育児相談 指しゃぶり&おしゃぶり

指しゃぶりをしながら私の眉毛をさわる癖がありやめさせるのにはどうすればいいのでしょうか?
長男のことで悩んでいます。現在、2歳10カ月です。妹(6か月)がいます。
1歳になるころから指しゃぶりをしながら私の眉毛をさわる癖があります。
寝るとき、甘えるときなどが主ですが寝付くまで1時間近くもさわり続たり夜中や明け方の眠りが浅いときもさわってきます。
触られると私の顔が子どもの手で覆われて息が苦しくて私も眠ることができません。
寝ているときに触られると無意識に手を払いのけてしまうんですが払っても払っても触ってきます。「ママは僕のこと好きじゃないんだ」と言ってしくしく泣きだすこともありました。
長男にとって精神的に安心する大事な行為なので受け入れてあげたいのですが私も限界です。今までいつかは無くなるだろうと我慢してきましたが早く卒業して欲しいと言う思いから本人にも「ママ、それ嫌だからやめて」とか「3歳になったらやめようね」とかつい言ってしまいます。言われた本人はママに拒絶されたと悲しい思いをしてしまったのではないか、といつも反省しています。
無理にやめさせるのはよくないと思いますが、私としてはつらいです。
どうすればいいのでしょう?気楽に考えればいいかもしれませんが真剣に悩んじゃいます。

***************

回答  たまごママネット医師団
 私の外来にパーソナリティ障害の親がたまってしまい、とても小児科の外来と思えないような状態になっています。これから先もっと増えそうです。精神科の同級生には精神科に変わったらとか言われるありさまです。5月から本職が始まり、常位胎盤早期剥離で緊急帝王切開後心停止して生まれた新生児の低体温療法と生後3週目に原因不明の肺出血から出血性ショックに陥った新生児の低位体温療法を行っています。
良い時代になり、心停止して生まれても、後遺症が残らず退院できるようになりました。
 母親と子どもとの関係はお互い心地よい関係であるとよいですね。
甘えには様々な形があり、中には不健全な甘えもあります。たとえば子どもが母親を操る甘えがあります。
  母親は子どもの言いなりになる甘えです。母親は不安になり甘えの受容に苦痛を感じてしまうことがあります。度の過ぎた品物や小遣いを要求するようになり、子どもはわがままになるような甘えです。
 逆に母親が子どもを操る甘えもあります。どちらも心地よいつながりができていない時に起こります。心の中の否定を捨て、今を楽しんでゆくことが大切ですが難しい問題でもあります。
  まず、いやな行動をやめさせる一般的な方法をお話しします。
眉毛を触ったら、一言「ダメ」と言って手をゆっくりと掃います。その時には叱ったり、怒鳴ったり、ぐずぐず言ったりせず、ただ淡々と行動します。もう一度同じ行為があったならば、一言「ダメ」と言ってその場から立ち去ると止まるでしょう。
  言い聞かせたり、叱ったり、怒鳴ったりせずに、無表情で淡々と行うことが効果的です。
この方法は、かみつきや、パニックなどの対処法でもあります。これは最終手段です。
 眠るとき、甘えるときに、この行為で嫌な感じがするときには、寝るときには布団に子どもを入れてから、本の読み聞かせを10分以上すると心が落ち着きます。
  甘えてきたときには、ひざに座らせ同じように本の読み聞かせを10分以上するとよいでしょう。読み聞かせる人も聞くほうも脳血流が増えて安定します。注意点として、子どもにページをめくらせないことです。子どもがページをめくると読む人もイライラしますし、聞くほうはページをめくることに集中して、話を聞きません。本の読み聞かせは2歳半から3歳頃が最も効果的のようです。白川嘉継先生 福岡新水巻病院小児科 07.6.11


三歳になる娘のオシャブリについてご相談させていただきます。
来月から幼稚園に通うことなり、歯の状態も気になりだしてきたので、本人了解のもとオシャブリをやめました。今まで使用するのは寝るときだけでした。
昼間は本人も納得しているようですが、眠くなるとほしがり、泣きながら眠りにつきます。朝おきると「オシャブリしなくてねられたね。私えらいでしょ」と自ら言い、納得しているようです。しかしオシャブリをとってから4日、口内炎ができました。原因は断定できませんが食生活にさして変化はないためおしゃぶりをとったことによるストレスの可能性も否定できません。あと半月で幼稚園で、精神的にも不安定になるでしょうし、2月には兄弟も産まれる予定です。
  今過度のストレスを与えてまで今とるべきではないのでしょうか?。幼稚園慣れ、兄弟もできてから改めて挑戦したほうが彼女の負担も少ないでしょうか?。今までやめさせなかった親の責任ですが、タイミングについて悩んでいます。娘は比較的物分りのいい子だけに、泣きながら訴える娘をみると、娘に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。ご回答よろしくお願いいたします。

*****************

回答 たまごママネット医師団
おしゃぶり指しゃぶりはよくある質問のひとつです。
 おしゃぶりを続けると指の変形や、歯列の異常が見られることがあり、5歳を過ぎておしゃぶりを続けていると14%の確率で歯列の異常が見られるとの報告もあります。なぜおしゃぶり指しゃぶりをするのでしょうか。
  おしゃぶり指しゃぶりは、時代とともに増加し、途上国より先進国ほど多くなっています。
母親が子どもを常にそばにおいて抱っこして育てていた頃はとても少なかった行為のようです。
  母乳栄養児より人工栄養児に多く、子どもと母親との距離を表し、指しゃぶりおしゃぶりは、寂しい時にそばにいて支えてもらえなかったために自分で自分を慰める行為と考えるのが妥当でしょう。
指しゃぶりをやめさせるためには子どもの甘えを許すことも大切です。
  3歳になりもう一度甘えなおしができると自然に消えると思います。
指しゃぶりおしゃぶりはそれを止めさせる時の止めさせ方が問題になることがあります。
  強制的にやめさせるのではなく、自然にやめることができるように、親が子どもをもっと受け入れることができるように変わらなければなりません。
まず、子どもの前で忙しくない振りができるように練習すること。ゆっくり歩き、ゆっくり話をして、いらいらせ?ず、子どもが何でも話せる雰囲気を作ることが大切です。
今までの環境を変えてもすぐには効果が出ませんので、気長に取り組みましょう。
 忙しいとは心を亡くすと書きます。
甘えを許すとは、寂しいとき必要とするときに、「そばに居て」に対して「うん、いいよ」と言うこと。「忙しいから、あ なたの欲しがったゲーム買ってあげるから遊んでいてね」と言うのは甘やかし。
  寝る前のおしゃぶり指しゃぶりはなかなか取れないので気長に待つこと。ストレスとは何らかの要因が加わり、ストレスホルモンが増加した状態のことで、十二指腸潰瘍ができることがあります。
口内炎は一般的ではないようです。
指しゃぶりおしゃぶりを無くすには子どもと距離を縮める練習をすることが効果的です。
白川先生 福岡新水巻病院小児科 06.9.16

もうすぐ4ヶ月の娘の指しゃぶりはよくないのでしょうか?
 指しゃぶりは発育の段階で必要だからやめさせる事はないと友達から聞いたのですが、義母が「そんなに指を吸ったらあかんよ」とか「ママが忙しいから指しゃぶりするのかな」「おしゃぶりは今もあるのかしら」などと指しゃぶりはあまりよくない事と思っているようです。
私は、おしゃぶりは口のまわりにかたがつくので与えたくありません。
指しゃぶりは寂しいからするのでしょうか?
また、1ヶ月早く生まれたのですが、首すわりなど普通に生まれた子よりも遅いと考えたほうがいいのでしょうか?(これも、義母が気にするのでよろしくお願いします)親の目から見ると、娘は、元気に順調に育っていると思います。

*************

回答  たまごママネット医師団
指しゃぶりは赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる5〜6ヶ月頃からみられることで、赤ちゃんにとってはごく自然なことです。生まれてからの指しゃぶりはたまたま口に当たった指をしゃぶったことから始まります。赤ちゃんは口に何かをくわえることにより安心でき満足感を覚えます。赤ちゃんにとって口に当たったものを吸うということはおっぱいを吸うことにつながりますからとても大切なことです。
  赤ちゃんは指しゃぶりをしていてもお腹がすいたり、何か欲求があるときには指を離してないてお母さんを呼びます。
1才半ぐらいまでの指しゃぶりは赤ちゃんにとって何も心配することではなく自然にまかせて良いものです。
2才に近くなっても頻度の多い指しゃぶりを続けるときには十分に関わってもらっていないなどによる不安感や欲求不満などの解消のために指しゃぶりをすることがあります。このような場合にはいっしょに遊ぶ機会を増やしたり、ぴったりくっついて本を読んであげるなど関わりを増やすことが必要になることがあります。

おしゃぶりに関してはいろいろな考え方があります。母乳育児を大切に考えている立場からはおしゃぶりをすすめることはできません。指しゃぶり以上におしゃぶりを口にすると赤ちゃんはおとなしくなります。お腹がすいたりおむつが濡れても、泣いてお母さんを呼ぶということが少なくなります。
 赤ちゃんがおとなしくなることでお母さんは赤ちゃんと関わる機会が減って母子接触が少なくなってしまいます。この母子接触の減少が続くと赤ちゃんの心の発達に影響を与える可能性があります。またおしゃぶりの使用により、中耳炎になる回数が増える、不潔なおしゃぶりにより口腔内カンジダ症を起こしやすい、幼児期になっても止めることができず歯列や噛み合わせや虫歯に影響を与えるなどの影響があります。おしゃぶりは与えず、指しゃぶりは許してあげてください。
 発達は予定日からの修正月齢で考えます。1ヶ月早くても出生日からの月齢で考えるとしばらくは少し遅い発達になります。同じ時に生まれた赤ちゃんと比較すると心配になるかもしれませんが、そんなときには予定日からの月齢の発達を考えると安心できます。今は心配なことがあっても、およそ6ヶ月ぐらいには気にならなくなることが多いです。
  たっぷり抱っこをして遊んであげてください。 
渡辺眞史先生 06.4.24

3歳の娘のおしゃぶりについて
3歳の娘がいまだにおしゃぶりをやめることができません。寝るときはもちろん眠くなるときや、泣くときなどは必ずしています。何度も外そうと乳首の先を切ったりしているのですが、逆に発狂してしまい手に負えません。最近は上下の歯に隙間ができてしまってます。どのようにして外せばよいのでしょう。病院で相談しても外せないのは親が悪いと言われてしまい悩んでいます。どうか助言をお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
おしゃぶりを長い期間使用していると歯列、咬み合わせ、虫歯に影響を与えたり、中耳炎を起こしやすくなったりします。できれば使用したくないものですが、おしゃぶりを使うことにより赤ちゃんがおとなしくなるため、多く使用されています。
  赤ちゃんは口を使うことの安心感、満足感のためなかなか離すことができなくなります。
このとき親が無理に止めさせようとすると、好きなものを取り上げられることになりますから、必死に守ろうとします。
止めさせようとすればするほどおしゃぶりに固執するようになります。
  こうすれば止めさせることができるという方法はありませんが、一つの方法として本人の自尊心に訴えるやり方があります。このころになると自我の発達に伴い自尊心も強くなります。恥ずかしいという気持ちも芽生える頃で、「おしゃぶりは赤ちゃんが使うものなんだよね」などとやんわり、気持ちを傷つけない程度に自尊心をくすぐるようにします。
遠回しに自尊心、羞恥心に訴えることでうまく止めてくれることがあります。
また、おしゃぶりをしていない子ども達と遊ぶ機会を増やしたり、幼稚園に行くようになると止めるようになります。
眠るときのおしゃぶりには、お母さんが一緒に横になりお話をしてあげてください。
お母さんと一緒にいる安心感がえられれば自然とおしゃぶりをはなすようになってきます。
  むりに止めさせようとすると逆になかなか止めることができなくなります。本人が止めてもいいという雰囲気ができると自然に止めてくれます。
渡辺眞史先生 05.1.12

寝返りと指しゃぶりについて教えてください。
● 寝返りについて教えてください。
もうすぐで生後5か月をむかえます。先日4か月児健診に行きました。そこで「寝返りはまだ右だけですか?」と保健師さんに聞かれました。そこで私から「ねがえりは両方しなくてはいけないのでしょうか?」と尋ねたところ返答はありませんでした。寝返りは両方しなくてはいけないのでしょうか?
寝返るということはどういうことをいうのでしょうか?わが子は仰向けからうつぶせにはなりますが、うつぶせから仰向けはできません。異常なのでしょうか?
● 指しゃぶりについて教えてください。
4か月になったばかりのころから指しゃぶりを頻繁にし始めました。主人は指しゃぶりをしているわが子をみると「だめでしょ」といって指を口から無理にだします。その結果いつも大泣きになってしまいます。指しゃぶりは寂しいからするのだと思い、絵本を読んだり、歌をうたったりしていますが、どうしてもやめません。どうしたらよいでしょうか?眠たいときだけでなく常に気がついたらしているという感じです。

**************

回答  たまごママネット医師団
寝返りについて教えてください。
全く心配入りません。寝返りができるのは6ヶ月です。5ヶ月前の赤ちゃんが一つの方向でも寝返りができれば十分な発達といえます。発達は赤ちゃんによって個人差があり、中には寝返りをしないでお座りをしてしまう赤ちゃんもいます。発達は一つのことができるできないではなく、その月齢でできること数項目を総合的に判断します。質問の赤ちゃんの場合、あやすと声を出して笑う、手を合わせて遊ぶ、おもちゃを持たせると握る、人を見ると笑いかける、お母さんの声と他の人の声に反応が違うなどを参考にします。心配しないで大丈夫です。
指しゃぶりについて教えてください。
赤ちゃんは指しゃぶりが大好きです。唇に何か当たると吸い付きます。これは赤ちゃんの反射で生きていくために大切な働きです。4〜5ヶ月の胎児にもみられることがあり、赤ちゃんにとって指しゃぶりは自然なことです。無理に止めさせる必要はなく、そのままみていてください。6ヶ月ぐらいに一番指しゃぶりの頻度が増えますが、ハイハイやお座りをしておもちゃで遊ぶようになるとだんだん減ってきます。
その後も眠いときなどに指しゃぶりはみられますが、2才ぐらいまでは止めさせる必要はなく、歯並びにも影響はありません。おしゃぶりを与えることは勧めませんが指しゃぶりは赤ちゃんの好きな様にさせてあげてください。
渡辺眞史先生 04.10.14


トップ