医療相談室

産後の生理周期について・・・教えてください。
H15年11月6日に39週0日無痛分娩にて2894gの長男を出産しました。特に変わった事もなく息子はもうすぐ5ヶ月です体重も6.5kgあり順調に成長してくれており嬉しい限りです。
妊娠中も度々の不安に見舞われ何度もお世話になり勇気付けて戴き感謝しております!
実は、産後の生理についてですが、H16年2月11日に生理が再開しました。1週間、妊娠前とほぼ変わらない状態の生理だったと思います。
妊娠前は28〜30日周期でしたのでてっきり今回もそうなのだと思っておりましたが、今日現在まだ生理が訪れません。3/1に性交があったのでもしやと思い妊娠検査薬をしましたが、まったく陰性です。。。産後の生理は本来に戻るまでなかなか定まらないのでしょうか?
今日現在で周期43日目です。病院に行くべきでしょうか?ちなみに、検査薬は、36日目と40日目の2回しましたがいずれも陰性でした。母乳は、朝1回のみ続けています。生まれたときから70%母乳30%粉ミルクで育ててきました。おっぱいがあまり張らなくなってきていますので、仕事復帰もある為徐々にミルクに移行中ですが、自分自身としては朝だけでも出るならやり続けたいと思っています。

*************

回答  たまごママネット医師団
 授乳中になぜ生理が来ないか(排卵が起きないか)というと、生物学的には授乳中は次の子を宿さないようにしているということです。
 ホルモン的にはお乳を出すプロラクチンというホルモンが排卵を抑えているので生理が来ないのです。ただし、授乳回数が少なくなってくるとプロラクチンの分泌量も減ってくるので、排卵を止め切れなくなり生理が起きてくるのです。あなたの場合は授乳回数が減ってプロラクチンの分泌量が減っていると予想され、そのため排卵が起きてきだしていると考えられますが、全く授乳を止めているわけではないので生理が整ってこないものと思います。
 この排卵については個人差も大きいので、授乳中であっても順調に生理が来る方もおられます。
お乳を完全に止めても生理が整わない場合は治療する必要がありますが、現在は不必要です。
お乳も子が欲しがれば与えましょう。いつまででも構いません。中村先生 なかむら産家医院 04.3.26


胎嚢と胎胞は、何が違うのでしょうか?
2月23日が最終月経で、3月21日に生理予定日でした。(28日周期で、ほぼ規則的にきています)
25日の今日、産婦人科に行ったのですが黒い塊のようなものが見えたので、私は「胎嚢なのかな?」と思っていたのですが、説明はなく、来週再来院ということで終わりました。
家に帰り、ちゃんと胎嚢だったのか質問すれば良かったと思い、電話して質問したのですが、胎嚢ではなく胎胞だということでした。
色々と雑誌やネットを見ていると黒い塊は胎嚢と書いてあるのですが・・・。胎嚢と胎胞は、何が違うのでしょうか?
電話をしたときに医者から「は?胎嚢?あなたは胎嚢がなんだかわかってるの?」といわれたので、医者には聞きにくいです。

************

回答  たまごママネット医師団
3月21日が月経予定日で25日に受診したとすると、いつもの周期で排卵していたと仮定して(排卵日が違えば、当然前提が変わりますので以下の内容も変わってきます。あくまでもいつもの周期で排卵したとの仮定での話になります。)25日ではまだ胎嚢はほとんど見えません。見えているとしたら、たぶん出血様の黒い超音波像だった可能性が高いと思います。胎嚢も同じように見えますので、区別を付けるのは難しいのですが、はっきり胎嚢が見えてくるのは、月経から1週間遅れの3月28日ころだと思います。胎胞という説明は?です。よく分かりません。ついでに、赤ちゃんの心拍が見えてくるのはさらに1週間後の4月に入ってからになるでしょう。池川先生 池川クリニック 04.3.26

子宮頸管縫合手術を受けるべきか否かで迷っています。
現在は5歳の娘がいて、2人目を妊娠中で10週になります。
娘の妊娠の時、初期は順調でしたが、中期の5ヶ月に入って、外出中に少量の出血があり、即病院へ。入院で止血剤と子宮収縮抑制剤を投与されました。そして2週間ご退院したのですが、翌日又出血。今度は量も多く、再度止血剤と子宮収縮抑制剤を投与されました。その後は白血球の数が多く、これは陣痛の傾向があることを示すとのことで、退院できず、「縛れば退院できるかも」といわれて、7ヶ月で子宮頸管を縛る手術をうけました。(このときは子宮に傷を付けて縛ったそうです)でもその後お腹の張りが強く、結局24時間点滴。出産まで入院していました。37週で帝王切開で出産しました。でも36週で糸をとったとき、それまであった強い張りがすっかりなくなり、とっても楽になったのを覚えています。
このような状態で私は子宮頸管無力症だったのでしょうか?入院中、担当医に「何故こんなに入院しなくてはいけないのか」と聞いたら「あなたの子宮は縦型で人より赤ちゃんが落ちやすい」といわれました。その時は私も無知で「そうか…」と納得したのですが、娘の出産後、他の産婦人科の先生や助産師さんに伺っても「そのようなこと(子宮が縦型)きいたことがない」といわれてしまいました。入院中「子宮頸管無力症だから」といわれたことはありません。5ヶ月で入院したときに「5ヶ月にしては子宮口がやわらかい」とはおっしゃっていました。ですので、どうしてあんなに長期にわたって入院しなくては行けなかったのか、本当に必要な入院だったのか…いまだのよくわかりません。
そんな中で今回妊娠しました。初期に出血がありましたが、今は順調です。又前回のようなことにならないか…心配でたまりません。今回は娘もいるので何とか入院せずに無事赤ちゃんを産みたいと思っています。
それならば4ヶ月くらいで子宮頸管縫合手術を受けた方がいいのでしょうか?担当医は「子宮を縛ったことで子宮の張りがひどくなったのかもしれない」「今回は縛らずに様子をみましょう」と今のところはおっしゃっています。私もできることならば手術を受けたくはありませんが、それで5,6ヶ月に又辛い思いはしたくありません。
とても迷っています。もし手術を受けなかったとして、どのように「様子を見守って」いけばよいのでしょうか?毎週診察を受けて子宮頸管の状態、長さなどをみていただけばよいのでしょうか。
他の先生の意見が聞きたいです。よろしくお願いいたします。

*************

回答  たまごママネット医師団
「子宮頸管無力症」というのは実際にあいまいな病名で、以前に流産や早産を経験した、あるいは流早産しかかった方に本当にその病名が当てはまるのかどうか、頸管縫縮術が必要であるのかどうか、常に議論のあるところです。
  あなたの場合には私も(現在の)担当の先生と同感で、積極的に頸管縫縮術をおこなう必要はないようにおもわれます。今後定期健診のときや何か症状があったときに、腟からのエコーで子宮頸管の長さを診ていただいて、異常なければ手術を行わずに経過を見ていかれればよいのではないかと考えます。
  お腹の張りが強いときや出血がみられたときはもちろんですが、色の付いたおりものが増量したときにも担当の先生に相談してください。細菌性腟炎も流早産のリスク因子になるからです。衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.26


クラミジアに感染していますが希望すれば帝王切開ができるのでしょうか?
現在第一子妊娠中、臨月です(38週0日)。37週5日の検診でクラミジア検査の結果、陽性と主治医に言われました。
(検査は36週4日、私のみ受けました。主人は受けていません)主人と処方された薬(クラリス錠200)を飲んでいます。
医師には1週間で治ると言われています。
翌日(37週6日)再度、心配だったので産院でカンジダの検査もしてもらいました。
結果は何も言われていませんが、内診時に薬を入れてもらいました。「白っぽい下り物が増えるので下着をこまめに取り替えて下さい」と言われました。現在、その通り、ぬれたような黄色っぽい下り物があります。(白いカスのようなものもあります)
37週4日の段階でオーラルセックスをしていますが、クラミジアの潜伏期間は関係ありますか?
(40週までに治る範囲でしょうか?)
産道感染が気になります。カンジダも今日の先生の様子だとかかっているようで心配です。
クラミジアは完治するのに1〜3週間と幅が広く書いてあるページが多いのですが私の現在の周期の場合、希望すれば帝王切開で産むことはできるのでしょうか?
もちろん、自然分娩を希望していますが、少しでも産道感染のリスクがあるのであれば帝王切開で出産したいと思っています。
現在通院している産院は個人の産婦人科です。帝王切開の場合、近くの大学病院になりそうです。気になってしまい、精神的にも参っています。

***************

回答  たまごママネット医師団
37週4日で感染したと仮定して、37週5日から薬を飲んで治療が間に合うか、というご質問なのかと思いますが、ご質問の意味がちょっと分かりにくいので、的確なお答えになっていないかも知れません。
もしその仮定で治るのか、というご質問でしたら、ほぼ8割くらいの確率で治る、と言えます。ただ、治療中に分娩になってしまった場合は感染する危険も高くなります。
カンジダも感染していると赤ちゃんにうつる危険もあります。きちんと診断して治療していただいた方がいいでしょう。
 帝王切開でクラミジアの赤ちゃんへの感染のリスクはたぶん減らせると思いますが、帝王切開のリスクを背負うことになります。帝王切開は100%安全で後遺症を残さない、というような素晴らしい方法ではありません。クラミジア感染で帝王切開するとよい、とは現時点では言われていません。
抗生剤の服用で十分かと思います。赤ちゃんを産むと言うことは、色々な出来事を全て引き受ける、ということです。それが生きていくという事だと思います。
あれこれ悩んでも、これから人生に色々なことが起こる事を全て予測して対処するなどと言うことはできません。その場その場で一所懸命最前と思われる事で乗り切るしかないでしょう。現在の最善は抗生剤をきちんと飲みきることだと思いますよ。
池川先生 池川クリニック 04.3.25


高温期になると下腹部に違和感を感じます。
まもなく結婚2年目を迎えます。避妊をやめて1年半、積極的に妊娠を考えるようになって半年ほどになります。
 ここ2ヶ月ほど、高温期になると下腹部に違和感を感じます。具体的には、下腹部の器官(子宮かどうかは分かりません)が収縮したり膨張したりしているような、一過性の『ひきつれ感』で、痛みという感じではありません。違和感を感じる場所はその時々によって移動するようです。
 高温期は前半1週は上昇を続け、後半1週で36.9℃近辺をキープするといった具合で、違和感を感じ始めた1月目は、『もしかして妊娠?!』と思いましたが、高温期2週間でぴったり次の生理が始まり、がっかりしたのを覚えています。ちょうど2週間目に激しく揺れる乗り物に乗ってしまったので、それが良くなかったのかと思ってみたり、そもそも妊娠なんてしていないのかもしれないし…。
 今回の高温期も、前回と同じように下腹部に違和感を感じています。今のところ、子宮関連の病気を疑うような生理痛や不正出血などなく、28日周期、生理期間5日というサイクルも乱れることはありませんが、一度婦人科を受診したほうが良いのかどうか悩んでいます。
 自分でも、些細なことを気に病みすぎなのだろうと思うのですが、先生方から何か一言アドバイスをいただければ心強く思います。どうぞ宜しくお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
ご相談の内容からは、特に積極的に受診しなければならないような状況には思えません。
しかし、実際には基礎体温を見たり、その時にホルモンがどうなっているのか、など、調べようと思えば幾つかの項目は調べることができます。どの程度の内容を希望するかによって(どんどん積極的に治療をしていきたいのか、できるだけ自然がいいのかなど)検査も治療も変わってきます。
まず、今の状態でご自分がどうしたいのか、がもっとも大切で、どうしたいのかがわからない、という場合はあまり受診することをお勧めしません。まずご自分の気持ちの整理が大切だと思います。池川先生 池川クリニック 04.3.25


子宮口をやわらかくする薬を使用しますと言われましたが本当に必要なのでしょうか?
教えてください。3月31日の予定日の初産婦です。今週の金曜日に検診日なのですが
その時に子宮口をやわらかくする薬を使用しますと言われているのですが、これをすることによって予定日が早まったりしないのでしょうか?私は、学年が変わる微妙の時期なので遅らせて4月生まれにしたいと考えています。その場合は、この薬をしないほうがいいのでしょうか?赤ちゃんの大きさは2800〜3000gと38w2dの検診で言われました。

*************

回答  たまごママネット医師団
私が医者になった頃、その薬はありませんでした。当時のお産の状況はというと、大学病院の話ですが、帝王切開率4〜5%で、多くのお母さん方が無事に出産されて母乳率も確か80%以上だったと思います。懐かしく思い出されます。お産は病気ではないといわれていた時代でした。
その後、色々医療が介入してきたにもかかわらず当時の状況と比較して現在が優れているといえるのだろうかと、疑問に思うことも多々あります。子宮口をやわらかくする薬もその一つです。
 その薬は当院には置いていません。
予定日が近づいてくると子宮収縮が頻繁に起こりだし、また、痛みを伴うような強い子宮の収縮(前駆陣痛)も起こるようになり、それで子宮口に圧が加わってやわらかくなってくるのです。
 待てば、自然にそうなってくることですので、あえてお金を払ってまで子宮口を軟らかくしなければ理由があるとは思えません。
しかも4月生まれを希望されているのならなおさらだと思うのですが、どうでしょうか? 04.3.24


頭が大きいと水頭症の可能性等の可能性があるのでしょうか?
いつも丁寧に質問に答えて下さりありがとうございます。 私は妊娠29週で、第2子を妊娠中です。 先週、28週2日のときに検診に行ったのですが、胎児の頭の大きさが、7.52センチあり、先生から「頭が少し大きめですね。」と言われ、不安になりました。 頭が大きいと水頭症の可能性等の可能性があると以前何かで読んだことがあるのですが、28週2日でこの大きさは そういった心配があるということでしょうか? 
今まで特に何もなかっただけに不安です。どうぞよろしくお願いします。

**************
 
回答  たまごママネット医師団
 児頭の大きさは大横経といって頭の横幅の長さで測定します。これが、7.52cmということですが、妊娠28週の大横経は約6.5cm〜7.8cmが正常範囲内でこの範囲内であれば以上に大きいということではなく個人差ということになります。
水頭症などの場合はこの範囲を逸脱しておおきいこととなります。ですから、あなたの場合は正常範囲内ですので心配要らないと考えます。 中村先生 なかむら産家医院 04.3.24


妊娠中の葉酸の摂取について教えてください。
現在、42歳第2子妊娠17週です。妊娠前から葉酸のサプリメントを服用してますが、いつ頃までサプリメントを続けたらいいのか教えていただきたくご相談いたします。葉酸は、欠乏しやすい栄養素だということと妊娠中毒症(第1子の時に中毒症にかかってしまい、35週で1473gで帝王切開出産しました。)の予防にもなると聞いたのですが、、、よろしくお願いします。

************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんの奇形を防ぐためには、葉酸の服用を妊娠前1ヶ月から妊娠7週まで、とされています。もちろんそれ以降も飲んで構いません。一日400マイクログラム摂れば、通常食物から200マイクログラム摂取でき、合計600マイクログラムの葉酸を摂ることになります。それで十分だそうです。 池川先生 池川クリニック 04.3.23


双胎の出産は、医師にとってハイリスクなのでしょうか?
現在30W(予定日5月25日)・33歳の初産双胎(一卵性)妊婦です。
15Wの時にマクドナルド法の手術を受けています。胎児はそれぞれ1200グラム・1350グラム程度で、何の問題も無く順調に育っております。
今月初旬の検診の際に「来月より常勤医師が不在になるので、転院先を探しておいて下さい」と言われました。ちなみに老人介護施設が併設されている病院で、病棟も一般病棟と産婦人科病棟が混合しています(病室はもちろん別です)。「できればこのままこの病院で...」とお話させて頂いたのですが、「双胎出産の場合、緊急事態に対応できるかどうか不安があるので」とも言われました。
やはり双胎の出産というのは、医師にとってハイリスクなのでしょうか?一応、けい膣分娩の適応はあるとの事。今月末より管理入院の予定でもあったので、他の医師や助産師さんのご意見を伺いたいと思っております。ちなみに2001年春に子宮筋腫(3センチ大が3個)が発見され、同年夏よりホルモン療法を半年受けました。筋腫は子宮内に残ってます。今回の妊娠に関して不妊治療は受けておりません。

*************

回答  たまごママネット医師団
双胎に限らずお産はすべて急患さんともいえます。双胎だからというよりも常勤医師がいないという状況でお産に対応できるかという問題ではないでしょうか。双胎はハイリスクとされているために現在管理入院や帝王切開となる場合が多いようですが、どちらも常勤医がいない状況で対応するというのは困難なことと思います。
 お産のリスクを事前に予測しようと色々試みられていますが、すべては予測できないというのが実情です。ハイリスクではないとしても何が起きるかわからないのです。
 現況の産科医療はそのために事前に介入しすぎる面がありそれはそれとして問題なのですが、その部分をどう解決するかは一朝一夕にはできない話です。
 お産自体は問題なく生まれてくることが多いと考えますが、病院側にとっては常勤医がい不在ということは大問題ですので、そこのところを考慮すると転院された方が良いと考えます。
中村先生 なかむら産家医院 04.3.22


死産処置の影響でホルモンバランスが崩れて生理後も出血が続きます。
今年の1月末、妊娠21週の時に胎児が全前脳胞症と診断され致命的な奇形があるとわかり、人工死産を選びました。その節は大変親切にご回答頂きありがとうございました。処置後3週間悪露月付き、処置から丁度1ヶ月後に最初の生理がきました。
量は普段よりやや少なめでした。それから2週間ほどダラダラと少量の出血が止りませんでした。
生理から17日目に又そこそこの出血量があり、さすがに心配になり病院に受診してきたら死産処置の影響でホルモンバランスが崩れているだけで特に問題はありませんと言われ、プロベラ(10)を眠前1錠10日間の処方で出されました。
しかし、薬を服用しても出血は止らず飲んで20時間くらいしたらかなりの量の出血があったので結局2日間で薬をやめてしまいました。
その時の出血は生理だったと思われます。2回目の生理から1週間経ちますが、まだ鮮血出血が少量続いています。腹痛や熱はありません。また薬を飲んだ方がよいのでしょうか?
今の出血は2日間だけでも薬を飲んで強制的に出血を止めようとしていたから、そのせいでまだ続いているのでしょうか?このまま出血が止らないかと思うと不安でたまりませんし、イライラしてしまいます。外地にいるので不安だけがつのる毎日です。

***************
 
回答  たまごママネット医師団
あなたを直接診察していない私がきちんとしたアドバイスを送れるかどうかわかりませんがご参考になれば幸いです。
 もしも流産後の子宮復古が良好で胎盤の遺残などがなければ、担当医師の言われるようにホルモンバランスの乱れによる出血(無排卵状態での機能性子宮出血)であろうとおもわれます。
それであれば残ったプロベラを指示通り飲まれた方がよいでしょう。それで完全に出血が止まらなかったとしても、服用終了後に月経のような出血がみられた後に止血することが期待できます。プロベラは黄体ホルモン剤ですが、止血効果については卵胞ホルモンと黄体ホルモンとの合剤(中〜高用量ピル)に比べて劣る場合があります。それでもどうせなら全部飲みきられた方がその後の止血効果が期待できます。
なおいつまでも出血が続くようなら担当医師に再度おたずねください。 衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.20


妊娠中の睡眠薬は危険でしょうか?
現在4ヶ月目に入ったばっかりです。あたしはすごい不眠症で睡眠薬処方されていて、妊娠わかったときに今通ってる病院で
・ハルシオン・レンドルミン・ロヒプノールと安定剤でデパスのんでいるので大丈夫か聞いたんですけどそのときは、影響ない薬ばっかなので大丈夫といわれました・・・でもネットとかで調べてると奇形児が産まれる率がもっとも多い薬で・・・
睡眠薬のベンゾジアピン系は率がおおく、授乳もできない(新生児がねむりつづけるとかで・・)と書いてありました・・・何を信じたらいいのかわからないし、やっぱり怖いから飲むのはやめてたんですけど、初期中もつらいとき大丈夫だとおもって飲んでいたのですごい不安になってしまいました・・・・おろすことは考えなかったんですけど元気な子うめなかったら子どもかわいそうだしってすごい悩んでいます・・;;睡眠剤は危ないでしょうか・・?

**************

回答  たまごママネット医師団
ハルシオン・レンドルミン・ロヒプノール・デパスはいずれも「ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬あるいは抗不安薬に属する薬剤です。妊娠初期にこれらの薬物を使用した場合に胎児の口唇裂・口蓋裂が増えるという報告がありますが、増えないという報告もあります。また増えたとしても発生頻度は0.5%以内とされていますし、それに対する治療法(手術)も確立されています。
したがって上記薬剤を服用されたことだけで人工妊娠中絶を考えられる必要はないでしょう。
 衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.19


卵黄嚢が大きいということは、どういう事なのですか?
実は今日産院へ行ってきました。朝腹痛があったからです。
出血がないし、私は便秘でよく腹痛になる事があるので、しばらく様子を見ていました。
それでも不安になり、診察をしてもらいました。
診察の結果はやはり便秘による腹痛・・・で、チョッと恥ずかしい思いをしたのですが、思わぬ事が分かりました。
心音が弱く、卵黄嚢が大きいといわれました。
前回3月8日の診察では20.7mmで、6週くらいと言われたのに、今日3月17日で21.5mm。エコー写真形は三日月のような形で、その中心に大きく丸い形が見えます。
先生はこの時期は心音が110くらい(聞き間違いかもしれません)だが、私は100ないと言われました。来週もう一度診察なのですが不安で不安で。
卵黄嚢が大きいということは、どういう事なのですか?実は一人目はつわりがとてもひどく、2度入院しました。
が、今回はとても軽いです。それも何か関係ありますか?
元気に育つ可能性はないのでしょうか?それとも、ある程度の覚悟は必要でしょうか・・・?

**************

回答  たまごママネット医師団
来週の担当医師の診察まで待ちきれないほど流産への不安を募らせておられるのですね。
確かに9日間で胎嚢(たいのう)の大きさがほとんど変化していないこと、卵黄嚢が大きく胎児心拍数が100/分未満であるといわれたことなどから推察すると、少なからず流産にいたる可能性があります。
  ただ伝え聞いた情報だけをもとに「もう見込みがない」などど安易に申し上げるべきではありません。やはり実際にエコーをご覧になった担当の先生からお話をお聞きになるべきだと思います。もし腹痛や性器出血などがあれば早めに受診された方がよいでしょう。 衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.19


初妊婦の子宮頚管縫縮術について教えてください。
現在22Wの初妊婦です(年齢29歳)。通院している病院で子宮頚管が短く、早産の心配があるといわれました。
今までの経過は約10日前  子宮頚管長2.6cm →ウテメリン3T分3服薬+自宅安静指示
4日前 子宮頚管長2cm、子宮口少し柔らかめ、おりもの検査で白血球増加?エラスターゼ?(-)より頚管に炎症はないとのこと →ウテメリン3T分3服薬+自宅安静、張りが出たら病院連絡指示
昨日  子宮頚管長1.7cm →ウテメリン4T分4服薬+自宅安静指示で「急激に進んでいるわけではないから、自宅安静で。心配なら入院しても良いよ。でも今日は満床か。。。」と言われました。
お腹の張りは1日3〜4回で強い痛みもなく1分くらいで治まります。
胎動はすごくあり、現在は逆子です。
主治医の先生に子宮頚管縫縮術という選択もあるが、手術をするかしないかは判断が難しいところと言われました。
正直、ウテメリン服薬+安静生活である程度の週数まで早産を防げるか不安で、手術を受けたほうが良いのでは?という気持ちもあります。
議論の分かれるところかもしれませんが、初妊婦にはどのような基準で手術をされているか教えていただければ幸いです。
また、子宮頚管縫縮術の術中術後の破水の確率はどのくらいなのでしょうか?

****************

回答  たまごママネット医師団
あなたのようなケースで子宮頸管縫縮術が必要かどうか(あるいは有効かどうか)は議論のあるところであり、産婦人科医師の間でも見解が分かれると思います。
たとえば、もしもあなたが今回さしたる腹痛も覚えないままに急速に子宮口が開いて早産にいたり、次回妊娠時も同様な経過をたどるようなら、「子宮頸管無力症」という診断があてはまり、3度目の妊娠時には予防的頸管縫縮術の良い適応と考えられるでしょう。しかし初回妊娠時には本当にその手術が必要(有効)であるという十分な証拠がないのです。
手術によって感染が生じれば、それが早産の原因になる可能性もあります。

以下はあくまでも私の私見です。
 血液検査での炎症所見(CRPなど)や腟分泌物の細菌検査や子宮頸管エラスターゼなどの検査結果がすべて陰性で感染所見がなく、腹部緊満の自覚も乏しいのに、明らかな子宮頸管短縮傾向があるのなら子宮頸管縫縮術を考慮されてもよい、あるいは幾分のリスクはあってもやってみる価値はあると考えます。
妊娠22週で子宮頸管長1.7cmというのは明らかに短いとおもわれますし、この10日間で短縮してきていますので、ウテメリン内服と自宅安静だけで経過をみていくのはかなり勇気がいります。もちろん手術によって破水する可能性はわずかながらありますが、子宮口がまだそれほど開いていない時期ならそれほど高いものではないでしょう(一概に何%とは言えませんが)。
これまでの経過からみると手術をお考えになられてもよいと思いますが、やはり手術のメリットとリスクについて担当医師からよくお話を聞かれた上で判断されるべきでしょう。 衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.18


インフルエンザの感染は胎児に影響しますか?
17週目の始めにインフルエンザA型に感染してしまい、2日間ほど38度6分まで熱がありました。
内科でアニルーメ(anyrume 1g)とクラリシッド錠200mgを処方してもらい、熱もインフルエンザの症状も2日間でおさまりましたが、この2つのお薬、38度6分という熱(体内は1度高いので胎児は39度6分の熱にさらされていると聞いたのですが…)、またインフルエンザウィルスによる胎児への影響が心配です。因みに双子を妊娠しています。どうかお返事のほどよろしくお願いいたします。

*************

回答  たまごママネット医師団
妊娠17週であれば胎児の体の基本構造は概ね出来上がっていますので、この時期のインフルエンザやそれによる発熱、アニルーメ(解熱剤)とクラリシッド(抗生剤)の服用が胎児奇形の原因になるということはないでしょう。
またそれ以外の有害作用の危険性も低いでしょう。さほど心配なさらなくてもよいと考えます。
衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.17


長時間の旅行について教えてください
妊娠5週に入ったところです。来月(4月)11日に従妹の披露宴で岡山県に行く予定が入っています。
2泊3日、宮城県から岡山県まで新幹線での移動になります。
母方の祖父母にも3年ぶりに会えるので、とても楽しみにしていました。
今回の妊娠は、結婚3年目にようやく授かった待望の赤ちゃんなので、絶対に流産は避けたいと思っています。
ちょうど安定期にはいる前なので、流産の心配があるのですが、無理のない程度のスケジュールにして、何とか行ってくることは可能でしょうか。
次回の診察は2週間後の29日です。その時に医師に確認してこようとは思っていますが、不安なので、何かお答えをいただけると助かります。

***************

回答  たまごママネット医師団
現在妊娠5週ということで4月11日は妊娠9週前後でしょうか。まだ安定期とは言えませんので本来なら長時間の移動(旅行)は避けた方が無難であろうとは思います。
これはそのために流産の危険が増すというわけではなく、もし流産した場合、あるいは流産しかかった場合に旅先でお困りになるのではないかという不安のためです。ただ親戚の方がいらっしゃれば何かと手伝っていただけるかもしれませんし、岡山県といえども産婦人科の1軒ぐらいはあるでしょうから(岡山県の方、ごめんなさい)、もしものときもひととおりの対応は可能でしょう。
3月29日の診察で順調な胎児発育が確認されれば流産の危険は少ないとおもわれますので、心情的には行かせてあげたいとは思います。ただ新郎新婦が新居に落ちついて、あなた御自身も安定期に入ってから改めてお祝いに行くという考え方もあります。やはり直接担当医師に御相談いただいた方がよいと思います。 衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.17


葉酸のサプリメントを服用してますがいつ頃まで服用したらいいのですか?
現在、42歳第2子妊娠17週です。妊娠前から葉酸のサプリメントを服用してますが、いつ頃までサプリメントを続けたらいいのか教えていただきたくご相談いたします。葉酸は、欠乏しやすい栄養素だということと妊娠中毒症(第1子の時に中毒症にかかってしまい、35週で1473gで帝王切開出産しました。)の予防にもなると聞いたのですが、、、よろしくお願いします。

*************

回答  たまごママネット医師団
葉酸欠乏と妊娠中毒症との関連性について記載された文献はあるようですが、私自身は葉酸の補給によって妊娠中毒症が予防できるというデータをみたことがありません。一方、食生活において葉酸摂取の少ない欧米人では妊娠前から妊娠初期(2ヶ月)にかけて1日あたり0.4mgの葉酸を食事やサプリメントで摂取することよって、二分脊椎や無脳児などの神経管欠損症を半分以下に減らすことができるとはいわれています。日本人は従来、緑黄野菜の摂取は充足しており、葉酸欠乏が問題となることは少なかったようです。
しかし「最近の若者」(こういう言い方が自然と出てくるのは歳をとった証拠かな?)の食生活を考えると、今後は葉酸補給の啓蒙が必要になるかもしれません。あなたの場合は、現在妊娠17週で胎児の原型は出来上がっていますので、あえてサプリメントで葉酸を補給する必要はないようにおもわれます。またカルシウムの補給が妊娠中毒症の予防に有効であるという説がありましたが、追試した報告では有効性を確認できなかったようです。とりあえずバランスの取れた食生活と十分な休養を心がけていただいて、担当の先生の御指導を受けてください。衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.26

高プロラクチンではないかと不安です。
現在第2子の妊娠を待っていますが、気になることがあるので質問させて下さい。
結婚後すぐに妊娠しましたが、残念なことに流産してしまい、その後、4ヶ月後に妊娠し第1子を出産することができました。
子どもは現在2歳となり、4ヶ月前くらいから避妊をやめています。
このサイト上で「高プロラクチン」と言う言葉を知ってから、私もあてはまるのではないかと心配しています。
左の胸から母乳らしきものが、ごく少量ですが、しぼるとでてきます。右の胸からは出てきません。
生理には関係がなく、いつでもしぼるとでます。(出産前はこのようなことは、ありませんでした)
生理の時、胸がはることはありません。生理の周期は30日〜40日ですが、順調にきています。
基礎体温はつけていません。薬の服用はしていません。
子どもには、7ヶ月まで母乳をあたえていました。妊娠を希望する場合は検査等をしたほうがよいのか教えて下さい。

*************

回答  たまごママネット医師団
通常はあまり検査をしなくてもいいと思いますが、もしなかなか妊娠しない場合、月経が乱れている場合などは検査する価値があると思います。
血液中のプロラクチンを測定します。採血で簡単にできますが、結果が出るのはちょっと時間がかかるでしょう。
昼間は正常の値で夜だけ高くなる場合もありますので、その場合はホルモンを刺激する注射をして何回か採血して調べる、という事もします。どの程度の検査が必要かは、受診して先生とご相談下さい。受診する場合に基礎体温表が最低1ヶ月分は欲しいところです。池川先生 池川クリニック 04.3.26

臨月にもしリンゴ病に感染した場合なにか影響はあるのでしょうか?
妊娠37週の経産婦です。
3、4日前から5歳の子どもが咳と発熱(39度以上が2日間続きました)で自宅で養生していました。今日は熱も下がり幼稚園に行けるようになりましたが今朝、同じクラスのお友達のお母さんからそのお友達も同時期に発熱、風邪の症状が出て、ほっぺたに発疹が出、病院で”リンゴ病”と診断されたと聞きました。
うちの子にはまだ発疹はでていないようですが、今回は風邪にしては珍しく関節の痛みも訴えていました。
私が妊婦なのでそのお友達のお母さんはとても心配してくださっているのですが、臨月にもしリンゴ病に感染した場合なにか影響はあるのでしょうか?
先週の検診の際に、多分あと2週間くらいで出産だろうと言われています。
お腹の子供は体重も3KGを超えていて順調に成長しているようです。胎動はまだよくありますが、昨日くらいから急におりものが増えてきたような気がします。これは出産が近づいてきているサインなのでしょうか?

****************

回答  たまごママネット医師団
いわゆるりんご病はパルボウイルスB19によって引き起こされますが、妊娠中期までに感染した場合、胎児水腫などを起こして胎児死亡する場合がありますが、妊娠末期であればその心配はないようです。ご心配の場合、主治医に相談されて抗パルボウイルスの抗体か、つまり既往に感染し、免疫があるかどうか調べておくのもよいでしょう。
岡村先生 岡村産婦人科医院 04.3.25

夫がB型肝炎のウィルス保持者ということで不安です。
妊婦ではないのですが、子どもを作る前にどうしても気になることがあるので、教えていただきたいことがあるのです。
夫がB型肝炎のウィルス保持者ということで、私はビームゲンで抗体を取り入れてます。そんな状況を踏まえて…。
《1》産まれてくる子どもにも抗体を打たなくてはならないのでしょうか。
夫の担当医には「産婦人科の先生のそれぞれの考え方があるから、産婦人科の先生に聞いてください。」と、あっさり言われてしまって。(子ども作る前に知りたいのに!)
《2》(抗体を打つとして)それは一生続くものなのでしょうか。
実際、私の場合、結婚前(三年前)にビームゲンを三回注射して抗体が定着したのですが、最近抗体の数が減ってしまったため、先日ビームゲンを打ってきました。自分の子どもも同じようなことをしなくてはならないのか、否か、というのを事前に認知しておきたかいのです。
《3》(妊娠したとして)母親の血液に抗体が入っているということは、お腹の子どもにも抗体が入る…という考え方でよいのでしょうか。
《4》(出産したとして)抗体を持っている母親が子どもを母乳で育てるのは大丈夫なのでしょうか?
「抗体を打つと、献血できない」と、担当医に言われたその言葉が微妙に心にひっかかっているので。献血できない血を持っている人間の乳を子どもにあげてもよいものなのか、不安に感じてしまったので。
本来であれば、夫の担当医に相談すべき内容の部分もかなりあると思うのですが、前に質問した時にあっさり「それはこちらでは何ともいえないので産婦人科の先生に…」と言われてしまいそうで恐くて相談できないのです。
長くなってしまい申し訳ありませんが、子作りのことを考えると不安ばかりが先行するようになってしまっているのでそういうものを払拭し「そういうものなのだ」ということを認識した上で子作りをはじめたいと思いますので、何卒ご回答をよろしくお願い申し上げます。

***************

回答  たまごママネット医師団
1)生まれてくる子にも抗体の注射はするべきと思います。
  それは親子でもいろいろ接触し感染の可能性があると思うからです。
2)そうです。
  抗体は徐々に抗体価が落ちてくるのが普通ですから、毎年検査をし、落ちてきたら注射する方がよいと思います。私たち医療 者は毎年そうしております。
3)お腹の子にも妊娠中は抗体の中の一部は入ると思いますが(これははしかなど全てにいえますが、母親の感染した病気の抗 体は胎盤を通じて胎児に移り、そのために出生3〜4ヶ月はそういった病気になりません)生後すぐに抗体はなくなってゆき ますので、父親と接触するわけですから、予防注射を受けたらよいと考えます。
4)当たり前のように母乳をしてください。風疹の予防注射をしても母乳を与えるじゃありませんか。同じことです。
 問題はありません。母親に抗原が移った場合は問題がある場合がありますが、この場合は大丈夫でしょう。
 石井先生 石井第一産科婦人科クリニック 04.3.25

子宮口をやわらかくする薬を使用しますと言われましたが本当に必要なのでしょうか?
教えてください。3月31日の予定日の初産婦です。今週の金曜日に検診日なのですが
その時に子宮口をやわらかくする薬を使用しますと言われているのですが、これをすることによって予定日が早まったりしないのでしょうか?私は、学年が変わる微妙の時期なので遅らせて4月生まれにしたいと考えています。その場合は、この薬をしないほうがいいのでしょうか?赤ちゃんの大きさは2800〜3000gと38w2dの検診で言われました。

*************

回答  たまごママネット医師団
私が医者になった頃、その薬はありませんでした。当時のお産の状況はというと、大学病院の話ですが、帝王切開率4〜5%で、多くのお母さん方が無事に出産されて母乳率も確か80%以上だったと思います。懐かしく思い出されます。お産は病気ではないといわれていた時代でした。
その後、色々医療が介入してきたにもかかわらず当時の状況と比較して現在が優れているといえるのだろうかと、疑問に思うことも多々あります。子宮口をやわらかくする薬もその一つです。
 その薬は当院には置いていません。
予定日が近づいてくると子宮収縮が頻繁に起こりだし、また、痛みを伴うような強い子宮の収縮(前駆陣痛)も起こるようになり、それで子宮口に圧が加わってやわらかくなってくるのです。
 待てば、自然にそうなってくることですので、あえてお金を払ってまで子宮口を軟らかくしなければ理由があるとは思えません。
しかも4月生まれを希望されているのならなおさらだと思うのですが、どうでしょうか? 04.3.24


頭が大きいと水頭症の可能性等の可能性があるのでしょうか?
いつも丁寧に質問に答えて下さりありがとうございます。 私は妊娠29週で、第2子を妊娠中です。 先週、28週2日のときに検診に行ったのですが、胎児の頭の大きさが、7.52センチあり、先生から「頭が少し大きめですね。」と言われ、不安になりました。 頭が大きいと水頭症の可能性等の可能性があると以前何かで読んだことがあるのですが、28週2日でこの大きさは そういった心配があるということでしょうか? 
今まで特に何もなかっただけに不安です。どうぞよろしくお願いします。

**************
 
回答  たまごママネット医師団
 児頭の大きさは大横経といって頭の横幅の長さで測定します。これが、7.52cmということですが、妊娠28週の大横経は約6.5cm〜7.8cmが正常範囲内でこの範囲内であれば以上に大きいということではなく個人差ということになります。
水頭症などの場合はこの範囲を逸脱しておおきいこととなります。ですから、あなたの場合は正常範囲内ですので心配要らないと考えます。 中村先生 なかむら産家医院 04.3.24


妊娠中の葉酸の摂取について教えてください。
現在、42歳第2子妊娠17週です。妊娠前から葉酸のサプリメントを服用してますが、いつ頃までサプリメントを続けたらいいのか教えていただきたくご相談いたします。葉酸は、欠乏しやすい栄養素だということと妊娠中毒症(第1子の時に中毒症にかかってしまい、35週で1473gで帝王切開出産しました。)の予防にもなると聞いたのですが、、、よろしくお願いします。

************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんの奇形を防ぐためには、葉酸の服用を妊娠前1ヶ月から妊娠7週まで、とされています。もちろんそれ以降も飲んで構いません。一日400マイクログラム摂れば、通常食物から200マイクログラム摂取でき、合計600マイクログラムの葉酸を摂ることになります。それで十分だそうです。 池川先生 池川クリニック 04.3.23


死産処置の影響でホルモンバランスが崩れて生理後も出血が続きます。
今年の1月末、妊娠21週の時に胎児が全前脳胞症と診断され致命的な奇形があるとわかり、人工死産を選びました。その節は大変親切にご回答頂きありがとうございました。処置後3週間悪露月付き、処置から丁度1ヶ月後に最初の生理がきました。
量は普段よりやや少なめでした。それから2週間ほどダラダラと少量の出血が止りませんでした。
生理から17日目に又そこそこの出血量があり、さすがに心配になり病院に受診してきたら死産処置の影響でホルモンバランスが崩れているだけで特に問題はありませんと言われ、プロベラ(10)を眠前1錠10日間の処方で出されました。
しかし、薬を服用しても出血は止らず飲んで20時間くらいしたらかなりの量の出血があったので結局2日間で薬をやめてしまいました。
その時の出血は生理だったと思われます。2回目の生理から1週間経ちますが、まだ鮮血出血が少量続いています。腹痛や熱はありません。また薬を飲んだ方がよいのでしょうか?
今の出血は2日間だけでも薬を飲んで強制的に出血を止めようとしていたから、そのせいでまだ続いているのでしょうか?このまま出血が止らないかと思うと不安でたまりませんし、イライラしてしまいます。外地にいるので不安だけがつのる毎日です。

***************
 
回答  たまごママネット医師団
あなたを直接診察していない私がきちんとしたアドバイスを送れるかどうかわかりませんがご参考になれば幸いです。
 もしも流産後の子宮復古が良好で胎盤の遺残などがなければ、担当医師の言われるようにホルモンバランスの乱れによる出血(無排卵状態での機能性子宮出血)であろうとおもわれます。
それであれば残ったプロベラを指示通り飲まれた方がよいでしょう。それで完全に出血が止まらなかったとしても、服用終了後に月経のような出血がみられた後に止血することが期待できます。プロベラは黄体ホルモン剤ですが、止血効果については卵胞ホルモンと黄体ホルモンとの合剤(中〜高用量ピル)に比べて劣る場合があります。それでもどうせなら全部飲みきられた方がその後の止血効果が期待できます。
なおいつまでも出血が続くようなら担当医師に再度おたずねください。 衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.20


妊娠中の睡眠薬は危険でしょうか?
現在4ヶ月目に入ったばっかりです。あたしはすごい不眠症で睡眠薬処方されていて、妊娠わかったときに今通ってる病院で
・ハルシオン・レンドルミン・ロヒプノールと安定剤でデパスのんでいるので大丈夫か聞いたんですけどそのときは、影響ない薬ばっかなので大丈夫といわれました・・・でもネットとかで調べてると奇形児が産まれる率がもっとも多い薬で・・・
睡眠薬のベンゾジアピン系は率がおおく、授乳もできない(新生児がねむりつづけるとかで・・)と書いてありました・・・何を信じたらいいのかわからないし、やっぱり怖いから飲むのはやめてたんですけど、初期中もつらいとき大丈夫だとおもって飲んでいたのですごい不安になってしまいました・・・・おろすことは考えなかったんですけど元気な子うめなかったら子どもかわいそうだしってすごい悩んでいます・・;;睡眠剤は危ないでしょうか・・?

**************

回答  たまごママネット医師団
ハルシオン・レンドルミン・ロヒプノール・デパスはいずれも「ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬あるいは抗不安薬に属する薬剤です。妊娠初期にこれらの薬物を使用した場合に胎児の口唇裂・口蓋裂が増えるという報告がありますが、増えないという報告もあります。また増えたとしても発生頻度は0.5%以内とされていますし、それに対する治療法(手術)も確立されています。
したがって上記薬剤を服用されたことだけで人工妊娠中絶を考えられる必要はないでしょう。
 衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.19



卵黄嚢が大きいということは、どういう事なのですか?
実は今日産院へ行ってきました。朝腹痛があったからです。
出血がないし、私は便秘でよく腹痛になる事があるので、しばらく様子を見ていました。
それでも不安になり、診察をしてもらいました。
診察の結果はやはり便秘による腹痛・・・で、チョッと恥ずかしい思いをしたのですが、思わぬ事が分かりました。
心音が弱く、卵黄嚢が大きいといわれました。
前回3月8日の診察では20.7mmで、6週くらいと言われたのに、今日3月17日で21.5mm。エコー写真形は三日月のような形で、その中心に大きく丸い形が見えます。
先生はこの時期は心音が110くらい(聞き間違いかもしれません)だが、私は100ないと言われました。来週もう一度診察なのですが不安で不安で。
卵黄嚢が大きいということは、どういう事なのですか?実は一人目はつわりがとてもひどく、2度入院しました。
が、今回はとても軽いです。それも何か関係ありますか?
元気に育つ可能性はないのでしょうか?それとも、ある程度の覚悟は必要でしょうか・・・?

**************

回答  たまごママネット医師団
来週の担当医師の診察まで待ちきれないほど流産への不安を募らせておられるのですね。
確かに9日間で胎嚢(たいのう)の大きさがほとんど変化していないこと、卵黄嚢が大きく胎児心拍数が100/分未満であるといわれたことなどから推察すると、少なからず流産にいたる可能性があります。
  ただ伝え聞いた情報だけをもとに「もう見込みがない」などど安易に申し上げるべきではありません。やはり実際にエコーをご覧になった担当の先生からお話をお聞きになるべきだと思います。もし腹痛や性器出血などがあれば早めに受診された方がよいでしょう。 衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.19


初妊婦の子宮頚管縫縮術について教えてください。
現在22Wの初妊婦です(年齢29歳)。通院している病院で子宮頚管が短く、早産の心配があるといわれました。
今までの経過は約10日前  子宮頚管長2.6cm →ウテメリン3T分3服薬+自宅安静指示
4日前 子宮頚管長2cm、子宮口少し柔らかめ、おりもの検査で白血球増加?エラスターゼ?(-)より頚管に炎症はないとのこと →ウテメリン3T分3服薬+自宅安静、張りが出たら病院連絡指示
昨日  子宮頚管長1.7cm →ウテメリン4T分4服薬+自宅安静指示で「急激に進んでいるわけではないから、自宅安静で。心配なら入院しても良いよ。でも今日は満床か。。。」と言われました。
お腹の張りは1日3〜4回で強い痛みもなく1分くらいで治まります。
胎動はすごくあり、現在は逆子です。
主治医の先生に子宮頚管縫縮術という選択もあるが、手術をするかしないかは判断が難しいところと言われました。
正直、ウテメリン服薬+安静生活である程度の週数まで早産を防げるか不安で、手術を受けたほうが良いのでは?という気持ちもあります。
議論の分かれるところかもしれませんが、初妊婦にはどのような基準で手術をされているか教えていただければ幸いです。
また、子宮頚管縫縮術の術中術後の破水の確率はどのくらいなのでしょうか?

****************

回答  たまごママネット医師団
あなたのようなケースで子宮頸管縫縮術が必要かどうか(あるいは有効かどうか)は議論のあるところであり、産婦人科医師の間でも見解が分かれると思います。
たとえば、もしもあなたが今回さしたる腹痛も覚えないままに急速に子宮口が開いて早産にいたり、次回妊娠時も同様な経過をたどるようなら、「子宮頸管無力症」という診断があてはまり、3度目の妊娠時には予防的頸管縫縮術の良い適応と考えられるでしょう。しかし初回妊娠時には本当にその手術が必要(有効)であるという十分な証拠がないのです。
手術によって感染が生じれば、それが早産の原因になる可能性もあります。

以下はあくまでも私の私見です。
 血液検査での炎症所見(CRPなど)や腟分泌物の細菌検査や子宮頸管エラスターゼなどの検査結果がすべて陰性で感染所見がなく、腹部緊満の自覚も乏しいのに、明らかな子宮頸管短縮傾向があるのなら子宮頸管縫縮術を考慮されてもよい、あるいは幾分のリスクはあってもやってみる価値はあると考えます。
妊娠22週で子宮頸管長1.7cmというのは明らかに短いとおもわれますし、この10日間で短縮してきていますので、ウテメリン内服と自宅安静だけで経過をみていくのはかなり勇気がいります。もちろん手術によって破水する可能性はわずかながらありますが、子宮口がまだそれほど開いていない時期ならそれほど高いものではないでしょう(一概に何%とは言えませんが)。
これまでの経過からみると手術をお考えになられてもよいと思いますが、やはり手術のメリットとリスクについて担当医師からよくお話を聞かれた上で判断されるべきでしょう。 衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.17


インフルエンザの感染は胎児に影響しますか?
17週目の始めにインフルエンザA型に感染してしまい、2日間ほど38度6分まで熱がありました。
内科でアニルーメ(anyrume 1g)とクラリシッド錠200mgを処方してもらい、熱もインフルエンザの症状も2日間でおさまりましたが、この2つのお薬、38度6分という熱(体内は1度高いので胎児は39度6分の熱にさらされていると聞いたのですが…)、またインフルエンザウィルスによる胎児への影響が心配です。因みに双子を妊娠しています。どうかお返事のほどよろしくお願いいたします。

*************

回答  たまごママネット医師団
妊娠17週であれば胎児の体の基本構造は概ね出来上がっていますので、この時期のインフルエンザやそれによる発熱、アニルーメ(解熱剤)とクラリシッド(抗生剤)の服用が胎児奇形の原因になるということはないでしょう。
またそれ以外の有害作用の危険性も低いでしょう。さほど心配なさらなくてもよいと考えます。
衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.17



体重増加で悩んでます。
妊娠8週6日です。H15年1月からH16年2月頃までに94.6キロあった体重を食事制限で62.8キロまで減量しました。
その体重を維持するため朝食しかとっていませんでした。
妊娠が分かり、まだ初期の頃はそんなに食事を気をつけなくても子どもは母親から根こそぎ
栄養を持っていくから大丈夫だと、何かで見てはいたんですが、いくらなんでも朝食だけではと思い昼食もとるようになりました、食事の量は普通だと思います。
間食もしていません。ですが、妊娠がわかってからわずか1ヶ月で3キロも増えてしまいました。
このままでいたらどんどん増えていってしまいそうで、不安です。また朝食だけに戻してもへいきでしょうか?
なるべくカロリーを抑えた食事にするよう心がけてはいるんですが、朝食だけで体重が減りも増えもしていなかったので昼食分は増えていくのは仕方ないのでしょうか?これからの食事をどうしたらいいかわからず、悩んでいます。

************

回答  たまごママネット医師団
素晴らしいダイエットを成し遂げて、かなり意志の強い方とお見受けしました。
そうであれば、きっといいお産が出来ると思います。
ところで、妊娠中はカロリー計算も重要ですが、栄養バランスも大切です。体重だけの問題ではありません。
もし朝食だけで一日のバランスのビタミン、ミネラル、繊維などが摂れていればいいのですが、たぶんそれは無理でしょう。
医者は栄養学についてはあまり分からないので、できれば栄養士さんとご相談なさった方がいいでしょう。総合病院には栄養士さんがたいていいますので、ご相談に応じてもらえるかも知れません。また、保健所の助産師、保健師さんなどでも相談に乗ってくれるところもあります。また開業助産師さんでやたらに食に詳しい人もいますので、お近くで探してみるのも一つの方法でしょう。
 栄養換算表などが市販されていますので、購入してご自分で食べたもののカロリー、栄養素を計算してみてはいかがでしょうか。たいていその本には妊娠中に必要な量も書かれていますので、それを参考にしてみてください。
不足する部分についてはサプリメントの利用も効果的かも知れません。いずれにしても体重が増えなければいい、という単純な問題ではありませんので「食べる」という事にもうちょっと注意を払っていただいても宜しいかと思います。
池川先生 池川クリニック 04.3.15


肥満でもちゃんと産めるのでしょうか?
今日、病院に行ったところ4週〜5週目ということを言われました。
もちろん妊娠は希望していたのですが、私は身長が162cm体重が78kgもあり肥満です。
そんな状態でもちゃんと産めるのか心配です。
聞いた話では、それ以上体重を増やしてはいけないと聞きましたがいかがでしょうか?

***************

回答  たまごママネット医師団
それほど肥満というわけでもなさそうですが、食事には気を付けた方がいいでしょう。今の状況では、確かに妊娠中にトラブル(陣痛が弱くなる、赤ちゃんが大きくなりすぎる、逆に赤ちゃんが育たないなど)を起こす事もあり得ますが、生活習慣、食生活、運動などに配慮すればちゃんと安産になります。
体重増加は、今の体重を基準にある程度7−9kgまで増えていい、とする先生と、増えては行けないとする先生とに分かれます。現在おかかり、もしくはお産する所の先生の考え方に合わせてみてはいかがでしょうか。
どうぞいいマタニティーライフを送って素敵なお産をなさってください。 池川先生 池川クリニック 04.3.14


帯状疱疹についてご質問です。
私は現在、妊娠7Wの妊婦です。
五日ほど前から左腕のみに虫さされ状のものが5つほど出来て、昨日、皮膚科へ行ったところ「帯状疱疹」との診断を受けました。何か胎児への影響はありますでしょうか?
また今後気をつけた方がいい点などありましたら、教えていただければと思います。

************

回答  たまごママネット医師団
帯状疱疹というのは、体内に潜んでいた水痘(水疱瘡)のウィルスが局所的に再度活性化して生じる皮膚病です。その場合、あなた御自身はすでに同ウィルスに対して免疫(抗体)をもっていることになりますので、胎児がウィルスに感染して先天異常を生じる危険はほとんどないようです。
症状が軽ければ積極的に抗ウィルス剤で治療する必要はないと考えますが、治療法については皮膚科と産婦人科のそれぞれの担当医師にご相談ください。衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.12


子宮内膜に厚みがないので着床しにくのでしょうか?
二人目の妊娠を望んでいるのですが、4年程前に不妊治療で受診した際に「子宮内膜に厚みがないので着床しにくいが、子宮内膜を厚くする方法はない」と言われました。その後運良く一人目は妊娠したのですが、二人目が欲しく去年受診した際は「子宮内膜が薄いけど、その治療もできる」と言われました。
現在では子宮内膜を厚くする治療もあるのでしょうか?あればどのような治療ですか?
38歳という高齢の為、着床しにくいという事もあるのでしょうか?一日でも早い妊娠を望むため焦ってしまい、その焦りが妊娠しにくくしているのでしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
子宮内膜が薄いために受精卵が着床しにくいことが不妊の原因と考えられる場合には、黄体ホルモン剤の使用により子宮内膜を厚くして着床環境を改善できる可能性があります。2週間程度の使用ならこの薬剤が胎児発育に対して悪影響をおよぼす恐れはありません。
詳しくは担当医師にお聞きください。 衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.12


頚管長がどのくらいになればお産ができるのですか?
実は、34週で切迫早産で入院してましたが、34週6日の時点で頚管長21mmと言われましたが、ウテメリン内服にて退院しました。現在35週4日ですが、頚管長が36週で普通どのぐらいあるものなんでしょうか?お産になる際はこの長さはいったいどの程度短くなるんでしょうか?出来れば、40週までお産にはなってほしくないのです。
上の子どもの卒園・入学式がある関係上・・・・・

************

回答  たまごママネット医師団
頚管長は通常4cmです。しかし陣痛がなければ、頚管が短くなっても産まれません。
40週までもって欲しければ、おなかの赤ちゃんに話しかけ、それまで産まれないように説得してください。分娩時期に影響するものは、月の満ち欠け、汐の満ち引きなどありますが、お母さんの希望というのが一番当たるそうです。
もちろん「はずれ」もありますからそのつもりで。
どうぞよいお産をなさってください。池川先生 池川クリニック 04.3.12


子宮剄管熟化剤(マイリス)の使用に不安を感じます。
うちの病院は無痛病院を推奨している病院です。ただ私はどちらかといえば、自然のほうが体にも赤ちゃんにもいいような気がして、薬で誘発分娩するのはどうかと思っています。
また、予定日も3月28日で男の子の予定なので、計画分娩で早生まれにするより4月にできれば産みたいと先生にも相談しています。それで、4月5日まで待って、それまでに自然に陣痛があれば、自然分娩、来なければ、胎盤機能も落ちてくるから4月5日には出しましょうといわれました。それはそれで仕方ないと思っていたのですが、37週の検診に先日行ったのですが、その際まだ子宮口が硬いので軟らかくする薬を打ちましょうと、子宮剄管熟化剤(マイリス)を打たれました。まだ4月まで大分あるので必要ないのでは?と聞いたのですが、子宮口は軟らかくしといたほうがいいと、半ば強引に説得されました。また今週注射を打ちに行かないといけないのですがそこで、少しマイリスについて調べてみると、副作用があるとか、医療事故にあったとかインターネットで怖い情報ばかりのっていて、今後打つべきかどうか悩んでおります。
実際この マイリスとやらは、どんな薬なんでしょう?また、無痛分娩の麻酔、陣痛誘発剤を使うのはどうなんでしょう?
私はこの病院で出産すべきじゃじゃなかったのではないかと、今さらながらに悩んでます。

***************

回答  たまごママネット医師団
マイリスは薬品名を「プラステロン硫酸ナトリウム」といい、胎盤で化学変化を受けてエストロゲン(女性ホルモン)となって子宮頸管を軟らかくする効果を発揮するとされています。国内では広く使用されていて特別に危険な薬剤ではありません。
ただし頻度は不明ですが、まれに強いアレルギー反応や過強陣痛、胎児仮死などの副作用が起こったことが報告されています。またこの薬剤により子宮頸管の熟化が進むことは認められていますが、それにより帝王切開が減少したとか、新生児予後が改善したとかいう母子の健康に対する本質的なメリットはいまだ確認されていません。
  したがって御本人の気が進まないのに強引に説得して使用する薬剤ではないでしょう。もし不安が強ければ率直に担当の医師に相談されてはいかがでしょうか?それで納得のいく説明が得られればそのまま診ていただいたらよいでしょう。
  どうしても納得のいく説明が得られなければ、妊娠37週ということで時期的には困難かもしれませんが転院されてもよいと思います。

無痛分娩には若干のリスクもありますが、それなりのメリットもありますので、それが間違っているということはありません。欧米諸国では多くの女性がそれを選ばれているようです。
  しかしそれを選択するかどうかはあくまでも御本人の意志によります。また予定日が3月28日であれば、4月5日は妊娠41週1日になります。過期妊娠というのは妊娠42週以後まで分娩にいたらない場合をいいますので、それには当てはまりません。しかし担当の先生が言われるように胎盤機能が徐々に低下していく可能性はありますので、妊娠41週以後の陣痛誘発は医学的には根拠のあるものです。
もちろんそれを受けられるかどうかは最終的に御本人の選択になります。
 04.3.12

妊娠を希望していますが肥満は影響しますか?
初めまして。結婚1年、今年で33歳になる出産未経験者です。実は、そろそろ子どもが欲しいと考えていますが、悩んでいます。私は162cm・86kg、BMI指数も33ある大変な肥満です。
仕事の都合上(教師です)から今年に子どもを作る努力をするか、35歳を過ぎてからにするかと考えているのですが(授かる・授からないは別としてですが)、肥満での妊娠・出産に対してのデメリットを見ていると、現状で妊娠するのが怖いです。
実際、過去に婦人科検診をしたときに、お医者さんから「そんな太った状態で絶対妊娠するなよ!母子ともに死ぬぞ!」言われたことがあります。
夫は早く子どもが欲しいと願っており、今年の妊娠を望んでいるため、不安ながらも現在チャレンジしているのですが、・現状のような肥満での妊娠はやはり避けるべきなのか・ダイエットを頑張って、高齢出産(初産)を選択すべきか 夫は35歳過ぎても標準体重になっている保障などないと笑いますが、真剣に悩んでいます。
個人差もあることでしょうが、忌憚の無いご意見を頂ければ幸いです。

*************

回答  たまごママネット医師団
身長162cmで体重86kgは確かに肥満であり、もう少し標準体重に近づいてからの妊娠・出産が望ましいとは思います。ただ今年で33歳ということですから、妊娠成立まであまり何年も待たない方がよいでしょう。妊娠年齢が高くなるにつれて流産や先天異常の頻度も高くなりますし、また妊娠中の母体合併症も起こりやすくなります。もし今すぐに妊娠したとしてもそれが悪いということはありません。しかしその場合には妊娠中ほとんど体重が増えないようにがんばって下さい(胎児や胎盤などの重量を差し引けば、あなた御自身としては実質的に4-5kgダイエットする勘定になります)。
もともと肥満の方は妊娠中に体重が1kgも増えなくても赤ちゃんは十分な大きさになります。
御健闘を祈ります。衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.10


突発性難聴」と診断されましたが治療は胎児に影響しますか?
現在妊娠27週目に入ったばかりの妊婦ですが、突然片方の耳が聞こえにくくなり耳鳴りもしたので耳鼻科に行くと「突発性難聴」と診断され、2週間以内に治療を開始したいけれども「ステロイド」[VB12」「アデホス」等の点滴治療や詳しく検査するならMRやCT検査が必要とされました。このまま放置すれば耳は難聴のままだし、耳鳴りもそのままで良くなることはなく、悪化すれば聴力は徐々に落ちるといわれまし。果たして治療を行った場合に胎児への影響はどのくらい出るものなのでしょうか?

**************

回答  たまごママネット医師団
耳鼻科の担当医師が放置すると高度の難聴に至る危険性があると判断されたのなら、妊娠中であっても治療を延期する理由はありません。ステロイド剤が必要なら「プレドニン」が胎児への移行が少ない(母体血中濃度の1/8-1/10)ことから使いやすいでしょう。ビタミンB12は特に問題ありません。また「アデホス」は添付文書上では「妊婦には投与しないことが望ましい」とされていますが、この時期の胎児に悪影響が出る可能性は低いので治療上ぜひとも必要なら使用してよいでしょう。また妊婦の頭部のCTやMRIが胎児に悪影響を及ぼす危険性はほとんどありませんが、二者択一できるならX線を使用しないMRIがより好ましいでしょう。片耳であっても難聴になるのはつらいことですから、然るべき治療を受けていただくようお勧めします。
衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.10


妊娠25週で風邪で処方された薬が不安です。
現在、27週です。25週の終わり(2/19)から風邪をひきはじめ、翌週(2/27)、産婦人科へ行きツムラの19番、小青竜湯という漢方を処方してもらいましたが、2日後に嘔吐と下痢で食べれなくなり、咳が酷く、肺が痛くて我慢できなくなったので、また病院へ行き(3/2)痰きりと咳止めにムコダイン250mgとカフゴテNを出してもらいかなり楽になったんですが、多少、咳や鼻水が残り、耳が痛くなり病院(3/5)で中耳炎の薬フロモックス100も出して貰いました。今飲んでいるのは毎食後ムコダイン250mg2錠、カフゴテN2錠、フロモックス100、1錠です。
明日からは8ヵ月になり病院でも赤ちゃんに全然問題ないから大丈夫と言われ、私も奇形の心配はしていないんですか、授乳中もNGな薬とネットで調べると出ていたのが気になります。聴覚、視覚、脳などが成長する時期なので影響がないのかも気になりだしてしまいました。初期の薬で奇形にということは聞きますが、この時期(妊娠後期)の薬が胎児の耳や目や脳などに問題を起こすということはあるのでしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
小青竜湯、ムコダイン、カフコデ、フロモックスのいずれもこの時期に短期間使用したことで胎児に悪影響が出る恐れはないでしょう。気管支炎や中耳炎の症状がひどければ、むしろきちんと治療された方がよいと思います。あまりご心配にならないでください。 衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.9


子宮頚管無力症の手術をすべきか悩んでいます。
初めまして。子宮頚管無力症の検索で入りました。私は平成12年、13年年子で出産し2人共に14週位に子宮を縛る手術を受けましたが上の子は32週、下の子30週の早産で下の子はPVLに知的障が・・。現在14週に入り16日に縛る手術をする予定で居ますが、主治医からは前回の出産で頚管が避けて傷になっている事や糸が感染源で2人とも前期破水をした可能性も有る等で手術をしたほうが良いのか今回はしないで様子を見るか微妙なんです。って言われ、でも手術をしたほうが良いかな?ってことで悩んだ挙句に又手術をする事になりました。他の方のご意見も伺って見たいと思います。
宜しくお願い致します。又今後の生活で気をつける点などもお願い致します。

*************

回答  たまごママネット医師団
むずかしいご質問だと思います。確かに子宮頸管無力症というのは、流早産の原因のごく一部であり、それ以外にも子宮内感染や母体や胎児の疾患が関わっている場合があり、原因不明のことも多いのです。
少なくとも前2回の妊娠では頸管縫縮術は十分な成果を上げられなかったということですね。ただ「前回の出産で頚管が避けて傷になっている」と言われているのなら、再度の頸管縫縮術を含めて、それに対する処置が必要かもしれません。また子宮内感染の予防のために腟分泌物の細菌検査や炎症所見の有無などを調べた上で、必要に応じて抗生剤などによる治療をおこなうことも考慮すべきでしょう。
やはり担当医師と十分相談された上で今後の経過をみていただいてください。衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.9


子宮頸管無力症だろうといわれ手術すべきか悩んでいます。
以前19週5日で第1子を流産しました。当日の超音波で、子宮口は問題ないと言われました。16時ごろよりおなかが痛くなり、その後どんどん強くなり、最終的には5分毎の陣痛のようになり、22時20分に出産しました。出産までの時間が短かったので、頚管無力症だったのだろう。と言われました。次回の妊娠では、縫縮術をするように言われていますが、いろいろ調べているうちに本当に無力症だったのだろうか。と思うようになりました。マレーシアに住んでいて医療も違いがあると思いますが、無力症であれば、陣痛のような痛みは無いのですよね。次の妊娠を希望していますが、その時手術を受けるべきか、日本に帰って一度受診するべきかなど、悩んでいます。

*************

回答  たまごママネット医師団
おっしゃるように子宮頸管無力症というのは、お腹の張り(子宮収縮)がないか、あっても軽度であるにもかかわらず、急速に子宮口が開大し流早産にいたる病態をいいます。
 確かに前回流産の経過からみると陣痛のような痛みが数時間続いてから流産にいたっているので、頸管無力症には当てはまらないかもしれません。もしも流産の前後に発熱などがみられていたら子宮内感染によるものであった可能性があります。いずれにせよ次回妊娠時には細菌性腟炎の有無などを十分に評価していただいて必要なら抗生剤などの治療を受けられるとよいでしょう。必ずしも日本国内で妊娠経過をみていく必要があるとは思いませんが、今回の経過を説明した上で慎重に診ていただいた方がよいでしょう。 衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.9


赤ちゃんが小さめなのと、子宮底長が小さいままで心配です。
私は24歳で、現在妊娠31週です。二人目ですが、一人目は、羊水過多症、31週で早産、18トリソミーだったため、出産後2時間で死産してしまいました。その後2回自然流産をしています。夫婦とも、染色体検査は受けていません。
現在の妊娠も妊娠5ヶ月頃からずっとお腹の張りが頻繁にあったのですが、心配ないと診断されていました。
その病院から現在の病院に変えてから、妊娠28週の検診で、張ると、卵膜が出口を広げようとしている。とのことで、ズファジランを内服、自宅安静で過ごしています。(ウテメリンは一人目のときにアレルギー症状が出たため使えません。)横になってると張りませんが、トイレへの行き帰りや、食事で座ると張ります。
子宮底長が25週で21センチ。28週で22センチ。30週で22センチ、推定体重が28週1080g、30週で1400gです。
他に、B群溶連菌がでたので、クロマイ膣錠を処方されています。
心配なのは、「心配するほど小さくはない」と主治医に言われたのですが、子宮底長に変化がないのは、どういった原因が考えられるのかということです。私の子宮が大きくなれずに、赤ちゃんが大きく育てないということもあるのでしょうか?
一人目の時に、「羊水過多症だが赤ちゃんは元気」と、大学病院に転院になる直前まで言われてて、なんの不安もなかったのに、転院になったとたんに18トリソミーとわかり、のんきに考えていた自分に後悔したので、今回は、できる限りリスクがあるなら知っておきたいので、ぜひ教えて頂きたいです。あと、主治医の先生に羊水の量の確認や子宮内胎児発育遅延の可能性を聞いたほうがいいのでしょうか?また、産声を聞けないのではと、最近不安なんです。。。よろしくお願いします。

*************

回答  たまごママネット医師団
 赤ちゃんの大きさは現段階では心配するほど小さくないと思いますが、今後どうなるかは経過を見ていかなければならないでしょう。
 赤ちゃんが何か問題を抱えていればどこかで成長が止まる可能性はあります。ただし、それはお母さんが原因ではなくて赤ちゃん自信が抱えている問題や胎盤の問題で、それは誰もどうすることも出来ないことです。  
 子宮底長は赤ちゃんが順調に成長している目安に計るのですが、それほど再現性の高い正確な検査ではありませんので、子宮底長よりは児推定体重の方が正確です。
 不安なことがあればすべて主治医の先生に聞いた方がいいと思います。
ただし、繰り返し言いますが、赤ちゃんが何か異常を抱えていた場合それを誰も根本的に治すことができないと言うことです。
 産科医療が出来ることは産むタイミングを調整することです。体外で管理した方が良いのか、胎内で頑張れるのかを計っているだけで赤ちゃんが抱える問題を根本的に解決しようとするものではありません。 中村先生 なかむら産家医院 04.3.9


帝王切開について教えてください。
今度三回目の妊娠を考えているものです。
母が2回の帝王切開をし、その20年後に腸閉塞をおこして、開腹手術をし、今度はそれが原因で腸の癒着で苦しんでいます。
癒着はなってしまったら直しようがないそうで、ずっと腸の不快感に悩まされなければならないと母の主治医が言いました。
それで、私も癒着を出きる限り、予防したいと考えていろいろとインターネットで調べたのです。手術の際、癒着防止シートをつけるとだいぶ違うらしいことを知り、かかりつけのお医者様に相談したところ、子宮系の手術以外には適用がないと言われましたがそうなのでしょうか?また、本当に癒着防止シートの効果はあるのでしょうか?適用がないと言うことの意味をはっきり聞かなかったのですが、自費でも出きるのでしょうか?
また、大建中湯が帝王切開後の癒着の防止につながるとの記事を読んで、これも先生に伺ったところ、癒着してしまった人には効くが、予防効果はないとのことで処方してもらえませんでしたが、予防効果は全くないのでしょうか?
 また、母の時代は古典的帝王切開だから癒着が多いが、現在の帝王切開は子宮のうんと下を切るので、癒着はほとんどないというのですが、そうなのですか?
 なってしまってからあーすればよかったと後悔したり、苦しんだりするより、出来るだけのことをしたいと思うのですが、何か予防策があるのでしたらどうか小さな事でも教えて下さい。

*************

回答  たまごママネット医師団
あなたも過去2回の妊娠時に帝王切開を受けられたのでしょうか?
現在では帝王切開術はほとんどの場合、子宮下部横切開法(子宮の下の方を横に切り開いて胎児を出す方法)がおこなわれます(ただし前置胎盤や早産での帝王切開ではかなり上の方を切っている場合もあります)。
また昔と比べると、手術室の衛生環境整備や手術器材の滅菌、縫合時の合成吸収糸の使用、感染予防のための抗生剤の使用など感染対策も進んでいますので、術後の癒着による腸閉塞や通過障害はまれになりました(全くないわけではありませんが)。
「癒着防止シート」に相当するものは何種類かありますが、通常の子宮下部横切開法の場合は必要ないでしょう。
われわれは術後の癒着防止のために子宮切開部の腹膜を縫い合わせて傷をおおうようにしていますが、海外の文献ではその腹膜の縫合すら不要であるという報告もあり、特別な処置は必要ないようです。 衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.8


トキソプラズマ感染症と診断され不安です。
現在妊娠18週、双子妊娠中、トキソプラズマ感染症と診断されました。
今日健診に行きいろいろ相談したところ、15週からアセチルスピラマイシンという薬を胎盤が作られる前から飲んでいるので胎児に感染する可能性はほとんどないから大丈夫・・・みたいなことを言われました。
100%ではないが、どんな妊婦さんでも何が起こるかわからないのと同じだから・・・そのくらい感染の可能性は低いと。この薬を飲むことでそんなに高い確率で感染を防ぐことができるのでしょうか?
また数値が2度続けて1.6と1.5と横ばいなので、今日の検査の結果も同じ数値であれば、さらに妊娠前からの可能性は高いと言っていました。下がっていれば妊娠初期の可能性が出てくるのでということでした。双子なだけに色々と悩んでいます。この内容から先生はどうお思いになりますか?少しでも何かご意見を聞けたら助かります。よろしくお願いします。
内容: 現在妊娠18週、双子妊娠中、トキソプラズマ感染症と診断されました。
今日健診に行きいろいろ相談したところ、15週からアセチルスピラマイシンという薬を胎盤が作られる前から飲んでいるので胎児に感染する可能性はほとんどないから大丈夫・・・みたいなことを言われました。
100%ではないが、どんな妊婦さんでも何が起こるかわからないのと同じだから・・・そのくらい感染の可能性は低いと。この薬を飲むことでそんなに高い確率で感染を防ぐことができるのでしょうか?
また数値が2度続けて1.6と1.5と横ばいなので、今日の検査の結果も同じ数値であれば、さらに妊娠前からの可能性は高いと言っていました。下がっていれば妊娠初期の可能性が出てくるのでということでした。双子なだけに色々と悩んでいます。この内容から先生はどうお思いになりますか?少しでも何かご意見を聞けたら助かります。よろしくお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
不安なお気持ちはお察しします。
トキソプラズマが胎児に感染して問題になるのは母親が妊娠中に初めて感染した場合に限られていて、「数値が2度続けて1.6と1.5と横ばいなので、今日の検査の結果も同じ数値であれば、さらに妊娠前からの可能性は高い」と言われたということですが、これはおそらくトキソプラズマに対するIgM抗体の数値を説明されたものでしょう。
IgM抗体が陽性の場合には比較的最近の感染が疑われるといわれていますが、実際には感染後数年間にわたってIgM抗体陽性の場合があります。IgM抗体(ELISA法による)の正常値は1.0未満ですが、陽性であっても1.5-1.6ぐらいの低力価であれば担当の先生がおっしゃるように妊娠前から抗体をもっていた可能性が高いかもしれません。今回妊娠の直前や妊娠中に生肉を食べたり猫の糞を触ったりしたことはありませんか。もしも何年も前から猫を飼っていたとしたら、妊娠中に新たに感染した可能性は低いでしょ
う。アセチルスピラマイシンは胎児への危険性は特に認められていませんが、それでトキソプラズマの感染を確実に予防できるわけではありません。しかし胎児が感染した場合でも症状が現れないか、軽くてすむ場合が多いようです。
妊娠中の初感染かどうかは、上記IgM抗体以外にIgG抗体価の変動なども含めて総合的に判定する必要があります。
お話をうかがったところでは初感染の可能性は低そうですが、やはり担当医師からくわしく説明していただいた方がよいでしょう。衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.8


お腹の張りが気になります?
現在妊娠12週です。先週、検診で小さな子宮内出血があるといわれました。
一人目を切迫早産の末に36週で出産、二人目は無脳児で14週で死産しました。
妊娠に対して不安が強い為か、子宮内出血の事を聞いてから、動悸が強くなり息苦しくなりました。また、精神的に緊張してしまったのかトイレが非常に近くなりました。検診の前から少しお腹が痛かったのですが、だんだん張ってきてるような気がします。
質問ですが
1. この時期にお腹が張ると、お腹を触って硬くなっているのがわかるのでしょうか。わかるとすればどのあたりでしょうか。
2. 恥骨の5センチ上の辺りがすぐジンジンしてトイレに行きたくなるのですが、膀胱が圧迫されているからでしょうか。それともこれが張りでしょうか。
3. お腹が張ったら服用するようにとダクチル錠を処方されてますが、もしお腹の張りが無いのに服用したら何か副作用はありますか?
Cトイレが異様に近いのですが(夜中に4回は起きます)、膀胱炎の可能性はありますか?


**************

回答  たまごママネット医師団
超音波画像診断装置(エコー検査機器)の解像力の向上にともなって、妊娠初期から中期にかけて比較的小さな子宮内出血(「絨毛膜下血腫」といいます)が発見されることが多くなりました。胎児発育や心拍数が正常であればほとんどの場合、流産することなくちゃんと育っていくようです。あまりご心配にならないで下さい。不安やストレスが強度であると、そのためにお腹が張ったり、頻尿(尿が近くなること)となることはあります。しかし症状からは膀胱炎の可能性も除外できないので、早めにかかりつけの産婦人科を受診されて尿検査を受けられるとよいでしょう。
ダクチルはずっと以前から子宮収縮をおさえて流早産を予防する目的で使用されています。お腹の張りがなければ服用する必要はありませんが、この薬剤自体が胎児に悪影響を及ぼしたという報告はありません。妊娠12週だと子宮の高さはへそと恥骨の中間点付近でしょうから、ご自分で触ってみられてもお腹の張り(硬くなっている様子)はわかりにくいでしょう。妊娠後期になるとご自分で触って硬くなっているのに気づかれる方も多いようです。衣笠先生 尼崎医療生協病院 04.3.6


岡 憲史先生 オカ・レディース・クリニック 神戸市北区大原3-8-1 
竹中 義人先生 大阪労災病院 小児科  大阪府堺市長曾根町1179-3
岡村 博行先生 岡村産婦人科医院 大阪府堺市槙塚台1丁-11-3
衣笠 万里先生 尼崎医療生協病院  兵庫県尼崎市南武庫之荘11-12-1
石井 廣重先生 石井第一産科婦人科クリニック 静岡県浜北市小松4498-5
池川 明先生 池川クリニック 横浜市金沢区大道2-5-13

小野吉行 先生  小野レディースクリニック 兵庫県小野市西本町538-3
おがわ あさこ先生 ごきそレディスクリニック 名古屋市昭和区阿由知通 3-10
北島 博之先生 大阪府立母子保健総合医療センター 大阪府和泉市室堂町840
磯辺先生 いそべクリニック 愛知県安城市安城町宮前105
大牟田智子先生 春日助産院 福岡県春日市昇町6-102
その他 産科医師・小児科医師・助産師