医療相談室

妊娠5週で飲んだ薬、メテルギン、フロモックス、ロキソニン影響が心配です。
4週6日で妊娠判明、その二日後に出血し病院へいきました。その時点であかちゃんがみえないということで流産と診断されました。
メテルギン、フロモックス、ロキソニンを一日3回5日分処方され5日間のみました。
1週間後、再度きてくださいといわれ、またいきました。
なかのものが全部できっていないので来週またきてください、もしそのとき残っていたら手術といわれ、その1週間後にまたいきました。
するとなんと、いないはずの赤ちゃんがいました。
7週で心拍も確認できました。
赤ちゃんが無事でとてもうれしかったのですが、薬の影響が心配です。
5週目にしかも妊婦が飲んではいけない子宮収縮止血剤・・・・。
赤ちゃんに影響があるのでしょうか?

*******************

回答  たまごママネット医師団
ご心配なお気持ちはお察しします。
妊娠初期にエコー(超音波検査)で子宮内を観察しても胎児がはっきりと見えず、「今回は流産かな?」と思っていても、 次回来院時には明瞭に胎児心拍が確認されることはよくあります。それだけに流産の診断は慎重であらねばならないのですが、残念ながらあなたのようなケースについてときどき見聞することはあります。
 フロモックス(抗生剤)やロキソニン(鎮痛剤)については特に問題はないでしょう。
メテルギンについては強い子宮収縮作用がありますので、胎児への影響が懸念されますが、現在のところ流産徴候もなく順調に育っているようですね。その場合、生まれてきた赤ちゃんに先天奇形・異常が特に多いということはないようです。
つまり一般の赤ちゃんと変わらない、ということです。
もっとも限られた症例数での評価ですので絶対に安全無害であるなどと断定することはできませんが、それ故に妊娠中絶を考慮するほど胎児への悪影響が強いというわけではないようです。
したがって子どもさんを希望しておられるのなら、そのまま妊娠を継続されればよいでしょう。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.9.2


不妊治療で三卵性の三つ子を妊娠しましたが、全員が死んでしまう事はありますか?
不妊治療を始めて約1年。5回目のAIHで三つ子を妊娠しました27歳の者です。三つ子という事でとても不安です。
現在15週2日です。
先週14週2日で診察したところ先生は順調と言われてました。赤ちゃんの大きさは5〜6だそうです。その日家に帰って前回(2週間前)の赤ちゃんのエコー写真を見たところ、5.4,5.3,5.2となっていました。2週間前からあまり成長してないのかと思うのですが大丈夫なんでしょうか?本で見ても我が子達は小さいので不安です。成長が遅いと障害の可能性があるとネットで見て心配です。14週位になればエコーで問題があるか分かるんですよね?
大学病院で診て貰っているので気軽に診察に行けません。遠いのもあります。なので不安になると生きてるのかな?弱ってるのかな?と考えてしまいます。三卵性の三つ子で全員が死んでしまう事はありますか?張りがあるって事は生きるって事でしょうか?よろしくお願いします。

**************

回答 たまごママネット医師団
14週まで順調に経過されておられ、超音波検査では妊娠初期にチェックすべき点も問題がなく、3人とも大きな発育の差もないようです。計測されているのは、頭臀長(CRL)だと思われますが、胎児の向き、姿勢、計測する医者、などによって若干の誤差は生じます。このため前回の検査と間隔があまりあいていない場合には、ほとんど変わりなくでることもあります。担当の先生も、このことをご承知の上で診察をされておられますので、3人とも順調であると言われたのであれば、無用の心配はされなくてよいでしょう。
初めての妊娠で、まだまだ長い今後の経過、さらに三つ子ということで色々と不安はあると思いますが、過度に心配することなく、また無理のない生活でマタニティーライフを楽しんで下さい。
江見先生 小野レディースクリニック(小野市)07.8.29

細菌性腟炎が流早産に影響するのでしょうか。また子宮頸管縫縮術が早産の予防になるのでしょうか>
初めての妊娠は19週で自覚症状のないまま破水、21週で死産に至りました。2度目は15週で子宮頸管無力症と診断され縫縮術をうけました(自覚症状なし)。張りに悩まされ総合病院に転院し、35週の検診で子宮口が5センチ開いていたため抜糸し即入院、ウテメリンを点滴していましたが36週で破水、経膣分娩しました。今回3度目の妊娠で、現在15週です。前回出産した総合病院を受診していますが、今の先生は「前回持ちこたえたのは縫縮術を受けたためとは言い切れない。縛っても炎症が起きれば開いてくるので、縛ればOKというわけではない。細菌の状態を良くする治療をする方がよい」と言われます。おりものの検査の結果、善玉菌がほとんどいないと言われ、11週頃に半月ほど入院して抗生剤の点滴や膣の洗浄などの治療を受けました。退院後14週の検診で、頸管は8センチで正常だと言われました。先生は「自覚症状は必ずある」と言われますが、私は前回も15週の時には自覚のないまま開いてきており心配でたまりません。次回検診までの2週間で急激に悪化するいうことはないのでしょうか?今の先生は無力症のことは一言もいわれず、縫縮術に対しても消極的に感じられます。よろしくお願いします。

***************

回答  たまごママネット医師団
むずかしい問題ですね。
確かに子宮頸管縫縮術が早産の予防にどれだけ役に立っているのか不明の部分も多く、しなければ必ず早産するとか、すればかならず10ヵ月まで持つなどとは決して言えないのです。一方で細菌性腟炎が流早産の原因になる可能性はありますが、では次回妊娠時に抗生剤でそれを治療すれば確実に早産を予防できるという証拠もないのです(早産率は改善されなかったが前期破水は減少した、という報告はあります)。
 妊娠中期の流産や早産の既往がある女性に対して次回妊娠時にどうすればそれを予防できるのか、という問題については決定打といえる解決法がなく、多くの産婦人科医師は手探りで予防策を講じているといってよいでしょう。
 担当の先生は実際にあなたを診察されて、ご自身の知識と経験に基づいて判断されているのでしょうから、そのお考えは尊重されるべきです。
しかし出産されるのはあなたですから、頸管縫縮術を受けないことが医学的には妥当な選択肢の一つであっても、それに対して不安が強ければ別の医師(あるいは病院)でセカンド・オピニオンを求められてもよいかもしれません。
私自身は1回目の妊娠が不幸な結果に終わっていることを考慮して、ご本人のご希望が強ければ術前術後の感染予防に十分留意した上で頸管縫縮術を実施しても悪くはないように思います。
しかし絶対にそうすべきだというほどの根拠は持ち合わせておりません。
まずは担当の先生とよく話し合ってみてください。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.8.28

妊娠を希望していますが皮膚科でMSアンチゲンとヒスタグロビンを処方されましたが避妊する必要はありますか?
第2子を希望しています。
4週間前に、蕁麻疹で皮膚科にかかったところ、MSアンチゲンとヒスタグロビンという注射をしました。
この注射はしばらく身体に残るときいていますが、避妊する必要がありますか?教えてください。

*****************

回答 たまごママネット医師団
 ご質問の薬の胎児に対する影響ですが、まず、MSアンチゲンの添付文書には、「妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい」とあります。また、ヒスタグロビンの添付文書には、妊婦・産婦・授乳婦等への投与の項目として、「妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しない。妊娠中の投与に関する安全性は確立していない」とあります。
 何れにしろ、投与例も少ないため、胎児に対して何か異常が起こった例があるというのではなく、安全性に関して100%保証できるわけではないために、上記のような記載がある薬です。
 またヒト血液を原材料として製剤化されているために、「これら血漿分画製剤の現在の製造工程では、ヒトパルボウイルスB19(胎児に貧血や水腫などの異常を引き起こす)等のウイルスを完全に不活化・除去することが困難であるため、本剤の投与によりその感染の可能性を否定できないので、投与後の経過を十分に観察する。」ともあります。
 以上から、危険性は少ないと思われますが、常識的に判断して投与後2ヶ月間くらい避妊されればまず心配ないと考えます。
江見先生 小野レディースクリニック(小野市)07.8.19

NTが1.8ミリなので、ダウン症や障害があるかもしれないといわれ不安です。
 現在、日本国内におらず、日本人産科医さんもおられない状況で妊娠11週を迎えました。初期から医師(産科医ではなくGPと言われる一般開業医さん)より気になるコメントを何度も聞き、不安な毎日を過ごしてます。
まず、7週目と6日に初めてのエコーで、卵黄嚢が6.5ミリと通常より大きいと言われ、突然ダウン症や障害の可能性があると言われました。その後、他のお医者様に確認をとられ、卵黄嚢肥大は、10週目までの流産の確率を高くさせると訂正され、エコーをもう一度撮るよう言われました。
 そして、9週目と5日に二度目のエコーを撮り、赤ちゃんも29ミリに成長し胎盤も見られ、心音も正常であると言われました。赤ちゃんの細部まで詳しく測定する事は、現時点では不可能ですが、NTが1.8ミリなので、ダウン症や障害があるかもしれないので12週目のエコーできちんと測定し、更には羊水検査をお勧めしますと言われました。
もうすぐ3回目のエコーを撮ることになっているのですが、不安でいっぱいです。NT1.8ミリという数値は、どういう値なのか教えていただければ幸いです。

******************

回答 たまごママネット医師団
私自身が直接胎児のエコー画像を見たわけではありませんので、あくまでも一般論ですが---。

まったく正常の胎児でも妊娠初期に"NT"が認められることはよくあります。その厚さが2.5-3mm以上の場合には染色体異常の確率が高くなることが知られていますが、現時点で1.8mmならただちに染色体異常や先天異常を疑わせる所見とは言えないでしょう。あまりご心配なさらずに再検査を受けていただいたらよいでしょう。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.8.12


クアトロ検査の結果ダウン症に関しては 1/40の確率で陽性といわれ悩んでいます。
現在38歳、妊娠17週です。先日血清クアトロ検査を受けました。羊水検査を受ける勇気がなく、きっと大丈夫だろう!安心するために受けておこう!などど安易な気持ちで受けたところ、その結果ダウン症に関しては 1/40の確率で陽性…。陰性、陽性のボーダーラインが 1/295との事。主治医曰く「1/295以上か以下かが目安なので、細かい数値はあまり気にしなくてよい」との事ですが、インターネットの情報や書き込みを見てもこんなに高い確率の数値がありません。主治医にはいろいろ聞きましたし回答もして下さいますがどうしてもこの数値が気になります。これは稀な数値なのでしょうか?

***************

回答 たまごママネット医師団
私の手元の資料では、38歳の女性が出産した場合、その子がダウン症である確率は全体として1/170です。あなたの場合、1/40と判定されたのは、年齢以外の因子、つまりクアトロ検査と呼ばれる血液検査の数値からその確率が4倍程度高くなった、ということになります。ちなみに44歳の女性が出産した場合にその子どもがダウン症である確率はちょうど1/40前後です。全出生数に占めるダウン症の割合は1/800-1000程度ですから、それと比べると明らかに高いと言えますし、一方で40人中39人まではダウン症ではない、とも言えます。

 現在妊娠17週ですから、染色体異常の有無を確定するためには羊水検査しかないということになります。ただし羊水検査で染色体異常が判明してもそれを治療することはできませんから、結局生むか生まないかという選択になります。
たとえば44歳の女性が妊娠したからといって全員に羊水検査が義務づけられる訳ではありません。また1/40の確率でダウン症であるということがイコール、1/40の確率でその家庭が不幸のどん底に沈む、ということではありません。
  何らかのハンディをかかえながらも明るく成長していく子どもを大切に育てられている親御さんも多いのです。さらに羊水検査で染色体が正常であってもその子が"五体満足"であるという保証はありません。染色体異常以外の先天異常も数え切れないくらいあるのです。一方で羊水検査によって流産する確率もわずかながら(1/200-300前後)あります。

 このようなことから血清検査から自動的に羊水検査へと進んでいく現在の風潮に対して批判的な意見があることも事実です。しかし一方で「1/40の確率でダウン症の疑いがある」と言われて、平常心で妊娠生活を送ることが困難に感じられる方も少なくないでしょう。
  羊水検査を受けるか受けないかは、最終的にはご夫婦、特にご本人がお決めになることです。担当医師や(もしいれば)遺伝カウンセラーのお話を良く聞かれて納得のいく結論を出してください。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.8.8


妊娠初期に服用したボルタレン錠、レンドルミン錠の影響が心配です。
今年の1月に子宮筋腫とポリープの摘出手術を行いました。子宮にまだ筋腫は残っているものもあるのですが、先生は特に妊娠に問題はないのではないのかといわれました。
内膜が厚くならず、卵も育ちにくい体質と言われ、6月から排卵誘発剤を使い始めました。
最終月経が7/8にありました。今回(8/1)に生理が来たと思い(いつもよりは、症状が軽かったのですが)薬を飲んでしまいました。8/4に病院を受診したところ、妊娠していると言われました。
4週目だそうです。先生には、”まだ袋が確認できないので1週間後に来てください”と言われました。
予想外のことでただただ驚いてしまい、先生にあまり質問することもできずに・・・
今現在も少し出血(5日目)は続いています。
本で出血が続くようなら流産や子宮外妊娠の可能性があると書いてあったので・・・とても心配です。薬を飲んでしまったことをすごく後悔しています。
飲んだ薬は、8/1〜3の3日間にボルタレン錠を1錠ずつ。
      8/1 にレンドルミン錠を0.5錠。です。  問題は、ないでしょうか?

****************

回答  たまごママネット医師団
 この医療相談コーナーでも数多くの質問を頂きますが、妊娠初期の薬の服用による胎児への影響については、薬の種類と服用された時期が影響します。今回の服用時期は、受胎後2週以内と考えられるため、心配はいらないです。もし基礎体温を測定されておられるのであれば、次回来院時に担当の先生にも見て頂き確認してもらって下さい。出血も止まり順調に経過されることをお祈りしております。
江見先生 小野レディースクリニック(小野市)07.8.8
妊娠初期の薬の胎児への影響について教えてください。
中国在住です。
7月27日(8週0日)に妊娠の初診を受けに行った際、喘息持ちである事を告げ、現在風邪をひいていたので血液検査をして頂きました。
  結果炎症反応があり中国の抗生剤:Cefradine Capsules(0.25g/1錠)と漢方の風邪薬:OTC 双黄連口服液(10ml/1瓶)を処方されました。帰宅してから28日のお昼までに漢方薬を4本飲みましたが29日になって喘息の症状が酷くなり、処方された抗生剤を通常2錠のところ1錠飲んだのですが急に怖くなってこの中国の抗生剤は飲むのをやめました。
 しかし翌日も良くならず動くのもきつくなった為ネットで調べて、妊婦さんの発作時に処方されると言うメイアクト(Meiact tablet 100mg)が家にあったので、30日に昼夜で1錠ずつ飲みました。
今朝になって随分良くなり体が楽になってようやく冷静に考えられるようになって本当に怖くなってしまいました。その他にパルミコート:朝晩1吸入ずつとベロテック:苦しくなった際に1吸入(通常2吸入と言われていますがちょっと怖かったので1回につき1吸入していました。30日は2〜3時間に1吸入していました。)この時期の抗生剤や吸入薬は胎児に影響がありますか?

****************

回答  たまごママネット医師団
Cefradine"もメイアクトもともに"セフェム系抗生物質"というジャンルに属する薬剤ですが、一般的にこの系列の抗生剤は妊娠中でも比較的安心して使用できると考えられています。またパルミコートはステロイド吸入薬、ベロテックは気管支拡張吸入薬ですが、いずれも妊娠中の使用は可能です。
  漢方の風邪薬については手元に情報がありませんが、一般に生薬の配合から成る漢方薬で胎児奇形との因果関係が認められたものは現在のところありません。したがってお腹の赤ちゃんへの影響をそれほど心配される必要はないでしょう。
 しかし妊娠中は胎児に十分な酸素を供給するためにも、非妊時以上にしっかりと喘息発作を予防・治療する必要があります。自己判断でお薬を使ったり使わなかったりするのではなく、内科の担当医師とよく相談されて適切な治療を受けられた方がよいでしょう。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.8.4

3度帝王切開をしましたが4回目もできますか?
今年2月に3度目の帝王切開をし出産しました。
主治医からは子宮壁?が薄い為次は妊娠しないようにしてくださいと言われていました。気をつけてはいたのですが5月30日に生理があった以来生理がこないため妊娠検査薬で検査すると陽性反応がでました。
 昔中絶をしたこともありその時にとても後悔していました。なので今回可能であれば産んであげたいと思うのですが大丈夫なのでしょうか?また、今年出産した病院は総合病院で腕がいいと評判の医師のもとで出産しましたが、診察などに忙しいのか聞きたいことも聞けず淡々とした診察等だったので通院中はとても不安でした。なのであまりかかりたくありません・・たとえば個人病院でも出産は可能なのでしょうか?それとも大きな病院にかかった方がいいのでしょうか?とても不安で悩んでいます。教えてください

***************

回答  たまごママネット医師団
 確かに2回目・3回目の帝王切開の際に、開腹したところ以前の子宮切開創が胎児の一部が透けて見えるぐらいに薄くなっていてギョッとすることはときどきあります。
 実際のところ反復帝王切開術の予定日よりも早くに陣痛が起こって急遽、帝王切開術を行うこともありますので、もしも手術が間に合わずに子宮破裂が起こり、胎児が死亡したり、あるいは大出血のために子宮をとらざるを得なかったりしたらどうしようと不安を感じることもあります。
しかし確かにそのようなケースもあるのでしょうが、頻度としてはかなりまれなものであろうとは思います。

3度目の帝王切開術を受けた先生のところでもう一度相談されて、手術時の状況や子宮破裂のリスクについてきちんとお話をうかがうことが望ましいと私は考えます。
  いくぶんリスクがあってもぜひとも生みたいとお考えなら、個人医院よりも大きな病院の方が安心かもしれません。
  「先生は腕が良いと近所でも評判ですので私にチャンスをください」とお願いすれば渋々でも引き受けてくれるかもしれません。どうしても折り合いがつかなければ、別の病院で相談されてもよいと思います。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.7.31

黄色ブドウ球菌が検出されケフレックスを処方されましたが胎児に影響はないのでしょうか?
現在アメリカに住んでおりますが、妊娠8週めの内診で膣培養から多くの黄色ブドウ球菌が発見され即治療が必要と言われました。妊娠9週目にかけCEPHALEXIN 500MG(KEFLEX)を一週間 6時間置き一日4回(夜中も)処方され、何度も主治医の先生に相談しましたが、『今まで妊婦がこの菌に感染されているケース見たこと無いが、この薬は比較的安全に使用されているから大丈夫、子どもに影響したという事も聞いた事が無い、ただ100%大丈夫とは言い切れないが、今この菌を殺す事が一番やらなきゃいけない事、お薬を飲んでください』の一点張りでした。
 またこの菌を即退治しないと胎児に感染したら大変な事になりかねないとの事で、担当医の言うがままこれを信じ飲み続けました。色々調べても黄色ブドウ球菌に感染している妊婦の例が無く、この菌と薬がどれくらい胎児に影響するのかも分かりません。この薬を飲んだ時期が9週目〜10週目にかけての1週間、子どもの器官形成時期なのでかなりの影響があるんじゃないかと悩んでおります。
また子どもが感染してしまっていたらどんな事になるのでしょうか。
また羊水検査で、胎児が感染されていたら分かるのでしょうか。

***************

回答  たまごママネット医師団
 膣の中は、「乳酸桿菌」といわれる常在細菌が存在し、この細菌の分泌する乳酸により酸性の状態に保たれています。膣内の酸性化により、異常細菌の発育を抑制する環境が作られており、これを膣の「自浄作用」と呼んでいます。かたや「黄色ブドウ球菌」は、人体の皮膚表面、毛孔、鼻腔内に存在する常在細菌であり、約30%のヒトが保有していると言われている、いうならば非常に馴染みのある細菌です。ですから膣内の分泌物検査をして、黄色ブ菌が陽性であるのを見たことがない、というほど稀なものではありません。
 帯下が増えたり時に悪臭などの症状があったり、また無症状のこともありますが、膣の中に異常細菌が検出されることを「細菌性膣症」といいます。
 さて妊娠中の細菌性膣症については、子宮頚管炎や羊膜絨毛膜炎を引き起こすことによる流産や早産、破水との関連から注目されています。今回スクリーニング検査として受けられたのもこの理由からだと思います。しかし、細菌性膣症があると流早産しやすいというデータと、あってもなかっても関係がないというデータがあります。また治療をすれば流早産を予防できたというデータもありますし、有効でなかったというデータもあります。
 健診を受けておられるクリニックでは、抗生物質の内服にて明らかに流早産の危険性が低くなった、という報告を参考に、今回の投薬が行われたものと思います。服用されたケフレックスは、胎児に対する有害事象が報告されていない薬ですので、今回の週数での服用に関しては心配されなくてよいでしょう。
 羊水検査は、手技自体による流早産のリスクなどを考えると、子宮内感染を積極的に疑わせる余程の症状や所見がない限り、一般には行わないと思います。妊娠の後半には、今度は産道感染を引き起こしやすい細菌等も含めた再検査があると思います。
 ご出産までの日常生活としては、睡眠を十分に取り、暴飲暴食などの不摂生を避け、喫煙などはやめる、性交に際してもコンドームの着用に努めるなどを心掛けて下さい。元気なお子さんの出産をお祈りしております。
江見先生 小野レディースクリニック(小野市)07.7.27

妊娠中のサルファ剤入りの目薬とあとブルーチーズの影響について教えてください。
ヨーロッパ在住で、二人目の妊娠29週目です。今月の始めに旅行でフランスへいった時に、めいぼができ、薬局で目薬を求めた所、妊婦は使ってはいけないといわれました。今から2ヶ月ほど前にも、同じようにできかかったときに 朝一回、と寝る前一回と次の日の朝一回、サルファ剤いりの目薬を使っていたので、驚いてしまいました。使う前に一応日本の本で調べたら目薬の使用については何も書いてなかったので使用したのですが、胎児に異常がおきたりするのでしょうか。あとブルーチーズを食べると胎児に影響があることもあるとききました。どのチーズもスーパーでかってきたもので、少量口にしただけですが不安なのですが。

****************

回答 たまごママネット医師団
まずサルファ剤入りの目薬で胎児に異常が起こる恐れはありません。点眼薬中の抗菌剤が母体血中にはいってそれから胎児に移行する量というのは微々たるものですから、実際のところその影響は無視できるでしょう。
ブルーチーズについては下記サイトを参照してください。
http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/eiken/infection_inf/listeria1.htm
確かに妊娠中は控えた方がよさそうですが、ブルーチーズを食べた妊婦のうちで実際に胎内感染を起こしたケースはごく少数でしょう。市販のプロセスチーズ、クリームチーズ、コッテイジチーズやヨーグルトは問題ないようです。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.7.24

膣が収縮しているような違和感があります。
現在妊娠19週です。ここ最近時折膣に違和感があってとても心配しています。
座っている時,横になっている時,立っている時のいつでも,時々膣が収縮しているような動き(ビクビク,グニュグニュ,ムズムズという感じ)をします。また,立っている時,生理の時に感じるような膣が重たい感じが時々します。
(膣の収縮は妊娠7〜9週にも少し感じたことがありましたが,その後はなくなったので医師に相談したことはありません。)
”膣の病気ではないか”,”子宮が下がっていたり,子宮口が開き始めているのではないか”,”頸管無力症の兆候が出ているのではないか”といろいろと心配しております。(中絶と流産の経験があります。)
今日感じたけれど,その後数日間は感じなかったりするので,すぐに診察を受けるべきなのかどうか迷っています。

*****************

回答 たまごママネット医師団
膣に違和感を感じられ、ご心配なさっておいでなのですね。 妊娠中は大きくなっていく赤ちゃんや、羊水、子宮の増大により、骨盤底の筋肉に負荷がかかり、違和感を感じられることが生理的にもみられます。
また、非妊時より血液の循環が増すので、違和感を感じやすくなることも考えられます。しかし、”膣の病気ではないか”(良性のポリープなどを見受けることがあります。),”子宮が下がっていたり,子宮口が開き始めているのではないか”,”頸管無力症の兆候が出ているのではないか”ということも可能性としては否定できないので、かかりつけの産科で、そのような項目について診察を受けられることをおすすめします。
どうか元気な赤ちゃんを迎えられますように。  若松寿美恵助産婦 07.7.23

DHEAを服用していましたが妊婦が接種してはならないホルモンあると知り不安です。
不妊治療の末、体外受精で今の子を授かりました。不妊治療中にDHEAを薦められ、海外の知人に送ってもらったりして服用していました。あさはかな事に、DHEAは老化防止に役立つという知識しかなく、妊婦が接種してはならないホルモンである事を知りませんでした。体に良いのだと思い込み、超初期には50〜75ミリをほぼ毎日、その後はつわりもひどかったので、数日に1回、最近は5〜7日に1回50ミリ程度飲んでいました。
胎児にどのような影響が出るのでしょうか?他には葉酸とビタミンEをとっていました。

***************

回答 たまごママネット医師団
 私が調べた範囲では妊娠中のDHEA摂取により胎児奇形が増加したという報告は見あたりませんでした。
動物実験では母獣にヒト常用量の十倍〜数十倍使用したときに一部の胎仔に軽度の骨格異常が生じた、という報告がみられますが、常用量での催奇形性は低いようです。
  もともと胎児の副腎では多量のDHEAが産生されていることを考えれば、この製品によって重大な奇形を生じる可能性は低いだろうとは思います。
ただしDHEAの一部は体内で代謝を受けてテストステロン(男性ホルモン)やエストロゲン(女性ホルモン)に変換されますので、安易に使用すべきではないでしょう。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.7.21
HTLV−1抗体(ATLA)PA法 32倍といわれ母乳は断念するように言われ悩んでいます。
妊娠後期(30週)での血液検査にてHTLV-1のキャリアといわれ、母乳は断念するように担当医から言われました。搾乳、冷凍保存した母乳なら大丈夫との見解もあるようなのでどうすべきか悩んでいます。

*****************

回答  たまごママネット医師団
難しい問題です。
米国の教科書には、今でも担当の医師が言われたように「HTLV-1のお母さんは、母乳育児をしてはいけない」と書かれています。
日本では、様々な研究を元にお母さんに選択してもらうようにしている医師も増えてきました。
選択枝があるといことは、絶対これ!という決め手がないということでもあります。
反面選択したお母さんに責任の一旦を持たせるという意味で、悩ましい問題です。
HTLV-1母子感染率は、人工乳による哺育では 約 3〜 6 %
6ヵ月未満の短期母乳哺育では 約 4〜 7 %
6ヵ月以上の母乳哺育では 約15〜25 % 
と言われていますが、地域や研究者によって様々なデータがあり一定していません。
 人工乳や凍結母乳( 母乳を搾って−20 ℃以下で12時間以上冷凍してウイルスの感染力をなくした母乳 )を使っても、完全に母子感染を予防できないこと、母乳哺育の期間が長くなると感染の可能性が高くなることが知られています。
私の施設では以下のような選択枝をお母さんに提示します。
 赤ちゃんの哺育方法については、以上のことを考えたうえで、つぎの選択枝の中より選んでください。
1. 人工乳による哺育
2. 凍結母乳 ( または加熱母乳; 56℃、30分、家庭では難しい? )
3. 短期間母乳哺育( 3ヵ月間 )
人工乳を選択された場合は母乳分泌を止める薬を内服します。
凍結母乳を選択される場合は、自宅の冷蔵庫の冷凍室の温度を確認しておいてください。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 07.7.17

プロゲデポ125ml注射、アドナ錠、トランサミンカプセルの胎児への影響が心配です。
 現在、9週にはいったところです。2日前の夕方から茶色い少量の出血がつづき、昨日受診しました。プロゲデポ125ml(黄体ホルモンだと説明を受けました)を注射し、アドナ錠とトランサミンカプセルを処方されました。
妊娠8週以降に黄体ホルモンを使用すると女児の男性化などがあると聞いたことがあったので、不安に思い主治医に質問をしたのですが、悪いものなら使用する訳がないとのひとことでした。現在の週数で、この注射とお薬を使用した時の胎児への影響を教えてください。

**************
 
回答  たまごママネット医師団
 黄体ホルモン剤の胎児への影響を心配されているのですね。
黄体ホルモン製剤にはたとえば避妊ピルの主要成分なども含めて多くの種類がありますが、プロゲデポ(カプロン酸ヒドロキシプロゲステロン)は天然の黄体ホルモン成分から成っていて、女児性器の男性化などの副作用は報告されていません。また比較的最近のデータでは黄体ホルモン剤の催奇形性については否定的なものが多いようです。
  一方で流早産の既往歴のある女性に対して次回妊娠時に予防的に黄体ホルモン剤を使った症例では、使わなかった症例よりも流早産が少なかった、という報告もあります。したがってプロゲデポを使用したせいであなたのお子様に何か問題が生じる危険性は低いと考えられます。ただし少しでも流産徴候があれば必ず黄体ホルモンを予防的に使うべきというわけでもありませんので、どうしてもあなたの気が進まなければ、次回からはお断りになってもよいでしょう。
  アドナ・トランサミンについては昔からよく使用されていますが、特に問題はないようです。
 衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.6.21

12週目で首の後ろの皮膚の厚さが2.6mmといわれ不安です。
現在フランス在住で、初回のエコグラフィーの際(12週目)首の後ろの皮膚の厚さが2.6mmありました。担当医師からは少し厚めと言われましたが、その後の血清マーカーテストの結果、リスクは1/1272と診断され、安心しておりました。しかし、昨日受けた2度目のエコ(21週目)は、最初のエコグラフィストと別の医師で、最初のエコの結果を見て、少しリスクがある
ので再検査が必要と言われました。今回のエコでは異常は見られないけれど、念のため10日前 後おいてセカンドオピニオンとして、また別の医師から診断してもらいなさい、ということでし た。今回の首の後ろの皮膚の厚保さは4.6mmでした。ネットで検索しても、12週のエコで3mm異常はリスクが高いとあっても、21週の時点での首の厚さについての値が見つけられませんでし た。4.6mmは21週でやはり平均より厚めなのでしょうか。回答宜しくお願いいたします。

***************

回答 たまごママネット医師団
項部浮腫(NT)の計測値は妊娠週数、エコーの撮影条件、胎児の姿勢、さらに担当者の熟練度によって相当変動しますので、ある計測値だけを見て染色体異常の確率がどの程度あるのかを推測することは困難です。ただし妊娠21週で本当にNTが4.6mmであったのなら、やはり異常高値です。といってもそれが直ちに染色体異常を意味するものではありませんが、いくぶん確率が高くなることは確かでしょう。担当医とよくご相談の上、羊水検査を受けるかどうかお決めになってください。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.6.18
妊娠初期のクラリス錠とアスべリン錠の胎児への影響が心配です。
最終生理は4/27からで、6/7に産婦人科で受診し妊娠6週くらいとのことでした。5月末から風邪気味だったのでその旨を伝えたところ内科で受診してもらっても構わないが薬は出ないでしょうとのことでした。妊娠6週であることを伝え内科を受診したところ薬を何種類か処方されました。通院中の産婦人科に飲んでもいい薬か問い合わせましたが明確な回答が得られず、咳のしすぎで胸痛も出て咳が止まらなくなったため他の産婦人科で処方箋を見ていただき、クラリス錠200とアスべリン錠10mgは昔から産婦人科で出しているから飲んでも心配が少ないのでは。ただし飲んでも飲まなくても奇形が出る可能性は2%程度ありますとの説明を受け、ひどくなって気管支炎になってもっと強い薬を飲むよりはと考え、クラリス錠朝夕各1錠とアスべリン錠朝昼夕各2錠を1日服用しました。服用前にいろいろ問い合わせて納得して服用しましたが、自分が楽になるために飲んだ薬で赤ちゃんに何かあったらと申し訳ない気持ちでいます。長くなりましたが妊娠初期にこれらの薬を服用した際にどのような影響がでるのか、また過去に影響が出た例がどれくらいあるのか教えていただけると幸いです。

*************

回答  たまごママネット医師団
 クラリスもアスベリンも、胎児に対して奇形を起こすなどの有害事象は報告されていません。今回の服薬については心配されずに妊娠継続されればよいと思います。
江見信之先生 小野レディースクリニック(小野市)07.6.14

トキソプラズマに感染しても妊娠初期に薬を服用すれば胎児への感染を防げるのでしょうか
現在、妊娠25週になります。
昨日レバ刺しを食べてしまい、今日知人からトキソプラズマの話を聞き、大変焦っています。私は以前からレバ刺しや馬刺しなど食べた経験がありますが(年に数回度)、そういった場合は妊娠前から抗体を持っている可能性は生肉を食さない人よりも高いのでしょうか?
また、妊娠中トキソフ゜ラス゛マに初感染しても初期の段階で薬を服用すれば、胎児への感染の確率を防げるそうですが初期とはどれ位までの時期なのでしょうか?
来週水曜に次回の検診があり、医師に相談しようと思っていますが、不安が募るばかりで、少しでも御意見が伺えればと思っています。とても焦っていて稚拙な文章で申し訳ありませんが、御回答お願いします。

******************

回答 たまごママネット医師団
妊娠中に加熱されていない豚肉や猫の糞便で汚染された食物などの摂取によりトキソプラズマに初感染した場合に胎児の先天奇形(先天性トキソプラズマ症)を生じる場合があります(「レバ刺し」は牛のレバーでしょうか?)。
しかし先天性トキソプラズマ症は実際にはまれな疾患であり、妊娠25週であればその発生率はさらに小さいと考えられます。もっともまったく危険性がないとは言えませんので、生肉の摂取はできるだけお控えください。
  胎内感染がご心配なら早めに担当医師に相談して血液検査を受けられたらよいでしょう。既にトキソプラズマ抗体(IgG抗体)を持っている方であれば心配ありません。もしも陰性であれば後日再検査して陽転していないか確認しておいた方がよいでしょう。詳しくは担当医師にご相談ください。 衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.6.11
うつ病、境界性人格障害と診断され抗うつ剤等を処方されているのですが妊娠を望んでいますが影響が心配です。
私は3年ほど前にうつ病、境界性人格障害と診断され、心療内科で抗うつ剤等を処方されてきました。
3〜4ヶ月前から主人とも相談し、子どもが欲しいという話になり心療内科の主治医にも相談しました。
現在服用しているのは以下の薬です。
アモキサン25mg 朝、夕1錠ずつ
ソラナックス0.4mg 毎食後
サイレース1mg 就寝前1錠
ユーロジン2mg 就寝前1錠
ベンザリン5mg 就寝前1錠
主治医の話では、上記の薬で胎児に影響があると考えられるのはアモキサンのみで他は影響はない。といわれました。
アモキサンも影響の出る確率が特に高い薬というわけではないので妊娠については特に問題はないとは思うが、危険性は否定できない。
というようなあいまいな回答でした。
あいまいな回答だったので、果たして妊娠しても大丈夫なのか不安です。
産婦人科の先生から診て、上記の薬はやはり問題があるのでしょうか・・・また、本当にアモキサン以外は影響はないのでしょうか。

**************

回答  たまごママネット医師団
 妊娠中に使用された薬剤のヒト胎児への影響については、人体実験ができないために正確な評価をくだすことが困難な場合が多いのです。
たとえば仮に抗うつ薬を使っていた女性の子どもに先天奇形が多かったとしても、それが薬剤自体の影響なのか、それともうつ病のために食事や生活が不規則となり、極端な栄養の偏りや不足を生じた影響なのか、さらにはアルコール依存や非合法薬物使用の影響なのか(米国ではしばしば問題となります)、判断できない場合が少なくありません。このように薬剤以外の因子の関与を除外できないという問題点があります。
また何らかの悪影響があったとしても、その発生率が低い場合や、生後何年も経ってから異常が認められるような場合には、よほど多数の症例を長期間にわたって調査しなければそれを明らかにできません。そのように豊富なデータがある薬剤というのは本当に限られています。このような理由から、さまざまな薬剤について医師が安全であるとも危険であるとも明言できない場合が多いのです。
 あなたが服用されている薬剤のうち、ソラナックス・サイレース、ユーロジン、ベンザリンは「ベンゾジアゼピン系薬剤」というジャンルに属していますが、この系列の薬剤が特に胎児への催奇形性が強いわけではありません。ただし同じジャンルに属する薬剤の中には、児の口唇口蓋裂との関連性が疑われている薬剤もありますから、まったく心配ないとは言えません。もっとも関連性が疑われていると言ってもその発生頻度は1%未満ですから、ほとんどの場合は大丈夫、とも言えます。アモキサンについては動物実験で流産・死産などの影響は報告されていますが、催奇形性は認められていないようです。
一般的にアモキサンを含む「三環系抗うつ薬」は妊娠中に使用しても胎児に対して比較的安全であると言われています。その中でも最もデータが豊富なのは「アミトリプチリン(トリプタノール)」という薬剤です。可能ならこのように安全性について豊富なデータがある薬剤への変更も考慮されてもよいかもしれません。

 もう一つの問題点は胎児奇形以外に胎児の精神運動機能への影響です。現在のところ、これらの薬剤の影響で生後の精神発達が遅れるという証拠はありません。しかし妊婦が複数のベンゾジアゼピン薬剤を併用した場合に新生児の一過性の抑制状態や、逆に禁断症状(過敏性・過緊張・興奮状態)などが生じることが報告されています。
 多くは2-3週間で改善するようですが、中には長引くケースもあるようです。したがって妊娠前に中止できればそれに越したことはありませんが、たとえ中止できずに服用を続けながら妊娠を継続したとしても、出産前にはできるだけ薬の種類や服用量を減らしておいた方が安心であるといえます。しかし精神症状が不安定であるのに妊娠が分かって突然薬剤を中断すると、妊婦の精神衛生を損ねて彼女自身のみならず、子どもの発育・発達への悪影響が大きいこともよく知られています。薬を中止するとしても急にやめるのではなく徐々に減量するといった配慮が必要です。
 
  最も重要なことはあなたの「うつ病、境界性人格障害」が妊娠・出産のみならず、その後の育児の負担に耐えられるものかどうか、ということではないでしょうか。あなたが治療を続けながら妊娠・出産・育児を行うことについて十分に理解し支持してくれる方はおられますか?実際にあなたの心身が消耗しているときにあなたの生活や育児を手伝ってくれる方(できれば複数)はおられますか?妊娠・出産を計画されるにあたっては薬剤の服用よりもそちらの方がより重要な問題かもしれません。ご夫婦でよく話し合われて方向性をお決めください。 衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.6.6

妊娠初期のロキソプロフェン、ケフラール、ジスロマックの服用は胎児に影響があるのでしょうか?
妊娠とわかる前に親知らずを抜歯し薬を飲んでしまったので、胎児にどのような影響があるのか不安になり質問いたします。4/19に最終月経があり、基礎体温から5/4に排卵があったであろうと思います。抜歯は5/9その時ロキソプロフェン1錠。その後食後に1錠づつケフラールを3日間とロキソプロフェンを4錠。5/15にまだ歯の痛みがあったため、ロキソプロフェン1錠とあらたに処方されたジスロマックを5/15の夜と5/16の夜と5/17の夜に1錠づつ服用しました。ジスロマックは7日間効果があると聞きました。5/18に膣にカンジダ菌がいるということで婦人科で洗浄をしました。まだ、このときに妊娠とは気がつかず、5/28にもう一度カンジダの治療に行ったときに、妊娠がわかりました。この婦人科でははっきりとした回答をいただけなかったため、ますます不安になっています。質問のご返答をお願いいたします。

******************

回答 たまごママネット医師団
まず薬を使用した時期が最終月経初日から30日以内、基礎体温上、高温相14日目前後の時期までであれば、ほとんどの薬剤については胎児奇形を起こす恐れはないであろうと考えられます。また服用された薬剤(ロキソプロフェン・ケフラール・ジスロマック)のいずれも催奇形性は認められていません。軽度のものを含めれば、何も薬を使用しなくても3%前後の子どもが先天奇形・異常をもって生まれてくるといわれていますが、あなたのお子様にかぎってその発生率が高くなるという心配は要りません。 衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.6.2
切迫流早産を経験した人は、二人目の妊娠中も出血は繰り返しやすいのでしょうか?
最初の出産の時、まず13週目の頃にピンク色のおりものがあり、診察して頂いた所、切迫流産と診断されました。薬の内服と家族や両親の協力で自宅安静し、何度も少量の出血をしましたが、乗り切ってきました。
入院こそはしませんでしたが、切迫早産の診断も数回受けております。
ようやく36週を迎えてやっと安静の指示がなくなり、39週で高位破水し、自然分娩でその日に出産、無事元気な男の子が産まれました。
その子も1歳になり、2人目を考えていたところに妊娠していることがわかり、うれしさと幸せな気持ちの反面前回のように出血を繰り返さないかと不安です。
そのような時期に、主人の転勤で引越をしなければならない為もし同じ症状があった場合に家族の協力が以前のように受けられないのと、子どもも一番元気な時なのでどうなることやら・・・と気になって仕方ありません。
やはり、切迫流早産を経験した人は、二人目の妊娠中も出血は繰り返しやすいのでしょうか?
もし、少しでも回避できる方法があるのなら、お教えいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

****************

回答  たまごママネット医師団
 前回妊娠時の詳細な経過、その重症度などが分かりませんが、13週から何度も出血されたようです。稀ですが、子宮の入り口にできるポリープなどが原因で度々出血する場合もあります。お腹の張り具合などはどうでしたでしょうか?
 それはさておき、流早産を起こしやすい危険因子には、以下のようなものが挙げられます。
 破水、絨毛膜予膜炎、細菌性膣症、歯周炎などの慢性感染症の存在、子宮筋腫や子宮腺筋症などの合併、子宮奇形、子宮への手術既往(人工妊娠中絶術、円錐切除術など)、子宮頚管無力症の既往、抗リン脂質抗体症候群、喫煙習慣、そして前回の妊娠での流早産、死産などの既往も挙げられます。
 しかし、あなたの場合、前回妊娠期間中、切迫流早産の主たる症状である不正出血はあったものの、入院治療までは必要とせずに、結局は正期産である妊娠39週で正常分娩されておられるのですから、過度の心配はいらないのではないでしょうか。今回もご主人をはじめとする周りの方の理解、協力も得ながら、家事、育児等についても、必要度や優先順位などをそれなりに吟味されながら生活されればよいと思います。自信を持って頑張って下さい。
 あとは、ご質問にあるように、前回の妊娠経過から心配している旨を、主治医の先生にも率直にお話になり、適切な指示を受けられればよいかと思います。
ご主人の転勤に関しては、詳細は分かりませんが、例えば分娩されるまで、単身赴任して頂く、などの選択肢はありませんか? 
江見先生 小野レディースクリニック(小野市)07.5.30

妊娠すると下痢しやすくなるのでしょうか?
妊娠したころからお腹がゆるく、昨晩ひどい下痢をしてしまったのですが、下痢で流産することはあるのでしょうか?
私の場合、冷たいものを食べると下痢になる傾向があるようです。
また、流産して気付かないことはあるのでしょうか?

*******************

回答 たまごママネット医師団
  妊娠、おめでとうございます。
  妊娠されてからお腹がゆるいのですね。妊娠によるホルモンの影響で、よくそのような妊婦さんにお会いします。
きちんと食事がとれておいででしたら、さほど心配なさらずにお過ごし頂いてよいかと思います。
  食事はとれておいででしょうか。つわりで食べられるものが偏っていたり、ほとんど食事がとれていない場合、ビタミンB1が不足して、下痢をすることがあります。ビタミンB1は、穀類や砂糖などの糖質を体内で燃やしてエネルギーに変える働きがあります。また、脳の中枢神経や末梢神経の機能を正常に保つ働きがあります。 ビタミンB1が不足すると、神経に支障をきたしやすくなり、倦怠感(疲れやすい)、疲労感、情緒不安定、眠気や下痢などの症状が現れます。 またストレスの多い方ほどビタミンB1の消耗が多いので、緑黄色野菜や焼き海苔、玄米などを召しあがるとよいかと思います。

  冷たいもので下痢をするのは体が冷たいものを欲しておらず、なおかつ冷たいものが体にとって負担になっているのかも知れません。もともと冷え症がおありではないでしょうか。体が冷えると消化・吸収にも負担がかかります。
  できるだけ、温野菜に火を通して召しあがるとよいかと思います。
  下痢と流産は関係ありませんし、万が一、流産されるときは出血と下腹部の痛みを伴うことが多いので、お気付きにならないことはないかと思います。
  食事については、当サイトの「妊娠・子育ての食事」を参照頂けたら幸いです。
  楽しいマタニテイライフをお過ごし下さいますように。若松寿美恵助産婦 07.5.29


風疹の抗体価についての質問です。
よろしくお願いします。 前回妊娠したときに8倍といわれました。
産婦人科では、出産後2人目を望むなら風疹の予防接種をしてくださいといわれました。

そして出産後別の病院で風疹の予防接種をしようと、風疹の抗体価の話をしたところ、 8倍あれば大丈夫、予防接種をしなくてもいいと言われ、信じてしまいました。
そして今2人目を妊娠中です。予防接種をしていれば、、、と後悔しています。

いろいろ調べてみても、8倍未満は抗体がない、16倍以上256以下は大丈夫と書いてあるこ とが多いです。
でもこの表記だと8倍はどうなの?と思っていしまいます。実際8倍という数値はどうなのでしょうか?
抗体がないと考えたほうがいいのでしょうか?

*****************

回答 たまごママネット医師団
 前回妊娠時の検査が8倍とのことですので、既往の風疹罹患により免疫は獲得されて、抗体はあると判断されます。そこで問題になるのは、今回の妊娠中に万が一風疹に再感染した場合、先天性風疹症候群になる危険性がどれくらいあるか、ということです。
 最近の報告では、1回目の妊娠時に32倍、2回目の妊娠時に16倍であった方が、3人目の妊娠時に再感染され、この時最高2048倍まで上昇、出生した児は先天性風疹症候群と診断された例があります。これは、滅多に起こらない稀な例ですが、このように症例の積み重ねもあり、2004年に、「風疹流行に対する先天性風疹症候群の発生抑制に関する緊急提言」として指針が示されています。
それに沿って考えてみますと、現時点では心配しすぎる必要はないということです。
そして以下の注意事項を守るように留意されたらよろしいかと思います。
@人混みや子どもの多い場所は避ける。
A風疹患者のいそうな場所へは行かない。
 さらに安心したいならば、
Bなるべく早く、ご主人、お子さんおよび同居家族の風疹抗体価の検査と、抗体がない方へのワクチン接種。
C妊娠6ヶ月にはいった頃に、もう一度風疹抗体価の血液検査を受けられ、有意に上昇していなければ(8倍のままであれば)、再感染の心配はないと判断されます。
まだ産婦人科の現場でも一般的にはなっていませんが、風疹の抗体価が8倍(あるいは16倍も)であった妊婦さんの場合(妊娠前のご婦人も同様ですが)、分娩後早期のワクチン接種が推奨されております。
江見先生 小野レディースクリニック (小野市)07.5.27


一日2錠プレドニンの服用で産後の母乳に影響がないか心配です。
2回の流産経験がありますが、 今回は39週で順調です。18歳の時にSLEと診断され、妊娠してからも変わりなくプレドニンを隔日1錠飲んでいました。
今月10日から、医師の指示で一日2錠プレドニンを飲むことになっており、飲んでいるのですが、出産後プレドニンの量は体調が変わりない場合、一日2錠を続けるとの事でした。
その場合、赤ちゃんに与える母乳には問題がないのでしょうか?
また、どの位までプレドニンを増やすと母乳に影響が出るのでしょう?
医師は2錠飲んでいても母乳には影響しないと言っていましたが、自信がなさそうでしたので不安です。

*****************

回答 たまごママネット医師団
プレドニンの乳汁中への移行は少なく、通常の使用量では哺乳児に悪影響を及ぼす恐れはないでしょう。アメリカ小児科学会もプレドニンについては「授乳に差し支えのない薬剤」として扱っています。
どのぐらいまでの量まで大丈夫なのかというはっきりとしたデータはありません。
  プレドニンというのは合成された副腎皮質ステロイドホルモン剤です。ある報告によれば、母親がプレドニンを80mg/日服用していたとしても、母乳を介して乳児に移行する量(あるいはホルモンの生物活性)は、乳児自身が自分の副腎でつくっているステロイドホルモンの量の10%に満たないという結果でした。
つまり母親が大量にプレドニンを使っても、トータルでみると、乳児の体を循環する副腎皮質ホルモンは普段よりも若干多いぐらいであり、大きな問題とはならないと考えられます。
あなたの場合、1日2錠(10mg)程度で乳児に何か影響が出るとは思われませんので、ご希望なら授乳を続けられればよいでしょう。 衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.5.22
妊娠初期に服用した薬が影響しないか心配です。
最終月経開始は4月10日で、妊娠と気づかずに4月23日に粉瘤の摘出手術を行いました。
場所は、右腕脇下で約1.5cmの腫瘍を局所麻酔にて摘出しました。
その時に服用した薬はセフゾン100mg、ロキソニン60mg、ムコスタ100mgを1日3回で3日分です。
さらに、5月9日に親知らずを抜歯いたしました。
その時はメイアクトMS錠を1日3回で3日分、屯服としてロキソニン60mgを3錠服用いたしました。
その後、生理が来ないため、心配になり妊娠検査薬で調べたところ陽性と結果がでたので
気が動転しております。行った治療と服用した薬が胎児に悪影響を及ぼさないか心配でたまりません。お

***************

回答  たまごママネット医師団
 妊娠中の服薬による胎児への影響に関しては、胎児発育のどの時期に、どんな薬を、服用したかが重要になります。
最終月経は4月10日からとありますが、月経周期は28〜30日周期で規則正しい方と仮定して考えてみます。(基礎体温を測定している、あるいは夫婦生活のあった日が絞り込める、など、受胎日を特定する情報があればよりはっきりとしますが。)
 受胎は4月23〜25日頃と思われますので、これでいくと、通常、服薬の影響が出てくるのが、早くて5月11〜12日頃からと推定できます。
 次に、服薬された薬の内容ですが、何れも胎児への有害事象は報告されておりません。
 よって、服用された薬による胎児への影響については、ご心配はいらないと考えます。
江見信之先生 小野レディースクリニック(小野市)07.5.21

お腹の赤ちゃんが小さめといわれて不安です。
今二人目を妊娠中で、39週1日目です。今更なのですが、赤ちゃんが24週くらいから小さめといわれています。特にBPDが小さく現在88.5ミリです。推定体重は2800グラ ムくらいですが、気になるのが一人目の子が大きめで3700グラムくらいあったということで す。二人目は前回より大きくなることが多く、小さいと何らかの異常があると聞き、出産を間近に控え、不安な毎日です。どうかご回答をお願いいたします。

*****************

回答 たまごママネット医師団
 一般論としてはあなたの言われるように、出産時の在胎週数がほぼ同じである場合、一人目より二人目、二人目より三人目の方が、出生時体重は重くなりますが、あくまでも一般論で、兄弟といえどもそれぞれに個性があり、二人目の方が小さく出生することは、ざらにあります。
 これまで、何回か超音波検査をされた担当の先生が、羊水量なども含め、総合的に判断され、特別に説明がないのであれば、ご心配は無用ではないでしょうか。
 細かいことを言いますと、胎児の発育の評価には、まず分娩予定日が正しく決定されていることが大前提になりますが、この点はいかがでしょうか? ご夫婦の体格(身長など)も影響しますがどうですか? お一人目、お二人目の性別にも左右されますが、どうでしょうか? 24週頃より同じ所見なので、傾向は間違いないでしょうが、推定体重にはかなりの誤差がつきものです。BPD以外の測定項目であるFLやFTAはどうなのでしょう。胎児頭部の形は、頭蓋骨がまだ癒合していませんので、大人以上に様々な形をしています。もし横径が平均より短く、前後長が長い形をした胎児だと、計算上推定体重は実際より少なくでてしまいます。むしろお一人目が大きすぎたような印象を受けますが、健診中に、尿糖が出ていたようなことはなかったですか?
 診察もしていませんし、上記のような情報もありませんので、これ以上の詳細な検討は難しいですが、心配しすぎることなく、食事、睡眠もしっかり取り、元気な赤ちゃんの出産に向けお過ごし下さい。
江見先生 小野レディースクリニック(小野市)07.5.21
右側の外陰部が腫れていますが静脈瘤でしょうか?
現在3人目を妊娠中です。2人目のとき膣の入口と尿道の間に大きな静脈瘤ができました。
そして、今、右側の外陰部が腫れています。(よく見ると少し赤みがかっているように感じます) 前回の静脈瘤のときと同じように下着にふれると擦れるような違和感があります。これも静脈瘤 の一種なのでしょうか?おりものに変化はなく、かゆみもありません。

*******************

回答 たまごママネット医師団
文面からは、妊娠により再度引き起こされた外陰部の静脈瘤のように思われますが、正確には、担当の先生の診察を受け説明をお聞き下さい。
 一般には、外陰部をはじめ下肢などの静脈瘤は、一人目の時よりも二人目三人目になると、より妊娠の早期から、その程度も強く出現してくる傾向にあります。長時間立ちっぱなしを避ける、弾性ストッキングを着用してみる、足を高くして就寝する、足のマッサージなども行うなど日頃から注意をし、細かな管理を継続してくことも、妊娠中や出産時の大きなトラブルの回避や産後のスムースな回復につながると思います。
江見先生 小野レディースクリニック(小野市)07.5.16
妊娠後期から産後半年くらい、イライラしてナーバスになるのですがどのように対処すればいいでしょうか?
現在35週です。
前回の妊娠・出産時も同様だったのですが、妊娠後期から産後半年くらい、イライラ(わがまま?)してしまい困っています。
自分の体にではなく、周囲の人々(旦那の言動や義両親の言動やまったく関係ない人など)に対して以前ならなんとも思わないようなことでも、とてもイライラしてナーバスになってしまいます。
これも妊娠出産に関係しているでしょうか?どのように対処していったら良いのでしょうか?

***************

回答  たまごママネット医師団
 前回の妊娠後期からお産後半年にかけて、ナーバスで辛い思いをなさったのですね。
確かに妊娠、お産、産後はホルモンの劇的な変化を伴い、精神的に不安定になりやすい時期にあると思います。
 いつもは気にならないことでも悲しくなったり、イライラしたり・・・。そんなお母さんによく出会います。 よくよく聴かせて頂くと、そう感じられる背景は様々で、夫や周りの人が自分が思っているほど、お産や赤ちゃん、お母さんに思いをはせてくれていないことに対する憤りだったり、我が子を持つことへの不安だったり、理想とは違うお産や子育てを強いられてしまいお母さんが傷ついてる場合など、そのときに置かれる環境に起因するものとお母さんご自身の養育環境に起因するものもあるように思います。
 生まれてすぐからの育った環境が暖かく、心地よいものではなかった場合、妊娠、お産、子育てを通してその時に満たされなかった不快や不安、不満がふつふつと蘇り、イライラしてしまったり、場合によってはおっぱいがあげられない、赤ちゃんを抱っこできない、可愛いと思えないことさえ起こります。
 もちろんいくつかの要因が重なっていることもあると思います。
頂いたご質問からは詳細が分かりかねますので、一般的なことを書かせて頂きましたが、思い当たることがおありでしょうか。
 お産後のイライラには、赤ちゃんをしっかり抱き、目を合わせておっぱいを飲んでもらうことでオキシトシンというホルモンが分泌され、お母さんと赤ちゃんを強く結びつける働きをしてくれますので、生後半年は肌身離さず赤ちゃんと過ごし、たくさん見つめて、たくさんおっぱいをあげて下さい。
そして、赤ちゃんとしっかり向き合えるよう、家事などは上手にどなたかのお力を借りられるとよいですね。
  お一人で頑張ってしまわれると、どうしても赤ちゃんに皺寄せがいくことが多くなってしまいます。生後半年で赤ちゃんの心の土台のおおかたは決まります。その間、いかに心地よい思いを体験できるかで土台(基本的信頼感)の大きさはおおかた決まる大切な時期なので それも難しい時はまたご相談頂けると幸いです。
 漠然としていて申し訳ありません。
楽しいお産と子育てをなさいますように。頑張り過ぎずにお過ごし下さいませ。
若松寿美恵助産婦 07.5.13

妊娠初期の薬の服用について教えてください。
最終月経は4月1日から開始です。4月15日に性交がありました。その後、毎月の生理前のように腹痛、胸の張りがあり、てっきり生理がくるものと思っていました。4月25日から、リンパ腺が腫れて喉が痛く、耳が痛かったので薬局で購入した薬を服用しました。
3日間飲みましたが、最後に服用したのは、4月30日か、それ以前です。5月以降は服用していません。
薬名は:azithromycin dispersible tabletsです。生理は毎月1日には必ず開始していましたので、3日に自分で検査薬で確認したところ、陽性反応がありました。現在北京在中なのですが、病院に行ったのですが、薬のことも報告したのですが、「影響があるか、ないか、どちらかです」と言われました。中国語での対応なので、詳しくは聞けずに、その日は尿検査も何もしてもらえず、40日を過ぎてからエコーを撮って子宮外妊娠ではないかを確認する、というようなことを言われました。薬の服用についてとても心配なのですが、相談できる医師もいません。どうかアドバイスをお願いいたします。

*****************

回答  たまごママネット医師団
 妊娠中に服用された薬剤の胎児に及ぼす影響については、どのような薬を、胎児のどの発育時期に服用したかが重要になります。
 ご質問内容を吟味しますと、妊娠成立時期など大きな矛盾はないように思われますので、まず服用時期に関しては、受胎後16日目までに止めておられることになります。次に、服用されました抗生物質のazithromycinは、有益性投与といいまして、特にヒトの胎児に明らかな異常を起こすことは報告されていません。
 以上より、今回の薬の内服による胎児への影響に関してのご心配は不要です。ただしこの質問コーナーでも常々お答えしておりますように、薬剤の服用がなくても、軽度のものを含めると2-3%程度の先天異常は起こります。
江見先生 小野レディースクリニック(小野市)07.5.9

サイトメガロウイルスの抗体がないといわれ不安です
現在フランスに住んでおり、先生とのコミュニケーションもままならず、情報不足で困っているのでご助言をお願い致します。
15週目に受けた検診の時、「あなたはサイトメガロウイルスの抗体がないから毎月血液検査を受けなければいけない。子どもとあまり接触しないように。」と言われました。
サイトメガロウイルスという言葉は初耳でしたが、それについての説明はありませんでした。
それからネットで少し調べましたが、ほとんどの日本人は抗体を持っているという為か、あまり情報を得られませんでした。
ほとんどの大人が抗体を持っているはずですが、子どもとの接触のみ注意されたということは、感染したてのウイルスのみ感染する危険性があるということで、大人との接触は性交渉含め、気にする必要はないのでしょうか? 
今後感染しないために子どもとの接触の他にどのような注意が必要でしょうか?(夫に抗体がある場合、性交渉で感染するのでしょうか?だとしたら性交渉しない方が良いのでしょうか?)
又もし感染した場合の胎児への影響(親が感染した場合どの位の確率で胎児に感染するのかを含め)、感染した場合の処置の方法など教えてください。宜しくお願い致します。

****************

回答  たまごママネット医師団
私の手許の資料によれば、サイトメガロウイルスの抗体がない女性が妊娠中に同ウィルスに初感染した場合には、35-50%が胎内感染を起こし、そのうち10%に先天異常が現れ、10-15%に将来、難聴が現れるとされています。
  実際には日本人女性の2−3割は同抗体をもっていませんが、実際の胎児感染率は全妊娠の0.4%、先天異常や難聴を生じるのは0.1%ということですから、それほど多いものではありません。
  感染者の唾液・尿・精液・血液などからの感染と垂直感染(母から子どもへの感染)が主な感染経路です。
したがって他人の唾液・尿・精液・血液との接触を避け、接触した場合には手洗いを励行すること、夫が抗体陽性で妻が陰性の場合には妊娠中のセックスでもコンドームを使用することなどが主な予防方法です。薬剤による母子感染の予防法や治療法についてはまだこれといったものがありません。胎内感染の疑いがあれば、出生時の全身チェックと聴覚検査が必要でしょう。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.5.8

妊娠初期の長時間移動について教えてください。
先日、妊娠検査薬で陽性反応が出ました.
気になっているのは現在丁度4週0日(生理予定日)なのですが、8週目に夫の仕事の関係で引越しを車ですることを予定しております。
現在アメリカ在住で、引越しは大陸を横断する形で、走行時間は42時間近くです。
1週間ぐらい時間をかけてゆっくり移動する予定です。
妊娠初期は、このような長時間移動は避けるべきでしょうか?
 夫を一人で運転させるのはとても心配ですし、個人的に飛行機が苦手で、できれば車での移動が精神的には楽だと思っています。 よろしくお願いいたします。

*******************

回答 たまごママネット医師団
 妊娠初期の母親の運動(通勤や引っ越し、あなたのような移動)と流産の関係は無いと考えていいと思います。
ただ疲れるようなことは、一般的にお腹の張る原因にはしばしばなります。
常識的な対処の仕方、つまり途中で十分休みを取りながら移動されたらいいと思います。
赤ちゃん(胎児)は案ずるより心配なく、元気なものです。安心してください。
小野先生 小野レディースクリニック(小野市)07.5.5
妊娠中のアルミの影響について
つわりの影響か、唾液と痰がたくさんでるようになりました。
体調も悪く、毎回洗面所まで唾液を吐きに行くのが困難で、アルミ製の缶につばを捨てていました。先日口の周りが灰色になっていました。唾液でアルミが溶けたのかわかりませんが、アルミが溶けたもの唾液が混ざて灰色になったものがアルミ缶の口のところに付着してそれが口についたのではないかと思います。口についていたといたということは、多少飲んでいるのではないかと思います。いままで気づかなかった私にも問題があると思います。もし仮にアルミが溶けたものを飲んでいたとして胎児に影響があったりするでしょうか?お忙しいとは思いますが、回答いただけたら幸いです。よろしくお願いします。

*******************

回答 たまごママネット医師団
 私たちが日ごろ摂取しているアルミニウムの大部分は、食品や食品添加物などに含まれているものですが、そのほかに飲料水や調理器具などからも摂取しています。1日当たりのアルミニウムの摂取量については、地域や食生活によって異なりますが、WHO(世界保健機構)の報告では、1日あたりの摂取量は3〜13mgとしています。たとえば、加熱調理をすべてアルミ製の鍋で行うようなケースでも、食物からの摂取を主として4〜6mg程度と考えられています。
 WHOなどによる、アルミニウムによる人体への影響調査では、許容摂取量、つまり人間が一生摂取し続けても影響のない量として「7mg/週・体重kg」と設定しています。この値を50kgの人の1日当たりに換算すると50mgとなり、これだけの量を摂取しても健康に害はないとされています。つまり、通常の食生活ではまったく問題にならないのです。
 また、食べ物や飲み物といっしょに体に入ったアルミニウムは、そのほとんど(約99パーセント)が吸収されずにそのまま排泄されることがわかっています。また、わずかに残った分の大部分は腸管を通して吸収された後、腎臓を通って尿とともに排泄されます。
 アルミ製容器の内面には、長年使用していますと白い斑点が発生することがあります。
アルミ製容器内面にアルマイトなどで処理した被膜の劣化により、アルミ素地が露出したため空気や水酸化アルミニウムが形成されたことによるものと思われますが、この水酸化アルミニウムは水に溶解せず、安全性も問題はないといわれています。また、缶ジュースなどの飲料用アルミ缶も、その内面はPETなどの樹脂でコーティングされており、中味が直接アルミニウムと接触することはなく、よってアルミニウムが溶け出すこともありません。
 以上のことから今回のことは、心配されることはないと考えます。
江見先生 小野レディースクリニック(小野市)07.4.30


ラップを食べてしまいましたが胎児に影響しますか?
先日料理をしている時にラップの切れ端が鍋の内側側面にあたったみたいで気付かずに加熱調理した料理を一口食べてしまったんですが、胎児に影響はありませんか?
原材料がポリエチレン製のラップならダイオキシンは出ないと書いてあったのですが、そのラップの原材料は不明で、塩化〜だったらダイオキシンが出るようなので、すごく不安になってきました。
どうしたらいいでしょうか?宜しくお願い致します。

**************

回答  たまごママネット医師団
消化吸収されず、そのまま体外に排泄されます。
食材の中に入り込んだものを加熱調理しても冷えると固まる性質があるので体外に排泄されます。
また、ラップは人間の体に入っても害の無い材料で作られています。
ご安心下さい。大きいものを丸ごと飲み込まれたような場合には、体内に詰まる可能性もありますので医師にご相談下さい。07.4.26

胎児の成長と胎盤の成長について教えてください。
現在6ヶ月の息子がおります。小柄ではありますが、順調に成長しています。
今回この子の胎内にいるときの成長、胎盤の成長についてお尋ねしたくメールをしております。
34週までほぼ標準的に体重やBPD、FL等が成長していました。しかし、34WからBPDやFLは成長しているのですが、体重のみほとんど増えず、出産時は2580gでした。26Wまでみて頂いていた産婦人科の医師からは出産時3500gぐらいだろうと言われていたのですが、実際生まれたときが2580gで、出産時に胎盤が小さかったと言われました(出産時にへその緒が体に巻き付いていたそうです)。胎盤が小さかったということは胎盤が成長できなかったということでしょうか。それには何か原因があるのでしょうか。
第2子も考えているため、もし改善した方がいいことなどがありましたら教えて頂けないでしょうか。あるいは、胎盤が小さくてもあまり問題はないのでしょうか。どうぞよろしくお願い致します。

*******************

回答 たまごママネット医師団
赤ちゃんは栄養・呼吸等すべてを胎盤に頼っているわけです。従って一般的に言えば、大きな胎盤では大きな赤ちゃんに、小さな胎盤では小さな赤ちゃんになります。胎児体重と胎盤の重量比は、6:1ぐらいです。
 では何故胎盤が大きかったり小さかったりするのか?それは残念ながら分かりません。今回の赤ちゃんが小さくても、次の赤ちゃんが大きいことはいくらでもありますし、逆もまたしばしばです。体重が小さくても大きくても元気ですくすく育っていくのなら何も問題はありません。
 次回のことなど気にせず、今の赤ちゃんの成長をリラックスした心で見てあげてください。
小野先生 小野レディースクリニック 07.4.25
妊娠前の夫が服用していた副腎皮質ステロド剤は胎児に影響がありますか?
夫が膠原病のため副腎皮質ステロド剤(PREDONINE)を60mg服用していて妊娠しが発覚したのですが、胎児への影響はあるのでしょうか?教えてください。。。
後、前にカナダにて子宮外妊娠をした際に抗がん剤で治療したのですが、(5年ほど前)これ2ついても胎児への影響はありますか?? 教えてください!!

****************

回答  たまごママネット医師団
まずご主人が受けた薬物治療が胎児に悪影響を及ぼす可能性は一般的に低いと考えられており、特にステロイド剤が有害であるというデータもありません。 また5年前の抗がん剤治療(メトトレキサート等でしょうか?)が今回の胎児発育に影響を及ぼす恐れはほとんどないでしょう。ご心配には及びません。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.4.25

妊娠4週ですがおりものが出ていますが受診すべきでしょうか?
一昨日、産婦人科に行ってまだ4週目でカメラにうつらなかったのですが、妊娠検査薬で陽性だったので、妊娠してるでしょうとの事でした。
今日、茶色のおりものが少し出たのですが、病院に行った方がいいのでしょうか?

*******************

回答 たまごママネット医師団
妊娠初期に出血することは正常の経過でもよくあることです。
まだ受診して2日しか経っていないので受診はしなくていいと思います。
ただ、流産の可能性もあるので、心配でしたらもちろん受診していただいた方が よいと思います。受診した方が安心できるのでしたら受診してみてください。 池川先生 池川クリニック 07.4.17

胎児の背中に3、2ミリのむくみがあると言われて不安です
初産で妊娠10週目をすごしている23歳です。3日前に定期検診に行ってきました。いつものように超音波で赤ちゃんの様子を見たら、背中にむくみが3、2ミリあると言われました。3ミリ以上だと染色体に異常があるかもしれないとのことなので、すごく心配してます。0.2ミリオーバーというのは異常としては大きいものなんでしょうか?一年くらい不正出血でドオルトン錠や低用量ピルを飲んでました。薬をやめて1ヶ月で生理が来なくなり妊娠が発覚しました。薬を服用していたことも、関係あるんでしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
まずドオルトンや低用量ピルなどの薬と「背中のむくみ」との因果関係はないでしょう。
背中のむくみ(項部浮腫、NT)が3.2mmというのは、それが正確に計測されていれば異常値ということになります。といっても実際に染色体異常が発見されるのはその中でも一部の胎児に過ぎませんが、一般人口と比べると高率になります。ご心配なら出生前診断(羊水検査など)が可能な病院で再度診ていただいたら如何でしょうか。
 もっとも染色体異常については検査で異常が分かっても治療できないのですが、お話だけでも聞いてみられたらよいと思います。衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.4.15


妊娠初期の血液検査の間接クームス検査で陽性が出て心配です。
妊娠13週の経産婦です。
私自身血液型はB型Rh(+)夫はA型Rh(+)で第一子・第二子どもに血液検査時は陰性でした。
いろいろとネットで調べたりはしてみたのですが、自分に当てはまる項目がなく、とても心配になりこちらに相談させていただいています。
担当医師からは「詳しく検査します。あまり心配しないで」といわれましたがやはり不安でなりません。ただ今検査の結果待ちです。
今のところ胎児の発育に関しては異常はないのですが、なんらかの障害をもって生まれてくるのかとても不安です。ご回答どうぞよろしくお願いします。

***************

回答  たまごママネット医師団
 詳しいことは検査結果が出てから担当の先生にお聞きになった方がよいでしょうが、一般的なお話です。
間接クームステストというのは不規則抗体(A型・B型以外の血液型に対する抗体)の有無を調べる検査です。
  一番問題になるのはお母さんがRh(−)でお子様がRh(+)の場合に、間接クームステスト陽性でしかも抗体の量が多い場合です。
そのような場合にはお母さんの持っている抗体が胎盤を通過してお腹の赤ちゃんに移行してその赤血球を破壊し、赤ちゃんが重症の貧血になる恐れがあります。
しかしあなたの場合には血液型がB型Rh(+)ということですから、これは当てはまりません。もっとも通常のRh(D抗原ともいう)以外の血液型、E抗原やC抗原、その他色々に対する抗体が赤ちゃんへ移行する場合はありますが、Rh(D)ほど問題になるケースはまれです。
しかしもしもあなたに大出血が起こって輸血が必要になった場合のことを考えれば、どのような血液型であれば安全に輸血できるのか把握しておくことも大切です。そういうことですのであまりご心配なさらずに担当医師からのご説明をお待ちください。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.4.14

妊娠初期の湿布薬の影響について教えてください。
6wのはじめに肩が痛く、湿布をつけて寝てしまいました(1回のみで7時間ぐらいだと思います)
後で、湿布はよくないと聞き、不安になっています。湿布をすると胎児に影響がでるのでしょうか?
湿布の種類ですが、以前父が病院でで肩こり用に処方されたものです。
経皮鎮痛消炎剤と袋には書かれています。
どの病院でもらったか定かではなく、成分なども書かれていないため、わかりません。
最悪、強い薬だったとして、1回の使用で胎児に影響がでることがあるのでしょうか?よろしくお願いします。

***************

回答  たまごママネット医師団
現在のところ、消炎鎮痛剤で明らかな催奇形性が確認されたものはなく、また外用薬であれば、皮膚から吸収されて母体血中に入り、さらに胎児へ移行する量というのは微々たるものでしょうから、1回の使用でその悪影響について心配する事はないでしょう。ただし妊娠後期に入ってからの強力な鎮痛剤の使用は、胎児の血液循環に影響する恐れがありますので、外用薬(貼り薬)であってもなるべく控えられた方がよいでしょう。
妊娠初期にはそういった影響はありません。 衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.4.6

妊娠中のロタ、アデノウィルスの胎児への影響を心配しています。
私は35歳。不妊治療5年で授かり、1歳9か月のかわいい娘がいます。妊婦のウィルス感染による胎児への影響についてお尋ねします。
今回、自然妊娠で12週になります。
婦人科で妊娠5週といわれ喜んだのもつかの間、腹痛は伴いませんが一日5,6回の水状の下痢が5日持続しました。子どもは40.3度の発熱。子どもの解熱後に湿疹がみられ突発疹と診断されました。
子どもは5日目の水状黄土色の下痢がつづき、小児科受診しましたが、多分ロタかアデノウィルスだと思うということで内服はなしでした。手洗いに注意していましたが私が
12週の今、下痢が一日12,3回が2日目、水状黄土色、腹痛なしです。
下痢は流産のリスクが高まるとのことなので、いまできることは安静と水分摂取と考えて努めていますが、妊婦のウィルス感染の胎児への心配がとても気になりご相談します。
1・ 突発疹、ロタ、アデノウィルスの胎児への影響。
2・ 影響あれば障害の確率や今から私に出来る事(羊水検査もふくめて)
3. 4月から子どもを保育園に預けるのですが、胎児に影響する疾患を教えてください。

****************

回答  たまごママネット医師団
 妊婦へのウイルス感染が、子宮内の胎児に及ぼす影響についてのご質問ですね。
ご存じかと思いますが、胎児に影響を及ぼす可能性のある代表的なウイルス疾患には、風疹、水痘(みずぼうそう)、麻疹(はしか)、サイトメガロウイルス、伝染性紅斑(リンゴ病)などがあります。いずれも、血液検査で抗体があるか否か(感染の既往があったか、あるいは予防接種により抗体ができているかどうか)が判明します。理想を言えば妊娠前に血液検査を受けておかれるとより安心ですが、妊娠中でも検査はできます。(その他の単純ヘルペス、エイズウイルス、B、C型肝炎ウイルスなどについては省略します)
 風疹は妊婦胎児に関係する一番代表的なウイルス感染ですが、前回の妊娠初期に検査を受けておられるはずですので、すでに抗体があると確認しておられるのでしょうね。また水痘、麻疹についても、感染既往があるのでしょね。
ご質問の、突発性発疹を起こすヒトヘルペスウイルス6-B、およびロタ、アデノウイルスによる胎児への影響に関しては、特に有害事象は報告されていませんので心配はいりません。
 最後の、今後、上のお子さんを介しての家族内感染の可能性のある疾患ですが、代表的なものに上述の伝染性紅斑(リンゴ病)があります。リンゴ病は、幼稚園から学童期の小児に好発する疾患ですが、妊娠適齢期のお母さん方のこのウイルス抗体保有率は決して高くなく、約半数に感染の危険性があると考えられます。もし抗体のないお母さんが、感染を受けると、胎児の貧血を引き起こし、胎児水腫といわれる異常を起こします。しかし、必ずしも全ての胎児が障害を受けるわけではなく、また罹患する週数にも関係し、妊娠20週以降ではあまり胎児異常は起こらないと言われています。
 何れにしろ、特に妊娠初期の胎児の感受性の高い時期などには、あなたも、さらには上のお子様やご主人、同居しておられるご家族のみなさんが、人混みの中に長時間いない、無用の外出を避ける、手洗いを励行する、生ものは控える、食事睡眠をちゃんと取り免疫力を低下させないようにする、などといった、常識範囲内の注意をされておられれば、むやみに神経質になりすぎる必要はないと考えます。 江見先生 小野レディースクリニック(小野市) 07.3.26

妊娠初期のクラリチンの胎児への影響について教えてください。
月経開始日は2月18日です。22日目に膣炎になり病院で処方されたクラリチンを5月12、13、14、15、16日の5日間、朝1錠を服用しました。妊娠陽性反応がでました。胎児への影響が心配でなりません。

***************

回答  たまごママネット医師団
まずクラリチン(ロラタジン)は動物実験の結果からは、胎児奇形の原因となる薬剤ではないようです。
  また最終月経開始日が2月18日で、クラリチンを服用したのが3月12,13,14,15,16日の5日間であるとすれば、最終月経開始日から4週間以内、おそらく排卵・受精後2週間前後かそれ以内と考えられますので、時期的にみて胎児奇形の恐れはほとんどありません。特に心配される必要はないでしょう。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.3.25 

この状態はやっぱり帝王切開? 産後2ヶ月ですが納得できません。産後2ヶ月ですが納得できません。
 予定日2日後夜9時に高位破水、入院、翌日朝9時から陣痛進剤6錠服用、昼過ぎ子宮口4cm、微弱陣痛続く、翌日朝7時大量破水、羊水混濁、促進剤3錠服用、子供は元気だが元気なうちに出すとの事で1時より帝王切開、個人病院なので、手術の時は他の病院からもう一人先生を呼ぶのですが、1時より予定帝王切開が入っていたので、手術となる。手術後医院長に「初日から切るつもりやった」と言われて、その言葉が頭から離れず泣いてばかり、予定帝王切開が入ってる日まで、陣痛のばしされたのか?とか素人考えばかりがグルグル。専門の先生に、この状態では当然だったのか?とかを答えてもらえれば、私も前向きになれるかも?市の保健師さんに「神経内科で見てもらうのもいいかも?」とか言われてしまって、この状態を早く脱したくてメールしました。

**********************

回答 たまごママネット医師団
思いがけず帝王切開でのお産を迎えられたのですね。 頂いたご質問からは、帝王切開の必要性を納得されないままにお過ごしになられているのではないかと拝察しますが、いかがでしょうか。
  帝王切開の適応が妥当だったか否かは詳細が分かりかねますので申し上げることは出来ません。申し訳ありません。
  主治医の先生がなぜ初日から帝王切開を考えられたかが、一番ネックになられているようなので、お産に携わらせて頂くものとして考えられることを書かせて頂きます。 ただし、あくまで一般論であり主治医の先生の真意はお尋ねになられなければ知りうることは出来ないと思います。

 まず陣痛を伴わずに破水が起こる(この状態を前期破水といいます)機序のひとつに何かしらの感染が原因であることが分かっています。その多くは腟から子宮に細菌が波及し、卵膜の一部を破ることがあります。また破水から48時間経過してもお産にならない場合、母子への感染の危険性が有意に高くなることも言われていますので、前期破水の方を診させて頂く時に帝王切開も視野にいれておくことは当然かも知れません。
  前期破水後に促進剤を使用しても有効な陣痛が得られず、なおかつ羊水混濁があるとなると、お腹の赤ちゃんにはすでにストレスがかかっていて、予備能力があまりないかもしれないことも考慮しなくてはなりません。『今は元気でも、この先どれほどのストレスに堪え得るかは予測し難く、赤ちゃんの状態が急激に悪化する可能性も否めない』ということもあります。赤ちゃんの状態が悪化した場合、脳性麻痺などの後遺症を残し、その後の人生が大きく変わることもあります。また、前期破水から、40時間が経過しても有効な陣痛が得られない場合、赤ちゃんが産道を通り生まれるのに不都合な事情を抱えている可能性も懸念しなければなりません。母子によってそれぞれの条件が異なりますので、その正確な見極めはとても困難で、その後の一生に関わるため慎重にならざるを得ないのです。
  不本意だったかも知れませんが、お母さんが帝王切開を決断されたからこそ、元気な赤ちゃんを迎えることが出来たのだと思います。 本当におめでとうございました。
  ただひとつ、残念なことはお母さんが納得のいく説明を医師から受けられていないことのように思います。そこは是非、泣き寝入りをせずに医師に説明を求めてみられてはいかがでしょうか。

  元気に生まれてくれた赤ちゃんと、日々楽しくお過ごし頂けたらと思います。 07.3.9
VBACの可否についてご意見をお聞かせ下さい。前回が正期産の帝王切開でないと、子宮破裂のリスクが余計に高まるのでしょうか?
2004年3月に一人目を帝王切開、現在二人目を妊娠中で33週です。
二人目も帝王切開でほぼ決まっているのですが、ご意見を伺いたく相談します。
一人目の時、張りが治まらず子宮口が開き気味とのことで、19週で子宮頚管縫縮術を受けましたが、抜糸前の35週で破水し、微弱陣痛で子宮口が開かず、32時間後に帝王切開となりました。
前回は個人病院でしたが、今回は総合病院に通っています。
今回は、子宮頚管縫縮術をした方が良いのではと勧められましたが、手術はせず、子宮頚管はやや短め(32週で3cm)、子宮口も開き気味であるものの、張り止めを服用して入院もせずにきています。
分娩方法については、VBACが可能かどうか相談したところ、前回が正期産の帝王切開でない場合は、子宮が伸びきっていない状態で切開しているため子宮が破裂しやすいので、全て帝王切開の方針にするといわれました。
やはり、前回が正期産の帝王切開でないと、子宮破裂のリスクが余計に高まるのでしょうか?前回の病院では手術後「下から産めるようにしてあるから」といわれ、そのことは初めて聞きました。また、VBACの可否についてご意見をお聞かせ下さい。

***************

回答  たまごママネット医師団
VBACの可否についてですが、前回が35週というと、確かに早産ですが、さほど問題にならないように思います。帝王切開された医師の『次は下から産めるように』と言う言葉から、おそらく子宮頚部横切開をされているのではないかと拝察致します。この場合の経腟分娩の子宮破裂のリスクは子宮筋層の現在(できれば37週時)の厚みと、陣痛発来後の状態によりますが、不可能ではないような印象を受けます。陣痛発来後、陣痛により、子宮口に圧がかかり、赤ちゃんの頭を下げるように力がかかってくれれば、経腟分娩も可能かと思います。これが、産道に圧がかからず、うまくお産がすすまないようでしたら、前回の切開部に圧がかかり、子宮破裂のリスクとなります。
このように注意深く見させて頂いているためか、私の勤務する産院でのVBAC成功率は今のところ100%です。
もちろんごくわずかですが、適応とならない方もあります。
VBACでなくても子宮誘発剤の乱用で子宮破裂を起こすこともあります。また、赤ちゃんの抱えている事情によってはVBACであろうとなかろうと帝王切開が必要なこともあります。
アメリカでのレポートでは、子宮破裂の発症は、VBACと、そうでない場合とで明らかな優位差はないとも言われています。
しかし日本ではいまでも反復帝王切開が主流で、根元には医療訴訟の多さゆえ、産科医の保身がそうさせてしまっているように感じます。またVBACのみかたが分からない、教わってもいない医師もあるかも知れません。
生物学的に一番ベストは、いつでも緊急帝王切開が出来る準備をしながら、経腟でお産に臨むことかも知れません。
よいお産をされるとよいですね。 07.2.21

妊娠を考えているのですが皮膚科で処方された薬が卵子に影響しないか心配です。
タイのバンコクに住んでいます。
まだ妊娠していませんが、ここ数日の排卵日でタイミングをとっていいのかと思い質問させていただきます。
ただ今幼稚園に通っている子どもがいます。
最近、幼稚園で頭しらみに感染しまして、こちらの皮膚科を受診し、Jacutin Gel(Lindane0.3%)を処方されました。1日1回大さじ2程度を頭に塗り、4時間後に洗い流します。現在、親1回(念の為親も治療とのことで)子ども2回使用しました。
気になったので成分を調べた所、日本では使われておらず、毒性が高いとのことでした。
そこで質問なのですが、
1、薬使用後24時間以降の排卵でタイミングをとっても問題ないですか?薬がそのまま残って次の卵子に影響がでたりします  か?
2、子どもには1日1回3日間の処方ですが、後1回残っています。使用しても問題ないでしょうか?また、日本のしらみ治療  薬は安全ですか?
お忙しいところ申し訳ございませんが、急いでいますのでよろしくお願い致します。

*****************

回答  たまごママネット医師団
"Jacutin Gel (Lindane0.3%)"はシラミや疥癬の治療に用いられる駆虫薬であり、日本では販売されていませんが、海外では広く使用されているようです。
とりあえず指示された回数をきっちり使用されるとよいと思います。FDA(米国食品医薬品局)から、効果が現れないのに漫然と使用すべきではない、という警告が出ていますので、お子様の症状が続くようなら皮膚科の先生に相談して他剤への変更を考慮されてもよいかもしれません。皮膚への外用剤であり、卵子への影響まで心配される必要はありません。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.2.14

現在妊娠中ですが母乳育児中です。流産などの影響はないのでしょうか?
ヨーロッパ在住の1歳と11ヶ月の男の子の母です。
まわりにはもうやめたらと言われながらも頑張って母乳を続けています。ご飯もよく食べますし、精神的に大事だと思って続けていましたが、このところ授乳時に乳首が痛く不思議に思っていたら妊娠している事がわかりました。できれば自分で卒乳させたいのですが、おなかの赤ちゃんに流産などの悪い影響はないのでしょうか。
前回の妊娠で初期に何度か出血し怖い思いをしたので心配です。
もし続けていいのならどの時期まであげていいのでしょうか。自分で卒乳できない場合断乳するべきでしょうか。未だによる何度もおきますがお乳をすうとすぐに寝ます。今はお昼寝の前に少しと夜(夜中も含める)だけにしています。37歳の高齢出産になり、体力的にも赤ちゃんへの栄養の事も考え心配なのですが。

****************

回答  たまごママネット医師団
第1子を帝王切開で出産された後、母乳育児中に再び妊娠し、授乳を続けていると流産をするのではと心配し、断乳しようかどうか迷っておられるのですね。
 結論から言いますと授乳を止める必要はありません。妊娠すると、子宮の筋肉を収縮させるオキシトシンというホルモンが働かないように、オキシトシンヲ受け止めてその働きをブロックしてしまう受容体(receptor)が作られ、妊娠中は赤ちゃんを流早産の危険性から守ってくれています。尤も妊娠末期(大体9ヶ月以降)になって、子宮が激しく反応して痛いくらい強い場合とか出血している場合は控えたほうが良いでしょう。
 また、産後は多くの場合授乳しているうちに自然に飲まなくなる場合が多いようです。でもおっぱい好きなお兄ちゃん(姉)の場合、産後も吸い続け、いわゆるタンデム(2人こぎ自転車)授乳となることもありますが、この場合もやがて自然におっぱいから離れてゆきます。
  あなたのお子さんの場合、メールの様子ではもうすでにおっぱいは身体の栄養としてより、心の癒し、心の栄養になってきており、妊娠による一時的なリアクションがあるかもしれませんが、卒乳も間じかのようですね。
ご心配の赤ちゃんの栄養不足の問題は、お母さんがバランスよく食事をしてさえいればご心配はありません。
岡村先生 岡村産婦人科 07.2.13

妊娠初期にタミフルを服用しましたが医師から「菌の影響・薬の影響もあるから・・・考えた方がいいい」いわれましたがあきらめた方がいいのでしょうか?
最終生理の開始日は、12月17日です。
私は初産で6週目の状態なのですが、2日前(2/6日)の夕方から熱が出始め、風邪かと思い休んでいたのですが、心配になり産婦人科の先生に電話で相談したところ、「インフルエンザかどうか調べてもらって」とアドバイスを頂き、別の内科医院へ検診にいきました。
結果は・・・インフルエンザA型と診断されてしまいました。産科の先生にご相談すると、「妊娠してからまだ日が浅いので、子どもへの影響はあるかも知れない、とにかくまずインフルエンザを治して」と薬をもらう事を薦められ、内科でタミフルを処方してもらい、昨日の晩に一錠飲みました。産科の先生からは「子どもはどうなるか分からない、流れてしまう危険もあるし、菌の影響・薬の影響もあるから・・・考えた方がいいです」と言われ、もうどうしたら良いか分かりません。今もまだインフルエンザが続いていて、薬もやめたほうが良いのか、もうどうしようも無いのか・・・・。すいません、良く分からない文章になってしまって。
まとめると・今の時期にインフルエンザにかかった時の胎児への影響・タミフルの影響はどうなのか?もうあきらめないといけないのでしょうか?

*****************

回答  たまごママネット医師団
毎年、冬場にはインフルエンザが流行しますので、これまでに妊娠初期にインフルエンザに罹ってしまった妊婦さんの総数は日本国内に限っても相当数にのぼるはずです。しかし現在まで妊娠初期にインフルエンザに罹ったために赤ちゃんの先天奇形が増えたという報告はありませんし、私自身もそのような事例を経験していません。
 このようにインフルエンザウィルスの催奇形性については否定的と考えられています。またヒトでの妊娠初期のタミフル使用に関してはまだ十分なデータがないのですが、現在までのところ同薬剤の催奇形性は報告されていません。ラット(ネズミ)やウサギでの実験では、妊娠初期にヒト使用量のそれぞれ100倍、50倍量のタミフルを使用しても胎仔奇形は増加しなかったことが報告されています。
以上より、現時点であなたのお子様に重大な奇形や異常が発生している危険性は低いでしょう。もちろん、妊娠中に何の病気にもかからず、何の薬も飲んでいなくても胎児の先天奇形は起こりえます(一般的には3%程度)。
あなたのお子様に限ってその発生率が極端に高くなるという心配はないでしょう。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.2.8

妊婦・授乳婦はガジュツの内服を避けるべきとのことで心配です。
現在13週目の経産婦、ドイツで生活中です。昨日胃もたれがひどかったため、『恵命我神散:成分 ガジュツ末2.5g、真昆布末100mg、ウコン末33mg、ショウキョウ末16mg』を就寝前に1包内服しました。
良く調べれば良かったのですが、ネットで検索していたところ、妊婦・授乳婦はガジュツの内服を避けるとの記載を見つけました。本日医師に聞いたところ「ガジュツなど聴いたことがない」と言われ、服用したことでの副作用が良くわかりません。自己判断で内服したことは十分に反省しています。この薬を内服したことによる胎児への影響を教えていただければ幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。

****************

回答  たまごママネット医師団
私も手許に 「莪朮(ガジュツ)」についての詳細な資料はないのですが、確かに漢方の本には「妊娠中は禁忌」と書かれています。
しかしなぜ禁忌なのかは説明がありません。同薬草には血行促進効果があり、過多月経の方に対して同薬草成分を使用すると出血量が増える可能性があることが指摘されていますので、流早産徴候のある方には使用しない方がよいといったことなのでしょうか。ただしこのような生薬は通常の西洋薬のように単一成分のみが含まれるわけではなく、様々な有機化合物の集合体でしょうから、仮に胎児に有害な成分があったとしても、ただちに先天奇形や発達障害をもたらす可能性は実際のところ低いでしょう。現在までこのような漢方薬の影響で胎児奇形が増えたという報告はありません。
またネットで調べたところでは(下記文献)、莪朮自体の副作用は現在まで報告されていないようですから、1回服用されただけでその悪影響を心配されなくてもよいでしょう。
Pharmacist’s Letter/Prescriber’s letter Natural Medicine Comprehensive
Database、5th ed. Stockton, CA: Therapeutic Research Faculty(2003)((独)国立健康・栄養研究所監訳: 「健康食品」データベース (日本語版),2004(第一出版)
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.2.3

デキサメタゾンの胎児への影響について教えてください。
はじめまして。私は現在32週の妊婦です。
妊娠22週の頃ひどい湿疹に悩み、虫刺されの薬なら問題はないだろうと云う自己判断をしてしまい、家にあったジェル状の薬を5日間ほど使用してしまいました。しかし先日、ふと気になってインターネットでその薬について調べたところデキサメタゾン(100g中0.025g含まれていました。実際の使用量は5g程度だと思います)が含まれており、デキサメタゾンは副腎皮質ホルモンで、しかも胎児への吸収率が高いと知り大変ショックを受けています。
やはり胎児に、何かしらの影響は出てしまうのでしょうか?
最近はその事が気になって、夜も寝る事が出来ず胎児と薬に関する専門のお医者様の診察を受けるべきか悩んでいます。
お手数をおかけして申し訳ありませんが、ご指導いただければ幸いです。

***************

回答  たまごママネット医師団
 副腎皮質ステロイドホルモン剤の中でもデキサメタゾンは母体血中から胎児血中への移行がよい(胎盤通過性がよい)のですが、お話の外用剤(塗り薬)に含まれるごく少量のデキサメタゾンが皮膚から母体血中に吸収される量というのは微々たるものであり、胎児に悪影響を及ぼす恐れはないでしょう。ご心配には及びません。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.2.2


18週に入ってから、頻繁にお腹が張り、特に午後になると歩行も辛い状態でした。子宮頸管長が短い場合どの程度で治療が必要ですか?
膣の奥が痛むこともしばしばで、定期外で受診したところ、子宮頸管が2.5cmとのことで、リメトラークを処方され、フルタイムで会社勤務を考慮して2週間自宅安静の診断でした。
2日後に指示通り再診(前回とは別の医師)したところ、頸管長には問題なく、出血のないお腹の張りなら受診不要、いずれにしても、この週数ではどうせ胎児は助からず、心配するだけムダと言われました。お腹が張ったら、座って安静にするようにしてとだけ指示されましたが、デスクワークなので、それ以上どう対処してよいか判らず、その点を含めて質問しても、「心配しすぎのほうがよっぽどよくない」と取り合ってはもらえませんでした。
この時期に頸管長は変動し、服薬や2,3日の安静で状態が戻るようであれば、通常の生活をしてもよいでしょうか。知人や友人で子宮頸管の短縮で、入院あるいは子宮口を縛る手術を受けたケース(いずれも7ヶ月時)がありましたが、措置が必要なのはもっと週数が経過してからのことになるのでしょうか。
週数によると思いますが、子宮頸管長で先生方が加療が必要と考える目安はどのような場合でしょうか。

****************

回答  たまごママネット医師団
妊娠18-20週で子宮頸管長が2.5cmというのは、この時期とすればやや短いかもしれませんが、ただちに"子宮口を縛る手術"(子宮頸管縫縮術)が必要であるとも言えません。確かに出血もなく、安静と服薬で頸管長が正常化したのであれば、さほど心配ないでしょう。
客観的な流早産の徴候や子宮内感染などの異常所見はないのに頻繁にお腹が張って心配される方は少なからずおられます。原因がよく分からないので、対症療法として自宅で療養していただいたり、リメトラーク(="ウテメリン"、子宮収縮抑制薬)を処方したりされている場合が多いと思います。人によっては当帰芍薬散などの漢方薬が症状を改善させる場合もあるようです。そのような方は様々な訴えにもかかわらず、たいていは妊娠末期まで持ちこたえることが多いようです。
しかしどうしても職場の勤務を続けることが困難で、なおかつ客観的な所見がないため病院で診断書を書いてもらえないようなら、職場の方と話し合って可能なら一時的に休職の扱いにしていただくことも考慮されてはいかがでしょうか?
実際に診察させていただいたわけではないので、この程度のことしか申せませんが。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.1.26

妊娠を知らずに多くの薬を服用してしまい胎児への影響が心配です。
今妊娠5週の終わりで、実は妊娠してると知らず年末年始に風邪をこじらせて、二つの耳鼻咽喉科の病院にかかり色々な薬を飲んでしまいました。色々本とかを見ていると4週目以降は出来る限り薬は服用しない方がいいとの事ですごく不安です。
ちなみに最終生理は12/6、月経周期は28日です。これでいくと、1/3〜は4週目に入ってると考えられます。
服用した薬は12/27〜12/31まで、1日3回葛根湯、カフコデN錠、トランサミン錠で、そのうち12/29、12/31は朝バファリンも同時に服用してます。
1/1は朝はジギナ(冨士薬品)、夜はブルフェン、シスカルボンを、1/2は朝はジギナ、夜は総合風邪薬(小林製薬)、1/3は朝にニューカイテキZ(冨士薬品)を、
1/4〜1/8の朝までは1日3回、メジコン、ムコダイン、トララミンの入ったシロップとピーエイを飲み、その間頭痛時に不定期にポンタールを服用しました。
ひどい風邪だったのと、妊娠してるとは知らず色々な薬を飲んでしまったのですが、どんな影響があるか分かれば教えて頂きたいのですが・・・。

*****************

回答  たまごママネット医師団
ご使用になった薬剤のうち、市販の風邪薬については手許に資料がありませんが、一般的にヒトにおいて催奇形作用が確認された成分は市販薬から除外されますから、特に心配ないでしょう。またメジコン・ムコダイン、トランサミン(?)、ピーエイ、ポンタールなどの処方薬の中にもリスクの高い薬は含まれていません。恐らく大きな影響はないでしょうが、今後はお気をつけください。衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 07.1.19

岡 憲史先生 オカ・レディース・クリニック 神戸市北区大原3-8-1 
竹中 義人先生 大阪労災病院 小児科  大阪府堺市長曾根町1179-3
岡村 博行先生 岡村産婦人科医院 大阪府堺市槙塚台1丁-11-3
衣笠 万里先生 尼崎医療生協病院  兵庫県尼崎市南武庫之荘11-12-1
石井 廣重先生 石井第一産科婦人科クリニック 静岡県浜北市小松4498-5
池川 明先生  池川クリニック 横浜市金沢区大道2-5-13
小野吉行 先生  小野レディースクリニック 兵庫県小野市西本町538-3
江見信之 先生  
小野レディースクリニック 兵庫県小野市西本町538-3
おがわ あさこ先生 ごきそレディスクリニック 名古屋市昭和区阿由知通 3-10
北島 博之先生 大阪府立母子保健総合医療センター 大阪府和泉市室堂町840
磯辺先生 いそべクリニック 愛知県安城市安城町宮前105
大牟田智子先生 春日助産院 福岡県春日市昇町6-102
その他 産科医師・小児科医師・助産師