育児相談室
私にベッタリなのは全て母乳が原因で、すっかり甘えっ子になってしまった言われて悩んでいます。
1歳3ヶ月の女の子のママです。完全母乳で育てていますが、ほとんど食事を取りません。「そのうち食べるだろう」とあまり気にしないで気長にがんばっているのですが、実家の母はかなり気になるようで断乳するように言われています。また娘は、いまだに後追いをして片時も離れようとしません。食事の用意の時も私の足元で一人遊びをしていて、10分ほどすると相手をしてくれるようしがみついて泣きます。実家の母は、娘が」私にベッタリなのは全て母乳が原因で、すっかり甘えっ子になってしまったと言うのです。泣けばすぐオッパイがもらえるのでご飯も食べないし、親をなめている、と言うのですが・・・確かに娘が欲しがるままにおっぱいをやっていて、今は食事の時に3回、昼寝の時に2〜3回、夜寝る時1回と時々夜鳴きした時に1回ほど、一日6〜8回飲んでいます。昼間寝る時でさえもおっぱいがないと寝れません。おっぱい大好きの娘なのでできれば卒乳したいのですが、これでは飲ませすぎでしょうか?お昼寝のおっぱいはやめた方がいいでしょうか?また、泣けばおっぱいもらえる!と調子に乗っているなんて事はあるのでしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
お母さんにベッタリなのは後追いに時期のためだと思われます。母乳のために甘えっ子になっているのではありません。まもなくお母さんから離れなければいけない時期になります。その準備としてベッタリくっついてお母さんの存在を確かめている状態です。
 しっかりお母さんの存在を確かめて安心すると、気持ちがしっかりしてお母さんから自信を持って離れることができるようになります。お母さんという“心の安全基地”がこの子がこれから生きていく上での強い支えになるのです。
 母乳は基本的には好きなときに与えてもかまいませんが、食事の工夫が必要かもしれません。食事の時にはその前1〜2時間ぐらいは何も食べさせないで十分お腹が空いているようにしてください。
血糖値が高くなると食欲が無くなり食べ物に興味が無くなってしまいます。
  今は遊び食いの時期ですからお母さんからみるとあまり食べていないように見えるかもしれませんが、30〜40分の食事時間で片づけるようにしてください。その後欲しがるようでしたら母乳をあげてもかまいません。
  みんな一緒に楽しい雰囲気な食事を心がけてください。食事が安定してくると食後の母乳は減ってくると思います。寝るときの母乳はあげてもかまいません。安心してよく寝てくれると思います。
 丁度今は自我が芽生えてきている時期で、心の発達がどんどん進んでいる時期です。このため不安の強い時期ですが、この不安を母乳を飲むことで解消できます。母乳は心の発達に大切な役割をしています。断乳で母乳を止めることはこの不安を解消することができず、心にストレスをためてしまうことになります。このストレスが大きくなってからの心身症と関係することがありますから断乳なんて考えないでください。気持ちに自信がつくと後追いも収まり、母乳からも少しずつ離れていくようになります。 
渡辺眞史先生 04.10.28

便秘で悩んでいます。
6月18日、妊娠30週6日生まれた未熟児、退院の時に3000Gになりました。、うんちが自分でできない、今体重6000Gになりましたが、うんちがまだ自分でできない、綿棒でやります。最近、赤ちゃんはうんちが嫌になり、痛そうです、綿棒でやる時に凄く泣きます。医師は自然に治ると言いましたが今凄く悩んでいます。
どうしたら良いのでしょうか?
助けてください。また、未熟児予防接種のスケジュールをどうやっていいでしょうか?教えてください。

*************

回答 たまごママネット医師団
赤ちゃんの便は腸管の発達によって一日数回の便から数日に1回の便に変わってきます。生まれて間もない赤ちゃんはオッパイを吸ったり,胃の中に母乳やミルクが入ってくると直腸にたまっている便が排泄される仕組みがあります。このため飲むたびに便が出る様になります。
  1ヶ月ぐらいになると便をためる働きがでてくるために便の回数が少なくなり1日1〜2回になり、更に数日に1回の便になっていきます。中には毎日便がみられる赤ちゃんもいますが、1週間に1回でも平気な赤ちゃんもいます。便が多いから下痢、便が出ないから便秘というわけではありません。
  赤ちゃんの機嫌、飲み具合などいつもと変わりなければ心配することはありません。赤ちゃんの正常な腸管の発達段階と考えてください。
特別何もしないで様子を見ていて大丈夫ですが、お腹が少し張ってきた、飲みが減ったような気がする、5〜6日便がないときなどには綿棒にオリーブオイルをたっぷりつけて綿棒刺激をします。オリーブオイルを使うと赤ちゃんは痛くありません。
それでも排便がないときには赤ちゃん用の浣腸をします。綿棒刺激や浣腸は癖になるということはありません。この状態は6〜7ヶ月までみられ、離乳食が進むと排便の状態はまた変わってきます。
質問の赤ちゃんは生まれてから4ヶ月、予定日から2ヶ月の赤ちゃんになります。今ちょうど便をためる働きが強くなり毎日便が出ない状態のようです。これは病気ではなく、順調な腸管の発達段階ですから心配しないでください。3〜4日はなにもしないでみていてください。もし5日になっても便が出ないときには綿棒刺激をしてみてください。
またこの時期には赤ちゃんのいきみがみられます。お腹いっぱい飲んで眠る頃、顔を真っ赤にしてうなるような声を出します。お腹を痛がっているように思われますが、これも赤ちゃんの成長の段階です。便が出ないために痛がったり、苦しがっているわけではありません。質問の赤ちゃんは体重の増えもよく元気な赤ちゃんに思えます。

予防接種についてはどんなに小さく、早く生まれた場合でも生まれたときからの月齢で行います。質問の赤ちゃんは普通のスケジュールで予防接種を受けてください。小さく産まれたからといって遅くする必要はありません。
 便の状態についてはかかりつけの先生も自然に治るとおっしゃっているようですので、心配しないで便のことや予防接種のこと、これからのいろいろなことをよく相談するようにしてください。
渡辺眞史先生 04.10.27

降圧剤を飲みながらでも母乳を与えられるという薬はありますでしょうか?
降圧剤(ニューロタン25を朝2錠・一日一回)を飲み始めたため母乳を止めています。10月16日から飲み始めて2週間分の処方をされました。降圧剤はすぐには終われないと聞きました。できれば母乳を与えたいと考えています。授乳をしても大丈夫な降圧剤はありますか?
簡単にしか書けないでお答えが難しいかもしれませんが、よろしくお願いいたします。
・いつ頃から血圧が高くなったのか?
→妊娠35週頃からです。その後も上130-140代-下80-90代で経過しました。浮腫・尿蛋白はありませんでした。医師からは安静気味に生活するように言われました。妊娠初期の血圧は120代-70代でしたので投薬はありません。
・頭痛はいつ頃からあったのか妊娠初期の血圧については投薬はなかったのですか?
→頭痛は産後3日後くらいからです。産科退院後も頭痛がひどくて、頭痛薬を処方してもらいました。産科医は「頭痛の原因は血圧が高いからだと思うので降圧剤を飲んだほうがいいかもしれない。でもそうすると母乳を止めなければならない。」と言う説明だったので、母乳を止めたくないために頭痛薬(カロナール)をもらってのんでいました。
降圧剤を飲んでいる現在も時々頭痛があるので頓用で内服しています。
降圧剤を飲み始めたのが産後一ヶ月検診の10月16日、降圧剤内服開始から今日で一週間ですが自宅で血圧を測って140代-80代です。降圧剤を飲み始めて3日後くらいからふらふらする感じがします。
母乳がでなくならないように3時間ごとに搾乳しています。
降圧剤を飲みながらでも母乳を与えられるという薬はありますでしょうか?(里帰り出産だったので出産した病院と一ヶ月検診した病院は異なります。)

***************

回答  たまごママネット医師団
妊娠出産で高血圧はよく見られる合併症です。このため降圧剤服用時に母乳を与えられるかよく問題になります。一般的に降圧剤を使用しても母乳を続けることができます。
アメリカ小児科学会の薬事委員会の分類では、ニューロタンについて記載がありませんが、これに近いACE阻害剤は母乳中でも使用可能な薬に分類されています。ニューロタンも授乳可能と考えられますが、使用経験が少ない分だけ注意を要する薬となります。
今の薬でも母乳を続けることは可能ですが、降圧剤は多く使用されている薬は安全性がわかっていますので、可能であれば一般的に多く使用されている降圧剤の方が安心して服用できます。せっかく搾乳までして母乳を続けようとしているのですから、そのまま直母で飲ませてあげてください。
母乳育児に理解のある産科や小児科の先生に相談すれば内科の先生にアドバイスしたりして、力になってくれると思います。
渡辺眞史先生 04.10.25

臍の中央に盛り上りがあり診察の結果、尿膜管遺残、臍のう胞、奇形腫のいずれかで切った方がいいといわれ悩んでいます。
生後1ヵ月半の娘。妊娠中、子宮内胎児発育遅延の疑いがありましたが、39週4日目に2346gで生まれました。臍の中央にちょっとした盛り上りがあり、小児外科の先生に見せたところ尿膜管遺残、臍のう胞、奇形腫のいずれかだろう、将来癌化する可能性もあるので切った方がいい、手術は小児麻酔の医師立会いの下行われるので危険はありませんと言われました。呼吸器のセンターが完成する受精後50週を過ぎたころに手術をすることになりました。
娘のようにお腹の中で閉じたり無くなったりすべきものが残ったまま生まれてくる赤ちゃんはどのくらいいるのでしょうか。何故そのようなことになるのでしょうか。いろいろとネットで調べますがいまいち情報がないようです。

*************

回答  たまごママネット医師団
 臍中央の小さな盛り上がりは、臍瘻、臍肉芽腫と呼ばれる病態のことが多いようです。臍肉芽腫は新生児期に認められる、臍脱落時に残存した臍帯(へその緒)の成分からできあがり、いずれ消えていくものがほとんどです。
しかし、時としていつまでもよくならない年長児の肉芽腫の中に尿膜管や臍腸管と呼ばれる組織の局所的な残存があります。胎児の発生の過程で、臍帯の中には、将来の膀胱とつながった尿膜管と将来の腸管につながった臍腸管が存在します。
  生まれるまでに閉鎖して無くなってしまうのが常ですが、それぞれ、つながったままになって開いていると尿が出てきたり、便が出てきたりもします。閉塞してわずかに漏れ出てくるような場合には、いつまでも臍がじくじくすることもあります。
へその奥で袋状に途切れていて、後に感染を起こして気づかれることもありますので、発症は全年齢で認められます。
  また、一生気づかれないこともありますので、正確な頻度は分かりませんが、稀な疾患です。奇形種の中に悪性化するものがありますが、場所が典型的ではありません。
手術は簡単で、後に問題を残すこともないので心配いりません。白川先生 産業医大小児科 04.10.23


CTスキャンの際、血管造影剤を投与されるようなのですが、その薬の母乳への影響が非常に気になっております。
生後5ヶ月半の子どもを完全母乳で育てております。私の肝血管腫というものの精密検査のためにCTスキャンを受けることになりました。その際、血管造影剤を投与されるようなのですが、その薬の母乳への影響が非常に気になっております。医療機関からは「検査日当日は母乳を与えない方がいい」とアドバイスされましたが、子どもは哺乳瓶では絶対に飲まないので(冷凍母乳であっても)一日何も飲まないことになってしまいそうでとても心配です。引越ししてきたばかりで、相談できる産婦人科の先生もおらず、ネットで調べても、この件に関する情報が得られないため、こちらで質問させていただきました。よろしくお願いいたします。

**************

回答  たまごママネット医師団
日本では医薬品の添付文書に薬剤が母乳中に移行するというだけで薬を投与する場合には母乳を中止するように記載されています。
実際、当院で使用しているイオパミロンは一定時間、オムニパークは投与後48時間母乳を中止するように記載されています。このため母乳育児に関心の少ない医療者は簡単に母乳を中止するように指導しています。
しかし、母乳を一時的にでも中止することはお母さんや赤ちゃんにとって大きなストレスになり、簡単なことではありません。本当に止めなければいけないかについて日本でははっきりとした指針は出されてはいません。
そこで母乳育児に関心のある医療者はアメリカ小児科学会の薬事委員会の見解を参考にしています。母乳中に移行したことで赤ちゃんにどのような影響が出るかを検討し、投与の是非を判断しています。血管造影剤の薬剤名がわからず確実なことはいえませんが、この中ではCTなどに用いる造影剤は使用可能な薬に分類されています。
検査を受ける病院が母乳育児に熱心であれば、産科か新生児担当の小児科の先生に相談すればお母さんの力になってくれると思います。
渡辺眞史先生  04.10.20

1歳0ヶ月の娘の予防接種についてご相談させていただきます。
誕生日は10月3日です。突発性発疹のためホ゜リオの2回目が予定より半月ほど遅れてしまい、今週末接種予定です。この後、インフルエンサ゛、麻疹接種よていですが、Drに「突発で免疫を使い果たしてしまったから、絶対風邪をひいて接種は予定通りに進まないだろう」と言われました。遅れたことを考えると、先にインフルエンサ゛、麻疹でホ゜リオは後回しにした方がいいでしょうか?(来春ホ゜リオ)。育児書に麻疹は1歳過ぎたらできるだけ早く、インフルエンサ゛は11月中が望ましいと書いてありました。順番について悩んでいます。お忙しいところ申し訳ありませんがご回答よろしくお願いいたします。

*************

回答  たまごママネット医師団
いろいろな考え方があると思います。
一般的にインフルエンザワクチンは11月から13才未満であれば1〜4週間隔(4週間隔がのぞましい)で2回接種になります。麻疹ワクチンは12カ月から90カ月の間が対象年齢となり、標準的な接種年齢は12カ月から15カ月とされ、おっしゃように1才を越えたらすみやかに接種するのが望ましいといわれています。
いろいろな考え方があると思いますが、私だったらまず麻疹かなと思います。重症化すれば死亡率が高い可能性があるからです。そして、娘さんが麻疹の予防接種をするのと同時期に家族の皆さんは、インフルエンザワクチンを接種しておきますと娘さんがインフルエンザにかかる危険性が軽減します。娘さんが麻疹のワクチンをして4週間後にインフルエンザワクチンを開始されたらいかがでしょう。
ポリオワクチンは、日本では野生の強毒のウィルスはいませんので、来年の春でかまわないでしょう。ただし、それまでに海外へ渡航されるのならば、接種しておくべきです。この場合は任意接種で受けることになりますので、最寄りの保健所にご相談されたらよいでしょう。 竹中先生 大阪労災病院小児科 04.10.20


お通じが時々ざらざらして、まるでコーヒーカスが混ざっている感じで心配です。
1歳10ヶ月の男児の母です。子どもがお通じをしたあと、いつも水で洗い流しているので、便の様子を洗っている手の感触で感じることができます。ここ2週間くらい感じたことなのですが、お通じが時々ざらざらしています。まるでコーヒーカスが混ざっている感じです。オムツを確認すると、ざらざらする時は確かにオムツの中のお通じにもコーヒーカスのような色と形状のつぶつぶが混じっています。血便ではないかと不安です。食欲もあり、成長は順調です。元気も十分にあります。お通じは柔らかい時もありますが、固形状の時もありそういうときには比較的ザラザラしません。
まだ母乳を沢山飲んでいます。食事も最近良く食べます。特に果物が大好きで、柿に巨峰、リンゴ、桃などを沢山食べます。1歳の時に仮性クループで入院、その際に極度の貧血といわれて、鉄剤のインクレミンを服用しています。それも、血液検査で正常に戻ったので、「飲みきっておしまいにしましょう」といわれたインクレミンを今日は鉄分の少ない食事だったな、と思うときに与えています。それでも1.6mgくらいです。取り留めのない文章で申し訳ありません。どうぞよろしくお願いします。

*************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんの便は食べたものによって様々な変化をします。大人の便も変化しているのですが、赤ちゃんの便のように注意をしてみる機会がないため気付くことはありません。
実際に便をみてみないと確実なことはいえませんが、質問の赤ちゃんの便は食べたものによる変化だと思われます。
機嫌がよく、よく食べるようであれば心配はありません。
また、インクレミンシロップによって便が黒っぽく見えることもあります。心配なときにはなるべく新しい便を持って小児科で診てもらってください。すぐに判断がつくと思います。
 貧血は1才ぐらいの時によく見られます。離乳が進むと自然に治っていきますが、中には鉄剤を使用する場合があります。
薬を飲んで値が正常になれば後は食事で改善します。薬はなるべく早くおしまいにするのが原則です。
お母さんの判断で鉄分が少ない食事の時に飲ませるという方法は効果が無くお勧めできません。
渡辺眞史先生 04.10.18

4ヶ月検診の際に軽い尿道下裂と診断され増したが手術は必要ですか?
5月16日に産まれ、まる5ヶ月になる男のがいます。身長65cm、体重8000gになり順調に育っているように思います。なのですが、4ヶ月検診の際に軽い尿道下裂と診断されました。心配しなくていいといわれ、半年後にもう一度くるようにいわれました。突然のことでびっくりしているのですが、ネットなので調べると不安なことがたくさんかいてあるので、一般的なことでいいのですが、教えていただければと思います。
たしかに出産直後から回りのひとと形が違うなとは感じていました。皮がむけていて、たれさがっているというより、くっついているといったかんじで、長さが少し短い感じです。根元からはかると2cmです。たった状態にすると、さらに短くなってしまって将来チンチンをもって立ちションすることができるのか不安になってしまいます。
  手術も難しいといわれているので。ねた状態でオムツ替えのとき顔におしっこが顔にかかってしまったことは何度もあり、前にでているようです。おしっこがでる穴をみると、中心より気持ち数ミリぐらい後ろ側からでているようです。手術した場合、経過はどういったかんじになるのでしょうか。長さが短いのは、皮がむけているのは尿道下裂だからなのでしょうか。軽いということで手術しなかった場合、将来生活をしていくうえで支障はないのでしょうか。

*************

回答  たまごママネット医師団 
尿道下裂は尿の出口が陰茎の先端ではなく、陰茎の裏側や陰茎と陰のうの境目などに開いていて、陰茎も下向きに屈曲している場合が多い病気です。
尿はまっすぐに飛ばず、将来の排尿や性交などにも影響を与えかねません。
  さらに、子どもにとって心理面での負担も大きくなる可能性があり、他の生まれつきの奇形の有無も十分に調べてもらった上で、手術による治療が必要になります。
手術は何回かに分けてすることもあるために学校へ行く前までに治療が完了するように3歳くらいから始めることが、多いようです。軽度か重度なのかは泌尿器科専門医にお尋ねになるとよいでしょう。
竹中先生 大阪労災病院小児科 04.10.18


7ヶ月に入ったばかりの娘の便秘についてお伺いします。
4〜5ヶ月くらいから便秘気味で10日以上出ないこともたびたびあり、一度小児科を受診したのですが、この月齢の場合は10日くらいでなくても問題ないと言われました。その後も便秘が続いたものの、離乳食を進めるにしたがい少しずつ改善し、半月前に離乳食初期2回食にした頃にはほぼ毎日出るようになりました。ところがここにきてまた1週間便が出てません。数日前からマルツエキスを風呂上りに飲ませています。綿棒浣腸をすると少し出てくるのですが、力が足りないのか完全には出ずに戻ってしまいます。乱暴かとは思いましたが、今朝は綿棒を使って少しほじくり出しました。でもまだ完全に出てはいないようで、ヒマさえあれば唸りながらふんばり、苦しいのか泣き出してしまいます。
4〜5ヶ月の頃とは違い、今は1週間便が出ないなら、小児科を受診するべきなのでしょうか?
また、離乳食で気をつける点があれば教えていただきたく思います。
プルーンが嫌いのようで食べません。さつまいもやバナナ、ヨーグルトをなるべく与えるようにしています。

**************

回答  たまごママネット医師団
1週間に一回でも苦痛でなければよいのですが、娘さんの場合はずいぶん困っておられますから一度小児科を受診されて相談してみては如何でしょうか。
スムーズにウンチが出るようになるまで、3日くらいででなければ、グリセリン浣腸を使用してみると言う手もあります。
浣腸については、「癖になる」とかいって敬遠される方も多いのですが腸のリセットになりますので、お勧めします。
とにかく、ウンチをすることは、苦痛を伴う嫌なことという印象を変える必要があります。
毎日、気持ちよくウンチが出ることが理想ですですが、繊維の多い食事と共に「食事の後は楽しくウンチ」のような雰囲気作りが大切です。平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 04.10.17


寝ているとき以外はいきんで泣いています。
1ヵ月半の男の子なんですが、産まれた時から俳便痛のようなものがあるみたいで、寝てるとき意外はいきんでな泣いている毎日です。
1ヶ月検診の時には体重も順調に増えていたので心配は無いと言われました。最近では、排便の回数が1〜2回となり、いきんで泣いていると吐いてしまう量も回数も増えてきました。授乳も以前より時間が短くなり5分くらいで飲まなくなるので1〜2時間で欲しがります。
数日前からは授乳中もいきみ始めて、夜1回ミルクを与えているのですが、ほとんど飲まないうちに大量吐き、鼻からものけぞるように吹き出しました。次の日、綿棒で刺激したらウンチが大量に出ました。そうしたら吐く量が減りました。便秘と言うわけではないと思うのですがいきんではいてしまう量が増えた場合は毎日綿棒で刺激を与えてウンチを出した方がいいのでしょうか。友達に聞いてもいきんで泣きっぱなしと言うのは無いと言われ心配です。このいきんで泣くのはそのうち治まるのでしょうか。一年中泣いているので散歩にも出かけられません。いいアドバイスお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
まず、ミルクは便の回数を減らすので、夜一回のミルクはやめたほうがよいです。
ミルクを足すことで、母乳の出る量と赤ちゃんの飲む量の調整が上手くできなくなっている可能性もあります。
しばらく、少し大変かもしれませんが赤ちゃんの欲しがるままに頻回に母乳を授乳してみてください。
次に、お腹の張りが強く、便があまりでていない時には 、綿棒浣腸をしてください。
また、1ヵ月半の男の子で嘔吐が次第にひどくなり、噴水状の嘔吐が続いてぐったりしてくるようなら、肥厚性幽門狭窄症の可能性がありますので、小児科を受診してください。
病気でないようなら、そのうちに収まります。
赤ちゃんはどんどん成長し、いつまでも赤ちゃんのままでいることはありません。
赤ちゃんが、泣く時には、空腹、オシッコをした、ウンチをする、ただ抱っこしてほしいなど様々な原因があります。今は赤ちゃんをしっかり観察して、オッ パイをあげて、抱っこしてあげてください。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 04.10.17


授乳中で二人目が欲しいと思うのですが生理が来ません。
2002年12月2日に男児を出産して完全母乳で育てています。
子どもも1歳10ヶ月になりますがいまだに母乳を飲んでいます。食事も三食おやつとともにかなりの量を食べますが、日中は甘えておっぱいをねだることも多く、求められるままに与えています。
先月、9月11日から4日間出血があり、以前の生理の状態と変わらなかったので再開したと思っていたのに、今回はまだきません。日中の飲み方は咥えると満足、というかんじでそんなに出ている感じがしないのですが、夜中(3−4回)や起きた直後は喉が渇いているらしく本格的にグビグビという感じで飲んでいるので、かなりの量が出ているものと思われます。
もうかなりの期間生理が来ないので、段々心配になってメールした次第です。このまま生理がまた止まってしまった場合、断乳ではなく卒乳でいきたいと考えているのですが、卒乳まで来ない可能性もあるのでしょうか。
二人目が欲しいと思うのですが、子どもが卒乳できた時期が二人目を作る環境が整った時と考えています。
こんなに生理がこなくて次に妊娠しにくくなるとか身体に影響はないのでしょうか。

**************

回答  たまごママネット医師団
どうやら卵巣の働きも漸く動き始めたようですね。未だ完全に軌道に乗っていないので不規則ですが、やがてそのうち順調になると思います。特に夜間の授乳の回数が減少すると卵巣の働きも順調になる場合が多いようです。
勿論授乳中に妊娠することもありますが、その場合も授乳を止める必要はありません。産後タンデム授乳(タンデムとは二人漕ぎ)をするお母さんもしばしば今日見られます。岡村先生 岡村産婦人科医院 04.10.17


ウィルス性とそうでない結膜炎の違いについて教えてください。
4か月半の娘の母です。娘の目が充血し、涙や目やにもよく出るので病院へ行ったら結膜炎とのことでした。
ウィルス性かどうかを調べる検査ではとりあえず陰性でしたがまだはっきりはわからないとのことでした。
今娘は指しゃぶりをひんぱんにしていて、やめさせてもいつも手を口に持っていきます。
涙や目やにがついた手をしゃぶってしまっても体には影響はないのでしょうか?
また、ウィルス性とそうでない結膜炎の違いについて教えてください。
日常気をつけることなどがあればそれも教えていただけるとうれしいです。

**************

回答  たまごママネット医師団
結膜炎についてですね。
結膜炎は急性のものと慢性のものがありますが、小児では一般的に急性結膜炎がほとんどですので、これについて説明します。
急性結膜炎にはウィルス性のもの、細菌性のもの、そしてアレルギー性のものなどがあります。ウィルス性のものでは風邪や発疹性疾患(例えばはしかなど)に合併するものもあります。特に感染力が強く気をつけなければならないのは、アデノウィルスによる流行性角結膜炎という病気で結膜など目の症状だけでなく、発熱や耳の前のリンパ節が腫れて痛むなど局所症状や全身症状を伴います。
ウィルス性のものであれば、特効薬がなく、特別な治療法はないのですが、細菌感染を合併しているようならば、抗生物質の点眼(目薬)を使用します。
人から人へ移りやすいのでこまめに手洗いなどの予防を心掛ける必要もあります。
ウィルス性のものと細菌性のもの、それからアレルギー性のものの鑑別点について述べておきます。
ウィルス性結膜炎は、めやにが透明が多い、瞼の腫れは軽い、耳たぶの前のリンパ節の腫脹を伴うことがある、細菌性結膜炎はめやにが膿緑色で、瞼のはれは中等度、リンパ節腫脹はなし、アレルギー性結膜炎はめやにが粘液様で時に糸をひくこともある、瞼のはれは中等度から重度、リンパ節の腫脹なし、かゆみが強いなどの特徴があります。
それから、小さな赤ちゃんがゆびしゃぶりや指すいをよくすることもありますが、特にその子自身の涙やめやにが口に入っても差し支えありませんし、むやみに指すいを止めさせる必要もありません。
竹中先生 大阪労災病院小児科 04.10.15


寝返りと指しゃぶりについて教えてください。
● 寝返りについて教えてください。
もうすぐで生後5か月をむかえます。先日4か月児健診に行きました。そこで「寝返りはまだ右だけですか?」と保健師さんに聞かれました。そこで私から「ねがえりは両方しなくてはいけないのでしょうか?」と尋ねたところ返答はありませんでした。寝返りは両方しなくてはいけないのでしょうか?
寝返るということはどういうことをいうのでしょうか?わが子は仰向けからうつぶせにはなりますが、うつぶせから仰向けはできません。異常なのでしょうか?
● 指しゃぶりについて教えてください。
4か月になったばかりのころから指しゃぶりを頻繁にし始めました。主人は指しゃぶりをしているわが子をみると「だめでしょ」といって指を口から無理にだします。その結果いつも大泣きになってしまいます。指しゃぶりは寂しいからするのだと思い、絵本を読んだり、歌をうたったりしていますが、どうしてもやめません。どうしたらよいでしょうか?眠たいときだけでなく常に気がついたらしているという感じです。

**************

回答  たまごママネット医師団
寝返りについて教えてください。
全く心配入りません。寝返りができるのは6ヶ月です。5ヶ月前の赤ちゃんが一つの方向でも寝返りができれば十分な発達といえます。発達は赤ちゃんによって個人差があり、中には寝返りをしないでお座りをしてしまう赤ちゃんもいます。発達は一つのことができるできないではなく、その月齢でできること数項目を総合的に判断します。質問の赤ちゃんの場合、あやすと声を出して笑う、手を合わせて遊ぶ、おもちゃを持たせると握る、人を見ると笑いかける、お母さんの声と他の人の声に反応が違うなどを参考にします。心配しないで大丈夫です。
指しゃぶりについて教えてください。
赤ちゃんは指しゃぶりが大好きです。唇に何か当たると吸い付きます。これは赤ちゃんの反射で生きていくために大切な働きです。4〜5ヶ月の胎児にもみられることがあり、赤ちゃんにとって指しゃぶりは自然なことです。無理に止めさせる必要はなく、そのままみていてください。6ヶ月ぐらいに一番指しゃぶりの頻度が増えますが、ハイハイやお座りをしておもちゃで遊ぶようになるとだんだん減ってきます。
その後も眠いときなどに指しゃぶりはみられますが、2才ぐらいまでは止めさせる必要はなく、歯並びにも影響はありません。おしゃぶりを与えることは勧めませんが指しゃぶりは赤ちゃんの好きな様にさせてあげてください。
渡辺眞史先生 04.10.14

便秘についての質問です。
満期産で、3100グラムで産まれました。現在2ヶ月半で6200グラムです。母乳のみの栄養です。
5日たっても便が出ず、綿棒刺激で排便してます。それが3回続いています。
便はちょっと水分が少ないような、ベタッとした便で、特に固くはないです。便の量も多くないです。
小児科に受診しましたら、病気はなさそうといわれ安心しました。浣腸とマルツエキスを処方してもらいました。
質問は
1 綿棒刺激はくせになるのか
2 7日くらいは便が出なくても様子をみていていいのか
3 マルツエキスや果汁を与えても、消化に問題がないのかです。
機嫌も良いですし、哺乳も良好です。
早期に果汁を与えることが、あまり良くないと聞いて、マルツエキスを与えることをためらっています。
綿棒刺激をすると嫌がって大泣きするので、自然排便のために、糖をあたえた方がいいか悩みます。

**************

回答  たまごママネット医師団
母乳栄養児の特徴の一つとして、ベシャとした便の性状と何日に一回の便通が上げられます。
出産直後の日に何回も下痢便のように出る事が多いのですが、やがて離乳までお尋ねのようになる赤ちゃんが大多数です。
紙縒り浣腸とか面貌による刺激ですが、習慣性についてはご心配要りません。やがてしなくとも自律的に排便するようになります。
また機嫌も食欲もよくお腹もパンパンに張ることが無ければ、あえて浣腸して出す事もいりません。
栄養的に生後6か月めまで、果汁を与える必要はありません。アメリカの小児科学会では寧ろ与えないようにと勧告さえしています。マルツエキスは麦芽を発行させたもので、有害とか薬と言うわけではありませんが、ベシャットした便をしているのであれば、与える必要に無いのでは。 岡村先生 岡村産婦人科医院 04.10.14


鼻涙管閉塞症について教えてください。
生後21日の男の子です。40W3dの正常分娩で出産しました。
病院に入院中から右目だけ涙が常に溜まっている状態でした。
心配になり助産師さんに質問した所、新生児はよくある事だと言われましたが、現在もその症状に変わりはありません。
調べた所、鼻涙管閉塞症という病気がある事を知りました。
本では目薬とマッサージで治るとありましたが、小児科では「眼科で管を通す手術をしなければ治らない。その手術の出来ない病院では目薬を処方するのだ」と言われました。
その子の状態にもよるとは思いますが、実際はどのように治療されるのでしょうか。
また、うちの子の場合は先天性になるのでしょうか。
今の所、まだ目やには出ていませんが眼科には早く連れていくべきですか。

*************

回答  たまごママネット医師団
鼻涙管閉鎖は新生児で時々みられる病気です。はじめは繰り返す片方の眼の目やにがみられ、1ヶ月頃からは涙目がみられるようになります。
涙の流れが悪くなり涙嚢炎を繰り返すようになり、点眼薬を使うと一時的に改善しますがまた繰り返します。
治療は、目やにの多いときは点眼薬と鼻根部のマッサージを行い炎症の改善を図ります。改善したら眼科でブジー療法を行います。細い針を通して閉鎖している部分を通過させます。これは慣れた眼科医であれば外来で比較的容易に行え、赤ちゃんにもあまり負担をかけずに行える治療です。
  6ヶ月をすぎると治療をしても再び閉鎖しやすくなり効果が少なくなりますから、早めに眼科を受診する方がよい病気です。
質問の赤ちゃんの場合目やにがみられず鼻涙管閉鎖かはっきりしませんが、今後、目やにや涙目を繰り返す場合には可能性があります。
急ぐ必要はありませんが1ヶ月をすぎても涙目が続くときには眼科を受診するようにしてください。 
渡辺眞史先生 04.10.12

喘息様気管支炎で服用している薬が心配です。
今月1歳になる娘の薬の服用についてはじめて質問させていただきます。出生時体重は、2500gくらい順調に育ち現在7.6kgです。4ヶ月のとき、咳とぜいぜいがひどく東邦大学大森病院にかかりました。
その際ムコソルバンドライシロップ、ペリアクチン、ムコダイン、ホクナリンテープを処方されました。
しばらくおさまっていたのですが、5月に喘息様気管支炎で近くの病院(大森日赤病院)に入院しました。
3日テオフィリンを点滴した後、退院時にムコダイン、ペラチンドライシロップ、オノン、テオドール(20%1回0.1g朝晩2回)を5日ほど処方されました。その後自宅近くの病院に通院しています。
先生とも相性が良く信頼申し上げているのですが、やはり薬(特にテオドール)の常用について気になります。
6月頃(8ヶ月頃)から下記の薬をほぼ常用しています。・テオドール20% 0.4g ・ムコダインDS33.3% 0.75g ザジデンドライシロップ0.1% 0.5gオノンドライシロップ100mg 0.5g (いずれも量は一日の量です。)先生の見解としては、2歳くらいでおさまってくれるか、本当に喘息になってしまうかわからないし発作が一度でるとでやすくなってしまう。
保育園に通っているので、菌がうつりやすい。
一度調子の良い時に、テオドールをやめ(9ヶ月頃、一日0.35g服用時)ぜいぜいがひどくなってしまった。ということから、飲みつづけています。確かになんとかおさまっており、夜眠れないなどの症状もでません。 
インターネットなどで調べると、テオドールは、処方量をきちんと守っていれば問題がない薬をいわれているようですが、一方で痙攣などもおきやすいある意味危険な薬だともきています。ご意見をお伺い致したく、ご相談させていただきました。

**************

回答  たまごママネット医師団
身長が1mに達する前の子どもたちは気管支炎に罹ると喘鳴をともないやすいので、喘息性気管支炎と診断名される機会が多いです。呼吸する時の気道抵抗は気道の半径の4乗に反比例し、気道の長さ、流速に比例します。したがって、呼吸のしにくさに最も影響する因子は気道径です。
  気道の太さは身長にしたがって太くなりますので、身長が1mを超えても息を呼出する時にぜいぜいと喘鳴が聞かれる場合が本来の喘息です。喘息は炎症により、気道収縮物質が産生され狭くなる場合と、炎症自体で気道がはれて狭くなる場合があります。
気道を広げる作用が強く、副作用が出にくい薬がホクナリンテープです。
テオドールはかつて気管支を広げる目的で使用されましたが、気管支拡張作用は、ホクナリンに比べはるかに弱く、最近は炎症を抑える目的で、少量使用が主流になっていますので、けいれんなどの副作用は激減しています。
もし一般的な投与量の場合には、発熱時に20〜50%血液中の濃度が上昇しますので、発熱から解熱後72時間は投与を控えるか減量します。それ以外の小児期の問題として1歳前の子どもでは月齢が低いほど体内での分解速度が遅く、投与量を減らす必要があります。
また、テオドールは不眠や多動、注意欠陥を起こす代表的な薬で、5%の子どもでかなり激しく現れます。不眠や多動、注意欠陥が出現した場合には中止することが多いです。
  最近はオノンなどの副作用の少ない薬が販売されるようになり、喘息のコントロールはかなり良好になり、発作を起こす人は少なくなりました。
ただし、オノンは効果発現まで約1か月を要しますので、もっと長期に内服されることをおすすめします。
また、1歳未満の喘鳴はもともと気管支が細いので、薬の効果が少ない、特に気管支拡張剤が効きにくいことが多いです。
  お子さまの場合にはオノンを長期に内服することが大切であるように思います。
テオドールに関しても少量で長期に使用されることをおすすめします。テオドールは他にも肝機能障害や他の薬との相互作用もありますが、少量の場合には問題になりません。
また、エリスロマイシンの少量長期投与(3か月ほど)も効果的かも知れません。エリスロマイシンとテオドールは相互作用がありますが、少量の場合には問題になりません。お答えになりましたでしょうか。
白川先生 産業医大小児科 04.10.11


授乳中でも飲める抗生剤はないでしょうか掌せきのう胞症です。
現在完全母乳で3ヶ月の子どもがいます。掌せきのう胞症といわれ、抗生剤の内服が必要と言われました。
ミノマイシン100mgを1日1回1カプセルです。一時的に母乳をやめるつもりでミルクを試しましたが飲んでくれず、内服はせず経過みています。ただ症状が悪化傾向で特に関節痛がひどいので、授乳中でも飲める抗生剤はないかと思いメールしました。抗生剤の種類により効果のある病気とそうでないものが有ることはわかっていますし、主治医と相談したほうがいいとは思うのですが・・・。まずはどんな薬があるか調べてから受診したいと思いまして。ぜひご返答お願いします。

*************

回答  たまごママネット医師団
小児科医による回答であることをご了解ください。
皮膚科医でありませんので、少し専門外です。
掌蹠膿疱症は、手のひらや足の裏に生じる小水疱または膿疱で寛解、増悪を繰り返して経過する難治性疾患です。
それで、きちんと治療を受けてもすぐに治るというわけには、なかなか、いかないようです。
治療法としては、軽症の場合はステロイド外用剤の塗布。
重症例では、PUVAと呼ばれる紫外線療法、エトレチナート(ビタミンA)の組み合わせなどの治療が行われるようです。
歯科治療による金属アレルギーが原因の場合は、パッチテストをして原因が確かめられたら、その金属を外すということもされます。
扁桃腺や歯周病などの感染巣が原因のときには、その治療が行われます。
ご質問の抗生剤については、ペニシリン系のものが使われることが多いようで、この場合は母乳育児には殆ど影響ありません。母乳続けてOKです。
ミノマイシンに拘る必要はないような気がするのですが、他の皮膚科医師にセカンド・オピニオンをもらってください。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 04.10.11


激しく泣いていたのに急に息を止め真っ赤な顔をして硬直しますがこれは憤怒けいれんでしょうか。
2ヶ月になる男の子について質問です。母乳とミルクの混合です。
起きている間、縦抱きしていないとすぐ泣くので可能な限りだっこしています。
先日、台所仕事をする時だっこしたままでは出来ないので寝かせて15分ほど泣かせておきました。
それから抱き上げてあやそうとすると、激しく泣いていたのに急に息を止め真っ赤な顔をして手足をぎゅーっと縮めて硬直した状態が2、3秒あり、またすぐにぎゃーっと泣き出しました。
すぐにだっこしてミルクを飲ませるとごくごく飲んでぱたっと寝てしまいました。
体を硬直させていた間、意識はありました。熱ははからなかったのでわかりません。
母乳もミルクもよく飲んでいると思います。
これは憤怒けいれんといわれるものなのでしょうか?又、赤ちゃんが寝ている間にいろいろ用事を済ませていますが、その間いつ目を覚まして泣くかと思うとびくびくしてしまいます。泣き声が聞えるとストレスに感じるのか右目の瞼がケイレンするのです。子どもはかわいく抱いている時幸せを感じることも多々あるのですが、ちょっとしんどい時もあるのが正直なところです。

*************

回答  たまごママネット医師団
今一番大変なときのようです。赤ちゃんの中にも個性があり、このように泣きの強い子がいます。強く泣くと息を吸うことができなくなり少し息が止まったようになり、顔色が赤黒くなり体を硬くすることがあります。この状態を泣き入りひきつけ(憤怒けいれん)といいます。痙攣とは異なり、このために脳に障害が起こることはありません。質問の状態はこの泣き入りひきつけと思われます。週に数回みられるなど回数が多いときには小児科で他の病気がないか診てもらう必要がありますが、少し様子を見ていて大丈夫そうです。
 赤ちゃんは3ヶ月ぐらいまではお母さんとぴったりくっついていなければ不安で仕方がありません。子宮外胎児期といってまだ完全に外の世界になれていない時期です。
  この時期にお母さんがしっかり抱っこをしてあげることで赤ちゃんは自信がつき安心するようになります。今の大変さはいつまでも続くものではありません。
  もう少しすると赤ちゃんの様子が変わってきて、一人遊びができるようになるなど手のかかり方が軽くなってきます。
今が大変な、でも大切な時期です。『子どもはかわいく抱いている時幸せを感じることも多々ある』という気持ちを大切にしてください。
渡辺眞史先生 04.10.11

母乳について相談させてください。
9月30日に第二子(3438g)を出産しました。生後5日で退院しましたが、入院中から嘔吐が続き、体重も増えていないことから、生後6日にNICUに入院し、胃軸捻転症と診断されました。
生後2〜3日くらいはとにかくおっぱいが張り、一日中冷やしているような状態でした。
4〜5日くらいから飲む量も減ってきていて、退院後は少し飲んでは吐き…、というような感じで授乳回数が減ってきていたのですが、ここのところ張りがだんだんなくなり、今日(生後9日)は1回の搾乳で両方で10cc程度にまで減ってしまっています。
本来の授乳回数(一日に7〜8回)に比べると、病院の往復などで搾乳も2〜3回しかできません。
5〜6時間あいてもほとんど張らなくなっています。
子どもの方は、今は点滴のみで直接授乳はできません。
あと1週間くらいで退院できると思うのですが、その間におっぱいが出なくなってしまうのでは…、と不安です。
上の子の時には、混合でしたが、1才くらいまでは母乳を飲ませていました。子どもが退院してくるまでのあと一週間、どうすれば母乳を枯らさないようにできるでしょうか?一度出なくなってしまうと、もうダメなのでしょうか?

***********

回答  たまごママネット医師団
胃軸捻転症は比較的多い疾患で、軽症例を含めると約10%ほどに認められます。
うつぶせ寝をしていた頃にはあまり問題になりませんでしたが、仰向け寝にするようになり、目立つようになりました。多くは4か月頃までに嘔吐はなくなりますが、時に1年ほど悩まされる症例があります。
  自宅では、授乳後1時間ほどうつぶせ寝にしておくと腹部の膨満は改善します。母乳は、手で絞っておくと良いでしょう。良くでるようになったお乳は搾乳器で絞っても良いのですが、授乳が確立する前のお乳を手で絞ると乳輪がむくみ硬くなって、退院してきた後に吸いづらくなります。
生後60日頃までに吸わせることができれば、出るようになります。
  退院してきたら葛根湯を内服してもでるようになることがあります。ドグマチールと呼ばれる薬を内服すると男の人もお乳がでるようになることがあります。
心配事が多いとでなくなりますので、なるべく気楽に考えて、気分が沈まないようにすることが大切です。
胃軸捻転必ず良くなります。子どもを信じて、はなるべく多く面化して、夢を見て過ごす努力をして下さい。
白川先生 産業医大小児科 04.10.11


レントゲンの影響について教えてください
生後19日目で、授乳後しばらくたっているにもかかわらず何度か吐いてしまい、お腹もいつもより張っている感じがしたので心配になり病院に連れて行きました。その時腹部と胃のレントゲンを撮ったのですが、大丈夫でしょうか?先生は大丈夫といっていたのですが、やはり心配です。友人に話すと、それくらいじゃ病院なんか連れて行かないよとか、そんなに小さいうちからレントゲンを撮って、生殖器に異常が出て子供産めなくなったらどうするの?などと言われ、いっそう不安になりレントゲンを撮って一ヶ月がたちますが毎日悩んでいます。もちろん診察していただいた先生を信用していないわけではないのですが、色々聞いたり調べたりすると意見が色々で、この先育児も不安を抱えたまましていくのも、自分とっても子供に対しても良くないと思います。早くこの悩みを安心にかえることができればと思い相談させていただきました。

************

回答  たまごママネット医師団
通常の単純レントゲン撮影の場合、被爆については殆ど心配いりません。
最近、新聞でも報道されましたように、日本では放射線CT装置の普及などにより平均して医療でのX線被爆が他の先進諸国と比較して多く、そのために癌の発生が増加しているという報告があります。
しかし、一般の胸部や腹部の単純撮影では、被爆線量はCTや消化管造影検査の100分の1以下ですから一回の検査で今後の悪影響がでる可能性は非常に少ないと考えられます。
可能性が少ないからと言って、不必要にX線を浴びる必要はありません。
 しかし、新生児期や乳児期早期に嘔吐が続いて、肥厚性幽門狭窄や胃軸捻転などが疑われるようであれば、診断のために、当然、腹部の単純X線撮影が必要です。
妊娠初期の胎児であれば非常に被爆に敏感なので注意が必要ですがご質問の生後19日で腹部の単純X線撮影ということであれば被爆の影響を心配することはありません。 平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 04.10.11


嚥下障害について教えてください。
1歳10ヶ月になる娘が一人います。食事中に毎日(最低1回は)お茶のような水分を飲み始める時、むせて咳き込み涙目になっています。他の食べ物ではなりません。まだ、嚥下の機能が発達している段階なのでしょうか。それとも、少し変ですか?教えて下さい。

*************

回答  たまごママネット医師団
通常の固形物で問題なく嚥下できているのですから、嚥下機能の障害とは考えにくいと思います。しかし、ご老人の嚥下障害の中には、10%の方が固形物は大丈夫だが、水分は飲み込みにくい方がおられるようです。幼児ですので、ご老人とは違うと思いますが、ご心配でしたら、口腔外科や耳鼻科のある総合病院で診察していただくのが良いと思います。
竹中先生 大阪労災病院小児科 04.10.9


三種混合の予防接種について教えてください。
三種混合の予防接種1期の2回目を今日受けました。1回目を左腕にしていたので、硬結もありましたしBCGのあともありましたので、右腕に接種してくださいと医師に伝えたところ、1回目と同じ腕でいいと言われ、結局左に接種しました。帰宅して説明書を読むと三種混合は一回一回接種するうでをかえると書かれてありました。もうすでに同じ腕に接種しましたが大丈夫でしょうか?
また、三種混合の2回目と3回目の間に他の予防接種をしてもかまわないでしょうか?例えば、三種混合の2回目の後1週間以上あけてポリオを接種し4週間以上あけて三種混合の3回目を接種するというスケジュールでも問題ないでしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
三種混合ワクチンは硬結というしこりができやすいので、原則的には左右交互に打つのが良いようですが、おそらく、同じ場所に打っても大きな問題や障害が生じる可能性は、ほとんどないでしょう。
三種混合や二種混合ワクチン、日本脳炎やインフルエンザワクチンなどの不活化ワクチンは1週間以上あける形で、次のワクチンをしてもかまいません。
そして、ポリオや麻疹、風疹、水痘などの生ワクチンの後は、四週間以上あけて次のワクチンを接種してかまいませんので、ご質問のスケジュールは全く問題ありません。 竹中先生 大阪労災病院小児科 04.10.9


部分肺静脈還流異常症について教えてください。
現在8ヶ月の男の子がいます。生後1ヶ月頃に心雑音を指摘されエコー検査を行いました。その時には卵円孔開存と末梢性肺動脈狭窄と診断され、今回7ヶ月の検診時に心臓のエコーも行いました。
結果、卵円孔開存と末梢性肺動脈狭窄は正常となり安心したのですが、別の病気の可能性があるといわれました。部分肺静脈還流異常症なのですが、この先天性心疾患は何パーセントの人に起こる病気なのでしょうか?また遺伝は関係あるのでしょうか?私(33歳)はいままではまったく気にもしていなかったのですが、30歳を過ぎてから一度、心音の異常を指摘されたことがあります。遺伝性のものなら私自身の検査もするべきなのでしょうか?
また息子の今後の検査、手術などいつ頃どのようにやっていくのか、教えて下さい。生活の制限があるのかどうかも知りたいです。今はまだどうしたらいいのか検討もつきません。お願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
 部分肺静脈還流異常症は心疾患として問題になることは少ない疾患です。
先天性心疾患は約1%の頻度で発症しますが、発症した先天性心疾患の中でも1%未満の頻度です。
したがって、一般人口での発症頻度は0.01%未満です。一方、全ての解剖例の0.6%に認められるので、部分肺静脈還流異常症のうち症状が認められるのは60人に1人未満ということになります。
  心房中隔欠損症や心室中隔欠損症、ファロー4徴症に合併することもあり、症状も様々ですが、症状のない場合が多く、症状のある場合には、手術もできるので心配いらないでしょう。
この先、心エコーで検査して行き、肺に流れる血液の量が増加したり、肺に血液が流れにくい状態になったりしたら、心臓カテーテル検査をすることになります。しかし、その頻度はとても低いです。
今回はたまたま見つかりましたが、この疾患を持っていても、気づかず、見つからない場合が多いので、遺伝形式は明らかにはできません。
ところで、健康と思っている人を100人集めて詳しく検査すると、5人に何らかの異常が見つかります。
白川先生 産業医大小児科 04.10.8


子どもの顔の歪みについての相談です。
36週で帝王切開で双子を出産しました。2人とも2500gをこえていたので保育器に入る事もなくそのまま退院し、現在2ヶ月で5200gになりました。
最近1人の子の顔の歪みが気になるようになりました。元々向き癖が強く、そちら側の頭が既に変形していて、後ろから押されるような格好で顔の半分が盛り上がってしまっています。
そのせいかわからないのですが、その方向に向かって目が2〜3ミリ下にずれているように見えるのです。口の端も下がっています。
保健婦さんに「舌が短い、育てづらいでしょう」と言われましたが、何か関係があるのでしょうか。
以前こちらにまひが疑われる項目として、反り返って抱きにくい、泣いてばかりで育てづらい、手を固く握りしめている、などがあてはまるのも気になります。
おっぱいやおしゃぶりを含ませるとリラックスするようですが、それ以外は体を突っ張らせてしまってうまく抱く事ができません。
最近少しずつ笑ったり声を出したりするようになりましたが、1日のかなり多くの時間泣いてばかりいます。

*************

回答  たまごママネット医師団
顔の変形は、向き癖によるものでよいと思います。
「舌が短い」は、母乳を飲むのがへたではないかと心配されたようですが、体重増加良好であれば問題ありません。
手を握りしめていることが問題になるのは4か月を過ぎてからです。
 反り返って抱きにくいのも、2か月児ではよく見かけます。
問題は1日中泣いていて、最近少しずつ笑ったり声を出したりするようになったことにあるように思います。双胎の育児に負われて、育児が楽しくできていないのではないでしょうか。泣いている乳児の姿から、母親の泣いている姿を連想します。泣いている乳児の姿は、育児がつらく悲しく、一人で背負い込んで日々生活をしている母親が連想されますがいかがでしょうか。双胎は単体と比較して虐待率は9倍と高率です。
 日本は1子虐待が特徴的で、1か月健診時に、母親との距離に差ができてしまっていることがあります。母親がよく笑うと乳児も笑います。私は1か月健診でうつ状態の母親を見つける手段として、赤ちゃんの表情をみています。赤ちゃんの表情が乏しい場合には、育児できない、したくない、気分が沈んでいるなどの母親が見つかることがあります。育児は一人でできるものではなく、集団ですべきでありますので、多くの人の力を借りなければなりません。実母と仲が良ければ実母を真っ先に頼るのがよいでしょう。
  実母と仲が悪い時には、子どもの頃不適切な養育を受けていることがあるので、ご主人と相談して、もっとご主人に助けてもらいましょう。それでもだめなら、育児サークルや、助産師さんに助けてもらうと良いと思います。
白川先生 産業医大小児科 04.10.7


激しく泣くときの様子を見ていると、脳に異常があってこんなに泣くのか、と考えてしまいます。
4か月と10日の娘(第2子)の母親です。
以前からよく泣く子なのですが、特にお風呂から上がった後の泣き方が激しく、同居している父や母がどこか悪いのではないかと言うので、私も心配になってきてしまい、メールさせていただきました。
頭囲も出生時で34センチ、4か月検診で43センチになっており、大きめのようです。
脳に異常があると大きくなるものなのでしょうか?
激しく泣くときの様子を見ていると、脳に異常があってこんなに泣くのか、と考えてしまいます。
また、激しく泣くとのどに痰がからんだ感じになってきて、息が止まってしまうのではないかとこれも心配になります。
首もまだすわっておらず、多少しっかりしてきたものの、まだまだぐらつくことが多いので、4か月検診のときにまた1か月後に来てくださいと言われてしまいました。
頭が大きい子は首のすわりも遅いのでしょうか?
それともどこか悪いのでしょうか?4か月検診のカルテには「筋トーヌス?」と書かれていました。
これはどういった病気なのでしょうか?見たことのない語句だったので不安でいっぱいです。
たくさん質問を書いてしまいましたが、どうかご回答よろしくお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
 先に生まれた赤ちゃんを思いがけない病気で亡くされると、次に生まれた赤ちゃんに対して様々なことに不安になります。一人で思い悩んでいると、問題のないことでもお母さんの心の中では大きな病気の方に考えが進んでしまうことがよくあります。かかりつけの先生によく話を聞いてお母さんが納得することが大切です。
 赤ちゃんを診察しないで正確な判断はできませんが、質問の内容から考えられることを回答します。

頭囲:出生時で34センチ、4か月検診で43センチの大きさは頭囲だけをみれば正常範囲に入っています。身長、体重、胸囲、両親の乳児期と現在の頭の大きさなどを参考にして判断しますが、今の大きさからはすぐに病気と結びつけるものではなさそうです。

激しく泣く:お風呂に入る時間はいつでしょうか。
3ヶ月ぐらいから夕方から夜の決まった時間に激しく泣く赤ちゃんがいます。”夕暮れ泣き”と呼ばれ3〜4ヶ月の赤ちゃんの特徴です。
あやしてもなかなか泣きやまず、何かおかしいのではと思ってしまうこともよくあります。もし病的に異常な泣き方であれば、普段から機嫌が悪くあまり時間とは関係ない泣き方をすることの方が多くなります。

首の座り:4ヶ月でも首が座らない赤ちゃんはみられます。予定日より早く生まれた場合にはまだ座っていないこともあり、予定日からの月齢で判断します。頭が大きめな赤ちゃんで体があまり大きくない体型の赤ちゃんは首の座りが遅くなる傾向があります。
赤ちゃんの発達について診察をするときに赤ちゃん特有の神経反射の状態、筋緊張(筋トーヌス)の状態を参考にします。
筋トーヌスは病気ではなく、赤ちゃんの神経・筋肉の緊張度を表す言葉です。
4ヶ月の発達は首の座りの他にあやされると声を出して笑う、少しの時間おもちゃを握る、さじから飲むことができる、自分の手をいじって遊ぶ、物をよく見て追視するなどがあります。発達の状態は診察の所見とどのようなことができるようになったかを総合的に判断します。
 今急ぐ必要はなさそうですから、5ヶ月の時にもう一度よく見てもらい、十分話を聞くようにしてください。
渡辺眞史先生 04.10.7

歯科治療で処方された薬が母乳に影響しないか不安です
三ヶ月の子どもを母乳で育てています。親知らずが虫歯で抜歯した際に薬を処方していただきました。その薬を飲んでいる間は母乳を止めるように言われました。掲載されていた薬とは違うので質問させていただきます。ジョサマイシン錠・ダーゼン10mg錠・二フラン錠です。授乳しても大丈夫でしょうか?

**************

回答  たまごママネット医師団
母乳育児中の薬は多くのお母さんが心配していることだと思います。
自分の具合が悪いとき、我慢して薬を飲まなかったり、母乳を一時中止しその後でなかなか母乳に戻れなかったりするお母さんが多いことと思います。
  数日でもミルクにしてしまうと母乳に戻すことは非常に困難です。またミルクにすると赤ちゃんの機嫌が悪くなり扱いがいつも以上に大変になります。
このようなことを含めて、お母さんが薬を必要としたとき、その薬を使うことのメリット、デメリットを比較して薬使用の是非を考えます。
 ジョサマイシン錠は抗生剤です。短期間の使用は問題ありませんが、長期に使用する場合は別の薬に変えた方がよい薬になります。抜歯に使用する数日間であれば問題はないと思われます。
  ダーゼン10mg錠は酵素剤で乳汁うっ帯症にも使う薬で常用量では心配のない薬です。
  二フラン錠は鎮痛解熱剤です。痛いときに頓服で使用するのであれば問題ありません。3種類とも普通の使用法であれば母乳を止める必要はありません。
このようなときには、母乳中心の産科の先生や母乳育児に理解のある小児科の先生に相談すればよいと思います。
渡辺眞史先生 04.10.4

1歳10ヶ月の息子がいます。半年前に首の耳の後ろらへんに、しこりを2個見つけました。
大きさは最初は小さかったのですが、今日触ってみると小豆くらいの大きさになっていました。
2回診てもらったのですが、2回ともリンパの腫れという事でした。先生は少しのばい菌とかでもリンパは腫れるとおっしゃってました。息子はここ1週間前に風邪をひき熱も40度ほど出ました。今は治ったのですが、今日触ってみたらしこりが小豆くらいに大きくなっていたので、これは1週間前の風邪で大きくなったのでしょうか??
このしこりはずっと消えないものなのでしょうか?2回検診してもらいましたが、少し不安になります。しょっちゅう触ってもあるみたいなので、不安になります。診てもらったように、しこりが出来るということは、病気になるのを抑えてくれてるということでいいのでしょうか?ほっておいてもいいかも心配ですので、宜しくお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
頸部のリンパ節は、リンパ球というお巡りさんが集まる交番所のようなものです。耳の後ろや後頭部の骨の上、首筋の横の筋肉に沿ったところに触れます。風 邪を引いたり、湿疹などで肌が荒れたりすると少し大きくなって、症状が落ち着くと少し小さくなったりしますが、乳児期から思春期の前くらいまでは、免疫組織の活動が活発なので良く触れます。
小豆から大豆くらいの大きさまでは、普通は心配する必要は無く、放って置いて大丈夫です。
どんどん大きくなって直 径が2cmを越えてきたり、ひどく痛んだり、赤く腫れたりするようなら小児科を受診して診てもらってください。 平林先生 大阪市立十三市民病院 04.10.3


歯科治療で抗生物質等の薬の服用中は授乳をやめてくださいと医師に言われました。
現在3ヶ月の子どもがおり完全母乳で育てていますが、以前より生えていた親知らずの歯が虫歯となり抜歯することになりました。抜歯するにあたって歯医者さんから抗生物質の「クリレール250」と「塩化リゾチーム」、それと痛み止めの「リンゲリーズ」が処方されました。歯医者さんの先生は内服している間は授乳をやめてミルクにした方がいいとのことでしたが、現在まで完全母乳だったためミルクは全く受け付けず、どんなに空腹にしても飲みません。なるべく授乳直後に内服していますが、赤ちゃんへの影響はあるのでしょうか。他にも薬に関する質問は出ていましたが自分が処方された薬は大丈夫なのか心配になってしまいました。回答宜しくお願いします。

*************

回答  たまごママネット医師団
薬剤の添付文書には薬剤が母乳中に移行するという理由だけで、薬を投与するときには母乳を止めさせるように記載されています。
このため母乳育児に理解のない場合には簡単に母乳を止めるように言われてしまいます。
移行した薬剤が赤ちゃんにどのような影響を与えるかを考えずに禁止してしまっています。
アメリカの小児科学会では母乳の大切さに対する理解から、薬剤毎に薬が赤ちゃんにどのような影響を与えるかを検討し、母乳と薬の関係について判断しています。
この考え方によると今服用している薬3種類は授乳中でも服用可能な薬に分類されています。
  「クリレール250」はよく使われる抗生剤で母乳中への移行も少なく問題ありません。赤ちゃんの腸内細菌層に影響を与える可能性があるといわれていますから、長期間使用する場合には便の状態に気をつけますが、抜歯で使用する場合には問題になりません。
  「塩化リゾチーム」は安全な薬で特に注意することもありません。「リンゲリーズ」は鎮痛剤で、長期間使用する場合には好ましい薬ではありませんが、痛み止めとして痛いときだけ頓服で使用するのは問題ありません。
薬を飲んでも母乳を続けることができますから、心配しないで母乳育児を続けてください。
渡辺眞史先生 04.10.1

4月24日生まれの5カ月の女の子のウンチについて相談させて下さい。
先週金曜日(9月24日)から、急に下痢になりました。
それまでは、1日1〜2回だったウンチが金曜日から10回位します。
量は少量のカスのような事もあれば、以前と同じ位の量で、液体ウンチの時もあります。
色は黄色に近い黄緑です。おならといっしょにすることもあれば、いきむ時もあるし、
表情ひとつ変えずに気が付けばしている時もあります。おっぱいを飲みながらの時もあります。
離乳食は始めてなく、下痢をする前も今も、母乳だけです。
熱はなく、機嫌も変わりありません。病院でもらった粉の整腸剤(アドソルビン・ラックビーR・ミルラクト細粉50%)を日に3回飲ませていますが、いっこうに良くなりません。
母乳もいままで通り、欲しがる時に飲ませています。私の母乳の成分のせいでしょうか?
原因もわからず、どうしたら治まるのかわからず、とても困っています。
お忙しい所、申し訳ありませんが、教えてください。よろしくお願い致します。

**************

回答  たまごママネット医師団
便の回数が多くなったといってすぐに心配することはありません。便の回数の他に何か普段と変わったことはないかをみてください。機嫌が悪い、オッパイの飲みが悪くなった、熱がある、吐き気があるなど下痢の他に症状を伴うときには病的な下痢を考えます。ただ便の回数が多いだけの場合には、これから別の症状が出てくる場合がありますが、あまり心配しないで様子を見ることができます。乳児期の下痢の主な原因ははウィルス感染による急性胃腸炎ですが、多くは自然に良くなります。
ただ、子どもの下痢はいったん起こると便の状態が元に戻るまで1週間前後かかることが多く、中には2週間ぐらいかかる場合もあり数日で治ることの方が少ないです。下痢だけであれば何もしないで様子を見る場合もありますが、普通は今服用しているような薬で改善を待ちます。
吐き気が強く水分をとれない、下痢がひどく脱水症状が強いなどの場合には点滴が必要になる場合があります。質問の内容からはあまり重症には思えず、小児科で診てもらっているようですので心配しないで大丈夫だと思われます。
 下痢の時一番安心して飲ませられるのが母乳です。母乳が悪さをしていることはありません。もっと大きい子どもが下痢をして何も食べなくなったというときでも母乳だけは飲んでくれるということがよくあります。
母乳は子どもにとって安全なだけでなく安心も与えることができます。心配しないで母乳を続けてください。
渡辺眞史先生 04.9.30

7か月なら1日2回食べさせないとダメ母乳は6か月までといわれてしまいました。
この間デパートの離乳食相談の栄養士の先生が「7か月なら1日2回食べさせないとダメ」「母乳で育つのは6か月まで。それ以上続けていると欠乏症になってしまうわよ」と言われるので早く食べさせないと、と焦ってしまいます。
今、子どもは下痢気味で母乳のみで育てていると話すと、粉ミルクを勧められました。7か月以上は母乳よりミルクの方がいいのでしょうか?周りの意見に振り回されないようにと思いつつも、気になってしまう自分が情けないです。「欠乏症になる」というのもとても心配ですが、完全に下痢を治してから離乳食を再開させたいので、1か月間近く母乳のみでも平気でしょうか?その頃には9か月になっていると思いますが、その月齢に合ったものを与えても大丈夫ですか?娘はつかまり立ちなどして手足はしっかりしています。何口位食べさせればよいものかよくわかりません。

*************

回答  たまごママネット医師団
 離乳とは、母乳やミルクなどの乳汁から固形食に移行する過程です。乳汁を吸うことから、食物をかみつぶして飲み込む機能の発達する過程に合わせて、食生活を進めてゆきます。その間に摂食する食物の種類や形態が増えて行き、調理方法の形態も変化してゆきます。およそ1歳頃を目安に離乳は完了します。
 離乳は栄養の問題だけではなく、食生活として考える必要があり、個人差や、家庭環境、地域社会環境により影響を受ける生活の一部として考えるべきです。平成7年に離乳の基本が発表されましたが、これは一つの目安であって、この通りに進めなければならないものではありません。疑問を感じた時、迷路に迷い込んだ時に、一つの光明となる場合がありますが、マニュアル(その通りに行えば誰でもうまく行くやり方)ではありません。離乳開始や終了が多少遅れても問題になることはありません。離乳食の強要や、急かせて食べさせたりすることにより、拒食になったり、咬むことができない子どもになったりして、数年以上後に離乳のやり直しを必要とする子どもになることはあります。

また、母乳のみで完全に栄養が補えるのが6か月頃までと考えるのが一般的で、母乳で育つのは6か月までではありません。多少前後することがあっても構いませんし、体には余裕があります。人の体は200万年前とほとんど変化していませんが、裕福になった現在、欠乏症が起こることはまれです。欠乏症として多いのが鉄欠乏性貧血ですが、それ自体もどの程度の貧血が異常であるかさえ分かっていないのです。最近年長児のビタミンB1欠乏症が増えてきていますが、これは一種の虐待(養育拒否)に関わっていますので、子どもと向き合って、柔軟な姿勢で育児を行っていると起こりません。

フォローアップミルクと呼ばれる離乳期に飲ませるミルクがあります。しかし、これは不要です。乳汁から固形物に変えてゆく離乳を勧めることと、ある程度栄養を補える蛋白質の多いフローアップミルクを与えて、固形物の摂取を遅らせることは相反します。
乳汁摂取が急に止められず、離乳の基本の通りに行かなくても、現在の人の体は余裕がありますので、手足がしっかりしている場合には問題ないでしょう。
体重増加が不良でも、頭囲の増加が正常であれば、心配ありません。思い通りに楽しんで育児してください。もし頭囲の増加が母子手帳の標準曲線を下回ったら相談してください。 白川先生 産業医大小児科04.9.30


授乳の時に、いきんだり体をそらしているので心配です。
もうすぐ2ヶ月になる男の子の母です。母乳で頑張っているのですが、毎回ではないのですが、母乳をあげるときにいきんだりうーっうーっ言いながらのんだりして真っ赤になることもあり、時には体をそらしてしまい、乳首がはずれてしまうことがよくあるのですが、乳首のくわえかたに問題があるのでしょうか?それとも母乳不足なのでしょうか?そんな飲み方をしてるので、空気を飲んでしまうせいか飲んだ直後に少量ですが吐く事があるので、ゲップをなるべくさせるようにしてるのですが。。それでよいのでしょうか。ご指導いただけたら助かります。

*************

回答  たまごママネット医師団
オッパイを飲むに際して、赤ちゃんがいきんだり身体をよじらせるのはよくあることで、特に異常を示すものではありません。飲んだおっぱいが腸管を刺激して蠕動が亢進するためだと考えられれます。また、正面から乳首を深くくわえさせる事により、空気を飲み込むことも少なくなり、戻しにくくなります。また、赤ちゃんの食道から胃袋にかけての機能が未発達ですから、戻すのは寧ろ生理的とでも考えてよいでしょう。 岡村先生 岡村産婦人科医院 04.9.30


2歳2ヶ月の娘がいます。ここ2週間ほど娘の抜け毛が気になります。
布団や床に今までより多く落ちていたり、汗をかいた首周りに抜け毛が10本ほど張り付いていたりすることもあります。
娘の状況は次のとおりです。
とても元気、今まで特に病気はしていない。・娘の髪質は細くクセ髪、朝は湿らせないとくしが通らない ・シャンプーは市販の子ども用リンスinシャンプー(3〜4回すすぐ)・髪を結ったりすることはあまりない。
1歳のときにアトピーと診断されたが、見た目肌荒れはない。ただ、眠り際よく頭をボリボリ激しく掻くことがある。
先週末胃腸炎になり「ミヤBM細粒」「ロートエス散」を9月21日より現在服用中。ただし抜け毛はそれ以前から。現在は症状は落ち着いている・ 5〜6ヶ月のとき後頭部がほとんど抜けたがきれいに生え変わった。・保育園には行ってないが、昼間はお友達とたくさん遊び、夜はパパと楽しく遊んでおり、ストレス等は考えられない。
部分的に円形脱毛等はしていない抜け毛が気になるのに「抜け毛ぐらいで病院なんて…」という思いが交錯しています。

*************

回答 たまごママネット医師団
子どもの脱毛の原因はいろいろと考えられます。
突然、何の自覚症状もなく、硬貨状に、毛が抜け落ちるのが円形脱毛症です。
大人にも子どもにも起こりますが、原因はまだ分かっていません。ステロイド剤など数種類の対症療法があり、有効な例もあります。円形脱毛症の約半数は、1年以内に生えてくるそうです。
炎症によるものや火傷やけがの後の瘢痕(はんこん)になった場合も脱毛になりますし、毛を抜く癖がある場合これを抜毛狂(トリコチロマニア)などもあります。
原因ははっきりしていない場合が多いのですが、何らかの形で免疫がかかわっている可能性は考えられています。精神的なストレスも、誘因の一つとして考えられる場合もあります。
いずれにしても、一度、アトピーといわれたとのことですので、皮膚科専門医を受診されたら如何でしょうか。
竹中先生 大阪労災病院小児科 04.9.26


日中は音に反応してすぐに起きて泣いて、日中はほとんど抱いている状態で身動きが取れません。
生後2ヶ月の女児のママです。宜しくお願いします。
新生児は音に敏感だと言いますが、娘は非常に敏感で水道の音でも目覚めてしまう程です。夜は 気にならないのか、良く寝てくれますが、日中は音に反応してすぐに起きて泣いてしまいます。 そのため家事もままならない状態です。泣く事を気にせず普通の生活音をたててもいいのでしょうか?音には慣れていくものでしょうか?
お昼寝に布団に寝かそうとしてもすぐに目覚める為、抱いたままお昼寝をさせています。泣くた びに抱きあやすなどで朝から日中はほとんど抱いている状態で、身動きが取れません。起きてい る時間が長くなれば解消すると思いますが、いつごろから起きている時間が長くなるのでしょう か?最近は毎日ではないものの、30分ほどであれば機嫌よく起きていられるようになりました。一度に多くの質問ですいません。言葉足らずでわかりにくいかと思いますが宜しくお願いします。

****************

回答  たまごママネット医師団
昼は良く泣いて夜はよく寝てくれるという、一日にリズムのできた発達の良い赤ちゃんのようです。
この時期には日中はお母さんと離れていると良く泣く赤ちゃんがいます。
必ずしも音とは関係ないように思います。
今の時期にしっかり抱っこをしてあげると赤ちゃんにお母さんに対する信頼感が芽生え、もう少しすると指を目の前で絡ませたりする一人遊びができるようになります。
そうなると今よりずっと手がかからなくなります。今が一番大変な時期かもしれません。
今たっぷりかわいがってあげることで赤ちゃんにも変化が起こってきます。回りのことは少し手を抜いて赤ちゃんにつきあってあげてください。大変な後には必ず良いことが待っています。 
渡辺眞史先生 04.9.24

二ヶ月の子でも水疱瘡になっても大丈夫でしょうか?薬の母乳への影響についても教えてください。
2ヶ月の子がいます。私が3日前に帯状疱疹になってしまいました。
子どもも必ず水疱瘡になる、症状が出たら連れてくるようにと、小児科で言われましたが、予防接種等は間に合わないのでしょうか?このまま2週間何もせずに待つだけなのが、私のせいで子どもに辛い思いをさせてしまうと思うと申し訳無くて、、、。二ヶ月の子でも水疱瘡になっても大丈夫でしょうか。あと、今飲んでいる抗ウィルス剤のバルトレックス錠500は、母乳中への移行があるとありました。
  担当の先生はよく分からないようで、説明書をくれただけで。この掲示板でよく言われているように、授乳のあと飲めば大丈夫な薬でしょうか?痛み止めのボルタレン錠はどうでしょうか?いろいろ調べても解らずこちらにたどり着きました。長くなって申し訳無いですがよろしくお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
多くのウイルス性の病気はお母さんが今までに経験していると生まれる前にその病気に対する免疫がプレゼントされ、4〜6ヶ月までの赤ちゃんには同じ病気にはかかりにくいということがあります。
しかし、水痘に関してはお母さんが今までにかかっていても赤ちゃんに十分な免疫をあげることができないために、生まれたばかりの赤ちゃんも水痘にかかってしまう場合があります。
  帯状疱疹の場合には水痘より感染力は弱く、母児接触でも必ず感染するというわけではありませが、お母さんが帯状疱疹になった日から10日から15日ぐらいまでの間にあかちゃんのお腹や背中に発疹が出てこないか注意をしてください。赤ちゃんの場合軽くすむことも多く、もしかかってしまってもきちんと診てもらえば心配はいりません。
 予防接種は水痘の人と接触して72時間以内であれば効果がありますが、それ以上では予防することはできません。
また乳児期早期ではお母さんからの免疫の作用によりワクチンの効果が減少するため質問の赤ちゃんの場合には予防接種の適応ではありません。
お母さんの使用している薬は両方とも母乳移行率は少なく授乳中でも使用可能な薬です。
帯状疱疹は大変痛い病気ですが、薬を使うことで早く楽になることができます。
お母さんはしっかり薬を飲み、早く楽になり、赤ちゃんにはたっぷり母乳をあげてください。
渡辺眞史先生  04.9.23

最近、他の子と会うと近寄っていき叩くようになりましたが私のしつけが間違っているのでしょうか?
1歳8ヵ月の息子がいます。最近、他の子と会うと近寄っていき叩くようになりました。止めさせて、叱り、その子やその子の親に謝るのですが、人によっては、すぐ離れて嫌な顔をする方もいます。
 支援センターに行くと、子どもはじっとしていなくて動き回り、他の子を叩くので、目が離せなく、叱って謝って時間が終わることもあり、家に帰るとイライラが爆発して子どもにあたることもあります。
他の親からどう思われているのかも気になるし、他の親子も離れていくので寂しいです。
家では、ぬいぐるみを使って「なでなでだよ」と教えてもだめなんです。
スーパーなど外出先でも、走り回り、カートにも乗らず抱っこも嫌がり、疲れます。
私のしつけ方が間違っているのでしょうか。

**************

回答  たまごママネット医師団
お母さん大変ですね
現在1才8カ月ですね?
 今まで、お母さんの抱っこやお膝の上で満足していた子どもは、それには満足しなくなって、お母さん以外の周囲の目に映る物はなんでもめずらしく、興味をもち、落ち着きなく動き回るなんてことは、この年齢になると日常茶飯事となります。
 子どもの側からみると、ぼくはこんなに動けるんだヨ、何にでも興味があるんだ(興味がなくなればぽいっとその対象物はすてて、他の所に移動していることも多いんですが)ということを誇示し、まるで、周囲の大人達に一緒におもしろがったり、一緒に喜んで欲しいと思っているのではないでしょうか?
 お母さんは、他の子を傷つけないか、物を壊さないかとハラハラドキドキの毎日でさぞかし大変なことだと思います。時にはイライラして子どもに八つ当たりなんてこともあるでしょう。しかし、ここで考えていただきたいのは、この年齢の子どもからみると、子ども同士でのけんかは、しごく当たり前で、叩く方の子どもは、けんかの中からある程度の力以上で叩くのはよくない、これくらいなら大丈夫ということを学んでいる側面もあります。逆に、叩かれる子はこのくらいなら泣かないという強さを学んでいる一面もあります。
もし、他の子を叩かないで何とか過ごすことがあれば、頬ずりするくらいに思いっきりほめて上げて下さい。
 ただ、誰彼なしに叩きっぱなしなのであれば一度、発達を専門にされる小児科や小児神経科を相談されてもよいかもしれません。
それからもう一点
お母さんが子どもをしかりつけたり、イライラして子どもにあたるということは、こどもにとっても「きっと、イライラしてお母さんのように当たり散らしてもいいんだよね」ということを逆に教えてしまっているのだということにも注意する必要があります。
 子どもにイライラするのと同じくらいのエネルギー、あるいはそれ以上のエネルギーで子どもの興味のあることに喜んであげたり、感動してあげたりすることも必要です。
いつもいつも落ち着きがない訳ではないでしょう。すこし、その場でおちついて遊べているときには、「おりこうさんだねー。ママも遊んでいい?」くらいに遊んで上げたり、スキンシップを図ってあげたりすればよいでしょう。
 どうしてもお母さんが疲れて、気持ちが落ち着かないと感じておられるのなら、ご家族やお友達とも相談されてもよいでしょうし、一度、地域の保健所の保健師さんや家庭子どもセンターなどに相談されることも1つの方法でしょう。
竹中先生 大阪労災病院 小児科 04.9.21


渡辺 真史先生 
岡村 博行先生 岡村産婦人科医院 大阪府堺市槙塚台1丁-11-3
竹中 義人先生 大阪労災病院 小児科 大阪府堺市長曾根町1179-3
衣笠 万里 先生 尼崎医療生協病院  兵庫県尼崎市南武庫之荘11-12-1
池川 明先生 池川クリニック 横浜市金沢区大道2-5-13
石井 廣重先生 石井第一産科婦人科クリニック 静岡県浜北市小松4498-5

北島 博之先生 大阪府立母子保健総合医療センター 大阪府和泉市室堂町840
平林 円先生 大阪市立十三市民病院 大阪市淀川区野中北2丁目12番27号
大牟田智子先生 春日助産院 福岡県春日市昇町6-102
白川嘉継先生  産業医科大学 小児科 北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1