医療相談室

ホルモンと卵巣機能についての質問
6年前に4.5cm程度の左に卵巣膿種ができたのですが、その後経過をみて自然消滅したので手術をしませんでした。ただ仕事が多忙の時など、その後2回ほど左の卵巣が腫れていることがありました。
実を言うと、今回左の脇腹がひっぱられるような痛みがあったため、また卵巣が腫れているのかと思って受診したところ妊娠がわかりました。残念なことに10週目に入ったところで流産してしまいました。結局自然に任せるため手術はしませんでした。1週間後のチェックで何も残ってないことから、完全流産でした。流産した今、この時の左下の卵巣がひっぱられるような痛みが気になって仕方ありません。私は今回自然妊娠でしたし、不妊治療したことはないのでよく分からないのですが、卵管が狭い叉はつまっているために赤ちゃんにホルモンや栄養がいかなかったりすることはあるのでしょうか?またその結果流産するとか??卵管検査というのは不妊治療目的でなくても、できるものなのでしょうか??夏から子作りを開始したいと思っているのですが、今はいろいろと考えてしまって不安でなりません。

**************

回答  たまごママネット医師団
卵管が狭い、または、つまっているために赤ちゃんにホルモンや栄養がいかなかったりすることはあるのでしょうか?と心配されていますが、そんなことは全く関係ないことですので安心して下さい。
またあなたの左下腹部の痛みについては診察した訳では有りませんので、意見は差し控えたいと思います。
流産されたことは非常に残念ですが、その原因は通常は分からないものですし、人は非常に流産する頻度の高い動物です。もしあなたが赤ちゃんが出来るかについて、ご不安を抱いておられるなら、一度産婦人科を受診されたらとは思います。
卵管造影検査を受けておくことは、ご不安を取り除くとともに妊娠し易くなる可能性もありますので。(大きな不妊原因がない場合、卵管造影検査の後、自然妊娠する率は非常に高いと言う臨床的事実に基づく)
小野先生 小野レディースクリニック(小野市)05.2.28


感電をしましたがお腹の赤ちゃんに影響はありますか?
現在、12週目で、36歳で、初産です。
昨日、キッチンで、両手でコンセントを抜いた時、両肩を、うしろから、「ガッ」と、つかまれたような衝撃にびっくりして、なにが起こったかわからなかったのですが、感電したようにおもいます。以前、感電について、ご質問されたかたがいらしたようなのですが、私も、胎児への影響がないか、心配で心配で、メールさせていただきました。
腕だけだとおもうのですが、足のほうへは何もかんじませんでしたので、、、大丈夫でしょうか。
検診は3週間後なのですが、その前に、病院へいくべきでしょうか?それから、身体の変化は何もありません。ご返答よろしくお願いいたします。

**************

回答  たまごママネット医師団
家庭用の電流で感電した場合、胎児への影響はまず考えなくて良いでしょう。
たぶん、発育はその後も順調であることと思います。
もしそれでもご心配でしたら、健診をまたず、赤ちゃんが元気かどうか、早めに受診して確認なさっても宜しいかと思います。
今回の事に限らず、お母さんの心配している事そのものの方が赤ちゃんへの影響が大きいかも知れません。まず、お腹の赤ちゃんに心配ないことを気持ちの上で伝えてあげた方がいいでしょう。そのために、どのような方法でもいいのですが、お母さんの安らいだ気持ちを伝えてあげてください。具体的な一つの方法としては、お腹に手を当てて、赤ちゃんをイメージして、(イメージできなければ検査の時に撮った超音波の赤ちゃんを思い浮かべてください)「赤ちゃん、心配ないの」とか「あなたは守られているから大丈夫」というような事を伝えてあげてください。それできっと良くなると思いますよ。
どうぞ、楽しいマタニティーライフを送って下さい。池川先生 池川クリニック 05.2.23

自己免疫疾患が元で胎児が突然死することはあるのでしょうか?
1ヶ月ほど前になります。丸一日胎動が無かったので、次の朝病院へ行ったら子宮内で赤ちゃんが亡くなってる事が発覚しました。28週5日、1,138gの男の子でした。
妊娠中の経過は順調で胎動がなくなる前日までは元気に動いていました。エコーで診断してくださった先生は亡くなってまだ日が浅いとおっしゃってました。
その後胎盤を調べてもらったのですが梗塞、その他異常は認められませんでした。胎盤から組織をとって染色体の検査してもらったのですが培養できないという結果でした。
赤ちゃんを解剖しても原因がはっきりすることは少ないと言われたので解剖はしませんでした。インターネットで調べると死産の原因の一つに自己免疫疾患が関係しているとありました。亡くなるまで発育は順調でも自己免疫疾患が元で胎児が突然死することはあるのでしょうか?もし自分がこのような疾患を持っているのではないかと思うと亡くなった赤ちゃんにも申し訳ないと思いますし、怖いです。

**************

回答  たまごママネット医師団
無念なお気持ちはお察しします。
文献的にはこのような胎児死亡の原因は、胎児自身の異常(染色体異常・先天奇形・感染症など)によるものが30%前後あり、胎盤や臍帯などの胎児付属物の異常によるものも30%前後、母親の病気・異常によるものは5-10%程度であり、残る30%前後は原因不明であったと述べられています。ただしこれは積極的に死胎児の解剖や染色体検査・遺伝子検査などをおこなっている米国でのデータであり、日本でそのまま当てはまるかどうかは分かりません。
しかし一般的には母体疾患による胎児死亡の割合はさほど多くはなく、あなたの場合でも次回妊娠時には元気なお子様をおつくりになれるチャンスは十分あると考えられますので、落胆なさらないでください。
妊娠28週で1138gというのは正常な大きさであり、この時期での胎児死亡があなたの心配されておられるような自己免疫疾患による可能性は低いと思われます。しかしご心配なら、抗リン脂質抗体(ループスアンチコアグラント・抗カルジオリピン抗体など)などを調べていただいたらよいでしょう。また糖尿病の検査(血糖値やグリコヘモグロビン、ブドウ糖負荷試験など)も必要に応じて受けられたらよいと思います。
それ以外にもご夫婦の染色体検査など様々な検査が考えられますが、すべてをおこなうとなると時間も費用もかかりますので、どこまでおこなうかは担当の医師と相談の上でお決めください。心身ともに十分に回復されてから次の妊娠をお考えください。衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 05.2.23


帝王切開は何回までできるのでしょうか?
現在第三子妊娠中です。出産は帝王切開を予定しています。第一子出産の際に難産で時間が掛かり、胎児心音が落ちた為緊急帝王切開となりました。第二子はドクターの勧めで予定帝王切開でした。今回も帝王切開予定なのですが、その際に卵管を結んでしまうことを薦められました。勿論第四子を希望しないのであればの話ですが。
第一子(5歳4ヶ月)第二子(1歳3ヶ月)そして4月末に第三子の出産を予定しています。卵管を結ぶ際に生じるメリットデメリット、あと第四子の妊娠出産に関してご意見をお聞かせ頂きたいのです。夫は可能であれば更にもう一人希望しています。現在アメリカ在住で、上の二人もこちらで出産しました。私の体に対して子どもが大きいことが帝王切開の主な理由です。何卒宜しくお願い致します。

**************

回答  たまごママネット医師団
帝王切開が何度出来るかについては,決まった回数が有る訳では有りません。あなたが4人目のお子さんを希望されるなら、その旨主治医に言われて今回の手術時に子宮壁の様子などを良く見ていただいて意見を聞かれるのがよろしいでしょう。卵管結紮のメリット・デメリットについてですが。 メリットは今回の帝王切開時に簡単な手術で永久避妊を得られると言うことでしょう。デメリットは、逆に永久避妊ですのでもし何らかの事情でその後、妊娠を希望された場合、自然妊娠は有りませんので、現在なら体外受精を必要とすると言うことでしょう。よくお考え下さい。
小野先生 小野レディースクリニック(小野市)05.2.22

去年2人目を21週で死産しまいました。次回の妊娠が不安です。
初期の検査では溶連菌があると言われました。6ヶ月入った時おりものにしては量が多いかな?と思われる水みたいなものが出てきて翌朝病院へ行くと「6ヶ月では破水はありえない」とのこと。一週間後の朝出血(生理初日くらい)したので病院へ行くと「膣がちょっと傷ついているだけ」といわれ帰されました。その夜血と水が混ざったものが大量に出たため病院へ行くと「破水している、羊水も無さすぎる、あきらめてください」とのことでした。この時子宮口を開く薬を入れて陣痛剤をいれながら2日がかりでお産をしました。「原因はわからない、赤ちゃんに異常は見たところない」と言われました。病院では胎盤や子宮の中の検査もしてくれませんでした。自分で調べたのですが絨毛羊膜炎か子宮けい管無力症が原因かと。羊膜炎なら次の妊娠までに感染とか検査できますか?無力症ならその時子宮口は必ず開いて破水となるのですか?次回妊娠したら何の検査をしたらいいのか、注意すべきことは何ですか?長男を出産後陰部がかゆくてステロイド塗りやめるとかゆくなり今でも続いています。これが今回の破水に何か関係がありますか?

*****************

回答 たまごママネット医師団
妊娠21週時の死産とのこと、誠にお気の毒なこととご同情申し上げます。直接診察した訳でありませんので、あくまで推察しての判断と思って下さい。妊娠中期に破水してしまうことは確かに、珍しく有りません。
破水しているかどうかの検査法は有りますので、貴女が症状を訴えられた時、そうした検査を行っておれば、診断の過程でのご不満は解消されていたかもしれません。ただ結果的には同じかと思われますし、そうした検査の保険適応は妊娠22週以降となっておりますので、主治医の先生の診察・診断が不十分とは言えないように思います。
問題は次に妊娠された時、同じ様なことが起こらないかと言うことですね。貴女が言われるように「頚管無力症」が有るのでしたら、再度同じ様なことが起こる可能性は高くなります。しかし主治医の先生は、頚管無力症とは言われてないので、そうした所見はなかったのでしょうね。絨毛膜羊膜炎の様な、膣内細菌感染による場合は、再度同じことが起こる可能性は低いと私は思います。ただしこれも防げるのかと言えば、なかなか難しい問題です。
とにかく次回妊娠されたらそうしたことを念頭に慎重に妊娠経過を見て行きましょうと言うしかないと思います。
小野先生 小野レディースクリニック( 小野市)05.2.22

子宮外妊娠で手術後何日ぐらいで退院できるのでしょうか。
本日子宮外妊娠と診断されました。明日もう一度朝から診察があるのですが、即入院ではないみたいなんです。「外妊」と聞けば「早く処置を!」というイメージなのですが、こんなにのんびりしていて大丈夫なのでしょうか?最終の生理は1月4日からで、1月18日(15日目)に性交があったのでその時に妊娠したと思います。(今日で49日目です) 近々手術になると思うのですが、通常どれくらいで退院できて普通の生活に戻れるものなのでしょうか?できれば3人目を妊娠希望なのですが、年齢的なこともあり、(もともと妊娠もしにくい体質らしいです)どれくらい期間を置かなければいけないのか気になります。

**************

回答  たまごママネット医師団
 文中の排卵推定日(1月18日)が正しいと仮定しますと、2月21日で6週6日になります。ご質問に的確に答えるための情報が乏しいため、子宮外妊娠なのかあるいはその他の異常なのか判断できません。
手術を受けられるにしても、内視鏡(腹腔鏡)下手術を行える施設なのか否か、などによって、入院期間、復帰までの時間が異なると思います。
例えば、どうして子宮外妊娠の可能性が高いのか、エコー検査以外にホルモン値などの検査、その値の推移などはどうなのか、もし破裂前の子宮外妊娠なら、どのような手術が考えられるか、その場合の平均の入院日数は、などといったあなたの疑問を、是非明日、担当の先生に、詳しくお聞きになってください。
退院までにお聞きになりたい今後のことなども、是非、箇条書きに書き留めておいて、忘れないように先生に尋ねて下さい。その中でわかりにくいことなどがありましたら、またご質問下さい。
江見先生 小野レディースクリニック(小野市)05.2.21

インフルエンザでタミフルを処方されましたが本当に影響がないのでしょうか?
最終月経が12月31日で今妊娠2ヶ月目位ですが、2/14にインフルエンザを発病し通っている病院でタミフルを5日分頂き全て飲んだのですが、会社に来てタミフルは普通のインフルエンザ剤と聞いて、胎児に何か影響があったらどうしようと思っています。
先生は大丈夫と言っていましたがネットで調べてみると、いろんなことが書いてあって不安です。病院によったら、出さないところや、奇形な子が出来ると言われた妊婦さんもいるみたいで、どうしていいかわかりません。本当に大丈夫なんでしょうか?

*************

回答 たまごママネット医師団
タミフルの添付文書(メーカーからのお知らせ)には、妊娠中の使用に関しては「妊婦又は妊娠している可能性のある婦人に投与する場合には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。」と書かれてあります。あと一種類のインフルエンザに対する薬である、シンメトレルにはヒトに対する催奇形性を疑わす報告があり、妊婦には用いませんが、タミフルにはこれまでのところ、催奇形性が証明されている薬剤ではありません。タミフル内服に関しての心配はされなくてよいと思います。
当医療相談室において、昨冬にもたくさんの同様のご質問があり、回答をさせていただいておりますので、参考にして下さい。江見先生 小野レディースクリニック(小野市)05.2.19

ポララミン2mgを服用しましたがお腹の赤ちゃんには影響ないでしょうか?
現在、妊娠20週です。先日風邪を引き、かかりつけの産婦人科から「ポララミン2mg(朝・晩 1日2回服用)」を処方されました。
しかし1日2回と気づかずに3日間、朝・昼・晩と1日3回飲み続けてしまったのです。
赤ちゃんへの影響はありますでしょうか?よろしくお願いします。

**************

回答 たまごママネット医師団
ポララミン(マレイン酸クロルフェニラミン)は妊娠中でも比較的安心して使える薬剤であると考えられており、ポララミン2mg錠を1日3回飲んだとしても(常用量の範囲です)、胎児への悪影響を心配する必要はないでしょう。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 05.2.18

慢性蕁麻疹でジルテックを2.5mgを服用していますが、胎児に影響はないのでしょうか?
カナダ在住13週の双子を妊娠中。物心ついたときから慢性蕁麻疹が出てます。病院では原因が見つけられず6年前からジルテック5mgを1日一回服用、3年前から2.5mgに減量。漢方薬も服用中だがジルテックを止めると全身にすさまじい蕁麻疹が出現。妊娠後、ジルテック服用を中止。その夜からすさまじい蕁麻疹が復活。蕁麻疹は耳の中、のどの中、足の裏や掌、トイレに行った後にトイレットぺーパーで拭くと、お尻や性器の周りがかゆくなる始末。かゆいのを我慢してでも、薬を飲みたくは無いのですが、これほどまでに酷い蕁麻疹をほっておいて果たして胎児に影響はないのでしょうか?
ジルテックを2.5mgでも飲めば蕁麻疹はウソのように楽になるので、毎日とは言わずともせめて3日に1回くらい服用しても大丈夫なものでしょうか?まだ13週ですので、これから臨月までこの状態が続くのかと思うと何処までかゆみに耐えられるか心配。便秘は無しです。

***************

回答 たまごママネット医師団
ジルテック(塩酸セチリジン)は「第2世代」の抗ヒスタミン薬で、現在までのところ、動物実験でもヒトでの使用例でも胎児への有害作用(催奇形性を含む)は報告されていません。一般的には妊娠中にぜひとも抗ヒスタミン薬が必要なら、「第1世代」の抗ヒスタミン薬(クロルフェニラミン、プロメタジンなど)が妊婦への使用経験がより豊富であり、安心して使えると考えられています。しかし「第1世代」の薬剤は眠気が強いなどの副作用があり、それらが不適当な場合、ジルテックを含む第2世代が使用されることもあります。現在妊娠13週なら、胎児の主要な器官の大半は形成されていますので、これらの薬剤による先天奇形の心配はほとんどないでしょう。
蕁麻疹自体が胎児に悪影響を及ぼす恐れはないと思いますが、それに伴う不眠やストレスが妊娠中毒症などの誘因となり、結果的に母子の健康を損なう可能性はあります。症状がひどければジルテックの服用を再開されてもよいと思いますが、一応、担当の産婦人科医師や内科医師のご意見も伺ってみてください。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 05.2.17

妊娠初期に服用した薬が影響があるかもしれないと産科の医師に悩んでいます。
1月17日なかなかとまらない咳のため、風邪薬をクラリシッド錠200mgを1日朝・晩で計2錠、メジコン散10%とアレルギン散1%とビオフェルミンとブルフェン顆粒20%の粉薬・エンピナース を各4日分服用、1月19日に、肋軟骨の痛みを抑えるためソレトンとソロンを約1週間服用、2月1日に左記痛み止めの効き目が悪いことから、フルカム・デパス・ソロン錠を4日分服用しました。あわせて上記検査のため1月17日胸部レントゲン1枚・1月19日右胸のレントゲン2枚・1月26日右胸のレントゲン4枚を撮りました。1月3日が最終生理開始日(周期30日)で、排卵日は15日、現在妊娠6週目に入りました。薬の服用およびレントゲンの影響があるかもしれないとの産科の医師。悩んでいます。

****************

回答  たまごママネット医師団
 排卵日がほぼ正しいと判断しますと、1月中の内服薬の影響は心配ないでしょう。2月になって服用された3種類の薬剤も、特に危険性の高い薬ではありません。レントゲン検査も、肺炎や気管支炎の疑いがあったため何枚か撮影されたようですが、胎児に対する影響は心配しなくてもよいと思います。
 担当の産婦人科の先生に、どういう根拠でどんな心配が予測されるのか、もう一度詳しくお聞きになって下さい。それで見解が違うようであれば再度ご相談下さい。江見先生 小野レディースクリニック(小野市)05.2.16

腎臓に水ぶくれと言われたのですが、生死にかかわるような状態なのでしょうか?
これまで、母体には蛋白が出たり糖が出たりなどの症状はなく、お腹が張るなどもありません。血液検査も、貧血などもなく、異常ないようです。18wごろに切迫流産と診断され、少量の出血がありましたが、自宅安静でおさまりました。子宮の収縮を押さえる薬を7日分処方されました。
 妊娠後期のエコーの精密検査を受けたところ、胎児の腎臓に水ぶくれが認められるといわれ、生まれてからNICUに行くか、そのまま様子を見るかしましょうと言われましたが、その他の説明はいただいておりません。胎児の大きさは普通で35wで推定2300gということです。これまでの妊婦健診での簡単なエコーなどでは異常は見つかっておりません。
 いきなり、腎臓に水ぶくれと言われたのですが、生死にかかわるような状態なのでしょうか?ちゃんと生まれてきてくれるか心配です。また、生まれた後にどういう疾患が考えられるのでしょうか?何か、母体に原因があったのでしょうか?よろしくお願いいたします。

***************

回答 たまごママネット医師団
お話をうかがったところでは胎児の水腎症が疑われているようですが、詳細は不明ですので、担当医師から詳しく説明をお聞きになった方がよいでしょう。
お話では胎児発育は標準ぐらいで、「腎臓の水ぶくれ」以外には異常を指摘されていないということですね。他に先天奇形が認められず、羊水量も正常(=胎児の尿量が保たれている)なら、生命予後は良好と思われます。胎児の水腎症の原因として最も多いのは「腎盂尿管移行部通過障害」といって、腎臓からすぐ出たところで尿管が細くなっているか詰まっていて尿が流れにくくなっている病気です。ただしあなたのお子様がこれに当てはまるかどうかは分かりません。高度の水腎症の場合には出生後に手術を要することがあります。その場合には手術時期や方法などは担当の小児科医師か小児(新生児)外科医師にお尋ねください。
ご心配のこととは思いますが、水腎症以外の異常を伴っていなければ、たとえ手術が必要となったとしても多くの場合、その後の成長は良好のようですので落胆なさらないでください。またこのような異常が母親の病気や不摂生で発生するとは考えられませんので自らを責められる必要もありません。 衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 05.2.16

外陰部がくっつき乾いた状態の違和感とくっついている痛さがあり心配です。
排尿時に尿がとても黄色くトイレで排尿した後見ると水によどむというかアイスティーにシロップを注ぐとク゛ワーンとシロップが混ざるのが分かるのと同じような状態に毎回必ずなります。また、自然なままでは性器が乾燥し、ヘ゛タヘ゛タした物が出てきて外陰部がくっつき乾いた状態の違和感とくっついている痛さがあり、以前は膿みが出た時に使用した市販の薬を続けて使用していましたが、あまりに期間が長く状況も変わらないので使用しつづけることが怖くなり、現在は人の助言でオリーブオイルを塗っております。
オリーブオイルを塗ってラップをしていると違和感や痛みが少なく、排尿時の痛みも殆どなくなるのです。この状況は病院に行かなければ改善されませんでしょうか?また、原因は何なのでしょうか?
心配になり出産した郷里の病院には3度程お伺いメールをしてその度にお電話を下さったのですが、体質的にそうなのでしょうといわれ自然に治るでしょうと言われましたが、現在までというのは長すぎるのではないかと心配しております。
この性器の乾燥・ヘ゛タヘ゛タした物・排尿時の傷みと尿の色についての質問にお答えをよろしくお願い致します。

**************

回答 たまごママネット医師団
なり難しい質問です。
まず、実際に診察していないので、ベタベタしたものが、尿(膀胱)の中にあるものか、それとも膣からの分泌物が混じって尿はきれいだけれども濁って見えるのか、の区別をする必要があるでしょう。それによって対応が異なってきます。
出産後に見かけ上、女性ホルモンが出なくなり膣炎を起こすことがありますが、これは女性ホルモンの入ったクリームなどで改善することがあります。そういった事で治るものなのかどうかは、診察した上で実際に薬を使ってみないとわかりません。排尿時の痛みも同様かも知れません。
いずれにしても、ネット上の相談では診断はつかないので、できれば受診して、出産した病院で診てもらえないようなら、別の産婦人科に受診なさった方がいいと思います。どうぞお大事になさってください。
池川先生 池川クリニック 05.2.15

子宮頚管ポリープとすれば今後の生活や出産まで安静をいわれましたがどのようにすればいいのでしょうか?
初期にもおりものが多く4ヶ月に入っても茶色のありものがあったのでご相談いたしましたが、その時点では特に所見はありませんでした。17週6日目の夜、仕事から帰宅し夕食の片付けをした後、少々お腹がちくちく重かったので横になると何かが流れ出す感覚があり、約直径5cm位のさらっとした出血、即病院入院。ウテメリン15アンプル、抗生剤(頓服)10日間を点滴。そのときのエコーで入口付近にポリープらしき影があるのと胎盤が少し低めとして、切迫流産の診断で10日入院。赤ちゃんは元気なので少し安心していますが、ポリープ除去はしないで出産まで付き合うように言われていますが、子宮頚管ポリープとすれば今後の生活や出産まで安静としてもどのようにどれ位の気をつける点があるか教えて下さい。退院後10日間は自宅でゆっくりする予定です。現在ウテメリン錠剤6時間ごとに飲んでいます。

**************

回答  たまごママネット医師団
「エコー確認で子宮出口付近にポリープらしき影が有る」との説明を受けた、と書いておられますが、エコーでも確認できる程大きなポリープなのでしょうか?ポリープよりの出血であれば、安静度に関しては普通でもよいと思いますが、切迫流産との鑑別が難しく、先生もウテメリンを念のため処方されておられるのでしょう。就労に関しては、診察もしていませんし、仕事内容もお聞きしておりませんので、適切な判断は難しいと思います。経過もご存じで、入院管理もされた担当の先生にもう一度詳しくお聞きになって下さい。
江見先生 小野レディースクリニック(小野市)05.2.14

胎児にMRIはどれほど危険性があるのでしょうか?
現在第二子を妊娠中、14週です。第一子は脳の先天奇形による重度の障害児です。
小児科の先生より、常染色体劣性遺伝の可能性が高く、また、遺伝子座は特定されていないため羊水検査では診断できないといわれています。ただ、MRIで、24週で診断されたと報告があり、22週ぎりぎりでMRIをとれば、わかるかもしれないと言われています。
 障害児2人を育てる自信もなく、障害がはっきりしたら中絶を考えていますが、MRIは妊娠中に胎児にとっても心配ないのでしょうか?小児科の先生は、おそらく大丈夫ではとは言われているのですが・・・。いくらか危険性もある(?)検査を、わかるかどうかはっきりしないもののためにするのもどうかと悩んでいます。胎児にMRIはどれほど危険性があるのでしょうか?教えてください。

**************

回答  たまごママネット医師団
 滑脳症はまれな疾患のため、症例経験のある産婦人科医、小児科医も少ないと思います。出生前の胎児診断も確立していないと思いますが、ご質問にあるMRI検査は、種々の胎児診断のための医学的適応が有れば、広く実施されています。ただ、妊娠初期における検査は、100%安全であるという症例の積み重ねがないため、できれば中期以降に行うことが勧められています。現在4ヶ月に入っておられるので、適応が有れば受けられてもよいと思います。ただ、滑脳症の出生前診断にMRIが有用なのか、妊娠何週くらいから診断可能なのか、私には分かりません。胎児が大きくなればなるほど診断精度は上がるだろうと想像できますが、ご存じのように妊娠22週以降は妊娠中絶が許されていません。
 滑脳症にみられる遺伝子異常は、通常突然変異に起因するものと、両親のどちらかが染色体末端どうしの均衡型転座を有し、これが子供に伝達し17番端部(LIS1遺伝子領域)の欠失の原因になっている常染色体優性遺伝の場合があるようです。上のお子様が、突然変異による散発例と考えられれば、今のお腹の赤ちゃんに遺伝する可能性は極めて少ないと考えられるため、特別な出生前診断を必要とすることはまずない、といえるかもしれません。今回の妊娠前にこのような遺伝カウンセリングはいかがだったのでしょうか? 以上のようなことも含め、担当の産科の先生、小児科の先生ともご相談下さい。我々も、滑脳症に詳しい先生がおられれば、胎児MRIや羊水診断が可能なのかなども含め、ご見解をお聞きしたいです。
 ご存じかもしれませんが、「滑脳症親の会」も有り、いろいろな情報の交換なども行っておられるようですので、今回の妊娠に関しても有用な情報が得られるのではないでしょうか。
江見先生 小野レディースクリニック(小野市)05.2.11

花粉症予防の注射や薬は、精子に影響はあるのでしょうか?
昨年11月26日に初めての子どもを6週目で流産しました。主治医の先生から、3回生理が来るまでは避妊をして下さいと言われています。
今月末に3回目の生理が来る予定なので、また子どもを作ろうと思うのですが、ひとつ気がかりがあります。それは、主人が重度の花粉症なのです。花粉症予防の注射や薬は、精子に影響はあるのでしょうか?
夫は今年は花粉症予防の注射もせず、薬も飲まないと言ってくれているのですが、実際これから花粉の量がすごくなった時、我慢できるのか・・・。
私の排卵予定が、3月の中旬なのですが、もし注射や薬を服用したのであれば、今回は諦めた方が良いのでしょうか?
しかし、私の年齢のこともありますし、少しでも早く子どもが欲しいと思っていますが、また流産ということにはしたくないのです。

**************

回答 たまごママネット医師団
せっかくの妊娠が流産となってしまい、誠に残念ですね。でも人という動物は、他の種と比べて妊娠しにくく、流産しやすい動物なのです。自信を持って前向きに生活していけばよろしい。通常の薬で精子に悪影響を及ぼす物はまずありません。どうしてもご心配なら、花粉症の時に実際使用される薬について、主治医の先生にご相談されたらと思います。
小野先生 小野レディースクリニック( 小野市)05.2.11

肝生検の検査を受けたのですが使われたX線や麻酔薬などの影響はどうなのでしょうか。
数年前からわずらっていた肝臓病があり、もともと妊娠しにくい体だったこともあり妊娠に気づかず今回肝生検をしてしまいました。最終月経が12月20日からで肝生検をしたのは1月25日です。その後3日間クラビット錠を一日三回三日間飲みました。検査にはX線もあり、局部麻酔もしています。生理の周期は出産後まだあまり定まっていないのですが、35〜40日周期です。こんな危ない時期に検査をしてしまったことに妊娠に気づいた今なぜもっと気をつけなかったのかと後悔するばかりです。薬剤の服用などによる胎児への質問は掲示板でも数多くありこんな質問は気が引けるのですが不安でたまりません。検査に使われたX線や麻酔薬などの影響はどうなのでしょうか。

**************

回答 たまごママネット医師団
検査の内容やX線撮影の種類・範囲・透視の有無など詳しい情報が分かりませんので、正確な回答はできないかもしれません。しかしX線撮影といっても、腹部の単純X線写真を1-2枚撮った程度であれば、そのために胎児に先天奇形が発生したり、出生後の白血病などの発病率が明らかに高まったりする心配はないでしょう。肝生検は通常、超音波ガイド下に実施されますが、もちろん超音波自体は胎児には無害です(妊娠初期には超音波検査によって妊娠の診断が確定されます)。クラビットは妊娠していることが分かっている女性にはふつう処方されませんが、胎児への毒性や催奇形性は認められていません。また局所麻酔薬による胎児への悪影響も特に心配しなくてもよいでしょう。妊娠・出産が肝臓病に悪影響をもたらす恐れがなければ、妊娠を継続されればよいと思います。衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 05.2.10

背骨の下の方が広がっているように見える」と言われ不安です。
22週に入り、胎児奇形スクリーニング検査を受けました。先生が胎児の背骨を診ておられる時に、「背骨の下の方が広がっているように見える」と言われました。「胎児が足を動かしていたのでたぶん大丈夫とは思うのだけれど、念の為、セカンドオピニオンで他の先生にも診てもらって下さい。」とのことでした。来週、別の先生に診て頂く予定です。
背骨が広がる病気もあると言われ、非常に心配です。先生にその病気について聞いてみたのですが、説明はして下さいませんでした。背骨の広がる病気だったとしたら、どんな症状が出てくるのでしょうか?現在海外在住で、日本語の話せる先生に診て頂いておりますが、とても不安です。お忙しいところ申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。

*************

回答  たまごママネット医師団
 おそらく、「二分脊椎」という異常の可能性がないか、ということだろうと思われます。「二分脊椎」とは、脊椎の癒合が完全に行われず一部開いたままの状態にあることをいいます。そのなかには、脳からの命令を伝える神経の束(脊髄)が形成不全を起こし、様々な神経の障害を生じる場合もあります。主に背骨の下の方、すなわち腰椎、仙椎に発生しますが、その部位から下の運動機能と知覚が麻痺したり、合併症として脳に異常を生じたり、さらに膀胱や直腸の機能にも大きく影響を及ぼすことがあります。「足も動かしているので」と先生がおっしゃったのは、「足を動かす神経の麻痺はみられないようだ」という意味でしょう。
 二分脊椎症の発生頻度は妊婦10000人に3人前後と、比較的まれな疾患です。発生原因はまだよく分かっていません。いろいろな説がありますが、複数の要因、すなわち環境や遺伝によると考えられています。これらの要因の組み合わせの結果、妊娠初期に脊髄の発達の順序が変化を受けると二分脊椎症が起こります。母親が自分の妊娠に気づくより前の段階のことで、両親のどちらにも全く責任はありません。妊娠中の胎児診断には、エコーでは、特徴的な所見や、合併する頭部の異常(水頭症、レモンサイン、バナナサインなど)なども参考にします。場合によっては、MRI検査も有効です。しかし胎児の背中の開口部が小さい場合は、いずれの方法をもってしても見逃されてしまうこともあります。これを補う意味で、腹壁に針を通して子宮内から羊水を採取する「羊水穿刺」によって、アルファ・フェトプロテインという物質の測定(この場合、異常に高値になります)を行うこともあります。
 いずれにしろ、先生がおっしゃるように、今後は複数の医師により慎重にエコーで観察を繰り返してもらい、必要があれば上述の追加検査も行い、その結果について十分な説明を受けられてはいかがでしょうか。
江見先生 小野レディースクリニック(小野市)05.2.8

流産したのではないかと不安です。
今日で妊娠7週になります。先週までつわりがあったのですが、2,3日前からまったくありません。
赤ちゃんが死んでしまったのではないかと不安です。
もし流産だった場合、基礎体温が下がったり、胸の張りがなくなったりするのでしょうか?
今は胸も張っていて基礎体温も高いままです。

**************

回答 たまごママネット医師団
悪阻がなくなっても、赤ちゃんが元気なことは多いと思います。
しかし、心配でしたらすぐに受診してみてもらいましょう。
基礎体温が下がってくるのは、流産してから時間がかかりますので、あまりあてになりません。また胸の張りも悪阻と同様、あまり正確ではありませんので、流産の判断には使えません。
赤ちゃんが無事だといいですね。池川先生 池川クリニック 05.2.7

帝王切開後すぐに妊娠した場合のリスクは何ですか?それと帝王切開後の妊娠に気を付ける点を教えてください。
37週1日で死産を経験した初産婦です。妊娠中は順調で体重も6キロ増で血圧は平均98/65、むくみ、尿糖もマイナスでした。
原因は首にへその緒が5回も巻いてあったということ。
気になった発言が「5回も巻いていてなぜここまで育ったのか?」あと「こんなに締め付けて巻いているのに寸前まで心拍がなぜ落ちなかったのか?」
でも『へその緒が5回も巻いていればエコーでなぜ分からなかったんだろう?』と思えてなりません。
 37週での破水からのお産でしたが何か感染も関係しますか?(正期産だが初産にしてはやはり早過ぎた‥と後から言われたので)今回37週での破水でしたので次回も早め傾向になる可能性はありますか?
もし帝王切開後すぐに妊娠した場合のリスクは何ですか?それと帝王切開後の妊娠に気を付ける点、注意する点、健診時に気にする点などは何ですか?
家から近い個人病院と30分程度かかる(今回のデータを持っている)総合病院とどちらがよいでしょうか?
分娩寸前で赤ちゃんが突然亡くなったので、次回の妊娠がとても怖いです。また繰り返すんじゃないかと不安でいっぱいです。でも幸せだった10ヶ月を思うと複雑な気持ちです。

****************

回答  たまごママネット医師団
妊娠10ヶ月になっての突然の胎児死亡。お気持ち察するに余あります。
しかし現実には、時々経験することなのです.患者さんにとってはもちろん、産科医にとっても辛いことです。貴女の場合、胎児の頸部に臍帯が5回も巻いていたと言うことですから、本格的な子宮収縮で胎児死亡が起こることは十分考えられます。もちろん経膣分娩出来る胎児もいるかもしれませんが・・・(私自身は頸部に臍帯が4回巻いていたけれど、元気に経膣分娩出来た例を経験しました.) 
  ご質問の帝王切開後の妊娠についてですが、次の妊娠期間まである期間開けなければならないと言うことは有りません。妊娠経過は良い意味でも悪い意味でも、一回一回異なると考えて下さい。次の妊娠管理を病院でした方が良いか、医院でした方が良いかは一概には言えません。あなた自身が納得出来る所が一番良いのではないのでしょうか。
小野先生 小野レディースクリニック(小野市)05.2.6

悪阻で処方された薬は大丈夫でしょうか?不安です。
外国在住です。今妊娠9週2日です。吐き気は5週からはじまり、一日中食べたもの水すら吐いていました。7週目でかかりつけの診療所へ行ったら、注射を打たれました。何の注射だったのかは聞いていませんが、その日の夜は体がむずむずして眠れませんでした。が、3日ほど元気を取り戻し、普通の生活を送れました。食欲もあましたが4日目には元の状態に戻ってしまい、今度は病院で入院しました。それが8週目です。病院では点滴を一日中うち同じような注射も打ち、薬も飲みました。薬はCYCLIXINE HCLとMAXOLONという薬でした。一日三回飲んで、食欲も出て食事も普通に取れるようになりました。三日目には退院したのですが、次の日にはまた同じ症状になり二日目にはまた入院してしまいました。ずっとその薬を服用するように言われ飲んでいます。飲んでいる間は普通に過ごせます。日本では薬を服用することをしないと聞いて心配です。
医師は大丈夫だというのですが・・・・。やはりアジア人と欧米人では体質も体つきも違うので、果たして本当にいいのでしょうか?妊娠初期は胎児への影響を一番うけやすいとのことなので先が不安です。
この薬は本当に大丈夫なのでしょうか?教えてください。

**************

回答  たまごママネット医師団
 海外在住で、言葉の問題や周りの環境もあり、気安い友人と話をして気を紛らわせたり、ご実家で養生できたりということもなく、つらい毎日であろうと思います。一般的には、つわりもぼちぼちピークを過ぎる時期なので、あとひと頑張りして乗り切って下さい。
 さて薬の心配ですが、外国といえども、産婦人科の医師が、責任を持って診断、処方しておりますので、心配はされなくてよろしいです。どうしても胎児への影響が気になるので薬を使わずにすめばと思っておられるはずですが、治療を受けると確かに楽にはなる、この狭間で思案されておられる状態だろうと思います。これまでの薬の件は心配されなくてよいです。
これからは、今まで以上にご主人や友人たちとも楽しい時間を作れるようにして、マタニティーライフをお過ごし下さい。そうすれば、薬のお世話にもならず、気がつけばつわりも終わっているかもしれませんね。
江見先生 小野レディースクリニック(小野市)05.2.4

『マレイン酸メチルエルゴメトリンという薬は赤ちゃんが無事である保証がない 夫婦で相談し中絶の選択も考えてみては』と言われました。
妊娠5週目に突然生理2日目ぐらいの出血がありました。塊も出ました。病院へ行くとエコーに赤ちゃんが映っていませんでした(それまでも映りませんでしたが)すぐに流産の手術をすすめられましたが翌日にしてもらい、その日処方された薬(セフスバン・マレイン酸メチルエルゴメトリン)を各1回分服用しました。翌日再び受診するとエコーには赤ちゃんが映っていて手術は中止になりました。1週間後ポリーフ゜も見付かりそれを切除すると出血はすっかり治まりました。赤ちゃんは順調に育っているのですが服用した薬のことで不安になり、他の病院を受診したところ『マレイン酸メチルエルゴメトリンという薬は赤ちゃんが無事である保証がない 夫婦で相談し中絶の選択も考えてみては』と言われました。薬の資料を見ると禁忌:妊婦とあります。結婚4年目でやっと授かった命なので決心がつきません。たった1回でも赤ちゃんへの悪影響はあるのですか?やはり中絶した方が良いのでしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
マレイン酸メチルエルゴメトリンは持続的な強い子宮収縮を起こすことにより、分娩後や流産後の出血を止めるために使用されます。
その使用目的からして子宮内で胎児が生存している場合には使うべき薬ではありません。
誤って妊娠初期に使用された場合には強い子宮収縮の結果、流産を起こしたり、子宮内の血流障害のために胎児発育に異常をきたしたりする可能性があります。
しかし動物実験でもヒトでの報告(誤投与例)でもこの薬剤の催奇形性は確認されませんでした。
妊娠が継続していることが分かっていればこの薬を処方すべきではありませんが、それと知らずに1回分服用したからといってただちに児の先天奇形の発生率が明らかに高まるとは考えられません。 したがって結婚4年目でやっと授かった子どもさんをあきらめる必要はないでしょう。 衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 05.2.3

sleは妊娠後期で影響するから初期では病気が原因ではないと言われていますが血液検査を受けるべききでしょうか?
2度けい留流産をしています。3度目も同じ経験はしたくなくて、血液検査をうけようか迷っています。
医者は3回同じ事がおこったら不育症ではと疑って検査するみたいなのですが、もしもそれで、染色体異常で子どもが出来ないと言われたら旦那と一緒に暮らしていく自信がありません。その検査は受けたほうがいいのでしょうか?
不育症と診断された場合は治療のため病院に通う事が必要なのでしょうか?
現在働いてるため。全身性エリテマトーデスでプレドニンを1日おきに、とチラージンを毎日2錠飲んでいます。
先生はsleは妊娠後期で影響するから初期では病気が原因ではないと言われています。
産婦人科でも染色体異常では?と言われました。

************

回答  たまごママネット医師団
内科では18歳にSLEと診断されてから同じ先生に診察を受け続けておられ、また産婦人科は総合病院で診察を受けておられ、SLEのことも詳細に把握されておられるようです。SLEの状態(活動性)も落ち着いており、高血圧症もなく、腎臓の機能も正常で、服薬により甲状腺機能も正常で、内科主治医からは妊娠の許可がでているようです。また、産婦人科では、抗リン脂質抗体をはじめとして流産に関係するようなSLEに関連した自己抗体の検査も受けられ陰性だったとのことです。
 一般的には、SLEと繰り返す流産との関連をまず疑いますが、あなたの場合は上記のようにこの点に関しほぼ十分な吟味をされておられるようなので、2度流産を経験された一般の方と同じように考えたらよいようです。古くは、3回流産が続けば検査を開始するような指針がありましたが、最近では2回流産されると検査を開始した方がよいという意見も多くあります。そこで習慣流産の原因検索の一つとして、夫婦の染色体検査を受けるかどうかですが、必要以上に心配せずに検査を受けられたらどうでしょうか。万が一、結果に何か問題があれば、遺伝相談という形で、専門医よりお二人で詳細な説明を受けられことになると思います。これは女性側だけにでる異常ではありません。男性側の可能性も同じ率であります。
 もしかすれば産婦人科の先生は、これまでの流産の原因として、一般的に一番頻度の多い「胎児側の染色体異常の疑い」とおっしゃった可能性もあると思いますがいかがでしょうか。あなた自身が「染色体異常の疑い」という意味ではないようにも思われますが、もう一度お聞きになってみて下さい。子宮造影をはじめとして、あといくつかの検査もありますので、これらも先生から詳しくお聞きください。江見先生 小野レディースクリニック(小野市)05.2.2

パニック障害でパキシル ソラナックス服用中の妊娠について意見をお願いします。
パニック障害ですが2人目を希望しています。この1年 2人目に向けて減薬したりとイロイロ医師と相談して調整してきましたが 結局心内の医師の判断はパキシル30mとソラナックス0.4mを2錠を常用として飲みつつ妊娠をした方が良いとの判断がでました。
パキシルは妊娠してても大丈夫!と何度も説得されましたが 上の子は薬なしての妊娠だったので怖くて仕方ありません。パニック発作がひどいため薬を飲みながら妊娠できればありがたいのですが やはり初期の奇形の心配で勇気がでません。又、薬服用での妊娠を認めてくれる産科が見つかるかも不安です。前に相談しに婦人科に行きましたが「実際妊娠してみないと なんともいえない」と言われました。
ちなみに知り合いが産科に通っているのでその医師にパキシルについて効いてもらうと「大丈夫」とのことでしたが その医師は私の家からは遠いので通えません。「大丈夫」と言っていただけてるので 思い切って妊娠したいという気持ちと薬の影響が怖い不安で葛藤しています。パキシル ソラナックスでの妊娠について意見をお願いします。

*************

回答 たまごママネット医師団
パキシル、ソラナックスともに妊娠初期にそれらを服用することで先天奇形が増加するとは考えられていません。何も薬を服用しなくても3%前後の子どもは何らかの先天奇形(軽度のものを含む)を伴って生まれてきますが、妊娠初期にこれらの薬剤を服用した母親から生まれた子どもの先天異常の発生率は一般人口と比べて差がありませんでした。したがって「絶対安全」とは言えませんが、先天奇形についてはあまり心配ないようです。ただしパキシルやソラナックスなどの向精神薬は胎盤を通過して 胎児の中枢神経(脳・脊髄)にも移行します。
在胎期間中に急速に発育・発達する中枢神経系に対するこれら薬剤の長期的な影響は十分には解明されていないので、安易に「大丈夫」と保証できないことも事実です。しかし今のところ、これらの薬剤が出生児の精神発達に明らかな悪影響を及ぼしたという報告はありません。
  妊娠・授乳中の抗精神薬使用よりもむしろ出産後の母親の病状(精神状態)自体が児の知能・言語の発達に影響を及ぼしたという報告もあります。
これは母親が精神的に安定していて子どもと十分にコミュニケーションをとれることが子どもの発達にとっても重要であることを示しています。その意味では、あなたにとって上記薬剤が欠かせないと心療内科の医師が判断されたのなら、しっかりと服用されて心穏やかに妊娠出産・育児に臨まれたほうがよいかもしれません。
衣笠先生 尼崎医療生協病院 産婦人科 05.2.2

生まれる前から何の検査もせず頭が小さいだけで小頭症と判断できるのでしょうか。
以前にご回答頂きまして、ありがとうございました。もう、心の整理は、ついてきたのですが、もう一度だけすみません。
羊水検査などはしていません。それまでの胎児の様子ですが、前の病院での検査です。
35週BPD 8.0 FL5.9 推定体重 2145g36週BPD 8.2 FL 6.2 推定体重 2465gそこの病院では、小さいけれど、元気。と言われていました。37週から市民病院にいったら、一転して、頭だけが小さいになりました。40週でBPD 8.4 FL 6.8 推定体
重2700g前後と言われました。頭囲は、30.5cm と言われました。市民病院の先生は、小頭症だと思っています。
生まれる前から何の検査もせず頭が小さいだけで小頭症と判断できるのでしょうか。
エコーの検査は、そんなに正確に判断できるほど、精密なのでしょうか。
小頭症の定義は、在胎週数でみるのか、それとも体とのバランスでみるのか、よくわかりません。
BPDは、どのくらいあれば正常範囲なのでしょうか今更なのですが、どうしても聞きたかったので、よろしくお願い致します。
私は、今回の場合は、生まれてからでないとわからないと思っているのです。それまでの経過で、それとも前の病院が見落としたということでしょうか。

***************

回答 たまごママネット医師団
妊娠40週であれば児頭大横径(BPD)は通常8.5-9.5cmですが、これは[平均値]プラスマイナス[標準偏差の1.5倍]の範囲を示しており、この範囲内になければただちに病的であるというわけではありません。例えば1クラスに児童が40人いるとすれば、小
さい方から2、3人は[平均身長]−[標準偏差の1.5倍]を下回ることになりますが、その子ども達がただちに小人症であるということにはなりません。確かにBPDが正常範囲なら小頭症の心配はないでしょうが、わずかにそれを下回ったとしても実際に重大な
病気をもっている確率はきわめて低いのです。あまり取り越し苦労をなさらずに心穏やかに出産に臨まれた方がよいでしょう。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 05.2.1

クラビットが妊娠禁忌の薬で服用したので生むのをあきらめるようにいわれました。
10月の28日に最終生理がありました。
卒乳後のため、まだ生理不順で周期も定まっていなかったので、妊娠に気づかず、三〜四週目と思われる頃に耳鼻科で処方された薬を服用してしまいました。
12/9から四日間、抗菌剤クラビット錠、抗アレルギー剤アレグラ錠、鎮痛剤ポンタール錠です。
産科で、赤ちゃんの大きさからみてもらうと今1/25現在で10w3dという計算になります。
(最後に診てもらったのは1/17でそのとき9w2dという診断)産科の先生は僕なら産むのはあきらめる。と言いました。
クラビットが妊娠禁忌の薬だかららしいです。
しかし、私としてはせっかく授かった命だと思うと、なかなか決心できません。
この薬を服用したことによって、胎児への影響など詳しくわかったら教えていただきたいのです。

*************

回答  たまごママネット医師団
確かにクラビットの説明書には「妊婦には禁忌」と書かれてありますが、実際に妊娠初期にこの薬を服用した女性の子どもに何らかの先天異常が多く発生したという証拠はありません。
  クラビットを含む「ニューキノロン薬」全体で見ても、トータルの先天異常の発生率は一般人口と変わらなかったと報告されています。抗菌薬や抗生物質には多くの品目があり、より安全性の高い薬剤も多いので、妊娠が分かっている方にクラビットを処方することは勧められません。
しかし妊娠に気づかずに服用した方がそれを理由に中絶を考慮せねばならないほど危険な薬剤ではありません。
  まったく何の薬も使用しなくても3%内外の先天奇形は発生しますが、あなたの場合にその危険性が明らかに増すとは考えられませんので、そのために産むのをあきらめる必要はありません。衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 05.1.28

子宮内に血液がみえると言われ、切迫流産の恐れがあると言われ心配です。
はじめまして、イギリスに住む妊婦です。
 結婚して2年半後に妊娠し、現在6週目です。先日、血液中のhCGの伸び率が48時間で2倍にならなかったことと(12000から15000だけ上昇)、右下腹部に鈍痛をここ2週間程感じていたため、子宮外妊娠ではないかという疑いが持ち上がり、検査入院しました。結果はスキャンで胎芽と微弱ですが心拍が子宮の中に確認されたので、子宮外妊娠ではないとのこと。でも、子宮内に血液がみえると言われ、切迫流産の恐れがあると言われました。
日本だと、切迫流産の恐れがある場合には、安静第一といわれ、場合によっては処方せんをいただけるみたいですが、こちらでは自宅で心配していても精神的にわるいから、普段通りに生活を送り、また職場に復帰して構わないと言われました。イギリスと日本では医療とその対応が全く異なり、また感情的になってしまった時には、頭の中が真っ白でうまく英語がでてこなかったりと、とまどうことが多く不安でなりません。
このhCGの伸び率はどれだけ大切なものなのでしょうか?また右下腹部痛はどういうことをさしていて、どういった可能性があるのでしょうか?

**************

回答 たまごママネット医師団
妊娠6週ぐらいでしたら切迫流産の予後を考える上で最も役に立つのは、胎児心拍と思います。胎児心拍が認められたら95〜96%大丈夫と考えて良いと思います。(ずっと以前はHCGの値で予後を推察したりもしていましたが、今はそのようなことをしていません) 日本では確かに安静と薬物療法を重視していますが、医学的な根拠としては乏しく、貴女の主治医が言われるように、通常の仕事をしていてもいいという考え方も納得が出来ればかまわないと思います。
下腹部痛につては診察したわけでもありませんので、コメントは差し控えたいと思います。
小野先生 小野レディースクリニック (小野市)05.1.26

精神科の先生は産後に授乳するならデパスを服用するなら断乳といわれました。
精神科と産婦人科の主治医の指導のもと、服薬しながら妊娠継続しています。
産後にできるだけ母乳をと考えていますが、デパスを服用しているときは基本的に断乳と聞きました。アナフラニ―ルはそれほど影響はないようなので続けるつもりですが、デパスは中止したほうがいいのでしょうか?産婦人科の主治医は、赤ちゃんの断乳による影響がこわいからぜひ母乳にするようにとの意見なんですが、精神科の先生はデパスはやめたほうが・・という意見のようです。

*************

回答 たまごママネット医師団
 まずアナフラニールは「三環系抗うつ薬」と呼ばれる薬剤の一種ですが、この系列の薬剤は歴史が古く、現在までのところ胎児や哺乳児への悪影響は報告されておらず、文献的には妊娠中・授乳中ともに比較的安心して使える薬であろうと考えられています。薬の説明書には妊婦や授乳婦には投与しないように記載されていますが、"製薬会社の希望"も込められており、多くの専門家の見解とは異なっています。
 一方、デパスについては海外での使用経験が乏しく十分なデータがありません。デパスは「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」に属しますが、この系列の薬剤には妊娠中から授乳中の使用により、ベビーの傾眠状態(ずっとウトウトしている)や哺乳障害、クスリが切れたときの禁断症状として神経過敏・過緊張状態などが報告されているものがあります。まずあなたの精神状態の安定・平穏を維持することが最も重要ですが、デパスについては可能なら少しずつ減量された方が安心かもしれません。また授乳中にベンゾジアゼピン系抗不安薬を使用する場合には、ロラゼパム(商品名ワイパックスなど)が母乳への移行が少なく比較的安全と考えられているようです(海外文献による)。もちろんデパスがぜひとも必要ならお続けになったらよいでしょう。
 確かにこのような精神神経系に作用する薬剤は、微量であっても母乳を介して乳児の中枢神経系へも移行しますし、しかも長期間にわたって使用されますので、乳児の神経発達への悪影響がないと保証することは困難です。しかし抗うつ薬やベンゾジアゼピン系抗不安薬は世界中で広く使用されており、その中で妊娠中や授乳中にやむを得ず使用されていたケースも相当数に上るはずです。一般的には長年にわたって広く使用されていて児への悪影響の報告がないものについては、それほど心配せずに使えるのではないかと思われます。
 母乳栄養には人工栄養(粉ミルク)にはない利点がありますし、母子のコミュニケーションを深め、産後うつ病に対しても防護的な効果が期待できます。しかし母親が服用した薬剤のごく一部が乳児へ移行することも確かです。最終的にはあなたご自身が納得のいく方法を選ばれたらよいと思います。ある調査によると、うつ病を患っていた母親から生まれた子供の知能や言葉の発達に最も影響を及ぼしたのは、妊娠・授乳中の服薬の有無ではなく、出産後の母親の病状であったということです。これは出生後の母子関係の構築がより重要であることを示しています。しっかり治療を続けられて心身共に安定した状態で出産・育児に臨まれることが最も大切です。衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 05.1.26

前回低出生体重時だったので、今回は早めに対処した方が良いとも言われましたがどのようなことをするのでしょうか?
3年前に27週から切迫早産で入院し、ウテメリンとマグネゾールを投与して38週で2355g一人目を出産。32週あたりから血圧も高く降圧剤を飲んでいました。産後は血圧も安定しました。今回の妊娠では前回の事を踏まえて13週で子宮頸管縫縮術〔マクドナルド法〕しました。術後子宮頸管2センチ。なるべく安静にしてきましたが、お腹が張るのでウテメリンを飲んでいました。先日22週の健診で子宮頚管が1.4センチになり、ウテメリン一日4錠に増え、3週間後の健診を最後に里帰り出産希望の為、帰省したほうが良いといわれました。健診時赤ちゃんは逆子で標準体重より少なめ400gぐらいでした。前回低出生体重時だったので、今回は早めに対処した方が良いとも言われました。どんな対処をするのでしょうか?また頸管が短くなっているのですが、縛ってあれば安全なのでしょうか?主治医からは絶対安静の言葉がないので不安です。自宅でなるべく安静にはしていますが、家事はしています。周りに同じ手術を受けている方がいないのでこの先の経過が不安です。

**************

回答  たまごママネット医師団
 文面から推測しますと、早晩、入院管理が望ましい状態になられるのではないかと懸念されます。「早めの対処」とは、つまり入院管理、万が一の早産に備えて、できればNICUのある病院での母体管理、ということではないでしょうか。上のお子さんの世話が一番問題になると思いますが、事情が許す限り安静の徹底が望まれます。具体的に言えば、入院したのと同じ様な生活、つまり食事も作ってもらえ家事もしなくてよい状態と言えますが、これにはやはり予定を繰り上げて実家に早めにお帰られることになりますでしょうか。
 子宮頸管縫縮術は、あくまで早産予防の一手段であって、同手術を受けておられさえすれば臨月まで安心というわけではありません。産科医あるいは病院によっては、現状で入院を指示される場合もあると思います。万が一、自宅での経過観察中で、例えば妊娠7ヶ月頃に、止められない早産徴候がおき逆子であれば、緊急帝王切開になる可能性もあります。前回の妊娠経過も含めて考えると、少し早めに健診に行かれ、上記の点を中心に今後の管理について担当の先生からもう一度、十分に説明を受けられてはいかがでしょうか。
 子宮頸管縫縮術を受けられましたが、今回も少し長期の入院が必要となる可能性が高いと思われますが、お腹の赤ちゃんも頑張っていますので、周りの皆さんにも協力を頂き乗り越えてください。
江見先生 小野レディースクリニック(小野市)05.1.22

夫がB型肝炎キャリアですが性交渉での感染の可能性はないのでしょうか?
夫が、母子感染によるB型肝炎キャリアです。これから出産をしたいと思ってるのですが、肝炎の事が気になっています。私自身、何か予防接種のようなものを受けるのが一般的なのでしょうか?今は、海外に住んでいて、言葉の壁がありお医者様には聞いてません。日本から持参した出産の本を読んでみても、本人が肝炎のケースしか掲載されてなく、よく分りませんでした。
  夫に聞くと、以前病院で、子どもには口移し等は、してはいけないと言われたが、大人にはうつらないと言われたというのですが、心配です。性交渉での感染の可能性はないのでしょうか?全く知識が無くて申し訳ないのですが、何卒宜しくお願い申し上げます。

**************

回答  たまごママネット医師団
B型肝炎ウィルスは性交渉で感染する可能性があります。あなたの場合、できれば血液検査でHBs抗原・抗体を調べてもらうとよいでしょう。まずHBs抗原陽性ならあなたご自身がウィルスキャリアー(ウィルス保有者)ということになりますが、その場合には夫から移ったというよりも出生時や幼児期までに感染した可能性が高いでしょう。HBs抗原陰性でHBs抗体陽性の場合には、今までに夫から、あるいは他の人からウィルス感染を受けたが、キャリアーにはならずに治癒しており免疫がついている状態ということになります。その場合には今後、性交渉で新たに感染する心配はありません。
HBs抗原・抗体ともに陰性の場合には、あなたはキャリアーではありませんが、今後、新たに感染を受ける恐れがあります。この場合には、B型肝炎ワクチンの予防接種をお勧めします。それで抗体ができれば性交感染の心配はありません。
HBs抗原・抗体ともに陽性ということは通常はありません。衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 05.1.22

頭が小さく何らかの異常があるかもしれないと言われ不安です。
頭が小さく、BPDだと32週3日の大きさで、頭囲を計ると30.5センチで、何らかの異常があるかもしれないと言われました。その前の病院では、36週まで何も頭に関しては言われず、ただ、小さいけれど元気です。と言われていたのに、転院先の病院でいきなり、頭だけが小さいので、何かしらの原因があって、それが、なにかはわかりませんが、小頭症か二分脊椎というのも考えられますが、二分脊椎は、エコーで見る限りないとは思います。が、あるかもしれません。と言われました。
頭が、小さいというのは、もう異常でしか原因がないんでしょうか。しかも、36週まで何もいわれていなかったのに、いきなりなるものなのでしょうか。しかも、今日は、頭の後ろに隙間があるとも言われ、先週は、なかったのに1週間でできるものなのでしょうか。NSTを今日、とりましたが、何も異常はありませんでした。次の診察は、1週間後です。推定体重は、2800gです。

**************

回答  たまごママネット医師団
詳細なデータ(実際の各計測値以外にも、例えば38歳ですが、羊水検査は受けておられたのかどうか、なさそうですが妊娠経過中の母体感染の可能性やレントゲン検査の有無など)がないので答えにくいのですが、まず、推定体重の2800gというのは、38週であればほぼ平均で大きくも小さくもないことになります。
  BPD(児頭の大横径)は何ミリか書かれてありませんが、32週3日相当というのは、38週0日とすると、−2.0SD強で、やはりBPDはかなり小さいことになります(小頭症の定義は、−2.0SDより小さい場合とすることもありますが−3.0SD未満とすることもあります)。胎児の推定体重は、BPDと腹囲(AC)と大腿骨長(FL)の3つを計測し、特殊な計算式(αxBPD3+βxAC2 x FLのような式)で出しますので、推定体重が平均だとすると、逆に胎児の腹囲がかなり(異常に?)大きいことになりますが(大腿骨長はほぼ平均前後だと考えて)、どうなのでしょうか。里帰り前の医院では、胎児異常も特に明らかでなく、羊水量などにも問題がなかったようですので、1週間後の健診でもう一度しっかりと胎児の計測やその他の観察を、できれば複数の医師にお願いしてみられてはどうでしょうか。
 何れにしろ今後は、NSTなどを中心に特別変わりなければ通常と同じ管理で分娩に臨まれ、出生児の診察により必要があれば小児科での精密検査を受けるようにされればいかがかと思います。
江見先生 小野レディースクリニック(小野市)05.1.21

逆子で帝王切開になりました。糖尿病合併妊娠でしたがVBACは可能でしょうか?
第1子を昨年2月に出産しました。糖尿病合併妊娠で妊娠前からのインスリン注射は単位が増えたものの中毒症などにはかからず経過は順調でした。a1cは6.2くらいで妊娠判明しその後は4%台をキープしていました。
糖尿の方はこんな感じでよかったのですが、胎児の逆子が直らず38週0日で予定帝王切開での出産となりました。生まれた我が子は低血糖症状など異常は無かったのですが、心室中隔欠損症をかかえて生まれてきました。主治医は糖尿のコントロールは悪くなかったから原因ではない、原因は不明ですとのこと。
結局欠損孔が大きかったのと体重増加不良など心不全症状が出始めたので生後2ヵ月半で根治術を受けました。おかげで術後経過もよく何の問題なしに健康で元気一杯です。
私の第1子妊娠、出産の経過はこんな感じだったのですが、そろそろ第2子をと考え出した今VBACのことを知り希望したいなと思っています。私のかかっている病院も含め、たいていの産科は一度目が帝王切開だと二度目も帝王切開が多いですが私の場合VBACは可能でしょうか?またVBACを行う際妊婦の体重や血圧などは条件に含まれるのでしょうか?どんな条件があるのですか?

**************

回答  たまごママネット医師団
 帝王切開術後の経腟分娩(VBAC)に対する考え方は、産科医の間でもまちまちであり、一定のガイドラインのようなものはありません。糖尿病合併妊娠であっても、食事療法やインスリン療法により血糖値が適正に管理されていれば経腟分娩は可能です。もちろん帝王切開を行う場合でも血糖値の厳格な管理は必要ですが、巨大児の恐れがある場合(児の予想体重が4000g前後か、それ以上)や、羊水過多などの合併症がある場合には帝王切開の方が無難でしょう。
一般的にはVBACは予定反復帝切に比べて幾分母子の危険は高くなると考えられますので、インスリン依存性糖尿病などそれ自体がリスク因子となる合併症をお持ちの方は、さらにリスクを負うことになります。
それでもVBACを引き受けていただける病院を探すのはひどく骨が折れることかもしれません。
しかしぜひともご希望なら、各病院のホームページを開いたり、直接電話で、もしくは足を運んで相談されたりして、根気よく探してみてください。 衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 05.1.20

りんご病にかかっている可能性があると分かり、とても不安な日々を過ごしています。
1月3日に3歳の幼児と接触、その幼児が1月10日にりんご病であると判明。
発熱は本日までないですが、12日あたりから軽い頭痛がする時があります。(ずっと頭痛が続くという感じではなく、ごくたまに軽く痛いくらいです。)13日職場近くの診療所(内科)で血液検査をしました。
その結果が本日出て、ヒトハ゜ルホ゛ウィルス抗体が0.56との結果。
基準値が0.8未満なので、抗体を持っていると考えていいのでしょうか?
また、抗体を持っていれば、りんご病にかかっている可能性はないのですか?
続きの検査を受けるよう言われましたが、不便な場所に病院がある事、診療時間なのに二回連続で先生が外出だったこと、先生が高齢(80近く?)であったこと等から、自宅近くの病院へ変わることを考えています。
続きの検査(?)は受ける方が良いでしょうか?アドバイスをいただければと思います。

**************

回答  たまごママネット医師団
りんご病への不安な日々を送っておられるとの事、お気持ちお察しします。
現在18週ですから、赤ちゃんに感染すると異常がでる化膿性があるので、心配なさっておられるのだと思いますが、りんご病にかかっても、ほとんどの方は無事に出産できます。
ウィルス抗体価が基準値以下なので、抗体はできていません。したがって、本当に感染したかどうかは、ペア血清といい、ちょっと時間をおいて、再度同じ検査をして、その抗体の上がり具合をみて調べます。2度目の検査で陰性なら、りんご病ではなかった、ということで、心配は要りません。
ご心配なようなら、どこの病院でも構いませんが、再度検査を受けてみてはいかがでしょうか。
池川先生 池川クリニック 05.1.20

妊娠中にクロミッドを服用しましたが胎児に影響しますか心配です。
2人目不妊のため治療中であったため、いつもの月経周期30日目に出血(生理だと思い)があって5日目にクロミッドを5日間服用しました(妊娠5週目に服用)。最終月経は11月20日からはじまりました。現在(妊娠8週目)も少量の出血があって、薬(クロミッド)服用の胎児への影響も心配です。
現在、通院している病院からは薬の服用によって奇形児が産まれたという完全な文献はないので、あまり配しなくてもよい。との説明を受けましたがやはりまだ心配です。

**************

回答  たまごママネット医師団
妊娠中にクロミッドを飲むことは極めて珍しいことなので、自分自身の経験からはものが言えません。従って佐藤孝道著「妊娠と薬」等の本を参考に述べれば、「妊娠初期にクロミッドを服薬したことにより、奇形発生の頻度や危険度が必ずしも上昇するとは考えられない」と言うことになります。従って貴女の主治医が言われるように,あまり心配しなくてもいいのではないでしょうか。小野先生 小野レディースクリニック(小野市)05.1.20


パニック障害と診断されましたが薬を服用しながら妊娠を望んでいます胎児に影響はありますか?
29歳のです。半年ほど前にパニック障害と診断されました。症状は以前より良くなっているのですが、完治するのはいつになるのかわからないので、薬を服用しながらの妊娠を考えています。今、飲んでいる薬はデプロメール50mgを1日3回と頓服にアゾリタン0.4mgを半錠です。この薬を服用しながらの妊娠で胎児に影響があるのか教えてください。また、母乳で育てることは可能なのでしょうか?よろしくお願い致します。

**************

回答 たまごママネット医師団
 各薬剤について調べてみますと、連用されておられるデプロメールはSSRI系の抗うつ剤ですが、添付文書(日本での使用の指針)では妊婦さんには「投与しない方が望ましい」、アメリカのFDAによる薬剤胎児危険度分類基準では、「胎児への危険性を否定することができない」となっております。
 頓服用のアゾリタンは、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬ですが、添付文書では「治療上の有益性が危険を上回ると判断される場合にのみ投与すること」FDAによる薬剤胎児危険度分類基準では「ヒトの胎児に明らかに危険であるという証拠があるが、危険であっても、妊婦への使用による利益が容認される場合のみに投与すべき」という少し厳しい評価になっております。
 以上をみてもわかるように、一般論としては精神神経系の多くの薬は、胎児に対する十分な安全性が確立されていません。しかし、実際のヒトに投与された場合のいくつかの報告からみると、催奇形性については、仮にあったとしてもその発生率が著しく増えるような危険性がないのも事実です。
もし今回のご質問が、「上記の薬剤を服用していたところ、たまたま妊娠がわかったが」というものであるとすれば、「服用したことにより中絶する必要はないと思います。しかし可能であれば、今後はこれらの薬を中止して経過をみて、場合によってはより安全な薬への変更も検討してみて下さい。」という回答になると思います。
 大事なことは、心の病気を治療中で、これから妊娠を予定されている方は、事前に心療内科や精神科の医師にこれをはっきりと伝えておかれることです。担当の先生も、妊娠を念頭に、それに相応しいタイミングの相談や、より慎重に適切な薬を選択したり調整をしたりして頂けると思います。
 パニック障害というのは、ご自身も書かれておられるように、完治するのがいつなのか、何をもって完治とするか、など不確かな要素が多くあると思います。ともすれば、発作がなければ漫然と同じ薬剤を続けがちになってしまいます。
新しい薬が多く、症例数も多くないので、これらの薬剤が胎児の機能的成熟にどのような影響を及ぼすかはまだよくわかっていません。これは奇形などの目で見てわかる異常ではなく、例えば落ち着きのない子であったり、精神発達に影響しないかなどという問題です。やはり妊娠中、長期にわたり薬を漫然と服用し続けるのは望ましくないと思いますので、先にも述べましたように、心療内科や精神科の担当の先生にも密に診察を受けながら管理して頂くことが一番肝要かと思います。もちろん薬物療法だけではなく、生活や職場の環境調整、さらに心理療法や自律神経訓練法などによる改善も期待すべきだと思います。
 また、一般的に上記の薬剤は、妊娠後半期の服用によって、出産直後に、新生児に離脱症状や筋緊張低下、傾眠などを起こす場合もありますので、これも担当の先生との十分な相談が必要です。また、乳汁中にはこれらの薬剤が移行し、種類によっては新生児に嗜眠、体重減少、黄疸の増強などを起こすこともありますので、もし服用中なら授乳は控えることが勧められております。江見先生 小野レディースクリニック(小野市) 05,1.19


子宮頸部の長さが2.17センチ、静かに過ごしなさいと言われましたがどのようにしたらいいのでしょうか。
カリフォルニア州在住。定期健診以外で腹痛のため三度緊急で病院へ行き、薬があればほしいとこちらから言うと処方されたのはNifedipineを100錠。(必要に応じて10mgを6時間毎)。日本では妊婦禁忌の薬のようですが飲み始めました。
日本で駄目な薬が米国で良いということはありますか。以下の程を経ておりますが、日本ではどのように対応されるところですか。今はトイレ、シャワー以外はベッドで過ごしております。
●19w4dで強い腹痛、一晩でおさまる。21w0dで波のある生理痛、病院へ。内診の結果子宮口close。膀胱炎を疑われ検査の結果バクテリア見つかる。セファレキシンを1w分処方される。21w6dの定期健診で、子宮頚管の長さが平均より短いと言われ(2.17センチ)早産の可能性が20%と言われる。ヒモを入れる手術=恐らく子宮頸管縫縮術をするかしないか迷うところであり、できればしない方が良いとのこと。1週間毎に経過を見た方がよいと言われる。
22w2dで張りと腹痛のため病院へ。胎児の心音、張りを測定しエコーと内診。
結果、子宮頸管長は2.07センチ、子宮口closeのため様子を見てよいとのこと。この時Nifedipineを貰う。22w4dより飲み始める。今まで血液検査、尿検査共に異常なし。

**************

回答 たまごママネット医師団
Nifedipineはカルシウム拮抗剤で本来は高血圧症や狭心症の治療薬ですが、子宮筋弛緩作用があり、米国では切迫早産の治療にも使用されているようです。妊娠中の薬物療法に関する米国のテキストには、「有効で安全性が高い薬剤」と評価されており、担当医師の言われるとおり服用を続けられてもよいと思います。
日本では妊娠22週で子宮頸管長が2cm余りしかない場合はどうするかというと、必ずしも一定の基準はありません。一般的には頻繁の子宮収縮があれば安静の上、塩酸リトドリン(ウテメリン)等の薬剤で子宮収縮を押さえ、腟から子宮頸管、あるいは子宮腔内に感染徴候があればそれを治療することになります。子宮収縮が治まって炎症所見がなくても、なお子宮頸管が短縮している場合には子宮頸管縫縮術(周囲にテープをかけて子宮口を縛る手術)が考慮されます。
この子宮頸管縫縮術をすべきかどうかは日本でもしばしば論争になりますが、あなたぐらいの週数であれば子宮収縮が治まった時点で積極的にやるという医師も多いのではないでしょうか。
あなたの場合、太平洋を渡って日本国内の医師を受診するのは困難でしょうから、治療方針に疑問があれば、同じ州内の別の医師にconsultされてもよいでしょう。衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 05.1.18


妊娠を望んでいます。膀胱炎のようなので以前処方された薬を飲んでいいか
今日どうしても仕事が休めないので、相談させていただきました。
妊娠を望んでいます。前回の生理は、12月28日〜1月2日まででした。妊娠したかわからないのですが、膀胱炎で、薬を飲んでいいか心配で、相談しました。
以前の薬クラビットがあるので、服用していいか迷っています。
これから購入する、薬屋さんで売っている薬を飲んでいいのでしょうか。

**************

回答  たまごママネット医師団
医療機関を受診して症状にあった薬を処方していただき服用してください。
自分勝手な判断で薬を服用しないでください。05.1.16


初期流産の恐れはない週に入ってもまだ出血や茶色のおりものが続く場合はどのような状況が考えられるのか心配です。
今回は単体妊娠。現在1時間通勤緩和で7時間の就業。経過は14週目までは順調ですが、おりものが初期からかなり多くたまに黄土色から茶色の混じったおりものがあります。主治医からは特に出血の後は見られなく、おりものの色はあまり気にしなくてもいいと回答をいただきました。1月5日の検診後6日7日と少量の茶色のおりものが付着その後はなくなりましたが、11日夕方にまた少し多めにショーツについて就寝前の尿後拭くと茶色が混じりました。今朝は出ないので安静にして様子を見るように言われました。前回のこともあり初期流産の恐れはない週に入ってもまだ出血や茶色のおりものが続く場合はどのような状況が考えられるのか心配です。またどの程度の量で病院へ行った方がいいのか、教えてください。
回答  たまごママネット医師団
 文面からは、妊娠初期より少量の出血が続いていると思われます。出血の原因ですが、まず、稀ですが子宮頸ガンは否定しておかねばなりませんので、子宮頸ガンに対する細胞の検査を受けておられかどうか、その結果も含めて確認して下さい。出血性子宮膣部びらん、子宮頸管ポリープ、夫婦生活による接触出血なども考えられますが、これらは問診や内診などで判断できると思いますので、これも担当の先生にお訊きになって下さい。
  あとおりものの増加も気になるとのことですが、雑菌による膣炎があるとおりものも多くなることがあります。また特殊な感染症により頸管炎を併発すると、出血を伴うことがあります。このような場合は、おりものの細菌培養検査を行い、病原性の高い菌が検出されれば、抗生物質の内服や膣坐薬の挿入などを行ない治療することもあります。またこれらは、前期破水や切迫流早産の原因としても大事な点です。
 以上のようなことが否定された場合は、就労中とのことでもあり、やはり切迫流産徴候としての出血が一番疑わしいのではないかと思います。おっしゃるとおり、安定期にはいったと言える妊娠4ヶ月末である先日の夕方にも、多めの出血があったようですので、今後の安静の度合い、仕事の継続の可否、流産予防薬の服用の要否などについて、担当の先生ともう一度十分相談されてはいかがでしょうか。江見先生 小野レディースクリニック(小野市)05.1.15


トキソプラズマの値が640と言われ不安です。
現在15週の妊婦です。定期健診で前回の血液検査の結果を聞いた際に、トキソプラズマの値が640と言われ、血液の再検査をすることになりました。まだ薬などの治療はしていません。
帰宅後調べましたら、次の検査結果で数値にあまり変化が無ければ、過去の感染によるものの様ですが、過去の感染とはどのくらい前の過去までをさすのでしょうか?
猫・豚・生肉の事などを主治医の先生からは質問されましたが、もともと肉の苦手な私は、豚・鶏はもちろん牛ですらレアでは食べれませんし、レバーも一度も食べたことがありません。ですが猫は好きで、飼った事はありませんが、幼稚園の頃によく子猫を拾ってきては母親に反対され、また戻しに行くという事が何度もありました。心当たりはこれくらいです。ただ5歳6歳の頃の過去まで『過去の感染』の範囲に入りますでしょうか?もし入るとすれば、今回数値も、その時の感染による数値と考えられるかもしれないと言う事でしょうか?血液検査の結果はまだ先なのでとても不安です。

**************

回答  たまごママネット医師団
トキソプラズマ症は有名な割に、実際臨床例を経験することが無い程珍しいものです。しかし最近症例報告が増加しているようで、日本産婦人科医会の平成16年版の研修ノートにも、見直す必要がある旨書かれています。それでも妊娠中の初感染の場合のみ母子感染の可能性が出現するとあります。従って貴女の場合もほん最近の感染かどうかが問題になる訳です。それには再度トキソプラズマ IgG抗体を測定して抗体価の変化を見ると同時にトキソプラズマIgM抗体と言うものを測定して最近の感染かどうかを調べると思います。
その結果、今回の妊娠中に感染したのではないと診断されたらそれで良いのではないでしょうか。その場合、では過去の何時感染したのかと言う問いに正確に答えられる人はいないと思います。
小野先生 小野レディースクリニック(小野市)05.1.15


レンドルミン(睡眠薬)を服用したので中絶を示唆され悩んでいます。
2日前に妊娠が分かり6週目だと言われました。赤ちゃんは元気だそうですが、妊娠しているとは知らずに睡眠薬を服用していました。本やインターネットで調べているうちに、今が薬の影響を受けやすい危険な時期だったと分かり恐ろしくなり後悔しています。
最終月経は11/26〜12/1です。レンドルミンは不規則に服用していたので、飲んだ日にちをなかなか思い出せません…ただ危険と言われる4週目以降、12/28、12/31、1/2、1/7に毎一錠ずつ飲んだかもしれない、可能性があります。
はっきり覚えてないのですが、4週から6週の今までの間に多くて3,4錠は服用してしまいました。薬はレンドルミンです。お医者さまは時期的にも薬自体も合わせて危険度が20点と言われ、中絶する方向も止めないと言われました。できるだけ中絶はしたくありません。けど、万が一奇形や障害を持った子を持つ自信もありません。ずっと罪悪感を感じます。
点数を言われてもあまり理解できないので・・・この時期のレンドルミンのこの量の服用が、どれだけ危険性があるのか知りたいのですが・・・実際こういう状況から健康な赤ちゃんを出産できた方もいらっしゃるのでしょうか。本当にそんなに危険なのでしょうか。
希望を持ちたいのですが、周りの反応は悲観的です。決断する参考にさせてください。

**************

回答  たまごママネット医師団
不安なお気持ちはお察しします。結論から先に述べると、妊娠4〜6週の間にレンドルミンを3-4錠飲んだために胎児の先天奇形の発生率が明らかに高まるとは考えられず、そのために中絶する必要はないでしょう。
妊娠中にレンドルミン(ブロチゾラム)を服用したために出生児に先天異常が現れた(あるいは増加した)という報告はなく、また同薬剤の複数種の動物実験でも、人体の標準使用量の5000倍程度までの量を投与しても先天奇形の発生は認められなかったということです。
レンドルミンはベンゾジアゼピン系薬剤というジャンルに属していますが、同系列の薬剤の中には胎児の口唇口蓋裂の発生率を高める可能性がある薬剤(ジアゼパムなど)も含まれています。しかし実際にはそれらの薬剤の催奇形性についても肯定的な報告と否定的な報告とがあり、確定されたわけではありません。
  妊娠中にまったく薬を服用しなくても3%前後の先天奇形が発生することを考えれば、あなたのお子様が他の妊婦さんのお子様に比べて先天異常をもって生まれる可能性が明らかに高くなるとは考えられず、それを理由に中絶する必要はないと私は考えます。衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 05.1.14


岡 憲史先生 オカ・レディース・クリニック 神戸市北区大原3-8-1 
中村 薫先生 なかむら産家医院  福岡県北九州市小倉南区上葛原1-9-13
竹中 義人先生 大阪労災病院 小児科  大阪府堺市長曾根町1179-3
岡村 博行先生 岡村産婦人科医院 大阪府堺市槙塚台1丁-11-3
衣笠 万里先生 尼崎医療生協病院  兵庫県尼崎市南武庫之荘11-12-1
石井 廣重先生 石井第一産科婦人科クリニック 静岡県浜北市小松4498-5
池川 明先生  池川クリニック 横浜市金沢区大道2-5-13
小野吉行 先生  小野レディースクリニック 兵庫県小野市西本町538-3
江見信之 先生  
小野レディースクリニック 兵庫県小野市西本町538-3
おがわ あさこ先生 ごきそレディスクリニック 名古屋市昭和区阿由知通 3-10
北島 博之先生 大阪府立母子保健総合医療センター 大阪府和泉市室堂町840
磯辺先生 いそべクリニック 愛知県安城市安城町宮前105
大牟田智子先生 春日助産院 福岡県春日市昇町6-102
東先生 あずま助産院 滋賀県甲賀郡土山町南土山甲701
廣瀬先生  穂(みのり)助産院 長野県須坂市高梨町2515−10
その他 産科医師・小児科医師・助産師