育児相談室

歯科治療でセフゾン ・ロルカム ・ロキソニンは授乳を中止するように言われましたが大丈夫でしょうか?
こんにちは。今1歳6ヶ月の授乳中の子どもがいます。
まだおっぱい大好きで私も授乳を楽しんでいるので、まだまだ授乳は続けたいと思っています。
所が親知らずが虫歯になり抜歯を進められました。抜歯後に抗生物質など飲まなくてはならず、授乳はやめて下さいと言われました。聞くと下記の薬が抜歯後に出されるそうです。いずれも3日分つづです。
・セフゾン ・ロルカム ・ロキソニン
この薬を飲みながらの授乳は大丈夫でしょうか?宜しくお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
セフゾンはセファム系の抗生剤、ロキソニンは解熱鎮痛抗炎症剤でどちらも授乳OKです。
ロルカムは速効性の解熱鎮痛抗炎症剤でデータがまだあまりないのでハッキリ安全とはいえませんが、早く効いて体から消えていくのも早いので、授乳後すぐに服用すれば数時間後の次の授乳時には影響が少なくなっていると考えられます。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.10.29


ジスロマック、ロキソニンの母乳への影響について教えてください。
今日、歯医者で親知らずを抜いてきました。
その時に、処方していただいた薬なのですが、薬を服用しても母乳をあげても大丈夫な薬でしょうか?
ジスロマック250(1回2錠)
ロキソニン60(1回2錠)
です。
別々には大丈夫と書いてあるのですが、同時に服用しても大丈夫でしょうか?
ミルクに切り替えてあげられれば一番いいのでしょうが、ミルクを嫌がってしまうので母乳をあげ続けたいと思っています。
お忙しいとは思いますがどうぞよろしくお願い致します。

*******************

回答 たまごママネット医師団
 ジスロマックは抗菌薬でロキソニンは解熱鎮痛抗炎症薬です。
別系統の薬で相互作用もないと考えられます。
ミルクに切り替えないで、安心して母乳を続けてください。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.10.22
ステロイドの点滴、メチコバール、ATP、リンデロンの母乳への影響について質問します。
耳の不調で本日耳鼻科を受診したところ、突発性難聴と診断され、早速今日からステロイドの点滴治療が始まりました。
10ヶ月の子どもを母乳育児中なので、授乳してもよいか尋ねたところ、「殆ど影響はないと思いますがゼロとは言えません。子どもが可愛そうだから授乳してもいいと思いますが、ミルクに替えられるようであればその方がより安全です。」と言われました。とても悩んだのですが、安心して授乳できる気持ちにはなれなかったので慌ててミルクを買ってきて与えたのですが、嫌がってなかなか飲みませんでした。いつもは欲しいときに欲しいだけ飲んで、寝るときは添い乳なので、今日はなかなか眠れずよく泣いて最後は疲れ果てて寝入ったような次第です。
もし安全であればなるべく早く授乳を再開したいので、投薬治療中でも授乳可能な薬かどうか、また、不可能な場合は治療終了後いつ頃から授乳を再開できるか、たまごママネットの先生方のご意見を是非お聞きしたくお尋ねしました。薬はメチコバールとATPとリンデロンの3種類が入っているとのことです。点滴で投与を受けました。お忙しいところ恐れ入りますが、ご回答よろしくお願いいたします。

****************

回答  たまごママネット医師団
最近はお母さんに薬を投与しなければいけないときに授乳禁止を言われないことも聞かれるようになりましたが、母乳育児の大切さについての理解がまだ不十分なため、質問のように「殆ど影響はないと思いますがゼロとは言えません。子どもが可愛そうだから授乳してもいいと思いますが、ミルクに替えられるようであればその方がより安全です。」という内容のことを言われ迷っているお母さんもたくさんいるようです。
 プレドニンは通常の治療量では母乳中に移行する量は少なく、また赤ちゃんが吸収する量も少ないため赤ちゃんに影響を与えることはないと考えられています。
  ATPは投与された薬は急速に代謝され母乳中にはほとんど移行しないため授乳可能です。メチコバールはビタミンB12製剤であり通常治療量では赤ちゃんに影響を与えることはありません。3剤とも授乳による赤ちゃんに対する影響はほとんどなく授乳可能と考えられます。
 お母さんに薬を使用した場合、薬成分が母乳を通じて赤ちゃんに移行するのは事実です。しかしその多くは移行する量は少なく赤ちゃんに影響を与えることはないと考えられています。
また赤ちゃんに投与することのできる薬であっても母親に投与されたときには授乳禁止と言われることもあります。
薬の性質上100%絶対に何も起こらないとは言いきることはできませんが、世界中で実際に使用され多くの臨床データが積み重ねられ、その上で安全性について検討されています。母乳育児を応援している人たちは検討された安全性を基に薬の可否を考えています。
 ミルクは安全でしょうか? 母乳止めミルクにするとミルクアレルギーの発症や、中耳炎の増加、胃腸炎の増加、尿路感染症の増加などが知られていて、また不適切な調乳によるE.sakazakiiやS.entericaなどの細菌による敗血症・髄膜炎に対して注意をするようにいわれています。また赤ちゃんは機嫌が悪くなり、いつもより多く泣いてお母さんを困らせたり、お母さんもおっぱいが張って痛くなり乳腺炎を起こすこともあります。
 授乳と薬のことを考えるときには薬の害だけを考えるのではなく、授乳を中断したときの母子のストレス、授乳を続けた場合の利点も併せて考えて判断する必要があります。
渡辺眞史先生 08.10.21

授乳中のロキソプロフェンナトリウムとコリクールの影響について教えてください。
2ヶ月のこどもをもつ母です。肩が痛み、熱を持っていたので、ロキソプロフェンナトリウムとコリクール250mgを3日分処方されました。心配なので、一時母乳を中断しました。ロキソプロフェンナトリウムは、服用後1日経てば再開してもよいと言われましたが、搾乳がうまくいかず、乳が張って困っています。肩の痛みも今はないので、薬の服用をやめて、母乳を再開したいのですが、どれくらい間を開ければよいでしょうか。搾乳が十分にできていないと、母乳に薬が移行したものを赤ちゃんにあげることになるのでしょうか。

*****************

回答 たまごママネット医師団
ロキソプロフェンナトリウムは母乳中への移行量が非常に少量なので授乳継続可能です。
コリクールについてはデータが少ないですが、通常量であれば授乳を継続してよいと思います。
授乳中の服薬の基本は、まず授乳しておいてから、薬を服用することです。
次の授乳までにある程度の薬が体から出て行きます。
服薬中も授乳を中断することなく継続してよいと思います。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.10.19


プレドニンを服用していますがワクチン接種は可能でしょうか?
今週4ヶ月になる男の子がいます。一ヶ月前より、起床時に小指と薬指の関節にこわばりを感じるようになり、先日再受診したところプレドニンを朝のみ5mg処方されました。現在は完母ですが、服用しても赤ちゃんには影響ないとのことで安心したのです。しかしネット等で副作用を調べてみると「ワクチン接種で神経障害・抗体反応の欠如が起きる」と書かれていました。
息子は今月ポリオを受ける予定ですが、多少なりとも薬が移行している体に大丈夫なのでしょうか?心配でならないです。ご返答宜しくお願い致します。

*****************

回答 たまごママネット医師団
プレドニンは母乳中に移行する量が少なく、通常薬を飲んでいても授乳を続けることができます。質問のケースは5mgと少なく母乳から赤ちゃんに移行する量も微量であり、赤ちゃんに影響を与えるほどには移行せずワクチン接種も可能です。母乳もワクチンも今のまま続けて良いと思います。
渡辺眞史先生 08.10.15

6ヶ月の息子の震えについて教えてください。
6ヶ月半の息子を母乳で育てていますが、授乳中に体がブルブル震えることがあります。
1ヶ月半くらい前に初めておこり、現在までに3回ありました。
状況は3回ともほぼ同じで、かなり眠くてほとんど寝た状態でおっぱいを飲んでいる時でした。(2回は夜寝る前、1回は昼寝前。)
寒いときに震えるような小刻みな動きで、体が硬直しているわけではありません。
目は閉じたままで、普通におっぱいは飲み続けていますので、意識はあるように思います。
最初の2回は私が触ると震えは止まり、1回はそのまま様子を見ていたら10秒程度で止まりました。
震えが止まった後もしばらく普通に飲み続け、そのまま寝入り、起きてからも変わった様子はありません。
おしっこをしているのかも?と思いオムツを確認しましたが、濡れていませんでした。
それ以外に変わったところがないので特に受診はしていないのですが、3回目がおこったので少し気になります。
何か病気の兆候と考えられますか?
検査や治療等の必要がありますか?アドバイスをいただきたく、宜しくお願いいたします。

****************

回答  たまごママネット医師団
 赤ちゃんは親を心配させる動きを見せることがあります。
この様なちょっと変な動きは脳神経機能の未熟性によるものと考えられ、成長とともにみられなくなります。
多くの場合けいれんはブルブルのような細かな動きではなくピクッというような大きな動きが規則的に繰り返しみられます。
  けいれんであれば目つきや顔つきが変に感じますし、おっぱいを飲み続けることはできないのが普通です。
質問の内容だけでは確かなことは言えませんが、けいれんとは異なる動きに思います。実際に診察したり、もっと詳しく話を聞かないと正確なことは言えません。
心配なときはかかりつけの小児科の先生によく相談してください。
渡辺眞史先生 08.10.7

デパス・ソラナックス・メイラックス・ロヒプノール・マイスリーを服用していますが母乳に影響はありますか?
以前よりうつがあり、産後に別居中ということもあり、うつが再発しました。現在、生後4カ月の子どもがおり完全母乳です。デパス0.5mg3T分3・ソラナックス3T分3・メイラックス2T分2・ロヒプノール1Ths・マイスリー5mg2THSで服用していますが、母乳はやめた方がよいのでしょうか?

****************

回答 たまごママネット医師団
5種類とも向精神薬になります。ソラナックスはできれば授乳を避ける薬です。その他は注意をしながら授乳可能です。
  今まで服薬をしながら授乳をしてきたのであれば、また赤ちゃんに問題がないのであればこのまま母乳を続けることができます。
これだけ多くの薬を一緒に服用しなければいけないとすると、一つ一つの薬ではそれほど問題ないとしても複合の作用で問題が起こることも考えられます。
  母乳をすぐに止めなければいけないとは思いませんが、十分に注意をする必要があります。
かかりつけの小児科のもと、赤ちゃんの状態(活気、哺乳、睡眠、異常な動きなど)に注意をしながらみてください。
渡辺眞史先生  08.10.4

授乳中ですが、セフジトレンピボキシル、ショウサイコトウカキキョウセッコウを処方されましたが服用しても大丈夫ですか?
9月30日から喉が痛くて、今朝近所の産婦人科に行きましたらお休みでした。
そこで出産したJR総合病院に電話して確認したところ、近所の内科でも大丈夫だけど授乳中と伝えるよ言われて、耳鼻科に行きました。そこでセフジトレンピボキシル100mg「サワイ」とツムラ ショウサイコトウカキキョウセッコウの薬を出されました。これらは授乳中に飲んでも大丈夫でしょうか?ここの耳鼻科の先生は少々適当なところがあり、心配でメールさせて頂きました。どうぞ宜しくお願い致します。

******************

回答 たまごママネット医師団
 セフジトレンピボキシルはセファム系抗生剤で母乳への移行が少ないので授乳可能です。
ショウサイコトウカキキョウセッコウ(漢方薬)もまず大丈夫だと考えられます。
安心して母乳育児を続けてください。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.10.2


授乳中の目薬(ビジュアリン0.1%)の母乳への影響について教えてください。
妊娠中ではありませんが、解らないのでこちらで質問させていただきます。
11ヵ月の娘がおり、現在授乳中です。
私(母親)が眼の充血で「ビジュアリン0.1%」というステロイドの目薬を処方れました。
助手の方には授乳中だと伝えたのですが、受付の時にステロイドだと知り、心配で薬剤師さんに相談したところ病院に問い合わせて頂けたのですが、「母乳は中断した方が良い」と言われました。
納得いかない顔(説明が無かったので)をしていたら薬剤師さんは、「強い薬ではないので点眼後に目がしらを押さえれば大丈夫、それでも心配でしたら母乳は中断してください」とおっしゃいました。
できれば母乳は中断したくないのですが、娘に何かあったら・・と思うと怖くて目薬ができません。やはり母乳は中断するべきなのでしょうか。
成分はデキサメタゾンメタスルホ安息香酸エステルナトリウムとあります。宜しくお願い致します。

****************

回答 たまごママネット医師団
デキサメタゾンの母乳中への移行は非常に少ないので心配ありません。
点眼薬を使用しても母乳を中断する必要はありません。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.10.1

授乳中のニポラジン、ビソルボン、パセトシンの服用は授乳を中止すべきでしょうか?
現在、3ヶ月になる息子をほぼ母乳で育てています。
三日位前から喉が痛み出して風邪に似た症状が出てきたのですが、母乳で育てているので病院に行かずに我慢していました。
それが、上の3歳になる息子に移ってしまい私自身もひどくなってつらい状態だったので3歳の息子と一緒に小児科へ受診してきました。
小児科の先生には今母乳をあげていることを話した上で母乳をあげても大丈夫な薬を処方していただいたのですが、薬の種類が多いので、なかなか飲む勇気がありません。
先月、親知らずを抜歯したときに、母乳を止めていた時期があってそれから母乳の出が悪くなったので出来れば母乳を止めたくありません。
ニポラジン3mg
ビソルボン4mg
パセトシン125mg
を処方していただきました。
この薬は、母乳をあげても本当に大丈夫でしょうか?
お忙しいとは思いますが、どうぞよろしくお願いします。
今も、喉の痛みは治まりません。。。

***************

回答 たまごママネット医師団
ニポラジン3mg(抗ヒスタミン剤、鼻汁を止める?) 赤ちゃんが眠りがちにならないかなどに注意して授乳可、
  ビソルボン4mg(去痰剤); 授乳可、
  パセトシン125mg(アモキシシリン、抗生剤);授乳可
以上のようですから、母乳を続けてよいと思います。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.9.29


HTLV-1抗体陽性であり母乳を続けるべきか悩んでいます。
妊婦健診でHTLV-1抗体陽性であることがわかり、色々調べたりドクターの説明を受けて理解した上で短期母乳をあげる決断をしました。当初は3ヶ月くらいでと考えていましたが、授乳の幸福感で断乳に踏み切れないでいます。私のプロウイルス量は0.00%とごく微量です。3ヶ月現在、母乳だけで3700gから6700gと順調に大きくなっています。幸いな事に哺乳瓶でミルクも上手に飲むので、2ヶ月くらいかけて母乳からミルクへ切り替えようと頭で計画を描いているのですが、よく出るおっぱいを本当に止める必要があるのか、と自問自答したり、おっぱいをあげてるのは私のエゴだという後ろめたさ、母乳をあげられなくなる悲しさと感情が入り乱れ、実行に移せずにいます。決断をするのは母親である私だということは重々自覚していますが、よきアドバイスを伺いたくメールいたしました。

*************

回答  たまごママネット医師団
ATL(HTLV-1)は母乳を介して感染することが知られています。多くの場合母乳を止めるように指導されますが、感染率や発症率を理解したうえで母乳を継続することも可能です。私がこうした方がよいとは言えず、以下に示すデータを参考に考えてください。
 感染率は人工栄養で2.5〜5.7%、6ヶ月未満の母乳栄養2.5〜6%、7ヶ月以上の母乳栄養13.7〜25%といわれています。人工乳であっても感染の危険は持っています。また質問のように6ヶ月未満であれば人工乳と変わらない感染率であり、6ヶ月までは母乳を与える事が可能です。6ヶ月までは経胎盤的に移行したHTLV-1抗体により感染予防効果があると考えられ、その後は抗体の減少により感染細胞の量が増加し感染のリスクが高まると考えられます。質問のプロウィルス量が微量と併せるとその後の感染の危険もそれだけ少なくなります。実際にキャリアーになった場合、潜伏期間は40〜50年ですが発症するの年間1200人に1人で生涯発症率はHTLV-1陽性者の20〜50人に1人となります。キャリアーであっても実際にATLを発症するのは2〜5%となり、発症率は低いものになります。
 一般的には6ヶ月までの母乳はすすめられていますがその後は離乳食とミルクを与えるように指導されます。またHTL-1ウィルスは母乳を-20℃で12時間凍結することで感染力が低下すると言われ、搾乳し-20℃に凍結することで母乳を使用することができます。
母乳育児を大切に考えている人たちの中には、人工乳でも感染し、ATLの発症率まで考えると母乳を与えることのメリットの方が大きいと考え、6ヶ月以降の母乳をすすめることもあります。
子どもについては6ヶ月毎の定期的な検査が必要になります。
子どもの検査では初めは母親から胎盤を通して与えられた移行抗体が陽性になります。いったん陰性化した後に再び陽性になれば母子感染が考えられますが、3才を越えて陰性であれば母子感染は無かったということができます。
*データの数値は{「よくわかる母乳育児」へるす出版}を参考にしています。
渡辺眞史先生 08.9.29

授乳中のガモファー錠、ストロカイン錠、チアトンカプセル、リリフター錠、グロリアミン顆粒の母乳への影響が心配です。
1歳4ヶ月の女の子を母乳育児しております。最近胃の調子が悪く、本日胃腸科にて胃潰瘍が見つかりました。そこでガモファー錠10mg、ストロカイン錠、チアトンカプセル10mg、リリフター錠5、グロリアミン顆粒を処方されたのですが、授乳中の旨伝えたところ案の定、授乳は控えるように指示されました。特にリリフターは絶対に駄目といわれました。本当に駄目でしょうか?育児においてはとても順調で特に不安はありませんが、他にストレスがあり精神的にも疲れています。今回は胃潰瘍という形で症状が現れたのだと思います。胃潰瘍も早く治したいです。でもやはりお薬の事が気になってしまいます。
先生方が言われる通り私は母乳はとても良いものだと思っていますし、こどもが自分で卒乳ができるまで気長にあげていきたいと考えています。しかし、良く調子を崩してしまう自分が悪いのですが、どちらの病院も母乳育児にあまり理解が無いようで少し悲しくなってしまいます。

***************

回答  たまごママネット医師団
リリフター錠以外については通常量であれば授乳可です。
リリフター錠(クロチアゼパム)は鎮静効果があるので、お子様が眠りがちになるなどの作用に注意が必要です。

 お子さんが1歳4ヶ月ということは、母乳以外にもしっかり食事をとっていらっしゃるということでしょう。
生まれたばかりで、すべての栄養を母乳に頼っている時期には注意深くする必要がありますが、母乳をおやつ程度に飲んでいるようなら授乳を続けてもあまり影響を受けないのではないでしょうか?

 それにしても、こんなにたくさんのお薬を飲まないといけないのは大変ですね。
ピロリ菌対策ならヨーグルト LG21などもお勧めです。
毎日食べていると多少効果があるかもしれません。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.9.26


エリスロマイシンの母乳への影響について教えてください。
現在2ヶ月の子どもがいます。私が副鼻腔炎になりかけて耳鼻科を受診したところ「エリスロマイシン」という薬を処方されました。医師からは赤ちゃんには影響ないとの説明がありましたが、「嫌がって母乳を飲まないこともあるからそのときはミルクにするしかないね」というようなこともおっしゃってました。
子どもは母乳を嫌がらず飲んでますが、下痢になってしまいました。ただ、食欲もあり機嫌もそれほど悪くありません。先ほどミルクをあげてみましたが今まで母乳中心だったためかあまり飲んでくれませんでした。(その後母乳をあげたら飲みました)今後、薬の服用を続けながら母乳を与えてよいのか、迷っています

**************

回答 たまごママネット医師団
エリスロマイシンは母乳中に少量移行しますが、赤ちゃんに大きな影響を与える事は少なく、比較的安全な薬で、服薬しながら母乳を続ける事ができます。薬を飲んだからといって母乳の味が変わる事はなく赤ちゃんが嫌がる事はないと思います。母乳中に移行した薬が赤ちゃんの腸内細菌叢に影響を与え便性に変化がでる可能性が考えられますが、今回の下痢がそれにあたるかはわかりません。それでも母乳を続ける事は可能でミルクをあげるよりは母乳を続ける方がよいと思います。
渡辺眞史先生  08.9.17

点滴にソルコーテフを使用するので断乳するように言われ悩んでいます。
産後1か月のとき、右顔面神経麻痺(ベル麻痺)と診断され、8日間点滴治療を受けましたが、点滴にソルコーテフをつかうため、断乳するように言われました。
その後1か月の飲み薬(メチコバール錠500ug、カリクロモン)は母乳に影響がないと言われたので、点滴の8日間は搾乳し、それ以降は母乳を飲ませたいと思ったのですが、ある薬剤師の方が、カリクロモンは母乳に影響がないか微妙と言いましたが大丈夫でしょうか?
あとソルコーテフの点滴後、2日間位あけてからなら母乳をあげても影響はないでしょうか?
薬を1か月も服用するので、赤ちゃんに悪影響がないかとても心配なので、どうか教えてください。

****************

回答 たまごママネット医師団
ソルコーテフはステロイドの仲間の薬で、比較的よく使われる薬です。顔面神経麻痺の治療でも使用されますが、使用量は通常の量であり母乳への移行性も少なく、治療中でも母乳を続ける事ができます。
メチコバールはビタミンB12剤であり、治療量では母乳を通じて赤ちゃんに影響を及ぼす事はありません。1ヶ月の長期の使用でも心配する事はありません。
質問の文面からはソルコーテフの治療は終わったようですが、メチコバールは母乳を通じて赤ちゃんに影響は考えなくてよい薬ですので、心配せずに母乳を続けてください。
渡辺眞史先生 08.9.17

あと少しで5ヶ月になる息子を持つ母です。聴覚のことでおたずねします。
新生児の検査では両耳問題なく、大きな音には反応していたのですが、ガラガラなどの反応が少ないと毎日不安に思っていました。4ヶ月検診で相談、大学病院で検査することになりました。
結果、右耳正常(30db)左60dbと言われました。
耳に関する知識がなく、大学病院でも恥ずかしながら落ち着いて質問できませんでした。
補聴器は不要とは聞けたのですが、それ以上のことは何をどう質問していいのかもわからず、先生の方からも結果以外はあまりおっしゃって頂けなかったので今後療育とか必要なのかもわかりません。検査日は少し風邪気味で鼻が詰まっていたので、3ヵ月後くらいに再検査することにはなっています。
今後月齢があがることにより聴力が上がることはありますか。また今の時期、どうしてあげると耳に良いとかありますか。またこのまま成長すれば、日常生活にどのような支障がでるのでしょうか。
できることがあればなんでもしたいのでもし耳のことで何かご存知のことであればいろいろアドバイスください!何でも結構です。どうぞよろしくお願いします。

****************

回答 たまごママネット医師団
片方の聴力が正常であれば、今後とも日常生活で不自由を感じることはないはずです。
ご安心ください。これまで通り、しかっり可愛がって子育てしてください。
左耳の聴力に関しては再検査してもらってください。
平林先生  大阪市立十三市民病院小児科 08.9.14

渡辺 真史先生 
岡村 博行先生 岡村産婦人科医院 大阪府堺市槙塚台1丁-11-3
竹中 義人先生 たけなかキッズクリニック 大阪府堺市長曽根町1467-1 メディカルエイトワンビル2階
衣笠 万里 先生 尼崎医療生協病院  兵庫県尼崎市南武庫之荘11-12-1
池川 明先生 池川クリニック 横浜市金沢区大道2-5-13
石井 廣重先生 石井第一産科婦人科クリニック 静岡県浜北市小松4498-5

北島 博之先生 大阪府立母子保健総合医療センター 大阪府和泉市室堂町840
平林 円先生 大阪市立十三市民病院 大阪市淀川区野中北2丁目12番27号
大牟田智子先生 春日助産院 福岡県春日市昇町6-102
白川嘉継先生  福岡新水巻病院小児科 福岡県遠賀郡水巻町立屋敷1丁目2−1
中村 孝先生 なかむら小児歯科医院 埼玉県和光市本町6-9 井口ビル2階

若松寿美恵先生 助産師