育児相談 薬の母乳への影響

ジェイゾロフト25mgを2錠/日とメイラックス1mg1錠/日と頓服にソラナックス0.4mgを半錠を服用、母乳への影響が心配です。
現在,ジェイゾロフト25mgを2錠/日とメイラックス1mg1錠/日と頓服にソラナックス0.4mgを半錠、心療内科からもらっています。結婚前からパニック障害を患っていました。
今第2子の4ヶ月の子がいて、できるだけ母乳で育てたいと思っています。
出産した小児科では”抗がん剤とホルモン治療以外の薬なら大丈夫ですよ”と言われましたが、心療内科の方ではミルクへの切り替えを勧められました。
5歳になる長女の時は、パキシル20mg/日とソラナックス0,4mg/日を頓服していたのですが、ずっと母乳で育てました。
今のところ赤ちゃんは元気に育ってくれています。何か注意すべき点はありますでしょうか。

この掲示板には似た質問が寄せられており、とても参考になっております。

*******************

回答 たまごママネット医師団
長女の方は母乳育児で元気に育っていることと思います。二人目の子も今まで母乳育児を続けてお母さんが心配になるようなことは見られていないものと思います。
メイラックスは赤ちゃんの元気に注意をします。もし赤ちゃんに影響があるとすればぐったりしたりいつもウトウトした状態で母乳の飲みがよくないなどです。ソラナックスも同じことに注意をしますが、頓服であれば可能性は更に少なくなります。ジェイゾロフトに関しては手持ちの資料になく判断できかねますが、同じような作用の薬とすれば注意をすることも同じと考えられます。服薬は授乳の直前か直後にすることで薬の影響を少なくすることが出来ます。
小児科の先生は母親と赤ちゃんとの関係や母乳育児の大切さがよくわかっている方だと思います。赤ちゃんの状態を健診などで経過を見てもらい、心配なことを相談することでお母さんも安心して母乳育児を続けられると思います。
渡辺眞史先生 09.7.10


うつ病の薬を飲んでいる間は断乳しなければなりませんか?
軽いうつ病と診断され、薬を飲むので、母乳をやめるように言われました。
  昼 :デジレル25 1錠
  夕 :セレネース0.75、アキネトン1mg 各1錠
 就寝前:デジレル25 1錠
絶対母乳をあげてはいけませんか?
薬を服用後何時間かを避けてなら授乳可、とか デジレルだけの服用なら可などの妥協策がありますか?
断乳しなければならない場合、服用を中止したらすぐ再開してもいいですか?
治療のため薬の有用性も理解していますが、母乳をあげられないことでまた落ち込んでしまいます。
子どもは生後6ヶ月、治療期間は半年から一年と言われています。

***************

回答  たまごママネット医師団
薬を飲むとき、母乳を止めるように言われることが多くあります。母乳中に薬が少しでも移行すると、何かあるといけないので安全のため止めるように言われます。
しかし、母乳は赤ちゃんとお母さんにとって大切なものであり、できることなら続けることがよいことです。
アメリカの小児科学会やユニセフでは母乳の大切さからお母さんが薬を飲んだときに赤ちゃんにどんな影響があったかを調べ、薬を使用して良いか調査しています。
  この結果、母乳を止めなければいけない薬や、十分注意をしなければいけない薬もありますが、多くの薬が薬を飲んでも母乳を与えて良いことがわかりました。
 デジレルは母乳中に移行しますが、非常に少ない量であり赤ちゃんに薬の影響はないと考えられています。
セレネースはクロールプロマジンという薬と一緒に服用して発達の遅れがみられたという報告がありますが、セレネース自体は母乳中に移行が少なく通常量であれば服用可能と考えられます。
 アキネトンはデータが乏しく充分わかっていませんが、同じ系統の薬では授乳可能となっています。このため、通常の投与量では授乳可能と考えられます。
機嫌や食欲、睡眠など赤ちゃんの状態に注意は必要ですが、質問の薬は服用しながら母乳を続けても良いと考えられます。
薬を使うことでお母さんがゆっくりした気持ちになり、母乳を続け、赤ちゃんに笑顔で接することができるなら、赤ちゃんも喜ぶと思います。
これから離乳食もすすみ、母乳に頼る割合も少なくなってきますから、薬の影響もそれだけ少なくなります。
母乳を止めないで、このまま続けることをすすめます。
渡辺眞史先生 06.11.30

ファモチジン錠を服用した場合は授乳すべきではないのでしょうか?
下血による意識昏倒状態で救急車搬送され、十二指腸潰瘍と診断されました。
入院中は授乳禁止でしたが、退院後の授乳再開希望を担当医に伝えたところ、「本当は1日1回:就寝前に1錠飲むタイプの強い薬を処方予定だったが、そういうことなら・・・・」と『ファモチジン錠20mg』を1日2回:朝夕食後に1錠服用で、処方してくださいました。服用しながら数日授乳を続けていたところ、昨日、息子の風邪で受診した小児科医から、「ファモチジンは母乳に移行する」と言われました。
息子は1歳1ヶ月で夜間の授乳は無い旨を伝えると、小児科医からは、「一日1回:夕食後か就寝前に服用する薬に代えてもらえば、毎朝に搾乳すればその後は一日母乳を飲ませられるよ」と言われました。
薬を代えていただくべきでしょうか?アドバイスをお願いいたします。

****************

回答  たまごママネット医師団
ファモチジン(ガスター)は母乳中に移行しますが、同効薬の中では移行量が少なく通常量であれば母乳は可能と考えられています。1才であれば母乳以外の離乳食もしっかり食べていると思われ、母乳に対する依存度は少なくなっています。その分薬の影響も少なくなりますから、いままで通り薬を飲みながら授乳を続けても心配はないと思います。
母乳は身体の栄養だけでなく、心の栄養としても大切です。
お母さんも薬で十二指腸潰瘍を早く治し、安心して母乳育児を続けてください。
渡辺眞史先生 06.11.15
睡眠不足と、食欲がなく、以前もらったセパゾンを服用しました母乳への影響について教えてください。
今、産後17日経ちましたが、一昨日くらいに過呼吸に「なりそう」になりました。
少し脂汗みたいな感じで、あとは落ち着かない感じになって、お見舞(お祝い)の人が来てくれても、できれば会いたくないという感じになりました。
授乳で眠れないのは仕方ないですが、睡眠不足と、食欲も今ひとつで、悩んだ結果、以前にもらった薬が手元にあったので、飲んでしまいました。
セパゾン1mgを半分にカットしたものですので、0.5mgになると思うのですが、一昨日、昨日と2日続けて1日1回0.5mgずつ飲みました。
赤ちゃんが、2000グラムと小さかったので、なるべく母乳はあげたいと思っています。
毎回、ミルクを足さないと足りないですが、出ることは出ています。
「医薬品医療機器情報提供ホームページhttp://www.info.pmda.go.jp」というサイトで見たところ、セパゾンに関して授乳中についても記載がありました。
子どもへの薬の影響があるか?ということと、薬を飲むことで治まった場合に、続けて服用して大丈夫なのか?という不安があり、質問させていただきました。

**************

回答  たまごママネット医師団
風邪や胃腸炎などに使う薬は多くの場合薬を飲みながら母乳を続けても問題はありませんが、向精神薬の場合一定の注意が必要になります。
セパゾンについては母乳との関係で詳しい記載はありませんが、ジアゼパムに似た薬のためジアゼパムと同じ考え方をします。ジアゼパムは母乳中に移行し、蓄積性があると考えられていて、「悪影響の報告はないが注意を要する薬」とされています。頓服として具合の悪いときに服用するのであればあまり心配なく服薬可能ですが、連日服用の場合には注意が必要です。
  薬が必要で母乳も続けたいという希望があるならば、赤ちゃんの様子に注意をしてください。
赤ちゃんの活気、哺乳状態、眠気などに注意をします。元気がない、飲み具合が少ない、体重が増えなくなった、寝る時間が異常に長いなどの時には小児科で赤ちゃんの状態を見てもらう必要があります。
逆に、薬を飲んでいても赤ちゃんに何も変化がなければ大きな心配はありません。薬は授乳のすぐ後に服用することで、薬の影響を少なくすることができます。
 お母さんが薬を飲むことで安心し、ゆっくりとした気持ちで赤ちゃんに接することができるなら、赤ちゃんにとってもうれしいことだと思います。
  薬を飲んだら母乳をあげてはいけないのではなく、お母さんのため、赤ちゃんのために少し赤ちゃんの様子に注意をしながら母乳を続けてみてください。
渡辺眞史先生 06.10.23

授乳中の市販の風邪薬や鎮痛薬の母乳への影響について教えてください。
市販薬についてお聞きしたのですが、私は生理前になると頭痛がひどく、また生理痛もあり市販の鎮痛薬を使用してもいいのか悩んでいます。現在息子が1歳2ヶ月で、まだまだおっぱいを飲んでいるので、子どもに害があるのではと心配です。
かかりつけの薬局に相談してみたのですが、鎮痛剤や風邪薬にはいっている「無水カフェイン」が子どもに害があるので、飲むのであれば、母乳を4週間はやめて下さいといわれました。息子はおっぱい大好きなので、4週間もはなすことは無理なので、今のところは我慢しています。
しかし、頭痛がひどく目も開けられないことがあったので、そのときと、風邪で40度熱が出たときの2回だけ市販の「ベンザブッロック」を飲みました。そのときはなるべくあげないようにはしていたのですが、子どもが泣き叫んで大変でした。
無水カフェインの入っていない鎮痛剤や風邪薬を探してみたのですが、薬局にありませんでした。
病院にも行こうと思うのですが、じっとしていない息子も一緒なので、疲れてよけい具合が悪くなりそうで、なかなか行けません。無水カフェインはどのくらい子どもに影響があるのでしょうか?
市販の鎮痛剤・風邪薬は飲んでもいいのでしょうか?

***************

回答  たまごママネット医師団
無水カフェインはコーヒーなどの含まれるカフェインと同じものです。お母さんが授乳中にコーヒーを飲んでよいのと同じに特に問題になるものではありません。
極端に大量のカフェインはお母さんと同時に赤ちゃんにも影響を与えますが、1日数杯のコーヒーや、市販の薬に含まれる無水カフェインの量であれば赤ちゃんに影響を与えることはありません。
薬を飲みながら母乳を続けても問題はないと考えます。
1才2ヶ月という年齢を考えれば、食事も取れ母乳をそれほどたくさんの量を飲んでいるとは思えません。
お母さんの飲んだ薬の影響もその分少なくなります。
鎮痛剤や風邪薬を飲んだからといって母乳を制限する必要はないと思います。
 薬を選ぶとき、市販の薬は様々な成分を含んでいるため安全性という意味からはすすめることはできません。
母乳に理解のある産科や内科の先生に症状に合わせた薬を処方してもらうほうがより安全です。
お母さんが具合が悪いとき薬を飲まないで我慢するよりは、早く受診をして適切な薬を処方してもらい、楽になり授乳を続ける方がよいと思います。
渡辺眞史先生 06.10.18

排尿障害でウブレチド錠を服用していますが母乳への影響について教えてください。
はじめまして、出産して2ヶ月、今回無痛分娩で出産し、直後から自力での排尿が出来なくなりました。医師からの説明では、長時間(16時間35分)の分娩で、その上、赤ちゃん自体が大きい(3634g)せいもあるとの事、産後尿閉は一週間もすれば治ると言われていたのですが、結局治らず、3〜5時間毎に導尿してもらっていました。ウブレチド錠を処方され内服。ほんの少しずつですが、25ml、50ml出る時も出て来ましたが、長引きそうとの判断で産後9日目に泌尿器科外来に受診し、自己導尿の指導を受け、10日目に退院しました。トイレに入って長い時間、自己排尿を試みてやっとの思いで出る尿でしたが、退院して今では自尿も100ml前後出るようになりました。月単位で治療が必要との事、お産で膀胱の筋肉がおかしくなっているか、神経までやられてると時間が掛かるとの事で治るのか心配です。飲んでいるウブレチド錠は授乳中の方は避けてくださいと注意書きがあり、不安です。薬を飲まなくても出るようになるのっていったいいつなのか、先の見えない不安でいっぱいです。

*************

回答 たまごママネット医師団
小児科医です。
排尿困難については専門外なので、ウブレチド錠の母乳への影響についてのみお答えいたします。
通常の使用量であれば授乳可能と考えられますが、授乳に関してのデータが乏しいので注意は必要です。
服用した場合に授乳後の赤ちゃんの様子に注意して、機嫌が悪い状態が続いたりすれば医師に相談してください。母乳中にでる薬を出来るだけ減らすために、薬は授乳直後に服用します 。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 06.9.30

ドグマチールの母乳への影響について教えて下さい。
現在 生後2ヶ月の女の子を母乳で育てています。 妊娠前に仕事のストレスで食欲がなくなり、胃が常にむかむかするという状態に悩まされて内科を受診、胃カメラで点状出血などみられ胃薬を処方されたのですが、ぜんぜん効かず、心因性のものかもしれないと心療内科にかかるように言われて、心療内科でドグマチールという薬を処方されて劇的に効果を発揮して、一日50ミリ服用していました。妊娠を希望するにあたって、減薬して妊娠。妊娠中はなぜか、異常に食欲があり産後も順調だったのですが、3,4日前より以前のように食欲が急に落ちてしまい、以前とまったく同じ症状がみられます。そこでまた服用できればと思うのですが、母乳をあげているので薬の影響が気になります。服用するなら母乳はやめないといけませんか?この薬は出産した人で母乳の出が悪い人やマタニティーブルーのお母さんとかに、処方されることもあると聞いたこともあるのですが本当でしょうか? もしそういうこともあるのであれば、この薬を服用しながら母乳をあげることも可能なのでしょうか。
お忙しいとは思いますがご返答お願いします。

*************

回答 たまごママネット医師団
ドグマチールは通常の薬と同様程度母乳中に移行しますが、プロラクチン分泌刺激作用があるために母乳分泌が多くなり、その結果赤ちゃんが母乳をたくさん飲むことになるため、それだけ多く赤ちゃんに薬が移行する可能性があります。このため授乳には十分注意を要する薬と考えられます。
  薬を飲むなら母乳を止めなければいけないというものではなく、赤ちゃんに異常がないかを注意しながら母乳を続けるようにします。機嫌、活気、哺乳状態、睡眠の状態などに注意をします。
母乳育児に理解のある小児科の先生に相談しながら、赤ちゃんを診てもらいながらであれば更に安心だと思います。
お母さんが具合が悪いことが赤ちゃんにとっても一番つらいことです。薬によってお母さんが楽になれるなら赤ちゃんにとっても良いことです。薬と母乳が両立できるようにしてください。
渡辺眞史先生   06.9.28

抗生剤のトミロンと降圧剤は、コニール錠の母乳への影響について教えてください。
 現在生後20日の新生児に母乳を与えています。
母親の私は出産後血圧が下がらず、2週間たったところで降圧剤を処方されました。(下が100前後なので)同時に子宮収縮も甘いということで、抗生剤のトミロンも飲んでいます。(5日間飲むということです)収縮剤は血圧が上がるかもしれないということで、1日でやめました。
降圧剤は、コニール錠2で、朝1回2週間飲むということでした。授乳婦には処方しないと周りに言われ、母乳はやめるべきだといわれますが、いかがでしょうか。以前の回答の中に、ほとんどの降圧剤は大丈夫との記載もありましたが、コニールも心配することはないのでしょうか。今は昼にミルクを足そうとしていますが、母乳になれてしまったためか、あまり飲まないので困っています。
安心して母乳で育てられたらいいのですが。まだ、生まれて間もない新生児ということも気になっています。母乳を与えてよいのであれば、与える時の注意点などあリましたら教えてください。よろしくお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
母乳育児の大切さから可能であれば薬を飲みながら母乳を続ける方向で考えます。
  多くの薬は赤ちゃんに影響を与えないことがわかっていて、薬を飲みながら授乳することができます。降圧剤では古くから使用されている薬に関しては安全性が確認され、使用が可能になっています。コニールは比較的新しい薬でまだ十分安全性が確認されていませんが、他の多くの降圧剤が授乳可能なことから通常量であれば注意しながら服用可能と考えます。
  赤ちゃんの機嫌、哺乳状態、睡眠状態などに問題なければ服用を続けても良いと思います。
授乳をすることはお母さんのリラックスにもつながりお母さんのためにもよいことです。
できるだけ母乳育児を続けてください。 
渡辺眞史先生 06.7.20

「チアトンカプセル」は授乳中服用しても大丈夫でしょうか?
去年の9月17日に第1子を出産し、現在9ヶ月半になる男の子の母親です。
12日程前の夜中にキリキリとした腹痛がありました。何か悪いものを食べたかな?とも思いましたが思い当たらず、その後2日くらいたってから腹痛とともに下痢をし、おなかの状態が悪いまま現在に至っています(便意が一日5、6回)。そこで病院で「チアトンカプセル10mg」「ミヤBM錠」を各1錠毎食後3日間分処方されました。母乳育児中であることを伝え、大丈夫な薬を処方してくださるようお願いしたところ、「母乳には出ますので大丈夫な薬はありません、母乳を中止するかでなければチアトンを服用しないかです」との返答でした。薬剤師さんにも同様のことを言われました。薬を3日服用してもよくならなければ腸の検査をすることになっています。
最初の1ヶ月は混合でしたがその後はいろいろ調べて母乳のみで頑張っています。4ヶ月後半から8ヶ月くらいまではおっぱいが詰まりやすく桶谷式マッサージにも定期的に通っています。
母乳を中断するつもりはありません。「チアトンカプセル」は授乳中服用しても大丈夫でしょうか?ご回答をよろしくお願いいたします。

*************

回答 たまごママネット医師団
授乳中のチアトン服用についてはデータが十分ではありませんが、動物実験では乳中への移行量が少ないとのことです。通常の投与量であれば授乳可能と考えられます。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 07.7.5

アスピリン、ハ゛ファリンを服用中は大学病院の先生は、授乳を中止するように言われましたがやめるべきでしょうか*
おそらく川崎病だということで、入院し、免疫グロブリンを投与していただき、血液検査の数値もよくなってきています。
また、同時にアスピリンを服用。
エコー検査の結果は良好で、本日、約3週間経過のエコー検査ででも問題はみられないということで、来週より、保育園への登園など、通常生活に戻っていいとお聞きし、アスピリンを明日より、ハ゛ファリン81mg 1錠を、朝食後服用するように言われました。
それを7月下旬頃まで続けるようです。川崎病に関する先生のご指導に不安も不満は無いのですが、1つだけ、不安なのが、来月(6月)に3歳になる息子ですが、未だ授乳をしております。
私自身、止めるつもりは無いのですが、大学病院の先生は、すぐにやめるようにおっしゃいました。今までは、私の生理痛・頭痛の際に、事情を説明し、カロナール200mgや イフ゛フ゜ロフェン錠100mgを処方して頂いていたのですが、息子が、バファリンを長期服用している間も、大丈夫でしょうか?痛みを我慢すればよいのでしょうが、我慢すると、息子に当たってしまいそうで。。。それか、やはり、授乳をやめるべきでしょうか?

**************

回答  たまごママネット医師団
3歳で授乳中ということですが、カロリーの殆どは食事から摂っておられると考えられます。
母乳を飲む量はお子様の身体から考えて相対的に随分少なくなっているはずなので、お母様の薬の服用の影響はあまり考慮する必要はないと思われます。
授乳を止める理由はありません。平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 06.5.21

ロキソニン錠、PL顆粒、マーズレンS顆粒、ビオフェルミンR、ラックビーは母乳へ影響があるから中止するようにいわれました。
現在9ヶ月の乳児がいます。寝かすときに母乳を欲しがりますが私の体調が悪く、薬を3日分処方されています。
先生は、母乳をストップするようにと言っていました。
処方された薬は、ロキソニン錠60 (頭痛時)、PL顆粒 、マーズレンS顆粒、ビオフェルミンR、ラックビー微粒です。
どうでしょうか?よろしくおねがいします。

**************

回答  たまごママネット医師団
授乳中でも風邪をひいたりお腹をこわしたりして薬を飲みたいときがあります。その薬が母乳を通じて赤ちゃんに影響を与えるかどうかを考え飲んで良いかを判断します。
ロキソニンは熱や痛みのために頓服で使用するときには授乳可能と考えます。PL顆粒は通常量、短期投与は授乳可能と考えられます。
質問のように3日間であれば服用できると考えます。マーズレンSは通常量では授乳可能と考えらます。ビオフェルミンR、ラックBは授乳可能です。体調の悪いときには、お母さんが薬を飲んで少しでも楽になるのであればむしろ薬を飲みながらでも授乳を続けた方が良いと思います。
質問の薬は通常の使用法であれば授乳可能ですからこのまま授乳を続けてください。また寝かすときが中心の授乳でしたら、哺乳量もそれほど多くはなく更に安心して授乳を続けられます。
渡辺眞史先生 06.5.15

フロモックス錠、イテオパン錠、アレルギーはニポラジンを処方されていますが母乳に影響しますか?
出産後、体調が優れず毎月風邪をひいている状態です。
昨年8月に出産し今は生後7ヶ月です。
また、アレルギー性鼻炎(ハウスダスト、ダニ)があり薬を飲む機会が多く母乳への影響が心配です。
風邪をひくたびに耳鼻科で、フロモックス錠100mとイテオパン錠75mgを処方されアレルギーはニポラジンを処方されています。
ニポラジンは、症状がひどいときだけ飲むようにと先生から言われています。
いずれも、耳鼻科の先生には授乳中ということを伝えてありますが薬剤師さんには母乳をやめるようにと言われてしまいます。
病院の先生を信じるべきか薬剤師さんを信じるべきか双方の意見が食い違い困っています。
完全母乳で育ててきたためミルクに切り替えるのは大変厳しくできたら母乳を続けたいのですが薬のリスクを背負ってまで続けたくはないので悪影響があるのでしたらミルクに切り替える決心をしないといけないなと思っています。
ちなみに息子(生後7ヶ月)は哺乳瓶を見ただけで泣き出します。

*************

回答  たまごママネット医師団
母乳育児を続けていることはすばらしいと思います。母乳と薬の関係については多くの人が心配することです。母乳の大切さから考えれば簡単に母乳を止めてはいけないのですが、薬の副作用を心配するあまりに、薬を飲むなら母乳を止めるようにと指導される場合があります。
  日本では赤ちゃんに影響があるからではなく、ほんの少しでも母乳中に薬の成分が移行すると、何か起こるかもしれないと心配し母乳を止めるように指導されます。WHO/ユニセフやアメリカ小児科学会では母乳育児の大切さから、多くの症例から母乳と薬の安全性について検討しています。このような考え方をもとに薬を飲みながら授乳可能かを考えます。
 フロモックスは抗生剤です。細菌感染がみられるときに使用されます。セフェム系の薬は授乳可能な薬に分類され、授乳を続けてもかまいません。
  イテオパンは解熱鎮痛抗炎症薬です。この薬は日本の分類でも授乳を止めるのではなく、有益性が危険性を上回るときには投与できることになっています。同じような系統の薬も授乳中の投薬可能ですから、通常量の投与は可能と考えられます。
  ニポラジンは抗アレルギー剤ですが、赤ちゃんに対する十分な検討がされていません。他の抗アレルギー剤は授乳可能であることより、この薬も赤ちゃんの状態(活気がない、眠ってばかり、飲みが悪くなるなど)に注意しながら服薬可能と考えられます。
また症状の強いときだけ頓服で使用するならば、赤ちゃんに影響が出るとは考えにくくそのまま授乳しても良いと考えます。7ヶ月になれば、離乳食も進むと思います。母乳に依存する割合が少なくなってきますから、それからも薬の影響は少なくなると考えられます。
 お母さんの体が具合悪い時に育児をするのは大変です。薬で体が楽になるなら薬を服用してもかまいません。その上で母乳を続けることがお母さんにとっても赤ちゃんにとっても良いことだと思います。
今のまま母乳育児を続けることをおすすめします。
渡辺眞史先生 06.3.22

ルボックス錠25、レキソタン錠2、ガスモチン錠の母乳への移行について教えて下さい。
はじめまして、現在10ヶ月の娘を持つ28歳女性です。
SAD社会不安障害という病気になり先日心療内科を受診いたしました。
処方された薬は ルボックス錠25、レキソタン錠2、ガスモチン錠5ミリを朝夕二回というものです。 
産後ずっと完全母乳で育ててきたのですが、先生からは母乳はやめたほうがいいと言われました。
断乳を試みましたが、昼間はなんとか母乳なしでも大丈夫なのですが、夜中二回くらいはおっぱいでないと、この世の終わりのような泣き方をするため、私も意志が弱く、薬を飲んでいる身でありながら授乳してしまいました。。
やはりこれらの薬を飲む場合は断乳は必ずしなければいけないものでしょうか? 

*************

回答 たまごママネット医師団
ルボックス錠は服用後4時間以上空けてからの授乳を心がけてください、レキソタン錠も授乳後すぐに服用するのがよいよう です。(服用後つぎの授乳までの間隔を空けるため)、ガスモチンは消化管運動促進剤ですが授乳時のデータが少なく安全性は確認されていません。
  現在10ヵ月で夜間のみの授乳ということで実際に飲む母乳の量が相対的に少なくなってきているので、内服してから授 乳までの時間を空けるようにすれば母乳を継続してよいように思います。娘さんの様子に気をつけて、眠りがちになるなどの変化がなければよいのではないでしょうか。平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 06.2.17

ルリッド錠・フスデコ・ムコダイン」を処方されましたが授乳に影響あるのでしょうか?
年末に総合病院で軽い肺炎と診断され、授乳に影響の少ない「エリスロシン・ムコソルバン」を処方され5日間飲みました。その後また咳が出てきて初めの総合病院が正月休みだったこともあり、かかりつけ医で経過等を話すと「ルリッド錠・フスデコ・ムコダイン」を処方されました。
顔なじみの医院ということもあり授乳のことを言い忘れ、薬局で確認すると「まず大丈夫です」とのことだったので昨日まで3日分飲みました。ネットで調べると「ルリッド錠」は授乳を中断すべきとあったので不安です。
昨日まで5錠飲んでいます(なるべく授乳後に薬を飲むようにはしてましたが・・・)。子どもは11ケ月で今のところ普段とかわりありませんが、今後を含め今回のことで悪い影響があるでしょうか?念のため昨夜からは授乳を控えておりますがまだ断乳するのは早いと思うので迷いがあります。(離乳食も順調なので昼間はいいのですが夜は何度か泣いてしまいます)私自身、症状は落ちつき咳も全くでなくなったのですが最後まで薬を飲んだほうがよいでしょうか?

**************

回答 たまごママネット医師団
日本の多くの薬の解説には薬を使用するときには授乳を中止するように記載されています。ルリッドも動物実験(ラット)で乳汁中に移行することから投薬するときには授乳を中止するように記載されています。ネットで調べた記載はこのことだと思います。ルリッドはマクロライド系抗生剤でエリスロシンと似た成分です。
ルリッドはまだ新しい薬で授乳に関するデータが少なく注意を要する薬ですが、マクロライド系抗生剤は授乳可能と考えられていて、ルリッドを服用したからといって授乳を中止する必要はないと思われます。
薬の作用で後で影響が出るということも考えられません。薬剤師さんは授乳をやめるように指導する人が多いのですが、「まず大丈夫です」と言ってくれたこの薬剤師さんは母乳と薬について理解のある方のようです。お母さんの薬は症状が楽になったらなるべく早くやめるようにします。お母さんの具合が悪いとき、薬を服用することは可能ですが必要最小限にすることも大切です。
お母さんは心配しないでしっかり・ゆっくり卒乳まで母乳育児を続けてください。
渡辺眞史先生 06.1.11

パントシン、ラックビー、カマ、大黄末は母乳を通して赤ちゃんに影響しますか?
現在5ヶ月の子どもをほとんど母乳で育てていましたが、12月に腸閉塞&細菌性腸炎を患って絶食したり、大腸内視鏡検査のため授乳を止めたりしているうちに母乳の出が悪くなり、現在ミルクも足している状態です。
大腸内視鏡では大腸が長いため便秘がひどいということが分かりました。授乳中だということを先生に伝えたところ、母乳は5リットルもある血液からできるから、薬の成分なんてほとんど影響は無いから大丈夫ということで、整腸剤としてパントシン、ラックビー、カマ、大黄末が処方されました。最近子どもの便がゆるくなったことに気がつきました。それでインターネットで調べたところ、大黄が影響すると知りました。とてもショックです。(薬は中断することにしました。また病院に行って相談もしようとは思いますが…)子どもが2ヶ月の頃にも腸炎のため同じ薬を飲んでいました。子どもに出る影響としては、便がゆるくなる事以外にはないのでしょうか? 将来困ったことになりませんか? 心配でなりません。

************

回答  たまごママネット医師団
授乳中にお母さんがいろんな病気のために薬を必要とすることな少なくありません。多くの場合は薬を飲みながら母乳を続けることができます。整腸剤も使用されることの多い薬で質問の薬も授乳可能な薬です。漢方の場合も基本的には授乳可能です。大黄の系統の漢方薬は便を軟らかくする作用を持っています。母乳から赤ちゃんに大黄の成分が移行したとすれば便が軟らかくなることが考えられますが、それだけで授乳できないというものではありません。一方で、5ヶ月の赤ちゃんの便は形がある便のことは少なく、ドロドロの軟らかい便のことが多くなります。機嫌が良く、飲みも変わらず便だけが軟らかいのであれば、薬のためと考えるより5ヶ月の赤ちゃんの正常な便と考えられます。もし薬を飲むことで不機嫌や哺乳不良を伴う下痢がみられる場合には薬をやめることを考えますが、今の段階で薬を制限する必要はなさそうです。かかりつけの先生は母乳育児に理解のある先生だと思いますから、よく相談してお母さん自身の治療をしっかり受けてください。
渡辺眞史先生 05.12.27

チウラジールの母乳への影響について内科と小児科の医師で考え方が違い戸惑っています。
今回は授乳と薬の関係について質問させてください。6年前からバセドー氏病と診断され現在、チウラジールを一日1回2錠ずつ服用しています。
内科の先生からはチウラジールの母乳への影響はほとんどないといわれたのですが小児科の先生には服用後2時間は授乳しないこと、必ず搾乳してから授乳するよういわれたため出生時より(5ヶ月間)ずっとそのようにしてきました。
  さて相談です。母乳の出がよくないためできるだけ頻回授乳をしたいのですがチウラジールを服用後2時間空けることなく、または、搾乳することなく授乳することで娘への悪影響があるでしょうか?あるとすればどのような影響ですか?それともうひとつチウラジールは母乳の出に影響がありますか?よろしくお願いします。

*************

回答  たまごママネット医師団
チウラジールは甲状腺機能亢進症に使われる薬の中で、母乳育児に対して通常問題のない薬です。母乳移行性はわずかで、母乳をやめる必要はないと考えられています。注意としては授乳後に服薬することで十分であり、もし2時間以内に欲しがった場合でも授乳ができます。
搾乳については服薬直後の母乳中の薬の濃度が高くなると考えてのことだと思いますが、薬の移行からみて授乳前の搾乳の必要はないと考えています。またこの薬の影響で母乳の出が悪くなることはありません。
薬が赤ちゃんに影響を与えるとすれば、甲状腺に対する影響の可能性が考えられます。
今まで報告はなく心配はないと考えていますが、もし不安なときには赤ちゃんの検査を受ければ安心だと思います。
授乳間隔が空くと母乳でにくくなります。
チウラジールは母乳を続けることのできる薬ですから心配しないで十分授乳をしてください。
渡辺眞史先生 05.12.26

薬局の方からジルテックもアレグラも内服するのであれば粉ミルクに変えて下さいと言われました。
今年10月に二人目を出産し、一ヶ月が過ぎた頃から蕁麻疹が出てきました。
皮膚科で授乳中であることを告げジルテック10、一日一回を処方されしばらく飲んでいましたが、効果が今一つなため、アレグラ60、ガスター20、一日2回に変更しましたが蕁麻疹がひどくなる一方でした。そこでジルテック10に戻すことになったのですが、薬局の方からジルテックもアレグラも内服するのであれば粉ミルクに変えて下さい、と言われ困っています。もともと私は子どもの時から蕁麻疹体質で、一人目の妊娠、授乳中にもジルテック10を半分にして一日一回、内服していましたが上の子は元気に産まれ授乳中も特にトラブルはありませんでした。このまま授乳をしながらジルテック10の内服をしてもいいでしょうか?また、蕁麻疹が全身に出てしまってあまりにひどい場合、強ミノとポララミンのを静脈注射してもらうのですが、その時の授乳はどうでしょうか?皮膚科の医師は内服薬、静脈注射とも100%大丈夫とは言えないけれど、まず大丈夫でしょうとのことでした。私としてはできるだけ授乳で育てたいと思っています。よろしくお願いします。

*************

回答 たまごママネット医師団
日本の薬の使用書には多くの薬に投薬中は母乳をやめるように記載されています。このため多くの医師や薬剤師は薬を投与するときに母乳をやめるように指導します。ラットなどの動物実験で母乳中に薬の成分が移行する、ヒトの母乳中から薬の成分が検出されるなど、の理由で授乳禁止になっており、赤ちゃんにどのような影響が出るのか(出たか)は検討されていません。母乳育児の大切さが理解され、アメリカ小児科学会やWHO/ユニセフなどでは実際に赤ちゃんにどのような影響が起こるか、おこる可能性があるかを基準に薬を投与して良いかを判断しています。日本でも最近母乳育児の大切さまで考えて薬を投与してくれる先生がみられるようになりましたが、まだまだ多くの医師や薬剤師は薬のことだけを考え、母乳育児、母子関係まで考えてくれることは少ないのが現状です。その点で皮膚科の先生は母乳育児の大切さを理解され、きちんと対応されていると思います。その先生によく相談しながら治療を受けるのが一番良いことだと思います。
ジルテック、アレグラは抗アレルギー剤で母乳中に移行はしますが投与可能な薬です。
抗ヒスタミン作用を持つため、鎮静効果(眠くなる)がでる可能性がありますが、赤ちゃんが元気で、普段通りおっぱいを飲んでいれば心配はありません。
ガスターは消化性潰瘍治療薬で通常量の使用では授乳可能な薬です。
強ミノは授乳に問題はありません。ポララミンは母乳中に移行しても赤ちゃんに影響が出るほどの移行はしないと考えられていますが、抗ヒスタミン剤のためやはり鎮静効果に注意します。またこのようなときステロイド剤を投与する場合がありますが、これも母乳を続けることのできる薬です。
薬を使用しても大丈夫ですから、しっかり直し安心して母乳育児を続けられるようにしてください。
渡辺眞史先生 05.12.22

メイラックス、アナフラニールの母乳への影響について教えてください。
4歳と4ヶ月の母親です。母乳で育てています。嘔吐恐怖で心療内科に通っていて、メイラックス、アナフラニールを処方してもらっています。心療内科の先生は母乳でも問題ないと言っていますが、産科の先生が母乳に良くないからやめた方がいいと言っていて、とても不安です。

**************

回答 たまごママネット医師団
授乳中に投与される薬は @授乳は禁忌の薬 A影響は不明だが懸念のある薬 B注意を促すべき薬 C使用しても良い薬 に分類されます。
  メイラックスははっきりとした記載はありませんが、同じ系統のジアゼパムに順ずると考えられ、授乳する場合には乳児の状態(傾眠:元気がない、うとうとする)に注意をします。
  アナフラニールは悪影響の報告はないが注意をした方がよい、授乳できないことはないという薬です。頓服として使用する場合には心配は少なくなります。規則的に長期に使用する場合には、赤ちゃんの様子を小児科の先生に診てもらいながら使用すると安心です。
  産科の先生はお母さんが薬を飲まなくてすむなら飲まない方がよいと考えたのだと思います。
今の不安に対して、お母さんが薬を飲むことで安心でき、母乳を続けられるようであれば、薬を使用しても良いと思います。薬は授乳のすぐ後に飲むことで影響を少なくすることができます。
渡辺眞史先生 05.12.14

鼻炎で処方された塩化リゾチーム錠30・「トーワ」とトークは母乳に影響があると薬剤師に言われ心配です。
1歳2ヶ月の子どもに母乳を与えています。この子どもを妊娠する前に、就寝時に鼻通りが少し悪くなりその時に耳鼻科で薬による治療を行っていたのですが、妊娠を期に治療を中断しておりました。
11月始めにひどい鼻風邪を引いてから鼻づまりがひどくなり再び耳鼻科で診察してもらったところ「鼻風邪が長引いているか副鼻腔炎かもしれません」といわれ、塩化リゾチーム錠30・「トーワ」とトークを処方されました。
母乳を子どもに与えていることを医師に伝えたところ「飲んでも大丈夫です」とのことでしたので安心したのですが、薬剤師には「母乳は与えないでください」と言われました。授乳中にこれら薬を服用しても大丈夫でしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
塩化リゾチームは卵白アレルギーがある人には投与できませんが、授乳とは関連のない薬で母乳をあげても問題ありません。
トークは点鼻薬で授乳には禁忌とはなっていません。通常の使用では問題ない薬です。耳鼻科の先生が言う通り母乳を続けても大丈夫です。
渡辺眞史先生 05.12.3

「ロキソニン」「ダーゼン」「バナン」を授乳中でも大丈夫ということで処方されましたがネットで調べたら避けるとあり不安です。
現在2ヶ月になる子どもを母乳で育てています。
産後間もなく、私が39度の熱を出し、救急外来で内科を受診しました。
その際、「ロキソニン」「ダーゼン」「バナン」を処方されましたので、授乳を一旦中止しそれらの薬を服用しました。
次の日、改めて産婦人科へ行ったところ、乳腺炎と診断され母乳マッサージで膿を搾り出す処置を受けました。乳腺炎になったのは母乳がうまく与えられていなかったのが原因とのことで母乳指導を受け、どんどん母乳を与えるようにと指導されました。
その際、まだ熱が高かったので、「先日内科で処方された薬をのみながら授乳を続けても良いか」と薬品名を挙げて質問したところ「大丈夫」と言われ、上記の薬を服用しながら授乳を続けました(薬の服用期間は3日間・子どもが母乳をうまく飲んでくれなかったためミルクと混合)。
しかしそれから2ヶ月近く経つ今になって、バナンとロキソニンは、「授乳中の服用は避けるべき」とネットや書物に書かれているのを見てとても心配になってしまいました。
子どもは見たところ元気ですが、大丈夫でしょうか?授乳したことによって将来何か悪い影響は無いのでしょうか?

**************

回答  たまごママネット医師団
日本の薬の使用書には多くの薬に投薬中は母乳をやめるように記載されています。このため多くの医師や薬剤師は薬を投与するときに母乳をやめるように指導します。
ラットなどの動物実験で母乳中に薬の成分が移行する、ヒトの母乳中から薬の成分が検出されるなど、の理由で授乳禁止になっており、赤ちゃんにどのような影響が出るのか(出たか)は検討されていません。何かあるといけないから念のためやめておきましょうという考え方です。
  母乳を一時的にやめ、ミルクを与えることによりミルクアレルギーを引き起こすこともありミルクにしたから安全というわけではありません。また赤ちゃんはおっぱいをもらうことができないために機嫌が悪くなり、具合の悪いお母さんを困らせるようになります。
それに対し、WHO/ユニセフやアメリカ小児科学会では母乳育児の重要性を考え、多くの臨床報告をもとに服薬中における母乳投与の安全性を検討しています。
  赤ちゃんにとって母乳はとても大切なものですから、お母さんが病気になっても可能な限り母乳を続ける必要があります。
そこで日本の基準ではなく、母乳育児を大切にしている基準をもとに薬の安全性を考えます。
この基準ではバナン、ロキソニンとも短期間・通常量では母乳を続けて良い薬です。
産科の先生は母乳の重要性を理解していて、大丈夫といってくれたと思います。もし何か影響があるとすれば腸内細菌層を乱して一時的に便が軟らかくなる可能性が考えられますが、後に影響するものではありません。
心配しないで母乳育児を続けてください。 
渡辺眞史先生 05.11.26

抗ウイルス剤のアシクロビルの内服ゼリー と塗り薬アラーゼ軟膏は母乳に影響しますか。
現在4ヶ月になる子どもがいます。混合で母乳とミルクで育てています。先日、右胸の上の辺りと背中の脇に近いところ二箇所に湿疹ができ痛痒い症状でもしや?と思い皮膚科を受診したところ帯状疱疹と診断されました。授乳中で薬の服用を迷ったのですが、ちゃんと治さないとあとあと神経痛という後遺症が残る可能性もあるといわれ迷ったあげく五日間、抗ウイルス剤のアシクロビルの内服ゼリー800?という薬を一日五回飲み、あと塗り薬アラーゼ軟膏を処方されました。薬を飲み終わってからまた授乳再開したいのですが飲みきってからどれくらい日をあければまた母乳を子どもに飲ませられるのでしょうか?まだ完全には完治してなく湿疹もだいぶかさぶたになってきている状態です。よろしくお願いいたします。

*************

回答  たまごママネット医師団
日本の薬の使用書には多くの薬に投薬中は母乳をやめるように記載されています。このため多くの医師や薬剤師は薬を投与するときに母乳をやめるように指導します。
ラットなどの動物実験で母乳中に薬の成分が移行する、ヒトの母乳中から薬の成分が検出されるなど、の理由で授乳禁止になっており、赤ちゃんにどのような影響が出るのか(出たか)は検討されていません。
 それに対し、WHO/ユニセフやアメリカ小児科学会では母乳育児の重要性を考え、多くの臨床報告をもとに服薬中における母乳投与の安全性を検討しています。
赤ちゃんにとって母乳はとても大切なものですから、お母さんが病気になっても可能な限り母乳を続ける必要があります。そこで日本の基準ではなく、母乳育児を大切にしている基準をもとに薬の安全性を考えます。
 アシクロビルは新生児ヘルペスの治療に使用する薬であり、新生児に使用しても特別な副作用は報告されてなく、また母乳中に移行する薬の量は母親投与量の1%程度と考えられています。このため授乳可能な薬に分類されています。
 アラーゼ軟膏は抗ウィルス薬の軟膏ですが、皮膚からの吸収は少なく問題になることはありません。
赤ちゃんは早くお母さんのおっぱいを欲しがっていることと思います。長く授乳をやめていると母乳も出にくくなってしまいます。今日からすぐに母乳を与えても大丈夫だと思います。  
渡辺眞史先生 05.11.14

カルナクリン、ユベラニコチネート、チモレート、トルソプトの母乳への影響について教えて下さい。
先日緑内障と診断されました。
ただいま、10ヶ月の子どもの授乳中なのですが薬の影響が心配です。離乳食3回、完全母乳です。
主治医には大丈夫と言われましたが、処方箋をお願いした所では授乳をやめたほうがよいと言われました。
キサラタンにつきましてはこちらの掲示板で拝見させていただきました。
カルナクリン、ユベラニコチネート、チモレート、トルソプトについてよろしくお願い致します。

**************

回答 たまごママネット医師団
問題のない薬でも心配だから母乳をやめるように言われることが多い中、主治医の先生は母乳育児に大変理解のある先生だと思います。
カルナクリンに関しては授乳に関する記載がなく、授乳中止とは指示されていません。
ユベラニコチネートはビタミンE製剤で通常の投与では問題ありません。チモレート、トルソプトは点眼薬で過剰点眼しなければ影響はないと考えられます。
  今10ヶ月ですから栄養のすべてを母乳から摂るわけではなく、離乳食がメインになっていると思います。
薬を使用してもそれだけ母乳から赤ちゃんへの影響は少ないと考えられます。
緑内障はしっかりとした治療が必要な疾患です。主治医の先生によく相談をして母乳育児を続けられるようにしてください。
渡辺眞史先生 05.11.9

バルトレックス、ロキソニン、ムコスタ、メチコバールの母乳への影響について教えてください。
現在9ヶ月の娘がいます。母乳、ミルクの混合栄養です。夜中は何度も起きて母乳を与えています(本気で飲んでる感じではありませんが)今日、母の私が帯状疱疹にかかっていることが判明しました。処方された薬はバルトレックス500mg2錠、ロキソニン60mg1錠、ムコスタ100mg1錠、メチコバール500ug1錠を一日3回食後に飲むように言われました。ぬり薬はアラセナーA軟膏を1日2回塗るようにとのことです。母乳に影響はないでしょうか?教えてください。

**************

回答  たまごママネット医師団
抗ウイルス剤のバルトレックスは大丈夫です。消炎鎮痛剤 のロキソニンは乳汁への移行が多いので頓服なら問題ありませんが連用 するようなら、アセトアミノフェンやイブプロフェンといった赤ちゃん への影響の少ない消炎鎮痛剤に変更してもらったほうがよいでしょう。
ムコスタは資料が少ないですが、通常投与量であれば大丈夫と考えられ ます。メチコバールはビタミンB12ですが赤ちゃんへの悪影響は ありません。ということで、ロキソニンだけは注意が必要であとは大丈 夫ということになります。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.11.08
レントゲン撮影と母乳についての質問です。
先日、私は腸 炎と診断されその診察の際に胸部から腸の辺りかけてレントゲン写真を 撮りました。現在、生後2週間の子どもに授乳中ですが、レント ゲン撮影をした日(10月16日)とその次の日(17 日)は念のため母乳を与えませんでした。18日から母乳を与えた いと思っているのですが、大丈夫でしょうか?

************

回答 たまごママネット医師団
単純レントゲン撮影は部位によらず、母乳育児には支障あり ません。
造影剤を使ったレントゲン検査では、検査後24時間は授乳中止と 言われることが多いですが、母乳中への移行量から考えると普通に授乳を続けても大丈夫だと考えられます。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.10.21

ブスコパンとビオフェルミンRの母乳への影響について質問します。
私は9月29日に出産しました。10月15日から16日にかけて激しい腹痛があり16日、腸炎と診断され、ブスコパンという痛み止めの薬とビオフェルミンRという整腸剤を処方されました。
16日にブスコパンを一錠、ビオフェルミンRを一包ずつ飲みました。17日は念のため母乳を与えませんでした。18日からは母乳を与えたいと思っていますが、大丈夫でしょうか?

************

回答  たまごママネット医師団
ブスコパンは母乳中に薬の成分が移行しますが赤ちゃんに影響があったという報告はなく通常の使用であれば服用可能と考えられます。 腹痛に対し頓服で1錠飲んだとしても母乳を続けて大丈夫です。
  ビオフェルミンRはビフィズス菌製剤で腸の細菌叢を整える薬で、母乳中への移行はありません。
この2つの薬を飲んでも母乳を続けることは可能です。 
渡辺眞史先生 05.10.18

関節リウマチの治療、レドニゾロン、リマチル、アザルフィジンの母乳への影響について教えてください。
6年前から関節リウマチで治療を受けており、プレドニゾロン、リマチル、アザルフィジン等服用中に妊娠、妊娠3週から生後10ヶ月まで、妊娠・授乳中も安全といわれているプレドニゾロン10mgのみを服用してきました。子は現在健康です。ところがリウマチの悪化によりプレドニゾロンに加えてアザルフィジン250mgも服用せざるを得ない状況になりました。主治医からは授乳を止めるよう言われ、一時断乳を試みましたが、子どもがおっぱいほしさに泣き叫ぶのが可哀想になり、服用開始後も授乳を続けてしまいました。服用開始1週間目から子どもは下痢が2週間続きました。下痢は風邪のせいか母乳のせいか判断がついていません。子どもが自然に卒業するまで母乳を与え続けたいと希望しているのですが、授乳中にアザルフィジンを服用しても大丈夫かどうか教えて下さい。

****************

回答  たまごママネット医師団
ご質問のアザルフィジンは薬剤名サラゾスルファピリジン といいます。
添付文書の記載では、授乳婦:授乳中の婦人には投与しないことが望ま しいが,やむを得ず投与する場合は授乳を中止させること。[母乳中に移行する ことが報告されている。]とあります。手近な資料では以下のようでした。
1.アメリカ小児学会の指針(2001)では 1例で血便の報告 があり、注意を要する。
2.Drugs in pregnancy and lactation(6th ed.)では乳児で血便が認められた報告が1例のみ認められる。
3.薬剤の母乳への移行(第3版)では母乳中には本剤はほとんど移行しないが、2/12例で少量移行した。
  この量は無視してよいと思われる量であり、正常の健常児には危険 性はないと思われる。
すでに生後10ヵ月で離乳食も食べておられることと想像されま す。副作用の可能性のある症例の報告が1例のみであること、薬剤は母 乳中への移行するものの、その量が少ないので、母乳育児を続けても大丈夫だと考えられます。
平林先生 大阪市立十三士民病院 05.10.17

授乳中の市販のセデスハイ(ピリン系)の母乳哺育への影響について教えてください。
3人の子どもの母です。末っ子は11ヶ月です。
私は普段から頭痛持ちで、よく市販のセデスハイ(ピリン系)を服用しています。
出産時、入院中に看護婦さんに頭痛を訴えたときにもらった薬もこれでしたので、授乳していても大丈夫なのかな、と思って使用していました。5日ほど前から、長女が水疱瘡にかかりました。
なので、下の子も潜伏期間の可能性があります。
水疱瘡の治療には、解熱剤のピリンの使用はダメだと聞いたのですが、授乳中である私も、セデスハイの服用はやめたほうがよいでしょうか。よろしくお願い致します。

***********

回答  たまごママネット医師団
ほとんどの解熱鎮痛剤は、母乳への移行量が少ないので問 題のないことが多いです。
子どもがインフルエンザや水痘に罹患しているときなどでも安心して服 用できるのは、アセトアミノフェン(カロナール)やイブプロフェンの製剤 です。
服用中のセデスハイの主成分はイソプロピルアンチピリンでふだんは授乳には支障ないですが、子どもに水痘が発症しているとき(潜伏期はOK)は、他の解熱鎮痛剤にかえたほうがよいと思います。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.10.6

授乳中の薬(デパス)について教えてください
妊娠前から軽いパニック障害でデパスを頓服で飲んでいました。妊娠中は全く薬に頼ることなくすごすことができましたが現在産後4ヶ月で10日に1度ほど頓服で残っていた薬を飲むことがあります。
その場合12時間くらいあけてその間2回ほど搾乳してから母乳を与えています。
デパスは時間をあけても母乳に影響がある薬でしょうか?
それとも頓服で飲んでいたとしても母乳育児をやめたほうがいいでしょうか?よろしくお願いします

**************

回答  たまごママネット医師団
母乳育児中のデパスなど抗不安薬の服用についてのデータはあまりありません。
母乳に移行して体重増加不良・眠気・黄疸を起こす可能性があるようです。
それでデパスを連用するようなら赤ちゃんの様子に気をつけながら授乳を続けることになります。
しかし、「10日に1度ほど頓服」ならあまり心配しないで よいと思います。
服用するタイミングは、1日のうち最も授乳間隔の空く授乳の直後がよいです。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.10.6

アスピリンの母乳への影響について教えてださい。
9ヶ月になる息子を母乳で育てています。
先日、右手・右顔面に痺れがあり、念のため受診したところ脳梗塞と診断を受けました。幸い軽い痺れがある程度で日常生活に影響はなくすみましたが、バイアスピリン100mgを1錠朝食後に内服する治療の為、断乳するよう言われました。突然の断乳に息子も私も動揺しています。おそらく今後しばらくは服用していくことになると思いますが、薬を飲みながらの授乳は避けたほうがいいのでしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
アスピリンは母親の服用量の10%以下が母乳中に分 泌されると報告されています。
乳児への影響はほとんどないと考えられていますが、長期投与では蓄積 のおそれがあるそうです。
ただ今回服用されているバイアスピリンは低容量のアス ピリン製剤です。鎮痛解熱目的でアスピリンを使用する時には1日に1000〜 4500mg服用しますが、今回のように、1日100mgの服用では赤ちゃんへの影響 はほとんどないと思われます。薬を飲んでいても授乳は続けてOKで、ただ赤ちゃん の様子には気をつけて、変化があれば診察してもらうということでよいでしょう。平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.9.20

ロキソニン錠60mg、イサロン100mgの母乳への影響について教えて下さい。
6月末に出産をしたものです。母乳で育てています。
先日私がひどい腰痛のため薬を処方してもらいました。ロキソニン錠60mg、イサロン100mgです。
母乳は完全にやめていたほうがよいでしょうか?
やめた場合、再開するとしたら飲み終えたあと何日くらい空けたらよいものですか?

***************

簡単な質問になってしまい申しわけありません。
回答 たまごママネット医師団
日本では母乳中に少しでも薬の成分が含まれると多くの薬が母乳をやめるように指示されます。母乳栄養の大切さからWHOやアメリカ小児科学会では膨大なデータから母乳と薬の安全性を考えています。この考えからするとロキソニンやイサロンは長期的に使用しなければ母乳を続けても良い薬と考えられています。通常量を頓服の形で服用するならこのまま母乳を続けても良いと考えられます。なるべく薬に頼らない方がよいのです
が、我慢できない場合に薬を使用したからといって母乳をあきらめなければいけないものではありません。授乳直後に薬を飲むことで薬の影響をより少なくすることができます。
渡辺眞史先生 05.8.19

授乳中のレンドルミンの服用について
現在新生児授乳中の者です。連夜の睡眠不足から不眠になり、丸一日ほぼ寝なくても眠気が無く神経だけが高ぶってしまう現象があり、以前服用した事がある『レンドルミン』を1錠服用して一晩眠ることが出来ました。現在授乳中のため安全の為服用後ミルクに変更しましたが、服用後どのくらいの時間を開ければ授乳を再開できるのでしょうか?色々調べましたがそこまでは書いてないので分かりません。よろしくお願いいたします。

************

回答  たまごママネット医師団
動物実験では乳汁中への移行が認められるとの記載あり。
但し、横浜市大母子医療センターの判断は: 母乳へ移行するが、通常の投与量であれば授乳可能である。念のため乳児の覚醒状態などに注意する。
かなり精神的に参っておられるようですが、この様な判断もあり、母乳をやめることなく、就寝直前にたっぷりと授乳し、その後服用して眠れば次に赤ちゃんが欲しがるときには授乳しても問題ない程度に低下しているのでは。
岡村先生 岡村産婦人科医院 05.8.18


クラビット錠100mgとアクアチムクリームは母乳に影響しますか?
11ヶ月の男の子に授乳中です。
顔に湿疹がでて、疲労性のにきびダニと診断されました、処方された薬はクラビット錠100mgとアクアチムクリームです。
授乳をやめるよういわれたのですが、授乳しながらの服用は可能でしょうか。

*************

回答  たまごママネット医師団
授乳中のお母さんの薬の是非は立場によって考え方が異なり、お母さんに混乱をさせてしまうことが多くあります。一般的に日本の薬の説明書には,少しでも母乳中に薬の成分が入ると授乳禁止と書かれることが多くあります。この薬が赤ちゃんに何か影響を与えるかもしれないとして、授乳をやめるように記載されています。お母さんが食べたものの成分が母乳中に入り赤ちゃんに栄養として与えることから考えてもお母さんが飲んだ薬の成分が母乳中にはいるのは当然のことです。
  日本の考え方では授乳中のお母さんが薬を飲むことはできない状況です。
WHO/ユネスコやアメリカ小児科学会では母親が使用した薬が実際に赤ちゃんにどのような影響を与えるかをたくさんの症例から検討し、薬ごとに使用が可能かを判断しています。母乳の大切さを理解した上で、本当に赤ちゃんに影響があるのかを検討しています。その結果授乳してはいけない薬は抗ガン剤など特殊な薬だけで、中には赤ちゃんの状態を注意しながら使う薬もありますが、ほとんどの薬は授乳を続けても安全とされています。赤ちゃんにとって母乳が大切と考える小児科や産科の医師はこのアメリカ小児科学会の指針を参考にして薬について考えています。
軟膏類は、赤ちゃんに影響するほど皮膚から吸収することはなく安全です。抗生剤はペニシリン系、セフェム系、マクロライド系などは安全とされています。
  今使用しているクラビットなどのニューキノロン系の中ではタリビットやクラビットは安全性が高いとされています。質問の場合、安全性と母乳の大切さから考えて、薬を服用しても母乳を続けることがよいと思います。
 授乳直後に薬を飲むことで薬の影響をさらに減らすことができます。
渡辺眞史先生 05.7.5

母体の蕁麻疹は母乳哺育に影響しますか?
今4ヶ月と2週間の女の子がいます。母乳で育てています。今日急に私の身体がかゆくなり、蚊にさされたようなあとが体中にでき、赤くはれているところもあります。蕁麻疹のようなのですが、母乳に影響があるか心配です。今娘はアトピーと診断され、飲み薬、塗り薬両方使っています。母体の蕁麻疹等は母乳に影響ありますか?

*************

回答  たまごママネット医師団
お母さんの発疹は蕁麻疹かほかの湿疹性疾患なのか確かめる必要があります。蕁麻疹は赤く盛り上がる発疹でかゆみを伴い、同じ場所に出続けるのではなく、しばらくすると消えて別の場所に新しく出てきます。もし蕁麻疹だとしても母乳には影響はなくそのまま飲ませてもかまいません。薬を使う場合、塗り薬は母乳に影響はなく、心配しないで使うことができます。飲み薬の場合、かゆみ止めとして抗ヒスタミン剤が使用される場合があります。タベジールやテルギンG、ペリアクチンなどの古くから使用されている薬は赤ちゃんの眠気を強くし哺乳意欲を低下させることがあり、なるべくなら避ける必要があります。最近多く使用されているザジテンやニポラジン、セルテクトなどの抗アレルギー剤にも抗ヒスタミン作用はありますが、授乳中に投与しても安全と考えられています。
渡辺眞史先生 05.7.5

授乳中ですがノリトレンは授乳中安全とはいいきれないといわれ非常に不安になりました。
現在9ヶ月の娘がおり、離乳食と平行して少々授乳を続けております。私本人が2ヶ月ほど前からうつ病になり、2週間前から通院を始めました。
最初は様子見としてノリトレン錠10mgを朝夕で処方され、先生も薬局も「授乳中でもOK」ということで服用を開始いたしました。以後2週間、特に心配もせずに、普通に授乳を続けて参りました。
しかし本日再受診後、たまたま前回とは別の薬局に行きましたら、「ノリトレンは授乳中安全とはいいきれない」といわれ、非常に不安になりました。すでに2週間もの間、特に対策もせず普通に授乳してしまったことで、子どもに今後も残るような悪影響がでないかと心配です。先生は、子どもに副作用がでても眠がったりする程度だということだったのですが…。今後は、服用後に4時間ほどあけてから授乳するなどの手段を講じるつもりですが、すでに授乳してしまった分について、子どもへの悪影響はどう出るでしょうか。ご回答下さいましたら幸いに存じます。

**************

回答  たまごママネット医師団
 日本の基準では動物実験で少量でも薬物が母乳中に移行すると授乳しないように指導されます。
母乳育児には大きな利点がたくさんありますから、簡単に母乳を止めることはできません。
  アメリカ小児科学会の薬事委員会やユニセフ/WHOでは臨床データを集め薬の安全性を検討しています。このデータをもとに授乳中の薬の安全性を考えます。
ノリトレンは赤ちゃんに対して悪影響の報告はないが注意を要する薬にはいります。授乳できない薬ではなく、赤ちゃんの様子を見ながら薬を続けます。
実際には先生の話のように眠気や元気の様子を注意します。薬を処方してくれた先生や薬局の薬剤師さんは、母乳の大切さをよく理解していると思います。
  今はお母さんが薬を服用したとしても、しっかり母乳育児を続けることが一番よいことです。心配なことがあるときには、先
生と大丈夫といってくれた薬局に話を聞いて、安心して母乳育児を続けてください。
渡辺眞史先生 05.6.9

クラリシッドの母乳への移行について教えてください。
現在3ヶ月の乳児に授乳中です。乳房と乳首横にひどい面皰ができ通院。昨日よりクラリシッド200mgを一日2回、5日間服用。アクアチムクリームをもらいました。抗生剤の母乳移行が心配です。クリームは授乳時に洗いふき取っていますが少し残るようで赤ちゃんへの影響が心配です。大丈夫でしょうか?また、以前も面皰が肘にでき切開しています。二人目出産後2ヶ月くらいから乳房に面皰ができていたのですが放置していたら3週間ほどで消えたので特に気にしていませんでした。今回乳首横なので痛く切開したいのですが、授乳に影響がでるので踏み切れません。母乳のでがよく乳腺炎を繰り返してきたので、切開・縫合により搾乳ができなくなるとそっちのほうが心配なのです。どうしたらよいのでしょうか?

************

回答  たまごママネット医師団
 日本の基準では動物実験で少量でも薬物が母乳中に移行すると授乳しないように指導されます。母乳育児には大きな利点がたくさんありますから、簡単に母乳を止めることはできません。アメリカ小児科学会の薬事委員会やユニセフ/WHOでは臨床データを集め薬の安全性を検討しています。このデータをもとに授乳中の薬の安全性を考えます。
 クラリシッドはマクロライド系に抗生剤です。クラリシッド自体は新しい薬のためまだデータが乏しく、正確には安全性が確認されていません。しかし他のマクロライド系の抗生剤は授乳中でも安全に投与できる薬に分類されています。このことから通常の使用法であれば安全と考えられており、実際に投与が行われています。またアクアチムクリームの様な外用薬は、使用可能です。塗布する場所が乳首の回りであっても授乳前に軽く拭き取るぐらいで赤ちゃんに対する影響は考えなくても良いと思います。
 手術に関しては、どの部位なのか、どの程度の手術が必要なのかなどがわからないと判断できません。もしお母さんがつらい状況なら、また今手術をした方がよい状態なら手術を選択します。この場合でも抗生剤など薬を使ったとしても母乳をあげることができます。直接吸うことができない場合でも搾乳してあげることができます。手術をしても母乳を続けることはできますからお母さんの状態に合わせた選択をしてください。手
術の後の心配は母乳に詳しい助産師さんに相談すると良いと思います。良い解決法が見つかるはずです。
渡辺眞史先生 05.4.20

授乳中ですがムコスタとガスター(10mg)を処方され継続して飲んでいますが大丈夫でしょうか。
現在、1歳1ヶ月の娘を授乳しています。ところが、昨年引越しをして、その疲れがでているのか、ここ2〜3ヶ月胃痛と吐き気に悩まされ、病院を受診したところ「慢性胃炎」とのことで、ムコスタとガスター(10mg)を処方されてずっと継続して飲んでいます。これが授乳に影響ないのか、これからもこの胃薬を飲み続けて授乳しても問題ないのかとても迷い、断乳しようか悩んでいます。これらの胃薬の授乳に対して影響ないか教えてください。

***************

回答  たまごママネット医師団
日本の基準では動物実験で少量でも薬物が母乳中に移行すると授乳しないように指導されます。
  母乳育児には大きな利点がたくさんありますから、簡単に母乳を止めることはできません。
アメリカ小児科学会の薬事委員会やユニセフ/WHOでは臨床データを集め薬の安全性を検討しています。このデータをもとに授乳中の薬の安全性を考えます。
  授乳禁忌とされる薬は抗ガン剤や免疫抑制剤、放射性物質を含む薬剤など特殊な薬だけです。
そのほかの多くの薬は服薬可能ですが、赤ちゃんに影響が懸念される薬、影響は不明だが注意を要する薬、使用してもよい薬に分類されます。
  ムコスタはデータがありませんが分類の中では胃炎などの消化管疾患に使用される薬は使用可能な薬に分類されていてガスターも含めて通常量では授乳可能な薬と考えられます。
  授乳による薬の影響より断乳による赤ちゃんへの影響の方が心配です。
お母さんが薬を飲んで体が楽になり、授乳を続けることがお母さんと赤ちゃんにとって良いことだと思います。
渡辺眞史先生 05.4.6

ポララミンの母乳への影響について教えてください。
3ケ月の男の子がいます。母乳でやっていますが、私が妊娠9ケ月からジンマシンになってしまい塗る薬でガマンして、出産後産科から「ポララミン」を産後入院中に1回分もらい、その後も症状が治まらないので皮膚科に行き、朝と夕2回飲んでいました。このままではかゆみが治まらないので産科へ行きその後もよくならず継続して服用している事を言うと、一時的なものなら良かったが長期になるようならおっぱいはやめた方がいいといわれました。上の子もおっぱいで育て、今なお十分に出ているものをあげない、というのはとても悲しく、心苦しいです。かゆみをガマンして頑張ろうかと何度も薬を飲むのをやめてみましたがやっぱり痒さには勝てませんでした。ポララミンの有害性がよく判らず、赤ちゃんにどのような影響が出るのか・・・出来るものなら母乳をあげたいです。なんとか飲みながらでも与えることは出来ないものでしょうか?お答えよろしくお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
ポララミンはマレイン酸クロルフェニラミンという抗ヒスタミン剤です。
風邪引きで鼻汁がおおいときなど乳児にも使用します。
授乳中のお母さんがポララミンを服用すれば、ある程度母乳中に移行すると考えられますが、普通の量の服用では乳児の治療量には至らないと思われますので、過量でなければ授乳に差し支えないでしょう。
授乳中にお母さんが薬を服用している間は、赤ちゃんの様子の変化に気をつけてください。
ポララミンのような抗ヒスタミン剤の場合は眠くなることがありますので、赤ちゃんが眠る時間が極端に増えるようなら、主治医に相談してみてください。 平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 05.2.23


クラビット錠、ゼオエース(15mg)は授乳に離乳に影響はありますか?
生後一ヶ月の乳児を母乳主体の混合で育てています。先日指先に小さな血管腫が出き、外科で切開・縫合した際、クラビット錠(100mg)とゼオエース(15mg)という薬が出ました(先生には授乳中である事は伝えました)。薬の辞典で調べてみるとクラビットは「授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせること」とあったので心配になり服用しませんでした。あまり出が良くない母乳なので、これ以上出が悪くならない為になんとしても授乳は続けたいのですが、薬を飲んでも大丈夫でしょうか?またゼオエースについてはどうでしょうか?宜しくお願い致します。

*************

回答  たまごママネット医師団
授乳中に注意を要する薬について、アメリカ小児科学会委員会報告に記載されていますが、一般的に目にとまることは少なく、日本では、動物実験で行われる、人ではあり得ない大量投与時のデータをもとに、あるいは投薬経験がないことをもとに授乳中の婦人への投薬を制限しています。
現時点での観察結果では、実際に乳児に影響が認められる薬物はほとんど無く、抗癌剤、放射性物質、抗精神病薬、抗痙攣薬、麻薬などの特殊な薬物だけです。抗生剤に関しては全て問題ありません。比較的よく使用される薬で注意が必要な薬は、最近は解熱剤としてはほとんど使用することがない解熱剤のアスピリン、鼻水止めとして時に使用されるクレマスチン(薬品名テルギンG、タベジールは注意が必要と書かれています。
ゼオエースは手術後の腫れ止めで、問題ありません。ところで、術後の抗生剤予防投与は減少してきていると思います。
白川先生 産業医大小児科 04.11.11


降圧剤を飲みながらでも母乳を与えられるという薬はありますでしょうか?
降圧剤(ニューロタン25を朝2錠・一日一回)を飲み始めたため母乳を止めています。10月16日から飲み始めて2週間分の処方をされました。降圧剤はすぐには終われないと聞きました。できれば母乳を与えたいと考えています。授乳をしても大丈夫な降圧剤はありますか?
簡単にしか書けないでお答えが難しいかもしれませんが、よろしくお願いいたします。
・いつ頃から血圧が高くなったのか?
→妊娠35週頃からです。その後も上130-140代-下80-90代で経過しました。浮腫・尿蛋白はありませんでした。医師からは安静気味に生活するように言われました。妊娠初期の血圧は120代-70代でしたので投薬はありません。
・頭痛はいつ頃からあったのか妊娠初期の血圧については投薬はなかったのですか?
→頭痛は産後3日後くらいからです。産科退院後も頭痛がひどくて、頭痛薬を処方してもらいました。産科医は「頭痛の原因は血圧が高いからだと思うので降圧剤を飲んだほうがいいかもしれない。でもそうすると母乳を止めなければならない。」と言う説明だったので、母乳を止めたくないために頭痛薬(カロナール)をもらってのんでいました。
降圧剤を飲んでいる現在も時々頭痛があるので頓用で内服しています。
降圧剤を飲み始めたのが産後一ヶ月検診の10月16日、降圧剤内服開始から今日で一週間ですが自宅で血圧を測って140代-80代です。降圧剤を飲み始めて3日後くらいからふらふらする感じがします。
母乳がでなくならないように3時間ごとに搾乳しています。
降圧剤を飲みながらでも母乳を与えられるという薬はありますでしょうか?(里帰り出産だったので出産した病院と一ヶ月検診した病院は異なります。)

***************

回答  たまごママネット医師団
妊娠出産で高血圧はよく見られる合併症です。このため降圧剤服用時に母乳を与えられるかよく問題になります。一般的に降圧剤を使用しても母乳を続けることができます。
アメリカ小児科学会の薬事委員会の分類では、ニューロタンについて記載がありませんが、これに近いACE阻害剤は母乳中でも使用可能な薬に分類されています。ニューロタンも授乳可能と考えられますが、使用経験が少ない分だけ注意を要する薬となります。
今の薬でも母乳を続けることは可能ですが、降圧剤は多く使用されている薬は安全性がわかっていますので、可能であれば一般的に多く使用されている降圧剤の方が安心して服用できます。せっかく搾乳までして母乳を続けようとしているのですから、そのまま直母で飲ませてあげてください。
母乳育児に理解のある産科や小児科の先生に相談すれば内科の先生にアドバイスしたりして、力になってくれると思います。
渡辺眞史先生 04.10.25

二ヶ月の子でも水疱瘡になっても大丈夫でしょうか?薬の母乳への影響についても教えてください。
2ヶ月の子がいます。私が3日前に帯状疱疹になってしまいました。
子どもも必ず水疱瘡になる、症状が出たら連れてくるようにと、小児科で言われましたが、予防接種等は間に合わないのでしょうか?このまま2週間何もせずに待つだけなのが、私のせいで子どもに辛い思いをさせてしまうと思うと申し訳無くて、、、。二ヶ月の子でも水疱瘡になっても大丈夫でしょうか。あと、今飲んでいる抗ウィルス剤のバルトレックス錠500は、母乳中への移行があるとありました。
  担当の先生はよく分からないようで、説明書をくれただけで。この掲示板でよく言われているように、授乳のあと飲めば大丈夫な薬でしょうか?痛み止めのボルタレン錠はどうでしょうか?いろいろ調べても解らずこちらにたどり着きました。長くなって申し訳無いですがよろしくお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
多くのウイルス性の病気はお母さんが今までに経験していると生まれる前にその病気に対する免疫がプレゼントされ、4〜6ヶ月までの赤ちゃんには同じ病気にはかかりにくいということがあります。
しかし、水痘に関してはお母さんが今までにかかっていても赤ちゃんに十分な免疫をあげることができないために、生まれたばかりの赤ちゃんも水痘にかかってしまう場合があります。
  帯状疱疹の場合には水痘より感染力は弱く、母児接触でも必ず感染するというわけではありませが、お母さんが帯状疱疹になった日から10日から15日ぐらいまでの間にあかちゃんのお腹や背中に発疹が出てこないか注意をしてください。赤ちゃんの場合軽くすむことも多く、もしかかってしまってもきちんと診てもらえば心配はいりません。
 予防接種は水痘の人と接触して72時間以内であれば効果がありますが、それ以上では予防することはできません。
また乳児期早期ではお母さんからの免疫の作用によりワクチンの効果が減少するため質問の赤ちゃんの場合には予防接種の適応ではありません。
お母さんの使用している薬は両方とも母乳移行率は少なく授乳中でも使用可能な薬です。
帯状疱疹は大変痛い病気ですが、薬を使うことで早く楽になることができます。
お母さんはしっかり薬を飲み、早く楽になり、赤ちゃんにはたっぷり母乳をあげてください。
渡辺眞史先生   04.9.23

薬の母乳への影響が心配です。
現在6ヶ月の娘がいます。生まれてからずっと母乳でそだてています。娘が生後1ヶ月のころから私が皮膚科の薬でジルテックとツムラウンセイインを飲んでいます。
飲んでいる期間が長いことと、母乳に影響がないのか心配です。
赤ちゃんには影響はないのでしょうか?もしあるとすれば どのような影響があるのでしょうか?

*************

回答  たまごママネット医師団
母乳を中止する必要はありませんが、赤ちゃんに鎮静効果が現れる可能性があります。
赤ちゃんが眠りすぎたりしていないかなどに注意してください。
母乳育児の薬の服用は、できるだけ授乳直後に服用すること、
1日のうちで最も授乳間隔の空く授乳の終了直後などに服用するようにしたら薬の母乳を通した赤ちゃんへの影響を最小限にできます。平林先生 大阪市立十三市民病院 小児科 04.9.16


授乳中の薬、レルパックスの影響について教えてください。
現在二ヶ月の子どもを母乳で育てていますが、私がひどい偏頭痛もちで薬を飲まないと直らない日があります。その際母乳をあげても影響はありませんか?薬はレルパックスです。妊娠中もひどいときは飲んでしまいました。

*************

回答  たまごママネット医師団
母親が薬を飲むと母乳中にはその成分が移行するために、薬を飲むなら母乳を止めるように指導されることが多くあります。でも実際には移行した薬が赤ちゃんにどのような影響を与えるかは全く考えずに禁止されているのがほとんどです。アメリカ小児科学会では母乳の重要性から授乳中に止めなければいけない薬と使用してもよい薬を多くの症例報告をもとに検討しています。これを基準に考えると、絶対に使用してはいけない薬は一部で、薬の特性を知って注意をすれば多くの薬は使用可能と考えられています。
質問のレルパックスも母乳中にごくわずかの量が移行しますが、母乳の重要性を考えたときお母さんの痛みをやわらげて母乳を続けることができるならメリットの方が大きいと考えます。痛みを我慢できないときに頓服で使用することは可能です。また薬は授乳した後に服用するようにしてください。
渡辺眞史先生 04.9.6

授乳中の薬の服用について教えてください。
今月8月5日に帝王切開で第二子を出産したあと、血圧が上がってしまい、アダラートという降圧剤を服用し、入院を続けていたたのですが、長期入院のストレスからか、母子同室のための寝不足からか動悸やめまいを感じ、一度はひどい動悸で起き上がれなくなってしまい、病院内の精神神経科を受診した所、神経不安症であろうと言われ、ホリゾン2mgを不安時に頓服使用ということで処方されました。薬の服用にあたって、母乳をあげれなくなってしまったことや、病院生活に極度のストレスを感じていたため、退院して家に帰り、2−3日後には血圧が落ち着いてきたので、アダラート中止の指示を先生からいただき、ホリゾンだけ2−3日頓服していたのですが、今後ホリゾンだけ不安時に頓服した場合(毎日の服用は必要でない感じなので)、飲んだ後どれ位母乳をあげないでいた方がいいのか、お聞きしたくメールしました。産婦人科の先生は、ホリゾン服用後24時間あければ、母乳をあげてもよいと言う事ですが、どうなのでしょうか。お返事いただけたら、助かります。宜しくお願いします。

**************

回答  たまごママネット医師団
ホリゾンは授乳中の乳児に対する影響が不明だが懸念のある薬剤に含まれてはいますが、乳児に対する影響は無しと記載されていますので、ホリゾン内服中でも母乳の投与を止める必要はありません。
ホリゾン自体は母乳に移行しやすいですが、多く見積もって数%です。
どのくらい時間をあけた方がよいかについては、ホリゾンの代謝産物もホリゾン用の作用があるため、長期にわたり効果が持続することがあり、個人差が大きいです。したがって内服後何時間で哺乳可と申し上げることはできません。
継続してホリゾンを内服していた患者さんがホリゾン中止1か月後に離脱症状がでたとの報告があります。
米国小児科学会員会報告では授乳中でもほとんどの薬は内服可能です。
白川先生 産業医大 小児科  04.9.1


授乳中の薬の服用について教えてください。
母体の事なのですが、風邪で薬を服用中(2週間)母乳をあげませんでした(薬剤師さんに言われました)そして風邪が治ったので久しぶりに母乳を搾って見てみたらネバリっけがありました。
なぜ、ねばっているのか・・・あげても大丈夫なのか教えてください。

*************

回答  たまごママネット医師団
今更言っても仕方の無い事ですが、風邪薬服用に際しての授乳中止が悔やまれます。
勿論薬の使用注意書には恐らく授乳中を避けるようにとの注意書きがあったのだと思います。薬剤師さんも当然のこととして母乳をあげないようにと言われたのだと思います。
しかし現実には通常の風邪薬を飲んだからといってやめる必要はありません。使用されている薬についてどのような薬か分かりませんが、アメリカ小児科学会から数年毎に出している授乳と薬の勧告文からすると、先ず飲んでいて差し支えないと思われます。
再び授乳を再開しても、以前のようには出ないと思いますが、多少粘っこい様でも差し支えありません。飲ませてあげてください。
岡村先生 岡村産婦人科医院 04.8.31


 


トップ