育児相談 揺さぶられっ子症候群

揺さぶられっ子症候群が心配です。
3か月の赤ちゃんがいます。先日水平型のチャイルドシートに乗せて運転していましたが、その時約20センチの高さから脱輪してしまいました。かなりの衝撃だったのですが、子供は泣くことなく眠り続けていました。
その後2日経ちますが、いつもと変わったこともなくおっぱいもよく飲みます。
ただ眠る時間が増えたことが気になります。
揺さぶられっこ症候群に該当するのではないかと気になっています。
大丈夫でしょうか?よろしくお願い致します。

****************

回答 たまごママネット医師団
 「乳児揺さぶられっ子症候群」は乳児の頭が激しく揺さぶられることによって頭蓋内損傷を発生し、硬膜下出血や網膜出血をきたし、脳に重大な障害や後遺症を残し、時には死に至らしめる症候群です。“高い高い”や自動車でガタガタ道を長く走ることでも、起こることがあるといわれていましたが、発症の多くは虐待と関連し、偶然の事故で起こる可能性は極めて低いと考えられます。症状は揺さぶりなどの後間もなくから活気が無くなり、ぐったりし、意識が無くなり、けいれんが起こり、呼吸が不規則になります。緊急の治療をしないと命に関わります。
 質問の赤ちゃんは、衝撃が加わった時に何もなく、その後も普通の状態ですから全く心配をすることはありません。
渡辺眞史先生 11.6.15


揺さぶられっこ症候群の事でご質問があります。
現在、生後10日間の赤ちゃんが居ます。
先日、赤ちゃんを旦那があやして下りました、母親の私から見るとかなりの強さで
左右に振ってあやしておりました。
旦那の話では15分から20分位の間に両手で横向きに抱えて1〜2秒感覚で45センチ位
揺さぶってたそうです。
赤ちゃんは、大人しくなったというより私から見ると気持ち悪くなって寝たといった感じでした。
その後、二人で色々と揺さぶられ子症候群について調べたのですが、どのくらいの強さで揺さぶったらいけないのか分からなかったのです。
今回のケースの様に横向きに抱え1〜2秒間隔で45センチ位の揺さぶりは今後の発育過程に影響があるのでしょうか、これは本当に心配です。
またどのくらいの強さで揺さぶったらいけないのか教えていただけないでしょうか。
私共は非常に心配で夜も寝れない状態が続いております。
よきアト゛ハ゛イスの程宜しくお願い致します。

******************

回答 たまごママネット医師団
お子さんの様子が揺する前と変わりないようなら、今後の発育発達への影響など心配しなくてよいと思います。

同じように揺すっても必ず症状が現れるわけではありませんが、実際に症状を起こした例として、「頭を2秒間に5〜6回揺する」、「体を10秒間に5〜6回の割合で激しく揺する」、「体を20分間左右に揺する」、「高い高い」で空中に投げ上げてキャッチを繰り返す」、「両手で抱え、急激に持ち上げゆっくり下ろすことを繰り返す」「揺り篭に入れたまま、6歳の兄が大きく・早く何度も揺すった」などの例があります。
具体的にどのくらいまでなら安全かというのは難しいですが6ヵ月くらいまでの赤ちゃんには、乱暴に揺するようなことはせずに優しくあやしてください。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 10.12.11


揺さぶらっこ症候群について教えてください
娘は生後7ヶ月検診の際に『眼震』であると診断されて現在に到ります。メガネを掛けて、目の周りの筋肉が視力調整を上手く出来るようにしてあげる他方法はないという事で、年に1度の検診(検眼)以外、特に治療という治療はしておりません。
(1度詳しく板橋の帝京大学付属病院にて検査後、現在は年に1度東武練馬の「つつみ眼科」にて検診して頂いております。)
ただ年齢が上がるに連れて、色覚異常(赤と黒の区別が出来ない等・・・)の疑いもあるかも?というお話も担当医より聞かされております。
昨今「揺さぶらてっこ症候群」というのが話題になったりしておりますが、その後遺症として『視力障害』などがある・・・という事ですが、例えばどのような『視力障害』『知的障害』『発育障害』が報告されている(考えられる)のでしょうか?
娘をあやす時に、私も主人も激しく揺さぶっていた記憶は無いのですが、もしかしたら強く揺すっていた事もあったかも?という思いがあり、その後遺症として『眼震』や『色覚異常』があるのではないか・・・。親の不注意で娘をそうしてしまったのではないか・・・不安に思っております。

*************

回答  たまごママネット医師団
揺さぶられっ子症候群とは首のすわっていない乳児をあやす目的で、たかいたかいをしたり、激しく揺さぶったりしたときに頭蓋内や眼底に出血し、その結果死亡したり後遺症を残したりする疾患です。眼底出血による異常のため、眼底を見ると診断できると思います。頭蓋内に出血した場合は、硬膜下血腫やくも膜下出血により脳圧が亢進したり、損傷による神経学的症状が出たりします。激しく出血した場合には直後から、顔色不良、不機嫌、嘔吐、無呼吸、けいれんなどの症状が見られます。出血がわずかな場合には症状が認められないこともあります。後に精神遅滞として洗われることもありますが、揺さぶられっ子症候群に特徴的な症状や知的障害、発育障害はありません。
現在の視力障害は先天的な異常で、揺さぶられっ子症候群ではないと思います。
白川先生 産業医大小児科 04.11.20


揺さぶられ子症候群についての質問です。
ただいま 生後57日目のママです。私の知識不足により、「揺さぶられっこ症候郡」は高い高いなどをしなければ ならないと思いあやす時、揺すっていました。(頭が左右にゆれていた)ぶんぶんゆすってはいませんが、私の祖母の真似をして私もあやしていました。(ハイ&ローでは割と強めにゆらしたかもしれません)
 先日、たまたま ”揺さぶられっこ症候群”のことが書いてあるサイトをみて、あやす時長時間揺すってはだめとか、書いてあるのを見て、怖くなり 市の医療サイトに質問したところ、*笑わなくなった*けいれん(ひきつけ)をおこした*ミルクの飲みが悪くなった*顔色が悪い*良く寝るようになった、これらにあてはまていなければ大丈夫だとのことでしたが、最近、一日の飲む量 が減り(寝る時間が長くなったため1日あたり50ccほど)夜寝る時間が延びました(ほっておくと、6時間〜7時間おきない)顔色は元々色白ですが、悪くはないようで、また痙攣も私たちが見ている時間ではおきていません(私達が寝ている時にしていた場合気ずく物なのでしょうか)笑う事もよくします。
 ただ、心配なら脳神経外科にかかってみたらと言われました。このサイトの回答を読むと、あやす程度なら心配ないと書いてありました。
 いろいろな答えがあるので、正直何を信じたら良いかわかりません。心配でここ2.3日は眠れません。
病院でMRIの検査をしてもらった方が良いのか検討中です。
夫には、考えすぎ、逆に検査などして体調を崩したらどうすると言われています。
 いったい何を信じればいいのか 心配で心配でなりません。
実は、わたしが、てんかんで、妊娠中も薬を服用(フェノバルビタール散10%)しなければならず、障害に関してぴりぴりしているのが現状です。

*************

回答  たまごママネット医師団
揺さぶられっ子症候群は子どもの胸郭をつかみ激しく揺することによって頭蓋内出血と眼底出血を起こすことをいいます。
怒りに駆られて子どもをしかるとき日本では叩くことをしますが、欧米では激しく揺さぶるのが主流です。これは非常に激しい揺さぶりで起こり、身体的虐待の一つと考えられています。
通常のあやしや遊びの中で生じるものではありません。症状は急性の頭蓋内出血ですから、激しく揺さぶった時に急に顔色が悪くなり、呼吸が弱くなりけいれんを起こしたり呼吸が止まったりします。
質問の赤ちゃんの様子は揺さぶられっ子症候群とは全く違うものです。市の医療サイトの回答の症状がみられる時には揺さぶられっ子症候群に限らず小児科を受診する必要がありますが、それにも当てはまらないようです。質問の内容からは心配はないと思いますが、気になるときにはかかりつけの小児科によく相談してみてください。03.09.04

揺さぶられっこ症候群・脳障害について
出産後問題が無ければすぐに、高速も使い片道車で4時間の実家に帰省しようかと考えています。
頭などを固定する機能が付いたチャイルドシートも用意しました。
ただ、高速のつなぎ目や砂利道等、道路の舗装状態の悪い道、又そうではなくても車での移動は結構振動がある事が心配です。
実際に「3ヶ月の時に車に長時間乗せた為に2歳半になっても言葉がしゃべれない子がいる」と言われると悩んでしまいます。
周りの知人からも、1ヶ月は子どもはもちろん母体も動かさない方がいいとアドバイスされます。
やはり揺さぶられっこ症候群や脳障害のリスクを伴うのでしょうか。
もし帰省した場合、帰省した先には1週間以上(逆にどれくらい)落ち着いた方がいいのでしょうか。

**************

回答  たまごママネット医師団
揺さぶられっこ症候群とは、赤ちゃんの胸郭をつかみ激しく揺さぶることにより、頭蓋内出血や眼底内出血をおこすことを言います。これは、身体的虐待の一つであり、普通 の抱っこや振動によって起こるものではありません。
最近この言葉だけが一人歩きしてしまい、振動=脳障害というように拡大解釈される傾向があります。揺さぶられっこ症候群は普通 の育児の中で起こるものではありませんし、お父さんの少し荒っぽい抱っこでも起こることはありません。
車での移動による振動で脳障害をおこすことはありませんし、里帰りお産で帰宅するときには車を利用する人も大勢います。1日がかりの移動も多く、むしろゆっくり行けるということで車を選ぶこともあります。
車で気を付けるのは無理な日程による事故をおこさないようにすることです。実家の家族も楽しみに待っていると思います。チャイルドシ−トを上手に使い安全な移動を心がけてください。
帰省した場合、赤ちゃんを取り巻く環境が変わることになります。
赤ちゃんはとまどい疲れた状態になることがあります。お母さんとゆっくりした時間をとれるようにしてください。帰省の期間はとんぼ返りは困りますが、数日の余裕があれば大丈夫です。 03.07.09


トップ