育児相談 うつぶせ寝

股関節脱臼の疑いがあり対処法としてうつぶせ寝をするように言われましたがうつぶせは心配です。。
今娘は2ヶ月を迎えました。
1ヶ月目乳児湿疹が気になるからと小児科に行き見てもらい、そのついでに色々と調べてもらったところ左の股関節がちょっと固いので股関節脱臼の疑いがあるからと言われ、2ヶ月頃X線を撮れるようになったら病院で詳しく見てもらいなさいと言われて、2ヶ月を過ぎ、病院に行きました。
病院では現段階では股関節脱臼ではないが、このまま成長するとなると言われ、その対処方法としてうつぶせで寝かせなさい、その方が自然な成長に戻りやすいと指導を受けました。
でもうつ伏せ寝は突然死になりやすいということをインターネットや、保健センターにもポスターがあり、その指導を受けるかどうか迷っています。
ただ、娘は子宮の中にいた頃から右の方ばかり向いていたらしく、仰向けに寝かせていると常に右を向いており、うつ伏せにさせた方が左の方を向かせるように矯正できるのではないのかなと思っております。
ただ、突然死、窒息死が怖いです。どうしたらいいのでしょうか?
乱文になってしまいましたが、回答お願いいたします。

***************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんが目を覚ましているときにうつ伏せにすることはバランスのとれた発達を促すためによいことです。早くからうつ伏せの姿勢をとってあげると首の座りや寝返りが仰向けばかりの赤ちゃんより早くできるようです。
  3ヶ月頃から始めるとうつ伏せになることを嫌がる赤ちゃんもいますから1ヶ月頃からうつ伏せの姿勢に慣れさせる様にします。頭の変形の矯正や、股関節への効果についてはうつ伏せにする時間と関係しますから効果はわかりませんが、悪いことではないと思います。
 私は1ヶ月健診の時にうつ伏せ遊びを勧めています。赤ちゃんが機嫌良く目を覚ましているときにうつ伏せにし、身体をなでたり、声をかけたり、一緒に寝転んで見つめ合ったりし赤ちゃんと遊ぶ感覚で行います。
  柔らかいところでは顔が埋まり窒息の心配がありますから、堅くて平らなところ、たとえば畳(床)にバスタオルを敷いてその上でうつ伏せにします。
うつ伏せのままで眠ることは突然死との関係で勧められませんから、そのまま眠ってしまいそうなときやお母さんが目を離すときには仰向けに戻すようにします。
時間や回数はお母さんができる範囲で行います。1回数分から30分ぐらいまで、1日1回でも何回でもお母さんが楽しくできればそれで十分です。
 お母さんが赤ちゃんと遊びながらうつ伏せにすることで突然死や窒息の心配はありません。
柔らかいところでうつ伏せにする、目を離しその場から離れる、そのまま眠ってしまうなどに注意をすればうつ伏せの姿勢は赤ちゃんの発達を促すためによいことですから、日頃の赤ちゃんとの遊びの一つとして取り入れてください。
渡辺眞史先生 08.12.19


朝起きたらうつぶせでねていましたが脳に影響がないか心配です。
生後6ヶ月の赤ちゃんがいます。夜中に起き添い寝をし、そのまま寝てしまいました。朝になって赤ちゃんがうつぶせで、枕に顔をうずめた状態で寝ていました。すぐに起こして、状態をみたのですが、いつもと変わりありません。息ができてたのでしょうか?脳に影響がとても心配です。脳性麻痺などにはなってないでしょうか?? 赤ちゃんはとりあえず、いつもと変わりなく元気です。

*****************

回答 たまごママネット医師団
 乳児突然死症候群(SIDS)の危険因子の一つとしてうつぶせ寝が取り上げられ、多くの国で赤ちゃんを寝せるときは仰向けで寝せるように指導されています。4ヶ月前の赤ちゃんであれば自分で寝返りをうってうつ伏せになることは少ないのですが、早い赤ちゃんでは4ヶ月過ぎには自分で寝返りをうちうつ伏せになってしなうことがあります。
 このためお母さんが目を覚ましたらいつの間にか仰向けで寝かしたはずの赤ちゃんがうつ伏せで寝ていてびっくりするということが起こります。自分で寝返りをするぐらい発達のよい赤ちゃんはうつ伏せになったからといってSIDSの危険性は少ないと考えられますが、むしろ柔らかい布団やまくら、周りにある顔を覆うようなバスタオルやぬいぐるみなどで顔が埋まることによる窒息をおこさないように注意をする必要があります。
  自分でする寝返りをすることを止めることはできません。窒息を防ぐためには、布団や枕を堅めの素材のものにしたり、赤ちゃんの寝ている周りに柔らかいものを置かないような注意が必要になります。
 質問の赤ちゃんの場合、もし窒息が起こり脳に障害があるとすればひどく重症な状態ですから、起きた後いつもと同じで元気なことはありえません。
うつぶせ寝になっても赤ちゃんは自分で顔を横に向け呼吸します。質問の内容からは脳障害を心配する必要は全くありません。
渡辺眞史先生  07.4.20
うつぶせ寝で寝るので突然死が心配です。
3ヶ月を過ぎた息子が最近寝返りを覚え、あお向けに寝かせていても必ず自分で転がってうつ伏せで寝るクセがついてしまいました。
乳児の突然死の原因にうつ伏せ寝があるということですが、やはりうつ伏せになっていたらその都度仰向けにするべきでしょうか。本人はうつ伏せのほうが熟睡できるようなのですが。

*************

回答  たまごママネット医師団
活発な赤ちゃんの中には早くから寝返りをして、いつの間にか仰向けからうつ伏せになっていてお母さんを驚かすことがあります。
  うつ伏せ遊びは赤ちゃんの発達を促すために大切ですが、うつ伏せで眠ることは乳児突然死症候群や窒息の心配があるために困ってしまいます。乳児突然死症候群は呼吸中枢の未熟性が関係しているといわれますが自分でうつ伏せになれるぐらいに発達していれば中枢の発達も進んでいると考えられます。
窒息は首のすわっていない赤ちゃんを長時間うつ伏せにしたり、ふわふわの布団や顔を覆うようなものが近くにあるときうつ伏せにすると危険です。
多くの動物がうつ伏せや横向きで眠るように、人間にとってもうつ伏せで眠ることは自然なことです。
 仰向けよりも眠りが深くなりよく眠れることもあり、窒息の危険に注意をすればうつ伏せで眠ることは悪いことではありません。しかし、赤ちゃんの顔色が見にくく赤ちゃん急に具合が悪くなっても気づきにくいことが問題です。
乳児突然死症候群は6ヶ月までの赤ちゃんにみられます。
うつ伏せ=危険というわけではありませんが、6ヶ月ぐらいまでは気づいたときに仰向けになおしてあげるぐらいの配慮でよいと思います。
渡辺眞史先生 05.9.21

よくうつぶせで寝ていますので不安です
5月12日で5ヶ月になる女の子のママです。
最近寝返りができるようになり、よくはらばいの状態であそんでいるのですがときどき、夜中おきてみてみるとうつぶせで顔は横に向けていますが、そのままねてしまっているのが心配です。乳幼児突然死症候群の原因のひとつと聞きましたがやはり注意したほうがよいのでしょうか?
**************
回答  たまごママネット医師団
乳幼児突然死症候群(SIDS)はそれまで元気でミルクの飲みも良く健康と考えられていた赤ちゃんが突然死亡し、解剖を行ってもその死亡した原因がわからないものをいいます。日本人ではおよそ3000人に1人の割合でSIDSで亡くなると考えられています。
起こりやすい時期は6ヶ月未満が80%を占めていて、中でも4ヶ月がピークとなっています。原因はまだはっきりとはわかっていませんが睡眠時に無呼吸が起こり本来は再び呼吸が始まるはずのものが、呼吸をコントロールする脳幹部のわずかな異常のために呼吸の再開ができず低酸素となり亡くなる病気と考えられています。
SIDSをおこしやすい危険因子としてうつぶせ寝、妊娠中の喫煙、家庭内の喫煙、母乳以外の栄養法が考えられています。
特にうつぶせ寝を止め仰向けで寝かせるようにというキャンペーンが世界規模で行われアメリカでは2.3/1000人の発生率が0.79/1000人に減少し、様々な国から発症率の減少が報告されています。
日本でも赤ちゃんを寝せるときには仰向けで寝かせるように指導していますが、もともと日本では仰向けで寝せることが多かったためか欧米に比べsIDSの発生率は少ないのが現状です。
寝返りができるようになると、仰向けで寝かせても自分で寝返りをしてうつぶせになる赤ちゃんがいます。質問の赤ちゃんはまだ4ヶ月なのにもう寝返りができ発達の早い子の様です。自分でするものを止めさせることはできません。
気がついたときに仰向けに治してあげるぐらいでよいのですが、赤ちゃんはまたすぐにうつぶせになってしまうと思います。頭のまわりに柔らかく顔が覆われてしまうようなものは置かないようにしてください。
このぐらいになるとsIDSの心配より柔らかいもので口と鼻が覆われてしまい呼吸ができなくなる窒息の危険が高くなります。
赤ちゃんの布団は固めのものを使いそのまわりは整理しておいてください。絶対安全ということではありませんが、赤ちゃんが自分でうつぶせになるぐらい成長すればsIDSの危険性はだんだん少なくなったといえます。
あまり心配しないで、ゆっくり赤ちゃんと遊んでください。

トップ