育児相談室
市の一般検診で1歳未満の子どもは横向き寝やうつぶせ寝はよくないと言われ、心配になりました。
こんにちは。現在5ヶ月になる男児の母です。
3ヶ月になったころから寝返りが出来るようになり、最近仰向けに寝かせても、自分で寝返りをして横向きやうつ伏せの状態で寝ることが多くなりました。自分では特に心配はしていなかったのですが、先日、市の一般検診で1歳未満の子どもは横向き寝やうつぶせ寝はよくないと言われ、心配になりました。横向きなどで寝るのは良くないことなのでしょうか?そういう状態で寝ているときは、仰向けに戻した方がいいのでしょうか?横向きやうつ伏せで寝るのをやめさせる方法はありますか?よろしくお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんをうつ伏せで寝かせると乳児突然死症候群の危険性が高まるということが知られ、あかちゃんは仰向けで寝かせるように勧められています。
また布団が柔らかかったり、タオルや枕、ぬいぐるみなどが顔にかかり口をふさいだりすると窒息の危険があります。ところが質問のように活発な赤ちゃんでは3ヶ月をすぎた頃から自分で寝返りをするようになり、心配になることがあります。
  乳児突然死症候群は呼吸中枢の未熟性が関係しているといわれていますが、自分で寝返りをするほど発達のよい赤ちゃんは呼吸中枢の未熟性は少なく呼吸停止の危険は少ないと考えられます。
  5ヶ月ぐらいになれば乳児突然死症候群の危険性は少なくなり、赤ちゃんによっては仰向けで寝るよりうつ伏せで寝るのが好きな赤ちゃんもいます。いくらなおしてあげてもいつの間にかうつ伏せで寝ていると心配する訴えを聞きます。うつ伏せになったからといってすぐに危険というものではなく、気づいたときに仰向けになおしてあげるぐらいで大丈夫です。
  窒息に対する注意は必要です。周りに赤ちゃんの口を覆うようなものがないように気をつけてください、寝かせる布団は堅めがよく、顔が沈むような柔らかい布団は避けてください。
赤ちゃんは結構寝相が悪く、おとなしく同じ姿勢ではねてくれません。窒息に注意すれば寝る姿勢はあまり気にする必要はないと思います。 
渡辺眞史先生 05.9.5

左耳から変な匂いがして心配です
現在2カ月になる女の子がいます。昨日、左耳から変な匂いがしました。
見てみると右耳に比べて耳垢がたまっていました。
耳の外に出ている部分もカサカサしていたり、黄色いものがついていたり、右耳より汚れています。
綿棒で軽く掃除してみましたが、なかなかとれませんでした。
今日は昨日ほどは匂いませんが、かすかに匂いがします。何か耳の病気なのでしょか?
特に熱もなく、おっぱいもよく飲み機嫌が良いので体調が悪いようには見えませんが、心配です。

************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんの耳垢はぬれていてべとべとしています。向き癖でいつも下になっている側の耳垢は嫌な臭いがすることがあります。それですぐに耳の病気というわけではありません。質問のように機嫌が良くこびりつく程度の耳垢であれば心配のない程度のものと思われます。ドロドロとたくさんの耳垢が出てくる、機嫌が悪い、耳を痛がっている様子があるなどの時には病気のことがありますから耳鼻科や小児科で診てもらう必要があります。
耳掃除は赤ちゃんにとって必要のないものです。耳の中(外耳道)に綿棒を入れることで外耳道の粘膜を傷つけ、外耳道炎や湿疹の原因になることがあります。
外をきれいにするのは良いことですが、耳の中まで綿棒を入れたりはしないでください。
渡辺眞史先生 05.9.2

2歳2ヶ月の娘なんですが、最近言葉を発するときの”吃音”が気になります。
言葉自体ははっきりとよくおしゃべりする方だと思うんですが、言葉の始めを目をつぶって10回くらい繰り返してから、やっと次の言葉が出る(「み、み、み、み・・・・・・どり!」)という感じです。
同時期からお友達の顔などをなんの前触れもなく叩くようになりました。
親の接し方に問題があるのではないか、何かの病気ではないかと心配です。
新しい土地に引っ越してきたばかりでかかりつけ医もまだ見つけられていません。

*************

回答 たまごママネット医師団
2歳頃になると、おかしいと気づくことの多い「吃音」ですが、急激に言葉が発達する2〜5歳の時期に現れることが多く、幼児の約5%に症状が現れるといわれています。
 その原因ははっきりとわかってはいませんが、脳内信号の伝達や、言語機能の発達、自律神経、環境などが複雑にからんでいる可能性があるといわれています。
また、幼児期に頭でイメージしたことが、うまく言葉で表現できない状態になると、吃音が増えるという説明もあります。
 幼児の吃音の8割は学童期までに自然に治るといわれています。
少なくとも次のようなことに注意することが大切でしょう。
1)子どもの話すペースにあわせて、ゆっくり話してあげ、早口で話したり、子どもが言い終わらないうちに話しかけることは 避ける。
2)子どもの話をよく聴き、言いたいこと言えるように待ってあげる余裕を保護者がもつように心がける。
3)うまく言えない時は、本人の言葉をゆっくり繰り返してあげ、吃音を注意したり、もう一度言い直しをさせたりしない。
以上のようなことを心がけて、ご家族の方も心に余裕をもって接してあげることが大切だと思います。引っ越しをされたばかりで、本人も家族も緊張していることも、ひょっとしたら関係しているかもしれませんね?
どうしても、ご心配でしたら、言語療法の専門家のいる総合病院などで、一度相談されるとよいでしょう。児童相談所や地域の保健所(あるいは保健センター)などでも相談されるとよいかもしれません。 
竹中先生 たけなかキッズクリニック  05.9.1


少しの免疫があっても児童館などで遊んだだけでも麻しんは感染するくらい強いウイルスなのでしょうか?
1歳1ヶ月の息子がいます。7月に予防接種の法律が変わったそうで、1歳になったらすぐに受けようと思っていた麻しんの予防接種をできれば来年の4月まで待つように市から言われました。
うちの場合11月にはポリオもあり、その他にもインフルエンザの接種や風邪をひきやすい季節になるというのも4月まで待ったほうがいい理由だそうです。
来年の4月には1歳8ヶ月になります。それまで麻しんに感染しないか不安です。市から「児童館など人ごみにはあまり行かないように」との指導がありましたが、せっかく児童館などで遊ぶ楽しさを覚えたところなのに、来年の4月まで連れて行くなと言われてもなんだかかわいそうな気がします。
息子は卵のアレルギーがあるので、通っているアレルギー科で麻しんの皮内テストをしてもらいました。そのテストにも麻しんワクチンが使われているので免疫はつくはずだと主治医が言ってくださったのですが、皮内テストのみでどのくらい免疫がつくものでしょうか?少しの免疫があっても児童館などで遊んだだけでも麻しんは感染するくらい強いウイルスなのでしょうか?

**************

回答  たまごママネット医師団
難しい質問です。来年の4月から麻疹・風疹の2混ワ クチンが始まるので少し混乱があるようです。保育所に入所するなど感染の機会が多くなるよう なら、早く麻疹ワクチンを接種したほうがよいでしょうし、そうでないなら来年の 4月以降にするという選択もあります。皮内テストでの免疫の獲得についてはよく わかりません。
免疫の無い状態で、児童館で麻疹の患者さんに出会うと発症する危険は 高いです。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.8.31

顔の湿疹と育児(母乳)に関する質問です。
病院で母乳オンリー指導だったので、今母乳のみ(一時的にミルクを足したが不必要といわれ中止)。母乳の出をよくするための食事指導はわかるのですが、赤ちゃんの顔の発疹の原因が母親の食事内容によるものと妊娠中のホルモンといわれショック。乳製品・パン・もち米・油(特に動物性油脂)等の摂取を止めるよう言われたが、妊娠中つわり以降も食べられなかったため出産後、カルシウム摂取のため牛乳とヨーグルトを食べ、ご飯がたくさん食べられないのでパンを朝食時に食べています。顔の発疹がどの位まで母親の食事内容が影響するのか、授乳中もし摂取しつづけると、今後赤ちゃんにアレルギーとして出てくるものなのか、摂取できないとストレスにもなり母乳の出にも関わると思うのですが、どのくらい注意する必要がありますか。また、母乳が特に夜間など全部赤ちゃんが飲みきらず搾乳する時もあります。次の授乳がすぐの場合もあるのですが、おっぱいがまだ残っていると感じた場合、毎回搾乳した方がいいのか、次回授乳まで残しておいた方がいいのか伺います。

**************

回答  たまごママネット医師団
母乳の分泌がよく、これからも母乳栄養で大丈夫そうです。今何ヶ月になるのかわからないので的確にお答えできるかわかりませんが、赤ちゃんの顔の発疹についてお答えします。ちょうど1ヶ月の赤ちゃんで全く発疹のない赤ちゃんはいないといって良いぐらいです。汗腺や皮脂腺が活発に活動する時期ですからあせもや脂漏性湿疹がみられます。また胎盤のホルモンの影響がなくなることで新生児ニキビがみられます。同じように女の子では新生児月経や帯下、男の子にも乳房腫脹や乳汁分泌などがみられます。妊娠中のホルモンの影響というのはこのことだと思います。決して特別なことではなくみんなにみられることです。このころの発疹は食事と関係することは少なく、汗腺や皮脂腺の活動に伴う生理的な皮膚の反応による発疹がほとんどです。この発疹は活動の収まる2ヶ月ぐらいになるとだんだん良くなってきます。
 3ヶ月をすぎると様々な原因による発疹がみられます。アレルギーが関与するものもありますが、接触性皮膚炎や、皮脂欠乏症なども多くみられます。
赤ちゃんの発疹がすべてアレルギーによるものではなく、すぐに母乳と関係するものではありません。お母さんがある特定のものを食べると赤ちゃんの発疹が毎回はっきりと悪くなる時にはその食物との関連を疑いますが、ただ発疹が多いから母乳が原因というわけではありません。
 アレルギーを考えたとき、授乳中の食事の注意としては、生や半熟のたまごを控える、牛乳を多くとらない、油を使った調理を少なくするなどですが、絶対食べてはいけないわけではなく同じものが続かないようにするということが大事です。体によいから、安全だからといって同じものが続くとアレルギーの原因になったり、場合によっては栄養の偏りになることがあります。高カロリーのものや動物性の脂肪は乳腺炎を起こしやすくするために控える必要がありますが、制限のしすぎはお母さんにとっても赤ちゃんにとっても良いことではありません。
様々なものをおいしく、できれば和食の調理で食べることがすすめられます。また実際の食事の内容や、乳房の管理については母乳外来をしている助産師さんに相談すると良いと思います。
渡辺眞史先生 05.8.29

脳室について教えてください。
出産時、仮死で4点、5分後6点で生まれた女の子です。
呼吸機に4日間入っていましたが、本日出ました。
ただ、先生に『脳室が正常の範囲だが大きめ、経過を見ましょう』と言われ不安です。
 生まれたときの体重は2985g、39週で生まれていますが、陣痛が弱く時間がかかった上、へその緒がまきついていました。
@脳室が大きいことは良くあるのか、後遺症の可能性
A現在、里帰り出産をしており、帰宅するならば1時間20分ほど飛行機に乗せなくてはいけません。赤ちゃんへの影響はありますか。よろしくお願いいたします。

*************

回答 たまごママネット医師団
@脳室に左右差があったり、少し大きいということは時々あり ます。
 経過をみて、さらに大きくなったりすることがなければ心配ないのではと思います。
  何の問題もなく成長していかれることと 思われますが、ただ生まれた時のストレスがすこし強かったようなので発達の段階 を時々チェックしてもらうことが必要です。
A飛行機にのせることについては、特に問題はありません。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.8.29


睡眠中に頭を左右に激しくふり心配です。ベビースリングは赤ちゃんの骨の発達に影響があるのでしょうか?
 1つは、最近気づいたのですが、娘が夜眠りに入るとき(大抵添い乳です)や、目が覚めるとき、眠っている間などに、自分の頭を左右に激しく動かします。日中はそういうことはないです。はじめは、夢でもみているのかな、とかおしっこがでているのかな、とか思いましたが、ほぼ毎日なので、ちょっと心配です。一度、心配だったので、その動きを止めてみたら案の定、目が覚めてしまいました。これは、単なる癖なのでしょうか?脳内への影響などはありますでしょうか?
 2つ目は、最近流行している"ベビースリング"についてなのですが、海外で子育てしている私も、日本の物を使っています(こちらでも同じようなものを見かけます)。
ふと思ったのですが、注意書きとうりに娘をスリングの中へ納めているつもりですが、足をけりけりするので、いつも気づくと両足が"あぐら"の状態になっていません。
ベビースリングの使用で、赤ちゃんの骨の発達(両足や背骨、腰など)へ影響するということはあるのでしょうか?医学的なご意見をお聞かせください。

****************

回答  たまごママネット医師団
睡眠中は正常な場合にもいろいろな動きが見られます。入眠時のみに見られるてんかん発作もあります。しかし、いずれにしても発達の遅れが無く、覚醒時に問題が無ければ、そのまま待っもいてかまいません。
白川先生 産業医大小児科 

スリングの使い方は、赤ちゃんの成長によって変わっていきます。
たとえば、3ヶ月くらいまでは横抱き、それから徐々に半縦抱き、縦抱きになります。
5ヶ月くらいになりますと、多くの場合縦抱きになりますので、これからは赤ちゃんの成長と共に窮屈になり、足はスリングの外に出すことが多くなります。足を出してあげたらいかがでしょう。
 人間は二足直立歩行を行うため、脊柱は緩いS字状のカーブを描いています。
頸(頚椎)は前湾、背中(胸椎)は後湾、胴(腰椎)は前湾、腰(骨盤の中心の骨・仙骨)は後湾しています。
赤ちゃんの背骨は、最初は大きく後湾していますがはいはいが出来るころ(首が据わるころ)に、頚椎に前湾ができ、歩き始めるころに腰椎に前湾ができてきます。このことは、頚椎に前湾ができるから首を持ち上げてはいはいすることができ、腰椎に前湾ができるから立って歩き始めることができると考えることができます。そして、頚椎の前湾と腰椎の前湾は、最初に脊柱が後湾しているからこそできると考えることができます。
スリングで赤ちゃんを横抱きで育てることは、赤ちゃんの背骨の後湾をしっかりと保持できますので、二足直立歩行を行う人間の出発点として、非常に良い育児方法と考えています。 渡部さん 有限会社青葉(トコちゃんベルト) 05.8.28


睡眠中に息が止まる時があるのでとても心配です。
もうすぐ11ヶ月になる女児についての相談です。
気付いたのは生後5ヶ月頃だったかと思いますが、睡眠中に息が止まる時があるのです。
その他、息が速くなったり荒くなったりしもします。息が止まるのは、私が10数える間に回復しますが、繰り返します。
8ヶ月頃に一度小児科に相談に行った事があり、その時は20秒間息を止める事があれば問題になってくるが、20秒というとかなり長い時間なので、聞いている限りでは、そんなに長く息を止めいてるようには思えないので、家へ帰ってまた様子を見るように言われました。
私も毎日毎日夜中中起きて様子を見ている訳ではないのですが、自分の意識がある時には娘の寝息に耳を傾けるようにしております。 やはり、たまに、息が止まったり速くなったり荒くなったりします。 いびきはしません。
突然死の事もあるので心配でなりません。呼吸の様子を観察する機械のレンタルもあるようなのですが、どうしたら良いのかも教えてくださいませんでしょうか? どうぞ宜しくお願い致します。

***************

回答 たまごママネット医師団
乳児も夢を見たりすることで、睡眠中に呼吸や心拍 が 変化します。
相談された小児科の先生のおっしゃるとおり、10秒までの無呼吸 は心配しなくてもよいと思います。ただ、本当に大丈夫というためには、夜間の呼吸状態 をきちんと調べてみる必要があります。一度、大きな病院で小児耳鼻科などを受診 して診てもらってください。症状によれば、入院して夜間の呼吸状態をチェックする、そ のうえで呼吸の様子を観察する器械が必要かどうかきめることになると思います。平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.8.26


妹がうまれ赤ちゃん返りして頭を床に打ち付けて困っています。
こんにちは。1才3ヶ月の息子のことで相談させてください。1才0ヶ月の時に妹が生まれ、少し赤ちゃん返り(?)をしています。妹が生まれた頃から、「めっ!」と言われた時や、遊んでいて少しでもうまくいかない時に、床や壁に頭をゴンゴン打ち付けるようになってしまいました。そのせいでおでこにはいつもタンコブができています・・・。痛そうなので、やりそうな時は手でガードしたり、叱り方に注意しているつもりではいるのですが、いっこうにおさまりません。どうしたらやらなくなりますか?ゴンゴンと頭を打ち付けている姿を見ると切なくて、妹を作るのが早すぎたのかと後悔してしまいます・・・・

***************

回答  たまごママネット医師団
1才3ヶ月は後追いに時期で、まだお母さんから離れることはできません。お兄ちゃんにとっては、赤ちゃん返りというより、まだお母さんが必要な状態です。
  お母さんが赤ちゃんを抱っこして自分を抱っこすることが少なくなったことで、不満が大きいと思います。
このため壁に頭をぶつける動作がみられるようになったと思います。この動作は、この時期の赤ちゃんによく見られるもので、このために頭に障害が起こるものではありません。
おもしろくない、寂しい、つまらない、などの時に見られます。親にかまってもらいたい、遊んでもらいたい動作です。このようなときに、後で、待ってて、お兄ちゃんなのだからなどを繰り返すとますますひどくなります。 お兄ちゃんがお母さんに甘えたいそぶりを見せた時やお母さんにお兄ちゃんと遊ぶ余裕がある時には十分に甘えさせてください。
もし赤ちゃんの相手をしているときにお兄ちゃんが寄ってきたときには赤ちゃんの相手を少し休んで抱きしめてください。
  赤ちゃんも大事だけどお母さんはあなたをもっと大好きだよということを示してください。こんな時、赤ちゃんが泣くときにはお兄ちゃんに話しかけてから赤ちゃんの相手をしてください。
少し時間がかかりますが、だんだん赤ちゃんは自分より弱い存在だということがわかるようになり落ち着いてきます。
渡辺眞史先生 05.8.24  

耳の聞こえについて質問です。
もうすぐ9ヶ月になる娘ですが、名前を呼んでも、手をたたいても、鈴をならしても振り向きません。耳元でささやいても振り向かないことが多いです。6ヶ月頃までは大きな音にも反応していたのですが最近は反応が乏しくなってきました。また声もほとんど発しません。あやすと笑ったりはしますが心配です。聴力検査があると聞いたことがあるのですが検査した方がいいのでしょうか。

*************

回答  たまごママネット医師団
聴力の異常はお母さんたちが変だなと思ったことがきっかけで見つかることがあります。4〜5ヶ月前には大きな音に反応する、名前を呼ぶと振り向く、喃語を話すなど注意をします。6ヶ月をすぎると人やおもちゃに向かって声を出したり、だめというと動作をやめるなど親の話し方で感情を聞き分けるなどみられます。タ、ダ、チャ、マ、パなどの発音も活発に聞かれるようになります。早い時期に音に反応があるように思えても、聴力が少し悪い場合や浸出性中耳炎などの場合には後で初めて気づかれることもあります。重症仮死や未熟出生も聴力障害のリスクになることがあります。質問のように音に対する反応が鈍いようだとすれば聴力検査を検討する必要があります。小児科か耳鼻科を受診し相談してみてください。
渡辺眞史先生 05.8.23

おくるみの使用について教えてください
生後3週間の娘について質問いたします。母乳で育てており、授乳間隔は昼は1〜2時間で授乳、夜は2〜3時間での授乳です。
娘は抱っこをしないと寝てくれません。寝たと思ってベットにおくとすぐにおきてしまいます。そこで病院でおくるみに包ま れていたのを思い出し、手をきっちりと入れて寝かせてみたところ起きずに寝てくれました。 しかしながら、これが娘にとって良い事なのか心配です。娘は手を動かしたくてグズグズするときもあります。夜寝る時は一緒に添い寝をしているのですがその時は抱かなくても、母乳を飲んだ後、静かに寝てくれます。でもくるまないで寝ると1,2時間しか寝てくれなかったのですが、くるんだら3時間も寝てくれる様になりました。私としてはとても助かっているのですが、くるむ事で何か娘に支障がでてくるのでしょうか?もし何も支障が無いのなら何か月頃までこの状態で寝てもかまわないのでしょうか?教えて下さい。よろしくお願いいたします。

***************

回答 たまごママネット医師団
 とても重要なご質問を頂きましたので、質問の内容からも逸脱しますが、他にも読んでいただける方々もいらっしゃること存じますので、長い回答をさせていただくことをお許し下さい。
 新生児集中治療室に入院中の赤ちゃんは母親から離され非現実的な環境で治療を受けています。不安定な状況で、赤ちゃんは良く泣きます。かつてはおしゃぶりを加えさせ、その上からテープで固定したりして泣き止ませていた時代がありました。最近はバスタオルや専用の衣類を用いて赤ちゃんを包み込み、子宮内で母親の体に包まれていたような状態を作る、ポジショニングと呼ばれる方法で赤ちゃんを寝かせ、少しでも安定した状態で赤ちゃんが過ごせるように努力しています。保育器内でも、保育器外でもポジショニングを行います。この方法で赤ちゃんを管理すると、赤ちゃんが一人で放置されても静かに眠っている時間が増え、泣く時間が減ることが様々な研究で分かってきました。新生児集中治療室をはじめ新生児室は母親から放置された赤ちゃんの泣き声も聞かれなく、静かになっています。
しかし、退院が近づくとこの方法を徐々に解除してゆかなければなりません。人は社会性の動物であり、人として産まれて、人間の間で人間に支えられて人から人間に発達します。決して一人で発達するものではありませんまた赤ちゃんは決して管理されるものではなく、親との間でお互い作用しあいながら関係性を結び発達してゆくものです。
 人は怪我と飢餓から身を守るように進化しました。この200万年間は大きな変化は無く、現在生まれた赤ちゃんもほぼ200万年前と同じような状態で生まれます。最近は飽食となり、日本の赤ちゃんが餓死することもなく、大型捕食動物に食われる恐れもなく、病気で死ぬことも少なくなりました。しかし、200万年前と同じ状態産まれる赤ちゃんは、空腹時や母親から離されたときには命がけで泣きます。泣いている赤ちゃを何もせず放置すると、いずれ泣かなくなり、成長ホルモンの分泌が低下し、ストレスホルモンの分泌が増加して、体の成長が傷害されると同時に、脳が障害を受けてしまします。赤ちゃんを抱っこしてなでたりマッサージしたりすると赤ちゃんの成長ホルモンの分泌が高まり、心地よい思いをあたえると赤ちゃんの脳内でオキシトシンが分泌高まります。オキシトシンはストレスホルモンの分泌を抑えることが動物実験で示されています。また乳児期に心地よさを与えられて、脳内でオキシトシンの分泌が高まった赤ちゃんは、成人した後に育児行動を上手に行うことも示されています。
 したがって子どもの頃に抱っこされて心地よい思いを与えられなかった場合には成人し、子どもができても抱っこができない可能性があります。産業革命後高度経済成長が続き、泣く泣く子どもを置いて仕事した時代があり、次の世代はあまり泣かずに放置し、その次の世代は泣く子に対してイライラするようになってしまったのかもしれません。多く見積もって70%の成人が赤ちゃんと結びつけない可能性があります。
結びつくことができないのは、子どもの頃に大切に抱かれたことがなかったためであることが多いので抱っこできないのは、抱っこできない親が悪いわけではありません。
 赤ちゃんは生後3日以内に声で母親を区別し、生後6日以内にお乳の臭いで区別します。母親がいないと生きることができなかった時代が人の進化の過程でずっと続いていたので、とても高い能力で母親を区別し、しがみつき生きようとします。いつも抱っこして、傍にいて、見つめてあげ、添い寝することができるとお互いにとても良い人生になります。
 おくるみや衣類で体を包み込み、手足の動きを制限すると発語が遅れます。乳児は発声するときに、まず足を動かし反動をつけて発声します。次に手を動かし発声し、その後反動をつけなくても発声できるようになります。したがって、四肢の動きを制限すると発語が遅れます。白川先生 産業医大小児科 05.8.21


1歳位から特定の人を見ると泣き出し、彼女の写真やビデオの声を聞いただけで泣き出してしまいます。
1歳10ヶ月になる娘についてご相談させていただきます。1歳位から特定の人を見ると泣き出します。最近ではますますひどくなり彼女の写真やビデオの声を聞いただけで泣き出してしまいます。
母親学級で知り合った友達のため、皆で子ども達を遊ばせたりする時には必ず会います。そのたびに娘は泣きつずけ、私はずっと抱っこしたままです。会う回数を減らしてはいますが、全く会わないわけにはいかず・・。娘の為には彼女とは会わない方がいいのでしょうか?それとも泣いても頑張って彼女とあっていれば慣れていくものなのでしょうか?楽しいはずの子育て広場もそのことを考えると気が重くなってしまいます。娘は他の人は全く大丈夫です。2語文も話せ、成長過程に問題はありません。ご回答よろしくお願いいたします。

*************

回答  たまごママネット医師団
記憶、abuse、適応障害に分けてお答えします。
記憶
 記憶は短期記憶と長期記憶とに分類されます。短期記憶は視覚、聴覚などから得た現在の情報をメモすることなく他に移し替 えるなどの保持時間が30秒以内の記憶です。一方、長期記憶は過去に起こった現象を再生する記憶で、過去の出来事から3 0秒以上経過してから想起する記憶です。病院で痛い思いをした子どもは、病院に近づくと泣きます。これが長期記憶です。 長期記憶は生後3か月で数分、1年で2週間ほど、2年で数か月ほどと考えられています。したがって長い間あわないでいる と忘れてしまうことかもしれません。しかし、感情を伴う記憶の場合は、特別な記憶として残ります。楽しかった記憶や、悲 しかった記憶はいつまでも忘れることができません。
 強い精神的な衝撃を受けると、ストレスホルモンのグルココルチコイドが分泌され、グルココルチコイドが分泌されると、脳 内に記憶を残すシナプスと呼ばれる神経同士のつながりが多く作られ、忘れられない記憶として残ってしまいます。忌まわし い記憶はいつまでも忘れられません。
abuse
子どもを誤用、乱用すること
 川を遡る鮭は卵を産むとすぐ死ぬことができますが、未熟な脳を持って生まれてくる人の親は子どもの脳と身体が成熟するま で、必ず子どもの傍にいて子どもの成長を支援する必要があります。
 間違いなく親は子どものための存在でなければなりません。
 ところが子どもが親のための存在になることがあります。
 子どもが親のための存在になったときをabuseと言います。
 abuseはabとuseの造語で、ab誤った、use使用のことです。子どもを誤用、乱用することを指します。日本語 では虐待と訳されています。本来の誤用と少し意味合いが異なって虐待が使われていますので良く誤解されます。親の夢を子 どもに押しつけたり、親が楽しむために子どもを利用したり、子どもに感情をぶつけたり、忙しいので放置したりすることな どが誤用と考えられます。特に忙しいとは心を亡くすと書きますので、子どもの前では可能な限り忙しくないふりをすること も大切です。
 楽しいはずの子育て広場は誰にとって楽しいはずなのでしょうか。もし泣くほど嫌な人がいたら、成人ならば自ら傍に近寄ら ないように思います。
 産業革命後、共稼ぎや核家族化が進み、子どもの相手ができる成人の数が減り、また医学も進歩し、子どもを産み、子育てが 終わった後にも長く生きることができる社会となり、長く生きる大人のための社会化が進んで子どもを大切にできにくくなっ てしまいました。
適応障害
 何らかのはっきりとしたストレス因子で、おびえたり泣いたり、気分が沈んだり、攻撃的な行動などが引き起こされる場合を 適応障害と言います。ストレスが加わってから3か月以内に症状が出現し、ストレスが無くなると6か月以内に軽快します。 子どもでは赤ちゃん帰りをしたり、とれていたおむつが再度必要になったりなどの退行現象が見られることもあります。親は まずその症状に対してうろたえず、どっしりと構えて安心感を提供することが大切です。次に本人のストレスへの対処法を身 につけさせること、ストレス自身を弱めるように働きかけることの二つの方法があります。
 今回の場合は、ある特定の人に限定されているので、ストレス自身を弱めることが手っ取り早いでしょう。すなわち遠ざかる ことです。もし一般的な大人や、一般的な子どもに対して適応障害が見られるならストレスの対処法を身につけさせるトレー ニングを行うと良いでしょう。例えば、ストレスの原因となっている人を遠くからながめ、それができるようになったら、徐 々に近づいて距離を短縮したり、傍にいる時間を徐々に延長したりすることなどです。いきなりそばに行って触れさせたりす るとストレスが大きすぎるので、目標を決めて徐々に近づけるように計画立て、無理に先に進まないことが大切です。
 白川先生 産業医大小児科 05.8.20



ロキソニン錠60mg、イサロン100mgの母乳への影響について教えて下さい。
6月末に出産をしたものです。母乳で育てています。
先日私がひどい腰痛のため薬を処方してもらいました。ロキソニン錠60mg、イサロン100mgです。
母乳は完全にやめていたほうがよいでしょうか?
やめた場合、再開するとしたら飲み終えたあと何日くらい空けたらよいものですか?

***************

簡単な質問になってしまい申しわけありません。
回答 たまごママネット医師団
日本では母乳中に少しでも薬の成分が含まれると多くの薬が母乳をやめるように指示されます。母乳栄養の大切さからWHOやアメリカ小児科学会では膨大なデータから母乳と薬の安全性を考えています。この考えからするとロキソニンやイサロンは長期的に使用しなければ母乳を続けても良い薬と考えられています。通常量を頓服の形で服用するならこのまま母乳を続けても良いと考えられます。なるべく薬に頼らない方がよいのです
が、我慢できない場合に薬を使用したからといって母乳をあきらめなければいけないものではありません。授乳直後に薬を飲むことで薬の影響をより少なくすることができます。
渡辺眞史先生 05.8.19

反り返りは心配な場合があると聞き、とても気になっています。
3ヵ月半の長女について質問いたします。3ヶ月くらいから布団に置いたときよく反り返っています。(必ずではありませんが、寝返りしそうなくらいに。)立て抱きのときは大丈夫です。首はまだ座っていないと思いますが、縦抱きでもほとんどぐらぐらしません。体重は出生時2770グラム、現在6300グラムです。笑う、両手を前で合わせるなどはします。最近甲高い声を出すようになりました。しかし、反り返りは心配な場合があるときき、とても気になっています。どういう場合が心配なのでしょうか?また、睡眠時、静かだなーと思っていると、急に深呼吸みたいな呼吸をします。無呼吸なのでしょうか?こちらもとても心配です。是非お返事を宜しくお願いします。

***************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんは生まれたときには体を曲げる筋肉が主に働いていますから、手足を曲げていることが多いのですが、しばらくすると体を伸ばす筋肉が働くようになります。
  3ヶ月ぐらいになるとこの体を伸ばす力が強くなるためにのびのびの姿勢をとるようになります。この姿勢が反り返りの姿勢に見えます。
元気で他の発達の順調な赤ちゃんであれば心配することはありません。いつも同じ姿勢をとっている、あやしても笑わない、目が合わないなど発達の遅れが心配される場合には検査を受ける必要があります。
  質問の赤ちゃんは両手を前であわせることができ、筋の緊張は正常のようです。他の発達も順調なようで、心配するような反り返りではなさそうです。
睡眠時の大きな呼吸も心配するものではありません。深い睡眠の時にはゆっくりとした静かな呼吸をしますが、浅い睡眠の時にはせかせかした呼吸や大きな呼吸をします。無呼吸が心配なときには赤ちゃんの寝息を注意して聞いてみてください。2〜3秒呼吸をしないことはよく見られますが、10秒以上呼吸が止まるときには病院で検査が必要です。
 心配なときには小児科で診てもらってください。反り返りや寝ているときの呼吸についても赤ちゃんの発達、普段の呼吸状態を見れば病気を疑うかどうかわかると思います。
渡辺眞史先生 05.8.18

授乳中のレンドルミンの服用について
現在新生児授乳中の者です。連夜の睡眠不足から不眠になり、丸一日ほぼ寝なくても眠気が無く神経だけが高ぶってしまう現象があり、以前服用した事がある『レンドルミン』を1錠服用して一晩眠ることが出来ました。現在授乳中のため安全の為服用後ミルクに変更しましたが、服用後どのくらいの時間を開ければ授乳を再開できるのでしょうか?色々調べましたがそこまでは書いてないので分かりません。よろしくお願いいたします。

************

回答  たまごママネット医師団
動物実験では乳汁中への移行が認められるとの記載あり。
但し、横浜市大母子医療センターの判断は: 母乳へ移行するが、通常の投与量であれば授乳可能である。念のため乳児の覚醒状態などに注意する。
かなり精神的に参っておられるようですが、この様な判断もあり、母乳をやめることなく、就寝直前にたっぷりと授乳し、その後服用して眠れば次に赤ちゃんが欲しがるときには授乳しても問題ない程度に低下しているのでは。
岡村先生 岡村産婦人科医院 05.8.18


「ビタミンK2シロップ」について教えてください。
現在生後44日目の女児です。
出生1日目、5日目、そして一ヶ月検診時(29日目)に産院にてビタミンK2シロップを服用しました。
一ヶ月検診で服用したとき、与えられた量(哺乳瓶に入っていた量−ごめんなさい、はっきりした数値がわかりません)を飲ませようとしたのですが、あまり飲みたくなかったようで口のわきからダラダラこぼしながら飲んだので全量を飲むことができませんでした。私(母親)の見たところ、口に入ったのは半量くらいかと思われます。そのときはあまり気にならなかったのですが、後日、全量を飲まなかったことが急に心配になってきました。
これからでも、必要な量を再度服用したほうがいいのでしょうか?また、その場合、何度も服用することによる副作用などがないか、心配です。娘は現在順調に育っており、特に問題なく過ごしております。

*************

回答  たまごママネット医師団
ビタミンK2シロップは赤ちゃんのビタミンKが不足するために起こる出血症を予防するために飲みます。
  ビタミンKは血液を固まらせる働きをしますが、不足すると出血しやすくなります。
出血を起こしやすい時期は、生後数日と1ヶ月頃です。生後数日には消化管から出血し吐血や血便がみられます。
1ヶ月頃には頭の中に出血しやすくなります。頭蓋内出血はとても重傷な病気で命に関わったり、重度の障害を残すことが少なくありません。このため特にビタミンKの不足による頭蓋内出血を予防するためにビタミンK2シロップを飲ませるのです。
  ビタミンK2シロップを飲むことで最近はほとんどビタミンKの不足による頭蓋内出血はみられなくなりました。飲ませるときに口から出してよこすことはよくあります。
すぐに吐いてしまったときには再投与をすることがありますが、質問のように少しでも飲んだようであれば再投与はしません。それで十分効果があると思われます。また栄養法は何でしょうか。母乳の場合にビタミンKが不足しやすいといわれています。もちろん母乳をやめる必要はなく、ビタミンK2シロップを飲むことや、お母さんが緑黄色野菜や納豆を摂ることで母乳中のビタミンKを増やすことができビタミンKの不足による頭蓋内出血を予防することができます。質問の場合、出血症の危険はほとんど考えられず、再投与の必要はありません。心配しないで大丈夫です。
渡辺眞史先生 05.8.16

結核で処方された薬の母乳への移行が心配です。
現在8ヵ月になる女児がおります。今回私が肺結核と診断され、リファジン・イスコチン・ピラマイド・エブトール・ネオファーゲンC・ザイロリック・ピロミジンが処方され、服薬する事になりました。丸7ヶ月間完全母乳でしたが、突然の断乳をしてしまいました。断乳後はミルクをいっさい口にせず、麦茶をかろうじて200cc程摂取しているような状態です。医師の指導により、離乳食を3回にし、なんとか食べてくれています。断乳後3日目ですでに軽い脱水状態と診断されてしまいました。娘なりに感じる所があるのか?母乳を欲しがって一日中泣くという事はありませんが、日に何回かは母乳が恋しくて泣いてるのだろうなと思う事があります。母乳もミルクも飲まないで、今後の成長に影響はありませんか?何より、娘の心の傷の大きさを思うといたたまれない気持ちで一杯です。服薬しながらの授乳も考えますが、医師・薬剤師からスットップがかかっている事、服薬が半年以上という長期間に及ぶ事、娘への影響を考えると勇気が持てません。ご回答の程、よろしくお願いします。

************

回答 たまごママネット医師団
 結核、はしか、水ぼうそうは空気感染する代表的な疾患です。母親が結核の場合、乳児の感染は避けられません。乳児は免疫系が未発達のため、結核の感染は全身に広がり、粟粒結核、結核性髄膜炎として発症します。咳などの症状はでにくく、ツベルクリン反応も陰性のまましばらく経過します。
  元気がない、食欲がないなど特異的でない症状から現れ、診断を優先すると治療が遅れるので、すぐに治療を開始すべきと考えます。もし感染がなければ幸いです。治療が始まると、子どもの飲む薬も母親の飲んでいる薬と重なるため、母乳の中断は必要ないと思います。
  子どもの治療が必要なく、母乳を飲んだ場合にはイスコチンやピラマイドで肝障害が起こる可能性が考えられているので、子どもの肝機能検査をしてみて問題なければ、母乳栄養を継続することも1つの方法です。しかし、何よりも子どもの結核の治療を早急に開始すべきです。 白川先生 産業医大小児科 05.8.12

貧血がみられるのでおもゆをあげはじめてもよいかも」と言われました。母乳だからでしょうか?
3ヶ月(もうすぐ4ヶ月)の娘のことなのですが、今日保健所でBCG接種の際の検診で「貧血がみられるのでおもゆをあげはじめてもよいかも」と言われました。母乳で育てているので貧血なのでしょうか?いそいで離乳食をはじめなければなりませんか?生まれたときは3505グラム、1ヶ月検診で4265グラム、今日の3,4ヶ月検診で6685グラムでした。

************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんは生まれてくるときにお母さんからたくさんの鉄をもらい体に蓄えて生まれてきます。
これを貯蔵鉄といい6〜9ヶ月ぐらいまで貧血にならないだけの鉄をもらっています。
母乳中にも鉄は含まれていて母乳を飲むことでも鉄を取り込んでいます。ところが、ミルクに比べ母乳の鉄分は少ないために、母乳では貧血になるといわれることがあります。
  母乳中の鉄は確かにミルクに比べ少ないのですが、吸収率が良いために成熟児では母乳栄養のために鉄分が不足することはないといわれています。
ミルクは吸収率が悪いため、必要な量の鉄を吸収するためには母乳に比べたくさんの鉄を含んでないといけないのです。母乳だから貧血になるということはありませんからこのまま母乳育児を続けてください。
  早産で生まれたり、中毒症や糖尿病のお母さんなど胎盤の働きが十分でなかった場合にはお母さんからもらう貯蔵鉄が少ないために貧血になることがあります。
  離乳食は6ヶ月になってから始めます。早めの離乳食は赤ちゃんの消化機能の発達から考えてすすめられません。もし治療の必要な貧血があれば、鉄剤を飲ませることで改善できます。心配なときにはかかりつけの小児科で診てもらい、必要なら検査をしてもらってください。
渡辺眞史先生 05.8.11

2ヵ月半の息子の便で相談です。
混合母乳でしたが1ヶ月検診時に授乳回数が多いので早めにミルクに切り替えてはと医師に言われミルク主体にしました。がやはり完全母乳にしたく、7月半ばからほぼ完全母乳です。1ヵ月半頃から便秘で綿棒浣腸で出していました。7月末日の朝も浣腸しその時は出ませんでしたが晩から急に下痢の様な症状になり6日目に至ります。一日に何度も水溶性の茶色の便が出て今日は緑色のブツブツと白い紐状が見られツンと鼻をつく臭いがしました。午前中は機嫌も良く3時間おきの授乳ですが15時過ぎから機嫌が悪くなり泣いては授乳の繰り返しです。夜も泣きますが一度眠ると6時間位眠ってくれます。完全母乳にしてから日が浅いので母乳の出が悪くお腹が空いて泣いているのかお腹が痛くて泣いているのか判りません。時々唸りながらお腹に力を入れている様です。何かの病気でしょうか?かかりつけの病院もまだありません。受診の目安等お教えください。出生時体重2512gで現在体重は約5700gです。よろしくお願いします。

*************

回答  たまごママネット医師団
 下痢は便の固形部分の割合が低下し、水分の割合が増加した状態で、排便回数、排便量の増加を伴います。
急性の症状としては
不機嫌。
体重が減少、
尿量も減少し尿の黄色みが強くなる、皮膚の張りが無くなりたるむ、目がくぼむ、下唇と下あごの歯ぐきとの間が乾燥する、元気がない、活気がない、などが見られます。
母乳が増えると便が緩くなることがあり、哺乳量の多い赤ちゃんはよく唸ります。2500gで出生した男児の2か月15日の標準的な体重は5200g程で、現時点での体重増加には問題なく、ご質問の内容からは母乳分泌増加と考えるのが妥当のように思います。15時頃から良く泣くことについては、抱っこの要求、抱っこする人が不安定でイライラしているなど母乳不足以外の理由を考えてみては如何でしょうか。
下痢としての受診の目安は上記の症状がいくつかそろったときです。
白川先生 産業医大小児科 05.8.7

母乳とミルクの混合ですがどのように授乳すればいいのでしょうか?
卵膜付着による低体重出生児、子宮内発育遅延で36週で破水、帝王切開でうまれ1930グラムで生れました。手術時に血液をのんでしまい、ストレスによる消化器官上部出血でnicuで3週間ほどすごし、元気に退院し2ヶ月半になり、体重も4200グラムになりました。母乳とミルクの混合にしてますが、母乳をのみ始めるとすぐにねてしまい、いらないかと思うとすぐにないてほしがります。
ミルクを80ほどたしているのですが、かならず、もどしてしまい、しばらく たってからもどしてしまったり、母乳だけでも戻すこともあり心配です。のみすぎ かと母乳だけにするとうんちがでなくなってしまったり、ふんばってもでなく機嫌がわるいこともあります。眠りも浅く、少しのおとで目が覚め?嫌が悪いことが多いです。戻したあとでも、機嫌がよかったり、ほしがったりします。どのように授乳していけばよいのでしょうか?
やはりあげすぎなのでしょうか?

**************

回答 たまごママネット医師団
吐乳については、体重の増加が良い時には心配ありません。
 母乳とミルクの混合栄養は全体でどのくらい飲んでいるかの判断が難 しく、また母乳育児での赤ちゃんに合わせた母乳産生量の調節も効かなくなります。
 母乳育児を続ける前提でお話をしますと、まず、ミルクの量を一回 40まで減らし、1から2週間くらい頻回授乳で頑張ります。赤ちゃんはお腹が減って母 乳を与える回数が増えますが、それによって母乳の産生が増えると落ち着い てきます。
そこでさらにミルクを止めてみると、またまた忙しい日々がきますが、しばらくすると落ち着いて母乳育児だけで体重が順調に増えるようになる可能性が多いと思います。ただミルクを減らして止める期間は体重増加が
落ちます。お近くの開業の助産師さん(地域の助産師会などで紹 介可)に相談したり小児科を受診して赤ちゃんの体重増加を確かめながら進めると良いで しょう。
母乳育児の基本は赤ちゃんの欲しがるままに授乳することです。足りない時は忙しくなり、それによってたくさんの母乳が出始めると落ち着いてきま すが、赤ちゃんが大きくなってもっと母乳が必要になるとまた忙しくなる。
そういうことを繰り返しているうちに、やがて離乳食が始まり、自然と 哺乳の回数や量が減って卒乳ということになります。 平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.8.5

6ヶ月の息子についてご相談します。ミルクを飲んでくれなくて心配です。
6ヶ月になって初めて風邪を引きました。幸い症状は軽く治りましたが、それを契機にミルクを全く受け付けなくなりました。元々ほ乳瓶(ミルク?)嫌いで何とか飲ませていたのですが、今ではほ乳瓶を見ると泣き出します。コップで水分を取れるようになったのでコップでミルクを飲ませようとしたところ、ベェ〜と出しました。
母乳は1ヶ月前から与えていません。しょうがないので現在、3食離乳食を与えています。風邪を引くまでは1日1回少量だけ与えていました。この月齢で完全に離乳食にしてもいいのでしょうか?また、気を付ける点があれば教えてください。もう1点ですが、風邪を引いてから1週間、完全離乳食にしてから3日、最後のウンチから5日が経ちますが、ウンチがでません。お腹を押すとコロコロしている気がするのですが、どう対処したらいいのでしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
ミルク嫌いのようです。6ヶ月ではまだ完全な離乳食だけでは水分が不足するため、便が出にくく便秘の傾向になってしまいます。ミルクのメーカーを変えてみる、温度を低めにしてみる、ミルクの濃度を2/3ぐらいにしてみるなどを試してください。哺乳瓶を嫌うときにはコップやスプーンで与えます。
  お母さんは飲ませなければという気持ちではなく、飲まなければ飲まなくてもいいよぐらいの気持ちで接してください。お母さんが必死の気持ちになると赤ちゃんは警戒してますます飲まなくなります。ミルクでなければいけないわけではなく、水分が取れればよいと考えてください。
しばらく与えないでいるとまた飲み出すこともあります。もしミルクを飲まないときには、お茶や果物、100%果汁などで水分補給を心がけてください。果物や果汁の場合は2,3倍に薄めて飲ませます。スポーツ飲料を与えることもできますが、たくさん与えるとよくありません。
便が固くてでにくい時にはかかりつけの小児科で診てもらってください。
渡辺眞史先生 05.8.2

10ヶ月の男の子がいます。手押し車で歩きたがるのですが、身体への影響について教えてください。
6ヶ月ではいはい、8ヶ月でつたい歩きをし、現在は両手を離して足を踏み出せるかな、という感じです。最近、テーブル形のおもちゃを手押し車のように押しながら歩くのが大好きになってしまいました。絨毯ならともかく、畳の部屋ではかなりのスピードも出るため、時々よろよろして転んでしまうこともあります。本人はとても楽しそうなので思い切り遊ばせてあげたいのですが、今の月齢でムリに?歩く練習をさせているみたいにも思えます。市販の手押し車も、対象月齢が1.5歳くらいなのを考えると、やっぱり止めさせたほうがいいのでしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
大変活発な赤ちゃんのようです。この時期の赤ちゃんは個人差が大きく、つかまり立ちがやっとの赤ちゃんから一人歩きをする赤ちゃんまで様々です。動くことが楽しい赤ちゃんは伝い歩きや、ものを押しての移動を喜びます。赤ちゃんとしては手押し車で動けることが楽しくて仕方がない状態だと思います。させてはいけないとか、発達に悪い影響を与えるとかいうものではありません。ただこのような活発な赤ちゃんは事故を起こしやすいため注意が必要です。
  遠慮や加減を知りませんから勢い余って転倒や転落が起こります。思わぬ大けがになることがあります。転びやすくするもの(段差を作るもの、引っかかるものなど)、転んだときに頭を打って危険なものなどをチェックして、予防できる事故は防ぐようしてください。
渡辺眞史先生 05.8.2

ポリオウイルスの感染についてお尋ねします。
現在、2ヶ月の女の子の母です。ポリオウイルスについての質問です。実は、旦那のお父さんが小児麻痺(50年以上前から)です。いろいろ調べたのですが、経口から糞便を介して感染するということは理解しているのですが、感染力および感染確率な
どを教えていただきたいと思います。また、日常避けるべき行動などについてもお願いいたします。

**************

回答 たまごママネット医師団
ポリオは世界中の多くの地域から排除され、世界保健機関(WHO)は2008年までの根絶をめざしています。
我が国でも、自然界に存在するポリオ野生株からの感染はなく、ポリオ生ワクチンによって発症するワクチン由来麻痺がワクチン接種者440万に1例で、580万接種に1例の接触者で発症するとされています。
 ポリオに感染すると3〜21日の潜伏期の後に発症しますが、90〜95%は典型的な症状が見られません。軽症では軽い風邪の症状と胃腸症状のみで軽快します。感染がさらに広がってもマヒのない髄膜炎で自然治癒します。典型例では発熱後一時的
にやや解熱し再度上昇し、解熱に前後してマヒが起こります。マヒは年長児や成人に多く見られます。
 口からにポリオが進入し感染すると便中にウイルスが2〜4週間排泄されます。手に糞便が付着し感染しますので、手は良く洗い、糞便を洗い流しましょう。ポリオウイルスは自分で増えたり、はい回ったりすることはなく、人の手を介して感染します
ので、手を良く洗いうことが大切です。
白川先生 産業医大小児科 05.7.29

ペンタサの母乳哺育への影響について教えてください。
私は胃腸が悪く(クローン病)産後2ヵ月後に悪化した為、ペンタサを飲み始めました。
消化器内科の主治医には『母乳をあげても大丈夫』と言われましたが、薬局では『中止』と言われました。
後日、主治医にもう一度確認しましたが、『大丈夫だが、そんなに心配なら止めればいい。』との事。
元々混合で、母乳はたくさん飲んでないのですが、それでも不安です。
現在は 夕方薬を飲んで、晩お風呂で絞って、夜中のみ母乳をあげています。(薬の濃度が低い気がするので・・・)
初めて薬を飲んだ日は、たまたまかもしれませんが、赤ちゃんは下痢でした。だから余計気になって・・・

*************

回答  たまごママネット医師団
Pentasaは、潰瘍性腸カタルに使用される薬で、Haleによると授乳中のリスクに関しては、L3、つまり、Moderately safe恐らく大丈夫だろうに属し、授乳婦への厳密な投与実験はない。けれどの哺乳児への有害な副作用の可能性があるうえ、対照実験でも僅かながら副作用を認めている、、従がって治療上の有益性が危険性を上回る場合にのみ投与。となっています。
このお母さんの場合、100%母乳ではなく、夜間のみと言う事ですから、副作用のことなど忘れて、赤ちゃんとの交流を楽しまれてはいかがでしょうか。岡村先生 岡村産婦人科医院 05.7.18


2週間位まえから、頻繁にまばたきをするようになり心配です。
10ヶ月になったばかりの娘がここ2週間位まえから、頻繁にまばたきをするようになったのですが、そのまばたきが、よく大人が疲れ目の時などにするギューと一瞬目に力を入れ閉じて開く、といった感じのまばたきです。そんな感じのまばたきをパチパチと2,3回くらい繰り返し、それを一日のうちに何回かします。遊んでいる時や、おもちゃをいじっている時もし、特に眩しくてしてるという事も無いと思うのですが、何かの病気かなにかでしているのでしょうか?こう言った事は良くあることなのでしょうか?何か不快な事が娘に起こっているのでは、と思い心配です。どうぞご回答よろしくお願いいたします。

***************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんの行動にはなぜこんなことをするのかよくわからないような動作がみられることがあります。多くの場合、数週間続きいつの間にか収まることが多いです。機嫌が良くて、他に普段と変わったことがなければ心配のない場合がほとんどです。ただ実際にその様子を見てみないとはっきり大丈夫ということはできません。目のパチパチも心配のない行動に思えますが、一応病気が隠されていないか診てもらう必要があります。
眼科で目の病気や視力の問題がないか診てもらい、また小児科で経過をみてもらうことも大切です。受診するときには、ビデオで撮影していくと大変参考になります。
渡辺眞史先生 05.7.18

29週の早産で脳実質内出血をおこし脳性麻痺になりましたが医師の判断が正しかったのか疑問です。
一年前に29週の早産で出産しましたが、子どもは脳実質内出血をおこし脳性麻痺になりました。「薬の投与でも分娩進行が止まらないので子どもの為にも出産させます、子どもは未熟児で小さいので破水と共にツルンと出るでしょう」との簡単な説明でお産が始りました。36才初産で軟産道強靱があり、変動一過性徐脈も時にみられていたのに経膣分娩で難産でした。クリステレルを3回行い出産しました。担当のお医者さまに「帝王切開は出来なかったのか」と訪ねましたが「時間的には普通の出産時間です。未熟児だから耐えられなかった」と言われるばかりです。お医者さまの判断が正しかったのか疑問です。

************

回答 たまごママネット医師団
 薬の投与でも分娩が進行した状況を考えますと、胎内で赤ちゃんが何らかの病原微生物に感染し、分娩を抑制できなかった可能性が高いと考えられます。胎内で感染し、サイトカインと呼ばれる物質が赤ちゃんの体内で産生されると、脳実質内出血や、脳室周囲白質軟化と呼ばれる脳性麻痺の原因となる疾患に陥り易くなります。
いずれも出生前に異常が起こり始めていますので、帝王切開を行っても止めることができない場合があります。29週になると赤ちゃんもかなり大きくなり、75%以上の新生児は1000g以上の体重で出生しますので、分娩時の酸素欠乏によるによる頭蓋内出血の危険性はかなり低下します。
緊急に帝王切開を行っていても出血していたかもしれません。
 脳性麻痺を合併し、上手く行かないところにこころを奪われますが、早く子どもの良いところを見つけて誉めてあげることができると日々生活が楽しくなり、子どもに心地よい思いを与えると発達が良くなります。
白川先生 産業医大小児科 05.7.11


薬と母乳について教えてください。
現在1歳6ヶ月の子どもに、不安なときや昼寝のときと夜間3回ほど、授乳をしています。先日私が消化管潰瘍のため、内服治療することになり、母乳をやめるようにいわれました。子どもは安定剤的な感じで母乳を飲み、私も家族もこの子にはまだ母乳が必要だと思っています。できれば、授乳を続けたいのですが2ヶ月服用しなくてはならず、長期になるので断乳しなくてはいけないのか…と考えています。よろしくお願いします。
オメプラール(20)1錠 毎朝1回
ガストローム     毎食後
ベリチーム
ノイエル

***************

回答  たまごママネット医師団
授乳中の薬の使用の可否については、製薬会社の作った薬剤についている添付文書の問題があります。訴訟の問題ですね。
アメリカ小児科学会は数年後とに授乳と薬の使用について勧告を出しています。2002年の勧告では約150種類の薬を使用しても問題はないとしていますが、そのうち120種類の薬はわが国でも発売されています。しかしその2/3は授乳を止めるようにと記載されています。
医師は使用してもよいといっている薬が,使用経験がなく、トラブルが起きたら困ると言う理由から使用禁とし、おおくの医師は製薬会社の意向に従がって、授乳を止めるようにと指示しているのが現状です。
お尋ねのオメプラノールは、危険度のランクは『ほぼ安全である』で、生じるかもしれない副作用は微々たる物である。その他の3種類については、特に記載されてはいませんが、薬の作用機序からしても、授乳を止める必要は無いと思います。岡村先生 岡村産婦人科医院 05.7.10


股関節脱臼ではないのですが矯正用パンツとレントゲンの影響について教えてください。
現在三ヶ月、体重6750gの男の子です。ずっと逆子だった為、帝王切開で出産。病院に検診に行った所、股間接のチェックでレントゲンを撮りました。先生の診断では『ずっと逆子であったことですし、脱臼はしていないのですが念のため矯正用のパンツを付けた方が良い。三ヶ月付けていれば大丈夫』との事でした。三ヶ月後にもう一度レントゲンを撮って検査するそうです。
そこで質問なのですが、
◎赤ちゃんのレントゲン撮影は具合が悪くなったり、何か悪い影響は無いのでしょうか? 
◎脱臼はしていなくても矯正用のパンツは付けた方が良いのでしょうか?そのメリットとは?

*************

回答 たまごママネット医師団
 日本の事情とは異なるので的確なお答えができるかどうか解りませんが、お答えいたします。
 股関節脱臼はわが国では現在0.2%程の頻度で、男女比は1:7と女児に多い疾患です。分娩様式は経腟分娩でお尻から生まれた逆子に圧倒的に多くみられます。遺伝的背景も40%にみられ、母親が股関節脱臼の時には要注意です。股関節脱臼は、かつて先天性と呼ばれましたが、新生児期に脱臼している症例は少なく、徐々に脱臼に伸展してゆきます。足をのばして衣類でぐるぐる巻きにして動きを妨げると発症しやすくなります。わが国では三角おむつや巻きおむつで足をのばして固定した時代には現在よりも頻度が高く、寒冷時にはその上から衣類を巻き、動きを制限したので、寒冷地や冬場にはさらに多く発症していました。したがって関節脱臼の予防は出生時から足の自由運動を妨げないように、おむつ、衣類、抱き方などを工夫する必要があります。足が自然に自由に動くようにします。
 最近の股関節脱臼は90%以上が片方のみであるため、診断は、股関節の開き具合をみる、寝かせて両膝を立てて高さを比較する、足の長さを比べる、足のしわの数や程度を比較するなどの臨床診断が重要です。疑われたら股関節の診療経験が豊富な整形外科医に紹介します。整形外科医は股関節エコーか、MRIを用いて最終診断を行います。レントゲン数枚撮影しても影響はありませんが、大腿骨の先端が写るのは4か月以後のことが多いので、それ以前にはあまり撮影しません。おそらく、レントゲンより臨床診断のほうが正確です。
4か月になり開排制限が続き、亜脱臼がある場合には日本では1957年にチェコから導入されたリーメンビューゲルと呼ばれる腰と足に装着するベルトをまず2週間程度装着します。申し訳ございませんが矯正用パンツは使用経験がありません。ただし、骨盤位帝王切開でかつ、はずれていないのであれば心配ないでしょう。矯正パンツの悪影響はないはずです。
白川先生 産業医大小児科 05.7.7


クラビット錠100mgとアクアチムクリームは母乳に影響しますか?
11ヶ月の男の子に授乳中です。
顔に湿疹がでて、疲労性のにきびダニと診断されました、処方された薬はクラビット錠100mgとアクアチムクリームです。
授乳をやめるよういわれたのですが、授乳しながらの服用は可能でしょうか。

*************

回答  たまごママネット医師団
授乳中のお母さんの薬の是非は立場によって考え方が異なり、お母さんに混乱をさせてしまうことが多くあります。一般的に日本の薬の説明書には,少しでも母乳中に薬の成分が入ると授乳禁止と書かれることが多くあります。この薬が赤ちゃんに何か影響を与えるかもしれないとして、授乳をやめるように記載されています。お母さんが食べたものの成分が母乳中に入り赤ちゃんに栄養として与えることから考えてもお母さんが飲んだ薬の成分が母乳中にはいるのは当然のことです。
  日本の考え方では授乳中のお母さんが薬を飲むことはできない状況です。
WHO/ユネスコやアメリカ小児科学会では母親が使用した薬が実際に赤ちゃんにどのような影響を与えるかをたくさんの症例から検討し、薬ごとに使用が可能かを判断しています。母乳の大切さを理解した上で、本当に赤ちゃんに影響があるのかを検討しています。その結果授乳してはいけない薬は抗ガン剤など特殊な薬だけで、中には赤ちゃんの状態を注意しながら使う薬もありますが、ほとんどの薬は授乳を続けても安全とされています。赤ちゃんにとって母乳が大切と考える小児科や産科の医師はこのアメリカ小児科学会の指針を参考にして薬について考えています。
軟膏類は、赤ちゃんに影響するほど皮膚から吸収することはなく安全です。抗生剤はペニシリン系、セフェム系、マクロライド系などは安全とされています。
  今使用しているクラビットなどのニューキノロン系の中ではタリビットやクラビットは安全性が高いとされています。質問の場合、安全性と母乳の大切さから考えて、薬を服用しても母乳を続けることがよいと思います。
 授乳直後に薬を飲むことで薬の影響をさらに減らすことができます。
渡辺眞史先生 05.7.6

母体の蕁麻疹は母乳哺育に影響しますか?
今4ヶ月と2週間の女の子がいます。母乳で育てています。今日急に私の身体がかゆくなり、蚊にさされたようなあとが体中にでき、赤くはれているところもあります。蕁麻疹のようなのですが、母乳に影響があるか心配です。今娘はアトピーと診断され、飲み薬、塗り薬両方使っています。母体の蕁麻疹等は母乳に影響ありますか?

*************

回答  たまごママネット医師団
お母さんの発疹は蕁麻疹かほかの湿疹性疾患なのか確かめる必要があります。蕁麻疹は赤く盛り上がる発疹でかゆみを伴い、同じ場所に出続けるのではなく、しばらくすると消えて別の場所に新しく出てきます。もし蕁麻疹だとしても母乳には影響はなくそのまま飲ませてもかまいません。薬を使う場合、塗り薬は母乳に影響はなく、心配しないで使うことができます。飲み薬の場合、かゆみ止めとして抗ヒスタミン剤が使用される場合があります。タベジールやテルギンG、ペリアクチンなどの古くから使用されている薬は赤ちゃんの眠気を強くし哺乳意欲を低下させることがあり、なるべくなら避ける必要があります。最近多く使用されているザジテンやニポラジン、セルテクトなどの抗アレルギー剤にも抗ヒスタミン作用はありますが、授乳中に投与しても安全と考えられています。
渡辺眞史先生 05.7.5

2種類の予防接種を同時に打っても大丈夫なのでしょうか?
海外で出産し、現在もこちらで暮らしております。今回、現在2ヶ月11日の赤ちゃんの予防接種の事でお伺いします。
ここでは、出生後2週間でB型肝炎の予防接種をすませ、1ヶ月後にBCGの予防接種をしました。
昨日、2ヶ月検診で病院に行ったら、今日調子がよければポリオと3種混合の予防接種を一度にします。と主治医の先生が言うのです。熱をはかるとその日は微熱 37.5度だったので今日は見送り、また来週に来てください。と言われました。
 日本人の感覚では2つの予防接種を一度にするのは考えられず、大丈夫なのかなと、かなり心配しております。
 またBCGもツベルクリン反応もなにもしないで、いきなりBCG予防接種されました。
大丈夫でしょうか?

**************

回答  たまごママネット医師団
大丈夫です。国によっては、いくつかの予防接種を一緒に実施していますが、特に問題はないはずです。BCGについては日本でも今年の4月からツベルクリン無しでBCGをするようになりました。
予防接種について、日本では少し慎重すぎるように感じられます。 平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.7.4


ヘルプアンギーナと診断され心配です。
1歳の娘をもつママです。
先日急に娘が38.7度の高熱をだし、病院へつれていくと「ヘルプアンギーナ」といわれました。
何のことだかわかりませんでしたが、喉に口内炎があり、熱も2、3日でひくといわれました。
今日で2日目ですが、まだ38.5度から下には下がりません。はあはあと苦しそうで、水分も食事もおやつも果物も食べてくれません。母乳をまだあげているので、多少は飲んでいると思うのですが、栄養不足にならないかと心配です。赤ちゃんは平気なのですか?なんとかして少しでも水分や食事をとってくれる方法はないでしょうか。また、高熱が続いているので、脳炎などにならないかと心配です。座薬はあまり使うとよくないといわれますが、10時間あけて2回使ってしまいました。教えて下さい。

***************

回答  たまごママネット医師団
乳幼児に流行する夏かぜの一種です。喉の奥の粘膜に水泡ができ痛みを伴い、水分をとるのをいやがることがあります。熱は38〜40℃の高い熱が3日前後続きます。
  質問の場合、2日目で38.5℃の熱が続くのは、普通の経過です。このようなとき、ほかのものを飲まなくても母乳だけは飲んでくれるということがよくあります。母乳のおかげで点滴をしないでよくなるまで我慢できます。
  母乳の大切さは健康なときよりも、赤ちゃんが具合悪いときにより強く発揮されます。ほかの水分をとらなくても母乳さえ飲めれば心配せずにこのままみていて大丈夫です。
水分をあげるときには、オレンジジュースなどのすっぱみのあるものはしみていやがります。冷たいお茶、麦茶、みそ汁やかまずに飲めるプリン、アイスクリームなどは口にしてくれることがあります。
 高い熱があるからといって脳に悪い影響を与えることはありません。脳に原因のある熱の場合には別ですが、一般的な風邪の熱で脳の障害が起こることはありません。
  熱冷まし(座薬など)は以前は熱があるとすぐに使うことが多かったのですが、最近は熱も体を守る働きと考えてなるべく使わない方向の考え方です。でも、みていてかわいそうなほどぐったりしている、水分をほとんど取れずおしっこも少ない、機嫌が悪く寝付けないなどの時には熱冷ましを使います。
  反対に高い熱があっても遊べる、何とか水分を取れる、寝ているなどの時にはそのまま様子を見ます。
熱冷ましの間隔は8時間以上離して、多くても1日(24時間で)2回以内にしてください。
熱が4日以上続く、水分をとらずおしっこが少ない、ぐったりしていて元気がないなどの時には受診する必要があります。
渡辺眞史先生 05.7.2

3ヶ月の娘が突然ひきつけたように泣き出すので心配になっています。
寝入り口に驚いた様に息を吸い込み、突然目を開いて前を凝視し、手足を突っ張って数秒後にまさに火がついた様に大泣きします。
抱っこすれば、しばらくして泣き止みますが、落ち着いたところで寝かせると、又同じ事を何度か繰り返します。
しかしそれは毎日ではなく、おきる時は昼すぎから夕方位になりますが、夜は落ち着きます。
音や匂い・光の加減など、普段と比べて変わった事は見当たらない様に思います。
強いて言えば、たくさん泣いた後や寝つきが悪かった時に起こるような気がします。
熱はありません。顔色も特には変わりありませんが、何か問題があって起こるのでしょうか?。

*************

回答 たまごママネット医師団
ちょうど3ヶ月頃にみられる“夕暮れ泣き”“3ヶ月疝痛”と呼ばれる状態です。
  決まった時間に激しく泣いてなかなか泣きやんでくれません。お母さんが夕ご飯の準備に忙しい時間になく子が多く、お母さんを困らせます。どこか痛いのではないか、お腹が張って苦しいのではないか、欲求不満ではないか、神経質な赤ちゃんなど様々いわれますがはっきりとした原因はわかっていません。いつもと違う泣き方をしますからお母さんは心配になりますし、なかなか泣きやんでくれないためにイライラするお母さんもいます。
 3ヶ月の発達の一つの特徴で長く続くものではありません。その時間に手を休めるようにして、ゆっくり赤ちゃんの相手をしてあげてください。だっこして話しかけたり、歌を歌ってあげたり、外に散歩に出かけたりしてみてください。お母さんやお父さんが横になって、お腹の上に赤ちゃんを腹這いに寝かせると泣きやんだということもあります。泣きやませ方は赤ちゃんによって様々です。お母さんがイライラするとなかなか泣きやまなくなります。
  まもなく泣きやむ、これも赤ちゃんの成長の一つと考えてゆったりと赤ちゃんにつきあってあげてください。
渡辺眞史先生 05.6.29

11ヶ月の娘の噛み癖についてお願いします。
10ヶ月を迎える頃から、私の肩や腕をかむようになりました。
歯は上下で10本生えています。歯茎がかゆかったり、意思表示の一つかと思い、あまり気にしなかったのですが、最近になってだれかれ構わず、どこでもかむようになりました。お友達もかむようになってしまいました。(愚図ることや奇声を発することもなく、いつもニコニコしていて、保健師さんなどからは情緒が安定して穏やかな子だといわれてることが多かったです)周囲の子で噛む子もいますが、噛む頻度や力が違います。
今は噛むごとに「痛い、痛いだから駄目よ」といいながら、ほっぺをキュッと抑えていますが、日に日に噛み癖が目立つようになり、どのように対応していいのか・・・
よろしくお願いいたします。
回答 たまごママネット医師団
 日本大学名誉教授の馬場一雄先生は続・子育ての医学(東京医学社、2000年)の中でからだにかみつくことについて解説なさっています。
少し短縮、改変して、転記します。
かみつく時の状況は3つのタイプに分けられます。

 第1はお乳を飲んでいる6〜8か月頃の赤ちゃんが乳首にかみつく場合
 第2は1歳ぐらいの幼児が大人の腕や肩にかみつく場合
 第3は3歳前後の子どもが、突然一緒に遊んでいた仲間の子どものお尻や腕にかみついたり、これを押しとどめようとした大 人の腕にかみついたりする場合です。

 第1の状況は歯が生えることに伴って、歯ぐきに軽い炎症が起こり、痛みやむずがゆさを感じ、何かをかむことでその不快感が和らぐことに気づいた時に起きる現象であると説明されています。しかし、かむという動作が食物をかみ取ったり、かみ切ったりすることに利用される以前の段階で、何でも無差別に口に入れ一応かんでみる試行錯誤の時期を経過し、その試行錯誤の一部と考えることもできます。いずれの場合でも乳首をかんだ時には即座に指を歯ぐきの間に入れ「だめ」とはっきり言って乳房から離し、しばらくしてもう一度お乳を与えてみて、またかむようなら授乳をうち切るのがよいとされています。
かむのは授乳の終わり頃に起こるので、栄養が不足する心配はまずありません。
 第2の状況は、イライラした気持の表現か、かむ行動を楽しんでいるのか、大人の注意を引く行為であるのかはっきり原因を突き止めるのは艱難ですが、どれもが原因となり得そうです。原因にかかわらず、かみつかれた場合には、それが社会に受け入れられない行動であることを教えるため、すぐに子どもを下におろして立ち去るのがよいと言われています。
 第3の状況は何か子どもの気に入らないことがあった場合に起こりがちな、叩く、ける、物を投げるなどと同様に、一種の攻撃行動であると思われます。
かみついた子どもを別室に隔離してしまうか、それができない時には、かみつかれた子どもにおもちゃやお菓子を与えて、できるだけサービスする一方で、かみついた子どもは部屋の片隅に放置して、完全に無視する態度を取るのがよいとされています。
もしこのような処置が成功しなくても、3歳前後の子どものかみつき癖は自我の芽生える時期に見られる一時的な現象で、深刻に悩む必要はないと述べられています。第2、第3の状況で子どもをおろしたり、別室に連れて行く時には、怒ったり、怒鳴ったり、グチグチ叱ったりせず淡々と行動すると効果的です。白川先生 産業医大小児科 05.6.29


カンが強いとはどういうことでしょうか?気に入らないと自分の手を噛みます。
もうすぐ1歳と1か月になる娘がいます。
最近、自我が出てきたのか気に入らないことがあると自分の手を噛むんです。
例えば、リモコンなどをいじって遊んでいる時に、「もうご飯だからナイナイしようね」とリモコンを取ったときや、ご飯中に自分が食べたいものと違うものを私が口へ持っていったときなど…。
カンが強い子なんだわ〜と母親に言われますが、カンが強いとはどういうことでしょうか?
また、カンが強いとどうなってしまうのですか?
将来、すごくワガママな子になったらどうしよう…と不安です。こういうとき、どのように話しかけてあげればよいのでしょうか?これも成長の過程…と思いたいところなんですが、他のお子さんがどうなのかもわからないし、少し心配です。アドバイスいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

*************

回答 たまごママネット医師団
1才から2才になるとだんだんと自我がでてきますので、自分の気に入らないことがあると泣きわめいたり、
物を投げたりすることもあります。それも子どもの発達の一つですので、あわてず見守ってあげましょう。人によっては自分の手を咬んだり、自分の毛をひっぱることもあるでしょう。
 ワガママは一般に悪いイメージで使われている言葉ですが、良い意味で理解しますと、自己主張や自己アピールする能力があり、それが表現できていると考えることもできます。
しかしながら自己主張ばかりでは人(人以外ではペットや植物)とのコミュニケーションに問題がでてきますので、相手に対する思いやりややさしさを、お母さん自身が余裕をもってなだめるように教えてあげ、それができれば、ほめてあげるようにしましょう。
疳の虫は癇疾(疳疾)といい、子どもの体内にいて疳の病(かんしゃく)をおこす虫と昔考えられていた虫のことですが、現在の医学ではこのような虫の存在は証明されていませんし、医学用語ではありません。
2才前後は本当に手のかかる時期であり、子どもの性格や時期によっては、親がイライラする場面もたくさん出てくると思います。一つずつあせらずに子どもと接していくことが大切でしょう。
竹中先生 たけなかキッズクリニック 05.6.24


1歳5ヶ月になる男の子のしつけについて教えてください。
今は海外で子育てをしているんですがこっちの子どもはとてもお行儀がよくてお店で騒いだりしている所を見ません。日本では子どもの泣き声をお店で聞いたりした事もありましたが海外に居る今はここでの「普通」っと言うのが気になって仕方がありません。友達にも興味を持ち始めた今はすぐに友達を叩いてしまいます。きっと一緒に遊びたいのと相手にして欲しい気持ちからなのかと思うんですが。
お友達には「一緒に遊びたいのにうまくまだできなくてね。ごめんね」っと息子の気持ちを代弁して謝ってます。息子には叩いてしまった時にすぐに「ダメだよ」っと叩いた手をペンペンして教えています。息子も悪い事をしているのが分かるのか目を合わせようとしません。でもすぐに最高の笑顔で走り回っています。言ってる事が通じてないのか?私の教え方ではダメなのか?一向に直りません。
まだ言葉を話せないから言葉を理解できるようになったら直るものなのでしょうか?
 海外で生活している今私もお友達ママと仲良く過ごしたいし、息子にも沢山の友達に出会える機会を作ってやりたいのですが「あそこの子は叩くから・・」なんて思われてたりしたら??っと不安になります。

**************

回答  たまごママネット医師団
このころから自分以外の子どもに興味を持つようになりますが、周りに子どもがいても自分だけの遊びをします。まだ一緒に仲良く遊ぶことはできません。中には噛みついたり叩いたりして親を困らせる子もいます。子どもはいじめようとしたり悪気があって叩いたりするわけではありませんが、このようなときにはしてはいけないことをことをしているということを教える必要があります。お母さんが相手の子にしていることはよいことだと思います。自分の子には大きな声を出したり、叩いたりはしないでください。
感情的になってしまうとお母さんの気持ちが子どもに伝わりません。大変難しいことですが、冷静にそして本気でしかってください。子どもの手を取り、目を見て、はっきりした言葉で、なぜそのようなことをしてはいけないのか、お母さんはどんな気持ちなのかを話してください。子どもは言葉の意味がわからなくても、お母さんの様子から気持ちを理解します。お母さんの本気の気持ちは必ず伝わります。すぐには無理でも数回繰り返すうちに叩くことはなくなります。上手に遊べたときにはたっぷりほめてあげることも大切です。お母さんうれしいという気持ちを伝えてあげてください。
お母さんは海外での暮らしで大変なことと思います。お母さんがいらいらしたり、気持ちに余裕がないときに子どもの問題行動がみられることがあります。友達と一緒に遊べるようになるのは2才前ぐらいからです。大勢の友達を作るのはもう少し待ってからでよいでしょう。今はお母さんやお父さんと遊ぶことが大切です。お母さんとの信頼関係がしっかりできると親から離れて自信を持って遊ぶことができるようになります。急がないでゆっくりみていてあげてください。
渡辺眞史先生 05.6.24

黄疸の黄色みが引かないので母乳をやめるべきでしょうか?
生後1ヶ月と19日目になります。昨日受けた検査の結果が出て、結果を見る限り肝炎や貧血ではないので母乳性のものでしょうと言われました。三日間母乳をやめて採血をして、数値がどれだけ下がるか見てみないとはっきりとは言えませんが…と言われたのですが、母乳を三日もやめてしまったらもう止まってしまう気がします。それに、一向に引かない黄疸なので予後の影響が気になります。一応、母乳を続けてきたいので医師に伝えたところ、搾乳をしてくださいと返答されとても戸惑っています。長女の時に搾乳をしたことがないので方法も分かりませんし、手順を間違えて止まってしまわないかと不安で仕方ありません。もし、母乳性でないことが分かったら状態がよくなることはないのでしょうか。一生黄色いままだと可哀想で…女の子なので、成長したときに不妊の原因になったりしないかとも思いました。なぜまだ黄色みが引かないのでしょうか。光線療法を受けていた時よりは肌色が白くなってきたし白目も薄目にはなってきました。でもまだしっかり残っています。このまま黄色みが引かないようなら、やはりミルクに切り替えるべきですか?

*************

回答 たまごママネット医師団
母乳栄養の赤ちゃんでは1ヶ月をすぎても黄疸がみられることがよくあります。母乳の中に含まれる成分が肝臓の黄疸を下げる働きを抑制するために黄疸が長引きます。多くは2ヶ月ぐらいには気にならないぐらいに黄疸はみられなくなりますが、まれに3ヶ月ぐらいまでみられることがあります。
母乳黄疸は体に悪さをすることはなく、黄疸があっても心配する必要はありません。むしろ母乳育児をしている勲章みたいに考えてください。教科書には母乳育児の診断のために3日間母乳をやめて黄疸の低下を観察することがかかれているものがあります。これは母乳育児の大切さやもし母乳を休んだときの母親の大変さを理解せずにただ診断のためにという方法です。
  質問の黄疸はビリルビン値が14.5mg/dlと高い値ではなく、治療の対象になりません。もし20mg/dl以上であれば母乳黄疸以外の黄疸の可能性を考え、詳しい検査や治療が必要になります。また黄疸が長引き、白い便がみられる時には肝炎や胆道閉鎖などの疾患が疑われますが、血液の検査で異常がなければ、このような病気も考えられません。
  2ヶ月をすぎても明らかな黄疸がみられる場合には血液の検査をもういちどおこなう必要があります。今みられている黄疸は母乳黄疸と考えられ、母乳を休む必要はなく、病気の心配をする必要もありません。だんだん黄疸は薄くなりまもなく消えていきますからたっぷり母乳を与えてください。 
渡辺眞史先生 05.6.22

渡辺 真史先生 
岡村 博行先生 岡村産婦人科医院 大阪府堺市槙塚台1丁-11-3
竹中 義人先生 大阪労災病院 小児科 大阪府堺市長曾根町1179-3
衣笠 万里 先生 尼崎医療生協病院  兵庫県尼崎市南武庫之荘11-12-1
池川 明先生 池川クリニック 横浜市金沢区大道2-5-13
石井 廣重先生 石井第一産科婦人科クリニック 静岡県浜北市小松4498-5

北島 博之先生 大阪府立母子保健総合医療センター 大阪府和泉市室堂町840
平林 円先生 大阪市立十三市民病院 大阪市淀川区野中北2丁目12番27号
大牟田智子先生 春日助産院 福岡県春日市昇町6-102
白川嘉継先生  産業医科大学 小児科 北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1
廣瀬先生 穂(みのり)助産院 長野県須坂市大字小山(高梨町)2515-10