育児相談室

予防接種を受けたあと便がかわり微熱が出ますか。
2ヶ月になる息子のことで質問があります。アメリカで子育てをしているのですが、先週3種類の予防接種をしました。
その夜37.7度くらいに熱があがりました。かかりつけの医者が言うには37.7度は問題ないということで熱は様子を見て翌日さがりました。しかし、予防接種を受けた後、便が抹茶色のような緑色になりました。3日間続いたあと徐々に黄色になっていますが、まだ緑っぽい便です。便が腸に長くとどまると緑色になることがあると聞いたことがありますが、特に便秘をしているわけではなく1日4,5回はします。予防接種をする前も緑っぽい便をしてことが何回かあります。便秘をしない子どもでも緑色の便がでるのでしょうか。そして予防接種との関係はあるのでしょうか。

*************

回答  たまごママネット医師団
アメリカでの子育ては、習慣の違いや相談する相手が少ないなど大変なことと思います。
予防接種についても接種する時期やワクチンの組み合わせなどが違い、とまどうことがあると思います。かかりつけの先生に良く話を聞いてすすめるようにしてください。
発熱に関しては、ワクチンによると思われる熱は機嫌が良ければそのまま様子を見ます。熱も37.7℃位 ですから必ずしも発熱とは言えず、心配するほどのことはなかったものと思われます。
赤ちゃんの便は緑色から黄色が正常の便の色です。緑の便は便秘や消化不良に伴うものではありません。
母乳の赤ちゃんによく見られますが、最近ではミルクの成分が母乳に大部近づいたこともあり、ミルクの赤ちゃんでも緑の便が見られるようになっています。
もちろん予防接種とは関係ありません。緑の便になるか黄色の便になるかは、便の色を決める色素の変化によって決まります。これは腸内細菌叢や腸管内の酸性度などが関与し、そのバランスの中で色の変化が生まれます。
色によって体調に差があるというものではありません。質問の内容からは問題のない赤ちゃんのようです。どうぞ心配しないで赤ちゃんを抱っこしてあげてください。 03.06.23


保健師さんに「まだ果汁や白湯も飲ませていないなんて!」しかられました
昨日、4ヶ月健診に娘を連れて行きました。
私は満6ヶ月を過ぎるまでまで母乳だけで育てたいと思っています。
もちろん保健師さんには、「まだ果汁や白湯も飲ませていないなんて!」っとかなりあきれられ顔をされましたが気にしないことにします、、しかし、「スプーンやコップに慣れないといけないですよね。」という言葉に、そうなのかなぁという気もしました。
ミルクか母乳を搾って、スプーンやコップにいれ飲ませるなどして食器に慣れさせた方がいいのでしょうか?
アドバイスを頂ければうれしいです。よろしくお願いします。

*************

回答  たまごママネット医師団
お母さんはよく勉強されているのに、保健師さんは昔ながらの指導で困ってしまいます。この様な指導でいらない心配を掛けてしまっていることが良くあります。お母さんの方が正しいのですから、自信を持ってください。
「スプーンやコップに慣れないといけないですよね。」ということもありません。
赤ちゃんはお母さん達が食べている様子を見ています。6ヶ月になると自分も食べたくて仕方がない状態になります。
この時に離乳食を与えますから初めてのスプーンからでも上手に食べることができるようになります。
またこの時期になるとコップから飲むこともできるようになります。これは慣れや練習でできるようになるのではなく、赤ちゃんの脳神経の発達によってできるようになるのです。
ですから発達の十分でないときに“慣れさせる”必要はありませんし、赤ちゃんにとって何の益もありません。
お母さんが今考えているように、6ヶ月まで母乳だけで大丈夫です。次に母乳と離乳食にすすめてください。そして卒乳までゆっくり母乳育児を楽しんでください。03.06.12

もうすぐ4ヶ月になる娘の便について気になったので質問します。
今日の夕方、いつもの黄色の水っぽい便に混ざって、黒いひじきのようなものがたくさん混ざっていました。血が混ざって出たようにも見えますし心配です。娘は特にお腹痛がったり機嫌が悪い様子もないです。母乳のみで育てていますが、昨日、ダイエットぺプシを500ml程飲んだので、それが母乳に出たのかとか考えましたが、そんな事はありますか?また
母乳をあげている間の食べ物は、甘いものは何故ひかえた方がよいのか教えてください。

**************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんの便をよく見てみると少し血液が混じっていたり、粘液状のものが混じっていることがあります。赤ちゃんが機嫌が良く、飲みも良ければ心配はありません。黒いひじき状のものが何なのかについては、そのものを見ないとはっきりしたことは言えません。おそらく、血液ではなく、胆汁や粘液の変化したものと思います。赤ちゃんの様子からは心配のないものに思えますが、繰り返すときや、心配なときには便を持って小児科で見てもらってください。
お母さんが食べたもので赤ちゃんの便に変なものが出ることはありませんので、その心配はいりません。
母乳を与えているときの食事は、糖分や脂肪分をとりすぎないようにします。甘いものをとりすぎると乳房の平滑筋の緊張が高まりオッパイの張りが強くなります。また乳腺が詰まりやすくなり、乳腺炎をおこすことがあります。このため甘いものは控えるようにしますが、全く食べてはいけないというわけではありませんので、疲れたときや甘いものが欲しくなったときには少し控えめに食べてください。03.06.12

授乳方法について教えてください
妊娠中はいろいろ相談に乗っていただいて無事4月に女の赤ちゃんを産みました。
今日は現在2ヶ月ですが赤ちゃんのことで相談です。出産後はあまり母乳が出ずほぼミルクで育てていました。
ミルクを上げる前に母乳を必ず吸わせていました。
少し前までおっぱいを両方で5分くらいづつ吸わせ、ミルクを140cc足していました。
先日あまりにも赤ちゃんが大きくなっていると思い近くのスーパーにあるスケールで計ったところ6.15kgありました。
ついでに母乳の出具合も計りましたが100g以上出ているようです(スケールが50単位 で正確にはわかりませんが)
母乳が思った以上に出ているので昨日から日中は母乳だけにしました。
間隔は今までは3時間から4時間だったのを2時間おきくらいにしています。
が、おなかがすくのかおっぱいを20分くらい吸っていても泣くのでミルクを60cc〜100cc足します。
それでも足りないと大泣きしてしまいます。
夜は母乳プラスミルク120ccにしていますが、まったく寝てくれません。いい授乳の方法がありましたら終えてください。

**************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんの栄養としてできるだけ母乳がすすめられますが、母乳のでが少ないなどの事情でミルクを足すこともよくあります。母乳でなければいけないと考える必要はなく、そのお母さんを取り巻く様々な事情を考えて判断することになります。ですからミルクを足すことで特に心配することはありません。
質問のお母さんは母乳が自分で思っていた以上に出が良かったようです。
この様なときにはうまく母乳とミルクを使うようにします。
母乳は消化が良く、胃内停滞時間が90〜120分と短く、赤ちゃんは2時間も持たずにお腹がすいてオッパイを欲しがります。
またオッパイを吸うと気持ちよくなりそのまま寝てしまい、しばらくするとまたオッパイを欲しがるということも見られます。ですから、2時間も空けないぐらいに日中はこまめにオッパイを与えます。
20〜30分の授乳時間で十分です。もっと欲しそうにしていても、できれば抱っこや、外気浴などで様子を見てください。それで2〜3日がんばれれば母乳の分泌量 が増えてきて、オッパイだけでできるようになります。
もしどうしても大変なときにはミルクを足してください。夜間はオッパイにミルクを足してください。満腹中枢の発達する3ヶ月前の赤ちゃんは、お腹いっぱいでは満足しないでくたびれるまで飲みます。ですから量 は決めないで飲むだけ飲むようにします。そうすれば寝てくれるようになります。もし日中に母乳だけで大丈夫になれば、夜のミルクの足す回数を減らすこともできるようになります。
母乳でもミルクでも大切なことは抱っこして、赤ちゃんの眼を見て良く声をかけながら与えるということです。
お母さんの負担にならない範囲で試してみてください。03.06.11

授乳のことで悩んでいます
生後二ヵ月半の娘の事で教えてください。
3300グラムで出生し、一ヶ月検診では4500グラムでした。この頃までは7:3の割合で母乳の後にミルクを少し足していました。その後ミルクを飲まなくなり、母乳もいくらか出るようになったので思い切ってミルクをやめてみました。
母乳だけではじめて二、三週間は体重の増加もよく、一日に25グラムは増えていたのですが、二ヶ月になった頃から母乳をあまり欲しがらず、飲む回数も減ってしまいました(一日6〜7回)。一度に飲める量 が増えたのかと思い様子を見ていたら、体重があまり増えていないようなのです。(一日に20グラム以下)現在、後8日で三ヶ月になる娘の体重は5500グラム位 です。
ミルクを足そうと試みましたが、受け付けず拒否され、母乳をもっと飲ませようと思ってもいやがって泣かれてしまいます。まるで今は欲しくない!と言っているかのように。
機嫌は良くニコニコと笑顔を見せ手足も活発に動かしているし、首もしっかりしてもうすわっているようです。ウンチも一日二回、おしっこも八回以上は出ています。今の月齢ではもう少し増えて行くものじゃないんでしょうか。私も主人も小柄ではないのですが、これがこの子のペースなのでしょうか。やっぱりもう少しがんばって飲ませたほうがいいのか、悩んでいます。

**************
回答  たまごママネット医師団
体重の心配は多くのお母さんが持っています。大きい心配、小さい心配みんなそれぞれです。直ぐに標準体重に比べてしまい心配を大きくしてしまいます。
体重が増えなくて心配するとき私たちが考えるのは、心臓など体重増加に支障を来す病気が隠れていないか、虐待など不適切な養育を受けていないか、栄養法が適切かなどになります。
病気に関しては今までの健診で異常を指摘されていなければ心配はいりません。質問の内容からは赤ちゃんと十分コミュニケーションをとっているようですから不適切な養育は考えなくても良いようです。母乳が足りているかについても、オシッコが8回もあり機嫌も良いようですから不足ということはありません。
この様に考えるとこの赤ちゃんは心配のない健康な赤ちゃんと考えることができます。哺乳量 は2ヶ月すぎに満腹中枢の発達に伴いそれまでよりも少なくなることがよく見られます。
自分で満足するとオッパイから口を離すようになります。また、生活のリズムができてきますから夜間の哺乳間隔が開いてきて1日の哺乳回数は減ってきます。
体重の増加量もだんだん減ってきますから今の体重増加で問題ありません。
まもなく3ヶ月で5500gであれば十分な発育といえます。もっと飲ませなければとお母さんががんばると赤ちゃんはますます飲まなくなることがあります。
今十分な状態と考えられますから、もっとゆっくり赤ちゃんと遊んでみてください。『機嫌は良くニコニコと笑顔を見せ手足も活発に動かしているし、首もしっかりしてもうすわっているようです』この様子からは3ヶ月の赤ちゃんとして、発達が良く、お母さんとの関係も良い赤ちゃんのように思えます。
心配しないで、自信を持って母乳育児を続けてください。03.06.11


薬の母乳への影響について教えてください
5ヶ月の女の子の母親です。母乳で育てています。薬についての質問なのですが、先日私が風邪をひいてしまいました。
私が飲んだ薬が、母乳から出てしまうのが心配だったのですが、以前、いつもお世話になっている小児科の先生が、普通 の薬であれば大丈夫と言っていたので、葛根湯を飲みました。実際、母乳から出る薬の赤ちゃんへの影響は、あるのでしょうか。
あるとすれば、どのような影響でしょうか。
また、影響を少なくするために飲むと良い時間帯はありますか、それとも、飲むのを我慢した方が良いでしょうか。
また、頭痛持ちなので、頭痛のたびに薬を飲もうかどうか葛藤しています。どうぞ、よろしくお願いします。

***************

回答  たまごママネット医師団
お母さんが食べた食事の大切な成分が母乳に移行し赤ちゃんに与えることができます。
それと同じように薬も母乳の中に移行してきます。この移行した薬の成分が赤ちゃんに何か悪い働きをするのではないかという心配のために、薬を飲むなら母乳を与えてはいけないという指導を受けることがあります。このため、授乳中の薬については、母乳の大切さと薬が赤ちゃんに与える影響を比較して母乳を続けて良いか決めることになります。一般 に風邪の時に使う薬(鎮痛解熱剤、抗ヒスタミン剤、鎮咳剤、抗インフルエンザ薬、抗生剤、抗アレルギー薬など、)には母乳をやめなければいけないほど赤ちゃんに影響を与える薬はないといわれています。
  鎮痛解熱剤の中には大量投与で赤ちゃんに影響の出るものがありますが、通 常の使用では問題ありません。本当に母乳を止めなければいけない薬は抗ガン剤や免疫抑制剤などごく限られた薬で、一般 のお母さん達が使う薬ではありません。
薬は母乳を与えたすぐ後に服用すると、さらに薬の影響を少なくすることができます。
  お母さんの風邪のために母乳を止めると、赤ちゃんはすごく不機嫌になったり、哺乳びんからミルクを飲まなかったり、具合の悪いお母さんを余計に苦労させることになります。また、お母さんが風邪をひくと赤ちゃんも同じ風邪をひきます。
このとき先にひいたお母さんの母乳中にはその風邪に対する免疫が作られ、赤ちゃんに母乳を与えることにより風邪を予防したり軽くすませることができるようになります。
  風邪をひいたときはむしろ母乳が大切になります。お母さんが風邪の症状で苦しい時、薬を飲んで早く楽になって母乳を与えることが、お母さんだけでなく赤ちゃんにとっても良いことになります。03.06.05

離乳食開始について教えてください。
一般的には離乳食開始は5ヶ月からといわれておりますが、こちらのサイトで「6ヶ月までは果 汁もなにも与えてはいけない。離乳食も6ヶ月からでよい」との情報を知りました。
うちの娘は5ヶ月ですが、あと1ヶ月離乳食開始を延ばし、当面は今までと同じように母乳一本でいこうかと思っております。
ところが、5ヶ月を過ぎると、母乳の栄養が下がってきて 母乳だけだと赤ちゃんが栄養不足になると聞きました。
今の時期の栄養不足が体や脳の発育に悪影響を及ぼさないかと心配です。
また、離乳食開始時期には、授乳も1日4-5回と時間も規則的になっていることが望ましいとも聞きますが、うちの子はおっぱいが好きで5ヶ月になった今でも8回から10回くらいおっぱいを飲んでいます。時間も不定期で ぐずったら・・・という感じです。
これは離乳食開始までに ある程度規則的にしたほうがよろしいのでしょうか?アト゛ハ゛イス頂ければありがたいです。
また離乳食開始時期の注意時点やアト゛ハ゛イス等もあれば合わせてお願いいたします。

**************

回答  たまごママネット医師団
離乳の開始時期は今までは、早く始めることがよいとされ、果汁や離乳準備食として3、4ヶ月から与えられてきました。ところが乳児の消化管の発達や母乳の研究が進むにつれ、早期離乳の問題が指摘されるようになりました。特に果 汁に対してはアメリカ小児科学会では「6ヶ月前には果汁は決して与えてはいけない」と禁止の勧告を出しています。
  果汁は赤ちゃんにとって必要のないものなのです。また母乳はお母さんの食べた食事によって匂い、味が変化しますから、いわゆる味ならしという離乳準備食も必要ありません。
離乳開始の時期は発達を見ながら判断します。5ヶ月を過ぎる頃になると赤ちゃんはお父さん、お母さんの食べている様子をじっと見るようになります。だんだんよだれを流して見る子も出てきます。お父さん、お母さんが楽しそうにに食べている様子をしっかりと見せることが離乳準備になります。しばらくするとお母さんが食べようとして口に持っていこうとするものに手を伸ばしてきます。
このときが離乳の開始時期になります 。
この様な行動が見られるのはちょうど6ヶ月に入った頃になりますから、離乳の開始の目安はおおよそ6ヶ月頃からとなります。
母乳の栄養がなくなるという話もよく聞きます。これについては母乳の成分を調査した研究があり、それによると1才4ヶ月まで調べられていますがほとんど変わらないというのが結論です。
  微妙な変化はありますが、これは離乳食が進むにつれての変化であり、赤ちゃんの成長の合わせ、母乳も成長しているというすばらしい変化です。母乳は成長や脳の発達に大切な役割をしています。
 
 母乳の回数についても赤ちゃんによって様々です。どうあるべきとか、どうしなければいけないということはありません。質問の赤ちゃんはオッパイ大好きの赤ちゃんのようです。お母さんがそれでよいと思っていればそのままで問題はありませんし、赤ちゃんも喜ぶと思います。
離乳が始まり食べる量が増えてくるとオッパイの飲み方が変わってきます。お母さんが変えようとするのではなく、赤ちゃんの変化を見ながら、赤ちゃんと相談しながらすすめてください。
質問の内容からは、今までお母さんは良い母乳育児を行ってきたように思えます。
自信を持ってこれからも母乳育児を楽しんでください。03.06.05


パニック障害で次の妊娠が不安です
現在2歳8ヶ月の男の子の母です。彼の出産を期にパニック障害になり、いまだ治療に心療内科に通 院しております。薬も毎日抗うつ剤と安定剤を服用しております。発作は低血糖症状とよくにており、血の気がひく症状です。大変つかれやすく、睡眠不足があると発作がおきそうになります。以前にくらべるとよくなっていますので、次の子どもを妊娠するときに断薬予定です。しかし、つわりもひどかった私が、頓服(デパス)なしに妊娠を乗り切れるか心配です。無痛分娩に使用かとも思っています。やはり、薬を服用はいけませんでしょうか?安全な安定剤などありませんでしょうか?

***********

回答たまごママネット医師団
抗不安薬(マイナートランキライザー)の一種であるデパスの服用と妊娠についてのお悩みのようですが、心配はありません。妊娠中は誰でも不安になりやすいものですが、受胎できるのはお母さんの身体の状態がよい証拠と考え、後悔はやめてゆったりとすごしましょう。お母さんの心身の状態がよいと胎児も安定します。
実際のところ妊娠中のデパスの使用について、奇形児出産の報告はありません。ただし催奇形性を示すような報告もないかわりに否定するような調査もありません。デパスはかなり頻繁に使われるくすりなので、妊娠中に服用していたケースもときどき見られます。妊娠の初期、さらにその後も継続して服用した場合でも、奇形その他の異常は報告されていません。
ですから、妊娠4〜7週目の、一般に催奇形性の危険度が高いといわれる時期に服用しても、危険はあまりないでしょう。さらに妊娠がすすみ、16週目以降は胎児への影響はもっと少なくなるので、母体の病状によっては、服用を継続する場合もあります。
今後のことですが、くすりを飲まずに快適にすごせればいちばんよいのですが、毎日不安で苦しいのなら、くすりを服用したほうが胎児のためにもよいのではありませんか。 むしろ不眠やストレス解消のために、抗不安薬を常用することよりも、アルコールを飲用し続ける方が胎児にとっては危険なことだと思います。03.06.04

毎授乳後に咳(カラ咳)が多くなりました。
こんにちは、生後1ヶ月(出産時3258g現在4300g)の息子のことでお尋ねします。
先日授乳中に1回、授乳後2時間経過してから1回、噴水のような嘔吐をしました。よくあることなのかと思い様子を観察していたのですが、毎授乳後に咳(カラ咳)が多くなりました。泣き声も痰が詰まったような泣き声に聴こえます。1度、透明な(唾のような)痰がでてきました。
発熱の様子も無いのですが気になります。現在母乳のみです。このまま様子を見ていていいでしょうか?本人はお乳をほしがって大泣きします。ゲップは首を曲げてしまうのでなかなかですが工夫してなるべくさせるようにしています。ゲップの後に乳が口の中に広がるのか?口の中に乳が見えます。このときは横にせずに立て抱きにしているのですがこのままでいいでしょうか?
些細なことなのですが、なんとなく気になるので教えてください。お願いします。今後どのようなことに注意したらよいでしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
母乳で十分体重の増えている赤ちゃんのようです。しっかり、十分にオッパイを飲んでいると思われます。溢乳として少しオッパイを出すほかに、希に噴水のような嘔吐があっても問題はないと思います。1ヶ月少し前の赤ちゃんが1日に何回も噴水のような嘔吐を繰り返すときには肥厚性幽門狭窄症を考える必要がありますが、質問の赤ちゃんはこの病気の心配はなさそうです。
咳も授乳後だけであれば風邪とは異なります。赤ちゃんの喉の構造の未熟性から、喉に母乳や唾液が残りゼロゼロし、咳払い様に咳をするとゼロゼロがとれるということが見られます。この様であれば様子を見ていても大丈夫です。一日中咳をする、顔を赤くして咳込む、ゼロゼロ・ヒュウヒュウする、息苦しそうに見える様なときには熱がなくても肺炎をおこしている場合がありますので小児科を受診してください。
ゲップは母乳の赤ちゃんでは出にくいことがあります。
これは赤ちゃんの口がお母さんのオッパイにピッタリ吸い付き余分な空気を飲み込まないことによるものです。ですからゲップが出ないからと心配することはありません。またゲップが出るときに苦しそうにする赤ちゃんもよく見られます。
心配することではなく、しばらくすると見られなくなります。この様な赤ちゃんはしっかりオッパイを飲んでいますから、溢乳も多いと思います。その時には今お母さんがしているように立て抱きにしてもらえば十分です。
お母さんは上手に赤ちゃんの相手をしているように思えます。03.06.03

予防接種の時期についてお伺いいたします。
先日、ちょうど生後4ヶ月の娘に第一回三種混合の予防接種をしてきました。3ヶ月を過ぎたのでもう受けられると思って受けました。
受けたあと、知人から「三種混合については生後6ヶ月までは母体由来の免疫が残っているので、それ以降の接種で無いと免疫がつきにくい」と聞きました。
それを聞いて娘に免疫がつかなかったら、と心配になってきてしまいました。実際のところ、どうなのでしょうか。
3種混合は3〜8週あけて3回接種が規定ですが、2回目以降はぎりぎり8週あけてなるべく接種時期を遅くしたほうがいいのでしょうか。
教えてください。よろしくお願いします。

************

回答  たまごママネット医師団
三種混合ワクチンは月齢3ヶ月から接種ができます。普通、3ヶ月から1才までの間に1期初回の3回を3〜8週の間隔で行い、3回目の1年後に1期初回追加を行います。
予定通りに進まなくても、90ヶ月の間に1期初回追加までを終わらせればよいことになっています。
三種混合ワクチンの効果は母体からの移行免疫によって左右されることはありません。
ですから早く受けて効果が少ないということはありません。間隔は3〜8週の間に次回の接種を行いますが、早い、遅いで効果 に差はありません。ただし9週以上に離れてしまうと効果に影響がでてきますから、少なくとも3回のうち2回は3〜8週の期間内に受けるようにしてください。
かかりつけの先生とよく相談をして、赤ちゃんの健康状態の良いときにワクチンを進めてください。 03.06.02

おっぱいケアについて教えてください
今37週です。中期から後期にかけておなかが張りやすく切迫早産で入院したこともありほとんどしませんでした。
これからでもしたいのですが乳首の皮が下着でこすれたらしくむけています。ほかに理由がみつからないので。
ひりひりするときもあるのですがどのようにしたらよいですか?

**************

回答  たまごママネット医師団
乳頭のケアの件で。
乳頭が炎症を起こしている場合は・・・
*抗生物質の軟膏
*自然な療法として、どくだみの抽出液で時々パッティング。*弱酸性水が手に入ればそれも有効。
*どくだみ茶はできたら漢方薬局の十薬というものをお使いになるほうが薬効があります。後は妊婦さんが飲めばむくみやきれいな肌の赤ちゃん、便秘の改善になるようです。
基本は乾燥。石鹸でごしごしはやめたほうがいいでしょう。洗い流す程度で。
かゆみが強ければカンジダというカビの心配もあるので皮膚科へ。きつすぎるブラジャーや化繊は大敵。コットンやガーゼを当てるほうがベター。母乳パッドはダイオキシンの心配あり。内側が高温多湿になるのでお勧めしません。産後も。
アロマのオイルが手に入るならティートリーオイルやラベンダーなどをベースオイルに混ぜて塗ります。
外出以外はノーブらをお勧め。
授乳準備としてのマッサージは・・・指で軽く乳頭の付け根をつまみ、小刻みなバイブレーションで刺激します。これは赤ちゃんが母乳を引き出すときに行うすい方です。乳頭が柔らかくのびやすくなります。後は乳頭の前面 をオイルなどで拭き垢を取ります。これだけすれば準備ばんたん。以上です。03.05.30 春日助産院 大牟田智子

乳腺が詰まっているからなのでしょうか?
現在1ヶ月と10日の男の子を殆ど母乳で育てています。1ヶ月検診で(1ヶ月と2日)1228g増えていました。(ミルクは1日に1回.2回足します。総量 100〜120)少ない時は60程度です。
@最近、乳房の上の方がチクチクと痛みます。軽い痛みなのですが、なにか乳腺が詰まっているからなのでしょうか?
A授乳後に搾乳はしていませんが搾乳はした方が分泌量が増えるのでしょうか?
Bまた、知人から乳製品は乳腺が詰まるから摂ってはダメと言われましたが本当なのでしょうか?
Cあと、1ヶ月検診の時に「まだ黄疸がありますが1ヶ月頃では普通ですが長引くようなら小児科を受診する様言われました。長引くとは(小児科に行くには)だいたい何ヶ月頃を指すのでしょうか?母乳だと黄疸が長引くと思うのですが・・・・
以上4点、回答宜しくお願い致します。

***************

回答  たまごままネット医師団
この方の赤ちゃんの体重増加率から言っても充分でしょうね。よく増えていますが、ミルクをすこし足されているようですが、不要かと思います。よくすこしミルクを足されている方に多いのですが、母乳をその分のみ切らないので乳房中に母乳が残りがちになり、一部の乳腺が詰まるということがおきやすくなります。ちくちくと痛いことろはつまったかつまりかけの乳腺でしょう。早めに母乳ケアを助産婦にやってもらったほうがいいと思います。
自力で改善する場合はつまった腺のあたりに赤ちゃんの顎を当てて授乳をとにかく頻繁にすると改善することがありますが、やはり乳汁が粘っている場合は難しいことがあります。お友達の言われるように牛乳は止めたほうがいいです。トラブルがなくとも牛乳は止めるように私はアドバイスします。
なぜならば牛乳には乳脂肪を含みますし、日本人の消化器には乳糖を消化する酵素がないので結果 消化不良がおこり母体だけでなく赤ちゃんにもアレルギーなどの原因を増やすことになります。
カルシウムの点で飲むように推奨されますが、牛乳にはリンも多く含み返って飲めば飲むほど結果 骨の中のカルシウムを体外にだしてしまうというメカニズムが働きます。
牛乳をめったに飲まなかった昔の日本人の母乳はさらさらとして胃もたれしない母乳であったのでないでしょうか?同時に甘いもの砂糖も控えます。
特におっぱいの調子が悪いときはご飯と実だくさんの味噌汁で軽い食事にします。血液がいい状態になれば、(3日で変化します)乳汁もおいしくなり赤ちゃんがよく飲んでつまりや残乳は改善します。
以上の事に気をつけて、ひとまずは母乳ケアの助産婦へアクセスを!赤ちゃんも喜びますよ。
黄疸の値がわからないので一様にいえませんが、母乳の赤ちゃんは母乳中のとある物質によって黄疸がやや永く残ると言うことは言えますが、血色がよく、飲みもよく、元気があれば母乳製黄疸と言うことで問題ではないことが多いです。稀に体重ののびが悪いケースに赤ちゃんの腎臓の問題があるケースがありますが、これは小児科に見てもらうしかありません。特にそのような所見もなくただ小ぶりの赤ちゃんもいるのでその辺は経験豊かで母乳の重要性もよくわかっている専門家にみてもらうと安心ですね。
03.05.30 春日助産院 大牟田智子


夏になると布おむつだとゴワゴワしてかぶれやすくなったりするのでしょうか。
もうすぐ6ヶ月になる男の子ですが、昼間は布オムツを使っています。
2枚使いの場合、関節の動きなどを考えて赤ちゃんにとって一番心地よいつけ方を教えてください。
今は、1枚を三つ折り、もう一枚を四つ折りにして、三つ折りに四つ折りを重ねて中央部分にひだをとって使っていますがこれで大丈夫でしょうか?
ちなみにうんちの時はいつもカバーまでもれるのですが(服は大丈夫です。)
布オムツの場合、うんちの時はカバーまで汚れるのが普通なんでしょうか?当て方が悪いんでしょうか?
それと、最近布おしめにカビのような黒い点々が日に日に増えていくのですが、どうやってきれいにしたらいいのでしょうか。
いつもは、赤ちゃん用の漂白剤と粉末洗濯石鹸を混ぜた液に1〜2晩つけてから洗濯石鹸で洗っています。
液につけていてもカビは生えるのでしょうか?
もしカビだとして、その黒いしみを落とす方法はありますか?
黒い点々がついたまま使っていてもお尻に問題はないでしょうか。
夏になると汗もかくし、布おむつだとゴワゴワしてかぶれやすくなったりするのでしょうか。

*************

回答  たまごママネット医師団
布オムツの当て方ですが、6ヶ月の赤ちゃんで特に脱臼しやすいとかがなければお母さんのいいようにあて方を工夫してもらって言いと思います。1番シンプルな方法は2枚のオムツを2回折って長方形にして使いますが、オちんちんに当てるときに股間の添ってひだをつけておしっこうんちがまたの間から漏れないように工夫してください。
また男の子はおちんちんにあたる部分を分厚くすることもありますがあまりふくれてしまうときは普通 2枚で素直にあてていいでしょう。要は横もれをひだでガードしたらいいと思います。カバーはジャストサイズかやや大きめを使いカバーが汚れることはよくありますが適当に交換してください。洗濯の負担にならない程度に。通 気性のいいカバーをお勧めします。
オムツの黒いシミはカビかどうか見ないとわかりませんが、基本的にオムツはよく日に干します。天気が悪いときは高温アイロンで熱消毒を。個人的にお勧めはアニュウェルの商品のAZXという有効微生物の溶液でこれを薄めたものに汚れオムツをつけておくと有機物を有効微生物が分解し汚れや匂いを消してくれます。
抗菌で強い薬は必然皮膚にも刺激が強いので私は避けるようにしています。
助産院ではこれと似た商品でEM( 有効微生物商品)溶液を使って強い消毒液は使用していません。この液は薄めて霧吹きに入れておむつ交換時のお尻ふきにもつかっています。
インターネットではアニュウェルの商品を購入することができます。いたるところの拭き掃除や脱臭目的でつかっています。
有効微生物は私たち人間に病原性を持たず、これをプロバイオといいます。そう、ヤクルトの宣伝のようにいい菌がいてくれることで守られていると言うことです。
最近の抗菌ブームは育児用品まで進出していますがかえって消毒薬の害が目立ちます。皮膚は基本的に循環がよくこすった傷がなく乾燥した状態では防衛力は強いので、夏場汗やおしっこで蒸れるときは時々「ふりちん」で乾燥、行水で清潔。これでいいと思います。
黒いしみのオムツ、気持ち悪かったら使わなくてもいいでしょうが、よく日の干していれば大丈夫かなとも思います。
ダイオキシンを出す紙おむつよりとっても安全!ちなみに私は布ナプキン愛好家です。上記の方法で洗濯しています。また、最近-イオンをたくさん出す「帝人のテビロン」という商品を知りこのバージョンのオムツネットがかなりいいらしいと言うことで試してみるつもりです。自分が。あまり役に立たない内容でしたがまたいいアイデア見つかりましたら、次の機会に。 03.05.28 春日助産院 大牟田智子


アトピーなのでしょうか?
5ヶ月の女の子のママです。 皮膚が少し荒れているので、病院から保湿剤を頂きぬ っています。
お医者さまが、皮膚炎には保湿剤をたくさん塗るとよいといわれました。
ステロイドははいっていないので安心したのですが、たくさん保湿剤をぬっても害はないのでしょうか?
娘の皮膚の状態は、顔はなんともなく、うで、足、胸が少しカサカサする程度、ひざのうらが赤く時々かいています。
保湿剤を塗りつずければ、いつか薬をぬらなくてもよい時がくるのでしょうか。
私はアレルギー体質ではないし、夫もとくにそのような体質ではないのですがアトピーなのでしょうか?

************

回答  たまごママネット医師団
3ヶ月をすぎると赤ちゃんの皮膚はかさかさに乾燥した状態になることがあります。乾燥肌、皮脂欠乏症などと呼ばれる状態です。アトピー性皮膚炎も始めは乾燥した肌の状態になりますから、この段階でアトピー性皮膚炎と診断されている場合もあります。
アトピー性皮膚炎と皮脂欠乏症とは重なり合う部分がありますから難しいところですが、私はアトピー性皮膚炎と診断するのは特徴的な症状が見られてからでよいと思っています。
5ヶ月で顔に耳切れや繰り返す痒みを伴う湿疹などの問題なければアトピー性皮膚炎と診断するのは早いと思います。乾燥した肌の状態には保湿剤を中心に塗布し様子を見ていきます。それでも悪くなる場合には状態によりステロイドを含む軟膏を使用を考えます。乾燥肌は毎日石けんを使うと悪くなります。普通 でも2日に一回の石けんの使用で十分ですが、乾燥肌の時には3〜4日に一回の石けんにします。
 石けんは普通の浴用石けんを使い、強くこすらないようにします。石けんが残らないように良く洗い流してください。石けんの使いかたを変えるだけで良くなる場合もあります。経過をみないとはっきりとは言えませんが質問の程度であれば次第に良くなってくると思われます。
保湿剤の害についてはどのような薬が処方されているかわかりませんのでお答えすることはできませんが、一般 的に使用されているものでは心配されるものはありません。かかりつけの先生によく相談をし経過を見てもらってください。03.05.28


赤ちゃんが自分の子どもの感じがしません。
私の子どもは生まれてすぐ横隔膜ヘルニアという病気で手術をしました。今ちょうど生後1ヶ月ですが、まだICUに入っています。生まれて1時間もたたないうちに私と赤ちゃんは別 々の病院に入院することになったので、とても辛かったです。まだだっこも3回ほどしかしたこともなく、おっぱいもあげることができないのも原因なのかもしれないですが、母親としての自覚がいまいちわきません。毎日病院に通 って面会もしていますが、まるで親戚か友達の赤ちゃんに会いに行ってるかのような気持ちになることもあります。もう少しして元気になっておっぱいをあげれるようになった時に自覚が出てくるのか心配です。こんな気持ちになる私はおかしいのでしょうか。親として接していけるのでしょうか。

**************

回答  たまごママネット医師団
新生児の医療では生まれて直ぐにお母さんと赤ちゃんを離して治療を行うことによる母子分離が大きな問題になります。赤ちゃんと離されしまうためにお母さんに素直に赤ちゃんをかわいいと思えないという感情がでてきます。ですから、質問のお母さんの気持ちは特別 のものではなく、同じように生まれて直ぐに治療が必要になった赤ちゃんを持つお母さんみんなの共通 の問題です。
 この様な不安を少しでも和らげるためには母子の接触を少しでも多くすることが大切になります。今まで3回抱っこをしたとのことですが、今の状態は抱っこをすることはできないでしょうか。可能ならばもっとお願いをして抱っこの回数を増やしてもらってください。もしできないときには、面 会の時にお母さんの手のひらでゆっくり全身をなでてあげてください。
お母さんになでられると赤ちゃんの表情や動きに気持ちよさそうにしている様子が見られるようになります。横隔膜ヘルニアは赤ちゃんにとって大変な病気です。でも良くなれば普通 の生活ができるようになります。
だんだん赤ちゃんの状態が良くなってくるとお母さんのできることが増えてきます。赤ちゃんとの関わりが増えてくると今お母さんが感じている不安はだんだん無くなってきます。
大変な病気で心配したためと、赤ちゃんと十分な関わりがもてないために今のような気持ちになっているのだと思います。お母さんの気持ちを主治医の先生か受け持ちの看護師さんに話をし、赤ちゃんに対してどのようなことができるか相談してみてください。03.05.28


米粒大のシミ様のうす茶のものがでてきてシミのようなあざが出来ています
こんにちは、現在6ヶ月の女の子をもつ母です。
娘は今まで、他の子よりも成長が早いくらいで、特にトラブルなく成長してくれたのですが、一つ気になっている事があります。出生児にはなかったシミのようなあざが、体の所々に出てきたのです。
最初に気付いたのは2ヶ月程前で、左の足首にポツンと米粒大で現れ、それ以降特に気にしていなかったのですが、昨日娘の体をチェックしていて首のあたりにも米粒大のシミ様のうす茶のものがでてきており、その他体の横と背中にもよ〜く見るとわかる程度の薄いシミ(1cmくらいのもの)が見つかりました。
気にし過ぎかもしれませんが、本では脳や目の病気の可能性もあることがあると書いてあり心配です。今までの検診では何も指摘されませんでしたが、出生時に黄疸で光線療法を2日受けています。
病院に行く程ではないと思ったのですが、なにか可能性のある病気がないか教えてください。

*************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんの皮膚は湿疹や母斑などいろいろなものがみられ、実際に目で見てみないとそれがどのようなものか判断することができません。その出始めた時期、形、部位 、色調などのほんの少しの違いで全く別の診断になることがあります。そのため質問のものが何であるかということに責任を持ってお答えすることはできません。確かに皮膚の病気の中には神経系統の疾患と関連するものもいくつかみられます。
本を読むと何でも悪い方に考えてしまう傾向にありますから、お母さんは心配になっているのだと思います。
質問の記載からだけ考えれば神経疾患との関連を考える必要はないと思いますが、実際皮膚の状態を診てみないと大丈夫ですということはできません。ただし、光線療法によって後で皮膚に何か変化が起こるということはありません。心配をし、いろいろ考えているとだんだん不安が強くなることがあります。大丈夫だという確認のためにもかかりつけの小児科に診てもらうことをおすすめします。03.05.27


貧血が続くと言語の障害がでるのでしょうか
4月28日に女の子を出産しました。
逆子での経膣出産でした。そのためかどうか解りませんが、産まれた時に産声をあげるもののすぐ止まってしまう。と、いう状態で3日間ほど保育器に入っていました。体重は3314gで身長が51.5cmありました。なのに、産まれた時から貧血で、退院する時には、10.9(貧血の値らしいのですが)ぐらいには回復していたのですが、また最近悪くなってきたらしく、鉄剤の薬を処方されてしまいました。
乳児の貧血は食べ物で何とかする事も出来ませんし、どうすればいいのでしょうか?
また、何かでみたのですが、この貧血が10.5以下が続くと、言葉の障害が出る。と、出ていたのですが、本当でしょうか。

*************

回答  たまごままネット医師団
赤ちゃんの貧血はそれほど珍しいものではありません。10.9という数字はヘモグロビン値のことです。数字からは確かに貧血になりますが、それほど強いものではありません。普通 の貧血で全身状態に異常が起こったり、障害が残るという心配はいりません。
今この値だとすると、赤ちゃんは造血力が弱いために、体が大きくなるに従い貧血が進む場合があります。そのために今から鉄剤を投与して予防しようということになります。
また母乳の中には吸収の良い鉄分が多く含まれていますし、ミルクにも十分量 の鉄分が含まれています。それが赤ちゃんの栄養ですからしっかり与えてください。03.05.27


ふくらはぎに細長いあざが出来ました
もうすぐ2歳になる娘は、生後9ヶ月頃からふくらはぎに細長いあざが出来ました。主治医に聞くと「もう少し様子を見ましょう」と言われ、様子を見てきましたが、同じようなあざが2つ(一つは最初のあざの半分位 、もう一つは米粒位)出来ているのに今日のおふろの後に気づきました。小児医療の本を見ると、表面 が平らなので、「扁平母斑」か「カフェオレ班」のようです。
心配なのはさらに二つ増えているということです。どうしてこのようなあざが出来るのでしょうか?
一つだけの時はあまり心配していなかったのですが、何か重症の病気ではないでしょうか?
また専門医は皮膚科がいいのでしょうか?小児科がいいのでしょうか??教えてください。

***************

回答  たまごままネット医師団
皮膚のことに関しては実際に診察しないと責任を持ったお答えをすることはできません。それは同じように見えるものでもその出ている部位 、形、ほんの少しの色調の違いによって全く違う疾患になることがあるからです。今すぐ治療をしなければいけないものに関しては急いで診断をし治療方針を決める必要があります。急がなくても良いと判断した場合には「もう少し様子を見ましょう」ということになります。これは経過を見ている間により診断がはっきりしてくる場合があること、自然に軽快してくる場合があること、あるいは積極的な治療の必要のない場合などがあるからです。皮膚の状態はお母さんもよく見えますからいろいろ心配になることがあります。まず小児科に相談をし、その上で必要ならば皮膚科を紹介してもらうのがよいと思います。03.05.26


母乳に関しての質問があります。
生後10日の女の子を持つ母です。
もともと私がB型慢性肝炎を患っており、治療中に妊娠・出産しました。
肝炎のことが心配だったので、肝臓の治療をしている大学病院で出産しました。
妊娠中はHbe抗原・抗体とも+でした。出産後も値の大きな変動はないそうです。
出産後、赤ちゃんに免疫グロブリンを投与し、2・3・6ヶ月の時にワクチンとグロブリンを投与しましょう、という運びになっています。
入院中に内科の診察もあり、その時に「経口、血液感染をするから、お母さんの唾液や血液が赤ちゃんに入らないように注意してください」と言われ、気をつけています。
そこで、母乳のことなのです。
助産婦さんには「母乳を与えていい」と言われ、完全母乳で頑張っていますが、肝炎ウィルスが母乳の中に存在している、ということは本当に無いのでしょうか?大丈夫なのでしょうか?
産婦人科・小児科の先生方からは肝炎ウィルスと母乳の関係のお話は一切ありませんでした。
退院してから、ちゃんと聞いておかなかったばかりに、だんだん不安になり、もっと詳しく聞けばよかったと反省しています。
また、日に日に乳首を吸う力が強くなるにつれて、乳首を噛んで出血して、そこから赤ちゃんに感染しないかものすごく心配です。
このことを考えると、母乳を搾っておいて、哺乳瓶で与えた方が良いのでしょうか?

*************

回答  たまごままネット医師団
B型肝炎ウイルスは輸血による感染と母児感染が主な感染経路として知られています。輸血に関しては血液センターによる厳重なチェックにより感染の危険性は非常に少なくなっています。母児感染に対しては1986年より「HBV母子感染防止事業」が実施され、免疫グロブリンとワクチンの投与により、ごく希な胎内感染を除いて予防可能になっています。
母乳はこの様な予防措置が行われる前は一つの危険因子として考えられていましたが、きちんとした予防措置が行われれば、全く心配はないとされています。たとえ母乳の中に血液が混じっていても心配はいりません。「HBV母子感染防止事業」が始まって10年以上経ち、その中で安全が確かめられています。
どうぞ心配しないで赤ちゃんに直接オッパイを含ませてあげてください。03.05.26


5ヶ月ですが離乳食をはじめようと思います
5ヶ月と15日の女の子のママですが、そろそろ離乳食を始めようと思いますが、今は混合栄養で、授乳回数が4回です。(朝と夜は母乳)夜はとってもよく寝てくれて、朝10時頃まで起きません。
今はずっと朝10時、14時、18時、22時ととても規則的です。(途中果 汁40ml位)何時の授乳のタイミングで離乳食をあたえればよいでしょうか・・・。
朝は6時に起こして、10時の授乳時にあげた方がいいのでしょうか?

************

回答  たまごママネット医師団
離乳食は6ヶ月に入ってからゆっくり始めましょう。急ぐ必要はありません。今は母乳とミルクで充分の時期です。離乳食を始めるとき、与える時間はいつでなければいけないと言うことはありません。
お母さんがゆとりを持って赤ちゃんの相手のできる時間が有ればその時間を食事の時間としても良いでしょう。あるいは、お母さんが食事をするときに抱っこしながらおいしそうに食べるところを見せてあげ、欲しそうにお母さんをみるときに少しずつ口に入れてあげるようにします。そうすると嫌がらないでスムーズに進むことがあります。
ミルクとのタイミングは、始めはそれほど多く食べませんから離乳食の後にミルクを与えますが、食べる量 が多くなるとだんだん飲まなくなり、それにつれてミルクの時間も変わってきます。

これはお母さんが考えることではなく、赤ちゃんがそのタイミングを教えてくれますから、赤ちゃんに相談しながら進めていってください。03.05.25


赤ちゃんに鏡を見せるのはよくないのですか
今日は、赤ちゃんに鏡を見せることについて質問をさせていただきたく。
5ヶ月になる娘は鏡を見せると、にこにこして とても喜びます。自分だとわかっているようです。
しかし、「赤ちゃんに鏡を見せてはいけない」という説がありそれが本当なのか、医学的根拠があるものなのかが知りたく思います。
★ 後追いが激しくなる
★ 次の子が早くできる(これは明らかに迷信だと思います)
★ 夜 夢を見て夜泣きが激しくなる
これらの理由により、だめだとおっしゃる方が沢山いらっしゃるのですが、一方で自己を認識することにより、他人を認識するなどという説もあり本当のところを教えてください。

*************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんが発達してくると他人を意識することができるようになってきます。鏡に映る自分をみて、自分と違う他の対象として意識している状態です。これは正常に発達している一つの証拠ですから心配のないことになります。
少しすると鏡に映るものより自分のまわりの人たちにより強い興味を持つようになりますから好んで鏡を見ることはなくなってきます。
次には自分の周りの人と別の人の区別が付きだし、人見知りが始まりす。
★の様なことは医学的には聞いたことがなく、根拠があるとは考えにくいと思います。鏡を見て喜ぶからといって、鏡でばかり遊ばせるのは良くないと思います。お父さん、お母さんはたっぷり遊びの相手をして上げてください。03.05.25


乳首を強くかまれるのですがそれを止めるいい方法がありますか
現在もうすぐ2歳になる女の子と、来月で9ヶ月になる男の子がいます。今日は男の子の方の相談なのですが・・生まれたときからずっと母乳育児をしていますが、最近乳首を強くかんで遊んでしまいます。おっぱいを飲みたくないのでしょうか?とても痛いのでもう噛まれたくありません。何かいい方法はないでしょうか?

**************

回答  たまごママネット医師団
オッパイをかまれて痛くて大変という質問は良く聞きます。赤ちゃんはオッパイを飲むということの他にオッパイで遊ぶということを覚えてきます。噛んだときにお母さんが痛いと言ったときの反応が赤ちゃんにとっておもしろいものだったのかもしれません。
そんなことがきっかけで噛むようになることがあります。赤ちゃんは決して意地悪をしているわけではありません。私はこの様なときお母さんに次のようなことをしてもらっています。赤ちゃんが乳首を噛んでいたいとき、すぐに口から離します。そして赤ちゃんの目を見て「噛むと痛いから止めてね」というようなことを赤ちゃんにお願いします 。
これを噛まれるたびに繰り返します。赤ちゃんはお母さんの目からお母さんの感情を理解します。お母さんが困った眼をして赤ちゃんに話しかけると、してはいけないことと理解をして止めてくれるようになるようです。
今を乗り切ると卒乳まで母乳育児を楽しむことができます。すぐに止めてくれるというものではありませんが、効果 はありますので試してみてください。03.05.25


ブドウ糖の注射をされたのですが間違って高い濃度の注射をされ心配です。
先日、32週で双子を出産しましたが、1500gと1600gだった為、ブドウ糖の注射をされました。ところが研修医が誤って、本来12%濃度のところをを25%で注射しました。ミスに気づき謝りに来て、赤ちゃんに問題ないことを伝えられましたが、心配です。本当に大丈夫なんでしょうか?

***********

回答  たまごママネット医師団
32週で生まれた赤ちゃんには、水分投与や低血糖の予防のためにブドウ糖の含まれた補液を行います。赤ちゃんに起こる低血糖は重症になると非常に恐い合併症のため、血糖値に合わせてブドウ糖の濃度を調整して補液内容を調節します。
25%のブドウ糖の補液は一般の内容に比べ高濃度になりますが、どのぐらいの時間で気づいたのでしょうか?
短時間であれば全く問題ないと思われます。
長時間になると、高血糖になりますが、自分で調節して血糖値を下げるようになります。また抹消から高濃度のブドウ糖を投与するとすぐに点滴部位 が腫脹し漏れてしまいます。
誤りに気づいて急にブドウ糖濃度を下げると低血糖になることがありますが、血糖値を検査しながら経過を見ることで予防できます。
この様な誤りは有ってはならないことですが、完全になくすことも難しいことです。大切なことは、もし起こってしまったときに、赤ちゃんに後での問題が残らないように全力で対応すると言うことと、家族になるべく早くきちんと説明することだと思います。
何の説明もなく、うやむやにされてしまうことが一番不幸なことです。その点、早く説明がなされていると言うことは、その施設の危機管理がきちんとしていることを表していると思います。そのような施設は治療もしっかりしていると思われますので、赤ちゃんに対する説明も信用して良いと思います。

赤ちゃん達はオッパイの量が増えると点滴を終了することができるようになります。そのころからだんだん体重が増え始め、予定日すぎた頃には退院できるようになります。

今から赤ちゃんにあげるオッパイがたくさん必要になってきます。心配しているとオッパイもでにくくなります。主治医の先生とよく話し合って心配をなくし、赤ちゃんにたっぷりのオッパイを与えてください。03.05.24


子どもの成長が早いので心配しています
私は2歳8ヶ月の男の子と6ヶ月になる女の子を持つ2児の母です。
今回下の6ヶ月の女の子の子どものことで聞きたいことがあります。
成長が早いのか6ヶ月にしてつかまり立ちをしだしました。
小児科の先生いわく、なかにはする子どももいるから気にしなくても良いとのことでしたが、成長の過程がはやい子どもに見られがちなのかおっぱいの異常が見られがちと言うような事言われました。
思春期・・・・はっきりと聞き取れなくて分からなかったのですが、小児科の先生の言った意味がわかりにくく、言われてから悩んでます。大変な病気なんでしょうか?気にしなくてもいい病気なんですか?
ちなみにおっぱいの大きさ左右ともに1cmです。


回答  たまごママネット医師団
6ヶ月でつかまり立ちとは運動発達の早い子ですね。多くの赤ちゃんの中には早い子もいますから別 に異常でも何でもありません。お母さんが心配しているのは思春期早発症という病気のことだと思います。これはホルモンの病気で、女の子であれば7才未満に乳房発育や8才未満に陰毛・脇毛発生などがみられるのが特徴です。運動発達が早いことでこの病気を心配することはありません。もう一度小児科の先生に良く話を聞いてみてください。03.05.22


5ヶ月半の男の子について3つ質問があります。
1:時々、頭だけが異常に熱くなることがあり、心配です。
体温を測っても37度前後で特に問題なさそうなのですが、頭だけがすごく熱いのです。
何か問題があるのでしょうか。
2:3日前、水っぽい便の中に、まるで茹でたエノキのような白っぽい長いものが混じっていました。
これは寄生虫なんでしょうか?それ以来まだ1回しかうんちをしていませんが、そんなものは出てきませんでした。
3:最後に離乳食についての質問です。
実はまだ何も始めていないのですが、すでにおっぱいの回数は3〜4回で、時間帯も大人の食事とほぼ同じ、朝6時半前後、昼12時前後、(夕方5時前後)、夜寝る前7〜8時です。
結構間隔があいているので、離乳食はこの間を狙ってあげるものでしょうか。
それと、夜のタイミングが気になるのですが、今はお風呂からあがって、おっぱいを飲んで寝ます。
寝る前のおっぱいは癖になり、なかなか離乳できなくなると聞きました。
お風呂の前におっぱいをあげて、お風呂上りは白湯などにして寝かせたほうがいいのでしょうか。
離乳食はお風呂からあがってからと、お風呂に入る前と、どっちがいいのでしょうか。

*************

回答  たまごママネット医師団
1.頭が熱い:小児科の外来で良くお母さんが同じことを言います。発熱は全身の熱が上がることを言いますから、頭だけ熱が上がると言うことはありません。一部分の発熱は、捻挫をしたときや虫に刺されたときなど局所の炎症の時に見られます。頭だけ炎症を起こすことはありませんので頭だけ熱が上がることはありません。この様なときには着せすぎをしていないかを注意します。着せすぎの時には手足が冷たいのに頭が熱いと感じることがあります。病的に問題になることはありませんので心配しなくても良いと思います。

2.便の中に:便の中にはよく見ると変なものが入っていることがあります。現物を見ていないのではっきりとは言えませんが、おそらく粘液の変化したもので心配のないものだと思います。寄生虫とは考えにくいと思います。もし繰り返しみられるときには便を持って小児科を受診してください。

3.離乳食:離乳食は6ヶ月に入ってから始めます。オッパイの回数が3〜4回というのはオッパイのでがよく赤ちゃんも上手に飲んでいるのだろうと思います。離乳食のはじめは1回食ですから時間はお母さんがゆっくり赤ちゃんの相手ができる時が最適です。
あるいはみんなが食事をしているときに赤ちゃんは欲しそうな顔をしてよだれを流します。このときに与えるとスムーズに進むこともあります。離乳食が進むとオッパイを飲むリズムも変わってきますから、赤ちゃんに相談をしながら勧めてください。寝る前にオッパイを与えると離乳がうまくいかなくなるということはありません。まだ夜間に2回ぐらいはオッパイを欲しがっても良い時期です。お風呂上がりにオッパイをあげてください。
白湯は赤ちゃんにとって必要のないものです。03.05.22


生後2ヶ月の子どもの目が見えないのではないか心配です
あと一週間程で生後2ヶ月になる男の子の事で質問させて下さい。
次男は妊娠39週0日で正常分娩、2,710gで産まれ、その後も母乳のみで順調に発育、現在5,000gを超えたところです。1ヶ月半の時まだ眼が見えないのではないかと気になり総合病院で小児科眼科を受診、眼自体には何も異常はないが強い光を嫌がらないので要観察、2ヶ月半まで様子を見て変化がないようなら脳の検査をしてみようと言われました。
今はあやすと微笑んだり、一人で声を出して遊んでいたりと多少変化はあったのですが、やはり視点合っていないようです。明暗は分かるようなのですが。長男は一ヶ月前後でしっかりと見つめてくれたので、それも比較してしまい心配で仕方ありません。
脳検査はまだ2ヶ月の乳児には辛いものなのでしょうか?またその後遺症などは?そして、万一脳の障害なら治療可能なのでしょうか?眼、脳以外にメンタルな面 などからも原因は考えられなのでしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんの視力は非常に弱く、20〜30cmの距離はよく見ることができますが、それ以上になるとボンヤリになります。抱っこをして赤ちゃんの目を見てあげると1ヶ月で目と目が合う感じになり2ヶ月になると目でゆっくり動くものを追うようになります。
ただし個人差があり1ヶ月ぐらいの余裕をみる必要があります。このためすぐに異常があるとは判断しないで2ヶ月半まで様子を見ましょうということになったと思います。
眼自体に異常がないとすれば、強い光に反応が弱いと言ってもすぐに異常というわけでもありません。経過を見て判断すると言うことでよいと思います。
脳の検査はCTかMRIのことだと思います。検査の時には点滴をする場合があります。動かれると検査ができませんから眠らせる薬を飲ませたり、点滴から薬を投与したりします。後は写 真を撮るだけで、赤ちゃんでも普通に行う検査ですからつらいものではありません。
今の時点で異常があると決まったわけではありません。今大事なことはしっかり経過を見ることと、時期に合わせて検査を行うことだと思います。治療に関しては、病気が見つかり、診断名がわかってからのことになりますので今から心配するのは早すぎます。
お母さんが心配なことは先生達に質問し、理解ができるまでよく説明をしてもらってください。
質問の内容からは発達の良い赤ちゃんのようです。心配だとは思いますが、あまり心配な顔で赤ちゃんをみると赤ちゃんも不安になり元気がなくなることがあります。お母さんはゆっくり赤ちゃんにオッパイをあげてください。03.05.21


後5日で3ヶ月になる娘の事なのですが最近ミルクの量 が減ってきました。
今までは120から150くらい飲んでいたのですが最近、80から100位 になりました。本などで3ヶ月位になると満腹中枢が発達してきてミルクの量 が減ると書いてありますがミルクの間隔も同時に4時間おきになり、しかも量 も減るのですか?
それと口をペロペロさせていていかにもミルクが欲しいって感じで哺乳瓶をくちにあてると吸い付いて来て飲みだすのですが、何故かちゅぱって変な音が出たら凄く嫌がって激泣きをするのです。
ミルクの最中にチュパっていう変な音ってどうして出てるのでしょう?
決まってそうなると嫌がって飲まなくなるんです。
泣いた後でも口をペロペロしているのに。
娘は36週0日でちょうど一ヶ月早く生まれました。体重は現在5200グラムです。
出生体重は2476グラムでした。
以前乳首をMサイズ変えましたが出すぎて泣いたのでSサイズに戻しました。
これがきっかけで吸い方に違和感をもったのでしょうか?

************

回答  たまごママネット医師団
3ヶ月少し前の赤ちゃんであればミルクの飲む量が減ったのはお母さんが考えているように満腹中枢の発達によるものだと思います。一時期心配になるぐらい飲む量 が減ることがありますが、しばらくするとだんだん増えてきます。哺乳間隔も少しのびることがありますが、またいろいろに変化します。機嫌が良くあやして良く笑ってくれるようでしたら心配はないと思います。もし機嫌が悪いようであれば病気があって飲みが悪くな
っていることもありますからかかりつけの小児科に相談してみてください。
乳首に関しては、赤ちゃんはいつも使っている乳首を変えると嫌がることがあります。
でも何回か使っているうちに慣れて飲みも安定してきますので、あまり気にすることはないと思います。
チュパっていう変な音:これはよくわかりません。ミルクをグイグイと飲んで瓶の中が陰圧になって、そこに急に空気が入ったための音でしょうか? 音にびっくりして泣くことは考えられます。飲むのに合わせて空気が入るように調節してみてください。
36週で生まれ、今5200gであれば発育の良い赤ちゃんだと思います。赤ちゃんは発育発達するに従いいろいろ変化し、お母さんに少し心配を掛けることがあります。一般 状態をよく見て機嫌良く普段と変わりがなければあまり心配をしなくても大丈夫です。03.05.21


赤ちゃんの体重が増えすぎて心配です
4月に出産をして1ヶ月半になります。出産は2人目です。母乳で育てています。母乳の出は良いらしく、生れた時の体重3080グラムに対して、1ヶ月検診では4500グラムを超えていました。
検診と時に医師からは1日平均60グラム増えていますねと言われました。現在1ヶ月検診より10日が過ぎたのですが、既にその時よりも約800グラムが増加しています。単純に計算をすると2ヶ月になる頃には7000グラムになる勢いです。
授乳の間隔は3時間が基本で、なかなか眠りにつけない時にはしゃぶりたがるようです。母乳は肥満にはならないと聞いたのですが、このまま増えつづけても大丈夫なのでしょうか? 1人目は生後1ヶ月くらいから7ヶ月まで母乳のみでした。上の子はどちらかというと痩せ型だと思います。

**************

回答  たまごママネット医師団
母乳育児ですばらしい体重の増え方ですね。これはオッパイの出がよいのと赤ちゃんが大きくなる素因を持っているためだろうと思います。体重も増え方が少ないとオッパイが足りないのではと心配がでてきますし、増えると肥満になるのではと心配になるものです。増えたからと言ってダイエットを考えて哺乳を減らすなんて考えないでください。体重の増え方は月齢が進むにつれて減ってきます。
決して直線的に同じような増え方はしません。また、今は満腹感がなくお腹いっぱい以上に飲んでいますが、3ヶ月少し前になると満腹感がわかるようになり自分で満足するとオッパイを離すようになってきます。この頃になると飲む量 が少し減ることもあります。ですから、今のままどんどん大きくなることはありませんので心配しないでください。
乳児期にまるまるとしていた赤ちゃんも、1才をすぎる頃になると幼児体型に変化し、すっきりした体型になってきます。なるべく薄着にして、靴下もはかせないで体を動かしやすいようにしてあげてください。乳児期の体重はその後の肥満には関係しません。
離乳食やおやつで甘いものをたくさん与えると、その後も甘いものを多くとるようになります。
これは肥満につながりますから注意が必要です。もし2歳半から3才の頃に肥満の傾向があれば、学童期の肥満につながる可能性が高くなりますから、早いうちから食事や運動に気をつける必要があります。

上の子がやせ形だとしたら、この子も幼児期にはすっきりした体型に変わってくるのだと思います。今、何も心配をする必要はありません。ゆっくりたっぷり母乳育児を楽しんでください。03.05.19


妊娠中の食生活と子どもの症状とのかかわりはあるのでしょうか?
現在6ヶ月の子どもがいます。4月から保育園に通い始めました。そこの保育園はとても食事に気おつけていて、玄米食で加工食品や卵を使わない食事です。健康のためにとてもよいと思いますが、保育園に通 っているお母さんが、イチゴ腫が子どもにできたのは、妊娠中にお肉を食べ過ぎているから、中耳炎になったのは、妊娠中甘いものの食べ過ぎ、泣き声がキーキーうるさいのは卵のとりすぎだ!っといわれたそうです。

*************

回答  たまごママネット医師団
今の時代、安全な食品に対する関心は大変なものがあります。自分のため、子どものため安心安全な食品を食べようと言うことは大切なことだと思います。その意味からはその保育園の取り組みは悪いことではないと思います。
ただ、こだわりが強いと子どもに起こる様々なことを食事と結びつけて考えてしまうことがあります。質問にあげられているようなことは、裏付け(エビデンス)があるとはいえず、また一般 に認められてい
ることではないと思われます。
医学的に考えても苺状血管腫や中耳炎は妊娠中の食事と関係するという報告はありません。苺状血管腫は多因子遺伝+環境要因によって起こりますし、中耳炎は乳幼児の鼻腔と耳管の未熟性によって起こります。タマゴのとり過ぎと赤ちゃんのアトピー性皮膚炎との関連を指摘する報告はありますが、性格と関連するという報告は知りません。
妊娠中の食事とアトピーとの関連は否定できませんが、あまり心配するものではないと思います。03.05.13


昼寝が短いので心配です
産後3ヵ月になる新米ママです。子どものことなのですが最近日中のお昼寝が長くて30分ぐらいで目を覚ましてしまいます。
何かの拍子にビクッとなって起き、本人はもっと寝たいのか起きるとぐずるります。
こんな時何かぐっすり寝させて上げられるようなアドパイスがあれば教えて頂きたく思います。

**************

回答  たまごママネット医師団
3ヶ月になると赤ちゃんは昼と夜のリズムがはっきりし始めます。昼の時間帯は目を覚ましている時間が多くなり、眠りも浅くなります。夜は反対に眠る時間が長くなり、深い睡眠をとるようになってきます。質問の赤ちゃんの様に、お昼寝の時間が短く、すぐ目を覚ますようになったということは、赤ちゃんが健全に発達しているということです。
起きているときにより多くの刺激を与えてあげることがその後の発達に大切になります。抱っこをして、声を掛けて、いっぱい遊んであげてください。時々は外へ連れて行ってください。赤ちゃんは機嫌良くオッパイもたくさん飲んでくれるようになり、夜の寝る時間もだんだん長くなってくれると思います。質問の赤ちゃんは心配な赤ちゃんではなく、良い発達をしている赤ちゃんのようです。03.05.13



渡辺 真史先生 山形県立中央病院小児科 山形市青柳1800

岡村先生 岡村産婦人科医院 大阪府堺市槙塚台1丁-11-3
竹中先生 大阪労災病院 小児科 大阪府堺市長曾根町1179-3
衣笠先生 尼崎医療生協病院  兵庫県尼崎市南武庫之荘11-12-1
池川先生 池川クリニック 横浜市金沢区大道2-5-13
石井先生 石井第一産科婦人科クリニック 静岡県浜北市小松4498-5