育児相談室
授乳中のクラリスロマイシン、スカノーゼリン、アルサの母乳哺育への影響を教えてください。
8ヶ月の子どもを母乳で育てています。
もともと歯が悪かったんですが、妊娠出産を機に悪化してしまい、他の歯への影響も考えてインプラントをすることになりました。
インプラント手術の際、クラリスロマイシン、スカノーゼリン、アルサを
1週間飲まなければならなくて、医師にはその間母乳は中止するように言われました。
まだしばらくは母乳を続けたいので1週間あげないことによって
母乳が出なくなったり子供がおっぱいを嫌がったりするようにならないか不安です。
これらの薬を飲みながらの授乳は難しいですか?

****************

回答  たまごママネット医師団
クラリスロマイシンは乳児でも使用しますのでOKです。
スカノーゼリン、アルサも薬効から考えてお子様への悪影響を心配する必要はないでしょう。
授乳を続けてよいと考えられます。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.9.4

ホクナリンテープ、スペリア錠、ケテック錠の母乳への影響が心配です。
0歳9ヶ月の男の子を完全母乳で育てています。薬の母乳への影響を教えてください。
一ヶ月以上前から咳・痰が続き、熱も出るので本日病院へ行ったところ、次の薬を処方されました。
ホクナリンテープ、スペリア錠、ケテック錠(5日分)
(授乳中のむね、伝えました。気管支拡張症らしく、酷くなれば肺炎とのこと・・)
処方箋薬局の薬剤師さんには、ケテックは授乳を控えたほうが良いと言われました。
子どもにはアレルギー(卵・牛乳)があり、なかなか離乳食も進まず、ほぼ母乳のみです。以上、宜しくお願い致します。

****************

回答 たまごママネット医師団
ケテックの場合は授乳時の安全性に関するデータがありません。ケテックの服用については成人に対しても厚労省医薬品安全対策部会安全対策調査会より、「意識消失、肝炎等の重大な副作用があるので、他の抗菌剤が使用できないか、無効な場合にのみ適用を考慮すること」との警告が指示されておりますので、ジスロマックやクラリスロマイシンなど子どもにも使えるようなお薬にかえてもらえば授乳OKなのですが…。ホクナリンとスペリアについては問題ありません。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.8.31


2歳2か月の娘ですが、助産師から日にちを決めて卒乳に誘導しましょうと言われ悩んでいます。
以前も一度ご相談させて頂き、ご丁寧なお答えを頂きまして、勇気をもらいました。
今回も、母乳についてです。娘は現在2歳と2か月。相変わらずのおっぱい大好きちゃんです。
日中も、場所もお構いなくおっぱいを欲しがります。「まだおっぱい?」と言われる事も多々。初めの内は気にしない様にしていましたが、少し前に助産師さんと卒乳について話しました。助産師さんは2歳以降も授乳している場合には、だいたいの日にちを立て、それに基づいてお乳のケアなどをしながら、最終的にはその設定した日にお乳を終わる様にしましょう、という様な事でした。そして、その方法を卒乳と呼んでいたんです。
  私も、娘が望む時にいつでもおっぱいをやるというのはどうかと思ってるので、娘の様子や言い方を見て、必要ないのにおっぱいを欲しがる時は、あげません。
しかし、娘が不安がっている時には、日中であっても外出先であっても授乳します。そして、いつの日か娘が自分の意志でおっぱいから巣立つ日が来ると願って待つつもりなのですが、それは間違ってるのでしょうか??
  もう少し、卒乳に誘導するような形を取るべきなのでしょうか?同じ卒乳でも、私の様に娘に任せすぎるのは良くないのでしょうか?

***************

回答  たまごママネット医師団
 計画しておっぱいから遠ざけるのは卒乳ではありません。
形の変えた断乳 といえます。
  長くおっぱいをあげているとわがままになり自立できないなどといわれ断乳をすすめられることがあります。
2才になると言葉の発達も見られ外へ向かう気持ちが強くなります。
毎日が驚きと好 奇心にあふれた体験です。
このたくさんの体験はそれまで経験したことのない世界ですから精神的にも肉体的にも疲れてしまいます。こんな時におっぱいを欲しがります。
  おっぱいは活発に活動するためのエネルギーの充填基地といえます。
おっぱいから守られているという安心をもらい、より多くの経験を得ることができます。

ある時期になるとおっぱいに頼らなくても自分で心のコントロールができるようになります。この時が卒乳です。
  充分に満足した心は強い自立心を育てます。
卒乳までおっぱいをもらえた子どもはわがままや気持ちの弱い子にはなりません。世界保健総会では2年以上の母乳育児をすすめています。
これには上限はありません。欲しがる間は続けるという考え方です。
厚労省から出された授乳・離乳の支援ガイドでも断乳はなくなり、自然に止めていくまで与えるという考え方になっています。

お母さんの考え方が正しいことです。
心配しないで少しでも長いおっぱい生活を楽しんでください。
渡辺眞史先生 08.8.23

体重増加が少なく心配です。ミルクをたしても飲んでくれません
3ヶ月と3週間を過ぎた男の子の母です。この2週間で体重が200グラムくらいしか増えていません。生まれた時からおっぱいの飲み方が上手くなく、混合(母乳より)で育てていました。
出生3112グラム 1ヶ月4088グラム 2ヶ月5090グラム 3ヶ月6300グラムと混合で育てたからか体重増加は順調でした。
完母にしたかったので少しずつミルクを足す量を減らすと3ヶ月入る前あたりから哺乳瓶を嫌がり始め、一回あたり40ccほどしか与えていなかったミルクを残すようになったので母乳一本で頑張ることにしました。
3ヶ月から完母、10日で300グラムくらい増えていたので安心していたのですが次の10日で100グラムほどしか増えていません。3ヶ月で徐々にではなく急に増えが悪くなることもあるのでしょうか。最近はおっぱいも遊びのみするようになりさらに飲んでいないような気がします。ミルクを足してもあまり飲みません。足りないのか機嫌も悪い時も多くなってきました。
3ヶ月から早くもこのペースで大丈夫なのでしょうか。一日10グラムの増加となれば少し心配です。また急に増えたりすることもありますか。

*****************

回答  たまごママネット医師団
 混合から母乳栄養にすると体重の増え方はそれまでよりも減少することが多くみられます。そのことが悪いわけではなく、むしろそれまで増えすぎていたとも考えられます。ただ、質問のように増え方よっては心配になることも少なくありません。
  母乳の分泌が安定するためには混合栄養の時より回数を多く与えることが必要で、10回ぐらいから始め赤ちゃんの状態を見て回数を少なくしていきます。回数を多く与えることで母乳の分泌がよくなってきます。

 母乳のみにして300g/10日であれば充分な体重増加です。それは母乳のみでこの後もやっていけることを意味します。お母さんにやっていけるか不安があり心配な顔で赤ちゃんをみていると赤ちゃんも機嫌が悪くなったり、元気が無くなり哺乳が少なくなることがあります。
  お母さんは心配しないで、ゆっくり赤ちゃんにおっぱいを含ませてあげてください。もし少ないかなと不安なときにはいつもより哺乳回数を1〜2回多くしてください。遊び飲みも赤ちゃんにとっては大切なことです。おっぱいはお腹を満たすだけでなく心を満たす役目もあります。
遊びのみをしている赤ちゃんの顔はすごくよい表情をしていると思います。
そんな赤ちゃんにつきあってあげることも大切です。

 お母さんがゆったりとした気持ちで赤ちゃんに話しかけながらおっぱいを含ませてください。機嫌がよく、元気に泣いて、よく眠ってくれるようであれば様子をみていて大丈夫です。
 母乳のことで心配なときには母乳外来をしている助産師さんに相談すると不安をなくしてくれると思います。どうも心配だ、体重が減っているように思えるなどの時には、母乳育児に理解のある小児科に相談するとよい支援を受けることができると思います。 
渡辺眞史先生  08.8.13

体重増加が少なく、不安です。医師からは心配しなくていいといわれています。
1歳半月の娘です。1歳検診時、体重が6800グラムでした。
10ヶ月検診のときは6900グラムでした。
体重は一向に増えず、場合によっては6700グラムと下がるときがあります。
重さより身体の中身が大事だからと、病院で貧血に検査をしたところ、貧血はありませんでした。医師は、体質だろうと、そんなに心配しなくて良いと言いました。
ですが母親としては心配です。
人より明らかに小さい身体。服を脱げば、お腹はがりがりです。
離乳食はおかずは食べず、ごはんを食べて40グラム程度。ミルクは拒否します。
母乳で足りているとは思えません。母乳のみのときほど体重が落ちているので。
娘の様子は、食事量や暑さを考えると良く遊びますが、私の腕を噛みます。
どうしたら体重は増えるのでしょうか?
食事の量を増やすにはどうしたら良いでしょうか?

*****************

回答  たまごママネット医師団
 体重は個人差が大きく、栄養だけでなく活動量や両親(祖父母に似ることも)の体格など多くの要因が関係しています。体重だけをみて栄養が足りないという考え方はしません。
身長がそれなりに伸びていて活発に遊べる様であれば心配はしなくても良さそうです。
  また検査で貧血がないことは栄養が足りているという目安になります。病院の先生のいう「重さより中身が大事」「体質だろう、心配しなくてもよい」という意見に賛成です。
 食事は1才頃は遊び食いの時期になるためあまり食べないように見えます。
もし本当に食べないとすれば元気が無くなり活発な遊びが少なくなります。
  実際には必要な量は食べているもので、食べないと訴えるお母さんがたくさんいますが、子どもに問題があることはほとんどありません。
一人で好きなように遊び食い(手づかみ食べ)をすることはその後の食への興味のため大切なことですので一定の時間させてあげ、その後にお母さんが少し手伝って食べさせてあげてください。
無理に食べさせようとするとますます食べたがらなくなりますので注意をしてください。

 元気でいっぱい遊び、順調な発達であれば体重を心配する必要はありません。
お母さんとくっつきながら遊び、お父さんがいるときにはじゃれ合うように遊んでもらうことで子どもはますます元気になり、食欲も出てきます。
  母乳を続けることは子どもに安心感を与え食欲を安定したものにしてくれます。
心配しないで母乳育児を続け、体重を気にせず、娘さんの元気な様子、いろんなことができるようになる成長の様子を楽しんでください。 
渡辺眞史先生 08.8.6

片方のおっぱいばかりで授乳すると乳ガンになるといわれましたが本当でしょうか?
こんにちは。おかげ様で息子は1歳のお誕生日を迎え11キロになりました!色々悩みが尽きない中、こちらでもいつもお世話になりとても感謝でいっぱいです!これからも宜しくお願いします。実は、お誕生日を迎えたのもつかの間、私が乳腺炎になってしまい高熱が続きなんとか完治したところです。そこで、母乳マッサージに通い、言われたことが、私のおっぱいは息子の好みと私の調子で左胸しかほとんど母乳が出なくなっているのですが、片乳だと乳がんの発生率が高いと言われました。今だ、夜は2時間おきの授乳で卒乳しそうもないので、とても不安です。片方は無理やりあげても嫌がって噛んだりして全く飲んでくれません。乳がんと聞くととても怖く、いっそ断乳しようかと思っったり、、、。かれこれ半年以上は片乳なのですが大丈夫でしょうか。

*************

回答  たまごママネット医師団
息子さん、一歳のお誕生日を元気にお迎えになられて何よりですね。 おめでとうございます。
片方のおっぱいでの授乳と乳癌の発症についてのデータは、私は見聞きしたことがありません。
乳頭の形や軟かさの左右差から、飲みやすい方のおっぱいしか吸わなくなる赤ちゃんに、時々出会います。お母さんもついつい赤ちゃんが吸いやすい方のおっぱいをあげてしまい、吸わなくなった方のおっぱいは出にくくなり、片方のおっぱいだけでの授乳となることがあります。
見方を変えると片方のおっぱいだけでも満足できるほど飲めているのではないでしょうか。
方乳で困ることは、卒乳後もおっぱいの大きさに左右差が残ることぐらいで、せっかく続けてこられたおっぱいを慌ててやめる要素はないように思います。
卒乳までの時をこれからも楽しんで授乳を続けられてはいかがでしょうか。
若松寿美恵助産婦 08.7.30

医師から膀胱炎になったのは母乳以外の水分を与えないからだと言われ、ほ乳瓶で与えるのですが飲んでくれないのです。
現在3ヶ月の男の子を育てています。
一昨日オシッコがピンク色で、昨日赤みがかっていたので、近所の小児科を受診しました。
診断結果は膀胱炎ではないかとのことで、尿検査に出しました。
当日の結果は尿に血液は出ていないとのことで、詳しい検査結果は火曜日に出ると言われました。

膀胱炎になった原因として、私が苦手なためにクーラーを全くかけていなかったこと、また、母乳以外の水分補給をしていなかったことではないかっと言われました。
完全母乳の場合、離乳食開始まで特に他のものは飲ませなくて良いと言われていたので、非常に驚きましたが、そろそろお茶や果汁を与えるころだと言われました。
そこで教えていただきたいのはノ
やはり、お茶や果汁はそろそろ必要なんでしょうか?
与えるなら哺乳瓶?スプーン?
(哺乳瓶は嫌がるのですが、無理やりでも哺乳瓶に慣れさせたほうが良いのですか?
 将来的にはスプーンが使えたほうがいいような気がするので、スプーンであげたほうがいいのでしょうか?)
一日どれくらいをどのようなタイミングで与えればいいのでしょうか?

****************

回答 たまごママネット医師団
おむつに付いたおしっこがオレンジ色や薄い赤色に見えることがあります。これは尿酸塩による着色で病的なものではなく健康な赤ちゃんによく見られるものです。尿の検査で血液がみられなければ尿酸塩と考えて良さそうです。
母乳中には88%の水分が含まれています。赤ちゃんは母乳を飲むことで充分な水分を摂っています。このためお風呂上がりや外出の後にお茶や湯冷ましなどの水分を与える必要ありません。果汁やスープに関してはアメリカの小児科学会では与えてはいけないと勧告し、日本でも厚労省の新しい離乳の指導の中で与える必要はないとしています。今の考え方は、赤ちゃんに対し母乳以外の水分を与える必要はないというのが本当です。
6ヶ月までは母乳だけで赤ちゃんには充分で、他に何も与える必要はありません。それが赤ちゃんの健康に一番です。離乳を始める頃には赤ちゃんは練習をしなくてもスプーンから上手に離乳食を食べてくれるようになります。心配しないでこのまま母乳育児を続けてください。
渡辺眞史先生 08.7.23


クラビット錠は母乳に影響するから服用中の授乳を禁止されました。
産後1ヶ月で虫垂炎になりました。
幸い手術はせずに済んだのですが、点滴・クラビット錠(朝晩2回2錠ずつ)を服用の為、医師からは授乳は止めるように、又服用後3〜4日経過してから授乳を再開するようにと言われました。
今日でミルクにして5日が経過し、薬もあと5日は服用しなければなりません。上の子(3歳)が卵・乳アレルギーで今も完全除去をしているので、下の子にミルクを飲ませるのがとても不安です。
クラビット錠を服用しながら、授乳をしても本当に大丈夫なのでしょうか?是非教えて下さい。

*******************

回答 たまごママネット医師団クラビット(レボフロキサシン)などニューキノロン系薬物は軟骨の成長を妨げるので、18歳以下では投与を避けたほうがよいとされています。しかし、お母さんが服用した際の母乳への移行量は少ないので授乳したために赤ちゃんの関節の軟骨へ影響するほどの量ではなさそうです。クラビットは、ニューキノロン系薬剤の中でも、比較的母乳中への移行の少ないものと考えられます。米国小児科学会などの記載では授乳可能とされています。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.7.19
授乳中のアルダクトンA、ラシックス、ラニラピットの影響について教えてください
産褥型心筋障害と診断され入院、現在は内服治療中です。
入院中から母乳は止めるよういわれミルクで育てています。
内服薬はアルダクトンA25mg/1錠、ラシックス20mg/1錠、ラニラピット0.1mg/0.5錠を朝食後です。
現在母乳は乳首をつまむと少し出る程度になっており、子ども(2ヶ月)が寝ぐずる時におしゃぶりのようにくわえさせたりしています。
実際飲んでいる様子はないように思いますが、わずかでも飲んでいるとすればやはり子どもに影響はあるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

*****************

回答  たまごママネット医師団
アルダクトンAもラシックスも、母乳の分泌量が 減少する可能性はありますが授乳自体はOKです。
ラニラピットは、母乳中に移行しますがごく少量なのでお子さんへ の影響は考えなくてよいようです。
したがって、安心して母乳育児を継続してよいと思います。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.7.15

添い寝で授乳をしていますが、私の乳房が顔にかかり窒息が心配になります。
現在、生後1ヶ月の男の子を育てています。
授乳の際、眠たさと子どもが寝てくれるということもあって、やめたほうがいいとわかってはいるのですが、添い寝をしながら授乳しています。
(ぐずっているときは抱っこでは飲んでくれず、添い寝をしながら授乳するとすんなりと飲んで寝てくれるもので)
その時、私もついうとうとしてしまい、度々私の乳房が子どもの顔にかかっていることがあり、ちゃんと呼吸ができているのか心配になります。
すぐに気づくときもあれば、とても長い時間の時もあります。
気づいた時の子どもの様子はいつもと変わらないように思います。ただ、鼻づまりの時の様に呼吸はしづらそうです。
こんな状況の際、子どもの脳に障害はおこらないのでしょうか?
また、5歳の子がいるのですが、上の子をかまってやると、下の子にはほとんど授乳とオムツ替えだけで一日が終わってしまいます。(上の子が幼稚園へ行っている間は下の子はほとんど寝ているので)
上の子にも、下の子にも、十分に相手をしてやれていないのではないかと不安に思います。あまり気にしなくても、子どもは育つものなのでしょうか?
お忙しいとは存じますが、ぜひお教えください。

****************

回答 たまごママネット医師団
 添い寝をしながら授乳されること、そんなに心配なさらなくてよいのではないかと思います。 赤ちゃんも安心して眠りにつくことができるのでしょう。 お母さんの体も休められますので、一石二鳥です。
  おっぱいで赤ちゃんを窒息させてしまうのではないかということが一番気になるところですか?
もし苦しければ、顔色が悪くなりますし、赤ちゃんはきっと反対を向いて息が出来るようにするのではないでしょうか。大人が思っているより赤ちゃんは賢いように思います。
 私事で恐縮ですが、私も授乳中、夜中も座って抱っこして母乳を飲ませていました。 ある晩、疲れからか、半分眠りながら娘を抱いていた手がするりとほどけ、娘を頭から床に落としてしまいました。幸い大事には至りませんでしたが、それからは添い寝での授乳に変えました。
私の勤務している産院でも、赤ちゃんが上手に飲んでくれるときは、みなさん添い寝で授乳されていますが、赤ちゃんの窒息は経験がありません。
 上のお子さんは5歳とのこと。弟の誕生で親の目が一心に向けられなくなるメリットもたくさんあると思います。 お母さんを独占出来ていた今までとは違い、少し寂しい思いもあるかも知れませんが、お母さんの目が届きにくくなって、親の顔色を伺わずに興味のあることに没頭できたりして、その子らしさを発揮する子もあります。
  赤ちゃんのことを一緒にお世話したりして、新しい家族として受け入れられるようになさるとよいですね。後は赤ちゃんがいても、あなたのことも、これまでと変わらず大切なんだよ!と、しっかり伝えていけるとよいかと思います。
 お二人のお子さんの母となられ、大変なこともおありでしょうが、なにかを与えられたときは、他の何かを上手に手放さなければうまくいかないように思います。
どうか頑張り過ぎずに楽しんでお過ごしになられますように。
若松寿美恵助産婦 08.7.12

9ヶ月の娘の発達が心配です。娘との親子の絆を実感しにくいです。
9ヶ月と20日の娘がいます。笑顔もでるのが遅く目があうのも遅いなど心配事がありました。
4ヶ月検診時にも発達発育ともにゆっくりだと言われました。
首座りも5ヶ月になってようやくという感じでした。9ヶ月を迎えても、「呼ぶと振り返る」の項目がNOです。後追いもほとんどありません。人見知りもあまりしません。娘との親子の絆を実感しにくいです。
9ヶ月検診では筋力が弱いこと呼びかけに反応しないことで再診となっています。
自閉症などの問題があるのではと思ってしまいます。
早期発見早期療育が大切と聞いたことがありますが、
9ヶ月でその必要性を判断することはできるでしょうか。
以前母親の接し方が悪いと言われこの子が寝ている時間以外は極力話しかけ、歌い、一緒に遊び、絵本を読み聞かせる努力をしましたが、あまり改善はありませんでした。毎日どうしたらいいのかと考えつらいです。

****************

回答 たまごママネット医師団
 不安な日々を送られ、笑顔が消えているように感じられます。発達障害あるかどうかは分かりませんが、療育の基本は日々の生活の中にあります。
あいち小児保健医療総合センター長の杉山登士郎先生は療育の基本的指導内容として大切なものから順番に、
1健康な生活
2養育者との信頼と愛着の形成
3遊びを通しての自己表現活動
4基本的な身辺自立
5コミュニケーション能力の確立
6集団行動における基本的なルール
と述べています。(発達障害の子どもたち 講談社現代新書1922 2007年12月発行)
健康な生活は早寝、早起き、朝ごはんが大切です。まず暗くなったらねること、日が昇ったら起きること、食事の時間を大切にすることにより、日常生活のリズムを確立することが、発達に有効です。眠ることで、傷ついた脳細胞が修復され、早寝と良く噛んで朝ご飯を食べることで、脳が活性化します。いつもそばにいて、一緒に過ごし、恐ろしい思いを与えず、肌と肌が触れ合合わせて過ごすことで基本的信頼関係は深まり、絆と愛着が築かれます。両親と体を動かして遊んだり、リズム遊びをしたりすると脳(前頭葉)が活性化します。人は脳のミラー細胞を使って、相手のまねをし、相手のこころを理解します。乳児も相手の顔をじっと見つめたり、声を聞いたりして、相手のまねをしたり、イメージを膨らませたりします。1か月健診の赤ちゃんの表情が乏しい時には、周囲の大人の表情が乏しいことがあります。夫婦仲をよくして、不安を一人で抱え込まず、そばにいて、多くの時間を楽しく過ごすことが最も大切です。本の読み聞かせも大切で、10分以上子どもがページをめくらないで聞いてくれると、読む人の精神が安定し、イライラが減ります。

「あなたはあなたのままで輝いて」と思えるかもしれません。
杉山先生の本をお読みください。きっと参考になります。
白川先生 福岡新水巻病院小児科 08.7.12


ツルメリン錠、エペリナール錠のへの影響について教えてください。
ヘルニアからくる坐骨神経痛になり、痛みがひどく、夜も眠れない状態で、以下のお薬を処方されました。
ツルメリン錠 60mg、エペリナール錠 50mg
子どもは3か月半で、今は完母で育てています。
痛みに耐えられず、薬を飲み、哺乳瓶でミルクをあげようとしましたが、全く受け付けてくれません。
スプーンですくって飲ませても、飲んでくれません。
ツルメリンについて、ネットで調べたところ、授乳は中断すべき種類のようですが、やはりそうでしょうか?
出来れば授乳を続けたまま治療をしたいので、飲んでも大丈夫な消炎剤などあれば、教えて頂きたくメールいたしました。
お忙しいところ申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

****************

回答  たまごママネット医師団
 ツルメリン、エペリナールともに動物実験(ラット)で乳汁中に移行するために授乳中は投薬を避けるか授乳を止めるように指導されることがあります。実際にはツルメリンは服用しても母乳中への移行はきわめて少なく、ほとんど検出されない程度で授乳は可能と考えられています。
 エペリナールは動物実験では乳汁中の移行は認められるものの子どもへの移行は少ないことがわかっています。
このため通常使用量であれば授乳可能と考えられています。
座骨神経痛の痛みを我慢することはなく、薬でその痛みを和らげて母乳を続けることは可能です。
  母乳を中断することで赤ちゃんの機嫌が悪くなるとお母さんは更に困ってしまいます。今まで通り母乳を続けてください。
渡辺眞史先生 08.7.11

プレドニンの母乳への影響について教えてください。
4ヶ月になる娘がおります。
私は22歳のとき、円形脱毛がひとつ出来それから頭の毛髪がすべて抜け落ちました。人づてに聞いた大学病院でプレドニンを処方され徐々に髪が生えてきました。今ではまったく面影もありません。量は1日10mg(朝食後1回のみ)、徐々に減らしていき、1.25mgまで減量しました。病院では自己免疫疾患のような病状説明を受けましたがはっきりと病名を言われたわけではないです。
妊娠がわかったとき、先生と相談してプレドニンを一旦中止しました。生後3ヶ月過ぎまでは全く抜けませんでしたがここにきて洗髪の際抜ける量が驚くほど増えました。悩んだ末に皮膚科に行き、プレドニンを1日10mg処方されました。服用したら母乳はやめるように言われました。
出来ることなら母乳で育てたい。でも私のような症状で飲んでいる方がいらっしゃいません。
完全母乳で育ててきた為か娘が哺乳瓶を嫌がるようになってしまい、泣いて激しく抵抗します。可能ならば母乳をあげたいのです。皮膚科の先生にはあげないほうがいい、といわれましたが薬剤師の方には6時間くらい空ければ大丈夫でしょう、とも言われました。少し悩んでいます。

**************

回答  たまごママネット医師団
プレドニンは母乳中に移行するので添付文書には授乳を避けることと記載されていますが、母乳中に移行する量が少ないために子どもに悪影響を及ぼす可能性は少ないと考えらます。
通常量の服用では母乳育児に支障ありません。
 プレドニンを一日に40mg/以上で長期に服用する場合は、児の成長発達を定期的に観察する必要がありますが、それでも授乳することがお子さんにとってよくないというわけではありません。
「Drugs in Pregnancy and Lactation 8th Edition」という教科書の1522頁には「例え一日に80mg服用しても授乳中の子どもが飲む母乳の中のプレドニンの量は母親の服用量の0.1%未満であり、これは子どもが自分の体の中で作り出すコルチゾール量の10%未満なので授乳を継続して差し支えない」と記載されています。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.7.11

授乳中のメイアクト、ロキソニンについて教えて下さい。
現在1歳2ヶ月の娘がいます。完母で今まできましたが、私の耳に炎症がありメイアクトMS錠100mgとスルガム錠100mgが処方されました。
授乳中であると先生にお伝えした所、『どちらかを犠牲にしなければならい。』とおっしゃって授乳は我慢するように・・・との事。しかしながら、現在の状況を
考えると、どう頑張っても断乳は無理です。薬剤師さんは、1歳くらいの子どもも抗生剤を飲んでいるのだから大丈夫でしょう!!と言っていたので少し安心しましたが実際はどうなんでしょうか?
ロキソニンは大丈夫だとここで調べたのでとりあえずそちらを服用しました。どうか教えてください。

****************

回答  たまごママネット医師団
メイアクト(セフジトレンピボキシル)はセファム系の抗生剤です。
メイアクト自身についての授乳に関するデータはありませんが、他のセファム系抗生剤の例から母乳中に移行する量が少ないので授乳には差し支えないと考えられます。
  薬剤師さんの言うとおり、メイアクトは子どもにも普通に使いますのでOKです。
 スルガム(チアプロフェン酸)に関しても授乳に関するデータはありません。
母乳への移行量の少ないロキソニンの服用は正解です。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.7.10
2歳1か月の男の子の母親です。首が切れて授乳が苦痛ですいい方法はありますか?
以前断乳で悩んだ時にこちらで「断乳しなくてもよい」と教えて頂き、今も授乳を続けています。
一日に寝る前、夜泣きで5回前後授乳をしていますが、最近乳首が痛くなってきました。
噛まれて出血することもあります。噛まれていなくても、20分が限界でそれ以上は授乳がつづけられません。20分以内で眠ってくれればいいのですが、眠れない時は「ごめんね。痛いから。」と言って止めさせざるを得ない状態です。抱っこしても眠れない時(ほとんどいつもそうなのですが)は、「おっぱい飲む〜。おっぱい痛くない〜。」と泣き続けます。
放っておけないから、痛いのを我慢しながら飲ませています。飲み終わると、くっきりと歯型が付いています。
乳首カバーのようなものを使ってみましたが、嫌がって取ってしまいました。
自然におっぱいとサヨナラできる日を待っています。
息子も私もつらくないように、授乳が続けられる良い方法はなにかありせんでしょうか?

******************

回答 たまごママネット医師団
自然卒乳を待ちたい。けれど乳首を噛まれるのはとても辛いですよね。とてもデリケートなところですから、目に見えない傷でさえ、とびあがりそうなほど痛みを覚える方もあります。 お子さんは2歳1ヶ月とのこと。ちょうど自我が芽生えイガイガしたり、ドキドキしたり、ワクワクしたりとこころの発達も目覚ましいころ、いろんな体験をおっぱいが癒してくれているのでしょう。
けれどお母さんにしては噛まれ続けるのはさすがにかないませんね。「噛むとおっぱいが痛くて、あげたくてもあげられなくなるんだよ。どうか噛まずにおっぱいを吸ってね。」とお願いなさってはいかがでしょうか。 そして噛まれたらすみやかに乳首をはなしてみられては。
お昼間はしっかり外遊びをして、お昼寝は短目になさり、日が昇るころにはしっかり起きる習慣も大切かと思います。
お役に立つか分かりませが試してみて下さい。 利発そうなお子さんです。きっと分かってくれるのではないかと思います。
若松寿美恵助産婦 08.7.3

先日、「授乳時におっぱいが痛くなる」と相談しました。
「息子さんに「痛いからかまないで」と話しては?」とアドバイス頂きました。
授乳前に「お母さんのおっぱいが痛いから、「痛い」って言ったらストップしてね。
大事にしてね。」というと「ハイ」と返事をし、「痛いよ」と言うと「じゃ、こっち」と反対側のおっぱいに自分で変わってくれるようになりました。
噛まれる事も少なくなりました。噛まれなくても、歯型が残り、痛いのは同じなのですが、「痛い」ということを理解してくれたようです。
先日、子育てしている友人と集まり、彼女は仕事のため断乳したそうなのですが、授乳している私に「今はほっとするからおっぱい欲しがるんよ。不安な気持ちを小さい頃にしっかり受け止めてもらえてると、大きくなって壁にぶち当たった時に強くいられるって聞いたよ。おっぱいが長い子ほど自立心もしっかりしてるんだって」と話してくれました。
本当にそうなのかどうかは、今2歳の息子が成長してみなければわからない事ですが、母乳を続ける支えになりました。
いつも、些細な質問にもご丁寧にお返事いただき、ありがたく思っております。


プレドニンの母乳哺育への影響について教えてください。
症状は 左側のおでこのしわが無い、瞬き時少し開く、ほほが上がらない、口元動かず、耳の後ろの激痛です。MRIを念のためとりましたが、異常はなく 投薬で1週間様子見ています(神経内科受診まで)。
28日より投薬し、今は耳の痛みはほぼ無くなりました。
麻痺は余り変化無しですが、寝起き後や 首や顔を暖めたときは 楽になった気がします。
医師には授乳中と伝え、やっと2日前に完母になれたので 授乳止めたくないとは伝えましたが、この病気にはこの薬(プレドニン)を飲まないといけないと言われ、そのさい授乳は禁止といわれたので いま授乳止めています。
調べても確かにプレドニンは授乳禁止とあり仕方ないと思いますがどれぐらい影響があるのでしょうか?
またこどもにはどのような影響が出てしまうのでしょうか??
きいたとろですと この薬はいきなりストップできないと聞きました。
徐々に減らしていくと聞きましたが、どれぐらいで減らしていくのでしょう?
1日でも早く授乳開始したいとおもっています。
プレドニン錠5mg  朝・夕1日2回
ガスターD錠20mg  朝・夕1日2回
7日分出ています。

*****************

回答  たまごママネット医師団
プレドニンもガスターも母乳に移行するので添付文書には授乳を避けることと記載されていますが、母乳中に移行する量が少ないために子どもに悪影響を及ぼす可能性は少ないと考えらます。
通常量の服用では母乳育児に支障ありません。
プレドニン40mg/日以上で長期に服用する場合は、児の成長発達を定期的に観察する必要があるとされています。今の服用量は朝夕あわせてプレドニン10mgなので心配ないと思われます。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.7.2

市の4か月健診で体重の増加が悪いから果樹を足すように指導されましたがそれでいいのでしょうか?
こんにちは。満4か月の男の子の母親です。
 昨日、市の4か月検診があり、検診自体は問題なかったのですが、今母乳のみでやっていると言うと、「体重の増え方はいいが、生まれたときが小さかったし今が大きく育てるチャンス。最近は果汁は6か月からなんて言っているが、もう今日から始めてよい。」と言われました。
私は果汁は6か月頃から始めるつもりでいたのでびっくりしました。
母乳だけでは栄養不足という事でしょうか。
生まれたときの体重は2612グラム、現在は6275グラムです。
しかし、私も主人もそんなに大きくなく、またお互いの母方の家系が小柄なのですが、果汁・離乳食を始めるのが遅いのが今後の成長に影響する事はあるのでしょうか?
また、検診の後栄養士さんのところに案内され、母乳以外で水分補給するようにとWAKODOのイオン水、離乳食もろもろのサンプルをもらいました。
産院では特に白湯等の指導はなかったのですが、母乳以外の水分補給は必要ですか?
そこの小児科は夏の予防接種を行っていないらしいので、これを機に別のところへ行ってみようかと思うのですが、私の周りには子持ちが少なく、みんなそこの小児科に行っていて、情報が無く困っています。

*****************

回答  たまごママネット医師団
 お母さんの考え方で大丈夫です。家族が小柄な場合赤ちゃん発育も小柄なことが多く、母乳栄養での発育ならそれが赤ちゃんにとって一番自然 な発育と考えられます。
  4ヶ月で6275gなら生まれたときの体重から見ればちょうどよい体重増加と考えます。ミルクを足して体重が極端に増えた場合には将来肥満など生活習慣病が心配されます。
果汁や他の水分に関しては6ヶ月まで必要ありません。
  果汁に関してアメリカ小児科学会では6ヶ月までは与えてはいけないと勧告しています。
日本でも昨年厚労省から授乳・離乳の支援ガイドが出されその中で5〜6ヶ月までは必要ないとされています。果汁にはたくさんの糖分が含まれ、赤ちゃんはそれを消化できません。そのため赤ちゃんはお腹をこわしてしまいます。また甘い味を覚えることで、母乳やミルクを飲まなくなり、甘いものを好み、離乳が始まってからも好き嫌いが多くなり、甘いものを多く摂ることで肥満や虫歯の心配が出てきます。
  湯冷ましや他の水分についても必要ありません。ましてイオン水は健康な赤ちゃんに与えてはいけません。
母乳は88%が水分です。赤ちゃんは母乳を飲むことでたくさんの水分を摂っています。
腎臓はこのたくさんの水分をおしっことして出すために一生懸命働いていますが、そこに湯冷ましをあげてもなんの役に立たないばかりか腎臓に負担をかけるばかりです。
 イオン水は水+塩分+糖分からできていて離乳食が進んだ子どもで他の水分や食事をとれないような状態(消化不良や高い熱のある風邪をひいたとき、暑い環境で遊び汗をたくさんかいたときなど)の時に使うのはよいのですが、健康な状態で普段から使用するものではありません。決して水代わりとして使用してはいけません。
  日本のガイドでは離乳開始は5〜6ヶ月となっていますが、母乳育児を支援している様々なグループからは6ヶ月からの開始が望ましいとされています。
お母さんの考えの通りに今までのように母乳育児を続け、離乳は6ヶ月に入ってから始めてください。
離乳や卒乳についてもっと詳しく知りたいときには、インターネットで「日本母乳の会」を検索し、その中の書籍から「離乳食」「卒乳」という本を求めることをおすすめします。これらの本は市販はされていないため、日本母乳の会を通しての購入になります。
渡辺眞史先生 08.6.27

2480gで産まれ、生後2ヶ月になるのですが、 おっぱいが上手く吸えないようなのです。
私の乳首が陥没、扁平、そしてバストが大きいといった感じなので すが、毎回毎回飲む時に、口元からチュパチュパ空気が入る音がするんです。
あと確実に空気を飲み込んだゴボッと言う音も。
授乳の間ずーっとチュパチュパ、乳首は口の中に入っているのです が、チュバッと乳首が舌からはずれる音や動きがします。空気を飲んでいるので、授乳の後にゲップは欠かせません。そして、そのせいかオナラもブーブーたくさん出ます。

飲んでいる時に口元を見てみると、唇の方まで舌が来ています。
私のほうも、乳首は出にくですが、乳輪は柔らかいと、病院で言われました。
飲ませる時は、片手で頭を支え、片手でおっぱいを支えています。
母乳は出ていて体重も順調に増えているようなんですが、この飲み方をどうしても直したいんです。

*****************

回答 たまごママネット医師団
小ぶりでお生まれになった赤ちゃんを母乳で育てておられること、とても素敵なことだと思います。 ましてや、扁平で陥没気味のおっぱいという、高いハードルを乗り越えられ、体重増加も順調とのこと。何より有り難いですね。

おっぱいの飲み方をなんとかしたいとお考えのようですが、みんな顔が違うように、おっぱいの飲み方も赤ちゃんそれぞれの個性があるように思います。おならもゲップも上手に出来てよかったですね。
おっぱいを飲むときに音がしても、体重が増えることが出来るほど飲んでくれるのであれば何も心配されずによいのではないかと思いますが、いかがでしょうか。
我が子の個性と思って、楽しんでおつきあいなさってはいかがでしょう。
頂いたご質問の文面からは、とても頼もしい赤ちゃんのように感じます。
まずは赤ちゃんのよいところを見つけ、認め、感謝することが大切なことのように思います。 親の価値観が、今後子育ての全てに通用しないことを教えてくれているのかも知れませんね。
赤ちゃんのよいところを、たくさん誉めてあげて下さいね。
若松寿美恵助産婦 08.6.25


ひきつけではないかと心配です。
もうすぐ6ヶ月になる子どもについてです。私の病気(緑内障)の治療のため、主治医の指示で生後4ヶ月から完全ミルクになっています。ミルクにしてから、便秘がちとなり、2〜3日おきです。

先々週くらいから、「うーん」とうなる回数が増えて、特に授乳中に飲みながら大便をしたあとに、今度は「ぶるぶるっ」とまるで男性が冬場に小便をした後のような震え方をするようになりました。
そして、昨日からは何でもないときにも震えます。ほんの1秒程度です。機嫌もよく飲みも変わりません。震えたときの表情や目の動きなども特に気になることはありません。
 関係ないかもしれませんが、最近寝返りをしてうつ伏せ寝で寝る癖がつきました。夜中も返すとすぐにうつぶせになってしまい、枕などでふさいでしまうと、今度は眠れないようです。
首は横に向いていますので、呼吸は問題ないと思っていますが・・・。

何かひきつけの一種ではないかと心配です。かかりつけの小児科ではあまり相手にされない気がして、質問しました。よろしくお願いいたします。

***************

回答 たまごママネット医師団
この時期の赤ちゃんの便は毎日出ることより数日に一回のことの方が多くなります。便秘というわけではなく、便が軟らかく哺乳や機嫌が良ければこの便の間隔は便をたっぷりためてから出そうという状態です。6ヶ月に入り離乳が進むとまた別の状態に変わってきます。
{「ぶるぶるっ」とまるで男性が冬場に小便をした後のような震え方}は痙攣とは考えにくいようです。本当におしっこをしている場合もありますから気になるときにはおむつを確認してください。病的な動きかどうかということは実際にその様子をみてみないとわかりませんが、お母さんが観察したように表情や目つきに問題なければ、もう少し様子をみて良いと思われます。回数が増える、短時間に何回も繰り返して起こる、表情が変に感じるなど気になることがあれば、できればビデオなどでその様子を撮影しかかりつけの先生に診てもらうと安心だと思います。
寝返りができるようになるとうつぶせ寝を好む赤ちゃんがいます。仰向けになおしてやってもすぐにうつぶせ寝にも出ってしまいます。こんな時には無理に仰向けに治す必要はなく、鼻や口をふさぐようなものが頭のまわりにないようにします。布団は堅めの布団にし枕は必要なく使うとしても堅いものにします。またぬいぐるみなども置かないようにします。ぶるぶるする動きとうつぶせ寝は関係ないと思います。
渡辺眞史先生 08.6.24


体重が増えないので、離乳食や母乳をやめて粉ミルクにしなさいといわれましたがそうでしょうか?
10/28に3120グラムで出産し、当初は母乳とミルクの混合でしたが、12月半ばより5/30まで母乳のみでした。
2月から体重がなかなか増えなくなり、1ヶ月に100グラム増えるのがやっとの状況
3/7  5280グラム
4/11 5450グラム
5/9  5550グラム
5/31から夜寝る前に100だけミルクを足すようにし、6/13 5800グラムです。
母乳のみで頑張りたかったのですが、今月末に区役所に体重チェックに行かないといけないので、増えてないと心配になりミルクを足すようにしました。
離乳食はまだ1回食ですが最近よく食べてくれるようになり、そろそろ2回食にしようかと考えています。
そんな矢先に、主人が病院に行った時に娘のことも聞かれ、体重が増えてないから離乳食もしなくていい、母乳からミルクに移行して体重を増やしてから離乳食に。このままだとミルクのプロセスが抜けてしまう、ミルクで体重をふやしてから離乳食にするように。離乳食はあくまでも食べる練習であって離乳食では体重が増えないから先にミルクと言われました。
ミルクは今は足していますが、体重も増えて離乳食もよく食べるようになったらまた母乳のみにしたいと考えていますが、やはり続けるべきでしょうか。

*****************

回答 たまごママネット医師団
 体重増加は3ヶ月までは20〜35gですが、4〜6ヶ月では16〜20g、6ヶ月からは8〜16gになります。
質問の体重増加はやや少ない増加に見えますが、実際にはこの様な体重増加になる赤ちゃんは少なくありません。
おしっこや便が出ていて、元気で体色が良く、眠りのリズムがしっかりしているときには母乳だけで経過を見ています。
どうしても体重増加が心配なときには、量や回数を決めてミルクを足すこともあります。
  今までお母さんがしてきたことは適切だったと思います。
「ミルクのプロセス」ということはどういうことかわかりませんが、離乳食を6ヶ月から始めるというには、6ヶ月頃には腸管の粘膜が母乳以外のものを摂っても耐えられるようになり、また母乳やミルクだけでは成長に必要な栄養が足りなくなり他の食品から摂る必要があるためです。
  多くの場合には、6ヶ月に入ってから離乳食を始めますが、体重増加が少なく母乳が少ないと疑われる場合には、5ヶ月半頃から離乳食を開始してもらう場合もあります。
  離乳食を食べるようになるとそれまでとは違った体重増加がみられるようになります。
離乳食では体重が増えないということはありません。よく食べているようですから2回食にしてください。
2回食を良く食べるようになりもっと欲しがるようになったら3回食にします。
  離乳食をよく食べるとミルクの量が減ってきます。ミルクを先に少なくし、母乳を今までより多めに吸わせてください。離乳食が進む時期になるとと母乳は身体の栄養と同時に心の栄養としての役割が大きくなります。
  自我など心の発達とともにストレスも多くなります。
ストレスを和らげ赤ちゃんに安心感を育てる役割があります。
お母さんが思っているように、離乳食を進めながら母乳をすすめることは赤ちゃんにとってとても大切なことです。
渡辺眞史先生 08.6.20


授乳中のリンデロン(ステロイド薬)は母乳をやめてといわれましたがダメなのでしょうか?
1週間前から『ウィルス性結膜炎』にかかり現在授乳中と言う事で“抗生剤”だけでの治療だったのですが、悪化していく一方で今日の診察で眼科医から『母乳を止めてもらって“リンデロン(ステロイド薬)”での治療をしない限り完治しません。(期間は未定)』と言われました。
産後まだ日が浅くできれば母乳育児を望んでいるのですが“リンデロン”と言う点眼薬は危険でしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
“リンデロン”(リン酸ベタメタゾン)は、添付文書に「母乳中へ移行することがあるので、授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせること。」と記載されていますが、実際に母乳中へ移行する量が少ないため通常の使用では授乳を続けてよいと考えられます。
点眼薬ではさらに量が少ないので安心して授乳してください。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.6.17

1歳10ヵ月になる男の子ですがおっぱいを触るのが好きで困っています。
1歳5ヵ月の時私の体の都合で断乳しました。それから寝るときは必ず1時間位おっぱい特に乳首を触っていて離そうとすると大声で何時間でも泣きます。他の方法で寝ることがあまりありません。
夜中も何度か目が覚めた時や昼間も抱っこすると私の服の中に手を入れています。断乳したので暫くはおっぱいが恋しいのかと思っていたのですが私の方が苦痛になってしまいました。どのようにしたらいいのでしょうか。

******************

回答  たまごママネット医師団
断乳ができない、おっぱいを触ってくるというお悩み・ご質問は結構多いですね。

3歳でようやく卒乳という子もいるみたいですね。
お母さん方は大変だと思います。
なかなかよい対処法や特効薬はないかもしれませんが、おっぱいを触ることに対して、「やめなさい!」とか「だめ!」などの指示や命令口調は逆効果になることが多いと思います。
ちょっと冗談ぽく「エッチだね〜」とか「もうおにいちゃんなのにね〜」と少し羞恥心を抱かせるように持っていったり、そのようなことをしそうなときに子どものわきなどをくすぐって注意をそらせることも対策のひとつでしょう。
ただ、根気が必要とおもいますのであせらずに、じっくりとがんばってみてください。

最初は上目遣いに母親の様子を伺い、照れ隠しに、おっぱいを触ったり、顔を胸にうずめたりするかもしれませんが、根気よく繰り返していただくのが大切でしょう。
それと同時に大切なことは、おっぱいやをさわったりしそうなときに、「もうおにいちゃんなのにね〜」と言葉がけをしたときに、躊躇したりやめたりするようなら、しっかり「おにいちゃんになったねー、おりこうさんだねー」とほめてあげることも忘れないでくださいね。

3歳半まで「おっぱい星人」だった子のお母さんが、そのときはしんどくて辛かったけど、今はいい思い出ですといわれていました。
母さんの育児の苦しみが良い思い出になりますように。
竹中義人先生 たけなかキッズクリニック(堺市)08.6.15

赤ちゃんを母乳哺育で育てたいのですが母乳の量が増えず不安です。
1ヶ月と3週間の男の子で完全母乳を目指しています。
3112グラムで生まれましたが哺乳力が弱く、乳首をくわえたらすぐに寝てしまいしっかり飲めないので入院中指示された通り最初から混合で育てています。1ヶ月健診4088グラム、ミルクを足しても1キロも増えませんでした。現在4600グラムです。母乳10回以上(右左5分ずつを2回くらい)にミルクを40〜60ほぼ毎回足しています。直母での哺乳量は頑張って50〜60、大体30〜40で少ない時は20くらいです。頻回授乳をしてもすぐ寝てしまい十分な量を飲まないので分泌量が増えません。このままミルクを足していては母乳の量が減っていくのでないか心配です。ミルクを止めて直母で飲んでもらうことを実践したいですが、まだミルクを足し続け体重をもう少し増やしてからのほうがいいのか毎日悩んでいます。
現在の母乳量で、今からでも頻回授乳を続けていけば完全母乳になれるのでしょうか。この量では完母は諦めるべきでしょうか。それとももう少し混合で様子をみてある程度体重を増やしてから検討すべきでしょうか。完全母乳へ上手に移行する方法もアドバイスいただきたいです。ご回答よろしくお願いします。

***************

回答  たまごママネット医師団
  母乳でお子さんを育てたいと、頑張っておられるのですね。
頂いたご質問から、現在までの体重増加は順調なように思います。
 ミルク追加を減らしていく目安の一つに、おしっこの量と回数をカウントしていただくとよいかと思います。日に7回以上、おむつがずっしり重くなるほどぬれているようでしたら、哺乳量が足りている目安になります。
 おしっこの量をキープしながら、欲を言えば直母は20回以上を目指されてはいかがでしょうか。
母乳は夜の方が分泌がよくなることが多いので、まずは夜間のミルク追加を減らし、おっぱいの回数を増やしてみてはどうでしょうか。
 ミルクの追加は乳頭混乱を避けるため、スプーンなど、人工の乳首でなさるとよいかと思います。
とは言え、お母さんがお一人で抱えるのはしんどいときもおありでしょう。 母乳相談の出来る助産婦や産院で体重や発達の状態を一緒に確認してもらえると心強く、また、お母さんも安心しておっぱいの時間を楽しめるのではないでしょうか。
 お母さんの緊張が高いと、おっぱいの分泌の妨げにもなりかねません。
ミルクを足さずにすむことにとらわれ過ぎずに、どうかおっぱいの時間を楽しんで、力を抜いてお過ごしになられますように。
若松寿美恵助産婦 08.6.9

レキソタンの母乳への影響を教えてください。
5月21日に2人目出産しました。生後15日です
もともとパニック障害があり、症状は主にめまいで妊娠前から頓服でレキソタンを1回6〜7ミリを1日〜2日に1回服用していました。妊娠中も飲んでいました。
母乳がよくでるので、母乳で育てたいのですが、産後めまいが強くなりました。
通ってる病院ではやはり母乳をやめるか、薬をやめるかくらいの意見しかもらえず。
でも一生懸命おっぱいを吸う息子の姿を見ると母乳をあげたいです。でも私の体調が悪ければどうしようもないし、今は服用後はミルクにしています・・・。
レキソタンをこの量で1日1回程度飲んでるとやはり母乳はあきらめたほうがいいのでしょうか?
特に息子は眠りすぎなどはないとおもわれますが、黄疸は出産後ちょっと強めで1日だけ光線治療
して退院し、いまはまだ少し残っています。まだ15日目なので残っててもおかしくはないと思うのですが、どうしても私の薬のせい?と思ってしまいます。元気はあります。
服用からどれくらい残ってしまうのでしょうか?教えていただけるとありがたいです。

**************

回答  たまごママネット医師団
レキソタン(ブロマゼパム)はベンゾジアゼピン系の抗不安剤です。
レキソタンについて授乳に関する情報はあまりないので、ジアゼパムに準じて考えるとご質問にあるように「眠りがちになったり黄疸が強く出たり」ということに注意が必要です。
生後15日でまだ少し残っている程度の黄疸については心配なさそうです。
レキソタン服用後の血中濃度は約1時間後で最高値に達し、血中濃度半 減期は約11〜28 時間です。
服用後半日(12時間)くらい授乳を控えると赤ちゃんに対する影響は少なくなると考えられます。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.6.6

小児科医から体重増加が気になるからミルクを足すように言われましたが飲んでくれません。
2008年3月22日に女児を出産しました。出生時の体重は3650gで39週4日の普通分娩でした。現在2ヶ月です。5750g。母乳のみで育てています。小児科へ行きました。体重の増加が気になると指摘されミルクを足すよう指導を受けました。生まれたときが大きかったのでもっと体重が増えていいと小児科の先生に言われました。 ミルクを一日二回くらい足すように言われましたが、哺乳瓶の乳首が大嫌いで受け付けません。
4種類くらい様々な乳首を試しましたがどれもダメ。ミルクの味も好まず大泣きしながら10cc飲むのがやっとです。
これでは足しているとは言えず参っています。スプーンで飲ませてみたり工夫をしていますが飲むことが出来ません。機嫌はよく発達も順調のような気がします。日中、おっぱいを欲しがる仕草をすることが
あるので足りないのかな?と2週間くらい前から気になっていました。

 今から哺乳瓶の乳首に慣れることは出来るでしょうか?1ヶ月の頃から中身を母乳にしてみて与えていましたがそれでもダメです。本当に大嫌いです。ミルクを足してと言われてもこの様子だと飲むことが出来ません。

****************

回答 たまごママネット医師団
 生まれる前の胎児環境と生まれたあとの環境は違う環境です。
大きく生まれた赤ちゃんがそのまま大きく育つとは限りません。
中にはそのまま大きめの体格で育つ子もいますが、多くはその子なりの成長をするようになります。

質問のように2ヶ月で5750gであれば、むしろ大きめの赤ちゃんです。

出生時からの体重増加でも少なすぎず増えすぎずの状態といえます。
私は母乳でちょうど良い発育の仕方をしていたと思います。

もちろんミルクを足す必要はありません。

おっぱい大好きな赤ちゃんの様ですからミルクを足さずに直接母乳だけを与えてください。
ミルクを与えて母乳を与える回数が減っていたとしたら少し母乳の分泌が少なくなっていることもあります。
その場合でも数日数回多く母乳を与えることでまた分泌が良くなります。
日中におっぱいを欲しがる仕草が多くなり、夜寝る時間が長くなる様でしたら母乳が少なくなったのではなく、生活のリズムができてきたと考えます。
  昼はこまめに飲ませ、いっぱい抱っこや声がけをして、夜は静かにゆったりとおっぱいを与えると生活のリズムが良くなります。無理にミルクを飲ませようとしないで、自信を持って母乳を与えるようにしてください。
渡辺眞史先生  08.6.4


母乳がほとんど出ていないように感じます。健診でミルクをたすように指導されました。
生後3ヶ月の男の子を育てています。毎月決まった時期に、ほとんど母乳が出ないような感じがします。
産後2ヶ月に、少量の出血が1日だけあり、生理が始まったのかもしれません。
(産後からずっと1日10回は授乳しています。)
排卵日のようにおりものが増えると、その次の日から、段々おっぱいが張らなくなります。それでも、必死に吸わせ、1日15回ほど授乳しますが、3回授乳してようやく普段の1回分のおむつの濡れ方で、ほとんどおむつは乾いています。
ほとんど母乳が出てこないように感じる時期は、1週間ほどで終わり、徐々にまた張ってくるようになります。張ってくる時期は、1週間で200gほど体重は増えます。
全くおっぱいが張らない時期は、ミルクを足した方がいいのでしょうか?
3ヶ月検診では、ミルクを足すように言われました。
母乳を続けながら、ミルクで補うには、どういう足し方をしたらいいでしょう?
ただ、ほとんど完全母乳で育てたためか、哺乳瓶を嫌がって受け付けません。
今は哺乳瓶を嫌がって飲みませんが、慣らすことは出来るでしょうか?

******************

回答 たまごママネット医師団
ミルクを追加するように言われ、あげようとしても飲んでくれないとは、なかなか賢い赤ちゃんではないかと拝察いたします。お母さんのおっぱいが大好きなのですね。
退院時からの体重の増え方はいかがでしょうか。週に200gの増加とありますが、退院時からの体重増加が日割りで18gずつ増えていて、なおかつ頭囲が成長曲線内にあり、その赤ちゃんなりに大きくなっているのでしたら、さほど慌てて追加しなくてもよいのかも知れませんがいかがでしょうか。

 もしミルクを足したほうがよさそうであれば、授乳のあとにスプーンでミルクを飲んでもらうとよいかと思います。出生から現在までの体重増加と頭囲の増え方が分からないのでどのくらい足したらよいか、お伝え出来ずに申し訳ありません。
 母乳はお母さんが「出がわるいのではないかしら」と思うときほど、頻回に飲んでもらうとよいですね。日に20回、30回あげても大丈夫です。 しっかり質のよい食事を召しあがり、冷えに気をつけて、楽しんで赤ちゃんとの時をお過ごしになられますように。
若松寿美恵助産婦 08.5.16
親戚の子が川崎病にかかった親戚の子にあうのですが感染が心配です。
現在4ヶ月になる息子がおりますが、来月親戚と初顔合わせをしようと考えております。
しかしこの中に、3年前川崎病に罹った男の子がおり、会わせても大丈夫なのか感染しないのか不安でなりません。色々調べても、感染すると書いてあるものもあり、原因が分からないと記されております。
親戚の子は現在5歳で再発もなく、元気に毎日幼稚園にも通っています。

抵抗力もない赤ちゃんが、以前川崎病に罹った子供に接触しても大丈夫なのかどうか教えて下さい。

****************

回答 たまごママネット医師団
川崎病の原因はまだわかっていませんが、少なくとも集団の中で感染することはありません。まして3年前の川崎病が感染するということはあり得ません。親戚の集まりに参加することで川崎病を心配する必要はありません。

(人が多く集まるということはそれだけ風邪などのウィルスによる感染の機会が増えるということになります。赤ちゃんは生まれるときにお母さんから風邪にかかりにくい免疫をもらってきますが、4ヶ月頃から免疫が少なくなり風邪をひくことがあります。このために熱を出したりすることがないとは言えません。)
渡辺眞史先生 08.5.11


アテレックとアーチストの母乳への影響について教えてください。
降圧剤について教えて下さい。
以前にアテレックのことで質問をさせて頂きました。子どもは現在3ヶ月です。
実家から自宅に戻ったため病院が変わり、投薬内容がアテレック(10)とアーチスト(10)に変更になりました。
ミルク9割、母乳1割程度の混合ですが、授乳はやめるように言われています。できれば6ヶ月くらいまでは少量でも授乳を続けたいのですが、どうすべきか悩んでいます。アドバイスをお願いします。

*************

回答  たまごママネット医師団
アテレック、アーチストともにまだ授乳に関してのデータの乏しい薬です。同系統の以前から使用されている薬には安全性の確かめられている薬があり、これらの薬に変更してもらうことが可能であればより安心です。
  アテレックはジルチアゼム、ニフェジピン、ベラパミルが、アーチストはラベタロールが授乳可能になっています。
もし変更できない場合でも、アテレックはCa拮抗剤で他の多くの薬が授乳可能なことより通常量であれば授乳を続けても良いと思われます。
  アーチストは分子量が小さく、脂溶性が高いことより母乳移行性が高い可能性があり注意を要します。
しかし質問のケースの場合、ミルク9割、母乳1割程度の混合とすれば赤ちゃんに問題となるほどの薬の移行は考えられず、この場合も授乳可能と思われます。
 授乳は身体を大きくするだけでなく、授乳そのものが赤ちゃんの心を育むことにもつながります。
赤ちゃんがおっぱいを吸ってくれる間は、母乳の量は気にせずしっかりとおっぱいを吸わせてあげてください。
渡辺眞史先生 08.5.1

授乳中の漢方風邪薬の影響が心配です。
現在授乳中ですが、風邪をひいてしまいました。いったん咳がではじめると息ができなくなるほどの咳が続くため、内科で薬を処方してもらいました。
PL顆粒
ツムラ麦門冬湯エキス顆粒(医療用)
ツムラ柴陥湯エキス顆粒(医療用)
子どもは現在3カ月になったところですが、この薬を飲みながら授乳を続けていても問題はないのでしょうか。漢方薬ということも、あまり服用したことがないので気になっています。

**********************

 漢方薬についてはほとんどデータがありませんが、短期間の服用では赤ちゃんへの悪影響は考えなくてもよいと考えます。PL顆粒も服用中の授乳は可能です。赤ちゃんの様子に注意(眠りがちになるなど)してください。服用のタイミングは授乳直後がよいです。次の授乳までに体から薬が少しは出て行ってしまうからです。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.4.30
体重が増えすぎで母乳をあまり飲ませないように医師から言われ心配です。
現在3ヶ月の男の子のことで相談です。
母乳のみで育てています。母乳の出はかなり良いです。
3520gで生まれ、1ヶ月検診時に5350gありました。
そのときに先生から体重が増えすぎなので、少々泣いてもあまり飲ませないように言われました。
急激に体重が増えると、貧血になる心配があるとのことでした。
でもその後も飲みたいだけ飲ませすぎたのか、現在3ヶ月で9300gあります。
元気で毎日機嫌も良いのですが、一度貧血の検査をしたほうがよいのでしょうか?
心配でたまりません。

***************

回答  たまごママネット医師団
 母乳では体重の増え方の個人差がとても大きくなります。
  多くは体重が増えないと心配しますが、質問の赤ちゃんのように中にはびっくりするぐらい体重の増えの良い赤ちゃんがいます。
  お母さんの母乳分泌がとても良く、赤ちゃんも上手に飲めているようです。赤ちゃんのうまれ持った素質による場合もあります。
  お父さん、お母さんの体格はどうでしょう。
大柄な体格の時、赤ちゃんの体つきも大きくなることがあります。
  3ヶ月までの赤ちゃんはまだ満腹中枢が未熟なため、母乳の分泌が良いとどうしても飲み過ぎの状態になります。この時期が一番体重の増える時期です。
  3ヶ月をすぎると満足すると自分で乳首を舌で押し出したり自分で飲む量を調節するようになります。体重の増え方も少なくなり、このままどんどん体重が増えていくことはありません。
母乳で体重の増えが良かった赤ちゃんに貧血が多いということは私は経験がありません。

  満期で出生し、出生体重も問題ない場合母乳で貧血になることはないと思います。
頬や唇の赤さが少ないなど心配なときは6ヶ月頃に検査をすれば良いと思います。
体重が重いこと自体は問題ありませんが、注意をすることもあります。泣くとすぐに飲ませていなかったでしょうか。
  泣いたとき少しあやして声をかけて遊んであげる時間をとってください。それだけで泣き止んで機嫌が良くなればまだおっぱいの時間ではありません。
「泣く=おっぱい」とすると体重が増えすぎることがあります。

これからは手足を活発に動かすようになります。
お母さんと同じぐらいの服装にし、靴下や手袋はしないで動きやすいようにしてください。
 いっぱい身体を動かすことが赤ちゃんの運動です。また一日の生活リズムを考えてください。
  日中はこまめに抱っこしたり、声をかけたり、外に連れて行ったり刺激をたっぷり与えてください。夜は静かにし、ゆっくりおっぱいを飲ませて安静な時間をとってください。今の時期から生活リズムをしっかり身につけることが大切です。
渡辺眞史先生 08.4.23

ウルソ錠を服用していますが主治医からは授乳可能と言われていますが心配です。
現在、8ヶ月の女の子を母乳で育てています。
肝機能の数値に異常があり、ウルソ錠を朝昼晩、食後に2錠づつ服用しています。服用し始めて6日目になります。
薬の母乳移行について、医師からは大丈夫だと言われましたが、35日間の服用の為、気になります。心配なので、服用期間中は混合で授乳しています。さらに服用後に搾乳などもした方がいいのかアドバイスをいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

***************

回答  たまごママネット医師団
ウルソ(ウルソデオキシコール酸)は母乳中移行するにしてもごく微量で、お子さんへの影響もほとんどないと考えられます。
心配せずに授乳を続けてください。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.4.22

8ヶ月の娘の体重増加が少なく心配です。
40週1644gで産まれた女児です。
4月末で9ヶ月になります。混合で育てています。私としては、子どもがNICUを退院した頃から完全母乳を目指しており、粉ミルクを控えめに足しながら母乳を何度も吸わせる方法を続けています。しかし体重増加が思わしくありません。8ヶ月と17日目で4920gでした。産院の母乳外来では母乳が十分に出ていると言われています。しかし体重がずっと伸び悩んでいるので、混合と完母の間で迷っていて、粉ミルクを減らしたり増やしたりを相変わらず繰り返しています。
 5kgまで何とか増えた(哺乳力がついた)こともあり、今、思い切ってここで粉ミルクを敢えて使わないで母乳のみの育児を試してみようかと思っていますが、これは今の娘の体には危険なことでしょうか?やはり、粉ミルクを足さなければならないでしょうか?
  因みに、離乳食は6ヶ月過ぎから開始しています。最近2回食にしました。ゆっくりやっていますが、食べっぷりはいいと思います。子どもの機嫌はいいです。おしっこは適度に、うんちは三日に1回ですが、コンスタントに出ています。

******************

回答 たまごママネット医師団
子宮内発育不全で生まれた赤ちゃんの中には出生後もなかなか大きくなれない赤ちゃんがいます。
  それが異常というわけではなく、その子の特徴として小柄な発育をすると考えます。
在胎週数に比べ出生体重が相当小さい場合に多く、質問の赤ちゃんは出生体重が31週相当の体重ですから、実際にうまれた週数と9週もの開きがあることになります。
この様な場合には栄養が足りないから大きくならないのではなく、充分な栄養を摂っていても大きくなれないことがあります。赤ちゃんの体つきはどうでしょうか。身体全体をさわってみてください。ぷくぷくしていて肉付きがしっかりしていれば栄養は十分です。母乳がある程度出ていて、離乳食も適当に食べてくれるようでしたらそれで栄養は充分だと思います。
  ミルクを足したから体重が増えるということは少ないと思います。離乳食を増やし、母乳の回数も増やしながら赤ちゃんの満足な様子を観察してください。お母さんがみて大丈夫そうであれば母乳でできると思います。
たくさん栄養を摂ったから大きくなるということはなく、今の発育がこの子の特徴と考えてゆっくり見守ってあげてください。
渡辺眞史先生 08.4.17
ストロメクトールを服用する場合は授乳を中止するように指示され悩んでいます。
11ヶ月の子供を母乳育児しているものです。
離乳食は3回食でよく食べています。母乳は夜から朝にかけて4回ほど飲んでいます。このたび介護施設にお世話になっている祖母が疥癬に罹り面会に行った際に移ってしまったようです。すぐに皮膚科を 受診しましたが、母乳をあげている旨を伝えたところ、内服薬は出してもらえず、オイラックスとデルモベート軟膏を処方されました。しかし、受診から1ヶ月たっても 良くならず、最近は悪化してきているようです。11ヶ
月の娘も背中がガサガサして似 たような症状が出てきました。そのため、皮膚科を変えてみようと思っています。今度行く皮膚科では母乳の事は話さないほうが よろしいでしょうか??疥癬は内服薬が必要ときいたので・・。もしそれで内服のお薬(ストロメクトール)が出た場合、飲んでも問題ないでしょうか?今まで行った病院では今通っている内科以外、母乳と言うと授乳をやめるように言われ辛い思いをしてきました。どうするのが一番の方法だと思われますか?かゆみがひどく夜も眠れず、子供たちに感染させてしまうのがっても怖
いです。
*質問中に子供とありますが、子は親の供ではなく人格を持った一人の人です。従って「子ども」と私は書きます。多くの場合私が修正していますが、今回は敢えて質問の文章の通りにしました。新井一令

*******************

回答 たまごママネット医師団
疥癬に使用されるストロメクトールはアメリカ小児科学会では授乳には問題ないと判断しています。日本では母乳中に移行するとして授乳を止めるように指導されることがありますが、実際には母乳中への移行は少なく、通常の使用では授乳を続けて問題ないと考えられます。オイラックスやデルモベートなどの外用薬は心配なく使用できます。
11ヶ月で離乳食をよく食べ母乳は4回であれば、哺乳量はそれほど多くはなく、更に安心です。もし皮膚科で内服の薬が必要と判断されるようでしたら、母乳を続けながら薬を服用しても問題ないと思います。
できれば今の皮膚科の先生にもう一度話しをして判断してもらうのがよいと思います。
渡辺眞史先生 08.4.14

私のポリオワクチンの予防接種について質問があります。
1歳になったばかりの娘の母です。
娘のポリオ予防接種(2回目)に伴い、昭和51年生まれ(幼少の頃2回接種済み)の私も一緒に予防接種をうけようと思っています。
ところが市へ申し込みを行ったところ、「授乳中は不可」と言われてしまいました。
現在、回数は減っていますが、毎日授乳をしています。
授乳中の母親はポリオ予防接種は行わない方がいいのでしょうか?
また、そもそも大人になってからのポリオ予防接種は受ける必要があるのでしょうか?
無知で申し訳ありませんが、教えて頂けますよう宜しくお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
ポリオワクチンの添付文書での記載は
「[妊娠、産婦、授乳婦等への接種]妊娠していることが明らかな者には接種してはならない。
 産婦、授乳婦に限って組織的に接種した経験はないが、本剤の本質として、ワクチン接種した乳児から接触者にワクチンウイルスが高率に感染することから考慮しても、必要があれば本ワクチンを接種することができる。」となっていますのでご相談のケースでは任意接種としてお子様と同時にポリオワクチンを投与してもらうことには何の問題もないように思います。
昭和50ー52年に生まれた方ではポリオの免疫が他の年齢層に比べて低いと言われていますのでポリオの常在国(ナイジェリア、インド、パキスタン、アフガニスタン)への渡航や子どものワクチン接種時には、成人であっても接種を勧められます。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.4.8

高血圧でアムロジンを処方され授乳をやめるよういわれて困っています。
母親である私が高血圧のため目眩、頭痛で日常生活にも支障が出て、リスクが高いので降圧剤を飲むようにいわれました。
子どもが7ヶ月で完母なのですが、授乳はやめるよういわれました。
絶対に哺乳瓶などを受け付けず、泣きます。
この3日間ほとんど水分、栄養補給が出来ていないと思います。
夜も空腹のためかほとんど眠らなくなってしまいました。
アムロジンを一日一回飲んでいるのですが、他に何とか飲みながら授乳できる薬はないのでしょうか?
母親が倒れてはならないと思うので、授乳可能な薬がないならば何とか水分、栄養を補わなければならないと思うのですが、よい方法はないでしょうか?
かかっている先生は小児のことは分からないといわれ、困っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

****************

回答 たまごママネット医師団
アムロジンはカルシウム拮抗薬に属する高血圧の薬です。
服用中の授乳に関するデータは少ないので注意が必要です。
ある程度母乳の中にも移行すると考えられます。
授乳している児に起きうることは、徐脈や低血圧ですが実際にそのような有害作用が起こった証拠はありません。
服用が長期にわたる場合はこれらの症状に注意することになります。

短期間なら母乳の授乳と薬の服用を同時に行ってもよいと考えられます。
母乳を与えながら、少しずつ離乳食を増やしていくなど母乳へ依存する割合を減らしていけばよいのではないでしょうか?
いきなり母乳をすっぱり止めることは、お子さんにとってもあなた自身にとってもよい方法ではありません。

アムロジンと同じくCa拮抗薬であるジルチアゼム、ニフェジピン、ベラパミルは米国小児科学会のリストでは授乳可能となっていますので主治医の先生にご相談ください。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.4.6


渡辺 真史先生 
岡村 博行先生 岡村産婦人科医院 大阪府堺市槙塚台1丁-11-3
竹中 義人先生 たけなかキッズクリニック 大阪府堺市長曽根町1467-1 メディカルエイトワンビル2階
衣笠 万里 先生 尼崎医療生協病院  兵庫県尼崎市南武庫之荘11-12-1
池川 明先生 池川クリニック 横浜市金沢区大道2-5-13
石井 廣重先生 石井第一産科婦人科クリニック 静岡県浜北市小松4498-5

北島 博之先生 大阪府立母子保健総合医療センター 大阪府和泉市室堂町840
平林 円先生 大阪市立十三市民病院 大阪市淀川区野中北2丁目12番27号
大牟田智子先生 春日助産院 福岡県春日市昇町6-102
白川嘉継先生  福岡新水巻病院小児科 福岡県遠賀郡水巻町立屋敷1丁目2−1
中村 孝先生 なかむら小児歯科医院 埼玉県和光市本町6-9 井口ビル2階

若松寿美恵先生 助産師