育児相談室
1歳1ヶ月の女の子がいますが、離乳食を食べてくれません。
もともと食べるほうではなかったのですがそのうち食べるだろうと気楽に考えていました。しかし、用意した食事を完食したことはなく、体重も8.5キロ前後と10ヶ月頃から増えず心配になってきました。
食事に対する興味はあり、お皿やスプーン・フォークを自分で持って食べようとしていますが、ほとんど口には入りません。でも食べさせられるのは嫌みたいでそっぽを向いてしまうか、口に入れても吐き出されます。好きなようにさせようと様子を見ますが、結局、食べられたのは3〜4口で食事はスプーンでかき混ぜられ、ぐちゃぐちゃびちゃびちゃになって終わります。
栄養不足が心配で、つい母乳をあげてしまいます。母親教室での知り合いが断乳したら食事量が増えたといっていました。回数を減らそうと試みましたが食事の量は変わりません。かえっておっぱいを飲んでいる時間が増えました。
ここで、母乳育児の楽しさを知り、無理におっぱいをやめようとは考えてもいなかったのですが、食事のためにはおっぱいやめるなり、回数減らすなりしたほうがいいのでしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
ちょうど遊び食いに時期になっているようです。食べ物を手でぐちゃぐちゃにして、少し食べながら周りにまき散らすようにします。
お母さんからみるとほとんど食べていないように見えますから心配になります。でも赤ちゃんはなんだか満足したような顔をしています。
 この遊び食いをじゅうぶんすることにより、次のステップであるスプーンを使って食べるがみられるようになります。
この時期にお母さんが我慢できなくなり、スプーンでしっかり食べさせようとすると食べることに興味を持たなくなり、かえって後で食事の問題を抱えることになることがあります。
  質問の子は今大事なことを経験していると考えてください。

お母さんが気をつけることがいくつかあります。

第一に食事に時間にお腹が空いていることが大切です。
1時間前ぐらいからは何もあげないでください。
何かを食べて血糖値が高くなると食欲が無くなり遊ぶだけで食べなくなります。

第二に食事の時間を区切ってください。いつまでもだらだら遊び食いをするのはよくありません。30分位を目安にお母さんが食べるのを手伝ってください。食べるときは食べさせますが、嫌がるときはそれで食事の時間は終わりにします。食べていないからといって心配することはありません。

第三に母乳は欲しがるように与えてかまいません。母乳を止めてまで離乳食を進める必要はありません。離乳のペースは人それぞれです。ゆっくりでも何の心配もありません。

第四に楽しくおいしい食事です。家族みんなが食べているとまねをして食べるようになります。一人だけの食事だと遊び食いが多くなることがあります。食べるものはお母さんが食べているものの中でこの子が食べられるものにします。お母さんがおいしいものはよく食べてくれます。

1才になると乳児体型から幼児体型に変わってきます。体重が変わらず身長が伸びてきます。
今この時期ですから体重は気にする必要はありません。
『母乳育児の楽しさを知り、無理におっぱいをやめようとは考えてもいなかった』というお母さんの気持ちを大切にしてください。 
渡辺眞史先生 04.9.17

離乳食について教えて下さい。
うちの子はもうすぐ6ヶ月になる女の子なのですが、11日前から離乳食を始めました。
最初は10倍がゆだけだったのですが、4日前から裏ごしした人参も小さじ1杯だけ食べ始めました。
だけどずっとその人参が、ウンチにそのまま出てきます。
もうそろそろ小さじ2杯に増やしたいのですが、このまま人参を続けても良いのでしょうか?
それとも他のメニューを始めた方が良いですか?

****************

回答 事務局
赤ちゃんは離乳食を喜んで食べていますか?
もうすぐ6ヶ月ということはおおむね離乳食の開始時期ではありますがお子さんの胃腸の状態から言ってほんの少し早いのかもしれません。
しかし人参というのはうんちの元になりやすい食材なので離乳完了期くらいのうんちになるまではきっと他のどの食材よりも目立ってしまうと思います。
初めて食べさせる食材にはどれが良いのか悩むお母さんは多いです。
結論から言えば離乳開始に伴って下痢症状が出てくるようならばしばらく待ってから始める方が無難です。
早すぎる離乳開始は赤ちゃんの胃腸に負担をかけアトピーを含むアレルギーを誘発しやすいことは最近では一般に知られるようになって来ました。
嫌がらなければ今のように少しずつ進めていっても良いと思います。
人参のようなはっきりとうんちになるものが消化不良のせいか気になるようでしたらしばらく人参はお休みしてイモ類、かぼちゃなどから始めてみてはいかがでしょうか?
味付けは初期であれば昆布だしなどがアレルギーの抗体を持たないためお勧めです。
これは私の経験談ですがうちの子どもたちはみな、7〜8ヶ月になるまで母乳以外は与えませんでした。
そしてそのころから開始する離乳食は大人の食事からのとりわけで進め、わざわざ離乳食を作ることはしてきませんでした。
取り分けをするためには温野菜中心の食事、薄味の食事が多くなり結果として大人の食生活の見直しも出来るのでお勧めです。
子育てに焦りは禁物です。
赤ちゃんのペースに合わせて「戻ってもいいこと」を忘れずに楽しんでいって下さい。
応援しています。あなたの子育てを・・・。04.9.17


1ヶ月の子がいます。抱っこすると体をよじり、手足をバタバタさせて大泣きします。
祖母が抱くと眠ったりしますが、私だと駄目で、おっぱいを吸わせないと泣きやみません。
最近じっと見るようになってきましたが、私をみるとしかめっつらになります。
旦那にはたまに笑いかけたりします。抱き方がわるいのでしょうか?
  産後すぐ、赤ちゃんが病気になり心配で覗き込んだり、医学書ばかり読んでたのがいけなかったのでしょうか?
抱っこは親子の絆に重要といいますし、どうしたらよいのかわかりません。歌っても、笑いかけても、添い寝しても怒ったような顔に見えて、悲しいです。
おっぱいの後や、眠いとき、人が来てるとき、外に行くときは抱っこしても泣かないことが多いです。
泣いたらすぐおっぱいをあげてるんですが、このままでよいのか不安です。赤ちゃんがストレスかんじてないかも心配です。親子関係も大丈夫でしょうか?
赤ちゃんにとっても実家にしばらく帰った方がよいでしょうか?<赤ちゃん同伴>顔を見ると、かわいいし、自分の子どもやから、話かけたり、泣いたら嫌がられても抱っこしてしまいます。触れたくて手も握ってます。やりすぎてしまってるんでしょうか?ママは嫌が植え付けられてしまったきがします。
プラスに考えようと思っても嫌がられるたびに何で?と考えてしまいます。心は通じ合う時がくるのでしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんはお母さんの顔を見てお母さんの今の気持ちを感じ取り、似たような気持ちになります。お母さんが思い悩んで赤ちゃんの相手をすると、赤ちゃんも元気がなくなり機嫌も少し悪く感じることがあります。今、お母さんは赤ちゃんに対してすごくよいことをしています。赤ちゃんのことをいっぱい思って、オッパイをしっかりあげています。
 赤ちゃんにはそれだけで十分です。お母さんは一生懸命のあまりがんばりすぎているのかもしれません。

肩の力を抜いて赤ちゃんと楽しもうという気持ちで接してみてください。
すぐには無理かも知りませんがだんだん赤ちゃんが微笑んでくれることを感じられるようになってきます。
お母さんのリラックスも大切です。今忙しくてとても余裕がないと思うかもしれませんが、たとえば好きな歌を口ずさんだり、趣味のことを少ししてみるなどちょっとのことで気分が違ってきます。また実家に帰ることができるなら気分転換ができよいことです。生活のための仕事から解放され赤ちゃんとゆっくり相手をすることができます。お母さんの気持ちを切り替えることができる思います。
赤ちゃんはお母さんと気持ちが通じています。いろいろ心配しないで、少し手を抜いてもよいですから、今していることをそのまま続けてください。これだけのことをしてあげているお母さんの気持ちは赤ちゃんもきっとわかっています。今にやっぱりお母さんのことが好きなんだという表情を見せてくれます。

質問の内容からだけではお母さんを取り巻く生活環境など詳しいことがわからず、適切なアドバイスは難しくなります。
  近くに育児相談のできる小児科の先生がいたら一度相談してみてください。お母さんの気持ちを話すことができるとそれだけでも気分が変わります。その上で生活に合ったアドバイスをしてもらえたらもっと楽になると思います。
渡辺眞史先生 04.9.16

歯科治療で処方され母乳を断つようにいわれましたが断つ必要があるのでしょうか?
歯の治療のため薬を出されましたが、その薬を飲んでいる間(2週間ほど)母乳を断つよう言われました。2週間も空けてしまったら母乳が止まってしまうかもしれないと不安で仕方有りません。
出された薬は「カロナール」と「アレンフラール」です。飲みながら授乳できる、との友人の意見もありますが、大丈夫でしょうか?赤ちゃんにどんな危険がありますか?歯科の担当医に相談したのですが、専門じゃないので産婦人科や小児科に聞いてみて欲しいと言われ困っています。やはり母乳はあげてはタ゛メなのでしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
カロナールもアレンフラールも、母乳育児を続けながら服用して大丈夫です。
ただ、母乳育児をしているときのお母さんの薬の飲み方の基本は以下の通りです。
母乳育児中の薬の服用は、できるだけ授乳直後に服用すること、1日のうちで最も授乳間隔の空く授乳の終了直後などに服用するようにしたら薬の母乳を通した赤ちゃんへの影響を最小限にできます。
平林先生 大阪市立十三市民病院 小児科 04.9.16


薬の母乳への影響が心配です。
現在6ヶ月の娘がいます。生まれてからずっと母乳でそだてています。娘が生後1ヶ月のころから私が皮膚科の薬でジルテックとツムラウンセイインを飲んでいます。
飲んでいる期間が長いことと、母乳に影響がないのか心配です。
赤ちゃんには影響はないのでしょうか?もしあるとすれば どのような影響があるのでしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
母乳を中止する必要はありませんが、赤ちゃんに鎮静効果が現れる可能性があります。
赤ちゃんが眠りすぎたりしていないかなどに注意してください。
母乳育児の薬の服用は、できるだけ授乳直後に服用すること、
1日のうちで最も授乳間隔の空く授乳の終了直後などに服用するようにしたら薬の母乳を通した赤ちゃんへの影響を最小限にできます。平林先生 大阪市立十三市民病院 小児科 04.9.16


1ヶ月7日の男の子の授乳の事で質問させていただきます。
母乳マッサージに行き色々相談し、1回90CC(1日6−7回)あげていた母乳後のミルクを70CC(10回ぐらい)にして、その数日後赤ちゃんの体重が増えていたのと4−5時間寝てしまう事を話した所で、ミルクが多すぎると言われ、母乳も出ている様なので母乳後のミルクを40CCにすよう言われ、そうしているのですが、それでもお腹がすいて泣く事はほとんど無く、4-5時間寝てしまい起こして授乳することが多いので、心配になってしまっています。
赤ちゃんの起きているときの機嫌はいいのですが、授乳時間が3時間ごとぐらいにさだまらないため、授乳回数が6−7回になってしまっています。以前より寝ている事が多いようにも思え、搾乳をしても10-20CCなので、母乳がでているとは思えないので心配です。このまま、4〜5時間ごとの授乳をつづけてもいいでしょうか。
出生体重は、2878kgで、現在の体重は、4、5kgです。

**************

回答  たまごママネット医師団
まず、おしっこの回数と量がしっかりあれば(日に七回程度)赤ちゃんの成長に十分な量のおっぱいが飲めていることがほとんどです。おっぱいは、人が手で搾るより、赤ちゃんが直接飲むほうがうんとたくさん出るので、搾ったおっぱいの量は赤ちゃんが飲めているおっぱいの目安にはなりません。
体重の増え方がかなり大きいので、現在の授乳量が赤ちゃんにとって足りなければもっと文句を言われてますよ。
今の赤ちゃんの状態であれば、ミルク追加をやめて、おっぱいの回数が増やすことが出来ると思います。一度にミルク追加をやめてしまうのが不安であれば、日に一回ずつ、ミルク追加を減らしていきながら、おっぱいの回数を増やしてはいかがでしょうか?
おしっこの回数や量が減らなければ自信をもっておっぱい育児をしていただけると思います。
おっぱいは吸われる回数が増えれば増えるほどよく出るようになります。肩の力を抜いて、おっぱいの時間を楽しんで下さい。04.9.14


職場復帰(来月)に伴って断乳をするか悩んでいます。
来月で7ヶ月になる女の子のママです。生まれてからずっと母乳で育ててきました。
その理由二つあります。一つ目はこれまで私のおっぱいはトラブルだらけだったからです。
粗食を心がけて乳製品を摂らなくても、少しでもおっぱいを溜めたままにしておくとしこりや白斑ができて何度も桶谷式のマッサージを受けに行きました。
助産師さんからは「双子が育てられるぐらいの量だね!こういうおっぱいはメンテナンスが大変よ〜。」と言われています。
これが職場に復帰して日中の授乳が無くなると私のおっぱいはどうなってしまうのかとても心配です。
二つ目は、保育園の先生から哺乳瓶(ミルク)に慣れさせておくよう言われたことです。
先日哺乳瓶に母乳を入れて飲ませようとしたら泣いて嫌がられました。
哺乳瓶に慣れさせないまま保育園へ預けるのは娘に申し訳ない気がします。
今からおっぱいをやめて哺乳瓶にするべきなのか悩んでいます。
できれば娘がおっぱいに自然とバイバイできるまで母乳育児を続けたいのですが上記の理由から悩んでいます。よきアドバイスをお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
さて、ご相談の件ですが。
本当にたいへんですよねえ!こういうご相談は結構多いですが。
お仕事と母乳育児の両立の話ですが。
日本女性は天秤に掛けるのが大変好きです。
仕事か結婚か!
子どもか仕事か!
そして、母乳か仕事か!
ちなみにスウェーデンの女性に尋ねると・・・「なぜどっちかを選ばないといけないの?どちらも大切よ」ときます。
どの道を選んでもいいのですが。
おっぱいがたくさん出ている方にとって断乳ほどリスクの高いことはありません。
断乳すると赤ちゃんにとっては計り知れないデメリットが考えられます。お母さんの健康からいっても授乳中のほうが免疫やパワーがみなぎるように体が作られていることは一般には知られていません。
昼間仕事をするとおっぱいのリズムは夜型に変化します。これは母乳授乳の女医さんの実験済み。
最初のころは職場で一回だけ、やや楽になった程度に絞っておくだけ。
  手絞りが下手ならいい機械もあり。これらのグッズはみなヨーロッパ製。なぜなら彼らは母乳の健康への影響どころか母子間や家族の個人としても幸せだけでなく社会的な幸せにも大きく影響していることを知っているからなのです!

哺乳瓶に慣れる話ですが。
 もしあなたが南米旅行を計画していて現地のものを食べることになりますが。行く前から食べる練習をしますか?
赤ちゃんはまったくその発想はありません。お母さんや保母さんの心配はいざ哺乳瓶で飲ませようとして赤ちゃんに拒否されるのがいやか、または心配だということですね?
大人の問題です。赤ちゃんは昼間お母さんがいないことを前もって予測できませんが、その状況になると必然お腹も減るので保母さんによる保育(授乳)を受け入れるようになります。もし、お母さんがその保母さんを信頼していなければ赤ちゃんも信頼するまでに時間が必要になるかもしれません。
  お仕事が始まって状況の変化を赤ちゃんなりに受け入れる様子を母と保育士双方で連絡しあいながらいくと赤ちゃんはスムーズに適応するでしょう。そのプロセスを面倒くさがったり楽しめないと「合理主義育児」にはまり、やがては大きくなった赤ちゃんが苦労することもありえるでしょう。
ママじゃないといやって主張する小さないのち!いじらしいじゃあないですか!!だからお仕事終わって一目散でわが子を抱きに帰り、抱擁の挨拶が終わって乳を含ませる・・・。古代から延々と続いてきた風景です。
時々おっぱい詰まっても何とかなるさ。と思えるようになるといいですね。 大牟田先生 春日助産院 04.9.14

育て方について
私は2歳8ヶ月の女の子と2ヶ月の男の子がいます。最近上の女の子が私が怒ったりするとすぐに「ごめんなさい。」と謝り、親の顔色を伺うようになってしまいました。
  わたしもイライラをつい上の子にぶつけてしまいます。祖母は孫の言うことをなんでも聞き入れ、何でも買ってあげ子供の思い通りにさせてます。
私はほしいものが何でもすぐに手に入るとは娘に感じてほしくないのですが、私が叱るとすぐに「ばーば。ばーば。」と祖母のことを叫びます。余計に私もいらいらしてしまいます。このままだとどんどん親の顔色を伺いそうで不安です。私は娘のことは大好きなんです。きつく叱りすぎるのでしょうか。

*************

回答  たまごママネット医師団
2歳8ヶ月と2ヶ月の子どもさんをお育てになり、さぞ苦労がたえないと存じます。
さて、ご質問の件ですが、通常、下にお子さんが誕生されると、上のご兄弟の中には「赤ちゃん返り」といって、今まで身の回りのことができていたのに、それをしなくなり親にしてもらいたいとだだをこねたり、お姉ちゃんらしくふるまえていたのに、赤ちゃんのように甘えたりといったことが多くなります。また子どもによっては、夜尿やぽんぽんが痛いというように体の症状が出る場合もあります。
 長男や長女さんにとって兄弟ができるのは、うれしい出来事である反面、下の兄弟がお母さんやお父さんの愛情を奪ってしまう存在でもあり、今まで、自分の事だけに親の意識や注目があったのに、それが弟や妹に奪われてしまわないか、あるいは自分はもう親にかわいがられないのではという不安を持つと思います。
 そのために「もっと自分を見て!」「自分にかかわって!」と無意識にサインをだすことが多いようです。

その言動や症状が、お母さんをイライラさせる原因になり、「あなたはおねえちゃんなのに、どうしてこのようなことばかりするの!」とか、「だめなおねえちゃんね!」とか結果的に親が叱ったりすることになります。

「あかちゃん返り」というのはむしろ2〜3歳頃の乳幼児では普通にみられることではないでしょうか?
そのように考えると、この子が「ごめんなさい」とか「親の顔色を伺う」というのは、自分の欲求だけを周囲のお構いなしに全面にだすのではなく、お母さんの「大変さ」や「いらだち」を気遣いながら、自分の気持ちや行動に制限をかけているということになります。

 一般的に自我の強くなるこの2歳という年齢から考えると、お母さんの気持ちや表情をよく把握し理解できているお子さんだなーと感心します。
 対応としては、お母さんは下の子の世話がとぎれたり、少し気持ちが落ち着いている時に、「お姉ちゃん、よくがまんしたねー。おねえちゃんのことも大切なんだよ」と抱きしめてあげたり、お姉ちゃんが赤ちゃんのように抱っこやスキンシップをねだれば、それをかなえてあげたらよいでしょう。

お母さんがきつく叱る場面もあるとは思いますが、それと同じくらいのエネルギーでしっかりほめてあげる場面があってもよいでしょう。
それからおばあちゃんというのは、大方孫には甘くなるようです。ある意味、仕方がないのかもしれません。しかし、子どもにとっては、おばあちゃんよりもお母さんの存在のほうが大きく大切です。
おばあちゃんよりもお母さんに甘えたいという気持ちがだせずに「ばーば、ばーば」といってるのかもしれません。

そして、子育ての協力者として、おばあさまがおられるのは有り難いことだと思いますよ。
お母さんはイライラせず、何年かかってもよいから、いつか「ばーば、ばーば」が「まーま、まーま」になってくれたらいいというくらいの夢をもって子育てをしていただけたらと思います。竹中先生 大阪労災病院小児科 04.9.13

ソファーから落ちて心配です。
今日、一瞬主人が目を話した隙に、ソファーにおいていた4ヶ月の赤ちゃん(息子)が寝返りをうち、フローリングの床に落ちてしまいました。
ソファーの高さ40センチぐらいからです。
すぐに泣いて、抱っこしたら泣き止みました。その後は普通におっぱいを飲み、機嫌も良くしています。
なので、主治医の受診は受けませんでした。
すぐ泣いても後から後遺症など出てくるものでしょうか。どんな症状が出たら危険ですか?
私もいなかったし、主人も落ちた瞬間を見ていないのでどこを打ったか分からずとても心配になっています。よろしくお願いいたします。

*************

回答  たまごママネット医師団
患者さんを診ずして回答するのは無理・無茶な事と言うのを理解した上で、読んでください。まづ貴女自身もきっと気にされていると思うのですが、頭を打っていないかと言うことでしょう。強く打って頭蓋内出血を起こしてないかと言うわけですが、その様なことがあればまず元気がなくなり、嘔吐や痙攣、意識消失と言った症状が出てくるわけですが、最初の元気がなくなったりしたらすぐに病院へ行くことではないでしょうか。
余り参考にならなかったように思います。小野先生 小野レディースクリニック(小野市)04.9.12

保健師さんに、泣いてもすぐに抱き上げたりおっぱいをあげないように言われて悩んでいます
今週で4ヶ月になる赤ちゃんのことで質問お願いします。夜中は3回(毎3時間)目を覚まして授乳(母乳)しています。保健師さんに、泣いてもすぐに抱き上げたりおっぱいをあげず、5分10分と待ち赤ちゃんが自然にひとりで眠れるよう訓練するようにと言われました。ただ昼間も3時間ごとに泣いておっぱいをあげているので、夜中も本当にお腹が空いているのかおっぱいをあげるまで泣きやみませんし、空腹なら放っておくのも可哀相に思います。
おしゃぶりは受付けませんし、夜中の授乳は泣く度にしていていいのでしょうか?
それとも泣かせて放っておくべきでしょうか?母乳はいくらでもあげていいと聞きましたが、うちの子はとても大きくて私がおっぱいをあげすぎているせいじゃないかとも思います。ただ口寂しいだけの時に食べていたら大人だって太りすぎになりますし・・。どうぞよろしくお願いします。

***************

回答  たまごママネット医師団
ずいぶん厳しい保健師さんのようです。赤ちゃんは泣くことでしかお母さんに何かをお願いすることはできません。泣いているときにきちんと赤ちゃんに対応をしてあげることは赤ちゃんとお母さんの信頼関係を強くするために大切なことです。泣かせっぱなしにすることはよいこととは思いません。4ヶ月の赤ちゃんであれば3時間毎にオッパイを欲しがっても不思議ではありません。泣いておっぱいを欲しがったらその度にあげても問題はありませんが、いくつか注意をしてください。
 寝ているときはベビーベッドでしょうか? 赤ちゃんはお母さんのにおいが感じられないとよく目を覚まします。
添い寝をし、お母さんがすぐそばに寝ていると安心して目を覚ます回数が少なくなるかもしれません。
 昼間はどのように過ごしているでしょうか? 赤ちゃんにも一日の生活のリズムがあります。日中にたくさんの刺激を与えると夜の寝る時間が長くなります。寝ているからと静かにしている時間が長いと夜の眠りが浅くなり何度も目を覚ますようになります。
日中はたっぷりと遊んであげてください。
 もし飲み過ぎに心配するようでしたら、日中におっぱいを欲しがったら赤ちゃんの体をなでるようにして遊んであげたり、外に少し出てみたりして、それでも欲しがるときに飲ませるようにしてみてください。夜は欲しがったらすぐに飲ませてかまいません。添い寝をしていると少し含んだぐらいで寝てくれることが多くなります。
質問からはよく飲んで元気な赤ちゃんのようです。赤ちゃんと楽しむようにしてみてください。
渡辺眞史先生 04.9.11

「尋常性白斑」別名白なまず・・という病気にかかってしまいました。
子どもがそれになってしまって・・。たぶん、ストレスからだろうということ。
下の子が生まれてから、いろいろ我慢させてたのかな?と、ちょっと反省しているのですが。
この病気、ちょっとやっかいで、非常に・・・治りにくいそうで。何か、知ってたら教えてください。

**************

回答  たまごママネット医師団
尋常性白斑は、皮膚のメラニン色素を産生するメラノサイトと呼ばれる細胞の減少ないしは消失により後天的に発症する様々な形の境界が明瞭な完全脱色素斑です。原因は不明ですが、自分で自分の体を攻撃する自己免疫疾患の関与が考えられています。特殊な薬を飲むか外用した後に紫外線をあてる治療法や、副腎皮質ステロイド剤の外用、ビタミンDの外用色素細胞の移植などの治療法があります。全身、あるいは左右対称性に広がるものを汎発型、皮膚神経の分布に一致して片側だけに広がる分節型に分けられ、汎発型は比較的治療に反応しますが、分節型は難治です。 白川先生 産業医科大学小児科 04.9.10 


授乳中の薬、レルパックスの影響について教えてください。
現在二ヶ月の子どもを母乳で育てていますが、私がひどい偏頭痛もちで薬を飲まないと直らない日があります。その際母乳をあげても影響はありませんか?薬はレルパックスです。妊娠中もひどいときは飲んでしまいました。

*************

回答  たまごママネット医師団
母親が薬を飲むと母乳中にはその成分が移行するために、薬を飲むなら母乳を止めるように指導されることが多くあります。でも実際には移行した薬が赤ちゃんにどのような影響を与えるかは全く考えずに禁止されているのがほとんどです。アメリカ小児科学会では母乳の重要性から授乳中に止めなければいけない薬と使用してもよい薬を多くの症例報告をもとに検討しています。これを基準に考えると、絶対に使用してはいけない薬は一部で、薬の特性を知って注意をすれば多くの薬は使用可能と考えられています。
質問のレルパックスも母乳中にごくわずかの量が移行しますが、母乳の重要性を考えたときお母さんの痛みをやわらげて母乳を続けることができるならメリットの方が大きいと考えます。痛みを我慢できないときに頓服で使用することは可能です。また薬は授乳した後に服用するようにしてください。
渡辺眞史先生 04.9.6

授乳期間中の食べ物についてなのですが、食べない方が良い物はどんなものでしょうか?
出産してもうすぐ1ヶ月が経とうとしています。母乳でずっとやっていきたいので質問です。
小魚・緑黄色野菜・海藻類など毎日食べています。なぜこんな質問をするかというと、今日朝ご飯で、久しぶりにピザトーストを作って食べたんです。夜にIなって、左の胸が異常に痛くなって張ってしまったんです。詰まってしまったようなコリコリ感もあって・・・。主人の協力の下、一生懸命マッサージをして搾り出してだいぶ楽にはなってのですが、完全ではなくまだまだ痛いです。昔友人が、授乳期間中は乳製品は良くないんだよと言っていたのを思い出したのです。私は牛乳もヨーグルトもチーズも苦手で、やっとピザが食べれるようになったような状態です。なのであまり気にせずそんな友人の話していた事など思い出しもせず食べてしまったのです。それが原因でしょうか?

**************

回答  たまごママネット医師団
オッパイが張って痛く、しこりがあるのは恐らく乳腺炎を起こしているのでしょう。先ず第一は痛いほうの乳房から飲ませ続けること。ついで乳管の開通操作です。放射状に乳線が射出されれば開通はOKです。乳腺自体のマッサージは余り好ましくありません。発熱とか炎症が強ければ抗生物質が必要となります。授乳中もの服薬できるような。
授乳中の食事については特に不可なものはありません。アルコール以外は。但し動物性の脂肪の多い肉類は乳管が詰まりやすくなるので好ましくありませんが(魚肉はOK)。乳製品もアレルギー傾向の特に強い方を除けばOKです。ただし、食べ過ぎは逆効果です。このようなことから授乳中には最近日本食が再評価されています。岡村先生 岡村産婦人科医院 04.9.6


3ヶ月になる男の子がいます。右のまぶたの上に血管が透けて見えてます。
(かなりくっきりと見えます)3センチくらいの長さで走ってます。これは大きくなるにつれて目立たなくなるものなんでしょうか?それともこのままなんでしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
サーモンピンク色の淡紅色で、隆起も無く、上眼瞼の内側や眉間、前額部など、体の正中部付近に好発する血管腫ハサーモンパッチともいわれ1年半ごろまでには殆ど自然に消えます。
体の正中部より外れた部分にある境目のはっきりした赤ブトー酒色の血管腫は自然しょうたいしないので皮膚科か小児科で診察を受けてください・。 岡村先生 岡村産婦人科医院 04.9.2


授乳中の薬の服用について教えてください。
今月8月5日に帝王切開で第二子を出産したあと、血圧が上がってしまい、アダラートという降圧剤を服用し、入院を続けていたたのですが、長期入院のストレスからか、母子同室のための寝不足からか動悸やめまいを感じ、一度はひどい動悸で起き上がれなくなってしまい、病院内の精神神経科を受診した所、神経不安症であろうと言われ、ホリゾン2mgを不安時に頓服使用ということで処方されました。薬の服用にあたって、母乳をあげれなくなってしまったことや、病院生活に極度のストレスを感じていたため、退院して家に帰り、2−3日後には血圧が落ち着いてきたので、アダラート中止の指示を先生からいただき、ホリゾンだけ2−3日頓服していたのですが、今後ホリゾンだけ不安時に頓服した場合(毎日の服用は必要でない感じなので)、飲んだ後どれ位母乳をあげないでいた方がいいのか、お聞きしたくメールしました。産婦人科の先生は、ホリゾン服用後24時間あければ、母乳をあげてもよいと言う事ですが、どうなのでしょうか。お返事いただけたら、助かります。宜しくお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
ホリゾンは授乳中の乳児に対する影響が不明だが懸念のある薬剤に含まれてはいますが、乳児に対する影響は無しと記載されていますので、ホリゾン内服中でも母乳の投与を止める必要はありません。
ホリゾン自体は母乳に移行しやすいですが、多く見積もって数%です。
どのくらい時間をあけた方がよいかについては、ホリゾンの代謝産物もホリゾン用の作用があるため、長期にわたり効果が持続することがあり、個人差が大きいです。したがって内服後何時間で哺乳可と申し上げることはできません。
継続してホリゾンを内服していた患者さんがホリゾン中止1か月後に離脱症状がでたとの報告があります。
米国小児科学会員会報告では授乳中でもほとんどの薬は内服可能です。
白川先生 産業医大 小児科  04.9.1


授乳中の薬の服用について教えてください。
母体の事なのですが、風邪で薬を服用中(2週間)母乳をあげませんでした(薬剤師さんに言われました)そして風邪が治ったので久しぶりに母乳を搾って見てみたらネバリっけがありました。
なぜ、ねばっているのか・・・あげても大丈夫なのか教えてください。

*************

回答  たまごママネット医師団
今更言っても仕方の無い事ですが、風邪薬服用に際しての授乳中止が悔やまれます。
勿論薬の使用注意書には恐らく授乳中を避けるようにとの注意書きがあったのだと思います。薬剤師さんも当然のこととして母乳をあげないようにと言われたのだと思います。
しかし現実には通常の風邪薬を飲んだからといってやめる必要はありません。使用されている薬についてどのような薬か分かりませんが、アメリカ小児科学会から数年毎に出している授乳と薬の勧告文からすると、先ず飲んでいて差し支えないと思われます。
再び授乳を再開しても、以前のようには出ないと思いますが、多少粘っこい様でも差し支えありません。飲ませてあげてください。岡村先生 岡村産婦人科医院 04.8.31


現在4ヶ月と7日の女の子ですが、11日間、下痢が続いています。
6日前に病院に行き一日10回以上の下痢は、発達に障害をもたらすと言われ、血液検査を行いました。
検査結果は、明日わかるのですが、病院で処方されたビオフェルミンを飲ませても、下痢は治まりません。ただ本人は、いたって元気で、母乳(完全母乳)も、ちゃんと飲んでいます。
熱もありませんし、便の色も黄色か緑です。医師も元気なので悪い病気ではないと言ってくれましが...。
体重は、4ヶ月で7.5キロ、身長は64センチとかなり大きい方ですが、下痢になってからの体重の増えは停滞しているようで心配です。
体重の増えと脳の発達は影響あるのでしょうか?また下痢になる原因と思われることを教えていただけないでしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
お話の下痢と称する便ですが、本当の消化不良による下痢便なのか、それとも母乳栄養児に多い一見下痢様の軟便なのかどちらでしょうか。
母乳栄養児の場合生まれて間もない時期にはおしっこの度ごとに一緒に下痢のような便をするのは普通です。暫くこの状態が続きますが、機嫌もよく、体重も順調に増えているようであれば心配はいりません。しかしやがて何日にかに1回と言うように今度は一見便秘様にかわります。
あなたの赤ちゃんの場合4か月。機嫌もよくよく飲んでいるようであれば、そのために脳の発育障害が起こる心配は不用と思います。しかし、この11日間急に頻回の下痢様になったのであれば、念のため病院の小児科で一度見てもらってください。 岡村先生 岡村産婦人科医院 04.8.31


一歳八ヶ月の男児。最近手や頭、肩をこわばらせて震える事が度々あります。
本や新聞のページが上手くめくれない時やパズルをはめようとしている時など細かい作業を行おうとしている時によく見受けられますが、それ以外のなにもしていない時でも時々こわばらせて震えます。
数秒間で治まり特に機嫌や様子に変わりはありません。一日十回ほど見られます。
当初は自分の上手く出来ない事に対する苛立ちの表現かと思っていましたが、頻回にするので何か脳神経の病気ではと心配しています。
8月9日実家に帰省中玄関に落ち頭部を打ったと思われる怪我をしました。(落ちた瞬間は見ていなかったので定かではないのですが・・・。)その時は泣いたので慌てて救急外来を受診し
レントゲン撮影したのですが異常なく無く様子を見るように言われ、翌日右頬に青あざが出現した位で変わった様子は無かったと思います。
頭部を打った後遺症なのか、てんかんやチック?などの前兆なのか、この年頃に見られる感情表現なのか、経過をどのように観察していったらいいのか、すぐに受診すべきか、受診する際はどのような医療機関、診療科に行ったらいいのか、検査の内容なども教えて下さい。宜しくお願いします。

*************

回答  たまごママネット医師団
この症状で最も頻度が高い疾患はてんかんです。おそらく短い意識消失が数10回から数百回起こっているかもしれません。小児科できれば小児神経科を受診し、脳波を調べると診断できると思います。内服薬で治療できます。
白川先生 産業医大 小児科 04.8.30


「あざ」について教えて下さい。
もうすぐ5ヶ月になる娘がいます。ついこの間、娘の肩にホクロができている事に気付きました。
ホクロは普通の黒いあざの様な物で、直径1.5mm位です。日に当たる場所でもないのに、もうできるものなのでしょうか?
それと、唇の下の所や、肩、太股の裏側に灰色の直径2mm位のあざもできています。
これはもう消えないのでしょうか?
もう一つ、両足首にずっと青あざが有ります。
最初はオムツを換える時に、強く持ち過ぎたのかと思っていたのですが、特に痛がっている様子はありません。このあざも消えないのでしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
俗に「あざ」というのは、皮膚に出現する限局的な皮膚の着色です。あざの原因はあまりはっきりしませんが、皮膚の奇形、一部には良性の腫瘍であると考えられています。
黒あざの代表には色素性母斑があり、「ほくろ」もこの仲間に入ります。
また、俗に「青あざ」と呼ばれるものには、青色母斑があり、顔や手足の甲などに数ミリ程度の青くて触るとやや硬いあざがあり、これは自然には消えにくいものです。
他に「青あざ」には太田母斑というものがあり、おでこや目のまわり、ほほなど顔の広い範囲に青〜青褐色の平坦なあざができることもあります。これも美容上の問題があり、治療の対象になります。
今のは一般的な話ですが、御心配でしたらお子さまの場合も、一度小児科や皮膚科の医師に診察してもらえばよいでしょう。
竹中先生 大阪労災病院小児科 04.8.30

アトピー予防のため、8ヶ月から離乳を開始しています。
10ヶ月の男の子がいます。食材は季節の野菜、大豆製品(豆腐、みそ、納豆など)、米のおかゆです。卵、乳製品、肉類は与えていません。息子は普通分娩で、出生時から現在に至るまで異常を指摘されたことはありません。母乳で育てています。現在身長74センチ、体重10キロです。
 検診終了後、問題なしといわれた後に、肉、卵を食べさせていないことを言うと、「調べてみたら貧血や臓器障害がおこっているかもしれない」と言われ、とにかく食べさせるように言われました。息子は眼瞼結膜、爪の色の不良はなく、よく食べ、遊び、眠ります。貧血や臓器障害があるのに、発育は問題なく体重増加はすることってあるんでしょうか?

**************

回答  たまごママネット医師団
発育の問題がなければ、一般的に貧血、臓器障害はありません。
8か月から離乳を開始したことがアトピー予防になるかどうかは疑問です。確かに、離乳食の基準が改定された時には、アトピー性皮膚炎を考慮して、離乳開始時期が少し遅らされたようですが、実際には、アトピー性皮膚炎は減っていません。また、3歳までのアレルギーの問題は人工栄養児よりも母乳栄養児に多い傾向となりました。しかし、母子関係を強化するために母乳は必要で、アトピーが多いから母乳を止めることはありません。
今回の食事上の問題は動物性蛋白質節食の重要性だと思います。
体重が増える時には、3種類の増え方があります。ヒトの体は蛋白質でできあがっていますので、最も良好な体重増加は、蛋白質が体に蓄積することです。残り2つはエネルギーの過剰摂取による脂肪の蓄積、塩分のとりすぎによるむくみです。蛋白質はアミノ酸からできあがっていますが、このアミノ酸組成は動物ごとに若干異なり、動物と植物ではかなり異なります。蛋白質は消化管でアミノ酸に分解され吸収されます。
吸収されたアミノ酸は体内で他のアミノ酸に変換されることもあります。吸収されたり、変換されたりしたアミノ酸をもとに体の中で蛋白質が作られます。体内で変換されて作られるないアミノ酸は食事として取り込まなければなりませんので栄養学的必須アミノ酸と呼び、体内で作られるアミノ酸を栄養学的非必須アミノ酸と呼びます。栄養学的必須アミノ酸が人の体蛋白質の割合に近い蛋白質を良質の蛋白質と呼びます。アミノ酸から蛋白質が合成される時に栄養学的必須アミノ酸が一つでも欠けていると、蛋白質は合成されず、エネルギー代謝系で処理され、蛋白質としては体に残りません。欠けていなかったとしても、最も割合の低いアミノ酸のレベルに合わされた合成しかできないので、良質の蛋白質をとらないと蛋白質の合成がうまく行きません。ある種の穀物は、トリプトファンとリシンが少ないので、鳥獣肉、魚、乳汁の摂取をせず、穀物に依存している地域では極度の欠乏症が認められることがあります。
  現在発育が良好であるので、この問題はないものと推察されます。しかし、もう少し深く考えてみると、重要な課題が残ります。
霊長類の進化の過程で、食事の内容により脳の重量が異なってきたことです。一般的に霊長類は体重が重いほど、脳の重量も重くなりますが、体重が同じでも食べ物が違うと、脳の重量が異なります。
  新世界ザルのホエザルとクモザルを比べると、体重は同じですが、果実を主食とするクモザルは、葉っぱを主食とするホエザルの2倍の重量の脳を持っています。
食事のカロリーの違いが最も考えられるわけで、必ずしも蛋白質と結びつけられない部分もありますが、霊長類の中でも最も発達した脳を持つヒトの脳の生きていく上で重要な部分は生後2年間にほぼできあがります。
  脳ができあがった成人が菜食主義を貫くことはあまり大きな問題はないかもしれません。
しかし、発達期の脳を持つ乳幼児が菜食主義に傾くことには問題があると思います。

アレルギーは適切に治療を行えば元に戻りますが、脳が変化すると元に戻りません。
白川先生 産業医大 小児科 04.8.29

赤ちゃんがいきみたびに水様便がでますが母乳だとゆるくなるのでしょうか?
1ヶ月とちょっとになる子どもの事ですが、頻繁に『う〜んう〜ん・・』といきみ、そのたびにかいつも水の便がほんのちょこっと出てる状態がずっとあり、おしりのまわりが赤くただれてしまってます。
その度に、お湯でぬらしたガーゼで押さえる様に拭いているのですがなかなか治りません。
1日に何度も何度も水の便がでるので(それもほんの少し)どこか悪いのか、もしかして母乳がいけないのか(母乳だけだからと思い、ミルクと混合にしました)、子どもの腸かどこかが悪いのか心配です。
おしりがただれているので尿をする度にも泣いてしまいます。
母乳を飲んでいると便がゆるいと聞きますが、こんなに水様便だけがほんの少し出る状態が続く場合もあるんでしょうか?
どうしたらいいのでしょうか教えてください。宜しくお願いします。

*************

回答 たまごママネット医師団
母乳で育つ赤ちゃんのウンチは水分が多くて少し黄色い顆粒が混じります。
1ヵ月くらいで母乳を十分に飲んでいるとほぼ授乳の度に、1日10回くらいウンチをする赤ちゃんが多いのです。
心配なら一度小児科で体重を計ってもらってください。
体重がちゃんと増えていたらミルクを足す必要はありません。
この時期の赤ちゃんはしっかり母乳を飲んで水っぽいウンチを何回もするのが普通です。
おしりのただれについては、おしりをふいたあとオムツを閉める前に
しっかりと空気に当てて、皮膚を乾燥させてください。
それでも、ただれが良くならない時は、やっぱり小児科で診てもらってください。
平林先生 大阪市立十三市民病院 小児科 04.8.29

一ヶ月過ぎから授乳中や抱っこのときに片足を細かく震わせるので心配です
2ヶ月になる男の子の母です。ちょうど一ヶ月過ぎから授乳中や抱っこのときに片足を細かく震わせます。
プルプルという感じでそんなに大きくはないのですが、一日に何度もするので心配してます。
様子は、いつもと全く変わりなく変わった様子は見られません。
 そのころに用事で、車で出かけたのがいけないのではと母に言われ気にしています。
そのこと原因で脳に障害がでて、痙攣のようなものを起こすということもあるのでしょうか?

**************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんの脳神経の働きはまだ未熟で、赤ちゃん特有の動きが見られます。
質問の動きはクローヌスと呼ばれるものと思われます。3ヶ月ぐらいまでの赤ちゃんに良く見られ、その後減少し、6ヶ月には見られなくなります。
  通常の運転の車で脳の障害を起こすことはありませんし、全く関係のないものです。普段の機嫌がよく、哺乳もよく、あやすと笑うようであればこのまま様子を見て大丈夫だと思います。心配なときには、もしできればその動きをビデオに撮り、かかりつけの小児科の先生に診てもらえばすぐにどのようなものかわかると思います。
渡辺眞史先生 04.8.24

猫泣き症候群についておしえてください。
妊娠中は質問に答えていただきありがとうございました。無事出産しました。
気になるうめき声があります。生後2週間後くらいから、気になっていたのですが、咽頭付近で「キューンキューン」と呻くような声をさせます。現在生後3週間になりますが、ひどくなってるように感じます。
猫泣き症候群の名前だけ知っていて、それではないかと不安になりました。
猫泣き症候群は、どれくらいで発症するものですか?特異顔貌は生後すぐでもわかりますか?
体重の増えや、ミルクの飲み、排便などには問題なさそうで、元気に四肢を動かしたりもできます。女の子です。

**************

回答  たまごママネット医師団
猫なき症候群はおよそ1〜3万人にひとりほどの確率で出生する重度の知的障害を伴った女児に多い疾患です。
丸顔で、頭が小さく、アーモンドのような瞼裂で、目と目の間が離れています。新生児期に子猫のような泣き声で泣くことが特徴で、声紋分析をすると人よりも猫に近いことが知られています。この特徴的な泣き声は乳児期後半までに消失しますので、新生児期のを逃すと診断しづらくなります。筋緊張も低下していることが多く、元気に四肢を動かすことは少ないようです。私の患者さんにひとりいらっしゃいました。
 その家族は猫なき症候群の親の会を作り、アメリカの親の会と一緒になって世界の会に発展させたようです。
ところで、咽頭付近の「キューンキューン」と呻くような声は息を吸う時に聞こえるのではないでしょうか。
おそらく、喉頭蓋と呼ばれる部分がまだ軟らかく、吸気時に引き込まれていると思います。生後すぐよりも強く息を吸えるようになってからの方が音が大きく目立つようになり、泣いた時の強い吸気時にさらに目立ちます。
喉頭蓋がしっかりとしてくる1歳頃までに消失すると思います。
 吸気時のみの異常音は、鼻から声帯までの問題で生じ、吸気時と呼気時の異常音は声帯から気管の分岐部までの問題で生じます。呼気時の異常音は気管分岐部より奥の気管支の問題で生じます。  白川先生 産業医大小児科 04.8.23

生後100日の子どもの便秘とおならについて教えてください。
息子は無事100日を迎え、体重もよく増え、順調に子育てしています。
1ヵ月半頃から便秘が始まり、2ヶ月頃からは5・6日出ないので心配で、いつも綿棒浣腸とのの字マッサージをしてしまいます(5・6日おきに)。これでは自分で排泄することを忘れてしまいそうで・・・でも出ないのも心配で、ついしてしまいます。
完全母乳で、最近果汁も始めました。私自身が食物繊維を多く採れば、母乳にも繊維が出るのですか?この月齢では便秘が多いと聞きますが、こんなに出ないと苦しいのでは?と思ってしまいます。もし解消する方法や、栄養面などで気をつけることなどありましたら教えていただきたいです。
また、うんちが出る出ないにかかわらず、しょっちゅうおならをしています。それもとても臭くて(うんちより臭い、大人より臭いかも?)本当にしょっちゅうです。どうしてでしょうか?心配ないですか?

************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんの便は3〜4ヶ月ぐらいの時は数日に1回ということが多くなります。これは便秘ではなく、便をためる働きが出てきたと考えます。
  中には毎日便の出る赤ちゃんもいますが、多くは3〜4日に1回になります。
中には1週間に1回でも平気な赤ちゃんもいます。便が出るとたっぷりの軟らかい便で、おむつからはみ出し着ているもの全部取り替えなければいけないということが起こります。
これはお母さんの食事とは関係のない、赤ちゃんの消化機能の発達の一つと考えられます。
6ヶ月になり、離乳食が始まると便の出方はまた変わってきます。5〜6日便が出ない場合には今お母さんが行っている綿棒浣腸とのの字マッサージで様子をみて大丈夫です。
もしお腹がテカテカパンパンに張っているようでしたら病気を考える必要がありますが、今の段階では考えにくいと思います。
おならは母乳の赤ちゃんは結構多いものです。母乳が腸管を通って来る間にガスが作られこれがおならになります。
  母乳だけであればそれほどいやなにおいはないのが普通です。
6ヶ月までは果汁やお茶など母乳以外のものをあげる必要はありません。
果汁をあげることで赤ちゃんに消化不良を起こしたり、腸内細菌層の変化をおこすことがあります。いやなにおいは果汁のせいかもしれません。
母乳だけで心配はありませんから果汁はすぐに止めてください。
6ヶ月までは母乳だけ、そして6ヶ月に入ったら離乳食を始めてください。そのころには消化機能の発達に伴い便の状態も変わってきます。
渡辺眞史先生 04.8.23

長男の乳首の真下(両方)に1円玉くらいのしこりがあるのがわかり不安です。
産まれてから10日目の長男をお風呂に入れている時に気づいたんですが、長男の乳首の真下(両方)に1円玉くらいのしこりがあるのがわかりました。今お盆やすみなんで、相談する人もいなくとても不安です。よくある事で自然になくなるのであればいいのですが、もし問題があるのであれば早く処置したいです。普通に寝ている時に見た目では全然わかりませんが、長男の乳首を洗った時に硬いものが皮膚の中にあるって感じです。

*************

回答  たまごママネット医師団
生まれてから、数週間以降の成熟新生児が、乳房肥大を示し乳汁分泌をみることがあります。これはお母さんの卵巣や胎盤に由来するホルモン、エストロゲンの影響で生じる現象です。時には、赤ちゃんのおっぱいから乳汁が出たりすることもあります。
しかし、これは生理的なもので、別に病気ではありません。こにょうな赤ちゃんでは、乳腺が腫脹してしこりのように触れることもあります。
ですから、基本的には様子観察でよいでしょう。ご心配でしたら、小児科専門医に診察してもらえがよいでしょう。
竹中先生 大阪労災病院小児科 04.8.23

まだ生後11日の赤ちゃんの体についてですが、おっぱいのふくらみとゴツゴツ感が気になります。
何か病気なのでしょうか...?

************

回答  たまごママネット医師団
お嬢ちゃんでしょうね。ご心配は要りません。
分娩時急激なホルモンの変動が起こり、その結果、赤ちゃんの乳腺が刺激された結果、そして母乳の分泌も始まり、そのためにおっぱいが張って触れるようになっているのです。恐らく強く搾ると乳汁が分泌されるでしょう。
生理的変化ですから、そのまま放置していると自然に触れなくなります。岡村先生 岡村産婦人科医院 04.8.22


子どもの視覚障害についておたずねします。
生後一ヶ月検診において、看護師さんの身体測定時に「光に対してまぶしそうにしたりしますか?」と問われ、そのような行動が今まで一切無かったことに初めて気が付きました。
医師の検診でも、ペンライトの光に反応せず、子どもの目を医師が手で覆ったり外したりして、何度も光を当てていましたが、全く反応していませんでした。
「次の検診(四ヶ月検診)で様子を見ましょう」と言われましたが、子どもの目が見えていないのではないかと心配しております。もし視覚障碍もしくは脳や精神に障害があるのなら、早めの治療・対処は必要ないのでしょうか?親が心の準備をするためにも、きちんとしたことを知りたいと思っているのですが、生後一ヶ月の乳児を一般の眼科医院で診てもらえるものでしょうか?小児科、または大学病院などのほうが良いのでしょうか?
子どもは37週4日、2822gで生まれており、胎内にて水腎症の疑いありとされた以外は、特に何も言われておりません。
ただ、母親が妊娠六ヶ月まで抗うつ剤・精神安定剤・睡眠剤を服用しておりました。腎臓エコー検査を三ヶ月時に予定しております。栄養はミルク中心で乳首も吸わせています。

*************

回答  たまごママネット医師団
1ヶ月の赤ちゃんの視力の発達は、明るい方向を見る、少し目が合うような気がするというぐらいで、1ヶ月の時点で視力についてはっきり判断することは難しいものです。
そのようなとき、診察で視力がありそうだと判断した場合には、2ヶ月健診まで目が合うようになるか、目で追いかけるようになるかなどに注意をしてもらい経過を見ます。
もし視力に問題がありそうだと思えるときには眼科を受診するようにします。
質問の赤ちゃんは37週で生まれていますから、1ヶ月健診といっても予定日からまだ1週間の時点での目の発達ということになります。
生後1週間では強い光にまぶしがる程度で、目があったりすることはなく、目を見てもどこを見ているかわからないような状態です。まだ判断するには難しく、予定日から数えて1ヶ月ぐらいまでは様子を見ていて良さそうに思います。
  今の時点で強い光でまぶしがること見られない場合には眼科受診が必要になります。もしこのような反応が見られれば2ヶ月ぐらいまで様子を見て、目を合わせる、目で追いかける様になってこないかを観察してください。
  4ヶ月まで待つのは心配でしょうから、小児科で2ヶ月健診を受ければよりはっきりすると思います。
眼科を受診する場合には新生児医療施設のある総合病院の眼科であれば新生児の検査を数多く行っていますから心配ないと思います。

渡辺眞史先生
 04.8.22

BCGの痕について伺います。4月に受けたBCGの痕が気になります。
いつもは乾いた感じなのですが、お風呂上りにはふやけて痕のすべてが穴ぼこが空いたようになって血や膿のような汁がでてきます。
シャワーをかけると痛がり入浴後もタオルで拭くとおお泣きして痛がります。
周りも赤くなっています。
以前(1ヶ月位前)病院で見てもらったら、よく効いていると思って下さいと言われました。それからまったく改善しないので心配です。ばい菌が入ったりしないのでしょうか?家での対処方法などありましたら教えて下さい!

************

回答  たまごママネット医師団
BCGが無効、つまりつかなかった場合は全く接種後も分からなくなりますが、所謂ついたときには接種後が化膿しているように見えます。通常乾いているようなら特に心配する事はありません。
岡村先生 岡村産婦人科医院 04.8.21


授乳中の薬の服用について教えてください。
母乳のみで子ども(11ヶ月)を育てていますが、黄色ブドウ球菌による乳房感染を起こし、先日切開して膿を出しました。その後抗生物質を投与され、最低4週間は服用するよう、指導されています(途中でやめたら再発可能性は100パーセントとまで言われています)。
主治医の先生は、抗生物質と母乳の関係について詳しく分からないようです。
服用している薬は、ペニシリン系のもので、日本では未開発とも聞いていますが、Amoxicillin/Clavulanic acidという名称のものです。
この薬を投与中は母乳をやってはいけないものか、4週間投与後、いつから母乳を再開してよいか、などご意見を頂戴できれば幸いです。

*************

回答  たまごママネット医師団
母乳を与えているときにお母さんにトラブルが起き、薬を飲まなければいけなくなったときどうしたらよいかというのはいつも問題になるところです。しかし薬を使っても授乳を続けて大丈夫なことがほとんどです。
  質問のように乳腺炎になって切開排膿しなければいけないとすれば、しっかり治すことを考えなければいけません。このために抗生剤を使うことは必要なことですが、基本的には抗生剤は授乳中でも使用して大丈夫な薬に分類されています。
Amoxicillin/Clavulanic acidは日本ではオーグメンチンという薬になります。この薬は授乳中にも使用可能な薬で主治医の指示通りに薬を服用しても大丈夫です。
  授乳後に薬を服用することによって、母乳中の薬の濃度を少なくすることができますから更に安心です。
乳腺炎の時に授乳を止めてはいけません。授乳によって母乳の流れをよくすることが炎症を早く治してくれます。赤ちゃんが吸ってくれるだけ頻回に授乳をしてください。
薬を飲んでも授乳はできますから、このまま母乳育児を続けてください。
渡辺眞史先生 04.8.19

娘2歳がてんかんの診断を受けアメリカで治療中です。
薬は、trileptal(oxcarbazepine)を使用しています。日本では、手に入らないと前回うかがいました。今度帰国する予定があります。
日本で手に入らない薬をのんでいる患者の血中濃度の検査は、日本でできるのでしょうか。
3ヵ月ごとぐらいに血中濃度を調べる事がとても大切だと聞きました。
 また、今後、本帰国になり日本に戻った時に、今まで使用していた薬(日本で手に入らない薬)を手に入れる事は可能なのでしょうか。個人輸入とか薬の輸入業者(そんなものがあるのか知りませんが)にお願いするのかとも思っています。

*************

回答  たまごママネット医師団
ご相談いただいたひきつけのお子さまは、比較的典型的な乳児重症ミオクロニーてんかんと思われます。典型的には生後1年以内に熱性発作として発症し、発熱、入浴、光刺激で発作が誘発されやすいので、その軽減を計ることが必要です。初回発作時の脳波には異常が認められず、脳波測定時に発作が出現すると、脳波異常を検出できます。
1〜2歳頃から、からだがピクピクしたり、ピクンとしたりするミオクロニーと呼ばれる発作が現れ、典型例では2歳頃から発達が遅れます。治療については、carbazepineの効果があまり望めないので、valproateを使用します。
血中濃度はそれほど重要ではなく、ひきつけが止まるか、副作用が現れるまで、増量します。治療がうまく行けば言葉の遅れも、改善するはずです。この疾患は比較的多いので、治療法もほぼ決まっています。国立精神神経センターなどのてんかんを専門的に治療できる施設を早く受診し、治療を受けた方がよいと思います。
てんかんは治癒する人のほうが圧倒的に多く、治癒率は、治療する医師の情熱でも変わってきます。私の外来で発達遅滞の治療を行っている患者さんの発達遅滞の原因がてんかんであった時には、「てんかんでよかったね。」と説明して治療をさせてもらっています。 白川先生 産業医大 小児科
 04.8.19

先生によって同じ病気であっても考え方が違うので悩んでいます。
4ヶ月の娘の体調について相談させて下さい。先日めったに吐かない娘が授乳の度に吐きはじめ、熱も37.5℃あったので夜間救急に行きました。その前からうんちの回数が1回から6回位に増えていて、保健所に相談したら「よくある」と言われましたが心配してました。夜間救急では「お腹の風邪」と診断され吐き止めの座薬をもらいました。小児科に行くように言われたので翌日前から調べていた個人病院へ行きました(かかりつけの病院を探し中だったので)そこでは「乳糖不耐症」ということで粉薬をもらいました。これだという原因はないみたいで、もしかしたらその日だけ少し飲んだミルクのせいかもしれないと言う事でした(1ヶ月過ぎから完母です)そして先生には「うんちの回数が増てたのは下痢だったかも」と言われました。色々な方に相談してそれぞれに違う事を言われると、何が正しいのか分らなくなり、自分の判断に自信が持てなくなってしまいました。病院に不満はありませんし、信頼したいのですがここで本当にいいのかと思ってしまいます。それと1人の先生に長く子どもの事を知ってもらっていた方がいいと思うのですが、大きい病院ではないので検査や入院を思うと悩んでしまいます。

*************

回答  たまごママネット医師団
先生によって同じ病気であっても考え方が違うと、説明も違って来ることがあります。病気のどの部分を重要に考えるかで対応の違いが出てきます。質問の赤ちゃんはおそらくウィルス性の胃腸炎だったのだと思います。そのため便の回数が増え、吐き気もあったのだろうと思われます。これは乳幼児にとって一般的な病気であり、吐き気が強く全く飲めない、ひどい下痢でお腹の皮膚が張りがなくシワシワになっている、ぐったりし
て眠ってばかりいるというときには緊急な対応が必要ですが、38℃位でも元気があり少しずつでも飲めればすぐに心配する必要はありません。保健所での「よくある」、夜間救急での「お腹の風邪」といわれたのもこのようなためだと思います。また赤ちゃんが下痢をすると腸の粘膜が傷害されて2次的な「乳糖不耐症」となることがあるために、下痢が長引いているときには「乳糖不耐症」のことも考え薬を使うこともあります。小
児科で言われた「乳糖不耐症」はこのような意味合いだったのだと思います。「乳糖不耐症」であっても母乳が一番安全です。母乳であればミルクを薄めてあげたり、下痢用のミルクに変える必要はありません。母乳が一番早く治りますから母乳だけをあげてください。
なかなかお母さんたちに納得してもらえる様に説明をすることは難しく、私たち小児科医ももっと努力が必要ですが、お母さんたちもわからないことは十分理解できるまで説明をしてもらうようにしてください。
  理解のある小児科医であれば嫌がらずに説明してくれるはずです。かかりつけの先生は病院である必要はありません。開業している先生たちも今は簡単にできる検査や、至急の血液の検査などかなりのことができます。それ以上に経験から重症な場合にはお母さんの話や子どもさんの状態から素早く判断できるものです。そのような場合に適切に病院に紹介してもらえれば一番良い方法です。お母さんの信頼できる先生を見つけかかりつけとしてみてもらってください。
渡辺眞史先生  04.8.18

2ヶ月の男の子です。以前から気になっていたのですが、ときどき足の先がプルプル震えることがあります。
寝ている時やノビをした時に起こるようです。
食欲も良く、発育は順調のように思いますが、少し気になります。何か原因があるのでしょうか。

*************

回答  たまごママネット医師団
私も思わずのびをしたときなどぶるぶる震える事がありますが、お尋ねのご様子だけではなんともいえません。
一度かかりつけの医師に診てもらってください。岡村先生 岡村産婦人科医院 04.8.18


生まれたときから鼻がフガフガ、ブーブー言うことがよくあり、どこか悪いのかと心配になっています。
2か月半になる娘がいます。
生まれたときから鼻がフガフガ、ブーブー言うことがよくあり、どこか悪いのかと心配になってきました。無呼吸になったりしませんか?
また、泣くとのどや胸のあたりからゴロゴロと痰のからんだような音が聞こえてきて、それも心配です。たまに咳もします。
これくらいの赤ちゃんにはよくあることなのでしょうか?

**************

回答  たまごママネット医師団
特に風邪を引いた気配は無いのに、ゼロゼロとかゴロゴロと何時も聞こえる赤ちゃんは良く見かけます。
風邪気味のときは特に良く聞こえます。恐らく先天性喘鳴と称される症状でしょう。機嫌もよく、体重も順調に増えているようならやがて消失するでしょう。
  喉頭蓋といって気管に食べたものが入らないようにしている部分やその周辺の発達が未熟なため起こるもので、成長するにつれてたいてい治ります(遅くとも一年以内に)。喘息とは無関係です。
しかし心臓などに異常があって起こる場合もあるので、一度かかりつけのお医者さんに良く見てもらっていてください。
岡村先生 岡村産婦人科医院 04.8.15


娘を私が抱っこすると、最初はいいのですが、ちょっとすると、泣いてあばれるので悩んでいます。
5月29日に女の子を出産しまして、今2ヶ月です。
娘のことで相談があります。娘を私が抱っこすると、最初はいいのですが、ちょっとすると、泣いてあばれるんです。そして、布団におくと泣き止んでおとなしく一人で手足を動かしたり、指しゃぶりをしたりしています。もしくはすぐうとうとします。しかし、夫や他の人が抱っこするとご機嫌です。娘は最近、指しゃぶりを覚えたばかりで、しきりにやっています。毎日、暇さえあれば、話しかけ、抱っこもしようとするのに、どうしてもだめです。どうしてでしょうか?まだ首が据わっていないのですが、縦抱っこ(首を持って)では、泣きません。私を母親だとまだ理解していないのでしょうか?母乳なのに・・・。それとも母乳を縦抱っこで、ひざの上に乗せてやっているのも一因でしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
ううんん・・・・。難しいお尋ねですね。
赤ちゃんはいろんな理由で泣きますが。たてに抱くと泣かないのは視界が俄然広がるほうを好むのでしょうかね。ほかの方が横に抱いても泣かないのに・・ということでしたら、なぜでしょうかね?
親子の様子がわからないのでどのようなアドバイスがいいか推測だけですが。赤ちゃんはお母さんの気持ちを鏡のように映しているとも言われ、何かお母さんの緊張が赤ちゃんに伝わっていることもありえますね。心当たりがありますか?いえ、自分を責めないで!赤ちゃんがお母さんの代わりに表現してくれていると考えることで「泣くことは決して悪いことばかりではない」とお考え下されば。
赤ちゃんはおっぱいを通してお母さん(おっぱいくれる人)を認識し始めます。でも自分とお母さんの存在が分離してません。おっぱいのポジションにこだわるのもそのセイカと思います。
  おっぱいのにおいのあるお母さんが抱いた場合は授乳ポジションになったほうが安心するのかも?でもこれも憶測です。
赤ちゃんをよ〜く観察してメッセージを受け取ってください。
お母さんだからこその発見があるかも!お母さんははよき観察者!自信を持ってチャレンジ!
大牟田先生 春日助産院 04.8.15


妊娠3か月で上の子が1才1ヶ月ですが授乳をしていますが断乳するように言われました。
現在妊娠3ヶ月で、上の子が1才1ヶ月になるのですが今も授乳を続けています。通院している医師からは出来るだけ早く断乳するようにと言われたのですが、これまでおっぱいだけで育ててきたので簡単に止められそうな状態ではありません。11ヶ月頃から夜泣きが始まり、今も平均して夜中は4回位起きておっぱいをくわえさせて寝せるというのが習慣になっています。ここ数日色々と試してみたのですが授乳の回数はやや減ったものの、夜中起きる度に抱っこをしてあやすのも体力的にとても辛く、どうしたらいいか悩んでいます。中途半端におっぱいと離そうとしたせいか、前よりもおっぱいに執着しているような気もします。少し様子を見ながら断乳していきたいと考えているのですが、お腹の赤ちゃんのへの影響はかなり大きいのでしょうか?夜泣きがおさまれば断乳出来そうな気がするのですが、逆に断乳したことで夜泣きが治るということもあるのですか?どうぞ宜しくお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
かかりつけの医師は授乳中に妊娠すると、授乳で乳頭を刺激して子宮の筋肉を収縮させるオキシトシンが出るためにに流産する恐れがあると考え、授乳を止めるようにとアドバイスされたのだと思います。たしかに母乳に関心の薄い産科医の殆どがそのように言うるのが現状のようです。
国際母乳連盟は統計的にちょうさし、そのような証拠が無い事がわかっています。生理的にも、産後一年も経過すると授乳時のオキシトシンの分泌は極少量です。しかも子宮自体がオキシトシンに反応しにくい状態です。従がって授乳しても流産する危険性は心配しなくても良いのです。
ただし、習慣性流産や子宮頚管無力症などの場合を除いての話ですが。
また、ご承知のように2年前母子手帳から断乳という文字が消えました。おっぱいをやめるに際しては卒乳、つまり止めるかどうかは赤ちゃんが成長の過程で決めると言う考えに変わりました。
そのほうが赤ちゃんの精神的発育に適した、赤ちゃんにやさしい止め方と言うことが分かって来たからです。
岡村先生 岡村産婦人科医院 04.8.11


アレルギーと逆子について教えてください。
息子は2歳になり元気です。逆子の件、母乳育児には本当にお世話になりました.なぜ、授乳期に「卵の物、乳製品など」を口にしてはいけないのかあとになって気づきました.息子は現在卵白アレルギーで私は妊娠中、たしかに卵はたくさん食べていました.母乳に悪い物を妊娠中にたくさん食べました。病院・保健所では他人事のように「母乳育児」出ない私にとっては残酷だと思いました。今、おなかの中に6ヶ月の赤ちゃんがおります。食生活も母子のためにきついですが、ダイエット食を頑張っています.現在逆子ちゃんでまだ分かりませんが、もし、35週過ぎても直らない場合、赤ちゃんのリスクを軽減するためにも帝王切開します。ときっぱり言われました.まだ先の話で見えませんが、頭が下になるようにお願いと声をかけています。

*************

回答  たまごママネット医師団
アレルギーについて
 妊娠中の食事が児のアレルギーに関連するかは、現在研究中で可能性は高いのですがはっきりとはしておりませんん。
 はっきりとエビデンスがあるのは、出生早期に児(たぶん生後3〜4ヶ月まで)に異種蛋白を与えるとアレルギーになりやすいというものです。異種蛋白は主に鶏卵、大豆、牛乳です。この中で新生児に恰も当たり前に与えているのが、牛乳から作った人工乳です。必要も無いのに人工乳を与えるのはアレルギーをわざわざ作っているようなものです。
骨盤位について
 アメリカの大規模の調査によって骨盤位は帝王切開のほうが経膣分娩より児の予後がよいことがほぼ証明されました。
しかし、これは経膣分娩を禁止したものではありません。
ほって置いても、97%の児は糖位になって行きます。私のところでは強い希望があれば経膣分娩もいたしますが、帝王切開のほうが児にとっては安全なことを説明いたします。そしてほぼ38週で帝王切開とします。それは十分に成長していることと陣痛が起こる前に手術をしたい(でないと帝王切開の意味が無い)からです。
ですから予定を立て、手術のための検査をしたりの準備は35週からしても一向に構わないけれど、38週くらいまで待っての手術のほうがより良いのでは。いかがでしょうか。35週からでも結構治りますよ。
石井先生 石井第一産科婦人科クリニック 04.8.11


処方された薬を飲んでくれません。何かいい方法はありますか。
3ヶ月の赤ちゃんなのですが、咳というよりケホッ、オエッというむせが、授乳中や遊んでるときにも3日くらい続いて、初めて床もべっしょりするほどおっぱいを吐いたので、診察を受けたら、風邪の一種でしょうと言われ、シッロプのお薬をもらいました。ところがなにをしてもお薬を飲んでくれないんです。乳首もスプーンもダメで、結局私の指を綺麗に洗ってシロップをつけて吸わせました。それでも味が嫌なのか体をそらせてひどく泣きます。今日のお昼の薬は3mlも飲めませんでした。毎日下痢のようなウンチなので下痢をしてるのかはわからないのですが、機嫌もよく、おっぱいも飲めてるし、熱もないし、無理に飲まなくても治るかなと考えてしまいます。普段よりおっぱいは吐いているのですが。普段からおしゃぶりも与えていないし、母乳以外は飲んだこともないせいなのでしょうか。どうしたらお薬を飲んでくれますか?本にアイスに混ぜるといいと載ってたのですが、この時期に母乳以外を口にさせることに私自身抵抗があります。私のこだわりより、お薬を飲みやすくするほうが今は大事でしょうか。

**************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんの中にはどうしても薬を飲んでくれない赤ちゃんがいます。
お母さんは薬を飲ませなければとがんばって飲ませようとします。ところがお母さんががんばればがんばるほど赤ちゃんは薬を飲もうとしなくなるため困ってしまいます。
  普段口にしているオッパイの味とあまりにかけ離れているために赤ちゃんは警戒している状態です。
薬には病気を治すために必要な薬と症状を和らげる薬があります。病気を治すためにこの薬が絶対必要だという場合には、シロップを飲まなければ散薬にしたり何とか飲んでくれるような方法を考えます。
  風邪の咳などの症状を和らげる薬は、必ず飲ませなければいけない薬というわけではありません。
飲まなくても時間の経過で治るけど、薬を飲むことで症状を和らげ楽な状態を作るために使います。
  咳き込んで夜なかなか寝付けなくかわいそうなどのときに使います。質問の赤ちゃんのように咳が出るものの、機嫌がよく全身状態は普段と変わらないようであれば、嫌がるのを無理をして薬を飲ませる必要は無いと思います。
少し経過を見て、もしだんだん咳がひどくなったり、他の症状を伴うようであればもう一度薬のあげ方を考えます。たとえばシロップを嫌がるときには散薬で処方してもらい、少しの水で練りほっぺの内側に塗るという方法もあります。小児科の先生や薬剤師の方に相談してみてください。
嫌がる赤ちゃんに無理矢理飲ませようとするとますます飲まなくなります。今はお母さんの考えているように無理をする必要はなさそうです。
渡辺眞史先生 04.8.10

3歳の男の子です。いつからかわからないのですが、人の話を聞かなくなってしまいました。
目を合わせようとしない時は、こちらを向くように注意してから話をするようにしているのですが、目を見て話をしても、頭の中は他事を考えているようです。ひどい時は、私が話をしている時に全く違うことをブツブツ言っていたり、何か楽しいことを想像しているのかニヤニヤしていたり、乗り物が大好きなのですが、車掌さんの真似をブツブツ言っていたりします。
 人の話を聞けないというのは、脳の発達に問題があるのではないかと心配です。話の最中に、にやけているのを見ると、多重人格の現れではないかとも考えてしまいます。もともとマイペースで、一人遊びが好きな子ですが、そのため自分の殻に閉じこもりがちなのか、とも思ってしまいます。
赤ちゃんの頃から一人遊びができたので、私としてはとても育てやすいところがあったのですが、それをよい事に、今まで放ったらかしていたのがいけなかったのでしょうか。下に0才の女の子がいるのですが、このまま私のやり方でいいのでしょうか。

*************

回答  たまごママネット医師団
「3歳の男児でいつからかわからないけれど、人の話を聞かなくなった」とご質問にありますが、3歳より以前は、人の話を聞いていたのでしょうか? 
1歳や2歳で人の話をしっかり聞くというような子どもにはあまり出くわしたことがありません。むしろその年齢でしっかり大人の言うことを聞く方が、不自然な気がします。
この子は、乳児期に、言葉の発達など、保健所等で何も指摘されませんでしたか?全く話をしても通じていない、視線を合わせようとしない、言葉の発達が遅れているという状態であれば、一度、保健師や小児科医に相談される必要があると思います。
 通常のお母さんや家族との会話のやりとりは可能で、聞いてないようでも、時と場合によっては、よく話しを聞いている様子ならば、あまり御心配はいらないでしょう。
 3才児くらいであれば、自分が電車の運転手さんや、車掌さんになって、自己イメージに浸たり、全くお母さんの注意や呼びかけに気づかない事もあるでしょうし、女の子であれば、ままごと遊びで、自分がママになっている気分ってこともあるでしょう。
 子どもたちはこのような、疑似体験で、自分を表現することが多々あり、これにより社会性を身につけています。このような行動自体が、即、多重人格の診断になることはありません。
 
 また、お母さんが、放任しすぎていた、あるいは過保護にしていたなど母親の育児に問題があったと考えすぎない方がよいでしょう。
親子関係(特に母子関係)は大切な事ですが、過保護にしたから、子どもに悪影響が出た、あるいは、放任しすぎていたから、子どもに悪い結果をもたらしたと断定はできません。
ですから、あまり自分をお責めにならずに、子どもの育児をあせらずにのびのびとされては如何でしょうか?
竹中先生 大阪労災病院小児科 04.8.10


1歳5ヶ月になる息子のアレルギーについて相談させていただきます。
離乳食で卵を使い始めて以降、現在まで全卵を使っても特にアレルギー症状が出たことはないのですが、卵ボーロやカスタードクリームを口にすると食べてから1時間後くらいに必ず吐いてしまいます。これは卵にアレルギーがあると思ったほうが良いのでしょうか?以前、かかりつけの小児科で聞いてみたのですが「卵ボーロでアレルギーなんて聞いたことがない。気にしすぎでは?」と言われました。なので、今までアレルギー検査はしたことがありません。
 しかし、今まで計4回ボーロとカスタードクリームで吐いているので卵を使用したお菓子などが怖くて食べさせられずにいます。食事で卵を使っても「この調理の仕方だとアトで吐くかも?」となんとなく不安でついつい卵を避けてしまいます。一度、アレルギー検査ーをしたほうが良いのでしょうか?
全卵が大丈夫なのにボーロなどで吐くなんてあまりないケースなのでしょうか?

************

回答  たまごママネット医師団
全卵で、アレルギー反応が出ないのに、卵ボーロやカスタードクリームで症状が出るということですが、卵ボーロやカスタードは、卵以外に、小麦や牛乳?などが入っているのではなかったでしょうか?
もし、そうであれば、そちらの成分で、アレルギー症状が出現している可能性がありますので、一度それらの食品の成分内容をチェックされて、かかりつけの小児科医に相談されるのがよいと思います。
竹中先生 大阪労災病院小児科 04.8.10


生理と母乳の関係について教えて下さい。
4ヶ月の子どもがいます。2ヶ月の始めまで混合栄養でやっていましたが、その後は完全母乳で育てています。体重も順調に増えていて、子どもに問題はありません。ただ、産後1ヶ月と2ヶ月の時に生理があったのですが、完全母乳にしたら、3ヶ月の時(先月)には生理が無かったので、以前は混合でやっていたので母乳の分泌が悪かったから生理になったけど、完全母乳にしたら生理が止まるという話は本当なんだな、母乳育児が軌道に乗ったのかな、と思っていたら、今日生理になってしまいました。3時間ごとに授乳することを心がけ、夜間授乳も欠かさずやっていますし、最近は子どもの飲みっぷりも良く、母乳の出も良さそうなのですが、生理があっても母乳の出とは関係は無いのでしょうか?
生理が始まると、母乳は出なくなってしまうのでしょうか?もし出なくなる恐れがあるなら、何か対策はありますか?

***************

回答  たまごママネット医師団
一般論を言えば、授乳中は卵巣の機能が抑制されているために、生理が来ないのが通常です。2・3歳になっても授乳中のため生理が来ない方がたくさん居られます。そしてそのような方も授乳が終わると、卵巣の働きも子宮の機能も正常に復します。
産後1・2ヶ月の頃は卵巣機能の抑制が弱く、時々出血していたのだと思われます。
勿論完全母乳育児中のお母さんでも毎月生理のある方も居られますし、混合栄養の方でも生理の来ない方もあります。
尚、母乳栄養の場合、授乳スタイルは欲しがるときに、欲しがるだけあげると言うのが正しい飲ませ方で、時間を決めて規則正しく与えるスタイルは、母乳育児にはそぐわしくありません。また生理が始まると母乳の分泌が減少することはありません。
岡村先生 岡村産婦人科医院 04.8.9


渡辺 真史先生 
岡村 博行先生 岡村産婦人科医院 大阪府堺市槙塚台1丁-11-3
竹中 義人先生 大阪労災病院 小児科 大阪府堺市長曾根町1179-3
衣笠 万里 先生 尼崎医療生協病院  兵庫県尼崎市南武庫之荘11-12-1
池川 明先生 池川クリニック 横浜市金沢区大道2-5-13
石井 廣重先生 石井第一産科婦人科クリニック 静岡県浜北市小松4498-5

北島 博之先生 大阪府立母子保健総合医療センター 大阪府和泉市室堂町840
平林 円先生 大阪市立十三市民病院 大阪市淀川区野中北2丁目12番27号
大牟田智子先生 春日助産院 福岡県春日市昇町6-102
白川嘉継先生  産業医科大学 小児科 北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1
東先生 あずま助産院 滋賀県甲賀郡土山町南土山甲701
廣瀬先生 穂(みのり)助産院 長野県須坂市大字小山(高梨町)2515-10