育児相談室

現在1才5ヶ月の1児の母ですが夜間2時間ごとの授乳で不安です。
生後6ヶ月のときに夫の転勤のためにアメリカにきました。完全母乳です。日本にいる時は、ある程度間隔のあいた授乳でしたが、海外に来てから友達の家にいると特に、せっかく知り合えた友達とゆっくり話したいという思いがあり、ぐずってくるとすぐに授乳するようになりました。今は、家でも1時間に1回以上はオッパイを欲しがってきます。
 きっと、子どもにとって必要な授乳も沢山あると思うのですが、私のための授乳も数多くあると思っています。特に友人宅での話しながらの授乳は子どもにとっても、幸せな授乳でないと反省しています。
家でも外でも、困るとすぐにオッパイに頼っている自分がいます。この行動が必要以上に子どもに授乳する原因になっていないかという事も心配してます。
子どもは食事も食べますし、元気に大きく育ってくれています。断乳は考えていません。
夜間は2時間毎の授乳を続けています。この先、幸せな授乳を楽しんでいけるように、子どもにとっての良い授乳方法と、私はどうしたらよいのだろう・・・という悩みに、アドバイスをいたきたいと思っています。

****************

回答 たまごママネット医師団
 質問の文面からとてもよい親子関係に思えます。この時期になると自分が必要のないときにはおっぱいに興味を持ちません。友人宅で子どもも緊張しているために緊張を和らげるためにおっぱいに吸い付いていると思います。
おっぱいに吸い付きながらお母さん達の会話をしっかり聞いています。お母さんが困っているときには子どもにお母さんの気持ちが伝わり子どもも不安を感じています。この気持ちを和らげてくれるのもおっぱいです。
子どもがおっぱいを吸ってくれるときには子どもがおっぱいを必要としているときです。おっぱいはこんな時とても便利です。おっぱいに吸い付きながらおとなしくしていてくれます。もしおっぱいがなければ子どもは不安で落ち着きがなくなりお母さんはもっと手がかかると思います。
 お母さんがアメリカの生活で少し不安があるとしたら子どもも同じような感情です。このためおっぱいに頼ることが多くなっているかもしれません。でもそれはよいことです。
心の不安、ストレスをおっぱいで癒してもらっています。 お母さんがしているそのままで子どもは安心感を満たしてもらい、外に向かう勇気を育んでいます。今のままを続けてください。
渡辺眞史先生 09.6.3


アレルギーの薬、アレロックの母乳への影響が心配です。
現在5か月と2週になる息子がいます。
妊娠するまえからアトピーを患っており、飲み薬(アレロック)とステロイド系の塗り薬を使用していました。妊娠してからは塗り薬だけで先週まで完全母乳で育ててきましたが、甲状腺疾患、先々週発覚し、体温が異常に上がるなどしたため、かゆみに耐えられなくなり、アレロックを使用しました。
 人工乳に切り替えようと思ったのですが、子どもがほしがるのを見ると止めることができません。
またこちらのHPで母乳が良いというのを書いてあるのを見て、影響の少ないアレグラで対応しようと思ったのですが、ほとんど効きません。
 今後の育て方として、アレロックを服薬(1日2回)、人工乳を主体にし、ほしがるときだけ母乳(1日2回程度、)で育てようかと思います。薬は1日2回使用しているため、飲んだ後も気にせず欲しがるときは上げようと思います。
 内科では母乳はだめ、産婦人科では気にしないでいいと同じ総合病院でも科によって意見がさまざまです。これが最善か良きアドバイスをお願いいたします 。

***************

回答 たまごママネット医師団
アレロックは抗アレルギー剤で成人が服用した場合眠気が見られることがあります。
この薬は授乳に関するデータが乏しくまだ十分な安全性が確かめられていませんが、他の抗アレルギー剤が服薬しながら授乳が可能で、この薬も通常量であれば赤ちゃんの眠気や活気、授乳の回数や強さなどに一応の注意をしながら授乳可能と考えます。服薬は授乳の直前か直後にし、授乳後次の授乳までなるべく時間が空くようにしますが、もし早めに欲しがった場合には与えても大丈夫です。
もし母乳だけで出来そうなときには人工乳を足さないで母乳をすることも可能です。
渡辺眞史先生 09.6.2

緑内障のためキサラタンを点眼するのですが授乳は継続できますか?
1歳4ヶ月の子どもがおり、現在授乳中です。
5月初旬、眼に出血があり受診したところ、強度近視があるため眼底検査をしました。
その結果、眼圧が20mmHgぐらいで眼底出血もあり、緑内障の疑いがあると言われました。
本日簡易視野検査と眼圧の検査でやはり緑内障の可能性がかなり高いと言われ、さらに詳しく検査をすることになりました。眼科の先生は授乳についてはあまり理解はありません。(授乳婦には投薬しないようです。)
緑内障の点眼薬で授乳可能なものがあるようでしたら教えて下さい。キサラタン(ラタノプロスト)など具体的に教えていただけますとありがたいです。
2歳くらいまではどうしても母乳を続けたいので治療はしたいですが不安です。宜しくお願い致します。

****************

回答 たまごママネット医師団
緑内障に対する点眼薬キサラタン、チモプトールともに授乳を中止する必要はありません。
授乳について、薬剤添付文書には中止するように記載がありますが実際に授乳した赤ちゃんに異常が出た報告はありません。
母乳中に移行する量が非常に微量なので副作用が起こるようには思えません。

チモプトールを例に考えてみると以下のようになります。
チモプトールの添付文書には「本剤投与中は授乳を中止させること。〔ヒト母乳中へ移行することがある。〕
器官形成期のラットに 500mg/kg/日を経口投与した試験 で化骨遅延が,マウスに 1,000mg/kg/日,ウサギに 200mg/kg/日を経口投与した試験で死亡胎児数の増加が認められている。」という記載があります。
「【用法・用量】は通常,0.25%製剤を 1 回 1 滴,1 日 1 回点眼する。
なお,十分な効果が得られない場合は 0.5%製剤を用いて 1 回1 滴,1 日 1 回点眼する。」ですので、強力な0.5%を両眼に1日1回点眼したとして(約 0.1ml)点眼される薬剤の量は0.1 g×0.5%=0.0005 g=0.5 mgのチモプトールが点眼されます。
母乳中に分泌されて子どもが飲む量はさらに少ないはずなので体重1kgあたりにすると参考のところに書かれている1万分の1以下です。
子どもにとっての影響はないと考えるのが普通でしょう。
また、添付文書による点眼したときの最高血中濃度は0.46ng/ml で、この濃度のまま母乳に分泌されたとして、体重8kgの子どもが1日に1000mlの母乳を飲むと子どもの身体に入るチモプトールの量は体重1kgあたり0.06μgで上記のウサギの実験の300万分の1未満となります。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 09.5.31


ロルカム、ミオナール、ムコスタの母乳への影響が心配です。
1月に初産で出産しました。ヘルニアとの診断により整形外科を受診中です。ロルカム4mgミオナール50mgムコスタ100mgを1日3回各1錠ずつと処方されました。現在授乳中と伝えると、授乳して問題が無いことがほとんどだが、薬の説明書には授乳はやめるようになっているので、自己責任で様子を見ながら授乳して、と言われました。
薬剤師や助産師にも聞いたところ、授乳直後に服用し次の授乳までの間隔を3〜4時間ほどあけてといわれました。薬を服用して一ヶ月になります。子どもに変化はないようですが、薬の影響が不安だったので授乳間隔をあけながら少しずつミルクの量を増やして、今は日中はほとんどミルク、母乳は3回目の薬を夕方に飲んで夜中から朝までにしています。。服用しなければ足の痛みは治らず、しかし授乳出来ない事で息子のぐずる時間が増えてしまった事や、毎日がちがちに張って痛いおっぱい等の弊害も大きく、どうしたらいいのか悩んでいます。ロルカム、ミオナール、ムコスタは、今後も長期的に服用しなくてはならないのですが、普段どおりに授乳することが可能なのでしょうか、教えてください。

**************

回答 たまごママネット医師団
ロルカムは消炎鎮痛剤です。私の持っている薬情報の中にはありませんでしたが、蛋白結合率が99.3%と高く、母乳中への薬の移行は少ないと考えられます。他の消炎鎮痛剤と同じように常用量であれば問題ないと考えます。
ミオナールは筋弛緩剤、ムコスタは消化性潰瘍治療薬です。
2剤とも授乳に関するデータは乏しいのですが、乳汁への移行は少なく常用量であれば授乳は可能と考えられます。
薬は授乳の直前か直後に服用し、なるべく次の授乳までに時間を離すようにしますが、もし早めに欲しがるときにはあげても大丈夫です。
おっぱいが張るほどで母乳分泌がよいのだと思いますのでできるだけ多く母乳をあげてください。
渡辺眞史先生 09.5.29

幼児のCT検査について心配な事があります。
今5歳の息子の事なのですが、4歳のときに腹部のCTを2度撮りました。間隔は半年あります。
その後にも腹部のレントゲンを撮ったり、膝のレントゲンを撮ったり、歯科でレントゲンを撮ったりと幼児にしてはかなり多いのではないかと心配しています。パソコンで色々見ていると子どもが検査で被曝する放射線の量は大人よりも少なく調節しているというのをよく見るのですが、かかりつけの病院に問い合わせてみると、意図的に被曝の量を少なくしているのではなく小児は体が小さいために被曝量が少ないという答えでした。子どもは放射線の感受性が高いということもありますし、何より白血病にならないかと心配でしんぱいでたまりません。やはり腹部のCTを2回も撮っていると(しかも放射線の量の調節もなく)白血病になる可能性は高くなってしまのでしょうか。どうかよろしくお願いします。

************

回答 たまごママネット医師団
 小児の検査でCTは診断を確かなものにするために大切な検査です。
もちろん不必要な検査をすることは避けなければいけませんが、検査をしたからにはそれなりの理由があったと思います。CTでの被爆は少なく発癌の危険レベルよりも遙かに少ない量です。
複数回CTを検査したとしてもそれによる発癌の心配はいりません。
  一般的なレントゲン撮影は更に少ない被曝量です。専門の放射線技師のいる施設では被曝量を少なくする工夫がされ、安全の中でも更に安全になるような行われています。
渡辺眞史先生 09.5.23

ロタウイルスによる胃腸炎で下痢止めを飲んでいてもいいのでしょうか?
1歳3ヶ月の子どものことで質問があります。
5月7日に嘔吐・下痢・発熱で小児科を受診しロタウイルスによる胃腸炎と診断されました。熱は翌日には下がり、嘔吐は当日のみでその後はありません。 
下痢についてもそれほどひどくなく多いときで4回、あとは1〜2回程度です(水のような下痢もありません)。
 処方された薬がビオフェルミンとロペミン小児用で5月7日から飲んでいます。  
ロタによる下痢はけっこうひどくて再々おむつ換えが必要と聞いていたので、ロペミンを飲んでいるのが関係しているのかな?と気になっています。
ウイルスを出しきらないといけないのに下痢止めを飲んでいてもいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

**************

回答 たまごママネット医師団
同じウィルスによる病気でも症状はみんな同じではありません。母乳とミルク、薄着と厚着、外遊びが多い少ない、家族のタバコの有無など様々な要因で病気に対する抵抗力が違ってきます。同じロタウィルス胃腸炎でも入院を必要とするような重症な子から軽くすんでしまう子まで様々です。この子は体力や抵抗力が強かったのではないでしょうか。止痢剤を使用したから軽くなったというだけではなさそうです。
ロペミンを使用すると便の回数を少なくすることはあります。ロペミンは細菌性胃腸炎の場合には使用を避けますが、ウィルス性の場合には使用される場合もあります。質問の方ように“ウィルスを出し切らないと”というような心配はありません。改善するときにはロタウィルスに対する免疫が作られ、ウィルスを排除してくれます。
ウィルス性胃腸炎の場合下痢が長く続くことが多くみられます。1週間から10日以上続くこともあります。ある程度よくなったら薬を飲まなくても自然にゆっくり改善していきます。食事も生ものや油っこいものを除いて普通の食事に戻していきます。便の状態はまっすぐに良くなるのではなく、良くなったり悪くなったりを繰り返しながらだんだんよくなっていきます。元気や食欲など一般状態がよければ心配することはありません。
渡辺眞史先生 09.5.14
統合失調症と診断されていますが、授乳と薬について質問です。
現在、エビリファイ6mgを2錠とタスモリン1mg(副作用止め)1錠を就寝前に服用中。
エビリファイが授乳禁止の指示のある薬と知ったので、主治医に相談したところ、
インプロメン3mgを2錠とタスモリン1mgを1錠に変更すれば授乳大丈夫と言われました。
しかし、処方した薬剤師からは、インプロメンも授乳禁止ですよと言われ、産科の医師とも相談するよう言われました。
主治医は、「禁止と書いてあっても、大丈夫ですよ、」と、楽観視しているように見受けられます。
産科の医師に相談したら、「禁止とあったら駄目ですよ、小児科医は良いと言いませんしね。」と言われました。
赤ちゃんに初乳はあげた方が望ましいと聞きましたが、薬を飲んでの授乳はやはり避けた方が良いですか?
あげた方が良いという初乳はいつまでの期間でしょうか?その間は薬を止めて授乳した方が良いでしょうか?
産後3週間が病気再発のリスクが高いようで、薬を止めることに不安もあります。
私は薬を飲んで、最初からミルク(人工乳)をあげた方が良いですか?参考意見でけっこうです。

***************

回答 たまごママネット医師団
エビリファイ(アリピブラゾール aripiprazole hydrochloride)授乳に関するデータが少ないのですが赤ちゃんが眠りがちになるなどの作用に注意すれは必ずしも授乳を止める必要はなさそうです。
   Medications and Mothers' Milk 13版(2008)によれば授乳リスクカテゴリーL3(moderately safe) となっています。

タスモリン(ビペリデン biperiden)授乳に関するデータが少ないですが、同じ抗コリン薬であるアトロピンは授乳リスクカテゴリーL3(moderately safe)とされているのでおそらく大丈夫そうです。

インプロメン3mg(ブロムペリドール bromperidol)授乳に関するデータが少ないですが、タンパク結合率は97%と高く、母乳中への移行量は少ないと考えられます。
 赤ちゃんが眠りがちになるなどの作用に注意すれは必ずしも授乳を止める必要はなさそうです。
よく似た薬のハロペリドールは授乳リスクカテゴリーL2(safer)です。

以上のような情報から通常量であればきちんと服薬しながら授乳されてもよいと思います。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 09.5.3


新生児黄疸と母乳について教えてください。
40週と6日で出産しました。出生時の体重は、3336gでした。生後六日目で退院したのですが、入院中に黄疸値が高く1日間光線治療をしました。退院2日後に外来で診察を受けたら、かなり黄疸値が高く、即NICUに入院になりました。
黄疸値は、NICUの時は、29.0で、昨日は16.4でした。
NICUは5日間入院しました。入院中は搾乳して母乳を運びましたが、ほとんどミルクでした。退院後は黄疸値を下げるためにもミルクを足す様に言われて、今は授乳の後に約60cc1日に4、5回足しています。
現在は3415です。
今回は完全母乳で育てたかったのですが、母乳が足りていないのか、おっぱいを嫌がってちょっとしたら泣くし、全然寝つけないみたいです。私自身も母乳の出が少ない様に感じます。
今からでも完全母乳にできるでしょうか?

***************

回答 たまごママネット医師団
経過中の黄疸の値(ビリルビン値)がわからないためはっきりしたことは言えませんが、日令8で29.0の黄疸値は非常に高い値です。交換輸血も視野に入れた厳重な治療が必要で、NICUに入院し治療を行ったことは良かったと思います。
今、混合栄養で、人工乳を足す量もやや多く乳頭混乱もみられるようですので、母乳に戻すには少し努力が必要のようです。人工乳を足す回数を1〜2回にし授乳の回数を10回から12回ぐらいにします。初めは嫌がる様子があるかもしれませんが、とにかく頻回に授乳を繰り返します。数日すると吸い付きがよくなり母乳の出もよくなりだしますから、人工乳を更に減らしていきます。個人でがんばってもなかなか大変ですので、母乳育児に理解のある助産師さんに協力してもらうのがよいと思います。

『母乳育児に積極的な病院では黄疸の治療の時も母乳だけで大丈夫と考え人工乳を足すことは行いませんが、黄疸の治療の時に母乳だと黄疸が下がりにくい、哺乳量が少ないと黄疸が高くなるなどと人工乳を足されてしまうことがあります。
また、母乳栄養の場合黄疸が長引きやすいため、黄疸の治療後に人工乳を足すように言われることもありますが、母乳により黄疸が長引いたとしても極端に高くなければ治療の必要はなく、抗酸化作用という身体によい働きもあり母乳だけで経過を見ることができます。』
渡辺眞史先生 09.4.29



低身長のホルモン治療について質問します。
現在小学4年生117の長男が−2.9SDで、骨の年齢も若いので、負荷試験の結果次第で、主治医からホルモン治療を勧められています。
まれに糖尿病や白血病になる可能性があることを聞きました。それらも心配ですが、ホルモン注射をすることで、身長が伸びる以外にも体に影響はないのでしょうか?また治療をしなかった場合、背が低いということのほかに、どのようなことが起こるのでしょうか?

先日母乳で育てている次女も4か月検診で体重5894gで、母乳の前にミルクを飲ませ体重を増やすよう言われました。2か月で川崎病にかかり、それまでは25g程あった一日の体重増加が3か月を過ぎたあたりから一日15g程度です。
このまま増えが悪ければ精密検査だそうです。
2年生の長女も−2SDで経過観察です。
私たち夫婦も小さいほうなので、子どもたちが小さいことに不満はなかったのですが、成長ホルモン治療に精密検査に経過観察と医者から言われると、「立派な体に産んでやれなかったのかなあ、きちんと栄養を与えてあげられなかったのかなあ」と、自分の子育てに自信をなくしてしましそうです。

***************

回答 たまごママネット医師団
成長ホルモン分泌負荷試験で成長ホルモンの分泌不全があるようなら注射による成長ホルモンの補充をされたほうがよいと思います。
成長ホルモン注射による副作用の可能性はありますが高くはありません。
成長ホルモンが完全にないときには低身長の他に低血糖などを起こす可能性があります。

実際には負荷試験をしたら成長ホルモンが出ている場合のほうが多くそのときには成長ホルモンの注射は必要ありません。

成長ホルモン負荷試験の結果がどうあっても、それは誰のせいでもありません。
身長の高低や身体の大きさで、ヒトの人生の価値が決まるものではありません。
家族一緒に毎日楽しく暮らす幸せがあればよいのではありませんか。
こんなに心配してくれるお母さんがいることで十分にお子様は幸せだと思います。

4ヵ月のお子様も3ヵ月を過ぎて体重の増加がゆっくりになるのは自然なことだと思います。
母子健康手帳の体重や身長の増加曲線の表に生まれたときからの体重や身長を記入してみてください。
生まれてからの増加曲線の形がキレイな形になっておれば例え少し小さくてもそれがお子様のペースだと思います。
その場合は人工乳を無理矢理飲ませても体重が急に増える訳ではない場合が多いです。

これだけしっかり子どもたちのことを考えて子育てをされておられるのですからあなたは、よいお母さんです。自信をもってください。
平林 円先生 大阪市立十三市民病院小児科 09.4.28


医師からムコスタ、フロモックス、ムコソルバンLカプセル、カロナール、ノードマントローチを処方され、服用中は断乳するように言われました。
現在、11ヶ月の娘の母乳育児中です。(離乳食:3回食)
2日前に胃炎と風邪で薬を処方されたのですが、2週間は母乳はあげないよう医師から言われました。
これを機に断乳するよう進められ、2日間母乳を断っている状態です。
おっぱいがすごく張り、痛みを伴うので産婦人科の母乳外来で自分の手での搾乳の指導を受けましたが、改善されません。
体調も良くなってきたので今朝の分から薬は飲んでいません。
いつ頃から母乳を再開してもいいでしょうか?
・ムコスタ錠100 100mg 1日3回毎食後5回分
・フロモックス錠 100mg 1日3回毎食後5回分 
・ムコソルバンLカプセル 45mg 1日1回夕食後5回分
・カロナール錠200 200mg 発熱時5回分
・ノードマントローチ0.25mg
よろしくお願いいたします 

****************

回答 たまごママネット医師団
何れの薬も母乳育児を継続して支障ないものと考えられます。
すぐにでも母乳を再開してください。断乳する必要はありません。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 09.4.28
サワシリンとボルタレンの母乳への影響について教えて下さい。
現在2ヶ月の女の子を母乳で育てています。歯の治療後、サワシリンとボルタレンを処方され、母乳をあげないように言われました。母乳をあげない方がいいのでしょうか?母乳に影響がある場合、服用後何時後から母乳をあげても大丈夫なのでしょうか?よろしくお願いします。

*************

回答 たまごママネット医師団 
サワシリン(アモキシシリン)もボルタレン(ジクロフェナク)も母乳をあげても大丈夫な薬です。
安心して母乳を続けてください。

国立生育医療センターのHPの「妊娠と薬情報センター」の「授乳と薬について」にある「授乳と薬についての表」も役に立ちます。http://www.ncchd.go.jp/kusuri/junyuu2.html
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 09.4.4


授乳中のファロム錠の母乳への影響について教えてください。
生後7ヵ月半の男児がいます。授乳中で、離乳食はまだおかゆのみ、一回食です
(子どもの胃腸が整うのは2歳半頃と聞き、あまり急いでいろいろ食べさせようと思っていないので)。卒乳を希望しております。重度の手掌多汗症(てのひら、足の裏、わきの下)で長年悩んでおり、手術を考えています。
手術は、麻酔をかけはじめてから13分ですべてが終わるという、時間的にはとても短いものらしいのですが、わきの下を手術するため全身麻酔だそうです。麻酔薬はプロポホールというものだそうです。また、4日間はファロム錠という錠剤を内服するそうです。
これらの薬は授乳に差し支えるでしょうか。
手掌多汗症の専門医からは「4日間は授乳をやめてください」と言われました。
今はまだ手術はあきらめたほうがいいでしょうか。

****************

回答 たまごママネット医師団
離乳の開始は6ヶ月が標準です。アレルギーの関係で1才以上で離乳を開始することを薦めているグループがあることは知っていますが、母乳育児を勧めている多くの小児科は6ヶ月を基本にしています。腸の機能が母乳以外の食物を受け入れることができるのがおよそ6ヶ月からです。また身体の成長で6ヶ月からは母乳だけでは不足する成分が多くなるため、母乳を補うための補完食が必要になります。
  離乳の完了は急ぐことはなく1才半から2才を目安にします。もう少し離乳を薦めても良いと思われます。
手術に関してはお母さんがそのために生活や育児に支障があるならば受けることは可能だと思います。麻酔薬はお母さんが麻酔から十分に覚めたら授乳可能です。
ファロムは抗菌薬でまだ十分安全性が確かめられていない薬です。使用したから母乳をあげることができないというわけではありませんが、もし他のセフェム系などの抗生剤に変えることができればより安心することができます。
  もう少し手術を我慢することができ、1才を過ぎて離乳食が進めば、薬を飲んでもそのことによる母乳への影響は今より更に少なくなりますからファロムを使用するとしても安心になります。
 主治医の先生がよく相談に乗ってくれる先生でしたら、ファロムを他の薬に変更できないか、手術の時期を離乳が進むもう少し後にできないかを相談してみてください。
渡辺眞史先生  09.4.3


「2歳までの男の子への授乳について」です。
先生から「2歳までおっぱいあげたら、駄目だよ。」「1歳過ぎたら、健康に害を及ぼすよ。」「発音、噛み合わせにも悪影響だよ。」「いいこともあるかもしれないけど、害の方がはっきりしているよ。」と言われました。
また私は数ヶ月前から生理が再開しており、そのことを伝えると「母乳をあげるということは、男の子に女性ホルモンをあげてるんだよ。
生殖器に悪い影響を与えてるよ。」「7ヶ月という先生もいるけど、とにかく1歳以上にはあげたらだめだよ。」と。
私が「2歳以上までおっぱいをあげたほうがいいという話を聞いたことがあります。」と言うと、「医者でそんなことをいう人は一人もいないと思うよ。」と言われ、WHOの話をすると「それはアフリカ向けに出されてる話で、それを自分たちの国に向けられてると勘違いしている人たちがいるんだよ。」と言われ、アフリカの水や人口増加問題について説明を受けました。
小児科医に「ミルクを足しなさい。」と言われたり、歯科医に「断乳しないと虫歯になるよ。」と言われたり、周りの人から「まだ飲んでるの?」と言われても、もうびくともしなくなったのですが、さすがに「女性ホルモンの話」については初耳で、あまりの断言っぷりでしたので、他の先生の意見もお聞きしたくなりました。
私自身「2年間のおっぱい生活は、辛い事がいろいろあったけど、本当に本当に幸せだった。」と心から思えているので、こういうことを言われても、後悔は一切していません。
ただ今後の参考のためにも、質問させて頂きました。よろしくお願いします。

**************

回答 たまごママネット医師団
まだまだ母乳育児に対する誤解や偏見が多くみられます。人間の赤ちゃんにとって母乳は最適な栄養です。この栄養というのは身体を大きくするだけでなく、身体を丈夫にする栄養、心を豊かに育てる栄養があります。質問のように1才を過ぎた時期の母乳は心を育てる栄養としての役割が大きくなります。この大切さが理解されるようになり、母子健康手帳から断乳という言葉がなくなり、厚労省の“離乳の基本”からも授乳をいつまで止めるという表現がなくなりました。
 母乳育児は発展途上国では乳児の死亡率の改善や自然な避妊効果がいわれますが、先進国でも子どもの感染症の予防効果(中耳炎、消化器感染症、尿路感染症、下気道感染症など)だけでなく糖尿病や小児癌の発生率を少なくしたり、知能の発達に対しよい影響を与えたり、将来の生活習慣病を起こしにくくするなど子どもの一生を守るためによい効果があることが知られています。閉経前の乳がんの減少や卵巣癌・子宮体がんの減少、骨粗鬆症の予防効果、妊娠糖尿病が糖尿病に移行するリスクの半減など母乳を長く続けることは母親の健康を守るためにも大切なことです。
 
  母乳を飲むときに赤ちゃんは人工乳を飲む以上に強い力を必要とします。
母乳を飲んでいる赤ちゃんはあごが良く発達します。このため歯並びがしっかりし噛む力が強くなり離乳食の時よく噛んで食べられるようになり、言葉の発音もはっきりしてきます。母乳を長く続けると歯並びや発音が悪くなるということはなく、その心配は人工乳の場合に多くみられます。

母乳の女性ホルモンで男児の生殖器に悪影響を与えるといこともありません。
母乳中に赤ちゃんに影響を与えるようなホルモンが含まれることはなく、含まれるホルモンもそのまま吸収されないため赤ちゃんに悪い影響を与えることはありません。様々な環境汚染物質が胎児期からの性腺機能低下に影響を与えている可能性が指摘され、このことは十分な注意が必要です。

 2才過ぎてもおっぱいの必要な赤ちゃんは多くいます。
心のどこかに不安が残っている子どもです。おっぱいを吸うことで不安を解消し強い心を育てています。
卒乳するということはおっぱいに頼らなくても不安や困難を解決できる強い心を持てたということです。
  積極的に外の世界に挑戦でき、負けない心が育っています。将来楽しみな子どもです。
質問のお母さんのように自分の体調などでどうしても母乳育児を止めなければいけないときには、赤ちゃんにどうして母乳をあげられなくなったのかを赤ちゃんの目を見てゆっくりとした言葉で赤ちゃんに話しかけてください。
何回か繰り返していると赤ちゃんはお母さんの気持ちを理解しあまり困ることなく母乳から離れてくれます。もし母乳を続けてもいいかなと思うようでしたら無理に薬で母乳を止めないで本当の卒乳まで母乳育児を続けてみてください。この時には母乳を止めるための薬を使う必要はなく、乳腺炎を起こすこともほとんどありません。 09.3.31

バグシダール錠の母乳への影響が心配です。
膀胱炎になり、大腸菌と腸球菌が尿検査で見つかり、フロモックスで効かず、バグシダール錠を処方されました。 服用中授乳をやめるよう言われました。ミルク嫌いの子どもと、すぐ乳腺炎にかかってしまうため授乳を続けたいのですが。

*************

回答 たまごママネット医師団 
バクシダール(ノルフロキサシン)に関して授乳時のデータは少ないのですが、
母乳には移行するものの、微量のためおそらく問題はないとされています。

服用後の血液中薬剤濃度の半減期が3.3時間になってますので、服用前に授乳していおいて次の授乳までに3時間あまり間隔があれば、母乳中に移行する薬剤の量はさらに半減します。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 09.3.29


水疱瘡の予防接種について教えてください。
水ぼうそうの予防接種を受けない人が多いいのですが、帯状疱疹になった時楽だからという意見の人に会いました。
自分で調べて所、同じ水痘という菌によって起こるようですが、帯状疱疹自体が水ぼうそうになった人こそがなる確率が高くなるのではないかという見解にたどり着いたのですが。
本当にそうなのでしょうか?
回答 たまごママネット医師団
水痘(水ぼうそう)は水痘帯状疱疹ウィルスの初めての感染によって起こる病気です。このウィルスは水痘が治っても神経組織の中に生き続け、何らかの原因で免疫力が低下したときに再び増殖し帯状疱疹を発症します。
予防のため水痘ワクチンがありますが、任意接種のためまだ接種をする人が少ないのが現状です。約4万人を対象としたアメリカの研究で、水痘ワクチンが帯状疱疹の発症頻度や帯状疱疹後神経痛、重症度を50〜65%減少させたという報告があります。追加の研究でもこの説が正しいと考えられています。ワクチン接種は水痘を予防するだけでなく、将来の帯状疱疹を半減させ、発症したとしても重症度を軽くすることになり、質問の方の知識が正しいことになります。
また水痘は赤ちゃんでもかかってしまう病気です。特にお産の直前にお母さんが水痘を発症した場合には、生まれてきた赤ちゃんが非常に重症な水痘になる場合があります。お産が終わって退院しようとしたら、きょうだいが水痘になり家に帰れなくなることもあり赤ちゃんにとっても重要な病気です。
予防効果が高く安全性も高いワクチンで定期接種化が望まれていますが、全国では一部の自治体で助成金を出しているに過ぎず、接種が進んでいないのが現状です。1才を過ぎ水痘にかかっていないときには、特に保育園など集団生活に入る場合には水痘ワクチンを接種することをおすすめします。
予防接種に頼らず自然にかかった方がよいという考えもありますが、風疹やおたふくかぜ、水痘などでも合併症があります。
風疹が流行するとたびたび血小板減少症が入院してきますし、様々なウィルス性脳炎・髄膜炎や脳炎後後遺症なども経験があります。
おたふくかぜやはしかでは聴力障がいが起こることもあります。
はしかでは麻疹肺炎・喉頭炎で人工呼吸管理をしたり、粟粒結核を合併した例もあります。
病院勤務していると、この様な予防接種をしていれば防げたはずの合併症、後障がいを少なからず経験しています。
ポリオワクチンを止めた国で旅行者を発端とする流行が起こり小児麻痺の子どもが発生し、再開した事例もあります。
副作用に対する留意は大切ですが、そのために親が予防接種をさせないということは子どもにとっての犠牲は大きいと考えています。
渡辺眞史先生 09.3.17
メイアクト、ルシッドなどの抗生剤とムコダインの母乳への影響について教えてください。
去年7月に帝王切開にて出産後、風邪から蓄膿になりました。メイアクトか、ルシッドなどの抗生剤とムコダインを2ヶ月ほど内服して、とりあえず様子をみることとなり、内服は中止したのですが、今年になり、また調子が悪くなり、ルシッドを飲み始めました。すでに、2ヶ月ほど内服しています。しかし、入り口に腫脹が少しあり、排膿できないのか、針をさして膿を抜き、昨日2回目の排膿をしましたが、良くなっていないため、ルシッドからサワシりンにし、長期内服と、授乳中で、先生も考え込んでいて、とりあえず薬を変えただけです。先生はキノロン系の薬にしたいようです。長期内服で、子どもへの影響が気になります。最近は授乳は内服直前か、直後、2_3時間は避ける、など考えてはいますが、今回の薬は1日3回のため、授乳をどのようにしたらいいか、夜の添い乳もあるので、困っています。
また、搾乳もあげる前にしたほうが良いのでしょうか?いつもは、そのままあげてしまっていました。漢方薬の薬も飲み始めましたが、効果ははっきりせず、治療は中断しようかとも思ったり、手術などの方法のが手っ取り早いかとも思ったり。良いアドバイスをいただければ幸いです。

*****************

回答 たまごママネット医師団
メイアクト(セフェム系)、サワシリン(ペニシリン系)とも服薬 しながらでも授乳可能です。ルシッドはどのような薬か調べること ができませんでしたがクラリシッド(マクロライド系)のようなも のであれば授乳可能です。ムコダインは新生児や乳児にも投薬する ことのある薬で母乳からの移行は微量ですから心配ありません。
ニューキノロン系に関してはまだ十分安全性が確かめられていない ためできれば避けたい薬です。もし使用する場合にはタリビットが 比較的安全とされています。
抗生剤の長期服薬で問題となるとすれば、腸内細菌に影響を与える ための下痢があり一応の注意が必要です。しかし、7ヶ月とな り離乳食も始まっていると思います。授乳の量も少なくなり始めま すから、機嫌や食欲に注意をしながら服薬を続けて良いと思います。
服薬時間は授乳の直前直後で2時間ぐらい離し授乳をすること が原則ですが、なかなかその通りには行かないのが現状です。でき るだけという程度で心がけてもらえばよいと思います。もちろん添 い寝の授乳は続けてください。授乳中の手術はお母さんの入院のため母子分離となり母乳育児がで きなくなりますから、どうしても手術をしなければいけないという 場合を除けば避けたいと思います。
薬を続けながらの母乳育児も可能ですから、耳鼻科の先生と相談し ながら治療を続けてください。
渡辺眞史先生 09.3.6
トーワキサン錠と、授乳開始について教えてください。
こ こんにちは、3か月の赤ちゃんのママです。一週間前、発熱と体の痛みで病院へ行くとトーワキサン100mg、プリンぺラン錠5、ダーゼン5mgを四日分処方されました。
授乳を止めて服用するのはいやだったのですが、「お母さんの体を治すのが一番。それからまた授乳すればいい」といわれ服用しました。3日分飲んだところでかなり元気になったので授乳を開始しようと思い、三日目の夜7時に服用して薬をやめ、4日目の明け方の4時に母乳を再開しました。ですが、周りの人から「トーワキサンは禁忌になっているから、もっと間をあけた方がよかったのではないか?
危なくないか?」といわれて、悩んでいます。赤ちゃんになにか害がある可能性はありますか?
 授乳を開始したものの、3日休んだおっぱいはまったく張らなくなってしまい、ほとんどおっぱいも作られていない状態です・・・。あれほど頑張った母乳育児。悲しくて悲しくて・・・。
吸わせていれば、元通りたくさんおっぱいが出るようになるのでしょうか・・・。赤ちゃんのおしっこの量も少なく、うんちもしなくなってしまったので心配です。
どうか、おしえてください。よろしくお願いいたします。

***************
 
回答 たまごママネット医師団
ーワキサン(ノルフロキサシン)はニューキノロン系 抗菌薬ですが、授乳の安全性に関してはデータの少ない薬です。他 のニューキノロン系抗菌薬と同様に母乳中に移行しますが、量的に は少ないと考えられますので、服用しながら授乳していてもおそら く問題ないだろうというあいまいな表現しかできません。できるこ とならもう少し安全性のはっきりした他の抗菌薬にかえてもらえば よかったのですがノ血中濃度の半減期は3.3時間なので、服用後6時間も あければ血中濃度は約4分の1になっており授乳OKと思われます。

 一旦減った母乳分泌も赤ちゃんが吸っていると戻ってくることが 多いです。できれば直接授乳を止めている間も搾乳を続けて母乳の 分泌量を保つと再開後が楽になります。
 人工乳も使いながら母乳の量が回復するのを待つ必要があるかも しれません。赤ちゃんのおしっこの量で授乳量がおよそ分かると思
いますがご心配なら助産師さんか小児科でお子様の体重や哺乳量を チェックしてもらうのがよいと思います。

助産師さんは地区の助産 師会で紹介してもらえます。
http://www.midwife.or.jp/branch_list.html

 母乳を水道の水みたいに栓を開けると出て閉めると止まるものと 思っている医療関係者がまだまだ多いのが残念です。
平林 円先生 大阪市立十三市民病院小児科 09.3.5


三種混合(DPT)の予防接種について質問です。
一期初回の二回目と三回目の間が半年近くあいてしまいました。かかりつけの先生に相談したところ、三 回目が終わって9ヵ月後に一期追加を受けてくださいと言われました。その時に主治医の先生に 理由も聞けばよかったのですが、診察のときはせかされるような感じでゆっくり質問もできない 雰囲気で・・・。
追加接種を9ヵ月後に接種する理由もわかりませんし、きちんと免疫ができる のか不安です。どうかアドバイスお願いします。接種日は一回目がH20・7・23 二回目が
H20・9・4 三回目がH21・2・25です。

******************

回答 たまごママネット医師団
DPTの第1期追加接種は、第1期初回接種後 12〜18ヵ月の間に行うことが望ましいとなっています。
お子さんの場合は、第1期初回接種がH20.7.23 なので 第1期追加接種の期間はH21.7.23〜H22.1.23の間 になります。3回目が終わって9ヵ月後はH21.11.25で すから、OKです。心配ありません。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 09.3.4


チスタニン、スプラタストトシル酸塩の母乳への影響が心配です。
耳鼻科で薬を貰いました。
チスタニン100mg
スプラタストトシル酸塩100mg(サワイ)
一日3回です。
母乳への影響を心配していますが、咳が酷くて飲まずにはいられません。
娘は1歳7ヶ月です。
スキンシップと眠りが目的のようで、いつ求めてくるのか分かりません。
一応、薬を飲んでから2〜3時間はあけようと思っていますが、それで大丈夫でしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
チスタニンとスプラタストトシル酸塩どちらの薬も授乳に関するデータは少ないのですがその作用から考えて、お子様が眠りがちになるなどに注意すれば授乳OKと考えます。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 09.2.25

うつ病でパキシル、デパス、メイラックス、ロヒプノール、マイスリーを服用していますが授乳できますか?
現在、うつ病の悪化に伴いパキシル10mgを夕食後に内服しています。あとは、デパス0.5mg3T分3・
メイラックス2T分2・ロヒプノール2T眠前・マイスリー2T眠前です。子どもがまだ9ヶ月で3回食にはなったのですが、母乳です。傾眠傾向になりやすいと聞き心配しています。Drからも断乳するよう言われているのですが、なかなかできません。母乳で育てたかったのにちゃんとできない自分がいやになります。夜はなんとかミルクを飲んでくれるのですが、昼はまったくだめです。
薬の内服をやめて子ども優先にしたほうがいいですか?子どもが2人居ますが、日中わたしが一言も話さないときもあります。(別居中です)そのせいか上の子がなんとなく変な感じがします。うまく説明できないのですが。
回答  たまごママネット医師団
パキシル;母乳への移行量は少なく安全と考えられます。
  デパス;授乳に関するデータが乏しく要注意。
  メイラックス;授乳する場合は傾眠に注意。
  ロヒプノール;授乳する場合は傾眠に注意。
  マイスリー;授乳する場合は傾眠に注意。
ということですが、授乳を禁止しなければならないような薬剤ではないと思います。
現在9ヵ月、離乳食が3回食と栄養を母乳に依存している割合が低下してますので母乳を通じた薬剤の影響も少なくなっていると考えられます。
 服薬しながら母乳を続けられてもよいし、9ヵ月も母乳を続けられたことはとても立派だと思いますのできっぱりやめて離乳食+人工乳にしてしまってもよいです。
どちらを選んでも間違いではありません。
大切なことはお子様たちのために、ご自身のうつ病をしっかり治療して楽しい家庭環境を作ってゆくことです。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 09.2.23

我が子をいらいらしてしまう。そんな自分がつらい。
今、一才二ヶ月の子どもがいます。
まだ何もわからない、泣くことでしか訴えられないのに、泣かれる とつい苛苛してしまい、暴言を吐いてしまいます。
そういう時は一呼吸おいて接しようと思っていますが、その時にな ると言ってしまいます。
後からもの凄く後悔しますが、自制できません。
心に余裕があるときは同じように泣かれても優しい声をかけ、我が 子もすぐに落ち着きます。
私が怒ることで我が子はびっくりして余計に泣いてしまいます。
我が子は大人しく、とても良い子です。本当にかわいいです。
でも泣き声を聞くと変なスイッチが私の中で入ってしまうのです。
私のエゴです。
本当に辛いです。
酷いときはお尻ペンペンも軽くしてしまいます。
エスカレートしないか自分でも怖いです。
こんな自分が居て、自分も親にされていたのかもと思うと、とても 悲しくなります。

本当に私は自分勝手です。
誰にも相談出来ません。
回りは皆、我が子に優しく優しく接しています。
私も優しく接していますが、スイッチが入ってしまうのです。
辛いです。

どうやって断ち切れば良いのか…
断ち切りたい!

****************

回答 たまごママネット医師団
まず、文面の中でお母さんは「誰にも相談できない」とおっしゃっています。
でも、メールでしっかり相談されていることは母親の立場として勇気のある立派なことだと思います。
「断ち切りたい!」と自分が変わらなければならないと思っておられるますよね。
そのように思っておられることは非常に大切なことですし、いくらでも変わる可能性はあります。
ただ、子育てというのは思うようにいかず、イライラすることの連続です。
耳にキンキンひびき、つんざくような泣き声をきくと、いくら自分の子がかわいくても叱りつけたり、たたいてしまうような衝動にかられることは、どこのご家庭でもあることだと思います(事実、私もスイッチが入ったことがありました。後で反省しましたが・・・。)。
ですから、お母さん一人の問題ではなく、子育てするご両親が共通して克服しなければならない課題だと思うのです。
ただ、子どもさんは1才2ヶ月でお母さんは、お母さんになられて1才2ヶ月です。まだまだ、お母さんとして成長してゆく部分はたくさんあります。子育てして楽しかったこと、つらかったこと、わからないこといっぱいいっぱいだと思います。
きっと生まれてきてくれてよかった〜と思えることもいっぱいあると思いますよ。
スイッチが入ってしまうと、そのときに切るのはなかなか難しいです。ただ、ひとつの工夫として今日は何回スイッチが入ったのだろうと後で振り返り、自分で回数をチェックするのもよいでしょう。
そして、昨日より今日、 今日より明日、そのスイッチの回数が少なくなれば、自分で自分をほめるようにしてください。
回数が多ければ、反省して、明日少なくなるようにがんばってみようと考えればよいでしょう。
スイッチの入る回数と子どもさんが泣く回数との関係をみていくのいいかもしれません(関連する場合もありますよ)自分ではなかなか埒があかない場合は、地域の子育てサークルや保健所などで相談されるのも気持ちが楽になるかもしれません。
良い回答になっていないかもしれませんが、これからの、お母さんの子育てを応援したいと思います。
竹中義人先生(たけなかキッズクリニック 09.2.22


市販の薬タウロミンを服用しての授乳は可能でしょうか?
花粉の時期がスタートしたので相談なのですが、今現在、母乳で育てている4ヶ月弱の子どもがいます。
去年も妊娠中で花粉の薬が飲めずに大変辛かったのですが、こちらのサイトを拝見していると、授乳を続けながらも飲める薬が多いことがわかりました。
飲みたい薬は市販のタウロミン(福井製薬)という薬なのですが、製薬会社に尋ねたところ「一般的に、お薬の成分の場合、母乳への移行は、服用後2時間位がもっとも多くなり、4時間後には、ほとんど母乳中には無くなるといわれています。」という回答があり、4時間空けての授乳、もしくはミルクに替えるよう言われました。
元々、効きすぎる医者から処方される薬が嫌で、数年前に漢方配合のこのタウロミンに切り替えたのですが、母乳から子供に移行すると何か影響が出るのでしょうか?
ちょい飲みで頻回授乳の子供なので授乳を4時間空けるということが出来ません。
夜間授乳もあり、私自身が寝不足で母乳の出も悪くなってきているのでこの上花粉症での睡眠不足に悩まされると、母乳をあきらめなくてはいけないのかと思うと辛いです。
どうかよろしくお願いいたします。

*****************

回答 たまごママネット医師団
 一般的に薬を服用すると2時間ぐらいに母乳中の濃度がピークになります。
このため薬は授乳直前か直後に服用するようにします。
また、母乳中に移行する薬の濃度はそれほど高くないものが多いため、もし2時間ぐらいで授乳をしたとしてもそのために赤ちゃんに影響が出ることはなく、4時間も授乳できないということはありません。このため「タウロミン」も授乳前後の服用を心がけることで授乳を続けられると思われますが、市販の薬はその成分がわからないため大丈夫ですと言えません。
また漢方だから安全ということもありません。
  医師が処方する薬はその成分がわかっていることで授乳による安全性が確かめられているため安心して母乳をすすめることができます。
授乳をしていて薬を服用する場合には、市販の薬を短期間は使用しても問題はありませんが、続けて使用する場合には医師に処方してもらうことを勧めています。
渡辺眞史先生  09.2.17

大頭症・水頭症について教えてください。
8ヶ月の娘がいます。3ヶ月で首すわり、4ヶ月で寝返り、6ヶ月でおすわり、8ヶ月終わりにハイハイができるようになり、順調に育っていると思っていました。
しかし先日、椅子から落ちて頭を打ち、CTをとった際”大頭症””要経過観察”と言われました。
それまで検診などでかかっていた小児科の先生には何も言われなかったのですが、確かに頭囲が大きく平均ぎりぎちで気にはなっていました。
また、CTで頭内の水が多いこともわかり、大頭症の子によく見られる症状だといわれました。
出世時 身長49.0cm 頭囲 32・5cm 
1ヶ月   55.0cm    38・0cm
7ヶ月   64.3cm    44・1cm
8ヶ月          46・0cm
運動障害などが心配されるようですが、どの程度の障害なのでしょうか?
また、この頭内の”水”は知能には影響するのでしょうか?
この”水”が普通の量になることはないのでしょうか?
遺伝以外の原因は何でしょうか?
今後娘の頭の大きさが平均になることはあるのでしょうか?

***************

回答  たまごママネット医師団
頭囲が大きいと紹介され受診する赤ちゃんは少なくありません。家族に普通の帽子が入らない頭の大きい人がいる家族性のことが多いのですが、その子だけということもあります。発達がよく他に問題がなければその子の体型と考えられることがほとんどです。
質問の赤ちゃんの頭囲は正常範囲の上限ですが、病的に大きいものではなさそうです。発達もよく順調に育っているようです。頭部のCTでどのような所見だったかをみないとはっきりとしたことは言えませんが、少し頭囲の大きい赤ちゃんのCTを撮ると頭の前から横の部分に水が多くみられることがあります。
  1才半から2才頃に再検してみると水の部分が小さくなることが多く、これは正常な経過であり、水が多く見えますが心配するものではありません。もし、脳の中にある脳室が大きくなっているとすれば経過観察が必要になります。
  今までの発達は順調ですから、今後の発達に関しても心配しないで良さそうです。
頭囲は子どもの体型と考えられますから、小さくなることはなく、やや大きめの経過を取ると思います。
心配はないと思いますが、この様な指摘を受けたことをきっかけに、定期的に発育発達について経過を見てもらうこともよいことです。かかりつけの先生によく相談しながら経過を見てもらってください。
渡辺眞史先生  09.1.30

鉄欠乏性貧血と診断され心配です。
9ヶ月の男の子が鉄欠乏性貧血と診断されました。元々は点状出血が手足に出たため、念の為の採血検査となりその際の検査結果でFeが37、ヘモグロビンが10.5だった為、軽度の貧血と言われました(7ヶ月頃)。
その後離乳食が進んでいたため、鉄剤を使わず様子見ということで9ヶ月に入ってから再度検査した所Feが55、ヘモグロビンが10.1なのでこのまま離乳食で頑張りましょうという事になりました。
6−7ヶ月頃体重が50g減り、4ヶ月頃から体重の増えが悪かったため成長曲線を下回りました。現在は体重も曲線内に入り(下側)、身長もギリギリ入っています。
乳児の貧血を放置すると発達に障害が出るという記事を読んだことがあり、現在ハイハイ(ずりばい含む)、掴まり立ちが出来ない息子はそのせいなのか・・と気になっています(寝返りは3ヶ月末に出来ました、お座りも自分で座ることは出来ませんが座らせたら出来ます)。
ヘモグロビン値が正常値ではないのですが、このままで良いのでしょうか?すごく心配です。

****************

回答  たまごママネット医師団
質問の赤ちゃんの貧血の程度はごく軽く、主治医の先生が言うように離乳食が進むにつれて自然に改善する程度です。このことで発育や発達に影響を及ぼすことはないと考えて良いと思います。
鉄剤を使う必要もなく、このまま経過を見ます。発達に影響を及ぼすのは極度の貧血を長い間そのままにしている場合であり、一般的な程度の貧血では気付いたときに治療を開始することで発達の遅れがみられることはほとんどありません。
心配しないで離乳食を進めていってください。
渡辺眞史先生 09.1.10

腰の辺りの背骨のすぐ左横にしこりがあり心配です。
1歳1ヶ月、修正11ヶ月の娘がいます。
お座りをしている時に、腰の辺りの背骨のすぐ左横が膨らんでるのに気付きました。
赤ちゃんの手で握りこぶし位でしょうか。。カチカチではないですが、硬いしこり?というか膨らみ?というべきか。
なんか悪い症状なのか。不安です。
今月中に病院に行こうとは思ってますが、早急に病院に行った方がいいのか分かりません。
よろしくお願いします。

************

回答  たまごママネット医師団
質問の内容からはお母さんが心配しているものがどういうものなのか判断することはできません。姿勢による変化や実際に触ってのしこり?の性状をみないと判断しかねます。検査が必要な場合もありますから、救急ではなく通常の診療時間に受診することが必要です。心配しているとたいしたことのない場合でもだんだん重い病気に思えてきます。心配なときは早くみてもらうことでお母さんの心配不安が解決すると思います。
渡辺眞史先生  09.1.9

カロナールとリビゲット、クラリシッドを服用しました。母乳への影響が心配です。
生後6ヶ月になる娘をほぼ完母で育てています。
風邪をひいてしまい具合があまりにも悪かったので、家にあったカロナール錠200とリビゲット錠100を飲んでしまいました。
服用した時間を覚えていないので、服用してから何時間おいてから母乳をあげたかわかりません。(たぶん1、2時間後)翌日内科を受診しクラリシッド錠200を処方してもらい、服用後4時間以上経ってから母乳をあげるようにと言われました。
勝手に飲んでしまった薬の娘への害がないか、今になって心配しています。
私の姉が脳性小児麻痺なので、母にも夫にも薬を飲んでしまった事を打ち明けられずにいます。

**************

回答  たまごママネット医師団
カロナール(アセトアミノフェン)は授乳OKです。
リビゲット(オフロキサシン)、クラリシッド(クラリスロマイシン)は抗生剤ですがともに母乳中に移行する量が少なく、お子様への悪影響はほとんどないと考えられます。
心配ありません。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.12.23

股関節脱臼の疑いがあり対処法としてうつぶせ寝をするように言われましたがうつぶせは心配です。。
今娘は2ヶ月を迎えました。
1ヶ月目乳児湿疹が気になるからと小児科に行き見てもらい、そのついでに色々と調べてもらったところ左の股関節がちょっと固いので股関節脱臼の疑いがあるからと言われ、2ヶ月頃X線を撮れるようになったら病院で詳しく見てもらいなさいと言われて、2ヶ月を過ぎ、病院に行きました。
病院では現段階では股関節脱臼ではないが、このまま成長するとなると言われ、その対処方法としてうつぶせで寝かせなさい、その方が自然な成長に戻りやすいと指導を受けました。
でもうつ伏せ寝は突然死になりやすいということをインターネットや、保健センターにもポスターがあり、その指導を受けるかどうか迷っています。
ただ、娘は子宮の中にいた頃から右の方ばかり向いていたらしく、仰向けに寝かせていると常に右を向いており、うつ伏せにさせた方が左の方を向かせるように矯正できるのではないのかなと思っております。
ただ、突然死、窒息死が怖いです。どうしたらいいのでしょうか?
乱文になってしまいましたが、回答お願いいたします。

***************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんが目を覚ましているときにうつ伏せにすることはバランスのとれた発達を促すためによいことです。早くからうつ伏せの姿勢をとってあげると首の座りや寝返りが仰向けばかりの赤ちゃんより早くできるようです。
  3ヶ月頃から始めるとうつ伏せになることを嫌がる赤ちゃんもいますから1ヶ月頃からうつ伏せの姿勢に慣れさせる様にします。頭の変形の矯正や、股関節への効果についてはうつ伏せにする時間と関係しますから効果はわかりませんが、悪いことではないと思います。
 私は1ヶ月健診の時にうつ伏せ遊びを勧めています。赤ちゃんが機嫌良く目を覚ましているときにうつ伏せにし、身体をなでたり、声をかけたり、一緒に寝転んで見つめ合ったりし赤ちゃんと遊ぶ感覚で行います。
  柔らかいところでは顔が埋まり窒息の心配がありますから、堅くて平らなところ、たとえば畳(床)にバスタオルを敷いてその上でうつ伏せにします。
うつ伏せのままで眠ることは突然死との関係で勧められませんから、そのまま眠ってしまいそうなときやお母さんが目を離すときには仰向けに戻すようにします。
時間や回数はお母さんができる範囲で行います。1回数分から30分ぐらいまで、1日1回でも何回でもお母さんが楽しくできればそれで十分です。
 お母さんが赤ちゃんと遊びながらうつ伏せにすることで突然死や窒息の心配はありません。
柔らかいところでうつ伏せにする、目を離しその場から離れる、そのまま眠ってしまうなどに注意をすればうつ伏せの姿勢は赤ちゃんの発達を促すためによいことですから、日頃の赤ちゃんとの遊びの一つとして取り入れてください。
渡辺眞史先生  08.12.19

オゼックスとムコスタの母乳への影響が心配です。
子宮内膜炎と診断され、“オゼックス”と“ムコスタ”をそれぞれ3回/日、7日分処方されたのですが、授乳中でも服用して大丈夫でしょうか?
授乳中と言っても現在2歳半で、いわゆる“安心パイ”(昼寝や夜寝入るとき、夜中目覚めたとき、朝目覚めが悪いとき、甘えたいとき…など)程度なのですが…。
医師に聞けばよかったのですが、その医師は「授乳は6ヶ月までで十分!子どもの好きなようにさせるな!もう止めるように教育しろ!」と言う考え方なので聞けませんでした。宜しくお願い致します。

***************

回答  たまごママネット医師団
“オゼックス”(トスフロキサシン)と“ムコスタ”(レバミピド)はともに授乳についてのデータが乏しく判断が難しいですが、その薬効からおそらく大丈夫であろうと考えます。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.12.19

眠っていると突然ビクッと両手をばんざいして驚くことがあり心配です。
4ヶ月半の赤ちゃんです。
モロー反射は最近みられなくなっていたのですが、ここ数日眠っていると突然(物音がしていないとき)にビクッと両手をばんざいして驚くことがあります。
モロー反射のような動きです。
ビクっとした際には一瞬を目をあけますが、またすぐに眠りにつきます。
数回続きますが、間隔は20秒だったり、50秒だったり80秒だったりとまちまちです。
持続時間は5分もないようです。
眠りにはいるとき、眠りからさめるときに見られます。
モロー反射は3〜4ヶ月には消失するということですし、一時期みられなくなっていたので不安になっています。
首はすでにすわっていて、3ヶ月半から寝返り(片道だけ)もしています。
他のサイトなどでも発育の遅れかと思い相談してみたのですが、てんかんなどを疑って受診したほうがいいのだろうかと心配になってこちらでご意見を伺いたくまいりました。よろしくお願いいたします。

**************

回答  たまごママネット医師団
 6ヶ月未満の赤ちゃんは脳の機能が未熟なため親からみると心配になる動作がみられることがあります。
特に眠りについたとき、目を覚ます前など眠りが浅くなったときにそのような動作が多くみられます。目を覚ましているときに心配な動作がみられない、発育発達が月齢相当であれば正常範囲の問題と考えることができます。
  モロー反射は診察で反射を起こそうとしても4ヶ月には消失しますが、眠っているときのモロー反射様の動きはもう少し後まで続くこともあります。
しかし、普通はみられても1〜2回程度で何回も繰り返すことは少ないと思います。このことでてんかんを疑うものではありませんが、質問の内容だけで心配ないとも言い切れません。
  お母さんが変だと思う動作をビデオで撮影し受診の時に見てもらってください。それだけで解決することも多くあります。その上で必要があれば脳波などの検査などを行い判断することになると思います。
心配するよりかかりつけの小児科に相談するのがよいと思います。
渡辺眞史先生  08.12.16

授乳中のデプロメール、リーゼ、セディールの影響について教えてください。
妊娠前からパニック障害と診断され、薬を減らしながらも、飲みながら妊娠、出産しました。
幸い、出産、赤ちゃん共、気になる問題もなく、安産でした。
ですが、今度は母乳の出が割りとよく、赤ちゃんもミルクは嫌がるので、母乳で育てて行きたいのですが、薬の母乳への影響が心配です。
飲んでいるのは、朝デプロメール25mg1錠、リーゼ5mg1錠、昼セディール10mg1錠です。
精神科の先生には、受診のたびにミルクにして下さいと言われるのですが、授乳中であることは告げてあるのに、処方はしてくれます。
母乳に移行しても、子どもの様子などに気をつけながら授乳してもよいものであれば、母乳育児を続けたいのです。
今、薬と授乳について相談できるところがなく、断乳には踏み切れずにいます。毎日断乳するべきか、どうかで悩んでいます。
また断乳したところで、これまでの3ヶ月、薬を飲みながら母乳をあげてしまっていたので、何か赤ちゃんに影響があるかどうかも心配です。ご意見をおきかせ下さい。

**************

回答  たまごママネット医師団
デプロメールは母乳中への移行量が少なく授乳可能です。
リーゼは授乳に関する情報が乏しく注意が必要です。
セディールは通常量であれば授乳可能です。
断乳する必要はありませんが、お子さんが眠りがちになるなどの症状に注意が必要です。
お子さんが眠りがちになって、哺乳量が減少し体重が増えなくなるなどの影響がみられなければ、母乳を続けてよいと思います。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.12.15

レルパックス、ボルタレンの母乳への影響が心配です。
1歳11か月の子どもをもつ母親です。
最近頭痛がひどく何度も病院に行ったのですが薬が効かず、2件目の病院でレルパックス20?を処方されました。その先生には今も母乳を飲ませていて、ごはんを食べる量がほかの子よりも少ないので、母乳をあげながら飲める薬をお願いしますと伝えてもらった薬がレルパックスでした。
しかし薬剤師の方に母乳は控えてくださいといわれ、はじめは飲まずに頭痛を我慢しようと思ったのですが耐え切れず2度服用してしまいました。
母乳をあげずにいると泣いてないてひどいので、仕方なくあげてしまいました。
0.02%しか移行しないと聞いたのですが、素人からするとこれはどの程度危なくないのか判断できかねてしまいます。
今はまた病院を変え、母乳を飲んでも大丈夫と言われたボルタレン25mgを毎日服用しています。
本当に飲んでいても大丈夫なのか、前のレルパックスを飲んだことで子どもの成長に支障はないのかぜひ教えていただきたくメールさせていただきました。いまの段階では子どもに変化らしい変化はみられません。よろしくお願いいたします。

****************

回答  たまごママネット医師団
レルパックス(エレトリプタン)とボルタレン(ジクロフェナク)は、どちらも母乳中への移行量が少ないので、授乳中のお子さんへの影響はほとんどありません。安心してください。
(出典は、Medications and Mothers'Milk 第13版、2008の 278ページと328ページです。)
抗ガン剤などを除く通常の薬剤では、母乳を通じて子どもの体に入る薬剤の体重あたりの量が、お母さんの体重あたりの服用量の10分の1(10%)以下の場合は子どもへの影響を心配しなくてよいと考えられています。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.12.14

アタラックス、アゼプチンを飲むことによる母乳への影響について教えてください。
もうじき8か月になる子どもがいます。1か月半前から突然じんましんが発症し以前は夕方にアレジオン10mgを服用していましたが、服用当初はじんましんが消えていましたが、再度発症し、皮膚科でアタラックス錠10mg、アゼプチン錠1mgを夕食後1錠づつ服用するように言われました。現在、離乳食は2回です。1日のサイクルですが朝:離乳食、昼間:4回位授乳、夕方に薬を服用、夜:離乳食+粉ミルク(50mg)、夜中(2-3回母乳)という状態です。できるだけ薬服用時は母乳から粉ミルクへ変更したいなと考えていましたが、あまり粉ミルクをの飲んでくれず母乳を止めることができません。できるだけ、母乳育児を続けたいのですが、アタラックス、アゼプチン服用しても大丈夫でしょうか。100%大丈夫とはいいきれないのは承知ですが、子どもに発達障害や低体重等にならないかとても心配です。お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願いします。

***************

回答  たまごママネット医師団
アゼプチンは抗アレルギー剤、アタラックスは抗ヒスタミン剤です。
  2剤とも授乳に関するデータが乏しく注意を要する薬ですが、薬の効能から考えて通常の服用であれば問題ないと考えられます。
大人が服用すると眠気がみられることがありますから、もし注意をするとすれば赤ちゃんに眠気がないかです。活発で、よく飲み、大きい声で泣けるようでしたら心配ないことになります。赤ちゃんでも別の薬ですが抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を使うことがあり、薬のために発達障害や発育不全になることはありません。
  母乳から赤ちゃんに移行する量は実際に服用する場合からみればほんの微量ですから赤ちゃんに影響が出る可能性は非常に少ないと言えます。このまま母乳中心で大丈夫と思います。
渡辺眞史先生 08.12.13

カフェオレ斑について教えてください。
10ヶ月の子どもですが、最近になって頭頂部周辺に茶色いシミのようなものが沢山あるのに気がつきました。 産まれた時からあったのかどうかはわかりません。
カフェオレ斑があると、神経系の病気が出てくる、と知り心配しています。 実際のところ首の据わりも遅かったですし体も柔らかいです。 近々、皮膚科受診を予定してはいますが小児科の先生のご意見を伺いたくてメールさせていただきました。  よろしくお願いします。

***************

回答  たまごママネット医師団
カフェオレ斑は皮膚にみられる薄い茶褐色調の色素斑をいいます。生まれたときから存在しますが、薄く気づかれないこともあります。年齢とともに色が少し濃くなったり、数が多くなったりすることもあります。
  カフェオレ斑は約10%の人に見られそれ自体が病的というものではなく、多くの場合は病的意味を持ちません。中に神経系の疾患の一つの症状としてみられる場合がありますが、カフェオレ斑の大きさや数、その他の症状を確認することで神経系の病気と関連するかを判断します。
  カフェオレ斑を病的かどうか判断することは実際にみても難しい場合があり、質問の内容からは病的か否かの判断はできません。首の座りや身体の柔らかさも正常と異常の判断は実際に診察しないと判断はできません。仮定の話で病気の説明をすると、本当は病気ではないのに家族は病気のことしか考えられなくなることがあります。
  一番大切なことは心配なことを心にためないで、早くしっかりとした診断と説明を受けることです。皮膚科を受診し、必要なら小児科を紹介してもらうことで良いと思います。
渡辺眞史先生 08.12.9

授乳中のナパドライシロップ20%は8時間授乳を避けるのでしょうか。
もうすぐ11ヶ月になる息子がいます。
離乳食は3回、そろそろ後期ですが母乳をあげています。夜も3回程度の授乳をしています。
以前に痛めたものか、今回の育児によるものかはわかりませんが足の筋肉や骨に痛みが出てきました。
10分も歩くと痛み出し夜も眠れない事が続いた為、整形外科を受診しました。
レントゲン、MRIを撮りましたが原因はわかりませんでした。(筋や筋肉を一時的に痛めたか坐骨神経痛の可能性もあるかも。。との事でしたが)授乳中であることを伝え「とりあえず夜眠りたいので何とかしてほしい」とお願いしましたが痛み止めは最短でも8時間以上授乳をやめる必要があるものしかないとの事で、出来ないなら痛みを我慢するしかないと言われました。
ミルクは飲まないので、授乳しないなら抱っこで乗り切るしかなく足が痛むのでそれも難しい。
痛みが耐えられなかったら授乳を取りやめるのでと「ナパドライシロップ20%」1回2.5g を処方してもらいました。
服用のときはやはり8時間以上の授乳は避けるべきでしょうか?
授乳しながらの痛み止め。。そんな薬はないのでしょうか??

**************

回答 たまごママネット医師団
ナパドライシロップはアセトアミノフェンで授乳を続けても心配のない薬です。
子どもの解熱剤に一番多く使われていますので、子どもにとっても安全性の高い薬です。
我慢しながらの授乳より薬を使うことで少しでも楽になれればその方がお母さんにとっても赤ちゃんにとってもよいことです。
心配しないで母乳を続けてください。
渡辺眞史先生 08.12.5

クラビット錠、ガスモチン、セレキノン錠、ビオフェルミンRの母乳への影響が心配です。
現在、1歳1か月の娘の母乳育児中です。
一昨日より私が体調を崩し、昨日病院に行き、薬を処方してもらいました。
授乳回数は減りましたが、寝るときは必ずおっぱいをくわえないと寝られません。
処方してもらった薬は授乳は止めるようにといわれ、昨晩は授乳して寝かしつけた後に服用しました。
しかし、夜中に起きてしまい、1時間以上も泣き続けてしまい、泣き疲れて寝た感じでした。
今朝、病院に電話をして、授乳できる薬に変えてもらえないか聞いてみましたら、そんなに強い薬ではないので、薬を飲んでも授乳してもいいよと言われました(診察時にも授乳中と先生には伝えていたのですが、1歳過ぎてるから大丈夫だろうといわれました)。
大丈夫と言われましたが、私の体調もちょっとはましになったのもあり不安で薬の服用は止めていますが、大丈夫でしょうか。
薬は
クラビット錠100mg
ガスモチン錠5mg
セレキノン錠100mg
ビオフェルミンR
それぞれ毎食後1錠(袋)ずつです。よろしくおねがいします。

****************

回答  たまごママネット医師団
クラビット錠は抗生剤で、乳汁に移行しますが少量なので大丈夫と考えられます。
ガスモチン錠、セレキノン錠ともに授乳に関してデータが少ないです。
ビオフェルミンRは授乳OKです。
すでに1歳を越えていて授乳回数が減少してきているとのことなので大丈夫と思われます。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.12.1


ジスロマック錠、ペリアクチン錠、サワテン錠、トランサミンカプセン、ホクナリンテープの授乳への影響が心配です。
もうすぐ2ヶ月になる女の子を母乳にて育ててます。一週間まえから 風邪の症状がではじめました。なかなか改善されなかった為 先日病院にいき「授乳中」だと伝えて 薬を処方してもらいましたが、やはり飲むのにためらいが生じてます。 不安を感じてます。
ジスロマック錠 250mg 3日分。(すでに3日間飲みました)
ペリアクチン錠  4mg 毎食後5日分
サワテン錠250mg    毎食後5日分
トランサミンカプセン250mg 毎食後5日分
ニコラーゼ錠10 10mg    毎食後5日分
はり薬 ホクナリンテープ1mg 5日分
以上の薬は 現在服用中です。
母乳への影響が 不安になりメール致しました。ご回答よろしくお願いいたします。
回答  たまごママネット医師団
風邪自体はウイルスでおこる場合が多くその場合原因に対する治療はありませんから、治癒するまでの期間、うっとおしい症状を薬によって少し抑えておくということになります。
したがって風邪のうちどんな症状で困っておられるかで飲む薬が変わってきます。
ジスロマックは授乳OKです。抗生剤なので細菌による風邪症状には効きます。
ペリアクチンは鼻汁分泌を抑えます。授乳OKですが赤ちゃんが少し眠くなるかもしれません。
サワテンは去痰剤です。授乳OKです。
トランサミンは喉の炎症を抑えます。授乳OKです。
ニコラーゼも消炎酵素剤で、授乳OKです。
ホクナリンは気管支拡張作用があり、喘鳴のあるときなど有効です。
授乳OKです。
というわけで、直ちに授乳を止める必要のある薬はありません。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.11.28


アレジオンを服用するときは、授乳を中止すべきでしょうか?
7か月になる母乳育児の赤ちゃんがいます。
最近まで、1日、6-8回授乳(内夜2回)していました。今思えば4か月目が育児疲れのピークであり6か月目から突然じんましんが発症し皮膚科に受診し、かなり状態が悪いと言われ、通常大人が飲む半分の量であるアレジオン10mgもらいました。夕食後一粒飲むとひどく発症していたじんましんも朝にはおさまっています。しかしインターネットで詳しく薬について調べたところ「アレジオンを服用するときは、授乳中を止める。」と書いてありとても不安になりました。今後、母乳を続けていいのか。また完全粉ミルクにしたほうがよいのか。どの薬も100%安全な薬というのはないですが「アレジオン」を飲む場合、母乳を続けてよいかご回答をよろしくお願いします。また、じんましんが発症してから一か月が経とうとし、育児が大分楽になりましたが、なかなか治まりません。薬は発症を抑えるだけのもので治る薬ではないのでしょうか。じんましんは疲れている時より、ひと安心して落ち着いたころにでてくるものなんでしょうか。お返事お待ちしております。

**************

回答  たまごママネット医師団
アレジオン(エピナスタチン)は、ある程度、乳汁中に移行します。
しかし、小児科でも3歳以上の幼児に投与している比較的安全な薬剤です。
お子様が眠りがちになるなどの症状に注意すれば授乳を続けてよいように思います。
 ジンマシンの原因は体調の変化や季節、食物、環境からの抗原刺激などなど様々です。
場合によっては長期間続くことがありますので、じっくり治してください。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.11.21

授乳中のコタロー麻黄附子細辛湯エキスカプセル、ルポック錠の母乳への影響が心配です。
喉の痛みが酷かったので、先日耳鼻科に受診してきました。
現在、5ヶ月になる息子を完全母乳で育てているので授乳中である事を伝えて診察してもらい薬を処方していただきました。
初めて聞く薬だったので本当に授乳中でも大丈夫か心配でメールをさせていただきました。
14日に処方していただいたので薬を服用しているのですが、なるべく授乳を終わってから飲むようにしています。
コタロー麻黄附子細辛湯エキスカプセル
ルポック錠75です。
お忙しいとは思いますが、どうぞよろしくお願いします。

************

回答  たまごママネット医師団
 コタロー麻黄附子細辛湯エキスカプセル、ルポック錠ともに授乳に関するデータがないので、大丈夫とは言いにくいです。
 授乳を終わってから飲むようにすることは大切ですが症状が軽くなったらできるだけ早く薬の服用を止めた方がよいと思 います。
一般に風邪薬は症状を一時的に軽減するもので、薬で風邪を早くな おすことはできません。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.11.17

プルゼニド、ニフレックの母乳への影響が心配です。
現在3ヶ月半の男の子を母乳で育てています。
産後1ヶ月ごろから下痢や渋り腹がみられ、粘血がみられたため、大腸内視鏡の検査をうけることになりました。
病院から前日に飲む薬として「プルゼニド」4錠を渡されています。
当日は「ニフレック」のみを飲む予定です。
授乳について先生に尋ねると「下剤は大丈夫」との答えでしたが、ネットで調べてみるとプルゼニドは授乳を避けたほうがよいと書かれています。乳腺炎を何度かくりかえしており、できれば授乳を続けたいのですが、やはり前日の夜からは授乳はさけるべきでしょうか?

***************

回答 たまごママネット医師団
 プルゼニド服用後の授乳で赤ちゃんに下痢が起こったという報告があります。
プルゼニドの血中濃度半減期は約3時間なので、授乳しておいてからすぐに服用すれば次の授乳への影響は少なくなると思われます。
逆にプルゼニドの服用直後には授乳しないようにしてください。
ニフレックも同様に考えてよいでしょう。
平林 円先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.11.16


頭をぶつけたり打ったりしたときに受診する目安を教えてください。
9ヶ月の子どものことなのですが。 この間、勢いよく窓のサッシにおでこをぶつけてしまいました。かなり鈍い音がしたので痛かったのでは、と思うのですが、本人は泣くことなくその後の離乳食・ミルクも完食しほとんどいつもと変わりなく過ごしているのですが、5日程経ち夜に寝かせるために横抱きにしていたところ変な状態になりました。(上手く説明できないのですが)喉に何かが引っかかったのかオエッという動作を何回か繰り返し、(この時目もギュッとつむります)「アー、アー」と少し苦しそうに声を出すのです。
一瞬ですが唇の色も悪くなったような気もします。 少しして落ち着いたのか普通に戻りましたが、本人は少し放心状態のようでボーッとしていました。
実は5ヶ月ぐらいの時にも朝の起きだちやまだ起きているのか寝ているのか微妙な時に似たような状態になったので、おでこを打ったことが原因ではないのかもしれませんが心配しています。そこで、頭やおでこなどをぶつけたり打ったりした時は何を目安に病院を受診すればいいのか教えていただけませんか? 硬膜下?硬膜外?血腫などは見た感じではわからないと聞きました。よろしくお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
 子どもは頭が大きく不安定なためよく転び、頭を打ちます。ほとんどの場合問題ないのですが、家族は心配になり、元気に走り回っている子どもを連れ、夜中に救急救命センターを受診することも少なくありません。
 緊急を要するかどうかは子どもの様子をみると見当が付きます。慌てないでまず子どもをよく観察してください。転んだり頭を打つと痛かったりびっくりしたりで激しく泣きます。大きな声で泣くようなときはまず問題はありません。泣き止んだときにどのような状態か観察します。
機嫌がよくなり今まで通りに遊び、普通に食べるようであれば慌てる必要はありません。急いでの病院受診の必要もなく、そのまま経過を見て大丈夫です。
 泣き止んだ後に頭を痛がる、元気が無く機嫌が悪い、遊ぼうとしない、食べたがらず食べても吐いてしまう、顔色がさえないなど普段と違うと感じる時には受診が必要です。
  頭を打ち呼びかけに返事がなく意識がはっきりしない、呼吸が荒い・止まりそう、顔色が真っ青、けいれんがある、麻痺があるなどの時には緊急を要しますので救急車を呼ぶ必要があります。
 出血することは少ないのですが、もし出血した場合にはタオルなどでその部分を押さえて止血します。頭は血管が豊富ですから結構多量の出血に見えることがありますが止血しやすく慌てる必要はありません。
子どもは不安になり泣いたり暴れたりするかもしれません。抱きかかえてやさしく声がけをしながら圧迫止血をしてあげてください。
 子どもの場合は少ないのですが、しばらくしてから症状が出る場合もあります。吐き気や嘔吐、意識障害、けいれんなどがみられる場合や、今までできていたことができなくなった時(言葉が出ない、歩かない、ふらつく、ものを持たない、遊びたがらないなど)には受診が必要です。
 床に転んで頭を打っても問題になることは少ないのですが、そこに積み木や自動車などのおもちゃがあり、とんがっているところや角になっているところに頭をぶつけると思いがけないけがをすることがあります。危ないものが落ちていないか注意が必要です。
寝返りを打てないと思っていても初めての寝返りでソファーから落ちることもあります。昨日までできなかったことが今日もできないとは限りません。お母さんがこんなことをされたら嫌だなと思うことを子どもは大抵してくれます。
嫌だなと思うことに先回りの注意をすることで事故を減らすことができます。
渡辺眞史先生  08.11.15

1歳児健診で、夜間の授乳(母乳なのに)が虫歯になると言われました。
保健婦さんの問診と、その後の歯科相談で、両方から「いつまで母乳を続けるつもりですか」と言われました。
「自然卒乳を待つつもりです」と答えたところ、断乳の指導はありませんでしたが、歯科指導では、「夕食後の歯磨きあとの授乳、夜間の授乳、こういうのが危険」とことあるごとに「危険、危険」とくり返され、嫌な気持ちになりました。
今も夜はおっぱいがないと眠れないし、夜中に1〜2回はおっぱいをあげています。
そのたびに歯磨きしなさいと言わんばかり。
食後の歯磨きはしっかりしているつもりですし、その後の水分はお茶か母乳でジュース等は与えていません。
母乳自体に虫歯になる要素(原因)はないと考えていましたが、よいのでしょうか?
また、「もう母乳に栄養はない」というようなことを言われましたが、本当でしょうか?
母乳の成分は母親の血液だから、大丈夫では?とは思うのですが。
これからもおっぱい育児を続けていくつもりに変わりはありませんが、アドバイスを頂けると嬉しいです。宜しくお願い致します。

*******************

回答 たまごママネット医師団
 母乳には身体が成長するための栄養、身体を丈夫にする免疫、基本的信頼関係を築く心の栄養の役割があります。心の栄養が注目される前は1才になり離乳食を食べるようになれば母乳にこだわる必要はないと考えられました。
しかし1才を過ぎても母乳には大切な役割があり、母親に抱かれおっぱいを含ませてもらうことからくる安心感が基本的信頼関係を築くうえで大切なことと考えられています。このため世界的に赤ちゃんが望めば2才以上まで母乳育児を続けることが勧められています。
 歯科の先生や保健師さん達の中には虫歯だけをとらえてこの心の栄養のことまで考えてくれないことがあります。このため母乳を止めるように指導されることがあります。
虫歯は母乳だからできやすいできにくいということはありません。
  この時期には栄養の主役は母乳以外の食べ物です。特に砂糖の含まれる食物は歯に歯垢を作ります。
眠っているときには唾液の分泌が少なくなり歯垢の中に虫歯菌が繁殖しやすくなります。この虫歯菌が酸を作り続けることで虫歯となります。
  離乳食や甘いジュースなどをとり歯が汚れたままで夜間に母乳を飲むと虫歯を作ることがあります。このため夜間の授乳だけを取り上げて母乳は虫歯を作ると言われてしまいます。
  虫歯の一番の原因は歯垢ですから眠る前に歯の手入れをして歯垢を取り除ききれいな歯にすることが大切です。少なくとも1日1回はガーゼか歯ブラシでしっかりと歯の表面を磨いてください。食事は砂糖を使いすぎないようにし、市販のジュースやスポーツ飲料、乳酸飲料などには砂糖がたくさん入っていますから与えないでください。甘い味を好むようになると虫歯になる危険が高まります。
 1才を過ぎると母乳には栄養がないともよく言われますが、母乳には充分な栄養があります。母乳は飲み始めと飲み終わりでは成分が違います。
1日の中でも朝の母乳と夕方の母乳では成分が違います。生まれて間もないときの母乳と数ヶ月したときの母乳、1才過ぎの母乳ではその成分が違います。
  母乳のよいところはその時その時の赤ちゃんに必要な成分の母乳が作られているということです。これは人工乳にはまねのできないことです。1才過ぎてからの母乳はその時に必要な栄養成分をしっかり含んだ母乳です。
生まれて間もない時の母乳に比べさらさらした母乳のため栄養がないなどという誤解が生まれたのかもしれません。
歯の手入れをしながら母乳育児を楽しんでください。

日本母乳の会で「母乳と虫歯を考える」という本を出しました。
『日本母乳の会』のホームページから求めることができます。
渡辺眞史先生  08.11.7


スカルナーゼ(メイラックス)の授乳への影響について教えてください。
妊娠前より、パニック障害で、現在スカルナーゼ(メイラックス)1mgを1日一錠服用しています。
産婦人科の先生に出産後の授乳について、質問した所大丈夫だとは思うが心配なら授乳はしないで、ミルクにするようにと言われました。
私は出来るだけ母乳で育てたいと思っているのですが、赤ちゃんに何かあっては大変だと思うので、無理ならミルクにしようかと思っています。他の先生の意見も聞きたいので、どうぞよろしくお願いいたします。

*****************

回答 たまごママネット医師団
スカルナーゼ(ロフラゼプ酸エチル)は、長時間作用型の薬です。
授乳に関するデータが乏しいので、授乳中はできるだけ服用は避ける(可能なら他の薬剤を選択)ほうが良いようです。
授乳中に服用する場合には乳児の状態(傾眠)などに注意する必要があります。
平林 円先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.11.7

三ヶ月半の子がミルクをあまり飲んでくれず心配です。
 現在三ヶ月半の女の子がいます。一ヶ月前くらいからミルクをあまり飲んでくれません。二ヶ月目からミルクのみで育てています。40週で出産し出生体重が2570グラムでした。
一ヶ月検診では問題なしでしたが、三ヶ月検診で4800グラムと増えが悪くミルクをもっと飲ませるように先生に言われました。ミルクを替えたり、乳首をかえたり、のませる体勢を変えたり私なりに努力しましたが変化なしです。
 特に昼間など起きている時に飲んでくれず一回に60ccぐらい飲んであとは舌で乳首をころがして遊んでる感じです。ただ夜寝ている時やウトウトしている時にいっきに100〜120cc飲んでくれることがあります。
 
おきてる時はあまり飲まず寝てる時は飲む・・・何故なのかよくわかりません。現在体重5キロ強で一日トータルで600〜700ccのミルクを飲んでいます。
平均よりは少ないとは思いますが、話しかけると良く笑ってくれますし、ウンチも一日一回は出ます。
おしっこもしていますし、首もほとんど据わってるようですし、寝返りも最近し始めて一日何回も繰り返してます。
質問の内容がわかりにくいかもしれません。すみません。どうぞ宜しくお願いします。

*************

回答  たまごママネット医師団
 哺乳量や体重増加は赤ちゃんによって全く異なります。多い、少ないによって良いとか悪いとは考えません。赤ちゃんが元気で機嫌良くその月齢に沿った発達をしていればそれがその赤ちゃんにとっての丁度よい哺乳量であり体重増加です。
質問の赤ちゃんは自分にあった丁度よい発育をしているものと思います。
 3ヶ月頃までは疲れるまで飲もうとするために満腹以上に飲むことが多く、多い分は溢乳として戻してしまうことがみられます。
  3ヶ月少し前になると満腹中枢が発達し自分で飲む量を調節できるようになり、それまでより哺乳量が少なくなることがあります。質問の3ヶ月前から哺乳量が少なくなったというのはこのためと考えられ、正常な発達の一つです。
 生活のリズムは赤ちゃんにとっても大切です。日中はこまめに飲ませ、いっぱい抱っこして話しかけ、長く寝ているときには起こして抱っこや授乳をします。
  夜は静かに薄暗くしゆっくりたっぷり授乳をします。そうすると日中は起きている時間が多くなり、夜は長く寝てくれるようになります。質問の赤ちゃんの様子は心配な状態ではなく、生活のリズムができていてむしろ喜ばしい様子です。
 質問の文面からは月齢にあった発育発達の赤ちゃんで、お母さんは赤ちゃんに対しすごく上手に接していると思います。心配しながらも一生懸命赤ちゃんに接してくれたからこんなに良い状態なのだと思われます。心配しないで今まで通りに赤ちゃんをいっぱい抱っこし赤ちゃんにあわせた授乳をしてあげてください。
渡辺眞史先生 08.11.6

まわりから早く保育園に入れるように言われて悩んでいます。
私は、情緒障害で、小学校2年まで障害児学級に私はいまして、夫婦2人ともしゃべるのが、下手だと2歳ぐらいで、保育園に行かないとだめですか。
私は弟に「うちの子に甘えさせるだけ、甘えさせたい」と言ったら、弟は「理由にならへんお姉ちゃんは自分の手元に置いてきたいだけや」といわれました。
それで弟とけんかしてしまいましたが、あまえるだけあまえさせるのはいけないことでしょうか。
おっぱいをあげているせいか、うちの子に情が移ってしまいはなしたくない気持ちがある私は、馬鹿で情けない、悪人です。
それからつい最近母から上の事を、「昔は子ども同士で、勝手に遊びに行けたけど今は、治安が悪いからあかん今大事な時期やしあんたは、情緒障害で小学校2年まで障害児学級に行ってたしKさん(主人です)もしゃべるのが、下手やし保育園へ早く入れ」といわれました。
母も、弟も私の事を、思ってくれているのは、分かるのですが、苦しいですね。

***************

回答  たまごママネット医師団
お母さんが情緒障害ということですが、お話されるのが苦手ということですね?
でも、お母さんのメールの文章を拝読させていただいて感じたことは、自分が情緒障害とおっしゃられなければ決して情緒障害とは誰も思わなかったでしょう。
それくらい、愛情いっぱい、子どもさんにかかわられて、一生懸命子育てされている、これからも子育てしてゆきたい気持ちがいっぱいにじみ出ているメールだと感じました。決してお母さんは悪人ではありませんよ!
甘えさせるだけ、甘えさせてあげたいというお気持ちや感情はすごく大切だし、これからも十分に甘えさせていただいて結構です。ただし、これから2歳〜3歳になっていくと、お母さんだけではなく、他の人たちとの社会性も身に着ける時期になっていきます。お母さんがこれだけ甘えさせてあげているのに、恩を仇で返すように言うことを聞かなくなったり、「お母さんいらないよ!」とか反発する場面もでてくることもあるでしょう。
 その場合はイライラして「どうして言うことをきかないの!」と怒りを子どもにぶつけるのではなく、「自分の子は今まで私ばかりに甘えて依存してきたけれど、自分から独立して一人で何かをやってみたい心が育ってきたんだ!」と考えてみてください。そして少し距離をおいて見守ってゆく姿勢や勇気も大切になってゆきます。
そしてうまくできればほめてあげてください。うれしかったことは一緒になって喜んであげてください。

保育園の時期については多くの親御さんが悩んでおられることと思います。特に決まった時期というのはありません。

ためし保育なども活用されて、特に園で楽しく遊べている様子なら、入園も問題ないと思います。
園とも相談されて、適切な時期を見計らって入園を決められたら如何でしょうか。
竹中先生 たけなかキッズクリニック 08.11.1

渡辺 真史先生 
岡村 博行先生 岡村産婦人科医院 大阪府堺市槙塚台1丁-11-3
竹中 義人先生 たけなかキッズクリニック 大阪府堺市長曽根町1467-1 メディカルエイトワンビル2階
衣笠 万里 先生 尼崎医療生協病院  兵庫県尼崎市南武庫之荘11-12-1
池川 明先生 池川クリニック 横浜市金沢区大道2-5-13
石井 廣重先生 石井第一産科婦人科クリニック 静岡県浜北市小松4498-5

北島 博之先生 大阪府立母子保健総合医療センター 大阪府和泉市室堂町840
平林 円先生 大阪市立十三市民病院 大阪市淀川区野中北2丁目12番27号
大牟田智子先生 春日助産院 福岡県春日市昇町6-102
白川嘉継先生  福岡新水巻病院小児科 福岡県遠賀郡水巻町立屋敷1丁目2−1
中村 孝先生 なかむら小児歯科医院 埼玉県和光市本町6-9 井口ビル2階

若松寿美恵先生 助産師