第3月(8〜11週)

子宮の中では胎芽だったものが胎児となり、赤ちゃんは頭、胴体、手足がはっきりわかるようになります。顔つきもはっきりしてきます。羊水の中でよく動きます。この月の終わり頃には、赤ちゃんの心音をきくこともできます。内臓も発達して、20g〜30g身長8〜9cmに育っています。子宮は、握りこぶし大くらいの大きさになり、膀胱や直腸を圧迫しますので、尿の回数が増えたり、おりものがふえたり、便秘がちになったりします。乳房が張り、乳首が敏感になり黒ずんでくる。 気持ちもすぐれずブルーな気分になります。心身ともに婦長を感じます。無理をしないで、妊娠を自然に受け止めてこの時期をのりきりましょう。本を読むのもいいでしょう。

 〜 働いているたまごママへ〜

つわりがひどい時は、休暇をとりましょう。お腹がすくと気持ち悪くなる時は、アメやクッキーを持ち歩きましょう。お腹がすく前に口に入れるようにしましょう。仕事中に気分が悪くなったらできるだけやすみましょう。

 〜 母子健康手帳の交付〜

妊娠が確定したら、市区町村の役所に行って妊娠届けを出しましょう。これを出すことで妊婦は保護されて、いろいろな制度が利用できます。 おなかの赤ちゃんにとっては、妊娠中のお産の記録や、生まれてからの発育の様子記録される大事なものです。これは一人に一冊必要です。双子以上の時は人数分もらいましょう。その子が成人するまで使いますので大切にしましょう。


戻る