育児相談室
授乳中の目薬とインドメタシンは影響しますか。
乳中なのですが、めばちこになり市販の目薬を点眼しましたら苦い味がかすかにしました。授乳中は目薬もやめておいた方がいいですか? それと、肩こりがひどくて市販のバンテリンという塗り薬をほぼ毎日塗っています。でもインドメタシンは授乳中よくないと聞いたので、心配です。
これらは、授乳中赤ちゃんに影響ありますでしょうか? よろしくお願いします。

****************

回答  たまごママネット医師団
 点眼薬や点鼻薬、軟膏剤や湿布薬など外用に使用する薬はお母さんの身体の中に吸収される薬の量は少ないものがほとんどです。
更に母乳に移行する量も少なくなりますから、赤ちゃんに対して影響を与える心配のある薬は無いと考えて良いと思います。
 目薬の成分も少しは吸収されますから、その成分が舌の味覚細胞に刺激を与えて苦みを感じさせたようですが、赤ちゃんに対する影響は通常考えなくて良いと思います。
バンテリンは吸収されますが、服用ほど多く身体の中にはいることはありません。その成分であるインドメタシンを服用しても母乳中に移行する量は少なく、通常量では授乳可能です。
質問の内容からは薬を使っても授乳を続けるメリットの方が大きいと思います。
渡辺眞史先生 07.7.26

三歳児健診と小児がん健診について教えてください。
三歳児検診で尿検査がありますが、どのような事を検査しているのでしょうか?あと小児がん検診などは、また別で受けたほうがいいのでしょうか?現在子どもは2歳です。

*****************

回答 たまごママネット医師団
  三歳児検診での尿検査では、尿の中にタンパクや糖、赤血球が出ていないかを調べます。
タンパク尿や血尿の見られたときには、腎炎が疑われ、糖が出ていれば糖尿病が疑われます。
いずれも医療機関を受診して、さらに検査をしてもらいます。

以前、尿を使って神経芽細胞腫という癌の一種のスクリーニング検査が行われていましたが有益でないという理由で中止されました。
現在日本では、子どものがん健診は行われておりません。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 07.7.24


おっぱいやミルクの飲み方が下手でせて、うまく息ができなくなって息を止めるので脳に障害がでないか心配です。
1ヵ月半の女の赤ちゃんがいます。混合栄養で育てています。
出産時の体重は2596gです。
現在、母乳は一日12回前後、左右とも5〜15分くらいです。ミルクは一日5〜8回位で40〜60mlです。
授乳の間隔は2〜3時間おきです。
泣いたらまず、母乳を与えて落ち着いたあとまた欲しそうだったらミルクを足してます。産まれた時に異常はなく、今は体重が4000gあります。
ずっとおっぱいやミルクの飲み方が下手で今も母乳やミルクでむせるのですが、たまにむせて、うまく息ができなくなって息を止めたり、顔色が白くなってたり、唇の色が紫色(薄いすみれ色)になってたりします。
立て抱きにして背中をさすると直ぐになおります。
産院にいたときも一度相談したのですが、特に問題ないといわれました。
 何度もこのような事があっても、脳に障害がでたりしないでしょうか?

**********************

回答 たまごママネット医師団
 赤ちゃんがむせることはよく見られます。赤ちゃんは鼻呼吸をしながら口でおっぱいを飲みます。このためうまくリズムがとれないとむせてしまいます。
お腹がすいて一気に飲もうとするときに起きやすくなります。泣いてから飲ませるのではなく欲しそうな様子の時に早めに飲ませるようにするとむせがすくなくなります。実際にはなかなかそのタイミングを見つけるのは難しいですが早め早めにあげてみてください。
 母乳でもむせるようであれば、母乳の分泌のよいことが多いのですがいかがでしょうか。
赤ちゃんは母乳でお腹がいっぱいになっても、哺乳瓶を加えさせると反射的に飲まされてしまい、 よくお母さんは母乳が足りないと勘違いすることがあります。
  体重の増えはよいようですから母乳を回数は今のままで、もう少しゆっくりの時間をかけて与えることで、ミルクを足す回数を減らし母乳だけにすることもできそうです。
 むせて顔色が悪くなることで脳に障害が起こることはありませんが、顔色が悪くなるのは多いことではありません。顔色が悪くなるむせを繰り返すときには、心臓の病気やむせやすくなる喉の病気がないか確認が必要になりますから、念のため小児科を受診することをおすすめします。 渡辺眞史先生 07.7.13


夜間授乳回数の減少に伴う胸の張り増強して乳腺炎になるのではないかと不安です。
いつも丁寧な回答をありがとうございます。GW頃は、全然寝てくれない事や体重の増えが少ない事を相談させて頂きました。その息子も無事に3ヶ月を過ぎ、生活のリズムもついてきました。昼は長く起きていて、夜にまとまって寝てくれるようになって来ました。夜間に全く起きない日も出てきました。長いと6〜8時間くらい寝て、途中で抱っこしても全く起きません。そんな日の夜中の授乳は、どのようにしたらいいのでしょうか?朝になると胸がパンパンに張ってしまうので、乳腺炎になるのではないかと心配です。起床後はゴクゴク飲んでくれるので、胸の張りは消えます。夜中は3時間毎とかに、起きるまで起こして授乳する方がいいのでしょうか?

******************

回答 たまごママネット医師団
母乳で上手に育てられていらっしゃるのですね。昼夜のリズムも出来ていて、素晴らしいことだと思います。
  夜間の授乳が減って、おっぱいが張って、乳腺炎を懸念されていらっしゃるのですね。
赤ちゃんが目覚めたときに張りが引くほど飲んでくれるのであれば、さほど心配なさらなくてよいのではないかと思います。 おっぱいが張りすぎて辛いようでしたら、夕食のボリュームと水分摂取を少し控えられてもよいかも知れません。
  3ヶ月で夜中眠るようになっていても、また夜間おっぱいを飲み出すこともあります。 あまり気構えずに赤ちゃんのリズムを一緒に楽しめるとよいですね。
  万が一、乳腺炎になったときに看てもらえる助産婦を探しておかれると安心かも知れません。 
どうぞこれからも楽しんで母乳育児を続けていかれますように。 陰ながら応援させて頂いています。
若松寿美恵助産婦 07.7.10
歯科治療の薬パセトシンカプセル,ナイキサンは母乳に影響ないのでしょうか?
 現在、生後1ヶ月半の子どもを完全母乳で育てています。
先日、歯医者でパセトシンカプセル(250mg)ナイキサン錠(200mg)という薬を1日3 回3日分を処方されました。

*******************

回答 たまごママネット医師団
 パセトシンカプセル(アモキシシリン; 抗生剤)は、母乳中にごく少量移行しますが赤ちゃんにも投与する薬ですので問題ありません。
 ナイキサン (ナプロキセン ; 解熱鎮痛抗炎症薬 )も、母乳中ごく少量移行しますが通常、問題ありません。
どちらの薬もできるだけ母乳中への移行を少なくするために、授乳直後に服薬するようにしてください。
次の授乳までにお母さんの血中濃度が減少するので母乳中への薬の移行量を減少させることができます。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 07.7.9
右脇にツルンとした移動性のあるしこりがあります小児悪性リンパ腫ではないかと不安です。
一週間ほど前、一歳二ヶ月になる息子の右脇にツルンとした移動性のあるしこりのようなものを見つけました。大きさは、約1センチほどと思うのですが、よく動くのと、腕をあげて触った時と、腕を下げてさわった時(腕を下げたときの方が良く動きます)の触り心地が違うのではっきりはわかりません。腕を下げて触った時は、そのしこりの周りに、さらにすごくやわらかいお肉の塊ような筋のような物にくっついたような感じで一緒にクルクル動きます。リンパかな・・とは思ったのですが、リンパ腺なら、脇の下のリンパが腫れると、小児悪性リンパ腫のような病気の可能性もあると聞き、不安になってメールしました。この頃の子どものリンパ節は、すこし大きいと聞きますが、だいたいどのくらいが正常範囲なのでしょうか・・ 右と左のリンパの大きさは違うのですか? もしリンパ腺がはれたら、もとに戻るのにどのくらい時間がかかるのですか?あともうひとつ、 小児悪性リンパ腫のような病気の場合、どのような症状が出るのですか?

********************

回答 たまごママネット医師団
 1cmくらいの大きさのリンパ節が触れているようですが、心配ないと思います。
リンパ節は交番所のようなもので仕事が増えると大きくなりますし、減ると小さくなります。
6ヵ月以降の幼児は風邪などの感染症に頻繁に罹患しますのでリンパ節を触れることが多くなります。
リンパ節は身体のいろいろな場所にありそれぞれ仕事をしています。
忙しくなったり暇になったりしているわけで、左右が違っても不思議はありません。
悪性リンパ腫などではどんどん大きくなりますし、肝臓や脾臓まで腫れたり、熱が出たりします。
ご心配なら小児科医を受診して実際に診察してもらうことをお勧めします。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 07.7.7
3か月の子ですが両手をピクッとさせるので、てんかんや脳性麻痺ではないかと心配です
7月5日で3ヶ月になる娘がいます(出世時37週0日1872g、42cm)
娘の事で前から気にはなっていた事があります
1. 抱っこをして寝かしつけて、ベッドに置く時や置いてしばらくしたら、両手をピクッと上にあげます。今日はそのピクッ、 ピクッ、ピクッ、と3回繰り返し、起きてしまいました。
2. やはり抱っこしてベッドに置く時や、起きて伸びをする時、指をピンと硬直させて手首をクルクルと回します。(江頭2: 50みたいになっています)
 娘の今の状態としては、体重は5100g身長53cm。首は大分座って来たとは思うのですが、まだうつ伏せにして顔はちょっ としかあがりません。立て抱っこをしていると、髪の毛や洋服などをつかみます。あやして笑います。遊んでいるときは手足 をバタバタさせたり、両足を持ち上げてアーウー言っています。
 入院時に脳波検査、血液検査等をし異常なしでした。
3. はてんかんの動きににているのでは?Aは脳性麻痺の硬直?と心配です
この二つの動きに関してはどうなのでしょうか?教えてください

**************

回答  たまごママネット医師団
 実際に診察してみないと判断が難しいのですが、両手をピクッと上にあげるのはモロー反射のように思えます。3〜4ヵ月までは普通にみられます。 
伸びをするときに指をピンと硬直させて手首をクルクルと回すことについても、赤ちゃんが自分の意志で行っているものなら心配ないように思います。
お話からでは大丈夫そうですが、心配ならやはり小児科医に受診してみることをお勧めします。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 07.7.6

眼科医から手術後プレドニゾロン錠5mgを服用中は断乳するようにいわれ困っています。
現在1歳8ヶ月の子どもに 授乳中です。
 近日、目の視力回復の手術を受けようと考えています。その際術後に薬を飲む必要がある。とのことで相談に乗って頂きたいと思いメールしました。
 目の手術後、プレドニゾロン錠5mgを1回1錠、1日3回、5日間 飲むようになる。薬を飲む間、断乳するよう言われました。できれば、授乳を続けたいのですが 断乳すべきでしょうか? 薬の影響を教えてください。お願いいたします。

*******************

回答 たまごママネット医師団
 日本では母乳中に少しでも薬が移行すると母乳を止めるようにいわれてしまいます。実際には赤ちゃんに影響を与えるほどに移行する薬はごく限られたものです。このため多くの国では母乳の大切さから薬を飲んでの安全性を検討し、一部の薬を除いて薬を飲んでも母乳を続けられるようになっています。
 プレドニンは母乳中に移行する薬の量が少なく、赤ちゃんに有害な影響は与えないと考えられています。大量投与(40mg/日以上)で長期間服用する場合には子どもの成長発達に注意をする必要がありますが、質問のように15mg/日を5日間の服用では量的にも少なく、期間も短いと考えられます。
 また1才8ヶ月ですから母乳は身体の栄養というより心の栄養という意味合いの方が強いと思います。たっぷり飲むのではなくおっぱいに吸い付くことで満足していると思います。
飲む量はそれほど多くありませんから、薬の影響もそれだけ少なくなります。
眼の治療の時に点眼薬や抗生剤なども使うかもしれませんが、これらも母乳を続けられる薬です。
授乳を続け、卒乳までゆっくり母乳育児を楽しんでください。
渡辺眞史先生 07.7.5
歯科医からオゼックスは母乳を中止するように言われましたが子どもが欲しがります。
10か月の赤ちゃんがいます。
母本人が歯科治療で、歯の中の神経を抜いた日より、歯茎が腫れはじめ、痛みがどんどんひどくなりました。
3日目に腫れがおさまらず、歯科に行くと、『オゼックス150mg』を3錠/1日、3日服用とのことでした。
母乳への移行があるので、服用を初めてから最後の服用から48時間まで、母乳をやめるよう指示がありました。
今朝で服用が終わりました。母乳をのみながら添い寝でないと寝ないので、この3夜、母子共にほとんど寝ていません。
母も、乳腺炎になりやすい体質なので、1日数回搾乳をしています。
赤ちゃんは、1日3回、160cc程度フォローアップミルクを飲ませていますがミルクを産院以外で飲んだことがなかったので、下痢をしています。
母も睡眠不足と、乳腺にしこりができているので体力的に限界に近いです。
ちょうど10か月検診だったので、相談すると3日飲まないと赤ちゃんは母乳の飲み方を忘れるといわれ、非常に不安です。一刻も早く、母乳を再開したいのですが、やはり48時間(あと2夜)待たないと、薬による影響が出る危険性があるでしょうか?

****************

回答  たまごママネット医師団
オゼックス( トシル酸トスフロキサシン;  抗生剤)は、母乳への移行量が不明など授乳に関しての情報が少ないです。
オゼックスなどニューキノロン系薬物は軟骨の成長 を妨げるの で、18歳以下の例には投与を避けるべき
とされていますが、実際に関節症などの悪影響 を及ぼす可能性 は高くないとされています。
お母さんの服用した薬の一部が母乳中に移行して、赤ちゃんの身体には いるのですが、もう10ヵ月で離乳食も食べており母乳に依存する割合がさほど大 きくないので、おそらく服用中の授乳も問題ないと考えられます。
また経口投与の場合の血中濃度半減期は4.85時間ですので授乳再 開まで服用後48時間待つ必要はないと思います。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 07.7.3

抜歯で処方されたオラセフとブルフェンの母乳へ影響がありますか?
現在、3ヶ月半の女の子を完全母乳で育てています。歯の治療で抜歯をしました。
オラセフとブルフェンという薬を処方されました。
母乳に影響があるでしょうか?よろしくお願い致します。

**************

回答  たまごママネット医師団
きちんとお薬をのみながら、授乳を続けて大丈夫です。
オラセフ(セフロキシムアキセチル)は、セフェム系抗生剤です。
母乳への移行は少量であり、授乳に差し支えありません。
ブルフェン(イブプロフェン)は、解熱鎮痛抗炎症薬です。
母乳中に少量しか移行せず、半減期も短いので、通常の投与量であれば授乳はOKです。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 07.6.30

子どもの2枚爪に関して教えてください。
2歳半の女の子なんですが、結構前から(1歳ぐらいから)ずっと2枚爪になってます。お外で砂遊びとかしてるからだと思って放置しましたが、治りません。最近わかったのですが、カルシウムが不足しているとそうなってしまうとのことでした。彼女の食事に関しましては朝は牛乳とパン(少量)、お昼は保育園で子ども用のお弁当、夕飯は保育園の農園で取れた野菜中心の食事を先生が作ってくれます。なので、食事のバランスはちゃんと取れていると思っていたのですが・・とても心配です。カルシウムは確か身長にも影響するんですよね。赤ちゃん用のカルシウムサプリメントを飲ませてもよいのでしょうか。もし飲ませるとしたら、大体どのぐらいの期間で飲ませるのがよいのでしょうか。よろしくお願いいたします。

****************

回答  たまごママネット医師団
爪の形には様々なものがあり、質問の内容だけではどのようなものか判断できません。
外来で2枚爪と訴えていても別のことがあります。皮膚科で診てもらい、異常なものか判断してもらってください。多くの場合は栄養と関係なく、心配する必要のないものです。
 食事に関しては、子どもは3度の食事から栄養をとるのが本当であり、ある程度食べていて、元気に遊ぶことができれば栄養が足りないということはありません。
  カルシウムは野菜などに含まれるビタミンやミネラルを一緒にとることで吸収がよくなります。様々なものを一緒に食べることでバランスのよい栄養吸収ができます。サプリメントで栄養をとろうとすると、ある一つのものが異常に多くなりそのための過剰症が起こることがあります。また子どもの食習慣によいこととは思えません。
渡辺眞史先生 07.6.29

ソラナックス0、4ミリを1日1錠飲んでも母乳を続けていくことは可能ですか?
 主治医の先生にも相談し、大丈夫だと言われましたが、やはり心配なので、他のお医者様の方のご意見も伺いたく相談しました。
ソラナックス0、4ミリを1日1錠飲んでも母乳を続けていくことは可能ですか?
やめた方はいいのでしょうか? 他に相談するところもなく、ご返答どうかよろしくお願いします。

*********************

回答 たまごママネット医師団
ソラナックス(薬剤名アルプラゾラム)は催眠鎮痛剤や抗不安薬として使用されます。
授乳に関する説明は次のようになります。
「できるだけ授乳婦には投与しない。投与する場合は、少量、短期間とする。
 母乳中への移行量は少なく授乳による乳児への影響は少ないと思われるが、乳児の傾眠などの症状に注意する。授乳直後に服用してもらう。」
成人での普通の服用量は1日に1錠(0.4mg)を3回服用(0.4mg×3=1.2mg)であり、ご相談のケースでは服薬量は1日1錠(0.4mg)服用ということで通常量の3分の1です。
 赤ちゃんが眠り過ぎないか、体重はきちんと増加しているかなどに注意すれば、この服用量で母乳を続けてもよいように思います。 平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 07.6.28
授乳中ですがマイスリーは子どもに影響はりますか?
現在、授乳中でマイスリーを夜寝る前に5ミリの半分、日中不安になった時にまた5ミリの半分服用しているものです。たまに不安が強い時は日中5ミリ飲むこともあります。かかりつけの病院では大丈夫だと言われましたが、本当に子どもに影響はないでしょうか?薬を飲んだ後3時間はあけて授乳するようにはしてるのですが。子どもは元気よく動いてますし、寝すぎるということもないように思います。でもやはり移行する薬ですので母乳に子どもにはいらぬ薬物が入ってると思うと心配です。私が飲んでる量だと、子どもに影響がありますか?長期間の服用ですので、
薬物が体に溜まっていくことはあるんでしょうか?やはり母乳はやめた方がいいのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

*****************

回答 たまごママネット医師団
マイスリー(酒石酸ゾルピデム)は、催眠鎮静薬,抗不安薬として用いられます。
服用した薬剤の一部が母乳中に移行しますが、移行量は少なく、薬剤が蓄積するなどによる乳児に対する副作用は起きないと考えられます。 赤ちゃんが眠りがちになるようなことさえなければ、母乳をやめる必要はありません。
平林先生  大阪市立十三市民病院小児科 07.6.23

強く泣くときに呼吸困難を起こしているので心配です。
1歳5ヶ月の子です。 強く泣くとき、「ぎゃー」という「泣き」の前の「引き」が強く、呼吸できずに顔色が悪くなってしまうことが時々あります。そんな時は、背中をたたいたりして「ぎゃー」という「泣き」が早く起こるようにしているのですが、なかなか「ぎゃー」が出てこない時があり心配です。
この「引き」が長くて呼吸ができないようになることが時々あることは、異常はないのでしょうか。
また、背中をたたいたりする方法以外に「泣き」(呼吸)を早く起こす方法はありませんか。

*******************

回答 たまごママネット医師団
 質問の内容からは泣き入りひきつけ(憤怒けいれん)が考えられます。
急に激しく泣き呼吸ができなくなり、顔色が悪くなり、からだを弓なりに反ったりするためお母さんはびっくりしあわててしまうことがあります。
静かにみていると1分以内に呼吸が戻り顔色もよくなることがほとんどです。
子どもの脳の未熟性のために起こる反応で、てんかんなどの病気ではなく、脳がおかしいなどと心配する必要もありません。脳の発達に伴い自然におこしにくくなり、5才までには治っていきます。
  呼吸が止まったように見えても必ず呼吸は戻りますから、背中を叩いたりなどの刺激をする必要はなく、胸元を開き楽にしてあげるだけで様子をみます。息が止まっても命に関わることはなく、またこのために脳に障害が残るということもありません。怒らせたりかんしゃくを起こさせないようにと、欲しいものはすぐに与えたしまったり、しかるべき時にしかることを控えたりすると甘やかしになり子どもの心の発達に悪い影響を与えます。
  泣き入りひきつは心配するものではありませんが、長い目で見るとこの甘やかしの方が大きな問題になります。冷静にみて1分以上呼吸停止が続いたり、回復の後にフラフラや意識がおかしいと思うことがあるような場合には他の病気の可能性を考えて小児科を受診してください。
渡辺眞史先生  07.6.23
オメプラゾン、ガナトン、ケルナックの服用による母乳への影響について教えて下さい。
 私は今十二指腸潰瘍を患い薬を処方されました。妊娠前にも十二指腸潰瘍と胃潰瘍を患い完治したのですが、ピロリ菌の除菌が出来ずに妊娠してしまいました。十二指腸潰瘍が完治した後またピロリ菌の除菌もしなければいけないとおもいますが、その際に処方される薬も大丈夫でしょうか。生後9か月の子どもは離乳食よりも母乳が大好きで薬を服用した後二時間も我慢できそうもありません。よろしくお願いします。

****************

回答  たまごママネット医師団
オメプラゾンは母乳中への移行は少なく、心配の少ない薬です。
ケルナックは通常の使用量であれば母乳を続けてもよいと考えられています。
ガナトンは参考にする資料がありませんでしたが、同様な薬は通常の使用であれば授乳可能な薬であることより母乳を続けてもよいと考えられます。
 9ヶ月の赤ちゃんは身体の栄養以上に心の栄養としての母乳の役割があります。活動が活発になった分だけ不安やびっくりなどたくさんの経験をして、おっぱいに頼ることが多くなっていると思います。2時間待たずにおっぱいを欲しがるのはいっぱい飲むというより、お母さんのおっぱいに安心を求めていることが多いと思います。もし時間を心配するのであれば、授乳の前に薬を飲むと、より長い間隔を開けることができます。
 ピロリ菌の除菌に使う薬はアモキシシリンとクラリスロマイシンになると思います。2剤とも授乳可能な薬ですから除菌治療中も母乳を続けることができます。
渡辺眞史先生 07.6.22

2か月の子どもの予防接種について教えてください。
はじめまして。2007/4/28に2598グラムの男の子を出産しました。初めての育児で戸惑うことも多かったのですが、なんとかもうすぐ2ヶ月を迎えようとしています。
予防接種についての質問です。
私の仕事復帰に伴い、7月から息子が保育園に行くことになりました。2ヶ月からの入園で不安や心配も多いのですが、先日風邪をひいて行った病院で、4ヶ月検診(8月下旬)のBCGの前に、三種混合を受けておくと安心ですよと勧められました。
早速、家に帰り予防接種のスケジュールを立ててみたのですが、10月にある集団接種のポリオ、11月から12月にかけてインフルエンザの予防接種をすることを考えれば、3ヶ月になると同時に3種混合の1回目、その3週間後に2回目の三種混合、その1週後にBCG、その4〜6週後に三種混合の3回目、そしてポリオ、インフルエンザというハードなスケジュールになるのでは?と考えました。しかし、こんなハードなスケジュールでは息子の体に負担がかからないか心配しております。早くから集団生活を始めますのでできるだけ、早くに予防接種を済ませたいというのが私の気持ちです。

******************

回答  たまごママネット医師団
早くから集団生活を始めるのであればできるだけ、予防接 種をしておく必要があります。
 決してハードではありません。日本の予防接種はのんびり時間も回数もかけ過ぎています。
結果として接種率が低くなり諸外国へ伝染病を輸出し、恥ずかしいことになっています。
本来、日本以外の先進諸国では集団生活に入る前の予防接種が義務づけられていることが多く、一度に数種類のワクチンを投与する場合もよくあります。
頑張って早く予防接種を済ませてください。
また、もし母乳育児をされているようなら続けられるようにお勧めします。
母乳自体も予防接種みたいなもので1歳までの感染症の罹患や重症化防止に強力に効きます。
また、1歳を越えて麻疹・風疹の2混ワクチンが済んで余裕があれば、予防接種手帳にない水痘や流行性耳下腺炎などの予防接種も受けてください。
平林 円先生 大阪市立十三市民病院小児科 07.6.19

息子の肛門周囲膿瘍に悩んでいます。
抗生剤を服用すると3日ほどでシコリは触れなくなるのですが、服薬を終えると10日ほどで出来てしまいます。ウンチの時はお湯で洗い流し、肌がサラサラになってからオムツをつけるようにしているのですが。どうしたら繰り返さないようになるでしょうか?息子は痛がったり薬を嫌がったりもせず毎日機嫌よく元気に過ごしてくれているのですが、そんな姿を見ると余計に自分の至らなさに落ち込んでしまいます。医師には「仕方ない」と言われているのですが、何か出来るコトはないでしょうか?

**************

回答  たまごママネット医師団
肛門周囲膿瘍は2〜3ヶ月の男の子に多くみられる病気です。肛門の3時と9時の方向によく見られます。いったんよくなったように見えても繰り返すのが特徴です。6ヶ月をすぎるとだんだん腫れることが少なくなり、1才を過ぎる頃には多くの場合自然に治っていきます。稀に1才を過ぎ2才になっても繰り返す場合には手術を行う場合があります。
おしりをきれいにすることなどで予防はできませんから、お母さんが何かをすることで防げるものではありません。
医師には「仕方ない」と言われているのはこのためです。
治療は抗生剤を服用したり、抗生剤の軟膏を塗って様子をみる場合がありますが、最近は漢方薬(十全大補湯)が内科的治療で有効といわれています。大きく腫れて自然に膿が出た場合には排膿がある間毎日軽く絞って膿を出します。皮下に膿がたまっているときには外科で皮膚を切開して十分膿を出すようにします。
外科で治療というと怖いような気もしますが、大きめに切開排膿することが一番早く治るように思います。肛門周囲膿瘍は特別な病気ではなく、多くの場合時期が来ると治っていきますので、かかりつけの先生の指示で様子をみてください。
渡辺眞史先生  07.6.14

レントゲンを2日連続で4枚撮影しましたが将来悪影響がでないか心配です。
初めまして、よろしくお願いします。先日、11か月の長男が、プラスティックを誤飲したかもしれないので診察に行き、胸部のレントゲンを2枚撮影しました。
その翌日、今度は頭部を強打し、別の病院で、頭部のレントゲンを2枚撮影しました。
どちらの診断結果も大した事はないとのことでした。ただ、今になって、2日連続でレントゲン撮影をしたことがとても気になり始めました。気が動転していたこともあり、頭部のレントゲンを撮影した病院で、前日もレントゲンを撮ったことを伝えていません。将来悪影響が出るようなことはないでしょうか。

****************

回答 たまごママネット医師団
 胸部と頭部の4枚のレントゲン検査で受ける被爆量は非常に少なく、将来にわたり影響を心配する必要はありません。撮影の範囲をなるべく小さくし、レントゲンの線量もなるべく少なくして撮影が行われています。必要のない検査は避けなければいけませんが、検査を行わないことで、見逃しが起こることも問題です。
質問の内容からは検査を必要としたかの判断はできませんが、診察された先生は必要と判断したものと思います。
 6ヶ月をすぎると手に持ったものは何でも口に持って行きます。直径が39mm未満のもので長さが52mm未満のものは誤って飲み込んだり、喉に詰まらせたりします。
今回は大きな問題にならなかったようですが、場合によっては命に関わることもあり、普段から口にして危険なものは子どもの手に届かないようにしておくことが大切です。
 やっと立ち上がることができ、まだ不安定な状態ですから、この時期はよく転んで頭を打つことがあります。はじめは痛くびっくりして激しく泣きますが、抱っこをしてあやすとほとんどの場合泣き止みます。泣き止んだ後に機嫌がよくなり、元気に遊び、食事もできるときには心配はありません。
お母さんがみていつもと違う、ぐったりする、顔色が悪い、何回も吐く、フラフラする、意識が変などの時には受診が必要になります。
渡辺眞史先生  07.6.12
指しゃぶりをしながら私の眉毛をさわる癖がありやめさせるのにはどうすればいいのでしょうか?
長男のことで悩んでいます。現在、2歳10カ月です。妹(6か月)がいます。
1歳になるころから指しゃぶりをしながら私の眉毛をさわる癖があります。
寝るとき、甘えるときなどが主ですが寝付くまで1時間近くもさわり続たり夜中や明け方の眠りが浅いときもさわってきます。
触られると私の顔が子どもの手で覆われて息が苦しくて私も眠ることができません。
寝ているときに触られると無意識に手を払いのけてしまうんですが払っても払っても触ってきます。「ママは僕のこと好きじゃないんだ」と言ってしくしく泣きだすこともありました。
長男にとって精神的に安心する大事な行為なので受け入れてあげたいのですが私も限界です。今までいつかは無くなるだろうと我慢してきましたが早く卒業して欲しいと言う思いから本人にも「ママ、それ嫌だからやめて」とか「3歳になったらやめようね」とかつい言ってしまいます。言われた本人はママに拒絶されたと悲しい思いをしてしまったのではないか、といつも反省しています。
無理にやめさせるのはよくないと思いますが、私としてはつらいです。
どうすればいいのでしょう?気楽に考えればいいかもしれませんが真剣に悩んじゃいます。

***************

回答  たまごママネット医師団
 私の外来にパーソナリティ障害の親がたまってしまい、とても小児科の外来と思えないような状態になっています。これから先もっと増えそうです。精神科の同級生には精神科に変わったらとか言われるありさまです。5月から本職が始まり、常位胎盤早期剥離で緊急帝王切開後心停止して生まれた新生児の低体温療法と生後3週目に原因不明の肺出血から出血性ショックに陥った新生児の低位体温療法を行っています。
良い時代になり、心停止して生まれても、後遺症が残らず退院できるようになりました。
 母親と子どもとの関係はお互い心地よい関係であるとよいですね。
甘えには様々な形があり、中には不健全な甘えもあります。たとえば子どもが母親を操る甘えがあります。
  母親は子どもの言いなりになる甘えです。母親は不安になり甘えの受容に苦痛を感じてしまうことがあります。度の過ぎた品物や小遣いを要求するようになり、子どもはわがままになるような甘えです。
 逆に母親が子どもを操る甘えもあります。どちらも心地よいつながりができていない時に起こります。心の中の否定を捨て、今を楽しんでゆくことが大切ですが難しい問題でもあります。
  まず、いやな行動をやめさせる一般的な方法をお話しします。
眉毛を触ったら、一言「ダメ」と言って手をゆっくりと掃います。その時には叱ったり、怒鳴ったり、ぐずぐず言ったりせず、ただ淡々と行動します。もう一度同じ行為があったならば、一言「ダメ」と言ってその場から立ち去ると止まるでしょう。
  言い聞かせたり、叱ったり、怒鳴ったりせずに、無表情で淡々と行うことが効果的です。
この方法は、かみつきや、パニックなどの対処法でもあります。これは最終手段です。
 眠るとき、甘えるときに、この行為で嫌な感じがするときには、寝るときには布団に子どもを入れてから、本の読み聞かせを10分以上すると心が落ち着きます。
  甘えてきたときには、ひざに座らせ同じように本の読み聞かせを10分以上するとよいでしょう。読み聞かせる人も聞くほうも脳血流が増えて安定します。注意点として、子どもにページをめくらせないことです。子どもがページをめくると読む人もイライラしますし、聞くほうはページをめくることに集中して、話を聞きません。本の読み聞かせは2歳半から3歳頃が最も効果的のようです。白川嘉継先生 福岡新水巻病院小児科 07.6.11

2歳の娘が脱臼でレントゲンを撮ったのですが防護服をつけずに撮影したので影響がないか心配です。
先日、腕を脱臼したようなので、ペインクリニック・整形外科に娘2歳を連れていきました。
その際、腕のレントゲンを撮りました。
娘がじっとしていなかったので、レントゲン室に先生が一緒に入って抑えてとりました。
その際、防護服が私の分と娘の分しかありませんでした。
先生は、娘の腹部に当てていた小さな防護服をはずし、ご自分でつけ、撮影しました。
私は、一瞬、え?と、思ったのですが、そのまま撮影となりました。
後で、不安に思ったので、防護服をつけずに娘を撮影して娘(特に生殖器:レントゲンには骨盤など写っていました)に影響は無いのか?と聞きましたが、今のレントゲンはとても性能がよく、また、飛行機に乗ったりしても自然に被爆しているから、大丈夫と言われました。
親切な方だったので、その時は信じていたのですが、よくよく考えると、ならば、なぜ小さな子どもの分の防護服をとり、自分につけたのか?と、疑問に思いました。
本当に、大丈夫なのでしょうか?撮影した枚数は4枚くらいだったと思います。

********************

回答 たまごママネット医師団
結論からいえば大丈夫です。心配ありません。
一回の撮影でおそらく年間自然被曝の1/10〜1/40くらいで4枚合わせてもニューヨークまで飛行機に乗ったときの被曝量よりも少ないでしょう。
 整形外科の先生が自分に付けた理由を考えると、「仕事のために毎日何回も被曝していて、フィルムバッチを使用して被曝量をモニターしているのであまり沢山被曝すると仕事ができなくなるかもしれない」などがあります。
まず娘さんに防護服をつけておいて、あとで取ったということは少し軽率だったとは思いますが、子どもの検査には苦労が多いのもご理解ください。
平林 円先生 大阪市立十三市民病院小児科 07.6.9
母乳だけで足りないようなのですがミルクを与えない方がいいのでしょうか?
出産して10日目です。 子どもは3548グラムで生まれました。病院に入院していた頃は、母乳と20cc位の量のミルクで足りていたのですが、退院してからは、母乳だけでは眠ってくれずすぐにまた泣いてしまうので、ミルクを40cc足しています。でも、本などを読むと、母乳が出るまで頑張りましょうとか書いてあるので母乳だけで足りなさそうな場合でもミルクは与えないほうがいいのでしょうか?

****************

回答 たまごママネット医師団
  ご出産、おめでとうございます。立派な赤ちゃんをお産みになられたのですね。  母乳で育てたいと思われるお気持ち、とても素晴らしいと思います。赤ちゃんも嬉しいでしょうね。
  ミルクの追加についてですが、母乳で育てられている赤ちゃんはお母さんに抱っこされておっぱいを吸うことが、とても心地よく、幸せなことだと感じているので、たとえお腹が空いていなくても、泣いてはおっぱいと抱っこを求めます。 
おっぱいをあげたばかりでも赤ちゃんに泣かれると、おっぱいが足りてないのではないかと不安に思われるでしょうが、必ずしもそうではないことが多くあります。
  母乳は頻回におっぱいを吸われる刺激で作られるので分泌が足りてないと思われるときこそ、頻回に授乳をされると分泌がよくなります。 それから母乳はとても消化がよいため、たくさん飲めていても、一時間半くらいで赤ちゃんはお腹が空きます。
  母乳の分泌に必要なプロラクチンというホルモンが一時間半毎に分泌がよくなりますので、授乳の間隔は長くても一時間半毎にされるとよいかと思います。もちろん短い分にはいくらでも構いません。
  日に少なくても16回以上、授乳をされるとよいかと思います。  そうするためには、他の家事をどなたかにお願いし、リラックスして楽しんで授乳されることも大切です。
  お食事をしっかり召し上がって頂くこともおっぱいのためには大切な要素となります。まずはお米をしっかり召し上がって下さいね。それから温かい汁物もたくさん。(私は授乳中、一人で日に5合のお米を平らげていました)  お肉や乳製品、甘いものはおっぱいの質を悪くしやすいので避けたほうが賢明かと思います。
  母乳だけで足りている目安に、おしっこの量と回数を見ていてあげて下さい。一日のおしっこの回数が6〜7回、おむつがわりとずっしり感じるほど出ていればほぼ大丈夫だと思います。
  可能でしたら、おっぱいと母乳のことを専門に診ている助産婦に相談しながらミルクの追加を減らしていけるとよいのではないかと思います。
  難しければ、上記のことを参考にして頂いて、またご相談下さいませ。
  今が頑張りどころで、大変なこともおありでしょうが、楽しい母乳育児をされますように。
若松寿美恵助産婦 07.6.4

2か月の男児の大泉門の開き具合とでべそが心配です。
4月6日に産まれたもうすぐ2ヶ月になる息子について教えてください。出生時3.160g、二週間後の検診時3.600g、一ヶ月検診時4.380g母乳の飲みはよいのですが、まだよく吐き戻しています。
  滝のように鼻と口から一気に戻すことはなくなりましたが、げっぷの際や飲んだ後でもなく縦抱きした際や寝ている間に戻しています。3ヶ月くらいまではこのような状態でしょうか?
一ヶ月検診の際に大泉門の開きが狭いと言われたのですが、4ヶ月の検診時にまた診てもらえばよいとのことでした。脳に後々影響が出てくるようなことがないか心配です。具体的にはよくわからないのですが、授乳の時にぺこぺこしたりくぼみが見えたりはしません。
あと、おへそがかなり大きく、こちらも一ヶ月の検診時におおきいねとは言われましたがそれからまたおおきくなったような気がします。直径は3センチ高さは2センチくらいあり、痛がったりくさいにおいがしたりはしていません。
長くなりましたがよろしくお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
 2ヶ月過ぎまでの赤ちゃんは、まだ満腹になったからおっぱいを止めるということができません。
飲みのよい赤ちゃんではいっぱい以上に飲んでしまいます。
  体重の増えがよく、飲んだ量の1/3以上と思われるぐらい大量に吐くことがなければ、経過を見て良いと思います。3ヶ月になると満腹感がわかるようになり、自分で飲む量を調節するようになります。このころからだんだんミルクを戻すことが少なくなっていきます。
 大泉門は大きく感じる場合、小さく感じる場合様々です。小さいからといってすぐに異常というわけではありません。頭囲が月齢に沿って大きくなっていれば問題はありません。1ヶ月に頭囲の発育がみられたから4ヶ月に診てもらえばよいといわれたと思います。
心配なときには小児科で診てもらえば安心だと思います。
 おへそは臍ヘルニア(いわゆるでべそ)の状態です。質問のサイズであれば6ヶ月ぐらいまでに自然に治ってくれる可能性が高いので、そのまま様子をみて良いと思います。
臍ヘルニアの多くは自然治癒しますが、1才まで治らない場合には自然治癒の可能性は低くなります。その場合には小児外科や形成外科で手術を行います。
渡辺眞史先生  07.6.1


ジェイゾロフト25 朝食後1錠、レンドルミン25を1/4の母乳への影響について教えてください。
数年前に仕事のストレス等で、うつになりました。数年前に投薬を受けて、1ヶ月で職場に完治を待たずに復帰。
出産を機に再発し、この2月から心療内科に通院中。母乳継続を理由に、漢方薬を処方していただいて様子をみていただいていましたが、症状は軽くならずに
ジェイゾロフト25 朝食後1錠
レンドルミン25を1/4にして睡眠前に服用となりました。
薬は合っていると思いますが、母乳は停止するようにと指示が出ましたが、やはり母乳は続けたいです。
どうすればよいでしょうか。

***************

回答  たまごママネット医師団
レンドルミンは母乳中に移行しますが、通常の使用量では授乳可能と考えられています。
赤ちゃんが元気で、普通におっぱいを飲めていれば心配はありません。
ジェイゾロフトは新しい薬でまだ安全性について十分わかっていない薬です。
  他の同じような薬は通常の使用量であれば授乳可能と考えられていて、今服用の量も少ない量ですので、授乳可能と思われます。赤ちゃんの様子(寝てばかりいる、元気がない、飲みが少ないなど)に注意して、もし心配なときには、母乳育児に理解のある小児科に相談してください。 
渡辺眞史先生  07.5.31

私とは目をあわさず、抱いていても首を曲げて視線をそらしますが夫には笑顔を見せます。
4ヵ月半の息子のことです。共働きのためデイケアセンターに通っています。センターの人以外であれば主人よりも私と過ごす時間のほうが長いのに、3ヶ月あたりから息子は主人(やセンターの人)と目をあわし、楽しそうに話すことはあっても、私とは目をあわさず、抱いていても首を曲げて視線をそらします。抱いて話しかけていても、顔をあわせることはなく、周りをきょろきょろしています。その息子が目をあわして話しかけてくることもあるにはあるのですが、そのときは楽しそうな感じではなく、真剣に何かを訴えているようで、そのうちよだれがでてくるので、母乳の催促だということが分かります。どこで間違えたのか、息子は私をミルクマシーンのように思っているように思います。なんとか、息子にとって私が”ミルクマシーン以上”のものだということを知ってもらいたいと思うのですが、日常息子に接するときに、とりたててするといいこと、あるいは注意をすべきことというのはありますか?
現在海外在住で、主人もデイケアセンターも英語で息子に接していますが、私は日本語です。言語のリズムの違いでしょうか?それとも会話に伴う表現の違いでしょうか?よく分かりません。よろしくお願いします。

*****************

回答  たまごママネット医師団
 表情豊かで、とても反応の良い、知的に高いお子様のような感じがします。
5か月の乳児を対象として暗算ができるかどうかを調べた実験があります。舞台の上に一人の人間を立たせ、その後カーテンを閉めて、わきから別の人を舞台に上らせて、カーテンを開きます。5か月の乳児は舞台の上に2人の人間がいると、ちょっと見るだけで興味は別に移ります。
しかし、1人しかいなかったり、3人だったりするとじっと見つめるのです。予想に反したことが起こるとじっと見つめます。この結果から5か月児は暗算ができると考えられています。1か月健診の乳児でも、見慣れた顔よりも、見知らぬ顔をじっと見ます。また顔の変化によく反応します。
母親の顔は予想通りで見慣れていること、表情に乏しく、いつも同じ表情になってしまっていることで、反応が悪いと思いますがいかがでしょうか。
子どもの反応が悪いときには、自分自身の精神状態が不安定になっていることが多いので、気になさらず、感情豊かになれるように努力して、日々のお子様の発達を楽しまれてはいかがでしょうか。少なくともこの月齢では言語の問題ではないでしょう。
白川嘉継先生 福岡新水巻病院 07.5.30

大泉門を強く押すとどうなるのでしょうか?
9ヶ月の赤ちゃん相手に5歳の息子がままごと遊びをしていました。ふと見ると上の子が下の子のちょうど大泉門のところにおもちゃの注射器をグリグリ押し付けて注射をするまねをしていました。大泉門をとがったもので押すと脳に圧力がかかって良くないと聞いたことがあります。大泉門を強く押すとどんなことが起こるのでしょうか?赤ちゃんはちょっと顔をしかめましたが、泣くこともなく、数時間たった今も元気にしています。それでも脳になにか影響があるのではないかと心配です。どうぞよろしくお願いします。

***************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんの様子からみて、今回はおそらく悪い影響は何も 無いだろうと思います。
ただ、同じ行為を何度も繰り返すことはあまり好ましくありませんのでお兄ちゃんにも、今後はしないように分かってもらってください。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 07.5.25


母乳を飲んだ後に口の周りにできる湿疹がりますがアレルギーでしょうか?
6ヶ月になる子どもがいます。おとといより口の横に小さなできものが4つ位固まってできていました。次の日にも同じようにできものは残っていたのですが、その日以来、母乳を飲み始めると大小のできものがあごの付近、口の横からほっぺたにかけて少しでます。大きなできものは先に膿があるようなのですが、1時間も経てば元々あった4つ固まったできもの以外の大小のできものは消えてしまいます。アレルギー反応が起こっているのかとても心配なのですが、母乳に関係があるのでしょうか?
当方フランス在住で、食生活が主人に合わせて洋食が多くなるのですが、和食よりも乳製品、脂分の多い食事は母乳に何か影響がありますか?

****************

回答 たまごママネット医師団
 実際に皮膚の状態を見ないと正確なことは言えませんが、質問の文面からは病的な発疹は考えにくいように思います。
アレルギー反応にしては症状が軽く、早く消えてしまいます。
 一番考えられるのは、母乳そのものによる刺激で、皮膚が赤くなったもののようです。
前からある別の発疹がそれと一緒に赤く反応し、刺激がとれると赤みが消えてしまっている様に思われます。授乳の後、お湯で浸したガーゼを軽く絞り、口のまわりを軽く拭いて様子をみてください。強く絞ったもので拭くと皮膚を傷つけ炎症を起こしますから、少しぬれたぐらいで優しく拭いてください。
 脂肪分が多いと乳腺炎を起こしやすくなりますから注意が必要です。乳製品に限らず同じものを続けてとることはよくありません。
  どこに住んでいても、様々な食品を偏り無くとることが栄養バランスやアレルギー予防のために心がけたいことです。その中で乳製品をとることは必要なことですし、和食と比べて多くても全体のバランスがとれていれば心配ないと思います。
渡辺眞史先生  07.5.23
3歳3ヶ月の娘が食事を嫌がるようになった。
3歳3ヶ月の娘について質問があります。1週間前に食事の際りんごがのどに詰まってから、食事を嫌がるようになりました。翌日の朝はそれなりに食べていたのですが、昼にまたりんごを 出したら怖くなったようで、何も食べたがらなくなりました。食べさせようとすると、口に含ん でから長い間噛んで飲み物で流し込む始末。現在はワッフルと摩り下ろしりんご、チーズは食べ
てくれるので、そればかり食べさせています。ほかのものを無理やり食べさせようとすると、大 喧嘩になります。お菓子は今のところ与えていません。もともと肉はあまり好きではありません でしたが、それ以外は何でも食べていたのに、大好きなブロッコリーも食べなくなりました。赤 ちゃんのころより華奢な体型で、このまま食べないとどんどんやせていきそうで心配です。現在 の体重は12.5kgです。
性格的に怖がりなところがあり、大きい音を怖がったりします。
どうしたらまた食べてくれるようになるでしょうか?そして、そうするためにはどんな食事を出せばよいでしょうか?

******************

回答 たまごママネット医師団
 お子様は、りんごを詰まらせてとても苦しかったのですね。
きっと死ぬかもしれないと思ったことでしょう。それで怖くてりんごが食べられなくなったところで、またりんごを目の前にして、恐ろしい思いがよみがえってしまったと思います。
  死ぬかもしれないほど恐ろしい思いをしたりんごを目の前にして、何も食べられなくなってしまったように思います。
「怖かったね。もうりんごは食べなくてもいいよ。」と言って食べさせないでいると、しばらくして、心の傷が癒えたら食べるようになります。
  恐ろしい思いをしたものを、その記憶が消えないうちにまた与えようとすると恐怖が上塗りされて、心の中に強く残り、時に記憶の底のほうで心的外傷体験として残ってしまいます。そうなると再度食べることが困難になりかねません。
また、食卓は社会性の場であり、叱られたり怒られたりする場ではありません。
楽しく食卓を囲むことが社会性をはぐくむために大切です。
 食事中に叱ったりすると、拒食することもあります。ただし、拒食症や過食症などの食行動の異常は、食卓だけの問題ではなく、親子の関係性障害による愛着障害が根底にあります。
  まずはのどに詰めないように、細かく刻むか、すりおろして与え、慣れてきたら大きくしてゆくとよいでしょう。あせらず叱らず進めてゆきましょう。さらに、頑張れたらほめることが大切です。
頑張りは、したくないことを頑張って行うことです。
食べたくないので食べないは当たり前なので、叱られてもうまく行きません。しかし、食べたくないのにあえて頑張って食べたら、「よくできた」と褒めて成功体験を培うことが大切です。
「 やってみせ,言ってきかせて、させてみせ、ほめてやらねば,人は動かじ 」山本五十六。
白川嘉継先生 福岡新水巻病院小児科 07.5.20


便の色が赤茶色になり、血が斑点状に混ざっているのが見られるようになり心配です。
もうすぐ生後3ヶ月の女の子の母です。
先週末から便の色が赤茶色になり、血が斑点状に混ざっているのが見られるようになりました。子どもはいたって元気で、いつもどおり母乳をごくごく飲んでいるのですが、症状が何日も続くので昨日病院に行きました。
そこでK2シロップをいただき、現在便の検査結果待ちです。
こちらのサイトを拝見して「赤ちゃんのウンチに点々と血がついていることはよくあることです。腸の粘膜からの軽い出血で、腸の蠕動や便の刺激でおきたもので病的なものではありません。」との回答を読み、安心したのですが、この症状はどれくらい続くものなのでしょうか。
また、月齢としては母乳をあげている限りずっとみられる症状なのでしょうか。
今後の参考のために、安心のために、教えてください。

*************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんのウンチに点々と血がついていたり、糸をひくような少量の血液がみられることは比較的よく経験され、赤ちゃんの哺乳状況や機嫌がよいようなら心配することはありません。
頻度や期間についてハッキリしたことは言えないのですが、2、3日の間に数回のみといった場合が多いように思います。
長く続いたり、頻繁に繰り返すとき、血液の量が多いときには便のついたオムツを持参して小児科を受診される事をお勧めします。平林先生 大阪市立十三市民病院 07.5.18


鼻づまりが改善されず睡眠時に数秒無呼吸になることがあり心配です。
現在3ヵ月半の男児です。生後2週間で鼻づまり症状が現れ、ミルクがつまり顔が真っ赤、呼吸が数秒止まる等の症状あり。生後1ヶ月時、細気管支炎との診断で2週間入院。気管支炎はよくなりましたが、鼻はほとんど改善せず、現在も鼻づまり、睡眠時に数秒の無呼吸、喉のゼロゼロが続いています。ミルク時の症状は大幅に改善しました。担当医は当初「風邪によって鼻が炎症、赤ちゃんの鼻は細いから治りにくい」との診断、2ヶ月近くたった前回の診察で「もともと鼻の管等が細いのかも。成長すれば改善するのでは」と言われました。実際そのようなことはありますか?去痰剤や炎症を抑える薬を入院時からずっと服用し続けています。知り合いが別の病院で聞いたところ、「診察しないと分からないが、鼻の奥が狭かったり、空気が漏れてる可能性がある。1歳までに手術が必要」と言われたそうです。鼻の形に異常があるということでしょうか?どういう検査をすればよいですか?腎臓に奇形があり、心房中核欠損症の疑い(来月再超音波)もあります。顔色が白く(貧血ではない)、泣いたり授乳時によく頭に汗をかきます。体温が36度前半まで下がることがたまにありました。鼻づまりと合わせ、心配な症状はありますか?

*************

回答  たまごママネット医師団
もし母乳で育てておられるようでしたら、鼻の穴に一滴ずつ垂らしてあげてクチュクチュと鼻をつまんであげることで、鼻づまりが軽快することがあります。
睡眠中の無呼吸は15から20秒以上の場合には問題になりま す。数秒くらいなら誰でもありそうです。
基本的には、鼻閉や軽度の喘鳴があっても、哺乳が可能で結果として体重増加が良好ならあまり心配しなくてよいように思うのですが、診察してみないことにはハッキリしません。
子どもをきちんと見てくれる耳鼻科の医師を受診してみることをお勧めします。
平林先生 大阪市立十三市民病院 07.5.17

息子の肛門付近に出来てしまったシコリについての質問です。
元々市販のお尻拭きは使わずお湯で洗い流してコットンでたたき拭きをしていました。5日前にシコリ(赤みを伴い大きさは小豆大)を見つけました。痛みはないようですが、病院に行くとオムツかぶれで大したことはないなので清潔にして様子を見ていいと言われました。その後改善は見られないのですが、今のまま様子を見ていていいのでしょうか?また、軟膏は排便の度に塗ったほうがいいのでしょうか(排便が頻回で1日10回くらいです)?

***************

回答  たまごママネット医師団
実際にしこりをみてみないとはっきりしたことを答えることはできません。
 赤いしこりが肛門のすぐ近くにありだんだん大きくなるとすれば肛門周囲膿瘍が考えられます。赤ちゃんに特有な病気で、赤いしこりが腫れてきて膿がたまります。自然に破れて膿が出る場合がありますが、大きく腫れてたくさんの膿がたまる時には切開が必要になることがあり、小児科で経過を見てもらってください。
大きくなってこなければ、心配のない発疹と思われます。
  もし5日間で変わりがなければ様子をみていてよい物だと思います。
軟膏はおしりをきれいにしてから塗ってください。塗る回数は付けている軟膏によって違ってきます。薬をもらった先生にどうしたらよいかよく聞いておいてください。
 おしりの皮膚は、強く絞った布や乾いたティッシュなどでこすると傷が付きおむつかぶれになりやすくなります。お湯で洗い流すようにきれいにしてください。
渡辺眞史先生 07.5.12

右停留睾丸と診断され病院選びに悩んでいます。
2ヶ月の息子が出産後、右停留睾丸と診断されました。睾丸はソケイ部上で触れますがかなり上の方にあるため、手術になる可能性が高いと言われました。
  育児書では手術の時期がまちまちで、病院によって違うと思いますが、現場ではだいだいどのくらいの時期に手術をしているのでしょうか?早い方がいいですか?。また、手術は簡単の様ですがやはり病院選びに悩んでいます。小児外科の泌尿器医師が常勤している病院はすくなく、また上の子もいるので地域も限定されてしまいます。手術件数なども多い病院を希望したいのですが、ホームページなどで公表している病院は少なく・・どの様な視点で、方法で選んでよいのか分かりません。それと、年間29件停留睾丸のOPE件数とは多いほうですか?(某小児医療センター)。そんなに悩まなくても、どこでも出来る簡単なOPEなのでしょうか・・?。まとまりのない文章ですみません。ご回答よろしくお願いいたします。

**************

回答  たまごママネット医師団
停留精巣は比較的多くみられる赤ちゃんの病気です。
1才までは自然に改善する可能性があるために経過を見ます。
1才になっても改善のない時にはその後よくなる可能性が少ないため手術を行います。手術は小児外科や泌尿器科で行います。
手術の時期は1才から1才6ヶ月頃に行う場合と、2才から3才頃に行う場合がありますが、最近は1才過ぎに行うことが多くなっています。
まだ2ヶ月ですから急ぐ必要はなく、健診の時小児科の先生に相談し病院を選ぶのがよいと思います。
手術の方法は確立されていて困難な手術というわけではありませんが、実際については手術を受ける病院でよく話を聞いてください。
渡辺眞史先生  07.5.12

生後43日の息子の体重増加が少ないと健診で指摘され心配です。
出生時体重3136グラム、退院時体重2850グラム、1ヶ月健診時3460グラム
1回授乳すると2時間くらいオッパイを離しません。助産師さんには「母乳の分泌もいいし開通も問題ない」と言われましたが、健診で体重増加が少ないと指摘されました。母乳だけで頑 張っていたのですが、午前9時〜午前2時くらいまで合計で2時間程度しか眠りません。夜は乳首を口から離したり寝かせた途端に号泣です。抱っこしても効果がないので授乳を再開します。数 日前に軽い乳腺炎になってしまい授乳を中止するよう看護師さんに言われミルクを80cc飲ませました。勢いよく飲んだのですが直後に中等量吐いてしまいました(その後3〜4時間眠りました)。
5〜6時間経過しても胃液のような粘性の液体まで吐いてしまいました。お聞きしたいことは以下の4点です。?オッパイを離せないこと、あまり眠らないことは、母乳不足の可能性が高いので しょうか?(過去の質問を見ると、眠らないのも個性だとありましたが、息子のような場合も個 性の範囲でしょうか?)?ミルクを飲むと5〜6時間経っても吐いてしまうというのはミルクがあ
わないのでしょうか??体重の増え方には問題がある のでしょうか??乳首を外したり布団に寝かせる際に起こさないようにするにはどのようにしたらいいのでしょうか?

******************

回答 たまごママネット医師団
  息子さんについて、母乳について、いろいろとご心配されておいでなのですね。
 頂いたご質問の内容から、まず体重増加は問題ないように思います。単純に数字で見ても、日割り平均18グラムの体重増加が認められますので、母乳不足はご心配なさらず、今のペースで授乳を続けて頂けたらと思います。
 (WHOとユニセフの指針でこの時期の赤ちゃんの体重増加は日割り18グラムあれば大丈夫だとされています。)
 乳腺炎になられても、母乳を続けて構いませんし、授乳を続けることで軽快しやすく、またミルクを追加してしまうと悪化させたり、母乳の分泌を低下させることがありますので、ミルクは切り上げておっぱいをしっかりあげて下さい。赤ちゃんに悪影響を及ぼすこともありませんので、ご心配なさらずに。
  ミルク(人工乳)はそもそも牛のお乳で加工はされていますが、人間の赤ちゃんにとっては消化・吸収しにくいため時間が経っても消化されずに胃の中に残っていて吐いてしまうということが起こり得ます。 
 母乳は消化・吸収が早いため、またお母さんに抱っこされておっぱいをもらうことが心地よいため、赤ちゃんはいつもお母さんの抱っことおっぱいを求めます。息子さんも乳首を離したり、お布団に寝かせようとすると起きて泣くのは、とても利発な赤ちゃんではないかと拝察致します。生まれてすぐに自力で移動することやえさをとることが出来ない霊長類の赤ちゃんは置かれると泣いて母を求めるという、本能的な働きが備わっていますので、一人で置かれても泣かない赤ちゃんをみると、私達は心配になります。
 とは言え、お母さんはゆっくりお休みになられる時間もなくお疲れではないでしょうか。お母さんが疲れきってしまって、せっかくの授乳も辛いものになってしまうと、赤ちゃんも緊張が高くなりやすいように思います。赤ちゃんのお世話だけでも大変な時期なので、可能でしたら家事などは上手にいろんな方の手を借りられると良いですね。
気候が良くなりましたので、日中はお家の中にこもらずに息子さんと外にお出かけになられるのも良いかも知れません。赤ちゃんと二人っきりになるとどうしても目の前の赤ちゃんのことだけが必要以上に気になってしまうこもありますので、上手に気分転換をするのも大切なことのようにも思います。
  お母さん一人で頑張り過ぎずにお過ごしになられますように。
若松寿美恵助産婦 07.5.4

授乳中のイソバイドの服用について質問させていただきます。
昨年の11月に出産しましたが、直後より右耳が聞こえなくなり、蝸牛型メニエルと診断されました。聴力はイソバイドを服用し、すぐに回復しました。
授乳したいと主治医に相談すると、長期間比較的大量に服用を続ける必要があるため、授乳するなら投薬はしないといわれました。そのときはイソバイドをやめましたが、すぐに聴力は落ちてしまい、再開するか迷っています。
私は職業柄、小さい音を聞き分ける必要があり、聴力が落ちると困ります。
子どもはガラクトース血症で、特殊ミルクとの混合栄養ですがこの機会に完全ミルクにしようかとも悩んでいますが、
ガラクトース代謝能が上がり、食事制限が解除されてからでも母乳に戻そうと、今までがんばって搾乳を続けてきました。
イソバイドは2、3ヶ月は続ける必要があるようです。授乳は控えたほうがいいのでしょうか。アドバイスをお願いいたします。

**************

回答  たまごママネット医師団
 イソバイドについて授乳中の使用の安全性についての十分 なデータはありませんが、そのまま授乳を続けておそらく大丈夫です。
米国の教科書Drugs in Pregnancy and Lactation 7th editionでは
( recommendation: No human Data-Probably Compatible )という表現です。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 07.5.3


授乳中のメイアクト、ムコダイン、ポララミンは影響がありますか?
3ヶ月の男の子のママです。一週間ほど前から頭痛がひどく、病院で蓄膿症と診断されました。授乳中である事を告げ妊娠後期の人が服用しても大丈夫な薬を処方してもらいました。メイアクトMS錠100mgを1錠・ムコダイン錠250mgを2錠・ポララミン錠2mgを1錠ずつ毎食後に服用しています。先生からは授乳の後に薬を飲むなど工夫して。と言われたのですが、まだ3ヶ月の赤ちゃんなのでおっぱいをすぐ欲しがったりすることもあります。薬を飲んだ2・3時間後はやむを得ずミルクにしているのですが、やはり薬が赤ちゃんに影響を及ぼしたりするのでしょうか?
私としては完全母乳に戻したいのですが・・・。

*******************

回答 たまごママネット医師団
 お母さんに薬を出してくれた先生は、母乳の大切さを理解してくれている先生だと思います。メイアクト、ムコダイン、ポララミンとも通常使用する範囲では母乳中に移行する薬の量も少なく、授乳を続けてもよい薬です。
  授乳中に薬を使用する場合の注意として「授乳直後に薬を飲むように」といわれます。これは薬の血中濃度が一番高い時間の授乳を避けるためにいわれますが、これらの薬は母乳中の濃度が高いとしても、赤ちゃんに影響を与えるほど高くなることはなく、あまり気にする必要はありません 。
  赤ちゃんは決まった時間毎におっぱいを欲しがるわけではなく、予定通りには行きません。欲しがったら時間は気にせずおっぱいを飲ませてあげてください。母乳でできるのであれば、心配しないで完全母乳にしてください。
渡辺眞史先生  07.5.1

朝起きたらうつぶせでねていましたが脳に影響がないか心配です。
生後6ヶ月の赤ちゃんがいます。夜中に起き添い寝をし、そのまま寝てしまいました。朝になって赤ちゃんがうつぶせで、枕に顔をうずめた状態で寝ていました。すぐに起こして、状態をみたのですが、いつもと変わりありません。息ができてたのでしょうか?脳に影響がとても心配です。脳性麻痺などにはなってないでしょうか?? 赤ちゃんはとりあえず、いつもと変わりなく元気です。

*****************

回答 たまごママネット医師団
 乳児突然死症候群(SIDS)の危険因子の一つとしてうつぶせ寝が取り上げられ、多くの国で赤ちゃんを寝せるときは仰向けで寝せるように指導されています。4ヶ月前の赤ちゃんであれば自分で寝返りをうってうつ伏せになることは少ないのですが、早い赤ちゃんでは4ヶ月過ぎには自分で寝返りをうちうつ伏せになってしなうことがあります。
 このためお母さんが目を覚ましたらいつの間にか仰向けで寝かしたはずの赤ちゃんがうつ伏せで寝ていてびっくりするということが起こります。自分で寝返りをするぐらい発達のよい赤ちゃんはうつ伏せになったからといってSIDSの危険性は少ないと考えられますが、むしろ柔らかい布団やまくら、周りにある顔を覆うようなバスタオルやぬいぐるみなどで顔が埋まることによる窒息をおこさないように注意をする必要があります。
  自分でする寝返りをすることを止めることはできません。窒息を防ぐためには、布団や枕を堅めの素材のものにしたり、赤ちゃんの寝ている周りに柔らかいものを置かないような注意が必要になります。
 質問の赤ちゃんの場合、もし窒息が起こり脳に障害があるとすればひどく重症な状態ですから、起きた後いつもと同じで元気なことはありえません。
うつぶせ寝になっても赤ちゃんは自分で顔を横に向け呼吸します。質問の内容からは脳障害を心配する必要は全くありません。
渡辺眞史先生  07.4.21


薬の母乳への影響についてお尋ねいたします。
4月16日から高熱が出、病院へ行き薬を処方してもらいました。
その際に、授乳中である事は伝え、薬も母乳へは影響がないと言われました。
ですが、やっぱり心配で処方してもらった薬をネットで検索した所授乳中は中止するものと書かれていました。
今日は17日ですが、胸が張って痛くなったのもあるし、子どもに母乳をあげたいです。
混合なので、母乳だけで栄養を補っているわけではありません。
処方された薬は
1.ブルファニック1回2錠
2.スカノーゼリン10mg1回1錠
3.フスコデシロップとタイソキノールシロップを混ぜた物1回1目盛り
4.クラリスロマイシン錠200mg1回1錠
5.アデフロニック錠25mg熱が38度以上あるときのみ
1〜4までは1日3回、5日分の薬を処方されています。
薬を飲んでから、母乳に薬が出るまでの時間が大体分かれば
その時間は避け、影響のない時間に母乳を与え、影響の出る時間にはミルクを与えたいと思っています。
今回の薬の母乳への影響を教えてください。お忙しいでしょうが、ご回答よろしくお願いいたします。

**************

回答  たまごママネット医師団
母乳育児をしているときに母親が風邪などで薬が欲しくなることはよくあります。以前は多くの場合薬を飲むなら母乳をやめてくださいといわれていました。最近は母乳育児の大切さが理解され、また母乳と薬の関係を理解してくれる先生が増えてきたために質問のように「薬も母乳へは影響がない」と話してくれる様になってきました。
  日本の薬の説明書には少しでも母乳に薬の成分が移行すると母乳を与えてはいけないとなっています。普通子どもが風邪をひいた時に使うような薬でさえもだめとなっています。
  アメリカ小児科学会やWHO/ユニセフでは多くの症例を分析して薬と母乳について安全性を検討しています。その中では特殊な薬をのぞいて多くの薬が母乳を飲ませながらでも使用できるとされています。
継続的に薬を服用している場合には注意しながら授乳する場合もありますが、急性疾患で短期間薬を飲む場合には通常量であれば使用可能のものがほとんどです。
質問の薬はすべて使用可能な薬ですからたっぷりと母乳を与えてください。薬は授乳直後に服用するとより安心です。
渡辺眞史先生 07.4.19


娘は2歳7ヶ月。夜中に最低3回は授乳していますが断乳したいのですが。
10ヶ月より保育園に預けていますが、母乳育児を何とか続けています。
出産した時、助産師さんや医師の方からの母乳のすばらしさを聞いて、ミルクを飲ませることなく、母乳でがんばって育ててきました。また、周りは、早くから断乳をするように言いましたが、娘がそのうち離れるまで、自然にしたいという私の意志を貫いて育ててきました。しかし、最近、できれば、断乳したいと考えるようになりました。理由は、オシメがとれ、夜中にオシッコのため、2・3度起きるようになりました。今までも、夜中に最低3回は授乳していて、昼間も休みの時は、お乳を欲しがって、離れないため、もうヘトヘトなのです。母乳がなくても夜は寝てくれるのですが、必ず、夜中に欲しがって泣くのです。また、平日昼間は仕事をしていて離れているし、娘も保育園でがんばっているのだから、せめて母乳は続けたい・・と最初は思っていたのですが、飲むペースが10ヶ月の頃と変わりません。本当は自然にまかせたいのですが、どうしたらよいでしょうか?

*******************

回答 たまごママネット医師団
2歳7ヶ月まで母乳で育ててこられたのですね。 周りの方からのプレッシャーの中、お嬢さんにもなによりの宝になっていることと思います。
  私も同じような思いをしたので、断乳がちらつく思いもよく分かります。自然卒乳を待ちたい気持ちと、いったいいつまで夜中の授乳が続くのだろう・・・。朝までぐっすり眠りたい!という気持ちが葛藤しますよね。ましてやお仕事もされていてはなおさらかと。  我が家も娘が2歳を越えたころから『まだ、おっぱい飲むのー!?』と大人の心ない言葉に娘は『いいの、りんのおっぱいなの!』とぴしゃり!  そうよね、その通りよね。と思え、『いつまででもいいよ、気が済むまでどうぞ』と思ったらこちらの気が楽になりました。
『3歳でも4歳でも、娘がいらなくなるまで待とう』と思えた時から、次第におっぱいの間隔も空いてきて、3歳で自然卒乳しました。 子どもは大人が思っているより敏感です。
  お母さんが離そうと思えば思うほどおっぱいを求めてくるように思います。特に2歳児は自分でも処理しきれないほどの自我がどんどん沸いてきて子どもは自分でもどうにもならない感情を持ちやすくなります。そのような思いをおっぱいが癒してくれると思います。
  せっかくここまで頑張ってこられたのですから、あとは楽しんで卒乳を待たれてはいかがでしょうか。
若松寿美恵助産婦 07.4.17
他の人が公園で遊んでいて汚れた手で赤ちゃんを触るのが気になり不安です。
現在7ヶ月の赤ちゃんについて質問があります。最近暖かくなってきましたので上の子を連れて公園に行くことが多くなりました。上の子を砂場で遊ばせていたりすると、お友達やお母さんたちの中には汚い手のまま赤ちゃんの手をにぎったり頭をなでたり顔を触ったりする人がいてとても気になります。
何でも口に入れてなめたい時期なので、差し出された手をぺろっとなめてり、いつの間にか手についた泥水をなめたこともありました。上の子が1〜2歳のころはたまに誤って砂場の砂を口に入れてしまうこともありましたが、他の子もそんな感じだったのであまり気にしたことはありませんでした。でも、6ヶ月前後の赤ちゃんの抵抗力はどのくらいあるのでしょうか。公園にはところどころ犬のフンが落ちてるし、砂場にも回虫の卵があると聞きます。
そういった寄生虫に対する抵抗力は持っているでしょうか。今のところお腹を壊したことはありませんが。公園に行くたびに嫌な思いをすることが多いので、どうぞよろしくお願いします。

******************

回答 たまごママネット医師団
 6ヶ月になると赤ちゃんは手にしたものをなんでも口に持って行きます。
なめてみて食べられるものか確認をします。親からみれば汚いと感じるかもしれませんがこのことによって赤ちゃんがお腹をこわしたり病気になったりすることはほとんどありません。
  人間の身体は常在菌という身体を守る働きの菌によって悪い菌が身体の中にはいるのを防いでいます。
皮膚はもちろん、お腹の中まで汚れたものとふれる場所はこの常在菌によって守られています。このため、汚い、ばい菌がいる様なものにふれたり、口にしたとしてもそれによって病気になることはありません。普段の生活の中で、絶対的に清潔なものはありません。いろいろな細菌やウィルスにふれあうことによって常在菌の抵抗力が高まり悪い菌の侵入を防いだり、身体の中の免疫の働きを強めたりしています。
  一見汚いと思うようなことも身体を丈夫にするために大切なことなのです。
抗菌グッズが多くみられますが、菌の少ない生活を送ることができたとすると、身体が弱くなり簡単にばい菌に負ける身体になってしまいます。
  東南アジアなどで現地の人と同じものを食べても日本人だけがお腹をこわすことがあります。日本は清潔なため菌に対する抵抗力が現地の人より弱くなっているためです。清潔な生活は必ずしも丈夫な身体を作っているとは言えないこともあります。
子どもが砂場や遊び場で土をかけられたり土や泥をなめたとしても、そのことで病気になることはないと思います。砂場に猫や犬の回虫のたまごがあると話題になったことがあります。その回虫のたまごは人のお腹に入っても孵化することはなくそのまま排泄されますからもし口に入ったとしても悪さをするものではありません。
  心がけることとしては、外遊びから家に帰ったときには、手や顔を洗うことで充分だと思います。
子どもが外遊びをすることは丈夫な身体を作るために大変良いことです。
  外の空気に触れるだけでなく、様々な菌にふれることも丈夫な身体を作るために必要なことです。
犬の糞が落ちていたり、ゴミがいっぱい落ちているようではいけませんが、普段みんなが遊んでいるような場所であれば、あまり心配しないで遊ばせてあげて良いと思います。 
渡辺眞史先生  07.4.14
乳首に傷ができステロイドを塗っ ていますが赤ちゃんに影響はありますか?
子どもが1歳2ヶ月に入った頃から乳首に傷ができやすくなり、あまりの痛みに今まで2度ほど皮 膚科を受診しました。これといった原因はみつからず(カンジダではありませんでした)、受診 のたびに乳首に塗るステロイド剤を処方されました。
それで一旦はは治るものの、その後、頻繁にヒリヒリし、そのたびに処方されたステロイドを塗っ てケアしてます。
医師の指示通り、授乳前はふき取るようにしていますが、場所が乳首なので多少なりと子どもの体 に入ってしまい、且つ、長期の使用で蓄積されてはいまいかと心配です。現在、息子は1歳4ヶ月ですが、おっぱいをまだまだ欲しがり、できれば、断乳は1歳半過ぎに したいのですが、ステロイドの影響を考えると、早めにおっぱいから離した方がいいのでしょう か。
処方されたステロイド剤は1回目がロコロイド軟膏、2回目がボアラ軟膏です。どうぞよろしくお願いします。

********************

回答 たまごママネット医師団
ロコロイド軟膏は酪酸ヒドロコルチゾン(0.1%, 1g)、
ボアラ軟膏は吉草酸デキサメタゾン(0.12%, 1 g)なので、それぞれ、一本の軟膏チューブに1 mg, 1.2 mgのステロイドを含有しています。
この一本分が一気に体内に入ると実際の治療量に近くなりますので健康へも影響するかもしれませんが、乳首に塗ってさらに拭き取った後を子どもの口に含ませてもおそらく、この100分の1程度も体内には入らないものと考えられます。
これを続けてもお子様の健康には問題ないだろうと思われます。 平林 円先生 大阪市立十三市民病院小児科 07.4.13

間違ってアルミの袋の一部を飲み込んでしまいました。
1歳1ヶ月の娘が食品を入れている袋(裏がアルミ加工になっているややしっかりした物)の一部を飲み込んでしまいました。
大きさは1・5センチ×1・5センチで厚さは1ミリもない薄いものです。
便に出れば問題ないでしょうか?
内蔵が傷ついたり、アルミ加工の部分が溶け出したりして体に影響が出ることはないでしょうか?
食欲もありミルクもよく飲んでいます。機嫌もいいです。よろしくお願いいたします。

******************

回答  たまごママネット医師団
 6ヶ月ぐらいから手にしたものを口に入れるようになります。これは乳児の発達として大切な行動です。しかし直径39mm、長さ51mm以下のものは飲み込んだり喉につかえさせたりするため、赤ちゃんの周りに危険なものがないかいつも注意をする必要があります。ただ、いくら注意をしていても質問のようなことは起こりえます。
 子どもが誤飲した多くは胃に入り食べ物と一緒に腸に運ばれ便と一緒に排泄されます。喉や食道に引っかかるような大きさのものはすぐに取り出す必要がありますが、質問の大きさであれば胃の中に入った可能性が高いと思います。
  機嫌が悪い、変な咳をする、食欲がない、吐き気がある、確かに飲んだのにいつまでも便に出てこないなど心配があるときには受診する必要があります。
  レントゲンに映るか調べる必要がありますから、誤飲したものを持参してください。また飲み込んだアルミが溶けて身体に悪さをしたり内臓を傷つけたりする心配はありません。
渡辺眞史先生 07.4.10

月に3〜4回発熱(38〜39度)するので心配です。悪い病気なのでしょうか?
出生時の体重は3310g、身長は51cm。
現在の体重は9kg、身長は78cmです。(1歳半です)
上に幼稚園児の子がいます。 上の子からうつって風邪はよくひきますがそれ以外に大きい病気は特にありません。
体の発達も普通です。
1歳半になる娘のことで相談です。月に3〜4回発熱します(38〜39度)。熱がでている間は吐いたりぐったりしたりして、つらそうなのですが数時間後、もしくは一晩で熱は下がり翌朝にはけろっとしています。
食欲も戻り、鼻水やセキもでません。(薬や座薬などは使っていません)少し遠出をしたり実家に泊まったり、日常と違う行動をとると発熱するような感じです。
熱は一晩で下がる事が多く、他の症状(セキや鼻水)などもありません。月に3〜4回です。
車で隣の県まででかけたとか、実家に泊まって来たとか(近くの)いつもと違う行動をすると必ずです。
熱がでた時に小児科で相談したこともありますが「小さい子は風邪をひきやすいので」と言われたり鼻のばい菌を調べてもらったくらいで(特におかしい菌はいないとのこと)それ以上の詳しい検査の話などはでませんでした。
なにか病気がかくれているのか、大きくなるにつれて良くなってくるのかもわからず心配です。

**************

回答  たまごママネット医師団
子どもはお母さんから免疫をもらい生まれてきます。およそ6ヶ月間はこの免疫に守られあまり風邪をひくことはありません。6ヶ月をすぎると免疫はなくなり何回も風邪をひくようになります。大人になってからしゅっちゅう風邪をひくようでは社会生活を送ることはできません。
  子どもの頃にたくさんの風邪をひいて抵抗力、免疫力を高めていくことは、大人になってから健康な生活をするために大切なことです。
 熱を出してもすぐに下がり重症な合併症を繰り返さなければ、特別な合併症が隠れている心配は少ないと思います。質問のようにすぐに下がる熱は心配ないようです。お出かけするといつも生活している場所にはいない風邪のウィルスがそこにいることがあります。お出かけをして新しいウィルスに感染して風邪をひくこともよくあります。
 質問の内容からは心配のないものに思いますが、実際にその時の状態を見ないとはっきりしたことは言えません。熱が出たとき、具合が悪いときにかかりつけの先生に診てもらうと、心配のない風邪なのか、他の病気を考えなければいけないのかがわかると思います。
渡辺眞史先生 07.4.5

息子は2歳3ヶ月ですが未だに哺乳瓶を放せません。
私が今まであまり気にしていなかっ たのも悪いと思います。すぐ下に1歳2ヶ月の年子の娘もいるのですが息子に哺乳瓶を渡さなかっ たら泣きじゃくって下の子のを奪い取ります!1歳半検診の時に哺乳瓶を使用していると言ったら「今は無理に取り上げても下の子のを奪うだけやから気にしない様に」と言われたのもあって 気にしていませんでしたがもうさすがに辞めさせた方がいいのかなと思っています。ミルクは哺 乳瓶じゃないと飲まないです。後、私がよく着ていた一枚の服がお気に入りで赤ちゃんの頃から 今もずっと、機嫌の悪い時や寝る時は哺乳瓶を吸いその服を抱えながら寝るんです。私的にはよ く抱きしめ愛情を注いでるつもりなのですが息子にとっては愛情不足と感じて哺乳瓶等に執着す
るのでしょうか?息子にとって哺乳瓶と服は精神安定剤みたいな物ですので。それとも甘えたなのでしょうか?年子なので息子なりに我慢しているのかなと思い心配です。もちろん普段はとッても元気で妹とケンカする事もよくありますがとても仲がいいです。どうやって哺乳瓶を辞めさ せればいいかアドバイスください。

*******************

回答 たまごママネット医師団
まずお子さんについて
 2歳3ヶ月の息子さんの哺乳瓶ばなれができないとのこと。
まず、環境要因とその子の発達や性格要因があると思います。環境の要因としては息子さんが1歳1ヶ月の時に、妹ができたこともちょうど断乳の時期と重なったことが考えられます。息子さんにとっては、お母さんの愛情を独り占めしたいのに、下の子が生まれたために、その欲求が満たされないと感じているのではないでしょうか?

そのため、お母さんのおっぱいの代わりとして哺乳瓶、お母さんの皮膚のぬくもりややわらかさ、母のにおいを感じるために、お母さんの着ていた服の布地を大切にしているものと考えます。
 1960年〜70年代にボウルビーという英国の精神科医が愛着理論というものを考えています。これは、お猿さんの実験(ちょっとかわいそうな実験ですが)で。生まれてしばらくして、母親から子どもをとりあげて、布でできた人形の親と、金属でできた人形の親にそれぞれケージの中で飼育するのですが、布でできた人形の親に小猿はしがみつき、それを取り上げると狂ったように奇声をあげて、親をとりかえそうと要求し、金属でできた人形の親の場合はケージの隅でじっとしていただけだったようです。幼い子どもたちの愛着形成には親のぬくもりが必要だということを提唱しています。

 確かにスキンシップを含めた親子の愛情は子どもの愛着形成に不可欠でありますが、私個人の経験からは愛着形成にはすごく個人差(その子の性格や発達の進行程度)、文化社会的な差があるように思います。

 1歳のお誕生までには乳離れ出来る子もいれば2〜3歳くらいまでかかる子どももいます。
加藤諦三先生のある著書のなかでnative Americanには、3歳まで母乳保育を続ける部族もいれば、数ヶ月で母乳保育を辞める部族もあるそうですが、3歳まで続けたほうが成人になっても甘えたにはならないと記述されています。

おそらく、息子さんは乳離れに時間がかかり、愛着形成に時間とエネルギーが必要なこどもさんと考えればよいでしょう。決して、お母さんの育て方に問題があり、愛情不足が大きな原因と考える必要はありません。

加えて一点だけ注意点を申しあげると、衣服へのこだわりや他へのこだわりが強い様子なら軽度発達障害などの可能性も否定はできませんので、信頼ある小児科医や小児神経科医にご相談されても良いでしょう。
竹中先生 竹中キッズクリニック 07.4.3


息子が私の言った通りに行動できなかった時、イラついて責めたてしまいます。
2歳半の男の子です。
息子が私の言った通りに行動できなかった時、簡単なことなのにどうしてできないのかイラついて「どうしてできないの?わからないの?〜するだけでしょ?」と責めたて、とまどう息子の様子をみて、頭でわかっててもまだ思うように行動できないんだなと悟り、でも自分はイライラしてるので「もういいわ。〜しなくていいよ。」と言うのですが、それは決して優しい言い方ではなく、諦めて突き放した言い方をしてしまって息子を泣かせてしまいます。「どうして泣くの!?もう〜しなくていいって言ってるやんっ!」と泣かれると私もイライラがピークに・・・でも、ボロボロ涙をこぼしてヒックヒックしながら「〜できない。〜難しい。〜しなくていい。」とたどたどしく言う姿を見て、あぁまたやってしまった。と思うのです。「〜難しかってんな〜しようと思ったけどでけへんかってんな。それやのにお母さん怒るから悲しかってんな。ごめんな。
もういいよ。お母さん怒ってないよ。」と慌てて慰めます。私が怖いのか、息子はいつも私の様子を伺って行動してるように思います。息子が臆病なのは私のせいもあるかもしれません。

****************

回答  たまごママネット医師団
子どもを育てているほとんどのお母さんが感じていることではないでしょうか。お母さんからみれば何でこんなことができないの、この前も教えたのに、何でそんなにゆっくりなの、○○ちゃんはできるといってたのになどついイライラして怒ってしまいます。
でも子どもからみればまだ経験不足のためや身体も機能が成長していないためうまく、早くできないことが多いのです。ことの展開を読んで物事をすることがまだできませんから失敗ばかりします。
指の機能が未熟なためボタンを留めたり、服や靴を脱いだり来たりすることが早くできません。
大人からみれば簡単なことも子どもにとってはひどく難しいことで、毎日毎日、何回も何回も繰り返すことによって上手にできるようになるのです。
 子どもができないことを責めることを“怒る”と言います。ついつい一日に何回も怒ってしまいます。
子どもにとってできないことを責められてもどうすることもできません。そうすると子どもはやる気をなくし、なるべく怒られないようにと親に従順な気持ちを持つようになることがあります。親の顔色を常にうかがって行動する子どもです。“怒る”ことはなるべく少なくしたいものです。
  怒りたくなったら一つだけ我慢してみてください。今までより一つ我慢するだけでずいぶん変わってくると思います。
してはいけないことを教えることを“しかる”といいます。人を責める言葉を言ったり、社会のルール・マナーを破ったり、迷惑をかけたり、身体に危険があったりなどこれから社会生活をする上でやってはいけないことを教えることが“しかる”です。また社会に出てからたくさんの失敗をすることは許されません。
子どもの時代に何にでも積極的に挑戦して、いっぱい失敗して、なぜできないのか、どうしたらできるのかということを経験することが将来社会に出て自分の能力を発揮するために大切なことです。“しかられる”、“失敗する”ことは子どもが成長する中で大切なことです。
「ピグマリオン効果」という言葉があります。子どもは親が望んだ方向に育っていくという意味です。
  おまえはできない子だ、やることが遅くだめな子だ、何でそんなに馬鹿なんだなど子どもを否定する言葉をたくさん言うと子どもは自分はそのような子なんだと思い持っている能力を発揮できなくなります。
  反対におまえはなんて優しい子なんだ、自分でがんばって偉いね、今日はこんなことができるようになったね、上手だねなど
と何かできたときにほめる言葉をかけてあげると、子どもはうれしくなりもっとがんばろうという気持ちになり、積極的になり自分の持つ能力を最大限に発揮できるようになります。
 子育ての中でお母さんの苦労は並大抵のものではありません。
いい母親になろうなんてがんばる必要はありません。少しだけ子どものいいところを探してみてください。
きっといくつものいいところがみつかるとおもいます。こんないいところを持っていたんだということに気づくと子どもをみるのが楽しくなります。 
渡辺真史先生  07.4.1

渡辺 真史先生 
岡村 博行先生 岡村産婦人科医院 大阪府堺市槙塚台1丁-11-3
竹中 義人先生 たけなかキッズクリニック 大阪府堺市長曽根町1467-1 メディカルエイトワンビル2階
衣笠 万里 先生 尼崎医療生協病院  兵庫県尼崎市南武庫之荘11-12-1
池川 明先生 池川クリニック 横浜市金沢区大道2-5-13
石井 廣重先生 石井第一産科婦人科クリニック 静岡県浜北市小松4498-5

北島 博之先生 大阪府立母子保健総合医療センター 大阪府和泉市室堂町840
平林 円先生 大阪市立十三市民病院 大阪市淀川区野中北2丁目12番27号
大牟田智子先生 春日助産院 福岡県春日市昇町6-102
白川嘉継先生  福岡新水巻病院小児科 福岡県遠賀郡水巻町立屋敷1丁目2−1
中村 孝先生 なかむら小児歯科医院 埼玉県和光市本町6-9 井口ビル2階

若松寿美恵先生 助産師