重較差は生じないことが多く児の予後は良好である(元気に出生する)ことが多いようです。
衣笠先生 尼崎医療生協病院  03.09.24

血液検査の結果、間接クームス検査で+が出て心配です。
現在32W2Dで本日検診にて血液検査の結果、間接クームス検査で+がでたので再度再検査をしますと言われました。どうなるのですか?と聞いたところ、輸血時に問題になるとのことで現在の発育状況に問題がないので2週間後に検診に来てくださいとのことでした。中途半端に納得して帰ってきてしまい、インターネットで検索するとなんだか不安になってきてこの相談室を知りご相談させていただきました。私自身の血液型はA(+)で主人はA(-)です。どういったことが起こるのか?私は無事出産することができるのでしょうか?12年前に母親が39週で胎内死亡の経験があり、それを目の当たりにしている私は不安との葛藤でやっと9ヶ月目を迎えました。出産目前でますます不安材料が増えたように気がどっしり重くなりました…考えすぎでしょうか?アドバイスを宜しくお願いします。25歳/初産です。

**************

回答  たまごママネット医師団
あなた自身の血液型がA(+){これはA型でRh(D抗原)陽性という意味でしょうか}でご主人がA(-){A型でRh(D抗原)陰性}であったなら、ABO不適合はなく、また胎児がRh(D抗原)陽性であっても陰性であってもそれ自体は問題ありません。しかし間接クームステストが陽性であったとすると、それ以外の血液型、たとえばRh血液型のうちD抗原以外のもの{C(c)抗原やE(e)抗原など}やルイス血液型などについて母子間の不適合が生じる可能性はあります。
具体的にいうと母親の抗体が胎盤を通過して胎児の赤血球を破壊して、児が貧血や黄疸になる可能性がないとはいえません。あなた自身は輸血されたことはないでしょうか?輸血や過去の妊娠(流産・分娩ともに含む)の既往歴がなければ、先天的にもっていた抗体(自然抗体)か、まれながら今回妊娠中にできた抗体ということになります。
自然抗体の場合には胎児への危険はほとんどありません。またルイス血液型不適合もほとんど問題ないようです。それ以外の場合でも、抗D抗体以外で胎児への影響が問題となることは実際はまれですが、もしも分娩時に出血多量で輸血を要する場合にはできるだけ安全な血液を確保する必要がありますので、精密検査(不規則抗体同定検査)をおこなっておく方がよいのです。
再検査というのはおそらくその検査のことでしょうから、担当の先生にしっかりとお話を聞いて下さい。エコー上で胎児発育が順調なら、あまり心配されずに経過を見ていけばよいでしょう。 衣笠先生 尼崎医療生協病院 03.09.23

めまいや不整脈について教えてください。
私は第1子を出産してから、ずっと気になっている事があるので質問します。
私は、体重50キロ、身長160センチで、低血圧です。(普段55〜81)これといって、大きな病気にかかった事はありません。妊娠中、3度めまいと耳鳴りがありましたが、ちょっと横になって休むと、すぐ良くなりました。3回とも、椅子にじっと座っている時でした。
妊娠経過は順調で、貧血も指摘されず(ギリギリセーフの時もありましたが)、体重も+9キロで問題なく、妊娠予定日に普通分娩で2688グラムの女の子を出産しました。しかし、産後、私は不整脈になり入院中ずっと心電図でモニター管理されました。不整脈になっていた時、医者から「以前意識がなくなったことはありますか?胸が苦しく無いですか?」といろいろ聞かれましたが、今まで意識がなくなったことはないし、胸も苦しくありませんでした。
旦那が呼ばれ、心臓がこのままだと、専門の病院で詳しい検査をした方がいいといわれました。
自分で脈をはかったら、脈がとぎれとぎれなので、私は、恐くて、もう自分は死んでしまうのかと思って大泣きしました。幸せの絶頂から、一気に絶望へ突き落とされた感じでした。でも、「不整脈の原因は、産後飲んだ子宮収縮剤(錠剤)の影響かもしれないので薬をやめます」と医者に言われ、飲むのをやめたら、心電図は正常になったそうです。
退院2日前、週に1度来られる心臓専門のお医者さんに心電図を診てもらったところ、「薬をやめてからは正常になっているので、多分、一貫性のものだと思います。これ以上の詳しい検査は必要無いです。」と言われ、無事に赤ちゃんと退院する事が出来ました。
退院後も、胸が苦しくなるような事は、なかったのですが、身体がだるく、すごくしんどくなって椅子にも座っていられない事がありました。
不安に思って、内科で尿検査、血液検査をしてもらいましたが、異常なしでした。その後、産婦人科でも内診をしてもらいましたが、異常なしでした。睡眠不足、育児疲れ、ストレスによるものだろうとの事でした。
以上の事で、次の妊娠の事を考えると不安ですが、いずれはもう1人出産したいと思っています。
しかし、私が第1子を出産した総合病院は、産婦人科が閉鎖されてしまいました。
質問は、
@妊娠中のめまいが気になりますが、低血圧だからでしょうか。低血圧はどうしたら治りますか。
A産後、不整脈になったので、次も、個人の産婦人科より総合病院にした方がいいですか。
B産後の子宮収縮剤は、もう飲まないつもりですが、出産時にもしお産が進まず誘発剤を注射しなければならなくなったら、  また不整脈になってしまうのでしょうか。(子宮収縮剤と誘発剤は似ているそうですが)
C産後、誰もが普通に飲んでいる薬で不整脈になった私は、心臓が弱いという事になるのでしょうか。
正常な心臓でも、子宮収縮剤でおかしくなってしまう事はあるのでしょうか。(ちなみに私は、いままで薬で異常があったこと  はありませんでした。)

************

回答  たまごママネット医師団
@妊娠中は末梢血管が拡張傾向にあるためか、起立性低血圧(立ちくらみ)を起こす方は多いようです。また原因はよくわかりませんが、妊娠中に一過性にめまいや耳鳴りを訴えられる方もおられます。多くの方は出産後に軽快されますが、非妊時にも症状がくり返し現れるようなら内科あるいは耳鼻科で検査を受けられた方がよいでしょう。

A〜C 産後の子宮収縮剤でよく使われているものは、パルタン・メテルギンなどの麦角剤と呼ばれる薬剤ですが、確かに麦角剤には心臓の血管収縮による狭心症や心筋梗塞、不整脈(房室ブロック)などの副作用があり、お話を伺ったところではその副作用の可能性は十分考えられます。今後は使用されない方がよいでしょう。産婦人科を受診されたとき、また出産されたときには担当の医師や助産師・看護師にそのことを話しておいた方がよいでしょう。薬の効き方には個人差があり、麦角剤で異常な反応が現れたからといって心臓が弱いとは限りません。御心配なら妊娠する前に循環器の専門医に診ていただいて心電図や心エコーなどの検査を受けられるとよいでしょう。
ひととおり調べて異常なければどこで出産されてもよいと思います。
また麦角剤は陣痛促進(誘発)の目的で使われることはありません(胎児娩出前は使用禁止になっています)。陣痛促進にはオキシトシンやプロスタグランディンといった別の薬剤が使用されます。そのうちオキシトシンは血管収縮作用があまりないので使いやすいかもしれません。分娩前に担当医と話し合っておいてください。 衣笠先生 尼崎医療生協病院 03.09.23

超音波写真の胎嚢の形がすごく細長く心配です。
現在妊娠6w2dです。今回は2度目の妊娠で分娩歴はありません。
今年の7月に1度初期流産(完全流産)を経験し、8月に生理がきて、9月にまた妊娠することができました。
5w5dで初診に行ったのですが、その時超音波で約2cmほどの胎嚢と卵黄嚢らしきものが確認でき、胎芽はまだ見えなくて心拍も確認できました。その時に超音波写真をもらったのですが、胎嚢の形がすごく細長いんです。
胎嚢の形が悪いと流産してしまう可能性が高いとどこかで聞いたことがあるので、不安になっています。
出血や腹痛がなくても繋留流産していることがあると聞きますが、繋留流産の時は自覚症状はまったくないのでしょうか?
例えば基礎体温が下がったり、妊娠検査薬で陰性になったりしないのでしょうか?
初診に行った日から3日間ほど、少量ですが出血しました。今はとまっているようです。
内診の時に傷ついて出血しただけなのか、流産の兆候なのかわかりません。とても不安です。

****************

回答  たまごママネット医師団
超音波検査は3次元の世界を平面に投影したものなので、撮影の仕方によっては正常な妊娠でも、胎嚢の形が変形しているように見えることはありえます。また診察後に刺激で出血を認めることは時々あることで、問題は少ないようにも思いますが、インターネットではこの程度の回答しか出来ません。かかりつけの先生に相談される方がよいと思います。03.09.23

貧血の対処方法を教えてください。
今やっと9週目に入りましたが5週目ごろよりつわりがひどく食べては吐く、吐いては食べるの繰り返しの日々です。
たちくらみも激しくて仕事も2週間休んでいました。来週から仕事復帰ですが不安です。
15分ほどたっているだけで目の前がすぅ〜っと暗くなり倒れそうになりますが、何かいい対処法などあるのでしょうか。よろしくお願いいたします。

*************

回答  たまごママネット医師団
お手紙の内容から考えると、単なる起立性の調節障害(俗にいう脳貧血)のようです。この場合だとやはり疲れたと思ったら、無理をせずに横になるというようにするのがよいと思いますが、あなたを診察していないので適切な対処法かどうかはわかりません。来週から仕事復帰だが不安とのことですが、かかりつけの先生の意見はどうなんでしょうか?よく相談されることをお勧めします。 03.09.22

畑の農薬を吸ってしまって心配です。
妊娠4週目のとき近所の畑の農薬をまいているのに気づかず、1時間くらい家の窓を開けていて1時間後に機械の音に気づき窓閉めたが吸ってしまったような気がする。この農薬を吸ってしまったのではないかと心配していますが大丈夫でしょうか。是非回答願います。

*************

回答  たまごママネット医師団
お手紙を拝見し、非常に不安になっておられるのはわかるのですが、大丈夫かどうかはわからないというのが正確な表現になります。というのもあなたが吸い込んだかもしれない農薬の種類や吸い込んだかもしれないという農薬の量などがわからない上に、仮にこれらが特定できても同じような条件でどれくらい胎児に影響があったのかを調べた科学的な調査がなされている可能性が少ないからです。申し訳ありませんが、インターネットではこれくらいの回答しかできません。 03.09.22

妊娠が継続しにく悩んでいます。
今までの妊娠中のことで質問します。第1子を死産しています。
40週、胎内死亡、原因不明でした。その後3回妊娠しましたが、妊娠初期(5週〜)から必ず出血するようになり、1ヶ月ほど入院します。
お腹の張りも感じます。一人は産めましたが、後2回は16週と12週でだめでした。
出血しないように何か対策はできないのでしょうか?出血の原因は特定しづらいようですが、今回、5歳の子を残し入院するのは大変でした。
せめて入院期間を短くする為に体質改善可能な分野ならなんでもしたいのです。出血するようになったのは死産に関係ありますか。私は、不育症の検査では特にこれといった原因がみつかりませんでした。
実は3ヶ月前12週で破水し流産しました。
なんらかの感染があったということでしたが、「今後の対応として、びらんがあるなら、レーザーで焼いたほうが感染しにくくなるのでお勧めします。」と言われました。びらんはほとんどの女性にありますよね。
しかし調べますと、子宮けいガンなどの初期症状がわかりにくくなるので、しないほうがよいと書いてありました。
今は妊娠の為、無事に赤ちゃんを産む為に試行錯誤ではありますが、体力作りしています。あらゆる手を打っておきたいのでびらん切除も考えてますが、効果の程はどうでしょうか。

*************

回答  たまごママネット医師団
 第1子の胎内死亡、およびあと2回の流産が、共通の原因によるものかどうかは、非常に難しい問題です。不育症の検査では特に原因もみつからなかっということですし、1人生児がいらっしゃるので、厳密な意味での不育症にはなりません。しかし、あなたのような妊娠歴の方なら、やはり何か妊娠を継続しにくい原因があるのではないかと思うのは、御自身はもちろん、担当する産科医としても当然です。子宮頸管炎が早い時期での破水や流早産の原因になるのは、よく知られた事実すので、担当医としてもこれを予防するために何かいい方法がないか、いろいろ検討されたのでしょう。その結果、びらんの焼灼という手段を考慮されたものと想像します。ただしこれが子宮頸管炎を予防する上で本当に有効かどうか、私自身は申し訳ないけれども知りません。おそらくは担当医も、これが絶対に有効である、という説明はされていないのではないでしょうか。しかし考えようによっては、びらんの焼灼自体にそれほど弊害があるわけではなく、しても悪くないかとも思います。「子宮頸癌の初期症状がわかりにくくなるので、しない方がよい。」という意見は、少なくとも私自身にはピンと来ません。体質改善の試み、体力作りなどは、残念ながら効果のあるものはないでしょう。岡先生 オカ・レディース・クリニック 03.09.20

陰部が痒くて困っています。
今、妊娠4ヶ月です。夫の仕事で海外生活しているんですが、出産は日本でするつもりです。
陰部が痒くて困っています。2歳の子どもがいて、この子の妊娠中もそうでした。
何れも、心配ないということでぬり薬をもらってぬっています。
最初の子のときは、そんなにひどくはなっかたのに今回は痒みと痛みで眠れないこともあります。何かいいアドバイスをお願いします。

***************

回答  たまごママネット医師団
あなたの陰部のかゆみの原因が何であると診断されているのでしょうか。カンジダが原因であれば、抗真菌剤の塗布や腟内への投与が必要ですし、かぶれが原因であれば、原因となる衣類や生理用品を変えたり、抗ヒスタミン剤や副腎皮質ホルモンの配合された薬剤の塗布が必要です。
海外に住んでおられるので医療事情が違うので日本のようにいかないかもしれませんが、現在もらっている薬の効果がないのであれば、やはりかかりつけの医師に相談して対応してもらうしかないと思います。 03.09.19

妊娠37週ですが体調不良で心配です。
初産婦で正期産に入りました。現在37w4d目です。
土曜日の検診では尿検査、エコーでは異常はなし。胎児の心臓も良く動いており、現在胎児は3400gにまで成長しているとの事。内診をしない方針の総合病院なので、子宮口の状態などは不明です。
体重は既に+20kg増加してしまい、血圧も115〜130程度を毎回行ったりきたり。(元々肥満体系なので、身体自体は異常に重いです)2回連続で出ていた浮腫みも、今回は正常値に戻っていました。胎動もあり、よく胎児もしゃっくりをしています。
胎児が大きくなっているので、場合によっては帝切なども考える様に言われていますが、自然分娩を望んでいるので、様子を見ています。私が170cmあるので、胎児が多少大きくても問題ないだろうとの事。
実は今週に入り、私が風邪を引いた様なダルサで起き上がる事が辛いんです。
発熱はありません。37度程度はありますが・・・。胎児の大きさからも、よく動いて早々に分娩したい所の様ですが、散歩などにもいけず。家で安静にしている日々が続いています。
出産の兆候などは自覚出きる限りでは全くありません・・・。
心なしかお腹が下がった気もしますが、36w検診でも37w検診でも胎児が下がっていますよとは一言も言われませんでした。医師に身体の辛さを訴えても今はしょうがないかもと言う返答です。
お腹はよく張ります。特に尿意を催している時、買い物で外出している時はガチガチです。
胎動があるうちは出産はまだと聞いているので、まだまだ生まれないんだろうなと思っていますがこの正期産の体調不良というのは心配する事は無いんでしょうか?
胎児に栄養を奪われていたり、出産前でホルモンバランスが余計に崩れていたりするだけ??体調が悪くても、この時期は少し身体を動かした方がいいのでしょうか?無理をせず、自宅療養で様子を見る状態でもいいのでしょうか?不安です。
何か、不安要素がある場合や、可能性として何か考えられる事はありますか??

**************

回答  たまごママネット医師団
妊娠37週で体調が不良で、心配とのことですね。あなたの手紙を読む限りでは、かかりつけの先生が異常だとも何ともおっしゃっていないので大丈夫なのだろうと推測されるのですが、診察をしていない者の立場としてはそれ以上のことは言えません。どうしたらよいかは、やはりかかりつけの先生に診てもらって判断を仰ぐしかないと思います。それから一言申し上げますが、「胎動があるうちは出産がまだ」という考え方は危険です。胎動は分娩直前まで小さいながらもあるはずです。胎動がいつもに比べて極端に少なくなったときには必ずかかりつけの先生に診てもらってください。 03.09.18

お腹の赤ちゃんが大きめといわれて不安です
くよくよ悩んでも仕方がないと思い、勇気を出して相談させて頂いております。
現在、妊娠7ヶ月25週目に入りました。
先日の6ヶ月検診の時に、“ちょっと、大きめな赤ちゃんですねぇ〜”っと言われていたのですが、今回の7ヶ月検診で、“体は、やはり大きめですが、頭が少々小さめですねぇ”っと言われてしまいました。
結局、2週間後の経過を、見てみようと言う事になったのですが、実は、主人の兄が、小頭症で重度の障害児として認定されている為、必要以上に心配になってしまいました。
もちろん、主治医の先生もこの事はご存知なのですが・・・・・ちなみに、タハ゛コもお酒も飲んでません。
もし、これから私の努力で何か出来ることがあれば・・・・!っと思っております。

************

回答  たまごママネット医師団
妊娠25週頃になると胎児の発育にも個体差がでてきますので、一度エコーで見て頭がやや小さかったからといってそれがただちに胎児の異常を意味するものではありません。
またこの時期の胎児の頭は細長くなってその横幅(児頭大横径)が小さくなることもあります。御心配されているのはわかりますが、とりあえずもう2週間ほどしてから再検査を受けられるとよいでしょう。
御自分で特に気をつけていただくことはありません。 衣笠先生 尼崎医療生協病院 03.09.18


原因不明の胎内死亡、次回の妊娠が不安です。
昨年の9月25日に39週で死産分娩をしました。最後の検診日は9月20日で心音もありました。10ヶ月から増える検診のノンストレス・・と言うのでも、異常は見られませんでした。
子どもが動かないなぁと思ったのが9月22日の夜くらいで、周りの人に聞いたのですが「そろそろ産まれる時期だから、骨盤に頭がはまり始めたんじゃないの?」と言われその時は安心していました。
私の身体に異常が出たのが9月23日の夜でした。寒気を伴う発熱をしました。確か39℃近い発熱だったと思います。
9月24日の朝、産婦人科に行き診断結果が「原因不明の胎内死亡」でした。同日18:00に入院し、子宮口を広げる処置を19:00頃しました。9月25日10:00頃から陣痛促進剤を点滴し、17:01に男の子を出産しました。
お世話になった先生に「原因は何ですか?」と聞いても「原因不明です。」の一言でした。
思い切って1ヶ月検診のときに「妊娠中に何か異常はなかったのですか?」と聞きましたが、その時にも「原因不明です。」の一言でした。そのような回答しかなかったため、1年経った今でもモヤモヤしています。
初めての子どもがこのような結果になってしまい、次の妊娠がとても不安です。
産婦人科も、以前お世話になった病院にしようか、総合病院にしようか迷っています。
以前お世話になった病院は、家から車で30分程かかりますが、周りは森に囲まれていてとてもリラックスできるところでした。総合病院は、徒歩10分程の所にあります。
次もこのような結果になる確率はあるのでしょうか。妊娠中には、貧血の薬を2週間程服用しただけで、いたって健康でした。子宮頚管無力症という事もありませんでした。

*************

回答  たまごママネット医師団
大変つらい思いをされたようですね。医学が発達し、昔に比べて安全に赤ちゃんが生まれるようになったおかげで、このようなことがあると医療関係者でない方々はみんな「私だけがなぜ不幸な思いをしなければならないのか」とか、「医師の方で何かミスがあったのではないか」と思ってしまうようです。しかし現実には医学が発展した今でも数多くの疾病が原因が不明であったり、有効な治療法がないことの方が多いのです。
私はあなたを診察したわけではないので、なぜ赤ちゃんがなくなってしまったのかコメントする立場ではありません。私があなたに言えることはあなたのように原因不明の死産を経験した後、その悲しみを乗り越えてまた妊娠し、元気な赤ちゃんを産んでいる方がたくさんおられるということです。それから次の妊娠については、原因不明の死産歴がある以上ハイリスク妊娠として管理するべきで、周産期センターと言われる施設で経過をみてもらうのが望ましいということです。 03.09.17

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

内容: 早速のお返事有難うございました。
昨晩、先生からの回答を拝見しながら、主人と実家の母と話し合いをしました。
今回は総合病院で受診をし、出産をしようと思います。
「今度こそ元気な赤ちゃんを出産したい」という私の思いと、
「設備の整った病院で安心感のある出産をして欲しい」という主人と母の思いが先生のお返事と重なったからです。
もう少し質問してもよろしいですか。
 
@39週は正常分娩範囲内ですよね。それなのに胎内死亡してしまうケ−スは何%くらいあるのですか。
 この場合、統計的に母親に問題があるのでしょうか。それとも、子どもの方に何らかの疾患があり悲しい 結果を招いてしま うのでしょうか。
A今月で1周忌を迎えるので、そろそろ次の子どもを考えています。
 妊娠前に検査を受けた方が良いのでしょうか。
B第1子を妊娠した時には、10ヶ月で20kg増加しました。これが原因と考えられますか?
C「周産期センタ−」というのは、どのような施設ですか?
 私は長野県飯田市在住ですが、1番近くの施設というと何処になりますか?
何度も質問してしまいすみません。

****************

回答  たまごママネット医師団
@.正期産である妊娠39週で死産になる確率は私の持つ資料ではわかりませんが、妊娠22週以降の死産率は全国平均で約1000分の4です。また出生後7日以内に死亡する新生児は全国平均で約1000分の2です。早産の死亡率が正期産の死亡率よりも高いことから類推するとおそらく1000分の1以下の確率であると考えます。

A.前回の死産の原因がわからないので何を検査するのがよいかはわからないですが、前回の死産に至った経過などの詳細な紹介状を前医に書いてもらった上で次回お世話になる周産期センターで相談されてはいかがでしょうか。

B.体重増加の原因が妊娠中毒症などの疾病によるものでなく、単なる肥満であれば関係はないと思います。

C.周産期センターとは産科、新生児科(NICU)、麻酔科があり、24時間体制で未熟児出生や母体救命に対する診療体制をとっている施設です。厚生労働省は1県に1ヶ所以上の周産期センターを設けるように指導しています。前医の先生に教えてもらうのがよいと思います。 03.09.17

うつ病治療の薬を服用して妊娠しても大丈夫でしょうか。
現在地に引越ししてきて2年の為病院の詳細情報が判らずどこに行ってよいか判りません。最寄病院は国際親善総合病院という救急病院なのですが妊娠初期は街医者を選択した方が良いのでしょうか?
また、妊娠の自覚が無かったので薬を服用してしまいました。ここしばらく服用してきたのが「ユーパン0.5mg・トレドミン15mg・レンドルミン0.25mg」などのうつ病治療の薬です。それと妊娠直後あたりにガンジダ膣炎の薬=オキナゾールV100を5日間使用しました。オキナゾール軟膏も2週間ほど使用してしまいました。このまま出産に向けて準備しても大丈夫なものでしょうか。子どもへの影響が懸念されますか?尚、妊娠は検査薬で確認した状況でまだ病院での検診は受けていません。
お忙しいところ申し訳ございませんが良いアドバイスをお願いいたします。

*************

回答  たまごママネット医師団
まず大病院(救急病院)がよいのか、個人医院がよいのかについては、いずれにも一長一短があります。特に合併症がなければ個人医院でもよいと思いますが、うつ病の治療を継続する必要があるなら、精神科や新生児集中治療室(NICU)のある病院がよいかもしれません。ユーパン・トレドミン・レンドルミンのいずれも明らかな胎児奇形の原因物質とは考えられていませんが、絶対安全であるという保証もできません。
ただしまったく薬を服用していなくても3%ぐらいの先天奇形のリスクはありますので、薬を飲んだことでその頻度が極端に高まるということはないでしょう。それらの薬を妊娠中も続ける必要があるかどうかについては精神科の担当医師にご相談ください。オキナゾール腟錠や軟膏については特に心配ないでしょう、妊娠中にもよく使います。まず産婦人科を受診されて正常妊娠かどうかを確認していただいてください。
さらに妊娠週数を確認された上で海外旅行の是非について意見をうかがってください。もしも流産の恐れがある状態なら控えた方がよいということになりますので。  衣笠先生 尼崎医療生協病院 03.09.17

卵巣腫瘍と診断され不安です。
現在、妊娠中ではありますが、卵巣腫瘍が発見されたので、現在詳細についての説明待ち状態(手術日などの決定について)だったので、ネット上でいろいろ調べているうちにこのページにたどり着きました。卵巣腫瘍はどのような生活をしているとなってしまうものかわからなかったのですが、どのくらいの速さで大きくなっていくのでしょうか。私は8月中旬の婦人科検診で腹部エコーをやったにも関わらず、見つからず、9月9日の妊娠確認の検査で病院に行った際に、発見されたのですが、何日かで大きくなるものなのでしょうか?卵巣腫瘍の種類によって様々かもしれませんが、わかる範囲で知りたいです。(ちなみに現在、私の腫瘍は10cmくらいの大きさになっているようです。)

************

回答  たまごママネット医師団
卵巣腫瘍がどのくらいのスピードで大きくなるかはわからないというのが、本当のところです。頻回に婦人科検診に行っても、子宮ガンと違って、卵巣腫瘍の早期発見ができないのはこのためです。ホルモンに反応して大きくなるルテイン嚢胞(これは腫瘍ではありませんが)や悪性腫瘍は一般的に大きくなるスピードは週単位であったりすることは十分ありえます。あなたのように妊娠している状況で、それがルテイン嚢胞であれば、おかしい話ではないように思います。03.09.16

裂肛ヘルニアですが妊娠は可能ですか。
26才で3歳の子どもがいます。また出産をと考えていますが、昨年10月より胃炎・逆流性食道炎と診断され治療中です。症状は食後の胸やけです。たまに薬を飲んでいても痛む時も(食べすぎ・生理時)あるので、薬が手放せません。パリエットとガナトンを服用中です。7月の検査では所見で問題は無いので症状が出たときに薬を飲むように言われています。これを機会に薬をストップしてみましたが、20日後にまた症状が出たため、また飲み始めました。胃が裂肛ヘルニアと言われ、そのせいで症状が出ているのではと言われています。普通は薬で治るらしいのですが、なかなか良くなりません。一生付き合う病気のようですし、薬を漢方に切り替えたいと思っています。このような私は妊娠・出産は可能なんでしょうか?

************

回答  たまごママネット医師団
逆流性食道炎や裂孔ヘルニアは妊娠や分娩を絶対してはいけない病気ではありません。ただ妊娠中には増悪することはよくある話で、それまで症状がなかった人に症状が出たりすることがあります。症状が強い場合には妊娠中でも制酸剤やH2ブロッカー等の使用をしないといけないです。ただしこれらの薬剤は通常安全性は高いものが多く、胎児に対して薬剤投与の影響を心配するものは少ないです(ただし安全な薬剤を使用しているから、あなたの赤ちゃんが100%大丈夫とは保証できませんが)。自己判断はやめて、かかりつけの先生とよくお話になってください。 03.09.16

風疹の抗体が高いと言われ不安です。
現在11.5週目の妊婦です。通院している産婦人科で8週目のときに血液検査をすると風疹のHI抗体が2048以上、EIA法でIgG400以上、IgM0.80未満という結果がでました。数値が高いので10週目にもう一度採血され、今度はHI抗体が512、IgG400以上、IgM0.80未満でした。
私自身風疹にかかったことはなく、中学の時にワクチンをうったかどうかもわかりません。今回も湿疹や高熱などの症状は全く現れていません。
この数値をみて、先生は「初感染ではないけど妊娠初期に再感染した可能性がある。最近になって、妊婦の再感染で不顕性感染であっても先天性風疹症候群の胎児が生まれるという報告が出てきている。」といわれました。
羊水や胎盤絨毛、臍帯血から子宮内感染しているかどうか調べる方法があるようだ、とも言われたのですが、どこの病院で行われていて、どんな形で、どのくらい危険性があって、どのくらい費用がかかるものなのか、その先生もあまりご存じないようなのです。聞いてみても「全くわからないので、また調べておきます、、、、。」といわれてしまいました。
またその検査は15週目以降ぐらいから可能で、まだ今の私には出来ないとか?
一方で、もし障害児出産の危険性を考えてこの子をあきらめるなら、早いほうがいいともいわれました。
 私としてはもちろん生みたいけれど、子どもが障害をもつ危険性が高いのならば、やはりあきらめたほうがいいのかな、、、とも思います。
 質問1 以上の風疹の抗体結果から、やはり胎児への影響の可能性は深刻なのでしょうか。
 質問2 羊水などの検査について時期、危険性、費用、どこの病院がいいのか、など教えて下さい。
 質問3 羊水検査をした後で、中絶することになっても次回妊娠しづらくなるなどの悪影響はないのでしょうか。
大変悩んでいます。どうかアドバイスよろしくお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
確かに担当の先生が言われたようにあなたの場合、妊娠初期に風疹ウィルスに再感染したか、あるいは妊娠前に症状の出ないまま初感染した(不顕性感染)可能性はあります。もともと風疹に対する免疫があっても一過性に風疹ウィルスが体内に入って反応性に抗体価が上昇する場合もあります(ブースター効果といいます)。
まず妊娠前(排卵・受精前)に初感染した場合には胎内感染の恐れはないとされています。妊娠初期の再感染、あるいは一過性のウィルス血症の場合にはすでに存在している母体のIgG抗体が胎児を感染から守ってくれるためか、胎内感染はほとんどないといわれています。
たしかに妊婦の再感染で不顕性感染であっても先天性風疹症候群の胎児が生まれたという報告は出ています。私も以前に文献を集めたことがあります。
 しかし一般に自然感染で免疫ができた人でもその3-10%に再感染がみられるといわれていますが、妊婦の再感染で先天性風疹症候群の胎児が生まれるケースというのは症例報告に値するほど珍しいということですから、まずめったにないということになります。妊娠中に明らかな感染や薬剤使用がなくても3%前後の先天奇形が発生することを考えれば、お腹の中のお子さまが特別に奇形のリスクが高いとはいえません。
ただいろいろな検査結果や情報がいったんはいってしまうと、不安が募って仕方がないという一面があるかもしれません。もし胎児の風疹感染の有無についてくわしい検査を御希望なら、インターネット上で、「出生前診断」あるいは「遺伝相談」のキーワードによる検索をおこなって相談を受け付けている病院・施設を探していただくか、あるいはご住所(市区町村までで結構です)を教えていただければその近辺の施設(もしあれば)を御紹介します(特に出生前診断をお勧めしているわけではありません)。
妊娠中期(12週以後)の人工妊娠中絶については、週数が比較的早ければ通常の子宮内容除去手術(掻爬(ソウハ)手術)をおこなうことがありますが、ある程度胎児が大きくなっていれば、子宮頚管を十分に拡張した上で強力な陣痛促進剤を用いて流産させる方法をとります。
現在では比較的安全におこなえますが、まれには子宮穿孔や子宮破裂の報告もありますので慎重に選択する必要があります。しかしよほどの事故がなければ次回妊娠への影響は少ないでしょう(だからといってお勧めしているわけではありません)。  衣笠先生  尼崎医療生協病院   03.09.13

高血圧で無痛分娩を希望しています。
今1才2ヶ月の男の子を持つ母です。2人目を考えています。25歳ですが以前から本態性高血圧です。1人目の時は普通分娩で陣痛促進剤を使い吸引分娩でした。事前に何の説明もなく事が終わってしまいインフォームト゛コンセントの大切さを実感しました。2人目は無痛分娩を希望しています。血圧の高い人に効果的と聞きました。母子共に無痛分娩の安全性はどうなんでしょうか?

**************

回答  たまごママネット医師団
硬膜外麻酔による無痛分娩は欧米では広く普及しており、熟練した麻酔科医あるいは経験豊富な産科医が慎重に実施すれば母子への悪影響はほとんどないでしょう。もちろんまれな事故(血圧低下・胎児仮死など)はありえますが、産痛による過度の血圧上昇が母子に対して無害であるという保証もありません。高血圧を合併している妊婦の出産に際して硬膜外麻酔を使用する医学的な根拠は十分あります。しかし二人目の出産の場合、強い陣痛を感じてから短時間で分娩が終了することもあり、アプレゾリンなど降圧剤の注射で血圧を調節し、もし必要なら鎮痛剤の注射をおこなうぐらいで済むことも多いようです。
衣笠先生  尼崎医療生協病院 03.09.13

里帰り出産をしないと産後大変ですか。
夫婦2人で住んでいて、実家には帰らずに千葉で出産を考えているのですが、主人は休みが取れても4・5日で、他に頼る知り合いは居ない状態ですが、里帰り出産をしないと大変なのでしょうか?よく水仕事をしてはいけないと言いますが、どの様な影響が出てしまうのでしょうか?

***************

回答  たまごママネット医師団
出産後、ご夫婦で頑張られるとのこと、素晴らしいことだと思います。
昔と異なり家電製品(冷蔵庫・洗濯機・掃除機など)が家事を軽減をしてくれます。食材も宅配システムを利用するなど工夫することで無理なく生活できると思います。
 里帰りの習慣は、昔のお嫁さんは家の労働力とされ、働かされて大変だった名残だと思います。
水仕事についても、昔の台所は土間で寒く、洗い物も水だけでしました(それも大家族のものを)
これは一例ですが、言い伝えにはこんな事が多いように思います。
私も3人の子どもを授かりましたが退院後、パジャマで過ごしたことがありません。3人目が12歳になりましたがまだ元気で働いています。
でも無理はせず時々休み、家事もパーフェクトでなくサボりながらしてください。
妊娠中も異常でないかぎり普通にしてください。いい妊娠中→いいお産→いい子育て 楽しんでください。
金野 母乳育児相談室  03.09.13

子宮頚管が短くなっていると診断され不安です。
 こんにちは。現在妊娠5ヶ月(19週)になります、初妊婦です。約2週間ほど前から、朝方になるとお腹が張った状態が続き、気になって受診したところ、子宮頚管が短くなっていると診断されました。「頚管無力症」という病名は本などで見て知っていましたが、医師には特にその病名を告げられることはありませんでした。
気になるのが、特に安静の指示が出なかったことです。その日は点滴をし、張り止めと抗生物質を処方されただけでした。受診した2日後に近県(電車乗り継いで約2時間弱)に出かける用事があったので、医師に聞いてみたところ、お腹が張ったらすぐに休めるような状況であればいいということでした。そのような状態で遠出して大丈夫なのかと不安になりながらも、先生の言うことを信じ思い切って出かけましたが、特に体調が悪くなることもなく、お腹も張らず一泊して帰ってきました。
 さらに4日後に再び受診したところ、子宮口の状態はあまりよくないようで、開いていってしまう可能性もあると言われました。そこで初めて、「できるだけ安静にしててください」と言われましたが、特に入院や手術の必要はないのか気になっていました。張り止めの薬はズファジランからウテメリンに変えられ、一日3回服用しています。それでも、張りは完全にはなくなったわけではありません。
安静といってもどれくらい安静にしていたらいいのかもわからず、今は外出もせず、一日のうちほとんどをとりあえず横になって生活しています。
子宮口が開きやすい状態での「安静」とはどの程度のものか、ご意見を聞かせてもらえたらありがたいです。
これから、胎児がどんどん大きくなる時期なので、さらに頚管が短くなり、子宮口が開いていってしまうのではと不安で仕方ありません。手術をする・しないの判断に何か基準があるのでしょうか。

*************

回答  たまごママネット医師団
実際に診察させていただいた訳ではないので詳しいことは申し上げられませんが、妊娠19週でもしも極端に子宮頚管が短縮していたら(たとえば頚管の長さが2cm以下になっている場合など)、入院や手術(頚管縫縮術)を勧められているはずです。
ウテメリン内服と自宅療養だけで様子を見ているというのは、さほど急を要する状態ではないと判断されているのでしょう。しかし御心配ならもう一度、子宮頚管の長さがどのぐらいであるか、入院や手術の必要性があるのかないのか、担当の先生にうかがってください。 衣笠先生  尼崎医療生協病院 03.09.12

妊娠中の運動について教えてください。
もうすぐ6ヶ月になります。で最近プールで歩くようにしていますがどれくらい頑張るといい運動になるのか気になります。あと自転車も妊娠前の時みたいに乗ってもいいですか?

*************

回答  たまごママネット医師団
どのくらいプールで歩くといい運動になるのか、個人差もあるでしょうし一概には何ともいえません。あえていえば息が苦しくならない程度で軽い疲労感を覚えるぐらいが適量といったところでしょうか。腹部の強い張りを感じるようなときは無理をしないで下さい。
生活する上でぜひとも必要なら絶対に自転車に乗ってはいけないとは言えませんが、妊娠後期になるとお腹が出てきて多少バランスが取りにくくなるのと、もし転倒して腹部を打撲した場合にはまれに胎盤早期剥離などのリスクもありますので、必要最小限にされた方が無難でしょう。  衣笠先生  尼崎医療生協病院 03.09.12

トキソプラズマ症に感染していると診断され不安です。
現在、主人の仕事でタイのチェンマイに住んでいます。ここで妊娠が判り今10週目になります。最初の血液検査でトキソプラズマ症に初感染していると診断されました。母体に症状が出ていないと言う事で薬の治療もありませんでした。妊娠初期の初感染では胎児に影響があるかもしれないと聞き心配です。もし薬を投与しても胎児に何の影響もないとは言えず担当の先生は薬を使わない方が良いという考え方です。日本で出産する予定で安定期に入ったら1度帰国し、日本の病院でも診て頂く予定です。日本ではどの様に対処をしているんでしょうか。

************

回答  たまごママネット医師団
最初の血液検査でトキソプラズマの初感染が疑われたとのことですが、どのような検査をされたのでしょうか?通常のトキソプラズマ抗体価の測定では初感染かどうかは分からないはずですので、IgM(アイジーエム)抗体を調べられたのでしょうか?IgM抗体が陽性の場合に初感染が疑われますが、測定法によっては感染後4年以上経ってもIgM抗体陽性の場合があり、それだけでは妊娠中の初感染かどうかは分かりません。
トキソプラズマが胎児に障害(水頭症・視力障害など)をおこすのは妊娠中に初感染した場合のみであるとされており、さらに初感染が確認されても児が無症状であること(不顕性感染)も多いようです。初感染が疑われる場合に抗生剤(アセチルスピラマイシンなど)の予防投与がおこなわれることがあります。それによってトキソプラズマの胎児への感染を予防できなくても、症状の軽減にはつながる可能性があります。上記薬剤には催奇形性はないと考えられていますが、本当に必要かどうか(初感染であるのかどうか)について、もう一度担当医と相談された方がよいでしょう。
もし精密検査を希望されていて当地での検査が困難なら、早めに帰国されて調べられてもよいかもしれません。もし予防的に抗生剤を服用するなら早い時期から始めた方がよいからです。 衣笠先生  尼崎医療生協病院 03.09.12

口唇口蓋裂について教えてください
そろそろ2人目を...と思い、ご相談したくメールしました。1人目の子どもが口唇口蓋裂で産まれた事もあり、あまりの悲しみに、もう子どもは1人でいいと思っていました。現在2歳ですが、やっぱり兄妹がいた方がいいかな...とも思い始め、事前に夫婦でできることがあるかと思いメールしました。口唇口蓋裂は、遺伝的、環境的因子から...と、先生に説明されましたが、お互いの身内にもそのような病気の人はいなく、夫婦の染色体に問題があるのかも...と思い、検査をしてみた方がいいのかなぁと思い始めました。余談ですが、主人は交通事故に遭い何度か大きな手術をして1年経ったか、経たないかぐらいの頃、今の子どもを妊娠して、結果口唇口蓋裂だったので、主人の手術の時の麻酔や主人が処方されていた薬も問題だったのかな...とも思ってしまいました。子どもの病院に通うと、あまりに多い障害をもった子ども達を目の当たりにして、また2人目もそうだったら..と考えると、怖くて仕方がないのです。染色体の検査というのは、どのように検査をするのでしょうか?
また、他に検査しておいた方がいいというものがあれば、教えて下さい。宜しくお願い致します。

*************

回答  たまごママネット医師団
実際に口唇口蓋裂の子どもさんを育てておられる方からのご質問ですので、本来は遺伝相談外来のある病院・施設で相談されるのがベストでしょうが、教科書的な回答でよければお答えします。
口唇口蓋裂は一部が優性遺伝ですが、多くは多因子遺伝(複数の遺伝子が関わっている遺伝形式)であるとされています。御夫婦の身内で他に口唇口蓋裂の方がおられないとすれば、おそらく後者でしょう。優性遺伝の場合は第1子が罹患していれば、第2子の罹患率は高率(50%前後)になりますが、通常の多因子遺伝なら第2子の罹患率は2-4%程度です。一般人口における発生率は500-700人に1人ですから2-4%というのは相対的に高い頻度(10-20倍のリスク)となりますが、逆に言うと96-98%は大丈夫ということになります。13トリソミーなどの染色体異常に合併して口唇口蓋裂が生じることがありますが、口唇口蓋裂の子どもで染色体異常を伴うのは1%以下とされており、一人目のお子さまに染色体異常がなければあえて御夫婦の染色体検査をされる必要はないでしょう。またご主人が受けられた手術や麻酔、服薬がその後に生まれた子どもの奇形の原因となる可能性はほとんどありません。御夫婦が2-4%の同胞(兄弟)再発率を受け入れることができるなら、二人目をおつくりになればよいと思います。衣笠先生  尼崎医療生協病院 03.09.10

妊娠初期に飲んだ薬が心配です。
実は今年の6月に人工流産の経験があり、生理は7月20日から10日ほどつづきました。生理周期はそれまでは規則正しく、28日周期できていました。
現在(9月9日)おそらく妊娠5・6周目に入ったところですが、8月19日からバルトリン腺炎にかかり、19日から朝昼晩と一日三回抗生物質のフロモックス錠と痛み止めのロキソニン錠を飲み始め、8月21日から痛みがひどく、入院となり、入院中は点滴の抗生剤を一日2回うち、それと併用でボルタレン坐薬を6時間おきに1錠、その他に抗生物質でクラビット錠を一日三回、胃薬としてセルベックスを一日三回、手術はしなかったのですが、退院は8月25日で、退院後も5日ほどケフラールという抗生物質を一日三回飲みつづけました。
その後、9月4日の検診で妊娠の可能性があるという事をいわれ、おそらく5周目くらいではないかというのですが、入院中の薬および点滴がとても心配で医者に聞いたところ多分大丈夫ですといわれました。普段薬をほとんど飲まないので赤ちゃんへの影響がとても心配です。影響について教えて下さい。
ビタミン剤も薬になるのでしょうか?
あとスポーツクラブにも通っていたのですが、妊娠したらどの程度までの運動ならしてもいいのか教えて下さい。普通に水泳をしたり、ジムで走ったりすることは平気なのでしょうか?

**************

回答  たまごママネット医師団
正確な妊娠週数(あるいは妊娠成立時期)はもうしばらくしてからエコー検査で確認しないと分からないとは思いますが、お薬を服用された時期は妊娠3-4週の間とおもわれます。
フロモックスとケフラールはセフェム系抗生剤、ロキソニンやボルタレンは消炎鎮痛剤、セルベックスは胃薬ですが、特に奇形の原因になると考えられているものはありません。
クラビットも説明書には妊婦に使用しないように記載されている薬剤ですが、これまでのところ胎児への悪影響は認められていないようです。したがって今までに飲まれた薬について特別心配する必要はありません。ただ今後またバルトリン腺炎が再燃するようなら、薬物療法よりもむしろ局所麻酔下に切開排膿するか、造袋術と呼ばれる手術を受けられた方がよいでしょう。
  ビタミン剤のうちビタミンB・Cについては問題ありませんが、ビタミンAの過剰摂取は胎児への悪影響を生じる恐れがあります。必要最小限以上の薬物使用はつつしんで下さい。
妊婦でも流産や早産の徴候がなければ軽い体操やジョギング、水泳は可能です。妊婦向けのメニューが設定されている施設で相談してください。衣笠先生  尼崎医療生協病院 03.09.10

飲酒についてお伺いします。
毎日缶ビール1本程飲んでいました。
妊娠しているとはわからず、4〜5週目位に飲み会があり、酔うほどに飲んじゃいました。その後妊娠がわかり、禁酒してるのですが一番大切な時期の飲酒なので心配です。今7週目で、検診に行き心拍も確認できました。
初期の飲酒は奇形をまねく恐れがあると本などに書いてあるのですが、確立はかなり高いのでしょうか? よろしくお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
妊婦が多量のアルコールを常習的に飲用した場合に、胎児の発育遅延・小頭症・精神発達遅滞などの一連の障害(胎児アルコール症候群)を起こすことが知られています。それはアルコールに換算して2.2グラム/体重 1kg/日以上を摂取すると生じうるといわれており、体重60kgの妊婦が大瓶ビールを1日4−5本、日本酒なら約5合を連日飲んだ場合に相当します。
しかしそれ以下の量であっても流産率の増加や胎児発育遅延の可能性が報告されており、必ずしも安全であるという保証はありません。
あなたの場合、妊娠に気づく前に毎日缶ビール1本ほど飲んでいて、一度だけ多量に飲んでしまったということですが、今後そういうことがなければ胎児発育への影響はさほど心配ないでしょう(赤ちゃんが絶対大丈夫だ、異常ないとは誰に対しても言えませんが---たとえお酒を飲んでいなくても)。今後は気をつけてください。
衣笠先生  尼崎医療生協病院   03.09.10

服用した薬を心配してまわりは中絶を勧めます。
今現在妊娠8週目くらいです。 今ものすごく不安になっている事があります。
右喉ののリンパ腺が腫れてしまい、妊娠に気が付くまで、クラビット錠を服用してしまいました。
最終生理は7月20日に始まり25日まで続きました。
生理の周期は30〜35日平均です。8月の10日〜8月19日までの間、朝晩1日2錠服用してしまいました。
産婦人科も確証は無いが、奇形児になる確率は少なく、もし、駄目なようなら、流産する確立のほうが高いと言われました。
今、両親の反対を受けています。今回はあきらめるようにといわれています。
とても不安な日々を過ごしています。ご助力頂ければと思います。よろしくお願いいたします。

***************

回答  たまごママネット医師団
最終月経初日が7月20日で問題の薬剤(クラビット)の服用が8月10日から19日であれば、担当医の先生が言われたように、薬剤による奇形発生のリスクはほとんどないと考えてよいでしょう。クラビットは妊娠中は処方すべきでない薬剤とされていますが、実際に同薬剤が胎児奇形を起こしたという報告はありません。またまったく薬剤を服用していなくても軽度のものを含めれば3%前後の先天奇形が起こりうることが知られています。上記の時期にクラビットを服用したことでその頻度が明らかに高くなるとは考えられません。
分かりやすく言うと、確かに現在の胎児が先天奇形をもっている可能性は3%ぐらいあるかもしれません。しかし今回人工妊娠中絶を受けて次回全妊娠期間をまったく薬を飲まずに過ごせたとしても、それで児が100%「五体満足」であるという保証はないわけです。
恐らく同様の頻度で先天奇形は起こり得るし、出産年齢が高くなるにともなって染色体異常の頻度はわずかながら増加することになります。もちろん「五体不満足」な子どもや染色体異常児を出産することが不幸なことであると決めつけてよいのかという問題もあります。
しかし仮にそれを回避するためであっても今回の妊娠をあきらめて次に備えるということが実際に「リスク」の軽減につながるという保証はありません。したがって子どもさんを希望されている方に対して安易に中絶を勧めるような言動は医師であっても親兄弟であってもつつしむべきです。
もちろん御本人がどうしても不安が強くて妊娠を継続できないと言われれば御希望を尊重せざるを得ませんが、理性的な対応をお願いしたいと思います。
お腹の中の子どもはあなたの子どもであって、祖父母の子どもではありません。おそらくあなたがこのまま妊娠を継続して出産された後、御両親は以前に中絶を勧めたことも忘れて孫を可愛がってくれるでしょう。それでも許してあげてください、現在の彼らは祖父母であって父母ではないからです。03.09.08

つわりのためバランスよく食事をとることが出来ません。
現在妊娠5ヶ月目に入ったばかりなのですが、つわりのためバランスよく食事をとることが出来ません。
今の時期から骨の形成や歯の元になる基礎が出来るころといわれていますが、乳製品や魚などを食べると体調が悪くなってしまい、食べることが出来ません。出来る限り、食事で栄養素はまかないたいと思っているのですが、どうしてもカルシュウムや鉄分が不足していると思われるので、薬局などで売っているサプリメントに頼っても大丈夫でしょうか?サプリメントをとることで胎児に何か影響することなどはありますか?
また、沢山の種類が出回っていますが、選ぶときの注意点などはありますでしょうか?

**************

回答  たまごママネット医師団
つわりは妊娠5ヶ月の頃には軽快することが多いので、今は摂取しやすいものを適量食べていただいて、妊娠後期にはいって食欲が亢進してきた時点で乳製品や魚類、緑黄野菜などをバランスよくとっていただいたらよいと思います。
現時点でサプリメントでカルシウムや鉄分を急いで補給する必要はないでしょう。
どこのメーカーのサプリメントがよいのかについては残念ながら詳しい情報を知りません。きちんと安全管理されているものなら適量の摂取は特に問題ないでしょうが、まず食生活で工夫をされることが大切だと考えます。
衣笠先生 尼崎医療生協病院 03.09.05

カルテに記載された内容がわからず不安です。
妻が先週、通常診察を受けたときに、カルテを見て、その中にNuchal tra・・・というゴム印が押されていたとのことです。インターネットで類語を見たら、異常のようだが、よくわかりません。
妻は、すごく気にしており、不安がっています。主治医が何も言わず、再検査などしないのは、問題は解消されたからなのでしょうか。主治医に聞くべきか否か悩んでいます。どうしたらよいでしょうか。

**************

回答  たまごママネット医師団
ご質問の件はNuchal Translucencyという検査項目のことのようです。この掲示板にも質問されている方が何人もおられますので、それをよくお読みになってください。
その上で奥様の具体的な数値について不安があるなら、その件について主治医に質問される方がよいと思います。 03.09.05

不育症は不妊症専門病院へいくべきでしょうか。
妊娠4回中、生産できたのはわずか1回。子どもを満足に産めない自分が憎いです。次こそはと思って真剣にいろいろ医師に聞きたくても、こちらが納得できるほどじっくり聞いてくれる時間は、とってもらえません。どこへいっても同じです。ただ治療に対しての意見はバラバラで不安や後悔の念をあおるばかりです。不育症は不妊症専門病院へいくべきですか?かなり遠くの病院へ通院するのも危険な気がします。しかし、近くともくわしくなさそうな医師もいますよね。リスクがあるならその芽を事前に摘んで、元気な子を産めるようサポートして欲しい。でも、たいがい医者は、何かトラブルがおきてからしかやらない。または、妊娠してから考えましょうって言う。
それでは遅いって苦い経験でわかってるのに・・・。この感覚のズレにイライラします。

************

回答  たまごママネット医師団
特に不摂生をされているわけでもないのに流産をくり返しているとしたら、そのことで御自分をお責めになる必要はありません。実際に原因がよくわからないまま流産や死産をくり返す方は少なからずおられます。まったく妊娠しない場合は「不妊症」と呼びますが、このように妊娠しても生児が得られない状況を「不育症」といいます。
その原因と考えられるものを以下に列挙します。
1.子宮の異常: 子宮奇形・筋腫・腺筋症、子宮頚管無力症、子宮内膜症など
2.ホルモン異常: 黄体機能不全、甲状腺機能異常、高プロラクチン血症など
3.感染症: 梅毒、トキソプラズマ症など
4.自己免疫異常: 膠原病、抗リン脂質抗体病、血液凝固異常など
5.血液型不適合妊娠:母が抗D抗体や抗E抗体陽性の場合など
6.夫婦いずれかの染色体異常(保因者)
7.夫婦間の免疫学的(HLA)不適合
御希望なら上記原因の有無について一度くわしく調べられたらよいでしょう。
  少ないスタッフで分娩を多く扱っている施設では、なかなか系統だって診断や治療を進めていく余裕がないところも多いので(担当医の経験と熱意にもよりますが)、できれば多少遠くても不妊症専門のクリニックや積極的に不妊症や不育症に取り組んでいる病院を受診された方がよいと思います。
実際には不育症でも上記のいずれにも該当しない方が半数ぐらいはおられるようです。ひととおり検査を受けて異常なければ、あせらずあわてず自然に妊娠が成立するのを待たれてはどうでしょうか?少なくとも一人は産んでおられるのだからまだまだチャンスはあると考えてください。 衣笠先生 尼崎医療生協病院 03.09.04

岡 先生 オカ・レディース・クリニック 神戸市北区大原3-8-1 
竹中先生 大阪労災病院 小児科  大阪府堺市長曾根町1179-3
おがわ先生 ごきそレディスクリニック 名古屋市昭和区阿由知通 3-10
石井先生  石井第一産婦人科クリニック 静岡県浜北市小松4498-5

衣笠先生  尼崎医療生協病院 産婦人科 尼崎市南武庫之荘11-12-1
水鳥先生 済生会兵庫県病院 神戸市北区藤原台中町5-1-1
その他、小児科医師 産婦人科医師
大牟田智子 春日助産院 福岡県春日市昇町6-102
その他 産科医師・小児科医師・助産師