育児相談室
授乳中の健康食品の摂取について相談です。
(1) 大豆レシチン
(2) 総合ビタミン剤(ネイチャーメイドのマルチビタミン)
(3) マグネシウム剤上記の3点を毎日摂取してよろしいものでしょうか?
実は4ヶ月の娘がおりますが、ほぼ毎日摂取してしまっております。
ここのサイトでアルコールやタバコの母乳への影響を見て、急にこれらの摂取に問題がないか気になってしまいました。
(1)に関しては、妊娠前・妊娠中から体に良いと信じて、定期的に摂取していました。
大豆はアレルギー源のひとつであり 母乳を通じて子どもに悪影響を及ぼす等は考えられるものでしょうか?
(2)に関しては、さほど問題だとは思っていないのですが いかがなものでしょうか?
(3)に関しては、最近にがり等で体の代謝を良くすると話題のマグネシウムです。
私はこれを摂取すると、便通が大変良くなるので気に入っております。
製品はドイツで購入したマグネシウム剤で、成分表示は下記のとうり。
1 kapsel enthalt:
375mg Magnesiumcarbonat
entspr. 93.8mg Magnesium
1日3回服用 らしき表示があるのですが、私は1日一回しか飲んでいません。
あと、コーヒーですがノンカフェインタイフ゜のものを大きめのマグカップで1日2-3杯飲んでおります。
カフェインの摂取量に関してはあまり問題ないとおもうのですが、コーヒーの大量 摂取は血液が酸性→母乳が酸性になると聞いたこともあり、こちらもできましたらアト゛ハ゛イスを頂きたく。

*************

回答  たまごママネット医師団
最近健康食品信仰のようなものが目に付きます。雑誌やテレビでは普通の食事だけでは健康を保てない、栄養は過多だが日本人は◯◯が足りないなどと盛んに宣伝され、普通 の食事の他にサプリメントをとらないと健康を保てないような感覚になります。
本当にそうでしょうか。様々な栄養素は一つだけで働くのではなく、様々なものとのバランスの中で吸収されその役割を果 たすようになります。一つだけを過剰に摂取しても体内で働くことはできず、その多くは排泄されることになります。
一般の生活をしている人が、多少偏ったとしても普通の食事をしているとすれば全体のバランスの中で不足になる栄養素はありませんから、サプリメントをとる必要はありません。

さて質問の個々のものに対するデータは残念ながら持っていません。そのため絶対大丈夫、絶対だめということはできません。ただよほど大量 に摂取しなければ問題はないだろうということはできると思います。大豆アレルギーで問題になるのは主に大豆油で、レシチンそのものがアレルギーと関連することはありません。ビタミンは油性ビタミン(ビタミンA,D,K,E)は体内に蓄積し過剰症をおこすことがありますが、水溶性ビタミンは過剰に摂取しても早く尿に排泄されます。マグネシウム9.8mgはそれほど多い量 ではなく、過剰にはならないようです。3種類とも、母乳を通して赤ちゃんに影響を与えるとは考えにくいと思います。

コーヒーのカフェインもよほどの大量でなければほとんど影響はありません。夜にコーヒーを飲んでオッパイを与えると赤ちゃんが寝てくれなくなり大変になるかもしれません。またそれで血液が酸性になることもありません。人の血液の酸性度は、主に呼吸によって調節されPH7.4に保たれていますから、食べ物によって酸性になったりアルカリ性になったりすることはありません。
普通の食事をしていれば栄養の偏りや不足になるということはありません。サプリメントで補おうと考えるより、バランスの良い食事に心がけてください。03.05.12


髪の毛が薄なって心配です。ストレスでしょうか。
5ヶ月の女の子です。頭がかゆいのか、なんなのか、うちの子は自分の髪の毛をむしったりします。耳をひっぱったり(軽いアトピーといわれています。耳切れあります。)髪をむしったりで、抜け毛も目立ちます。朝おきて枕のガーゼをみるとたくさん髪の毛がついていたりして、少しの髪も薄くなったように思えます。
見ていると、すごく強い力で髪を引っ張っているようなので心配なんですが、なにかのストレスかなにかでしょうか?
後頭部は枕ですれるのか、丸くはげになってしまいました。なにかご意見などありましたら、お願いいたします。

************

回答  たまごママネット医師団
質問の赤ちゃんは特に心配はなさそうです。赤ちゃんの髪の毛は様々です。薄くて心配するような子から、黒々とたっぷりの髪の毛の子までいます。一才までの間に三、四回生えかわり、半年から一才頃に一時的に薄くなる時期があります。
後頭部は布団にこすれるために部分的に脱毛を来します。このため赤ちゃんの抜け毛は結構目立ち心配になることがあります。でもうらやましことに特別 の場合を除いてみんな一才過ぎには心配なく生えてきます。髪をかきむしる動作と抜け毛とは別 に考えて良いでしょう。
4ヶ月ぐらいになると赤ちゃんは自分の体のいろいろなところを触れるようになります。このため頭や耳などを一生懸命に触るようになります。これはストレスではなく赤ちゃんの運動発達が進んでいるということです。
  触ること自体は悪いことではないのですが、その部分が痒かったりすると触る回数が多くなることがあります。耳や頭の皮膚の状態はどうでしょうか。アトピー性皮膚炎があるとすれば、スキンケアーや治療が必要な場合がありますからかかりつけの小児科か皮膚科に相談してみてください。03.05.08


授乳についての質問です。
現在3ヶ月半で、母乳のみで育てています。2ヶ月くらいまでは3時間おきくらいで落ち着いていたのですが、このところ授乳リズムがばらばらで心配しています。夜は6〜8時間まとめて眠ってくれることが多いので助かるのですが、その代わり、昼間はほぼ1時間おきくらいにおっぱいを欲しがります。抱っこしても何をしてもだめで結局あげてしまうのですが、授乳時間を入れると、ほとんど一日中授乳に明け暮れているような気分になります。昼寝は長くて1時間程度、1日に1,2回であまり眠りません。しかもここ2週間くらいは、おっぱいを飲むときにのけぞるようにして暴れるようになり、うまく飲めないせいか、さらにパニックになり、2人で汗だくになって、まるで格闘をしているみたいです。母乳は十分出てい
るはずなのに、なんで?と泣きたくなります。最近暑いからのどが渇いているのかと思って白湯を飲ませようとしたら、哺乳瓶を嫌がって絶叫しました。何回か試したのですが、ダメでした。母からは、「かわいそうだから白湯を飲ませなさい」と言われるのですが、また、この世の終わりみたいに泣き叫ばれるのかと思うと、とてもトライする気になれません。子どもも、最近はいつも不機嫌で、あやしてもなかなか笑いません。(まったく笑わないわけでないのですが。。。)質問は、1このままこんな授乳サイクルを続けていてよいのか、授乳リズムを整えるのによい方法はないのか?
 2白湯など母乳以外のものを飲ませなくてよいのか? 3授乳の際に体をのけぞらせて暴れるのは何か体に問題があるからなのか?という3点です。なお、出生時の体重は2770gで、3ヶ月の時には6100gになっていました。よろしくお願いいたします。

************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんはお母さんの心配と異なり、大変良く発育・発達しているように思えます。生まれて間もない赤ちゃんは昼と夜の区別 が無く、一日中同じような間隔でオッパイを飲みます。2ヶ月から3ヶ月ぐらいになるとだんだん昼と夜の区別 が付きだし、昼起きている時間が長くなり、夜間眠る時間が長くなってきます。オッパイも昼はチョコチョコと飲み、夜はたっぷり飲むようになってきます。質問の赤ちゃんのように3ヶ月でこれだけしっかり1日のリズムのついた赤ちゃんは少ないぐらいです。でも1時間ごとのオッパイでは疲れてしまいます。このぐらいの時期になるといろいろ要求がでてきます。
泣いたからいつもオッパイが欲しいとは限りません。抱っこすると“立って”、立つと“歩いて”、歩くと“外へ連れてって”と要求してきます。この様なときでもオッパイを含ませるといったんは吸い付きますがすぐ離したり、短い時間で泣き出したりします。

今は泣いたらすぐオッパイという生活になってしまっているようです。赤ちゃんが泣いたらまず遊んでみてください。目を見て、優しく声を掛けてあげてください。抱っこしてお散歩しても良いでしょう。赤ちゃんが泣きやんでおとなしくなってくれればまだオッパイの時間ではありません。本当にお腹のすいている赤ちゃんはそれでも泣いてオッパイを欲しがります。その時にはゆっくりオッパイを飲ませてあげてください。お母さんがイライラしていると赤ちゃんもお母さんと同じ感情になり上手にオッパイを飲めなくなります。体をのけぞらすのはこの時期の赤ちゃんによく見られます。脳の病気などを考える必要はありません。オッパイの時に体をのけぞらすのは“今して欲しいのはオッパイじゃないよ”と訴えているのかもしれません。お母さんはがんばりすぎないで、楽しい食事の雰囲気でオッパイをあげてください。きっと赤ちゃんもゆっくり楽しくオッパイを飲んでくれると思います。

今は赤ちゃんに6ヶ月までは果汁やお茶、湯冷ましなどは与えないようにしています。
戦後間もない頃、日本に初めて人工乳が入って来た時には、その品質が悪かったために果 汁でビタミンを補充したり、脱水の予防のために湯冷ましを与えることが必要でした。その後品質改良され、人工乳の場合でも何も足さなくても良くなっています。もちろん母乳の場合は、全く必要がありません。
赤ちゃんがのどが渇くということはありませんし、何かが足りないということもありません。質問の赤ちゃんは違いのわかる良い赤ちゃんです。哺乳びんの乳首とお母さんのオッパイとは全く違います。お母さんのオッパイが大好きなようです。嫌いなものを無理に与えるようなことはしないでください。
母乳育児を続けていることは、赤ちゃんにとって、そしてお母さんにとっても大変すばらしいことです。自信を持って母乳育児を楽しむようにしてください。03.05.07


5ヶ月になる女の子ですがうんちに白いつぶつぶが混じっていて心配です
はじめまして!現在もうすぐ5ヶ月になる女の子がいます。今日うんちに白いつぶつぶ(大きめ)がたくさん混じっていたのですが、問題ありますか?匂いは普通 で、赤ちゃんの機嫌も悪くなく、いつも通りですが、いつもは一日一回のうんちですが、今日は2回目のウンチでつぶつぶがでました。少々ゆるいウンチでした。栄養は混合です!機嫌はいいので大丈夫かとおもうのですが…。よろしくお願いします!

*************

回答  たまごママネット医師団
便に白いツブツブが混じるという訴えは外来で良く聞きます。もし便全体が白っぽく下痢のようなときにはロタウィルスによる急性胃腸炎が疑われます。このときにはミルクを吐いたり機嫌が悪くなるのが普通 ですので、質問の内容からは可能性は少ないと思います。便の黄色は胆汁の色です。腸を通 過するときに混ざって便全体が黄色になりますが、白いツブツブは混ざり方が均一にならなかったもので病的な意味はありません。心
配のないものと思われますが、続くときには便を持ってかかりつけの小児科に相談してください。03.05.07


三種混合について再度おしえてください
先日、予防接種の質問をさせていただいたものです。もう少し詳しくお聞きしたいことがあります。
三種混合の初回3回での免疫力は、その後ずっと関係してきますか?実は、まだちょっと迷っているのです。
遅れても3回打てば、通常の間隔でうったのと同じくらいの免疫力が期待できるでしょうか?
(1回目と2回目の間隔はきちんとうてているので)海外へ行くのは避けられることなので、三種混合を通 常通りに接種し、ポリオを秋まで待ったほうがいいのか悩んでいます。

***********

回答  たまごママネット医師団
三種混合ワクチンは3〜8週の間隔をあけて3回接種するために風邪やいろいろな都合などできちんと受けられなくなることがあります。少なくとも3回のうち2回は通 常の間隔で受けるように進めています。この2回でジフテリアと破傷風の免疫はほぼ獲得できますが百日咳の免疫は不十分です。少し間隔があいたとしても、もう1回の接種を受けることで百日咳の免疫が獲得できます。
6ヶ月以上間隔があくともう1回接種を追加しても百日咳の免疫獲得が不十分になりますので、初回接種の3回は基本的には6ヶ月の間に終わらせるようにします。?期初回で獲得された免疫は1年経つと効果 が減ってきます。このため初回追加が必要になります。この追加により免疫の効果 が強められ、10年以上の予防効果が維持できます。
質問の内容からは、2回目の接種からまだそれほど間隔があいていないと思われますので三種混合ワクチンの3回目を受けることをおすすめします。海外へ行く予定が変わり急ぐ必要がないとすれば、まず三種混合ワクチンを受け、秋にポリオの順番で良いと思います。実際のワクチン接種については小児科の先生によって考え方が異なる場合があります。
三種混合ワクチンを個別で接種したとすれば、その先生に相談をして受けるようにしてください。03.05.06


三種混合の予防接種について教えてください。
突発性発疹のため、接種が遅れることになりそうです。
(5月2日現在、発疹が出て2日目)
1回目:3月7日
2回目:4月1日
に接種しています。
3回目が6月下旬ごろになってしまうのですが、普通に3〜8週間隔で接種するのと効果 についてどのような違いが出ますか?
というのは、実は8月に海外に行く予定があり、ポリオを先に接種したいのです。
集団実施のため、5月27日しかなく、こちらを優先しようと思っているのですが。
私としては、集団で日程もかぎられるポリオを優先しようかと思いこのような質問をさせていただいているのですが、専門的見地からはどうなのでしょう?
身近にポリオでマヒされた方がいて、不安もあるのです。
保健所で相談したところ、ポリオを先にするこの案を言われたのですが、三種混合の免疫が弱くなったりするようならそれも困るなと思ったので。

*************

回答  たまごママネット医師団
三種混合ワクチンは3週間から8週間の間隔をおいて3回接種するのが原則です。しかし風邪などにより、なかなかスケジュール通 りに進まないことも少なくありません。少なくとも3回のうち2回は3〜8週間の期間を守って接種してもらうようにしています。
この2回により破傷風とジフテリアの免疫はほぼ獲得することができます。百日咳の免疫は不十分になりますから期間の間にできなくともなるべく早い時期に接種する必要があります。
ただし、6ヶ月以上間隔があいてしまった場合には汪初回を2回で終了したものとして汪追加として接種します。汪初回投与をして1年以上たつと、免疫効果 が薄れてきますから追加投与が必要になります。
海外に行かれるということであれば、それまでの間にできるだけ予防接種をすませることができるようにスケジュールを組むようにします。まず保健所で提案されたようにポリオを行うのが一般 的だと思います。ポリオとポリオの間隔は6週間以上離しますが、ポリオの後4週間離せば三種混合ワクチンができます。三種混合ワクチンの後1週間離せばポリオができます。ポリオを受けて次のポリオの間に三種混合ワクチンを受けることができますから、8月に出発する前に三種混合ワクチンとポリオを終わらせることができます。ポリオは海外に行かれる場合には個別 でできる場合もあります。詳しくは保健所やかかりつけの小児科に相談してみてください。03.05.02


乳首が切れてしまい、授乳時の激痛に耐えられません
現在生後1ヶ月半の男児(第2子)がいるんですが、母乳のことで悩んでいます。1週間前まで母乳はとてもよく出ていたのですが、乳首が切れてしまい、授乳時の激痛に耐えられず、病院に行ったんです。2〜3日薬をつけるよう言われ、その間は搾乳していました。しかし良くならず、まだ切れたままです。オッパイの張りがまったく無くなってしまい、出なくなってしまうのではないかと不安になり、昨日から痛みを我慢して吸わせています。ほとんど出ていないようで、ミルクが大半になっています。とにかく最後まで諦めずあげ続けようと思うのですが、乳首の傷が痛すぎて授乳がつらくて仕方ありません。それでも毎日少しでもあげ続けてれば母乳は止まりませんか?痛みを我慢してでも与えるべきでしょうか。傷は自然に治るものですか。どうするべきでしょうか。乳首を保護しながら授乳する方法があったら教えてください。

*************

回答  たまごママネット医師団
乳頭亀裂には主に次の原因があります。
*浅く乳首を含んでいる。
  これは哺乳瓶の飲み方に慣れてしまっている赤ちゃんの場合に起こりがちです。
*赤ちゃんの口の中に上あごのカーブが充分でない場合。
  うまく上あごの乳首が納まっていないと浅くしか吸えなく乳首が切れます。
以上を確認して正しい飲み方を練習すれば解決すると思います。傷ついた乳首は雪のした、という植物の汁で、またはホメオパシーのレメディーで、またはランシノーという羊の油の軟膏などでケアします。
また、ベースとして赤ちゃんがおいしいという母乳かという問題もありますので、食事に気をつけられることも必要です。
お近くで母乳ケアの得意な助産婦さんと出会われるといいですね。03.05.01


赤ちゃんの便について教えてください
すみません、赤ちゃんが今1ヶ月半なのですが、今まで便の回数は一日8〜10回だったのですが
最近5回くらいに減ってきました。
本人はまるで便秘のように必死にいきむしぐさをしています。だんだん、回数はへってくるものなのでしょうか。
個人差があるとは思いますが、3ヶ月くらいの赤ちゃんはどれくらい回数するものなのでしょうか・・・。
先日、水のような便がでて、肛門から出るときに泡が出るような水便だったのですが、
これは下痢なのですかね・・・。
その日は機嫌も悪かったのでこわくなって医者につれていきました。粉薬を処方してもらいましたが、どうも飲ます気になれず、もう少し様子を見ていましたら二日ほどしてようやく固形の便に戻りました。
母乳しか飲んでなくても、やはり下痢になるものですか?私の食べたり飲んだりするものによっても関係しますか?

*************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんの便は様々です。生まれて1ヶ月ぐらいまでは便の回数が多いことが一般 的ですが、その後はだんだん少なくなることが多いのですが、1日数回の赤ちゃんから3〜4日に1回の赤ちゃんまで様々です。下痢とか便秘というわけでなく、それぞれの赤ちゃんの個性といって良いと思います。
機嫌が良くてよく飲んでくれるようでしたら心配しないで大丈夫です。いきみは1ヶ月頃の赤ちゃんによく見られ、お腹がいっぱいになると見られます。よくいきむ赤ちゃんは体重の増えの良い赤ちゃんに見られます。母乳で良くいきむ赤ちゃんでしたら、母乳の出が良く、上手に飲んでいる赤ちゃんだと思います。お母さんの食べたもので赤ちゃんの便性に影響を与えることはほとんどありませんので気にしなくても良いと思います。
母乳でもウィルス性胃腸炎をおこすことはありますが、ミルクよりは危険性は低く、軽くすむことが多くなります。
質問の泡が出るような水便が下痢だったのかは実際に便を見ていないので判断することはできませんが、すぐに改善しているようですので心配するようなものではなかったようです。
赤ちゃんが機嫌良く、よく飲んでくれて、オシッコ・ウンチをいっぱいし、適当に寝てくれれば健康な赤ちゃんです。質問の赤ちゃんは母乳で育っている元気な赤ちゃんだと思われます。いろいろ心配せずに赤ちゃんをしっかり抱っこしオッパイを飲ませてください。
もう少しするとお母さんにニッコリほほえんでくれるようになります。03.05.01

よくうつぶせで寝ていますので不安です
5月12日で5ヶ月になる女の子のママです。
最近寝返りができるようになり、よくはらばいの状態であそんでいるのですがときどき、夜中おきてみてみるとうつぶせで顔は横に向けていますが、そのままねてしまっているのが心配です。乳幼児突然死症候群の原因のひとつと聞きましたがやはり注意したほうがよいのでしょうか?

**************

回答  たまごママネット医師団
乳幼児突然死症候群(SIDS)はそれまで元気でミルクの飲みも良く健康と考えられていた赤ちゃんが突然死亡し、解剖を行ってもその死亡した原因がわからないものをいいます。日本人ではおよそ3000人に1人の割合でSIDSで亡くなると考えられています。
起こりやすい時期は6ヶ月未満が80%を占めていて、中でも4ヶ月がピークとなっています。原因はまだはっきりとはわかっていませんが睡眠時に無呼吸が起こり本来は再び呼吸が始まるはずのものが、呼吸をコントロールする脳幹部のわずかな異常のために呼吸の再開ができず低酸素となり亡くなる病気と考えられています。
SIDSをおこしやすい危険因子としてうつぶせ寝、妊娠中の喫煙、家庭内の喫煙、母乳以外の栄養法が考えられています。
特にうつぶせ寝を止め仰向けで寝かせるようにというキャンペーンが世界規模で行われアメリカでは2.3/1000人の発生率が0.79/1000人に減少し、様々な国から発症率の減少が報告されています。
日本でも赤ちゃんを寝せるときには仰向けで寝かせるように指導していますが、もともと日本では仰向けで寝せることが多かったためか欧米に比べsIDSの発生率は少ないのが現状です。

寝返りができるようになると、仰向けで寝かせても自分で寝返りをしてうつぶせになる赤ちゃんがいます。質問の赤ちゃんはまだ4ヶ月なのにもう寝返りができ発達の早い子の様です。自分でするものを止めさせることはできません。
気がついたときに仰向けに治してあげるぐらいでよいのですが、赤ちゃんはまたすぐにうつぶせになってしまうと思います。頭のまわりに柔らかく顔が覆われてしまうようなものは置かないようにしてください。
このぐらいになるとsIDSの心配より柔らかいもので口と鼻が覆われてしまい呼吸ができなくなる窒息の危険が高くなります。
赤ちゃんの布団は固めのものを使いそのまわりは整理しておいてください。絶対安全ということではありませんが、赤ちゃんが自分でうつぶせになるぐらい成長すればsIDSの危険性はだんだん少なくなったといえます。
あまり心配しないで、ゆっくり赤ちゃんと遊んでください。03.05.01

3ヶ月の男の子ですが吐乳がおさまりません
3ヶ月にもなると吐乳がおさまると育児書には書いてありますが、うちの子は全然おさまりません。げっぷをさせたあとでも、しばらくすると抱っこした拍子にどろっとした、一度胃に入ったおっぱいを吐きます。
飲んだばかりの白いおっぱいをダラダラ吐くこともあります。
あと、横抱きから縦抱きにした瞬間、げろっと吐くこともあります。
私が抱きながら、胃袋を圧迫しすぎなんでしょうか?それとも、何かの病気でしょうか?吐く量 はその時々で、少ない時から、床にべとっと落ちるほど、かなりの量の時もあります。
湿疹で痒みがひどく、治療に抗ヒスタミン剤を飲んでますが、その副作用ということはありますか?
ちなみに、数時間母に預ける時以外は、母乳100%です。母乳の出はかなりいい方です。授乳間隔は2〜3時間ですが、1時間で欲しがるときもあります。
体重は出生時は2725gで、生後3ヶ月と11日目で、5620gでした。体重の増える率も落ちてきたようで、心配です。

***********

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんは食道から胃の入り口にある噴門という筋肉が生理的に緩くなっています。これは生まれて間もない赤ちゃんはオッパイを飲むときに一緒に空気を飲み込んだり、満腹感が乏しいために飲み過ぎになることがあるために、ゲップを出しやすくしたり溢乳として少しオッパイを出したりしやすいようになっているのです。ですから哺乳の後に少し出てくるのは心配のないものになります。
吐乳というのは飲んだ量のおよそ1/3以上を1日に数回出すときに考えます。母乳の場合量 はわかりませんが、服がズタズタに濡れるぐらいで、体重の増えが見られなくなり機嫌も悪くなります。溢乳が見られるということはオッパイをしっかり飲んでいるということにもなります。質問の内容からは溢乳と考えて良いように思われます。
3ヶ月ぐらいになると満腹感がわかるようになりオッパイの飲む量を自分で調整できるようになります。この頃から溢乳は減少してきますが、噴門の筋肉はまだ緩く溢乳しやすい状態はおよそ6ヶ月頃まで続きますから、3ヶ月になったからすぐに溢乳が見られなくなるということはありません。もちろん薬の影響も考える必要はありません。
体重は3ヶ月までとその後では体重の増え方がちがい、だんだん増加率は小さくなります。今までの体重増加は良好ですから、オッパイの出も良く赤ちゃんも上手に飲んでいると考えられます。母乳育児を大切にして自信を持って続けてください。吐く量 が増えてきたり、血液が混じるようなときには検査が必要になることがあります。
心配なときには健診を含めかかりつけの小児科で経過を見てもらってください。03.05.01

水疱瘡について・・・
生後一ヶ月半になる娘がいます。
昨日妹の家に遊びに行ったのですが、1才の甥がどうやら水疱瘡かもしれないことがわかりました。私たちが行ったときは顔に水疱がひとつあったのですが、その後水疱が増えてきたそうです。そうとは知らずに、4時間ほど一緒にいました。
娘に感染していないか心配です。月齢が低いため、症状が重症化することはあるんでしょうか?
こんなに小さい子が水疱瘡になったという話を、まわりであまり聞かないため不安です。

*************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんはお母さんから免疫をもらって生まれてきますから、多くの感染症には罹りにくくなっています。麻疹や風疹、おたふく風邪などに6ヶ月未満の赤ちゃんが罹ることは少ないです。
しかし水痘はお母さんから十分免疫をもらうことができず、赤ちゃんでも病気になることがあります。水痘は水疱の出始めの頃が一番伝染力の強い時期ですから、質問の赤ちゃんは水痘をもらっている可能性が高いと考えられます。早い時期に感染すると重症になりやすいということはありません。むしろ軽くすむことの方が多いように思います。中にたくさんの発疹の出る場合がありますが、その時には水痘ウイルスに対する薬を使うこともできます。

水痘自体は健康な小児に対してはそれほど恐い病気ではありません。子どもの時期に終わらしておくのが良い疾患ですから、ちょっと早く罹ってしまったぐらいに思ってください。
潜伏期間はおよそ2週間ですからそのころによく観察をし、もし発疹が出てきたらかかりつけの小児科の先生に相談してください。お腹や背中から発疹が出始めますからお風呂の時などに注意をして見ていてください。見つけてもあわてる必要はありません。次の日に小児科を受診するぐらいで十分です。一緒にいてもうつらないこともあります。
3週間過ぎて何もなければうつらなかったということになります。03.04.30

発熱後のポリオの予防接種について
今月中、ポリオの集団接種があります。
月初めにロタウィルスに感染してしまい、下痢が良くなってからポリオを飲む予定でしたが…
予定日の4日前になって、発熱(38.5度)。
一時下がって、機嫌も良く食も進むのですが…当日になってまた38度の発熱。
前回も、ポリオの前に発熱したため見送っています。
発熱後、どれくらいの期間をあければ予防接種が可能なのでしょうか?
慌てて接種する必要もないかなと思っているので、飲める時期に飲めればいいと思っているのですが。
予防接種って、予定通りにはいかないものなんですね。

************

回答  たまごママネット医師団
ポリオの予防接種は集団接種になるため、子どもの体調によりなかなか予定通りには受けられないことがあります。ポリオワクチンは生後3ヶ月から18ヶ月の間に6週間以上の間隔をおいて2回経口投与することが一般 的ですが、この年齢内に投与を受けられなくても生後90ヶ月の間に受けられれば良いことになっています。ですからお母さんの思っているように『慌てて接種する必要もないかなと思っているので、飲める時期に飲めればいいと思っているのですが』という考えで良いと思います。予防接種は病気を予防するためのものですから、体調の悪いときに無理をして行うものではありません。

定期接種が可能な期間は長くとっていますから、焦らずに受けるようにしてください。ポリオワクチンは発熱が37.5℃以上の時と下痢をしているときには接種してはいけないことになっています。予防接種に関して外来では、風邪をひいて治ったけど受けて良いかという質問が多く寄せられます。一般 的には熱が下がって2週間たてば接種可能と判断することが多い様です。熱が下がっても、咳や鼻水も長引いている場合には症状がそれなりに安定し、少しずつ良くなっているようなときには接種可能です。一方、軽くても症状の出始めには今から悪くなる可能性があるために慎重になることがあります。ポリオワクチンに関しては便の性状が問題になることがあります。この時期の赤ちゃんの便は普段から回数が多めのことがあります。これを下痢としてとらえられ接種を断られることがありますが、普段の便の性状と変わりがなければ接種可能と考えられます。

子どもの場合全く何もないというときの方が少ないぐらいですから、なかなか万全の体調でとはいきません。接種できるかどうかについてはその予防接種を行う先生の判断によって行われています。
心配や不安なことは良く話を聞いて受けるようにしてください。03.4.28

2歳1ヶ月になった娘が食事をしてくれません
もともと少食というか食べることに関して全くといっていいほど興味がないようなのです。
離乳食の時はこちらがあげていれば何でも食べていましたが1歳過ぎからは好みも出てきて決まったものしか食べなくなりました。でも食べさせてあげると何とか食べていました。私も何とか食べてほしくてテーブルから離れてもすぐに片付けずにだらだらとあげていたのが悪かったのかもしれません。2歳を過ぎた今でも自分からは何も食べようとせず、欲しがりません。色々相談してみたら
無理に食べさせようとしない、自分から食べたいというまでほっとく。などなど言われました。
でもほっておくと本当に何も食べずに1日が終わりそうです。昨日、心を決めて自分で食べてごらん。と言ってテーブルにご飯を出して一緒に食べました。でも結局ほとんど食べずに終わってご馳走様して離れていってしまいました。昨日食べたものは朝ご飯(米)2口。昼シチュー一口、夜ぎょうざ2つ。これしか食べてません。私が食べて〜と言って食べさせると何とか口はあけてくれますが昨日はほっといてみました。お菓子も全然欲しがりません。とにかくお腹が空かないのか食べなくても平気な顔しています。私は食べることが大好きなので早く一緒に楽しく食事をしたいと思っています。いつも私が1人でたくさん食べて娘は何も食べずに何だかいじわるしているような気持ちになります。2歳を過ぎても食べさせてるようでは駄 目。と保健婦さんに言われた事もあり、周りのお友達が皆自分で食べていると聞いて私自身、ちょっとあせっている気持ちもあります。このまま自分から食べたいと思うまで昨日のような食事を続けていって体にいいわけはありませんよね?
生活を見直しても朝は7時くらいには起きて午前中は2,3時間外で遊んでいます。昼寝は2時頃から1時間半くらいで夜は9時に寝ています。活発なほうで運動神経はいいほうです。こんなに動いているのにどうしてお腹が空かないんだろう・・と心配になります。
色んな料理を作っても無駄になるばかりで私も泣けてきます。栄養面では大丈夫だろうか?とか発達は?とか心配です。体型はやはりやせています。発達曲線のぎりぎり下にひっかかっている。という感じです。
思い起こせば遊び食べもせずにここまできました。こぼしてもいいんだよ。といつも言っているのですが自分の手が汚れるのが気になるらしく口の周りにご飯がついただけでキャーキャー言って嫌がります。食とは関係ないかもしれませんが夜泣きもひどく、今でも夜泣きしています。神経質な面 があるようです。
2歳くらいになったらよく「自分で」という自我が目覚めてくるといいますが娘はさっぱりです。何をするにしても泣いてきて「やって」とせがみます。食べることに関してもそうですがどうしたら自分でする。という意欲がわいてくるんでしょうか?突き放すことも大切ですか?甘えてくる子供はとてもかわいいんですが・・このまま甘えさていていいのでしょうか。

************

回答  たまごママネット医師団
ちょうどこの頃の子どもはいろいろなことに興味が広がり、食事どころでない状態のためこの様な相談を良く受けます。食事の時間でも好きなことややりたいことが頭に浮かび、それを我慢することができずにすぐそちらの方に動いてしまいます。これは知能の発達のためには大切なことで、次から次に興味が広がり頭の中で活発に活動している状態ですから、この子が問題のある子ではありません。
でも食事も大切にしなければいけません。子どもは無理に食べさせようとすると嫌がり、ますます食事の時間が嫌いになり食べようとしなくなります。
無理に食べさせるのではなく、食べる状況を作るようにします。食べるためにはお腹がすくことが大事です。
いっぱい外で遊ぶようにします。次に食事の時間を決め、その2時間ぐらい前からはお菓子やジュース(イオン飲料も)など糖分の入ったものは与えないようにします。
糖分をとって血糖値が高くなると食欲が無くなってしまいます。食事の時間は30分〜40分位 で終わり、食べても食べなくてもかたづけるようにします。食べなかったといって、その後すぐに何かを与えたりしないでください。
食事は3回の食事時間と決めた時間のおやつを1回の4回とします。その決まった時間以外に食べ物やジュースを与えないでください。少し厳しいように思われるかもしれません。
外来に相談に来る食べない子ども達で、栄養の悪い子どもはいません。
食事の時間に食べなくても、その他の時間におやつを食べたりジュースを飲んだりし、一日中お腹がすかない状態になっていることがほとんどです。
お腹がすかない子どもはいませんし、お腹がすいたときに食べない子どももいません。
ジュースなどの糖分で満足している場合が多いのです。きちんと食事の時間に食べないといけないという習慣を付けることが大事です。いつでも食べられるという状況を作ってしまうと、いつまでも食事の時間に食べなくなってしまいます。
お父さんの仕事の関係で難しいかもしれませんが、できるだけ食事は家族みんなで食べるようにしてください。楽しい雰囲気でなければ食欲がわいてきません。
お母さんも食べさせなければとがんばってしまうと、恐い目で子どもを見ていることがあります。
これでは子どもも食欲が無くなってしまいます。
お母さんはこんなにおいしく食べているんだよというところを見せると子どもも食べたくなります。
どのぐらい食べなければということは考えないで、食べた量が子どもの必要量と考えてください。
いっぱい遊んで、本当にお腹がすいていれば、子どもは自分に必要な量は食べているものです。
『何をするにしても泣いてきて「やって」とせがみます』 お母さんのことが大好きなんですね。
自我の形成も個人差が大変大きいので、問題になることはありません。
ただ、2才になったらお母さんとの関係から集団に入る準備を始める時期になります。
子ども達が遊んでいる近くで遊ぶ時間を作ってください。
すぐに集団にはいることはできませんが、子ども達が遊んでいるところを見ていると、だんだん自分も同じことをやりたくなり、ゆくっり集団に入っていくことができるようになります。
同じぐらいの子どもの集まるサークルでも良いと思います。他の子どもがしていることに興味を持ち自分もやりたくなり、積極性が出てくることもあります。食事も家では食べないが他の子どもがいると食べることも良くあります。
しっかり抱きしめることは「甘え」とは違います。子どもは毎日いろいろな経験の中でびっくりしたり、うまくできなかったりして精神的に疲れています。こんな時にしっかり抱きしめてあげると疲れがとれ、明日またがんばる勇気を貰うことができます。子どもが抱っこしてとお母さんに寄ってきたときには、しっかり抱きしめてあげてください。03.04.23

生後1ヶ月と少しがたちましたが母乳だけでいいのでしょうか
先日1ヶ月健診で、おむつかぶれが少し心配ですが、特に問題もなく、体重も母乳のみで1.5キロ増えてました。
1ヶ月が過ぎたので、徐々に母乳以外の味も・・と思い、麦茶やお白湯を飲ませようとするのですが、哺乳瓶の乳首の感触が嫌いみたいで飲んでくれません。
水分補給という意味で、母乳だけでいいのでしょうか?
このところ、気温も高くなってきてのどが渇いたりしないのですかね・・。
私の母は、母乳だけだと、濃いのでお白湯やお茶を、飲ませないと・・・と言うのですが、お風呂あがりも、飲んでくれないので母乳をあげています。
甘い味なら飲んでくれるようですが、砂糖を入れたりしても良いのですか?
特にぐずったりしないので問題ないのかなぁと思いながら、やはり日々大きくなってきたので、水分は足りているのか心配になり、メールいたしました。

**************

回答  たまごママネット医師団
 母乳で1.5キロも増えているとすごいですね。お母さんの母乳が良く出ていて、赤ちゃんの飲みも上手なのでしょう。
赤ちゃんはお母さんの母乳が大好きで、哺乳びんの乳首との違いをはっきり知っているためにいやがっているのです。お母さんの母乳だけで他に何も与える必要はありませんから哺乳びんを使うのは止めましょう。
  母乳の中には赤ちゃんが6ヶ月まで育つのに充分の栄養が含まれます。お母さんが食べたものの成分がその味と匂いとともに母乳の中に入ります。
赤ちゃんはお母さんと同じものを食べていることになります。ですからお母さんが普通 に食事をとって入れば赤ちゃんの栄養が足りなくなるということはありません。
また様々な味を経験していますから離乳準備食というものも必要ありません。6ヶ月までの赤ちゃんの腸の粘膜は、大きい分子の蛋白や本来体の中に入ってはいけない物質まで通 過させてしまうということがわかってきました。これは早い時期に様々なものを赤ちゃんに与えるとアレルギー性疾患の発症の危険性を高くすることを意味します。
  6ヶ月を過ぎる頃になると粘膜の成長によってこの様なことが少なくなることがわかっています。ですから6ヶ月までは母乳以外のものを与えることは赤ちゃんにとって良くないことなのです。

湯冷ましも赤ちゃんにとって必要のないものです。母乳の成分の88%は水分です。十分に母乳を飲んでいる赤ちゃんはそれだけ多くの水分もとっているのです。オシッコで重たくなったオムツを見てください。腎臓はオッパイの水分を処理するのに一生懸命です。そこに湯冷ましを与えることは腎臓に負担を掛けるだけで、良いことは何もありません。それだけ多くの水分をとっているのですから、喉が渇くなどということはありません。お風呂上がりにも母乳をあげれば十分です。

 果汁や湯冷ましを与える慣習は、戦後間もないころ、品質の悪いミルクを飲ませていたために必要だったことが、その後改められることもなく続いているのです。また腸管組織の発達から見ても6ヶ月までは母乳やミルクの他には与えない方がよいと考えられています。

  アメリカの小児科学会では2001年に「6ヶ月前には果汁は決して与えてはいけない」との声明を出していますが、日本ではまだ慣習として与えられる場合が多いのが現状です。

母乳が濃いということもありません。母乳は飲み始めにはタンパク質のたくさん含まれるさらさらとしたものが出てきて、次第に脂肪分が多くなります。飲み始めと終わりではその成分が違ってきて、まるで母乳を飲むたびにオードブルからデザートまでを楽しんでいるようです。こんなにすばらしいものは他にはありません。

 甘いものには注意が必要です。赤ちゃんは甘味に敏感です。甘いものを与えると甘いものしか好まないようになります。これは離乳食の時にもこの傾向が続きその後の食事の好みにも影響します。小児期の肥満につながり、成人しての生活習慣病にも大きな影響を与えます。赤ちゃんが好むからといって砂糖の入ったものを与えるのは止めてください。
もちろんお母さんが甘いものを食べるのは何も問題はありません。
お母さんと赤ちゃんの関係は大変うまくいっていると思われます。6ヶ月までは母乳だけ、6ヶ月を過ぎたら母乳と離乳食にします。自信を持って母乳育児を楽しんでください。03.04.22

乳頭に白くマメのようなものが出来てしまい非常に痛いです
こんにちは。生後3ヵ月の男の子のママです。今まで母乳のみで育てており、吸い付きも良く出も良好に思います。
しかし、飲みっぷりがいいせいか最近私の乳頭に白くマメのようなものが出来てしまい非常に痛いです。これは、出が悪くなって一生懸命吸ってるから出来てしまうものなのでしょうか?右側だけに出来ており、吸わせると体が反応しておっぱいを作るのですが思うように吸ってもらえない分固くなって夜あまり寝付けないほどです。
与え続けないと母乳が出なくなる事と張って眠れなくなる事を恐れ、痛さを我慢して与えていますが一向に良くなりません。こうなってしまったらどう対処すればいいのでしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
乳口炎(白斑)という乳腺炎の1つだと思います。
とても痛く、特に吸わせ始めの2〜3回がつらいと思います。
乳房マッサージのできる助産師にマッサージしてもらうのが一番かと思います。
一番治りにくくちょっと大変かと思います。03.04.22


断乳について質問です。
11ヶ月の女の子です。
地域の保険センターで、1歳前後でやめるのが理想だと言われました。
遅くなればなるほど、知恵がついてやめにくいと。
私は母乳がよく出たので、今まで、まったくミルクを足さずにきました。
そして、今でも脂っこいものや乳製品などを多く摂ったときに、飲む量が少ないと乳管が詰まったり、白斑ができたりします。
先週、乳腺炎にもなってしまったのですが、こんな状態で断乳はできるのでしょうか?
離乳食は今、3回ですが食べるときと食べないときの量にムラがあり、安定していません。
沢山食べると、昼間はほとんど飲みませんが、おっぱい自体は大好きで、夜寝るときにはおっぱいがないと絶対に寝てくれないのです。
昼寝は抱っこで寝ますが、夜は無理なのです。
そして、夜中1〜2回起きておっぱいを探します。
これも、ゴムの乳首やおしゃぶりなどで代用できません。
怒って泣くから、ついおっぱいをあげてしまいます。
断乳の時期が近づいたら、夜中の授乳だけでもやめないと断乳がむずかしいと、保健センターではいうのですが、逆に昼間だけはおっぱいを卒業しても夜中だけはOK、なんていう形にはしないほうがいいのでしょうか?
やめるには、具体的にどうやってやめるのですか?
ひたすら、ないてもあげないと聞いたことがありますが、それは子どもの心にストレスになったり、愛情不足のように感じて、ゆがんだりしないでしょうか?
最近、まったくグズらず、いつもにこにこ笑ってご機嫌でいられるようになり「満たされているんだな」と私も嬉しく思っているので断乳で子どもが泣いたりしたらとてもつらくなりそうなのですが・・・。

*************

回答  たまごママネット医師団
最近母乳育児を続けている時に無理に断乳はせず、自然卒乳するまで待ってあげようという考え方になっています。まだ昔のままの指導を行う医療関係者がいることは残念なことです。
 またまわりの人たちから昔の育児経験をもとに断乳をするようにと話をされることも多く、悩んでいるお母さん達はたくさんいます。
赤ちゃんはお母さんのオッパイが大好きです。
オッパイを吸うということは体を大きくする栄養をもらうと同時に、お母さんの優しい心ももらっています。オッパイを吸わせることによって赤ちゃんの心を育てているといっても良いと思います。お母さんの優しい心はオッパイを通 して赤ちゃんに伝わります。
優しくされた赤ちゃんは大きくなってお母さんから受けたその気持ちを他の人に与えることができるような心の優しい人になります。
断乳をするということは一番好きなことを無理矢理取り上げてしまうことになりますから、赤ちゃんにとって精神的なダメージを与えてしまうことになります。数日すると泣かなくなるから我慢すれば大丈夫などといわれることがあります。これが良いこととは思えません。
泣いて訴えても何もしてくれないからあきらめたというように見えます。あきらめは人間不信につながりその後の人格形成にも何らかの影響を及ぼすのではないかと考えます。
優しい気持ちを育てることとは正反対のことになります。
1才すぎると栄養のほとんど食事からとることができます。だから母乳はいらない、母乳は薄くなって栄養が無くなるから与えても仕方がないなどと言われることがありますがそんなことはありません。
1才すぎても母乳が薄くなるなどということはありませんし、母乳の役割が終わったわけでもありません。1歳を過ぎると自我の成長が活発になってきます。また、外からの様々な刺激が多くなり、驚いたり怖がったり様々な感情が成長してきます。
子どもの心が外に向かおうとした時に、心の中でいろいろの葛藤が生まれストレスがたまってきます。
こんな時オッパイを吸うことにより、お母さんに包まれるという安心感によってこのストレスが解消されます。
オッパイによって明日への元気を貰っているといえます。オッパイをいつまでも止めないでいると甘えん坊になるといわれることがありますが、自然卒乳をした子ども達を見ているとしっかり自立した子ども達になっています。
これはたっぷり満足するまでオッパイをもらえたことから、親とのしっかりした絆が結ばれ、この人といれば大丈夫、何かあったら守ってもらえるという「心の安全基地」が形成され、自信を持って外の世界へ出ていけるだけの準備ができたということになります。
1才からの母乳は子どもの優しい心を育てる、外へ向かう勇気を育てるという大変大きな役割があります。
質問のお母さんと赤ちゃんの関係は良かったものと思いますが、不適切な指導のためにお母さんに余計な心配をさせてしまったようです。
お母さんの考え方が正しいのです。決して断乳などと考えないで、赤ちゃんの気の済むまでオッパイを続けてください。いつの日か満足自信がつくとピタリとオッパイに興味を示さなくなります。
お母さんはびっくりし寂しくなり、お願いだからオッパイを吸ってと赤ちゃんにお願いしたという話も聞きます。自然卒乳までたっぷり、ゆったり母乳育児を楽しんでください。03.04.21


授乳中は禁酒した方がいいのでしょうか
2歳2ヶ月と3ヶ月の2人の子どもがいます。3ヶ月の息子は母乳だけで育てています。
私はお酒が好きなんですがアルコールは母乳に出るんですよね?授乳後すぐに飲んだりしてなるべく間をあけるようにはしていますが、ちょっと心配です。お酒は毎日飲むわけではなく人が集まったりしたときにちょっとだけ・・という感じですが・・。
禁酒したほうがいいでしょうか?私自身、ストレス解消になるんです。週末くらいは飲みたいな。というのが本音です。

************

回答  たまごママネット医師団
 母乳で育てていることは赤ちゃんにとってだけでなく、お母さんのためにも大変良いことです。でもそのためにお母さんにこうあらねばならないと制限を付けてしまうことにより母乳育児は大変つらいものになってしまいます。できるだけお母さんの気持ちの負担を取り除いて、ゆったりとした気持ちで母乳育児を行える環境を整えていくことが長く続けるために大切だと思います。
タバコのように絶対避けなければいけないこともありますが、可能なものは制限を少なくする方がよいと思います。
お酒については少しぐらいは大丈夫という考え方と、少しもだめという考え方があります。私はお母さん達には少しぐらいは大丈夫とお話をしています。
上の子どもの世話や赤ちゃんの育児、いろいろ家庭のことなど大変だと思います。それをストレスと感じていらいらするぐらいなら、少しお酒を楽しんで、ニコニコしてくれた方が2人の子どもさんにとっても良いことになります。
毎日や酔うほどのお酒は困りますが、疲れたとき、旦那さんのビールがおいしそうに見えたときなど少しのお酒を楽しんでください。
少しのお酒で赤ちゃんに対して問題が起こるということは特別ありませんが、お酒を飲んだ後の母乳をのませると赤ちゃんは嫌な顔をするといいますから、あまり好きではないようです。
泥酔状態では思わぬ事故の危険が考えられますので注意が必要です。まずオッパイを飲ませて、その後に、飲み過ぎない程度のお酒を楽しんでください。03.04.21


母乳が薄い色になり心配です
只今2ヶ月になる娘の母親でございます。
質問なのですが、母乳の色が以前は白かったのに最近ポカリスエットの様に薄い色になってしまいました。
栄養が足りなくなっていないか心配です。
やはり薄い色だとあまりよくないのでしょうか。

************

回答   たまごママネット医師団
おっぱいの栄養は、赤ちゃんの必要に応じて、その性質が変化するものなんです。
栄養がなくなる事はありません。
むしろ青みがかった半透明のおっぱいが、理想的なおっぱいだと言われます。
そういう意味では、いいおっぱいが出てるのではないかと思いますよ。
ご心配なく飲ませてくださいね。03.04.20


母乳がたりないのでしょうか
息子は順調に育っていますが、昨日の3ヶ月検診で体重の増えが悪いから粉ミルクを足すように言われたのですが、本人は母乳のみで満足のようですし、実際粉ミルクを作ったところで嫌がって飲みません。今の時期は普通 は一ヶ月に1.5kg増えるのが標準だと強く言われたのですが、無理に飲ましたところでミルク嫌いになるかもと、そのままでいます。身長も1ヶ月で3cm伸び、頭まわりも1.5cm大きくなっているのに比べ、体重が500g増えただけだったのです。でも、かなり動き回るのでカロリーを消費してるのかくらいにしか思ってなかったのですが、もし母乳が足りない状態でそのままにしていると小食の子供になるのでしょうか?(これは義母が言ってたのですが)
妊娠中も少し国によっての差がありましたが、育児となるとかなりまるっきり反対の事を言ったりして、たまにどうすればいいのか・・と、考え込んでしまいます。例えば、4ヶ月半まではミルク以外のものは与えない。とか。。。 試行錯誤の毎日です。

*************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんは1人1人違いますから、みんなが同じ体重になるはずはないのですが、健診で標準体重と比べて少ないとミルクを足すように指導されることがあります。きっと体重が少ないのは栄養が足りないと考えての指導だと思います。実際には、体重の少ないだけで栄養障害があるとはいえません。普段の元気や機嫌に問題なければ、体重が少ないのはその子の持っている体格の特性と考えます。母乳で育てていることは大変良いことです。赤ちゃんの様子からは十分に満足するだけオッパイを飲んでいるようですので、ミルクを足す必要は全くないと思います。自信を持って母乳育児を続けてください。

母乳にはお母さんの食べた食事の成分がほとんど含まれます。赤ちゃんはお母さんと同じものを食べているのです。またその味や匂いも赤ちゃんに伝わりますので赤ちゃんはお母さんと味の好みも同じになります。
離乳食は6ヶ月に入ってから始めますが、それまで果汁や湯冷ましなど必要なく、母乳だけを与えてください。お母さんの食べたものでいつも違った味を経験していますから離乳準備食というものも必要ありません。離乳食を始めるときには、薄味にこだわったり、本に書いてあるような離乳食ではなくお母さんが味を見ておいしいと思うものを与えてください。お母さんがおいしいと思う離乳食は赤ちゃんが喜んで食べてくれます。
オッパイが原因で少食になることはありませんが、食べる量も1人1人違います。食べる量 は多い少ないではなく、赤ちゃんの満足をした顔で判断してください。日本の中でも育児に関しては人それぞれのことをいいます。

ましてイタリアとなるとどのような育児が行われているのかわかりません。いろいろ迷うことがあると思いますが、赤ちゃんと相談し、お母さんが良いと思うようにすることが大事です。せっかくの機会ですから、どんな違いがあるのか比べて楽しんでみてください。そして機会があったらぜひ教えてください。03.04.18

脳障害が出るかもしれないと言われ不安です
3月末に出産したばかりの主婦です。
医師から確率は低いが将来子どもに脳障害が出るかもしれないと言われました。そのことで質問です。
@低酸素状態で産まれた子の障害が出る確率はいくつですか?
Aまた障害が出ない場合もあるのですか?
B障害があるかないかはいつ(子どもがいくつになったら)わかることですか?

分娩経過は以下です。
●帝王切開手術、過強陣痛
→3分おきの陣痛がおきる。陣痛の度に胎児の心拍が30もさがり、胎児が弱るといけないということで急遽帝王切開手術になりました。
●常位胎盤早期剥離(初期)
→手術後、わかったことです。発見が早く初期の剥離だということでした。
→血栓がありました。とてもめずらしいケースだと言われました。
●胎児仮死徴候
→胎児の状態
手術後大きな産声をあげる。その後、保育器に約2日間入っていました。
保育器の中では元気良く動いてました。入院中はミルクの飲みもよく元気でした。
ネットで見ますと低酸素=脳障害という情報ばかりです。
低酸素状態がどの程度のものなのかによると思いますがとても不安です。

**************

回答  たまごママネット医師団
新生児仮死に伴う重症な低酸素性脳症は以前に比べ産科の胎児管理の進歩に伴い減少していますが、予測できない場合や、胎盤早期剥離などの急な母体要因による場合など新生児の疾患の中では重要な疾患の一つです。非常に重症な場合には死亡に至る場合や、助かっても後障害を残す心配が出てきます。しかし新生児仮死のすべてが後障害を残すわけではなく、軽度〜中等症の多くは障害なく助かります。
障害があるかないかを最終的に判断するためには、1歳前後まで経過観察を行う必要がありますが、出生早期の状態でおおよその判断はできます。出生1分の全身状態が5分でどのぐらい回復したかを予後の判定に役立てます。5分以内の回復が良ければ後障害の心配は少ないものになります。出生時に状態が悪い赤ちゃんは、回復が良くても数日間保育器で慎重に観察をすることがあります。

質問の赤ちゃんは急な胎児仮死がおこり緊急帝王切開によって出生しているようです。その経過の説明からは適切な処置がなされたものと思われます。生まれた赤ちゃんもすぐに大きな産声をあげたとすれば新生児仮死はなかったということになります。
この状態からは胎児仮死はあったものの、至急の処置により胎児にダメージが起こる前に出生し、新生児仮死に至らなかったと考えられます。保育器には念のための観察と考えられ、保育器で元気良く動き、哺乳も上手だったとすればこのことからも脳のダメージは否定的です。
この様な場合、胎児期〜出生時の問題からの後障害については心配しなくても良いと考えられます。ただし何もなく生まれた赤ちゃんでもその後にいろいろ問題が見つかる場合があります。特別 リスクが高いとは思いませんが、より慎重に発育発達について経過観察を行う必要はあると思います。主治医の先生のお話は、胎児仮死による脳のダメージが障害を起こさないか、念のために経過観察を行いましょうという意味合いだろうと思います。

お母さんが心配顔で赤ちゃんを見ると赤ちゃんも不安になり、元気や哺乳が悪くなることがあります。
質問の内容からは心配ない赤ちゃんに思えますからお母さんはゆっくり赤ちゃんを抱っこしてあげてください。03.04.15


1週間前から微熱が続き鼻水も出始めま、耳も痛がります
もうすぐ9ヶ月の娘の事です。1週間前から微熱が続き鼻水も出始めました。小児科で薬をもらいましたが、はっきり治らず微熱も続きズルズル一週間が経とうとしています。昨日の夕方から38.6度になり座薬を使いましたが下がりませんでした。朝方には39.6度になり、かかりつけが休診だったので他の病院で診てもらいました。一昨日の夜に左耳に3〜4ミリ位 の耳垢が2つ出てきて昨日も出てきました。とにかく熱で機嫌が悪く、鼻水を拭いても泣き、耳を綿棒で触っても泣くので痛いのかはっきり分かりません。さっきは耳の入口に固まりがついていました。これって耳垂れって言う物なのでしょうか?土日をはさんでるので早く診て貰ったほうが良いのかわかりません。

************

回答  たまごママネット医師団
子どもの風邪の時、発熱後1日ぐらいは解熱剤を使っても熱が下がりにくく機嫌が悪いことはよく見られます。このとき、機嫌が早く良くなってくるときにはあまり心配しないで見ていくことができますが、機嫌の悪い状態が続くときには何か他に合併していないか気を付けてみる必要があります。このときに考えなければいけない疾患に急性中耳炎があります。子どもでは耳と鼻の構造が未熟なために急性中耳炎を起こしやすくなっ
ています。急性中耳炎が起こると、痛みを伴うために非常に不機嫌になります。その後にドロドロとした耳垂れが出てきます。この耳垂れが出てくると痛みが軽くなり機嫌が良くなってきます。質問のように固まりの耳垢は耳垂れとはいえませんが、その症状からは急性中耳炎の可能性は否定できません。小児科で薬をもらっているようですので、熱があって機嫌が悪いときには痛み止めもかねて解熱剤を使用してください。少し機嫌
が良くなったら水分を少しずつ与えてください。休日に耳も診察してもらえる小児科や耳鼻科があれば受診するのがよいのですが、水分を取って元気になってくるようでしたら、月曜日にかかりつけの小児科に相談しても良いと思います。03.04.13

離乳食が進んでないんですねと言われ不安です
こんにちわ。8ヶ月の娘がいてます。
最近なんですが離乳食をまったくと言っていいほど食べなくなってしまいました。この4月から保育所に行ってるんですが、給食(中期食)や家ではよく食べるすりおろしのリンゴを「オエッ!」と出すようで、先生からは「あまり離乳食が進んでないんですね」と言われました。
家では食べていた中期食(保育所の給食よりはかなり小さいみじん切りなど)も給食で嫌(?)な思いをしてからはまったく食べてくれません。(くだものは好きなので家だとすりおろしリンゴなどはよく食べます)お粥もダメで、パン粥だけ今まで同様に食べてくれます。
無理やり食べさせるのも可哀想だし、かと言って同じ物ばかり食べさせるのもどうかと思うし、こういう時はどうすればいいのでしょうか?
保育所の先生の言うように離乳食の進みが良くないんでしょうか?初期のようなドロドロ状にすると食べるかな?とも思ったのですが一度初期の状態に戻してしまうのもダメかと思い、試していません。
あげてみてもいいもんなんでしょうか?
今は1口だけでも食べさせて、ミルクをあげてるんですが、何かいい方法があればアドバイスいただけると嬉しいです。

*************

回答  たまごママネット医師団

離乳食は赤ちゃんによって進む早さは全く異なり、早くどんどん食べる赤ちゃんがいると思えば、1歳過ぎまで母乳やミルクが中心の赤ちゃんまでいます。早いから良い、遅いから悪いということはなく、赤ちゃんそれぞれの個性によって違ってきます。何ヶ月だからこのぐらいすすんでいなければいけないということはありません。
大まかな離乳の完了は1才6ヶ月を目安にしますので、まだ離乳が始まったばかりの8ヶ月で離乳食の進み具合に個人差があるのは当然のことです。

離乳食が全く問題なく進むという子どもはいないといっても良いぐらいです。大人がいろいろなストレスで食欲が無くなるのと同じように、赤ちゃんもその時によって食欲は変化します。質問の子どもさんは保育所にいってから食欲が無くなったのでしょうか。
もしそうだとすれば、それまでの環境と違ったために少しとまどっているのかもしれません。
今無理に離乳食を食べさせようとがんばるのはやめた方がよいと思います。
ミルクでもよいですし、パン粥を中心に野菜を少しずつ取り入れてあげるぐらいで大丈夫です。
ゆっくり新しい環境になれるまで待っていてあげてください。
お母さんが食べさせないといけないと焦ってしまうと、子どもさんに向かった顔が恐い表情になり、ますます食欲がまくなってしまうことがあります。できるだけみんなが食事をしているときに、楽しい雰囲気の中で一緒に食べさせてあげてください。
お父さんが膝に抱っこして、みんなの食べているものの中で食べさせられるものを少しずつ口に運んであげると喜んで食べるようになることもあります。
ゆっくり楽しい雰囲気の食事の時間をつくり、無理をしないことが大切です。03.04.13


さかまつげがとても気になります
生後三ヶ月のこどもです。2、3お尋ねしたいことがあります。さかまつげがとても気になります。
あおむけに寝ていると、下のまつげがびっしりと瞳にはりついているときがあります。
機嫌が悪くなることはないのですが、目がピンク色に赤くなって涙目になっています。
なにかの本でこのくらい月齢はよくあることなので様子をみるよう書いてあるのをみたのですが、やはり気にしなくてよいのでしょうか?
もしも診察してもらうなら、小児科にかかったらいいのでしょうか?それとも眼科でしょうか?
それともうひとつ、目にごみがはいっているのを見つけた時は、どのようにしてあげればいいですか?大人用の目薬等は差してもよいものでしょうか?

************

回答  たまごママネット医師団
ほとんどの赤ちゃんは生まれたときから逆さまつげの状態ですが、まつげは柔らかく目に刺激をすることはありません。赤ちゃんのほっぺはまるまるしていて下まぶたを上に押し上げています。下まぶたもプックリしていてまつげは内側に倒された状態になっています。
1才になり赤ちゃんの顔つきから幼児の顔つきに変わってくるとまつげは少しづつ外に向いてきます。1歳を過ぎるとまつげはだんだん固くなって目に刺激を与えるようになりますから逆さまつげが見られたり、いつも目をこすったり目やにを繰り返すときには眼科に相談することが必要です。
1才までは逆さまつげで何か障害が起こることはほとんどありませんので、3ヶ月の赤ちゃんの逆さまつげは心配しなくても良いと思います。
目やにや涙目が見られるときには結膜炎や鼻涙管狭窄を考えます。寝て起きたときにべったりした目やにが続くときには結膜炎の、いつも片目だけが涙目になっているときには鼻涙管狭窄の疑いがあります。この様なときには眼科に相談してください。
赤ちゃんの目を見ているとゴミのようなものが白目に見られることがあります。これは赤ちゃんの涙で自然に洗い流されます。綿棒で取ろうとすると角膜を傷つけることがありますから絶対に行わないでください。目薬も赤ちゃんに使用して良いかその成分によって異なってきます。ゴミのようなものは自然に洗い流しますのでそのまま様子を見ていて大丈夫です。03.04.12


腸重責という病気ではないかと心配です
1ヶ月と1週間の子どものことです。先日、よくミルクを吐くので、育児本で調べたところ、腸重責という病気があることを知りました。足をバタバタさせる、泣く、しばらくすると落ち着くという症状が非常によく似ています。主に夜間にその症状が現れます。ミルクを飲ませると、症状は落ち着き、しばらく寝ていますが、1時間くらいするとまた泣いて足をばたばたさせます。食欲はあるようです。昼間は機嫌よく寝ています。夜間は夜鳴きしているだけのようにも思えなくもないですが、腸重責という病気のことを知り、心配になりました。この症状は、ここ1週間くらい続いています。病院に連れて行った方がいいのでしょうか?

************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんのするいろいろな動作や仕草が、親から見るとちょっと心配になることが良くあります。この様なとき育児書を見ると決して良い方には考えず、悪い方へと考えてしまいがちです。腸重責という病気は、乳幼児に見られる小児科の疾患の中で決して見逃してはいけない緊急疾患の一つです。急に激しく泣き、しばらくグッタリし、また激しく泣き出すことを繰り返します。腸の中に腸がもぐり込み腸閉塞になります。浣腸をすると大量 の血便が見られ、緊急な治療が必要になります。質問の赤ちゃんのように自然に良くなったり、何日も繰り返したりはしませんので決して腸重責ではありません。

質問の赤ちゃんの様子から考えると、まだ昼と夜が逆転しているように思えます。赤ちゃんは昼によく寝ると夜に短い睡眠になり何回も哺乳をするようになります。特に3ヶ月までの赤ちゃんではまだ1日のリズムがしっかりしていないために逆転がよく見られます。これは夜泣きとは違うものになります。これを直すには赤ちゃんのリズムを大人の昼と夜のリズムに合わせるように働きかけることが大事になります。昼には寝ているからとそのままにしないで、積極的に抱っこや声がけ、外気浴などを行いこまめに哺乳を行います。

夜はなるべく静かにし、余計な刺激を与えないようにします。これを繰り返していると次第に夜の睡眠時間が長くなってきますので試してみてください。

夜寝るときにはできるだけ添い寝をしてみてください。赤ちゃんはお母さんの匂いがわかります。お母さんの匂いを感じると赤ちゃんは安心感を得られ静かになります。お母さんの匂いが無いと不安になり落ち着かなくなり、睡眠が浅くなり何回も泣くことがあります。赤ちゃんはお腹の中でずっとお母さんに守られて育ってきました。生まれて間もない赤ちゃんはまだお母さんから離れては生きていけません。お母さんに添い寝をしてもらえば赤ちゃんは安心して落ち着いて眠れる様になります。03.04.11


息子の鼻がフガフガいうようになりました
こんにちは。生後54日の男の子のママです。生後1ヶ月頃に私が風邪をひいて以来息子の鼻がフガフガいうようになり、現在も豚さんのようです。この息苦しさからか、寝ていても時々唸り、顔を引っ掻いてしまいます。その為、顔には引っ掻き傷が耐えません。脂漏性湿疹が出ていますがこれの影響もあるのでしょうか?又、小児科を念の為受診した方がいいでしょうか?回答頂ければ幸いです。宜しくお願いします。

************

回答  たまごママネット医師団
お腹の中では鼻の粘膜に触れるのは羊水だけで刺激のない世界でした。生まれてくると、鼻の粘膜には様々な刺激が加わってきます。温度や湿度の変化、ほこり、タバコの煙、母乳やミルクなどの刺激により鼻の粘膜が軽い炎症を起こしてきます。また、赤ちゃんの鼻は狭く湿っているために少しの炎症で簡単に鼻づまりを起こしてしまいます。3ヶ月までの赤ちゃんの呼吸は鼻呼吸が中心です。大人のように鼻がつまっても口で呼吸をすることができません。このためいつもフガフガするような呼吸をするようになります。時々くしゃみをして鼻の固まりが飛び出してきます。飛び出した固まりは取ってあげますが、鼻の奥まで掃除をすると刺激になり鼻づまりがひどくなることがあります。
哺乳が良く、体重の増えが順調であれば心配はなくそのまま様子を見ても大丈夫です。この様なフガフガする鼻づまりは体重の増えが良く元気な赤ちゃんに見られ、3ヶ月を過ぎるとだんだん気にならなくなってきます。風邪に伴う鼻づまりは咳や鼻水を伴い機嫌や哺乳が悪くなります。もし哺乳時に顔色が悪くなったり、寝ているときに呼吸が止まるような鼻づまりの時には緊急に小児科を受診する必要があります。
顔のひっかき傷は湿疹によるもので鼻づまりとは関係ないと思います。でも、ひっかき傷を作るくらいですから赤ちゃんは大部痒がっていると思われます。皮膚のケアーの方法や、薬を使った方がよいかなど小児科か皮膚科に相談したらいかがでしょうか。03.04.11