育児相談室

メイアクトMS小児用細粒を処方されましたが母乳を中止した方がいいのでしょうか。
中耳炎から内耳炎になりました。鼓膜を切開し中にたまっていた水のようなものを抜いてもらいました。そのときにメイアクトMS小児用細粒を処方されました。いま2ヵ月半の子に母乳をあげていますが、薬を飲んでいる間は、母乳をあげないほうがいいでしょうか?せっかく母乳で育てようとしていたところなので、がっかりきています。

***********

回答  たまごママネット医師団
メイアクトのようなセファム系の抗生剤は、母乳への移行 量が少ないので、心配しなくてもよいと考えられています。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.11.27


「ロキソニン」「ダーゼン」「バナン」を授乳中でも大丈夫ということで処方されましたがネットで調べたら避けるとあり不安です。
現在2ヶ月になる子どもを母乳で育てています。
産後間もなく、私が39度の熱を出し、救急外来で内科を受診しました。
その際、「ロキソニン」「ダーゼン」「バナン」を処方されましたので、授乳を一旦中止しそれらの薬を服用しました。
次の日、改めて産婦人科へ行ったところ、乳腺炎と診断され母乳マッサージで膿を搾り出す処置を受けました。乳腺炎になったのは母乳がうまく与えられていなかったのが原因とのことで母乳指導を受け、どんどん母乳を与えるようにと指導されました。
その際、まだ熱が高かったので、「先日内科で処方された薬をのみながら授乳を続けても良いか」と薬品名を挙げて質問したところ「大丈夫」と言われ、上記の薬を服用しながら授乳を続けました(薬の服用期間は3日間・子どもが母乳をうまく飲んでくれなかったためミルクと混合)。
しかしそれから2ヶ月近く経つ今になって、バナンとロキソニンは、「授乳中の服用は避けるべき」とネットや書物に書かれているのを見てとても心配になってしまいました。
子どもは見たところ元気ですが、大丈夫でしょうか?授乳したことによって将来何か悪い影響は無いのでしょうか?

**************

回答  たまごママネット医師団
日本の薬の使用書には多くの薬に投薬中は母乳をやめるように記載されています。このため多くの医師や薬剤師は薬を投与するときに母乳をやめるように指導します。
ラットなどの動物実験で母乳中に薬の成分が移行する、ヒトの母乳中から薬の成分が検出されるなど、の理由で授乳禁止になっており、赤ちゃんにどのような影響が出るのか(出たか)は検討されていません。何かあるといけないから念のためやめておきましょうという考え方です。
  母乳を一時的にやめ、ミルクを与えることによりミルクアレルギーを引き起こすこともありミルクにしたから安全というわけではありません。また赤ちゃんはおっぱいをもらうことができないために機嫌が悪くなり、具合の悪いお母さんを困らせるようになります。
それに対し、WHO/ユニセフやアメリカ小児科学会では母乳育児の重要性を考え、多くの臨床報告をもとに服薬中における母乳投与の安全性を検討しています。
  赤ちゃんにとって母乳はとても大切なものですから、お母さんが病気になっても可能な限り母乳を続ける必要があります。
そこで日本の基準ではなく、母乳育児を大切にしている基準をもとに薬の安全性を考えます。
この基準ではバナン、ロキソニンとも短期間・通常量では母乳を続けて良い薬です。
産科の先生は母乳の重要性を理解していて、大丈夫といってくれたと思います。もし何か影響があるとすれば腸内細菌層を乱して一時的に便が軟らかくなる可能性が考えられますが、後に影響するものではありません。
心配しないで母乳育児を続けてください。 
渡辺眞史先生 05.11.26

5ヶ月の娘の下痢について質問です。
2週間以上も下痢便が続いています。色は黄色〜緑色で、時々白いツブツブが混じります。授乳直後か、授乳中に排便し、1日に6・7回出ます。小児科へは2度行き、ガランターゼ散を処方されました。お薬を飲んで8日になりますが、一向に良くなりません。以前は1日に1回、山吹色の便をしていました。母乳のみで育てており、良く飲み、機嫌もよく、普段と変わりありません。便は問題無いと言われ、一安心なのですが、あまりに長く続くので、乳糖を分解できない体質なのでは?お薬を続けて良いのか?母乳に問題があるのでは?と心配になっています。また、これほど長く続く下痢症状はよくあることなのでしょうか?何か対処がありましたらどうぞ教えていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

**************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんの便は回数が多いから下痢、数日便が出ないから便秘というわけではありません。赤ちゃんの腸の働きには、胃の中に母乳が入ると直腸にたまっている便を出そうという働きと便をためようとする働きがあります。
  便を出そうという働きが強いときには1日に何回も便が出るようになります。
便をためようという働きが強いときには3〜5日に1回の便になります。この2つの働きが時々入れ替わって表に出てきます。このため便秘かなと思っていたら、下痢のように何回も便が出たりします。
  機嫌が良く、飲みがよく、よく寝てくれるなど普段と変わりなければ便の回数が多いからと言って下痢とはいえません。病的なものではありませんから、乳糖分解の機能や母乳に問題があったりすることはありません。
今服用しているガランターゼ散は消化を助ける薬で便を固くする薬ではありませんから、赤ちゃんに続けて投与しても問題になることはありません。
軟らかい便が続いていても体重は増えていくようであれば心配いりません。
離乳食が始まると便が変わることがあります。小児科で体重の増え方に注意しながら経過を見てもらってください。
渡辺眞史先生 05.11.22  

出産後3ヶ月になる前に渡米し、1歳二ヶ月で日本に帰国しました。帰国後のワクチンの接種について教えてください。
日本ではまったく接種せずに渡米し、現地の小児科で1歳二ヶ月までに受けるべきワクチンをすべて接種したのですが、日本とアメリカではワクチンの回数が違ったりするので今後日本で残りの分を受けるべきかどうか教えてください。接種したワクチンは以下のものです。*印についてお願いします。
Hep B(B型肝炎)    3回中3回終了
DTaP  (三種混合)   5回中3回終了*
Hib (インフルエンサ゛typeB) 4回中4回終了
Polio (ポリオ)    4回中3回終了*
PCV (肺炎球菌)   4回中4回終了
MMR (麻疹・おたふく・風疹)1回  *
Var (水疱瘡)       1回  *
BCGは受けていないのですが、1歳を過ぎてからでも接種したほうがいいのですか?どうぞよろしくお願いいたします。

*************

回答 たまごママネット医師団
予防接種について日本の現状はアメリカに比べて遅れていますのでご了承ください。
 DPTについては日本では1期の追加が必要です。
 Polioは日本ではまだ生ワクチンを使っているので
アメリカの不活化ワクチンを継続することができませんが3回終わっているのでもうしなくてもよいと思います。
 MMR、Varについて2回目の接種は将来必要となる可能性 が高いですが日本では来年4月からようやくMR(麻疹・風疹)2混ワ クチンの2回接種が始まるところなのではっきりとお答えできません。
 BCGについては、2歳未満に多い結核性髄膜炎と粟粒(ぞくりゅう)結核の防止以外にはっきりとした効果が認められないことから、これからの接種は勧められません。 平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.11.22

日前にポリオの予防接種をしましたが双子を入浴中にうんちをしましたが感染しませんか?
生後5ヶ月半の双子の父親です。2日まえにポリオの予防接種をして、うんちには十分気をつけるようにといわれました。ところが、今日子どもをお風呂に入れていたところ湯船の中で思いっきりうんちをしてしまいました。風呂釜はうんちまみれになってしまい慌ててシャワー&石鹸で子どもを洗いましたが、ポリオに感染していないか心配です。
手を口には入れていないはずなのですが・・・。病院に連れて行ったほうがよいのでしょうか?
菌はどのくらいの生命力があるのでしょうか?ぜひ教えてください。

*************

回答  たまごママネット医師団
ポリオワクチンによるポリオの発症は非常に希なので、普通は今回のようなことがおこっても心配ありません。
特に予防接種をうけた子ども自身は既に一度ワクチン株のウイルスを服 用しているので、もう一度同じウイルスが身体にはいったところで何も心配することはあ りません。
ワクチン株によるポリオの発症は、平成12年5月にポリオワクチ ンの投与を受けた子どもの父親がポリオ様の麻痺になったと報じられた例がありますが、 その後の報告はないので非常に希な出来事だと考えられます。健康状態に変化がなければ心配あ りません。 平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.11.21

息子(4ヶ月と3週間)の時差ぼけについて質問します。
1週間前に日本から戻ってきた(滞在記間2週間)のですが、息子(4ヶ月と3週間)の時差ぼけについてメールしています。
日本では時差ぼけも無く、飛行機でもぐずる事さえなかったのに、こちら(ニューヨーク)に戻ってきた途端にひどい時差ぼけになってしまいました。夜は眠らないのはもちろん、ねむりが浅いのか朝方寝たとしても1時間ごとに唸って起きてしまいます。朝日を浴びさせたり、昼間なるべく寝かせないようにしているのですが良くなりません。すでに1週間経っているので正常な生活に戻ってくれるのか心配です。以前は夜10時就寝、夜中1回オッパイ、朝7時起床、でした。
日本とニューヨークの時差はー14時間です。
家族全員めちゃくちゃな生活になってしまってどんどん深みにはまってます。
なにか良いアドバイスがありましたらと思いメールさせていただきました。

**************

回答  たまごママネット医師団
 時差ぼけは体内時計と、実際の時間とがずれることにより生じます。
地球を西向きに移動するときには軽く、東向きに移動するときには重くなります。太陽を追いかけて西に進むと夜になるまでの時間が長く、長くおきていることになります。逆に太陽に向かって進むと早く夜になってしまい、早く寝なければなりません。
もともと人間の体内時計は25時間で、太陽の光を浴びることによって24時間に修正されますので、早く寝ることよりも、長くおきていることの方が得意です。徹夜明けは眠りやすく、夜勤のため早く寝ることは不得手なはずです。
  体内時計は25時間ですので、毎日1日に1時間の時差を修正しています。1日で修正できる時差は1〜2時間程度と考えられているので、14時間の時差は修正に7日から14日かかることになります。
 朝の光を浴びて、夜は真っ暗にしておくと回復しやすく、豆電球や、目覚まし時計の蛍光でも眠れなくなる人がいます。内服治療も行われ、ビタミンB12を内服することで睡眠リズムが調整されることがあります。
  投与量は成人量の10分の1で効果があります。多量に投与しても尿中に排泄されるので心配ありません。アメリカでは市販されている睡眠ホルモンのメラトニンの内服も効果的です。投与量に個人差がありますので、少量から始めるべきで、0.1mgを眠らせたい30分前に1回内服させてみるのも1つの方法です。
 注意していただきたいことの1つに、乳児を長時間気圧の低い航空機で移動させると、地上にいたときに体内にあった空気が膨張します。肺の空気は膨張しても口と鼻から抜けますが、腸管のガスは拡張しても抜ける場所が無く過膨張し、ソケイヘルニア、横隔膜ヘルニア等の疾患に見られようにおなかの中の腸管が他の場所へ飛び出し、痛がったり、苦しがったりする可能性があります。苦しそうな時やいつまでも不機嫌な時は早急に小児科を受診しましょう。 
白川先生  産業医大小児科 05.11.19

ここ10日間 一日に7・8回の下痢便が続いていて長引くと調が弱くなるのでしょうか。
5ヶ月の娘の便についてお尋ねします。ここ10日間 一日に7・8回の下痢便が続いています。1週間目で病院へ行き、ガランターゼ散の薬をもらって、授乳中に飲ませていますが、一向に良くなりません。
便の色は、黄色〜緑色の間で、血が少し混じることがたまにあります。母乳のみで育てています。果汁やお茶などはあげたことがありません。イオン水など嫌がって泣きます。母乳は少しだけ控えめにあげるようにしています。またこの機会に久しぶりに使った哺乳瓶からはお乳もなかなか飲んでくれません。便の度にシャワーでお尻を洗っています。
機嫌は良く、母乳も良く飲み、顔色も普段と変わりません。今までは一日一回の便でした。体重も標準です。「様子を見てみましょう」と小児科の先生に言われましたが、長引く下痢で腸が弱くなってしまうことを心配しています。
*************

回答 たまごママネット医師団
赤ちゃんの便は回数が多いから下痢、数日便が出ないから便秘といえない場合があります。母乳の赤ちゃんの場合には何ともないのに便の回数だけが多いということがよくあります。赤ちゃんの機嫌、飲み具合、顔色、吐き気などに注意してください。もし何も普段と変わらないのに便の回数だけが多い場合には必ずしも下痢とはいえません。病的な下痢の多くはウィルス感染に伴うもので、熱や吐き気、不機嫌などの全身症状を伴い
ます。質問の様子からはこのような感染性の下痢ではなさそうで、小児科の先生から言われた「様子を見てみましょう」ということで良さそうです。しばらくこのような状態が続くことがありますが、このために腸が弱くなることはありません。
イオン水を与えることはよいとはいえません。下痢の時でも一番安全なのは母乳です。
もし本当の下痢のときでも、母乳が飲めるときは安心です。他のものをいやがっても母乳だけは飲んでくれることが多く、哺乳瓶など使わずに直接のませてください。
6ヶ月に入り離乳食を始める頃になっても便の回数が多いとしても、離乳食を始めると便が落ち着くことがあります。もしそのような場合でも心配しないで始めてください。
便の回数が多いとき、刺激でおしりが赤くなりやすくなります。シャワーでおしりを洗うことは大変良いことです。その後ドライヤーでさっと乾かしておむつをするとほとんどの赤みは治ってくれます。
渡辺眞史先生 05.11.17

抗ウイルス剤のアシクロビルの内服ゼリー と塗り薬アラーゼ軟膏は母乳に影響しますか。
現在4ヶ月になる子どもがいます。混合で母乳とミルクで育てています。先日、右胸の上の辺りと背中の脇に近いところ二箇所に湿疹ができ痛痒い症状でもしや?と思い皮膚科を受診したところ帯状疱疹と診断されました。授乳中で薬の服用を迷ったのですが、ちゃんと治さないとあとあと神経痛という後遺症が残る可能性もあるといわれ迷ったあげく五日間、抗ウイルス剤のアシクロビルの内服ゼリー800?という薬を一日五回飲み、あと塗り薬アラーゼ軟膏を処方されました。薬を飲み終わってからまた授乳再開したいのですが飲みきってからどれくらい日をあければまた母乳を子どもに飲ませられるのでしょうか?まだ完全には完治してなく湿疹もだいぶかさぶたになってきている状態です。よろしくお願いいたします。

*************

回答  たまごママネット医師団
日本の薬の使用書には多くの薬に投薬中は母乳をやめるように記載されています。このため多くの医師や薬剤師は薬を投与するときに母乳をやめるように指導します。
ラットなどの動物実験で母乳中に薬の成分が移行する、ヒトの母乳中から薬の成分が検出されるなど、の理由で授乳禁止になっており、赤ちゃんにどのような影響が出るのか(出たか)は検討されていません。
 それに対し、WHO/ユニセフやアメリカ小児科学会では母乳育児の重要性を考え、多くの臨床報告をもとに服薬中における母乳投与の安全性を検討しています。
赤ちゃんにとって母乳はとても大切なものですから、お母さんが病気になっても可能な限り母乳を続ける必要があります。そこで日本の基準ではなく、母乳育児を大切にしている基準をもとに薬の安全性を考えます。
 アシクロビルは新生児ヘルペスの治療に使用する薬であり、新生児に使用しても特別な副作用は報告されてなく、また母乳中に移行する薬の量は母親投与量の1%程度と考えられています。このため授乳可能な薬に分類されています。
 アラーゼ軟膏は抗ウィルス薬の軟膏ですが、皮膚からの吸収は少なく問題になることはありません。
赤ちゃんは早くお母さんのおっぱいを欲しがっていることと思います。長く授乳をやめていると母乳も出にくくなってしまいます。今日からすぐに母乳を与えても大丈夫だと思います。  
渡辺眞史先生 05.11.14

カルナクリン、ユベラニコチネート、チモレート、トルソプトの母乳への影響について教えて下さい。
先日緑内障と診断されました。
ただいま、10ヶ月の子どもの授乳中なのですが薬の影響が心配です。離乳食3回、完全母乳です。
主治医には大丈夫と言われましたが、処方箋をお願いした所では授乳をやめたほうがよいと言われました。
キサラタンにつきましてはこちらの掲示板で拝見させていただきました。
カルナクリン、ユベラニコチネート、チモレート、トルソプトについてよろしくお願い致します。

**************

回答 たまごママネット医師団
問題のない薬でも心配だから母乳をやめるように言われることが多い中、主治医の先生は母乳育児に大変理解のある先生だと思います。
カルナクリンに関しては授乳に関する記載がなく、授乳中止とは指示されていません。
ユベラニコチネートはビタミンE製剤で通常の投与では問題ありません。チモレート、トルソプトは点眼薬で過剰点眼しなければ影響はないと考えられます。
  今10ヶ月ですから栄養のすべてを母乳から摂るわけではなく、離乳食がメインになっていると思います。
薬を使用してもそれだけ母乳から赤ちゃんへの影響は少ないと考えられます。
緑内障はしっかりとした治療が必要な疾患です。主治医の先生によく相談をして母乳育児を続けられるようにしてください。
渡辺眞史先生 05.11.9

バルトレックス、ロキソニン、ムコスタ、メチコバールの母乳への影響について教えてください。
現在9ヶ月の娘がいます。母乳、ミルクの混合栄養です。夜中は何度も起きて母乳を与えています(本気で飲んでる感じではありませんが)今日、母の私が帯状疱疹にかかっていることが判明しました。処方された薬はバルトレックス500mg2錠、ロキソニン60mg1錠、ムコスタ100mg1錠、メチコバール500ug1錠を一日3回食後に飲むように言われました。ぬり薬はアラセナーA軟膏を1日2回塗るようにとのことです。母乳に影響はないでしょうか?教えてください。

**************

回答  たまごママネット医師団
抗ウイルス剤のバルトレックスは大丈夫です。消炎鎮痛剤 のロキソニンは乳汁への移行が多いので頓服なら問題ありませんが連用 するようなら、アセトアミノフェンやイブプロフェンといった赤ちゃん への影響の少ない消炎鎮痛剤に変更してもらったほうがよいでしょう。
ムコスタは資料が少ないですが、通常投与量であれば大丈夫と考えられ ます。メチコバールはビタミンB12ですが赤ちゃんへの悪影響は ありません。ということで、ロキソニンだけは注意が必要であとは大丈 夫ということになります。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.11.09

5ヶ月半になる赤ちゃんが2ヶ月前から右のおっぱいを嫌がるようになりました。
こんにちは。いつも親切なご回答ありがとうございます。今回の質問ですが、5ヶ月半になる赤ちゃんが2ヶ月前から右のおっぱいを嫌がるようになりました。3ヶ月ぐらいまでは全く問題なかったのですが、私も働き始めかなり疲れていたので、搾取せずに張ったおっぱいを赤ちゃんに飲ませたところ、かなり勢いよく母乳が出てしまいそれから赤ちゃんが怖がったのか、右のおっぱいを嫌がるようになりました。3週間前は搾取すればなんとか飲んでくれてましたが、今は搾取しても体をねじらせたり、おっぱいをくわえても指を入れたりして、完全拒否をする状態になっています。仕方ないので右のおっぱいは搾取してますが、いつも飲んでいる左の母乳に比べ色が黄色がかっています。が仕方がないので今は左しかあげていません。
 今は飲む量も増えているので左のおっぱいでは追いつかないこともあります。どちらかといえば右のほうが母乳の出が多いので、飲んでくれれば助かるのですが。どうすればよろしいでしょうか?

**************

回答  たまごママネット医師団
少々難しいので的確なお答えになっているか不安がありますが・・・。
 片方のおっぱいしか飲まなくなってしまう子に、私達も時々出会います。
片乳になってしまうきっかけは様々で、片方のおっぱいだけで授乳する期間が長くなるほど、元に戻りにくくなるようです。 多くは乳頭の形や軟らかさの違いや授乳時の不適切なポジショニング、おっぱいの出方や味の違いなどです。 
せっかくよく出るおっぱいのようです。一度、おっぱいをきちんと診れる助産婦や助産院に相談されてはいかがでしょう。 
  このまま片乳を続けられると、次のお子さんの授乳にも影響を及ぼすことがあります。どうしてもお一人で頑張らなくてはならないのでしたら、今されているように、飲まないほうのおっぱいを搾り続けることがベターかと思います。
 右のおっぱいを与えようとするときに、一生懸命になりすぎると、赤ちゃんは押し付けられるようで余計に抵抗し、おっぱいを嫌がってしまいます。
  お母さんがゆったりとして赤ちゃんに接し、赤ちゃんの機嫌の良いときに右の乳頭と乳輪までしっかりほぐしてからあげてみられると良いかもしれません。
 子育てとお仕事で、毎日お忙しいのでしょうね。あまり完璧を求めず、肩の力を抜いてみて下さいね。
若松寿美恵助産師 05.10.28


ポリオとインフルエンザの予防接種についてお伺いします。
息子は10月28日で満1歳になります。
来月11月4日に集団でポリオの予防接種があります(今回が初めての接種となります)が、時期的にインフルエンザが心配なのでそちらの予防接種も受けようかと小児科に問い合わせてみたところ、インフルエンザは12月までに2回接種しなければ意味がないので、ポリオは来春にしてインフルエンザの予防接種を受けてくださいと言われました。
ポリオは1歳半までに2回の接種を済ませるのが望ましい、と何を見ても書いてあるのですが、ポリオを接種するとなるとインフルエンザが受けられず、どうすればいいのか迷っています。
インフルエンザ予防接種の1回目を受けた1週間後にポリオを受けて(今ならぎりぎり間に合うので)、その4週間後にインフルエンザ予防接種の2回目を受けることは可能でしょうか。
それとも、ポリオはあまり急がず来春にしても構わないのでしょうか。
もしも、のことを考えるとポリオを後回しにするのも怖くて、質問させていただきました。どうぞよろしくお願いします。

***************

回答  たまごママネット医師団
冬が近くなるとインフルエンザワクチンを受けたらよいかという質問が多くなります。
小児ではインフルエンザワクチンは受けたからといってインフルエンザにかからないとはいえません。しかしある程度の予防効果や、脳炎など重症な合併症が少なくなるなどの効果があるといわれています。ワクチンを受けるには流行の前に終わらす必要がありますから、12月中頃までに2回受けることになります。ワクチンは1〜4週間の間隔で2回接種します。ポリオは大切なワクチンですが、今日本で流行している病気ではありませんから、もしインフルエンザを優先する場合には次の機会まで待つことになります。ポリオの接種時期は3ヶ月から90ヶ月ですが、標準接種時期として3ヶ月から18ヶ月が勧められています。様々な事情で18ヶ月までに受けられない場合にはその後に受けても問題はありません。そのためにかかりつけの先生は来春のポリオを勧められたのだと思います。ワクチンに関しては様々な考え方があり、医師によって言うことが違うことがあります。一番良いことはかかりつけの先生によく話を聞いて納得して受けることです。お母さんが心配なことを先生に話し、よく説明を受けてください。 
渡辺眞史先生 05.10.27

接種した本人が腸内で増殖したポリオ菌を口にしてしまった場合の影響がきになります。
先日ポリオの予防接種を受けました。接種後5分程で指しゃぶりをしてしまったので、30分後に殺菌作用のあるウェットティッシュで手を拭き水で洗い流したのですが、ウエットティッシュに噛り付いてしまい殺菌作用のある薬剤を少量口にしてしまいました。二時間後に接種後初めて口にした母乳は、ゲップした際に大さじ一杯分程戻してしまいました。薬剤の体への影響と、殺菌作用・嘔吐により接種の効果が薄れていないか心配です。また、その後におもちゃなどを触ったりくわえたりしたので一応洗濯はしましたが、未接種の子供への貸与は避けるべきでしょうか?便にポリオ菌が排泄されている期間はベビーバス等の共用も避けたほうがよいでしょうか?ポリオ菌は、高温・天日乾し・乾燥等で死滅するものなのでしょうか?周囲にどの程度配慮をすればよいか、接種した本人が何らかの形で腸内で増殖したポリオ菌を口にしてしまった場合の影響など、保健所からの連絡では具体的な事がわかりづらく気がかりです。それ程気にする必要もないということなのでしょうか?勉強不足の上、神経質過ぎるのかもしれませんが、ご教示よろしくお願いいたします。

************

回答  たまごママネット医師団
「薬剤の体への影響と、殺菌作用・嘔吐により接種の効果 が薄れていないか心配」はありません。
お子様や周囲への特別な配慮も不要です。ワクチン接種前の普段通りの 生活を続けて、支障はありません。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.10.27


虫歯の治療で処方されたジスロマックの母乳への影響について教えてください。
今月1歳になります。今日は私の歯の治療についてお聞きします。
妊娠中から悪かった歯の治療にやっといけるようになったのですが、歯周病の検査で菌が要るので殺した方がいいといわれました。
薬はジスロマックという抗生物質で、3日間眠前に2錠のむのですが。
現在、母乳をまだ飲ませており、薬を飲むのはどうか、とおもっています。よろしくお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
ジスロマックは母乳中に移行し蓄積効果があるといわれています。
できればより安全な薬に変えてもらうことが望ましい薬です。しかし、栄養が母乳だけの場合には注意が必要になりますが、1才であれば食事の中心は母乳より離乳食になっていると思われ、その分影響も少なくなります。離乳食をしっかり与え、果物や果汁で水分を補充し、その上で母乳を欲しがるときには与えるというような対応で母乳を続けてください。もし薬
を変えてもらえるときには、セフェム系やペニシリン系の薬であればより安全に母乳を続けることができます。
渡辺眞史先生 05.10.25

レントゲン撮影と母乳についての質問です。
先日、私は腸 炎と診断されその診察の際に胸部から腸の辺りかけてレントゲン写真を 撮りました。現在、生後2週間の子どもに授乳中ですが、レント ゲン撮影をした日(10月16日)とその次の日(17 日)は念のため母乳を与えませんでした。18日から母乳を与えた いと思っているのですが、大丈夫でしょうか?

************

回答 たまごママネット医師団
単純レントゲン撮影は部位によらず、母乳育児には支障あり ません。
造影剤を使ったレントゲン検査では、検査後24時間は授乳中止と 言われることが多いですが、母乳中への移行量から考えると普通に授乳を続けても大丈夫だと考えられます。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.10.21

ブスコパンとビオフェルミンRの母乳への影響について質問します。
私は9月29日に出産しました。10月15日から16日にかけて激しい腹痛があり16日、腸炎と診断され、ブスコパンという痛み止めの薬とビオフェルミンRという整腸剤を処方されました。
16日にブスコパンを一錠、ビオフェルミンRを一包ずつ飲みました。17日は念のため母乳を与えませんでした。18日からは母乳を与えたいと思っていますが、大丈夫でしょうか?

************

回答  たまごママネット医師団
ブスコパンは母乳中に薬の成分が移行しますが赤ちゃんに影響があったという報告はなく通常の使用であれば服用可能と考えられます。 腹痛に対し頓服で1錠飲んだとしても母乳を続けて大丈夫です。
  ビオフェルミンRはビフィズス菌製剤で腸の細菌叢を整える薬で、母乳中への移行はありません。
この2つの薬を飲んでも母乳を続けることは可能です。 
渡辺眞史先生 05.10.19

関節リウマチの治療、レドニゾロン、リマチル、アザルフィジンの母乳への影響について教えてください。
6年前から関節リウマチで治療を受けており、プレドニゾロン、リマチル、アザルフィジン等服用中に妊娠、妊娠3週から生後10ヶ月まで、妊娠・授乳中も安全といわれているプレドニゾロン10mgのみを服用してきました。子は現在健康です。ところがリウマチの悪化によりプレドニゾロンに加えてアザルフィジン250mgも服用せざるを得ない状況になりました。主治医からは授乳を止めるよう言われ、一時断乳を試みましたが、子どもがおっぱいほしさに泣き叫ぶのが可哀想になり、服用開始後も授乳を続けてしまいました。服用開始1週間目から子どもは下痢が2週間続きました。下痢は風邪のせいか母乳のせいか判断がついていません。子どもが自然に卒業するまで母乳を与え続けたいと希望しているのですが、授乳中にアザルフィジンを服用しても大丈夫かどうか教えて下さい。

****************

回答  たまごママネット医師団
ご質問のアザルフィジンは薬剤名サラゾスルファピリジン といいます。
添付文書の記載では、授乳婦:授乳中の婦人には投与しないことが望ま しいが,やむを得ず投与する場合は授乳を中止させること。[母乳中に移行する ことが報告されている。]とあります。手近な資料では以下のようでした。
1.アメリカ小児学会の指針(2001)では 1例で血便の報告 があり、注意を要する。
2.Drugs in pregnancy and lactation(6th ed.)では乳児で血便が認められた報告が1例のみ認められる。
3.薬剤の母乳への移行(第3版)では母乳中には本剤はほとんど移行しないが、2/12例で少量移行した。
  この量は無視してよいと思われる量であり、正常の健常児には危険 性はないと思われる。
すでに生後10ヵ月で離乳食も食べておられることと想像されま す。副作用の可能性のある症例の報告が1例のみであること、薬剤は母 乳中への移行するものの、その量が少ないので、母乳育児を続けても大丈夫だと考えられます。
平林先生 大阪市立十三士民病院 05.10.17

歯科治療で薬を処方されましたが医師から母乳をやめるよういわれました。
2ヶ月の乳児の母親です。ほぼ、完全母乳で育てています。虫歯で歯が痛み出したので、歯科治療にいきました。
しばらく放置していたので、とにかく痛くて薬も処方されました。
先生いわく、母乳に移行しないと言われているが何かあったら困るので母乳はお休みして下さいといわれました。
子どもが、粉ミルクをあまり受け付けないのでどうすればよいのかわかりません。
同じような質問がいくつかありましたがお薬が違っていたため質問させていただきました。
セクロダンカプセル、塩化リゾチーム、痛み止めのアデフロニックです。
やはり、母乳をあげる為には飲まないほうが良いのでしょうか?よろしくお願いします。

*************

回答  たまごママネット医師団
日本では少しでも母乳中に薬が移行すると赤ちゃんに影響が出るかもしれないというだけで母乳をやめるように薬の使用書に記載されています。このため多くの場合薬が処方されるときに母乳をやめるように指導されてしまいます。
 母乳育児の大切さに理解の深いアメリカ小児科学会やWHO/ユニセフでは多くの臨床データから薬の安全性を確認し、投与可能かの判断をしています。セクロダンカプセルはごく少量の移行を認めるだけで投与可能な薬になっています。
 塩化リゾチーム、アデフロニックも投与可能です。今回処方された薬はすべて服用しながら授乳可能と考えられます。
“何かあったら困る”で母乳をやめるように指導されることが多いのですが、ミルクを与えることの大変さ、ミルクアレルギーなどを考えてくれる医療者が少ないのが現実です。
歯の痛みに耐えることは並大抵のことではありません。お母さんは薬を飲み、楽になって赤ちゃんに笑顔で接してあげてください。 
渡辺眞史先生 05.10.13

赤ちゃんの体重増加が少なく4ヶ月健診でミルクを勧められました。
先日4ヶ月検診がありました。そこで体重の増加について指摘されました。
出生時の体重は、3226グラム、1ヶ月検診時は、4160グラム、4ヶ月検診時は、6125グラムです。
母乳で、8回/1日、便は1回/1日(1回/2日のこともあります)尿は8−10回です
身長、頭囲は成長曲線の真ん中か上側です。機嫌等はよく日ごろ特には問題なさそうです
以下のことについて教えてください
*上記の体重増加は少ないでしょうか?
*体重の増加が良くないと、病気または今後の発育に問題になることが 起こるのでしょうか?(←何か問題がある場合は小児科を受診します)
*検診時には、母乳量が少なければミルクを、とミルクを進められましたが、母乳の量が少ないとは何を基準に判断すればいいでしょうか?

************

回答  たまごママネット医師団
体重の増え方、哺乳の回数、尿の回数とも全く心配ありません。
  よく母乳を飲んで順調な発育をしていると考えられます。
健診などで少し体重の増えが少ないとすぐにミルクを勧められることがあります。
体重が増え、まるまるとした赤ちゃんが健康という昔の考えが残っています。
決してミルクを与えて太らすことが赤ちゃんにとって良いことではありません。
母乳の場合でも、十分飲んでいるのにあまり体重の増えない赤ちゃんや、びっくりするぐらい増える赤ちゃんまで様々です。赤ちゃんの体重は両親の体格など様々な要因によって左右されます。その子にあった体重の増え方を考えることが大切です。
  体重の増えが多い・少ないとしても機嫌良く遊べ、よく眠れ、おしっこやうんちがしっかりでるようであれば、その子に一番よい発育をしていると考えられ、母乳も十分に足りていると考えられます。

  3ヶ月ぐらいになると、赤ちゃんの飲む量と作られる母乳の量のバランスが取られてきます。おおざっぱですが前の日飲んでくれた母乳の量を今日作ると考えてください。母乳を普通に飲ませていれば母乳がでなくなったり、少なくなったりすることはありません。
  ミルクを足してしまうとその分だけ母乳の量が少なくなり、だんだんミルクが増えてしまうことになります。 質問の内容からは体重増加に心配はなく、母乳は十分に飲んでいると考えられますので自信を持って母乳育児を続けてください。 
渡辺眞史先生 05.10.8

授乳中の市販のセデスハイ(ピリン系)の母乳哺育への影響について教えてください。
3人の子どもの母です。末っ子は11ヶ月です。
私は普段から頭痛持ちで、よく市販のセデスハイ(ピリン系)を服用しています。
出産時、入院中に看護婦さんに頭痛を訴えたときにもらった薬もこれでしたので、授乳していても大丈夫なのかな、と思って使用していました。5日ほど前から、長女が水疱瘡にかかりました。
なので、下の子も潜伏期間の可能性があります。
水疱瘡の治療には、解熱剤のピリンの使用はダメだと聞いたのですが、授乳中である私も、セデスハイの服用はやめたほうがよいでしょうか。よろしくお願い致します。

***********

回答  たまごママネット医師団
ほとんどの解熱鎮痛剤は、母乳への移行量が少ないので問 題のないことが多いです。
子どもがインフルエンザや水痘に罹患しているときなどでも安心して服 用できるのは、アセトアミノフェン(カロナール)やイブプロフェンの製剤 です。
服用中のセデスハイの主成分はイソプロピルアンチピリンでふだんは授乳には支障ないですが、子どもに水痘が発症しているとき(潜伏期はOK)は、他の解熱鎮痛剤にかえたほうがよいと思います。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.10.7

授乳中の薬(デパス)について教えてください
妊娠前から軽いパニック障害でデパスを頓服で飲んでいました。妊娠中は全く薬に頼ることなくすごすことができましたが現在産後4ヶ月で10日に1度ほど頓服で残っていた薬を飲むことがあります。
その場合12時間くらいあけてその間2回ほど搾乳してから母乳を与えています。
デパスは時間をあけても母乳に影響がある薬でしょうか?
それとも頓服で飲んでいたとしても母乳育児をやめたほうがいいでしょうか?よろしくお願いします

**************

回答  たまごママネット医師団
母乳育児中のデパスなど抗不安薬の服用についてのデータはあまりありません。
母乳に移行して体重増加不良・眠気・黄疸を起こす可能性があるようです。
それでデパスを連用するようなら赤ちゃんの様子に気をつけながら授乳を続けることになります。
しかし、「10日に1度ほど頓服」ならあまり心配しないで よいと思います。
服用するタイミングは、1日のうち最も授乳間隔の空く授乳の直後がよいです。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.10.6

1歳0ヶ月の息子の下痢症状についても質問です。
下痢症状は、ミルクをフォローアップミルクに変えて3日目頃から次第に便が軟らかくなりましたが、発熱や嘔吐の症状もなかったので3日間様子をみていたところ、回数が増えてきたため、小児科を受診しました。
ロタウィルスは検出されず、ミルラクト服用とミルクを薄めにして与えるようにとのことでした。
翌日から食後にミルラクトとフォローアップではない粉ミルクを薄めて飲ませています。
現在2日目ですが、便の回数が受診以前より増えて(グリーンの液状が頻繁に)いるので、卵アレルギー(10ヶ月半でフレンチトーストを食べた直後に蕁麻疹が出たので、アレルギーテストをしました)だけではなく、ミルクにもアレルギーが出てしまったのではないかと心配です。
◎ミルクは乳糖を含まないものに変えたほうがよいのでしょうか。
◎また、再度採血をしてみて正確なデータでの判断が望ましいのでしょうか。

*************

回答  たまごママネット医師団
子どもの下痢の原因は様々です。
感染に伴う胃腸炎が最も多くみられます。冬から春にかけてみられるロタウィルス性下痢症がよく知られていますが、そのほかにも一年中様々なウィルスによって胃腸炎症状が起こります。これらは一般的な検査をしても原因を確かめることはできず、その症状から感染性胃腸炎と診断されることが多くなります。
 アレルギーに伴う下痢症もありますが、原因となる食物を食べて早い時期に激しい下痢や嘔吐などがみられることが多く、質問の内容からは強く疑うというものではなさそうです。
またこの時期には食欲や機嫌もいいのに下痢だけが続きなかなか良くならないということがみられます。原因はわからないことが多く、そのまま離乳食を進め経過を見ているうちに良くなっていきます。
  子どもの下痢は2〜3日で良くなる方が少なく、良くなったと思えるまで5〜10日かかることが多いです。
小児科よりミルラクト(乳糖分解酵素剤)が処方され、フォローアップをやめて、ミルクを薄めて飲ませるように説明されているようですので、十分考えられての対応と思います。
  今の治療の内容からは乳糖を含まないミルクに変える必要はなく、主治医の先生によく話を聞いて経過を見ればよいと思います。
渡辺眞史先生 05.10.3

6ヶ月になる子どものせきについて質問させてください。
7月の終わりにコンコンとむせるようなせきをするようになり、8月初めにせきこむ時間が長くなり通院をしました。
アスペリンドライシロップ・タベジール散・ムコダインDS・トランサミン散これを2週間飲み、咳き込んで吐いたり、熱が出なければ大丈夫といわれ病院にいかなくなりました。
その後もたまにせきをすることが続きました。
9月中旬、また咳き込みが長くなり子どもも少し苦しそうなので病院に行くと今度はのども赤くなっていないので念のためにとアスペリンドライシロップ・ムコダイン DS を処方されました。
飲むとたまにせきがでるくらいにおさまり家で様子をみています。
おっぱいもいつものように飲むし、ご機嫌だし、朝方にせきこみはしないから大丈夫かなとは思うのですがずっとせきが続いていることが気になります。
赤ちゃん広場や赤ちゃんのいるお宅におじゃまする時、うつしてしまわないか心配で行きづらいですし、夫が病院を変えたほうがいいんじゃないかと心配をするので一度こちらに相談させていただきました。
このくらいの赤ちゃんにはあることなんでしょうか?

**************

回答  たまごママネット医師団
6ヵ月を過ぎると妊娠中にお母さんからもらった抗体が 減ってくるので子どもは風邪を引きやすくなります。兄弟など他の家族が風邪を引くと もらってしまいます。保育所などに預けるとたくさんの子どもが集まるのでお互い に病気を交換するので初めの半年から一年はほぼ絶え間なく風邪を引きます。
風邪のウイルスは一般的に知られているものだけで250種類以上 あります。
また、軽いアレルギーなど気道の少し過敏な子どもは一旦風邪を引くと 粘膜の炎症が長く続くので、咳や鼻汁が続きます。
 まず、子どもが咳のためにどのくらい困っているかが問題です。1日 数回咳をするだけで睡眠や食事に問題がないときにはゆっくり経過をみていてよ いでしょう。
夜間にせきがひどく、睡眠を何度も中断されたり、咳き込んで食物を吐 いてしまったりなど日常生活に支障が出るようなら、小児科で診てもらって薬をもらい 症状を軽くするとともに、長く続くようなら気管支炎や肺炎になっていないか、ア レルギーなどがないかなどの原因をしらべてもらうことになります。
 咳のひどい時には、他の子どもに移すのであまり子どもの集まるところには行かないほうがよいです。
また、家族に喫煙者がいる時には、子どもの 咳や中耳炎の原因になるので止めてもらいましょう。母乳育児によって呼吸 器感染症の重症化をある程度は防ぐことができます。オッパイはしっかり続けてく ださい。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.10.1

嘔吐について教えてください
現在、3ヶ月になる息子のママです。母乳だけで育てていますが、結構頻繁に吐いてしまいます。
三日ほど前に、おっぱいと一緒に茶色い出血(少量)を吐きました。
小児科に受診したところ、喉がすれた出血ではないかとの事でした。
吐き止めを処方してもらい服用していますが、相変わらず吐いてしまい効果がありません。胃に問題があるのでしょうか?
1ヶ月検診では、特に問題はありませんでした。どうかアドバイスをよろしくお願いします。

************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんは飲んだおっぱいやミルクをよく吐いてしまいます。吐いても機嫌が良くよく飲んで体重が増えるようであれば溢乳と考えられ、病的なものではありません。
お母さんたちの良く吐くという訴えの多くはこの溢乳です。3ヶ月前の赤ちゃんは満腹中枢がまだよく働いていないために、飲み過ぎぐらいに飲んでしまいます。
母乳の場合でもお母さんの母乳の出が良くて赤ちゃんが上手に飲むと溢乳がみられます。3ヶ月前ぐらいから満腹感がわかるようになりだんだん溢乳が少なくなります。
  先天性の疾患がある場合には1ヶ月健診の時にも吐くなどの異常があったと考えられます。このときに異常がなく、その後によく吐くようになったとすれば、上手にたっぷり飲めるようになったと考えられます。
 飲んだ量の1/3以上を吐いてしまう、機嫌が悪い、飲みが少なくなってきた、体重の増え方が少ないなどの時には病的な吐乳を考えます。質問の内容からは体重の経過がわからずはっきりとしたことをお答えすることができません。
  よく体重が増えているのであればあまり心配する必要はなさそうです。
吐いたものの中に少量の血液がみられることもあり、もし量が多いときには病的な出血が疑われますが、少量であればこれもあまり心配なさそうです。
少しずつ吐く回数、量が減ってこないか、体重は増えているかなどに注意をして経過を見てください。もし、吐く量が多い、体重が増えない、大量の血性嘔吐がみられるなどの時には食道・胃の検査が必要になります。そのような場合には小児科を受診してください。 
渡辺眞史先生 05.9.30

乳輪の周りをさわると一部がボコボコしているところがあります。乳腺炎でしょうか?
今アメリカに住んでおり、海外にいる私にとってはいつも参考にさせていただいています。今7ヶ月になる娘がいます。母乳で育てています。離乳食は日に2回でだんだん食べる量も増えてきました。母乳は3〜4時間間隔であげています。きのう突然おっぱいがチクチク痛み出し、乳輪の周りをさわると一部がボコボコしているところがあります。なんか詰まっている感じです。赤くはなっていません。
子どもも一生懸命吸うのですが、出ないのか泣き出してしまいます。
これが乳腺炎でしょうか? 温めるほうがいいと言う人と、冷やすほうがいいという人がいます。どちらがいいのでしょうか?まずはとにかく吸ってもらうのがいいのでしょうか?なにか対策はありますか? 夫に吸ってもらってもいいですか? 自分で絞ってみても、根気よく絞っていると、やっとにじみ出てくるかんじです。だんだん痛くなるようで、市販に痛み止めを飲んでもいいですか?よろしくお願いいたします。

*************

回答  たまごママネット医師団
おそらく乳腺炎の初期だと思われます。まずは乳頭と乳輪までしっかりほぐして頻回に吸ってもらって下さい。夫に吸ってもらっても構いません。しこりのあるところに下顎が向くようにくわえてもらうようにします。
  食事も可能であればご飯とお味噌汁をメインにし、高カロリーのものや乳製品は控えられるほうが賢明です。
温めると炎症を悪化させる可能性がありますので、キャベツの葉っぱを痛みのあるところに貼ってみて下さい。
熱があるようでしたら、手に入ればカッコントウをおススメします。
強い症状が引くまでは一回量を倍にされてもいいでしょう。解熱剤は単発で連用されなければさほど気にされず、飲まれてもいいと思います。 近くにおっぱいを診てくれる方があるのでしたら、ご相談できるといいですね。
赤ちゃんが吸ってくれるのが一番!なので、症状が落ち着くまで、離乳食の量や回数を減らしてしっかり大きなお口で含ませ、飲んでもらって下さい。どうぞお大事に。 若松寿美恵 助産師 05.9.28

妊娠中やめていた点眼薬を再開することになった。母乳への影響を知りたい。
正常眼圧緑内障で、妊娠中中断していた、高眼圧治療薬を再開することになりました。現在は「キサラタン」を朝1回点眼しています。子どもが7ヶ月ですが、眼科医からは母乳中止をすすめられました。ところが、かかりつけの小児科医からは、授乳をやめるデメリットの方が大きいので授乳は続けてくださいと言われました。どうしたらよいでしょうか?
また、今後「チモプトール」も併用する可能性もあります。この場合の母乳への影響も教えてください。(眼科医からは、チモプトールを使うときは、絶対に授乳をやめてくださいと言われました。)

****************

回答 たまごママネット医師団
キサラタン、チモプトールともに授乳を中止する必要はあ りません。
授乳について、日本の薬剤添付文書の記載は本当にあてになりません。
厚生労働省が母乳育児をまじめに考えていない所為です。
ちなみにチモプトールの添付文書には「本剤投与中は授乳を中止させること。〔ヒト母乳中へ移行することがある。〕(参考)
器官形成期のラットに 500mg/kg/日を経口投与した試験 で化骨遅延が,マウスに 1,000mg/kg/日,ウサギに 200mg/kg/日を経口投与した試験で死亡胎児数の増加が認められている。」と言う記載があります。
「【用法・用量】は通常,0.25%製剤を 1 回 1 滴,1 日 1 回点眼する。なお,十分な効果が得られない場合は 0.5%製剤を用いて 1 回1 滴,1 日 1 回点眼する。」ですので、強力な0.5%を両眼に1日1回点眼したとして(約 0.1ml)点眼される薬剤の量は0.1 g×0.5%=0.0005 g=0.5 mgのチ モプトールが点眼されます。母乳中に分泌されて子どもが飲む量はさらに少ないはずな ので体重1kgあたりにすると参考のところに書かれている1万分 の1以下です。
子どもにとっての影響はないと考えるのが普通でしょう。
また、添付文書による点眼したときの最高血中濃度は0.46ng/ml で、この濃度のまま母乳に分泌されたとして、体重8kgの子どもが1日に1000mlの母乳を飲むと子どもの身体に入るチモプトールの量は体重1kgあたり
0.06μgで上記のウサギの実験の300万分の1未満となります。平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.9.28

うつぶせ寝で寝るので突然死が心配です。
3ヶ月を過ぎた息子が最近寝返りを覚え、あお向けに寝かせていても必ず自分で転がってうつ伏せで寝るクセがついてしまいました。
乳児の突然死の原因にうつ伏せ寝があるということですが、やはりうつ伏せになっていたらその都度仰向けにするべきでしょうか。本人はうつ伏せのほうが熟睡できるようなのですが。

*************

回答  たまごママネット医師団
活発な赤ちゃんの中には早くから寝返りをして、いつの間にか仰向けからうつ伏せになっていてお母さんを驚かすことがあります。
  うつ伏せ遊びは赤ちゃんの発達を促すために大切ですが、うつ伏せで眠ることは乳児突然死症候群や窒息の心配があるために困ってしまいます。乳児突然死症候群は呼吸中枢の未熟性が関係しているといわれますが自分でうつ伏せになれるぐらいに発達していれば中枢の発達も進んでいると考えられます。
窒息は首のすわっていない赤ちゃんを長時間うつ伏せにしたり、ふわふわの布団や顔を覆うようなものが近くにあるときうつ伏せにすると危険です。
多くの動物がうつ伏せや横向きで眠るように、人間にとってもうつ伏せで眠ることは自然なことです。
 仰向けよりも眠りが深くなりよく眠れることもあり、窒息の危険に注意をすればうつ伏せで眠ることは悪いことではありません。しかし、赤ちゃんの顔色が見にくく赤ちゃん急に具合が悪くなっても気づきにくいことが問題です。
乳児突然死症候群は6ヶ月までの赤ちゃんにみられます。
うつ伏せ=危険というわけではありませんが、6ヶ月ぐらいまでは気づいたときに仰向けになおしてあげるぐらいの配慮でよいと思います。
渡辺眞史先生 05.9.22

性器いじりが心配です。
保育園に通園している3歳の女の子です。
保育園から、時々、性器を鉄棒にこすりつけて赤くなるまでしているという連絡があり心配です。
このような行為は治るのでしょうか。
家では見かけないのですが、私の注意がたらないのでしょうか。なにか理由があるのでしょうか。
将来が心配です。

***********

回答  たまごママネット医師団
子どもの性器いじりは成人のマスターベーションとは意味が違います。
小学校入学までには見られなくなりますので、放置していてかまいません。
叱らず、焦らずすごしましょう。特に理由はなく、注意が足らないわけではありません。
安心してください。白川先生 産業医大小児科 05.9.20

アスピリンの母乳への影響について教えてださい。
9ヶ月になる息子を母乳で育てています。
先日、右手・右顔面に痺れがあり、念のため受診したところ脳梗塞と診断を受けました。幸い軽い痺れがある程度で日常生活に影響はなくすみましたが、バイアスピリン100mgを1錠朝食後に内服する治療の為、断乳するよう言われました。突然の断乳に息子も私も動揺しています。おそらく今後しばらくは服用していくことになると思いますが、薬を飲みながらの授乳は避けたほうがいいのでしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
アスピリンは母親の服用量の10%以下が母乳中に分 泌されると報告されています。
乳児への影響はほとんどないと考えられていますが、長期投与では蓄積 のおそれがあるそうです。
ただ今回服用されているバイアスピリンは低容量のアス ピリン製剤です。鎮痛解熱目的でアスピリンを使用する時には1日に1000〜 4500mg服用しますが、今回のように、1日100mgの服用では赤ちゃんへの影響 はほとんどないと思われます。薬を飲んでいても授乳は続けてOKで、ただ赤ちゃん の様子には気をつけて、変化があれば診察してもらうということでよいでしょう。平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.9.20

混合から母乳への比率を高める際のよい授乳方法についてぜひアドバイスお願いします。
現在2ヶ月になる娘がいます。出生時より母乳の出があまりよくなくミルクを混合しています。
退院後、母乳相談室へ通いほじめようやく乳腺も開き娘に直接乳首を吸わせることができつつあります。先日の通院時、助産婦さんからミルクの量を減らしさらに薄めて与えるように指導がありました。ここで心配なのは娘の体重の増えがあまりよくないことです。(50日で約1200グラム程度しか増えていません。)母乳もさして出ていない今ミルクを減らして(一回につき100CC)娘の発育に悪影響はないでしょうか。このまま体重がさらに減るようなことになれば不安です。
またこうした授乳に切り替えてから娘が授乳直後から泣くようになりました。次の授乳時間まで泣きつづけることもあります。母乳、ミルクが足りていないのでしょうか。混合から母乳への比率を高める際のよい授乳方法についてぜひアドバイスお願いします。

**************

回答 たまごママネット医師団
可愛いわが子を思い、母乳が出るよう頑張っておいでなのですね。お嬢さんはお幸せですね。
ミルクの減量の方法ですが、1回100ccを日に何回追加しておられたのかが分かりませんが、不安に思われるようでしたら、例えば1回の追加を10ccずつ毎日減らしてみてはいかがでしょう? ミルクを減らすにあたり、おっぱいを何度でも吸わせてあげて下さい。助産婦から聞かれたかと思いますが、おっぱいは吸われる刺激で作られるので、根気よく授乳の時間や間隔は気にせずあげて下さい。母乳の赤ちゃんは、一日中お母さんのおっぱいを吸っていても全く不思議ではありません。 体重の増え方も悪くはなさそうです。ご心配でしたら今後のおしっこの回数と一回の量を気を付けて見てみて下さい。日に6〜7回、割りとおむつがずっしり濡れていれば大丈夫だと思います。 お母さんの条件が許せば、昼間より夜の方がおっぱいは出やすい傾向にあるので、夜間のミルク追加を減らし、おっぱいの回数を増やしていかれるとよいかと思います。おっぱいが出やすくなるように根の野菜に火を通したものや温かい汁物をたくさん摂られるといいですね。身体を冷やすもの、夏野菜や果物、冷たい食物や飲み物は控えられた方がいいと思います。
一番大切なことはお母さんが肩の力を抜き、おっぱいの時間を赤ちゃんと楽しむことのように思います。赤ちゃんとしっかり目を合わせておっぱいをあげるとおっぱいを出すホルモンが出やすくなるばかりではなく、赤ちゃんはお母さんの愛情をより感じやすくなり、精神的にも満たされることでしょう。 時間が経てば経つほどおっぱいが反応するまでの時間は長くなりますので、今が頑張り時かもしれませんね。長くなる授乳の負担を減らすため、授乳の際には枕やクッションを使用し、お母さんの体が疲れない工夫をされることをおすすめします。
どうかおっぱいライフを楽しくお過ごし下さい。若松寿美恵 助産師 05.9.19

結核に感染していないのに、コッホ現象のような現象が現れたりするのでしょうか?
7月20日にBCG接種をし、翌日にコッホ現象と思われる発赤がありました。そのため7月22日に病院で診てもらい、肺のレントゲンを撮って、7月25日にツベルクリン反応を受けました。レントゲンの結果異常なし、ツベルクリン反応も2日後全く腫れたりしませんでした。胃液培養もして、その結果も陰性でした。家族に結核にかかっている者はいません。結核感染している人とも接触はしていません。胃液培養は2、3回しなくてはいけないと言われ、ただいま2回目の検査中です。BCGの痕はハッキリついています。咳はたまにコホコホしています。
このような場合、結核には感染していないのでしょうか?結核に感染していないのに、コッホ現象のような現象が現れたりするのでしょうか?結果がはっきりしないので、他のお子さんと遊ばせるのも気がひけて遊びに行けません。

**************

回答 たまごママネット医師団
コッホ現象とは、結核の再感染時に、初回に比べて極めて 早期に局所炎症が現れることです。一般にBCG接種後の局所反応は2,3週以降 に出てくるのに翌日から発赤があったのが発端のようですが、胸部レントゲンで異常なく、胃液の塗沫検査(すぐに結果がわかる)で結核菌が確認され なければ、他の人への感染は起こりませんのでご安心ください。
あとは、培養の検査やPCR検査を繰り返して、本当に結核の感染 がないか確認することになります。その結果、結核菌が検出されなければ、結核菌の先行感染とは関係のないBCG接種局所の早期発赤だった ということで、安心してください。
平林先生 大阪市立十三市民病院 05.9.17

噛み癖は治るのでしょうか?なぜ噛むようになってしまったのでしょうか?
こんにちは。今2歳8ヶ月になる男の子と3ヶ月になる女の子がいます。半年ほど前からお兄ちゃんのほうが友達と遊んでいておもちゃの取り合いになると、その子を噛んでしまう癖があるのです。特に女の子に噛み付いてしまいます。とめると叩ける道具を探しに行き道具を使っていじめる始末です。女の子の顔や腕には歯型がくっきり付いてしまい、とても申し訳ないです。どうしたら噛み癖が治るのでしょうか?なぜ噛むようになってしまったのでしょうか?

***************

回答  たまごママネット医師団
 今年の6月に、このコーナーで日本大学名誉教授の馬場一雄先生の続・子育ての医学(東京医学社、2000年)の中でからだにかみつくことについて解説された文章を引用させていただきました。この内容が最も適切かと存じますので再度引用させていただきました。
短縮、改変して、転記しています。
かみつく時の状況は3つのタイプに分けられます。

第1はお乳を飲んでいる6〜8か月頃の赤ちゃんが乳首にかみつく場合
第2は1歳ぐらいの幼児が大人の腕や肩にかみつく場合
第3は3歳前後の子どもが、突然一緒に遊んでいた仲間の子どものお尻や腕にかみついたり、これを押しとどめようとした大人の腕にかみついたりする場合です。


 第1の状況は歯が生えることに伴って、歯ぐきに軽い炎症が起こり、痛みやむずがゆさを感じ、何かをかむことでその不快感が和らぐことに気づいた時に起きる現象であると説明されています。しかし、かむという動作が食物をかみ取ったり、かみ切ったりすることに利用される以前の段階で、何でも無差別に口に入れ一応かんでみる試行錯誤の時期を経過し、その試行錯誤の一部と考えることもできます。いずれの場合も乳首をかんだ時には即座に指を歯ぐきの間に入れ「だめ」とはっきり言って乳房から離し、しばらくしてもう一度お乳を与えてみて、またかむようなら授乳をうち切るのがよいとされています。
かむのは授乳の終わり頃に起こるので、栄養が不足する心配はまずありません。

 第2の状況は、イライラした気持の表現か、かむ行動を楽しんでいるのか、大人の注意を引く行為であるのかはっきり原因を突き止めるのは艱難ですが、どれもが原因となり得そうです。原因にかかわらず、かみつかれた場合には、それが社会に受け入れられない行動であることを教えるため、すぐに子どもを下におろして立ち去るのがよいと言われています。

 第3の状況は何か子どもの気に入らないことがあった場合に起こりがちな、叩く、ける、物を投げるなどと同様に、一種の攻撃行動であると思われます。

かみついた子どもを別室に隔離してしまうか、それができない時には、かみつかれた子どもにおもちゃやお菓子を与えて、できるだけサービスする一方で、かみついた子どもは部屋の片隅に放置して、完全に無視する態度を取るのがよいとされています。
もしこのような処置が成功しなくても、3歳前後の子どものかみつき癖は自我の芽生える時期に見られる一時的な現象で、深刻に悩む必要はないと述べられています。第2、第3の状況で子どもをおろしたり、別室に連れて行く時には、怒ったり、怒鳴ったり、グチグチ叱ったりせず淡々と行動すると効果的です。
補足
イライラした状態から抜け出したら、叱らずに、静かにその理由を聞いてみることが大切です。イライラの原因が大人にあることが多く、私が経験した最も多い原因は、母親の気持が他に向き、子どもから離れている場合や、子どもを拒否している場合でした。
白川先生 産業医大小児科 05.9.17

体重の増加が激しくミルクの量を増やしていいのか悩んでいます。
4ヶ月の子どもがいます。人工乳で育てています。身長52cm、体重3570gと産まれた時から大きかったのですが、体重の増加が激しくミルクの量を増やしていいものか悩んでいます。3ヶ月検診ヶ身長62.5cm、体重7660gに増えてしまいました。授乳は1日5回、3時間半から4時間あいています。3ヶ月にはいる頃から、ミルクはお湯を10mlだけ薄めて飲ませており、一日の量をずっと増やしていません。。ミルク缶の1日の授乳目安を見ると、月齢2〜3ヶ月の赤ちゃんの量です。育児雑誌などでは、月齢に必要な栄養素な為、少なすぎてはいけないとかいてあります。大体、ミルクは現状で10〜15分で飲みきります。今の飲ませ方で、発育上、問題がありますか?

************

回答 たまごママネット医師団
体重の増え方は若干大きめのようですが、個人差の範囲内だと思われます。
人工乳の場合、与えすぎによる肥満の可能性を視野に入れておいたほうがいいので、赤ちゃんがさほど欲しがらないようであれば、あわててミルクの量を増やさず、今のペースでよいのではないでしょうか?同じ量のミルクを飲んでも体重の増え方には個人差がありますし、また、赤ちゃんが急激に大きくなろうとする時期にも個人差があります。
  ミルクの量についてはさほど心配はいらないと思います。 憶測で申し訳ありませんが、一日五回のあっと言う間の授乳とありますが、おとなしい赤ちゃんではないかとお察しします。しっかりスキンシップがとれているといいのですが、おとなしい赤ちゃんは、つい寝かせっぱなしになりがちです。赤ちゃんが目覚めているときはしっかり目を合わせ、たくさんお話してみて下さいね。抱っこもおんぶも赤ちゃんはお母さんと触れ合っていることが大好きで、この時期の濃厚なふれあいが、赤ちゃんの人格形成においての核となります。どうぞ赤ちゃんとの時間を楽しんで下さい。
若松寿美恵 助産婦 05.9.17

健診で頭の成長が早すぎ、通常よりサイズが大きいと言われ、大学病院で検査を受けるように言われ不安です。
欧州在住。父がオランダ人身長180cm位、息子は6ヶ月。健診に行ったところ、頭の成長が早すぎ、通常よりサイズが大きいと言われ、大学病院で検査を受けるように言われました。夏に飛行機で米国旅行をしたり、車で10時間ほどの欧州内旅行した後に、お乳をあげているときに時々2−3秒頭をカクカクと振ることがありました 。
今ではまったくその様子は見られません。その他からだの発育については、逆子だったため、股関節脱臼の予防としてコルセットをはめている以外はどこも異常はないといわれています。出生時(3/15):2660g、46cm、頭周りなし。 1ヶ月検診時(4/7) :3515g、49.5cm 36cm 3ヶ月検診(6/15):6450g、61cm、41cm 6ヶ月検診(9/14)8030g、68cm、45cmどのような病気の可能性がありますか?どのような症状がでるのでしょう?離乳食も食べているし、元気にしているのですが。。。教えてください。宜しくお願いします。

*************

回答 たまごママネット医師団
赤ちゃんの体格は両親の体格に影響されます。
体重の増えやすい子もいれば、よく飲んでいるのになかなか増えない子もいます。同じように頭の大きさも両親に影響され、親が大きいと子どもも大きい傾向になることがよく見られます。
 今の大きさは正常範囲の大きさですから特別に大きいとはいえません。ただ、身長や体重の伸びに比べ頭囲が大きくなるのが早くこの点で心配されたものと思います。発達が順調で遅れや心配なことがなければ正常範囲の変化と考えられますが、詳しくは実際に体のバランスや発達について診察しないとはっきりとしたことはいえません。
水頭症などの場合には発達の遅れなど他の症状をを伴うことが多く否定的ですが、中には検査(CT MRI)などを行った方が安心な場合もあります。病気の心配というより安心のために受診すると良いと思います。
渡辺眞史先生 05.9.16

母乳で3ヶ月の子を育てていますが職場復帰を考えてミルクに変えたいのですが飲んでくれません。
私は現在育児休業中です。上の女の子の時は混合(3ヶ月過ぎからは母乳が出なくなり)ミルクのみとなりました。現在3ヶ月になる男の子なんですが、現在母乳のみで満足しているようです、母乳で育てたほうがいいのはわかっているのですが、私も来年より仕事に復帰することもあり、ミルクも慣れさせておきたいと思い たまにミルクを飲ませてみようとするのですが・・・全く受付けてくれません。
現在も、たまに会社に行かねばならないこともあり 預けるのですが・・・全く飲まないようで困っています。何かよい方法はないでしょうか?

***************

回答 たまごママネット医師団
母乳を絞って凍結して、必要なときに解凍してほ乳びんで飲ませる方法があります。ほ乳びんを受け付けないときにはスプーンやコップで飲ませることも可能です。凍結した母乳は1か月程は問題無く使用できます。しかし、来年の職場復帰まで短い時間しかありませんので、ミルクに慣らせることよりもしっかりと母乳を与えることが大切かと存じます。
  私は、新生児集中治療室(NICU)で赤ちゃんの診療をさせていただいています。面会時間は自由なので面会の方々がいつもいます。NICU内で行われる手術の時には家族が近くで見ています。赤ちゃんの処置をするときも家族が傍で見ています。どうしても救命できないときには、お父さんと一緒に心マッサージをして、最後は母親の胸に帰ります。病棟回診のカンファレンスにはご家族も参加しま
す。
それらがよいことかどうかはまだ分かりませんが、何とか家族と子どもとを引き離さないようにするためです。しかし、このような努力よりも、赤ちゃんが母乳を吸うときに赤ちゃんを見つめる母親の脳内で分泌されるオキシトシンが母親と子どもとを本能的に結びつけてくれるので、母子関係を築くには母乳育児がとても効果的です。
 外来では行動異常のこどもたちの診療をさせていただいています。半数は養育環境にも問題があります。母親と子どもとが向き合えないでいます。母乳が出る時期では、離れてしましそうな母親と子どもとが結びつけるように母乳育児を支援すると、比較的容易に向き合うことができるようになり、あまり苦労はいりません。しかし、母乳が出なくなってから母親と子どもとを結びつけることはとても苦労し、困難を極めます。
 3歳で社会性の障害を持った子どもが来院されました。「おとなしい子どもだったので、ずっと寝かせていました。人工栄養でした。私はどう接して良いのか分からなかったので、横に寝かせて、一緒にテレビやビデオを見ていました。」とお話しされます。「お母さんは子どもの頃抱っこされたことがなかったのでしょう。」と質問すると、即座に「はい。3か月から保育所に預けられていたので、抱っこされたことがなく、母乳も与えられませんでした。」と答えが返ってきました。乳児期に心地よい感覚を与えられた子どもは、その時に脳内でオキシトシンが分泌されます。
 
オキシトシンは、ストレスホルモンの分泌を抑制する作用があり、脳がストレスから守られます。乳児期にオキシトシンが脳内で分泌されると、成人してから子育て行動を上手く行うことができることがいずれもネズミの実験で証明されています。また、赤ちゃんが母乳を吸うときに赤ちゃんを見つめる母親の脳内でオキシトシンが分泌されるとお乳を吸う我が子を、本能的に可愛いと思えるようになり、子どもに心地よさを与えることができると考えられます。しかし、完全母乳栄養児でも、お乳お与えながら、子どもを見つめず、違うことを考えてしまうと、オキシトシンの分泌が減少し、母親と子どもが結びつかずに、3歳健診時に社会性の障害を持ってしまう危険性もあり、実際にそのような事例があります。
 乳児はとても高い感覚能力があります。特に6か月児はサルの顔の区別ができます。9か月児や成人では困難です。100Hzと101Hzの音の違いを感じることもできます。このことはとても大切なことで、6か月児は母親の顔をみて、表情とあやし方、抱っこの仕方、話し方を感じ取ります。わずかな顔の変化から相手の胸中を察知する能力を獲得する時期です。この時期に放置されるとこの能力を獲得できないかもしれません。また母親から離され主たる養育者が変わる環境で養育を受けると、情報の洪水の中におぼれてしまうかもしれません。
  反応性愛着障害と呼ばれる行動異常や社会性の障害を持つ子どもの背景にはこのような養育環境が認められます。また放置された男の子はいじめをする可能性が高いも述べられています。
  さらに成人して、こどもを持ったときに同様にしてしまう危険性があります。養育環境は世代間で伝達されてしまうのです。高度経済成長により、母親も仕事をしなければならなくなり、抱き癖が付くから抱っこしてはいけませんと叱責され、泣く泣く子どもを置いて仕事にでなければならなかった時代は、次の世代に泣きながら子どもを置いて行くことを伝え、そして次の世代は、泣かずに子どもを置き、さらには、子どもが泣いたらうるさいと口を押さえ、あるいはおしゃぶりを押し込む養育方法を伝えてしまったように思います。
  大切な乳児期は取り返すことはできません。子ども時代の養育環境は成人して子育てを行うときに大きく影響を与えてしまいます。
これをご覧になる多くの方々の参考にしていただくために、過剰なお答えを書かせていただきましたことをお許し下さい。
白川先生 産業医大小児科 05.9.16


生まれつき首に米粒より大きい位のイボがあり手術をするのですが全身麻酔をかけるので不安です。
3ヶ月の息子についての質問です。生まれつき首に米粒より少し大きい位のイボがあり、産婦人科の先生に小児外科で取ってもらうように勧められ受診してきました。
「根元が細い場合には糸で縛って取る方法もあるが、少し根元が太いの切った方がよい」とのことでした。
ただ、部位が首ということもあり局所麻酔では赤ちゃんはじっとしていないので危険だということで全身麻酔をする必要があると言われました。
乳幼児に全身麻酔をすることに不安を感じ、現在は治療を保留してもらっている状態です。
乳幼児に全身麻酔をすることは安全なのでしょうか?もしあればどのような危険が伴うのか教えていただけますか?

*************

回答  たまごママネット医師団
米粒より少し大きい位のイボということですが、良性のもので拡大傾向がなければ、主に美容上の問題ということで、しばらく様子をみてもよい と思います。
全身麻酔については、乳幼児の麻酔に慣れた麻酔科医が全身麻酔を行えば、ほとんど危険はありません。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.9.9


3ヶ月の時に便に血が混じったので検査したところO-25が検出されそれ以降、下痢が続いて心配です。
生後7ヶ月になる娘です。生後3ヶ月(初めてO-25検出された頃)までは混合(9割母乳)でしたが、それ以降は母乳のみで育てています。
便の回数が減らず水便が続いています。3ヶ月の時に便に血が混じったので検査したところO-25が検出されました。しかしそこの病院では、しばらく様子を見ましょうという事で特に治療もせず定期的に今も検査してます。念のため、最近、違う病院でも検査したところ投薬をしばらくしてみようという事で今「ホスミシンドライシロップ200」と「ビオフェルミン」の混合薬を1週間以上飲んでいますが、症状は良くなりません。いつまで飲み続けるのか?産まれた頃よりは減ったものの便の回数が多く(1日5〜6回)下痢が続いているので心配でなりません。他に生活上注意するべき事なども気になります。どうぞよろしくお願い致します。

**************

回答  たまごママネット医師団
母乳や混合栄養の乳児で便に少し血液が混じることは、よ くあることで、子どもが元気でよく哺乳しているようなら心配ありません。
3ヵ月の時にO-25が検出が検出されたそうですが、 今も検 出され続けているようなら要注意ですが、その後は検出されていないのならあまり心配しなくても よいように思います。
下痢が続いて体重が減り、子どもの元気が無くなってくるようなら心配 ですが、子どもが元気でよく哺乳して体重が増えていればあまり心配しなくてもよいと考えます。また現在、便からO-25などの病原菌が検出されていないのなら抗生剤は不要です。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.9.8


出産後、5ヵ月半がたちますが夜眠れない時があります。
夜、すごく疲れているのに眠れない日がたびたびあります。出産前にも何度か眠れない日があったのですが、それは夕方3時間も昼ねをしたからかな、とたいして気にしていませんでした。
しかし、出産後(正確には赤ちゃんの扱いに慣れ始めた3ヶ月頃から)、毎日ではないのですが、夜眠れません。すごく疲れていて、ベッドに入るのに眠れないのです。ホルモンバランスの関係なのか、精神的ストレスからなのか(海外で暮らしていて、まだ言葉の不自由などもあり)、原因が何かわかりません。
眠る前にストレッチをしたり、呼吸を整えたり、マッサージをしたり、アロマオイルを部屋に漂わせたりと、リラックスするようにしているのですが、ベッドに入ると、呼吸が浅くなったり、考え事を始めてしまったりして、なかなか眠れません。
不眠は、出産後のホルモンバランスと何か関係があるのでしょうか?これはマタニティーブルーといわれるものなのでしょうか?医学的なご意見をお聞かせください。

**************

回答  たまごママネット医師団
海外で育児は結構緊張を強いられているのでは?
自覚がないようでもお里帰りされるか、地元の専門家に一度相談だれてはどうでしょうか?
大きくはお父さんやほかの人が育児に参加されているかということが大事です。「私ががんばらなきゃ」と潜在的にがんばっている人は調子悪くなっていきます。
この方の赤ちゃんの表情を観察すると推察できるかとも思います。声を上げて笑うや他人の顔を期待感や興味深く見つめることがなく眼を合わせないやカラダを硬くするなどがあるようでしたら、お母さん相当きてますね!
おかあさんのおかあさんのもとへ甘え直しに戻られるのが一番効果的かと思います。
何れも推測で申し上げておりますのでご了解ください。
大牟田先生 春日助産院 05.9.8


押し車を押して歩行する際、右足はまっすぐ前に出るのに、左足はそれについてくる形でひきずり心配です。
逆児のため36週と4日で帝王切開術にて2384グラムの女児を出産しました。
発達は、標準より1ヶ月程度遅れているようですが、修正月齢から考えると順調な方だと思います。
5ヶ月頃から左足の膝が伸ばす時にポキポキと音がしていましたが、特に痛がる様子もなく、健診でも「特に問題はなさそうなので様子をみましょう」と言われました。その後気にしていなかったのですが、10ヶ月になって、押し車を押して歩行する際、右足はまっすぐ前に出るのに、左足はそれについてくる形でひきずります。足の甲も前を向かずにそと側を向いています。現在11ヶ月と20日です。つかまりだちは10ヶ月から、最近独り立ちができそうなかんじで、しゃがみこんだ姿勢から何もつかまらずにたちあがり、数秒立つこともしばしばできるようになりました。左足がこのままだと、この先一人歩きができるようになるか不安です。

*****************

回答  たまごママネット医師団
最近独り立ちができそうなかんじで、しゃがみこんだ姿勢から何もつかまらずにたちあがり、数秒立つこともしばしばできるようになったことから、病的ではないように思います。
膝関節から音がすることは病的ではありませんので問題ないと思われます。逆子の女児には股関節脱臼が多いので、股関節に問題ないことを確認する必要があります。
脳性麻痺も考えられますが立った時にかかとが着くこと、体を支えられることが確認できれば、問題ないように思います。 
白川先生 産業医大小児科 05.9.8


7ヶ月の女の子の生活リズムについて質問させて下さい。
家の子の現在の就寝は午前2時、起床はお昼の12時、午後4時位にお昼寝という生活をしています。もっと早く寝かせようといろいろ試してみたのですが、9時10時に寝ても夫の帰りが遅く(11時〜12時の間)その音で目を覚まし、その後いくら寝かしつけても5時位まで寝れず結局寝るのが遅くなってしまいます。家の子は新生児の頃からとても敏感で、ちょっとした音で目を覚ましてしまうので、今は夫が寝るのを待って寝かしつけて2時に寝るという生活が続いています。こんな生活をしていて体に影響がないか心配です。よいアドバイスがあれば教えて下さい。宜しくお願いします。

**************

回答 たまごママネット医師団
 子どもの睡眠パターンは、成長と発達に伴い変化します。生後10週頃になると比較的まとまった眠りと覚醒が25時間の周期で現れます。この状態を放置すると、寝る時間が1時間ずつ遅れて行くことになります。
  24時間周期に同調するためには、朝に太陽の光を浴び、昼間は明るくし、夜は暗くする規則的な交代と哺乳、食事、入浴、周囲の人間との接触、昼間の活動が大切です。
特に光環境が大切で、睡眠を司るメラトニンと呼ばれるホルモンの分泌は光に大きく影響を受けます。
  朝の光を浴びず、昼間家の中にいて薄暗い環境で過ごし、夜電灯をつけて過ごしていると、メラトニン分泌は妨げられ、1日のリズムできにくくなります。
  厚生労働省の調査によると2歳児で22時以降に眠る子どもの割合は1980年には29%、1990年41%、2000年58%と報告され経年的に増加しています。
このことは1日のリズムができにくいこと、睡眠時間が短くなることを示しています。
  睡眠時間は、体の小さい動物ほど長く、フクロネズミでは18時間、ネコでは12.5時間、イヌは10.1時間、ヒトは8時間、ゾウでは3時間です。小さい動物ほど、呼吸数や心拍数が早く、代謝率が高いため、多くの酸素を消費します。
酸素を消費量が多いと、体内で産生される活性酸素の産生量も増加します。
活性酸素は生体にとって有害で、細胞を傷害したり、細胞の老化を促進したりします。細胞が分裂する臓器では新しい細胞ができ、傷害は消えてしまいますが、一部を除き新しく細胞ができない脳では、細胞傷害を睡眠、特に静かに眠っている時の睡眠が癒してくれます。代謝率の高い小さい動物ほど活性酸素の産生量が多いので、傷害が強く現れ、その修復に時間がかかるため、長い睡眠が必要なのかもしれません。メラトニンは、活性酸素を消去する機能があり、メラトニン分泌も脳細胞の傷害を軽減するのに有効と考えられます。
また、睡眠不足による生体リズムの乱れはステロイドホルモンの一種であるグルココルチコイドと呼ばれるストレスに関わるホルモンと、セロトニンと呼ばれる神経と神経の情報交換に必要な物質の低下をもたらします。
グルココルチコイドの低下によりアトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患が悪化することがあり、セロトニン分泌の低下は、イライラしたり、切れやすくなったり、他人と上手に接することができなくなったりするなど情緒的な発達が悪くなることに関係しています。
脳細胞が傷害を受けることから知的な遅れも認められるようになり、適切な睡眠をとれない幼児には認知能力の遅れが見られ、それにより将来的に知的な低下がもたらされることも考えられます。
 寝る子は育つと昔から言われていましたが、成長に必要な成長ホルモンの分泌は、睡眠が減っても1日の分泌量は変わりません。寝る子は人間らしく育つと言う意味です。
まずは、暗くなるとともに電気を消し、朝の光を浴び、昼間は外遊びをすることが大切でしょう。生まれてすぐの頃から、あまり静かな環境に置くとわずかな音で目を覚ますことがありますが、今回は1日のリズムができていないので眠りが浅く過敏であると思います。白川先生 産業医大小児科 05.9.7


渡辺 真史先生 
岡村 博行先生 岡村産婦人科医院 大阪府堺市槙塚台1丁-11-3
竹中 義人先生 大阪労災病院 小児科 大阪府堺市長曾根町1179-3
衣笠 万里 先生 尼崎医療生協病院  兵庫県尼崎市南武庫之荘11-12-1
池川 明先生 池川クリニック 横浜市金沢区大道2-5-13
石井 廣重先生 石井第一産科婦人科クリニック 静岡県浜北市小松4498-5

北島 博之先生 大阪府立母子保健総合医療センター 大阪府和泉市室堂町840
平林 円先生 大阪市立十三市民病院 大阪市淀川区野中北2丁目12番27号
大牟田智子先生 春日助産院 福岡県春日市昇町6-102
白川嘉継先生  産業医科大学 小児科 北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1
若松寿美恵先生 助産師
廣瀬先生 穂(みのり)助産院 長野県須坂市大字小山(高梨町)2515-10