育児相談 腸重責
腸重責という病気ではないかと心配です
1ヶ月と1週間の子どものことです。先日、よくミルクを吐くので、育児本で調べたところ、腸重責という病気があることを知りました。足をバタバタさせる、泣く、しばらくすると落ち着くという症状が非常によく似ています。主に夜間にその症状が現れます。ミルクを飲ませると、症状は落ち着き、しばらく寝ていますが、1時間くらいするとまた泣いて足をばたばたさせます。食欲はあるようです。昼間は機嫌よく寝ています。夜間は夜鳴きしているだけのようにも思えなくもないですが、腸重責という病気のことを知り、心配になりました。この症状は、ここ1週間くらい続いています。病院に連れて行った方がいいのでしょうか?
************
回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんのするいろいろな動作や仕草が、親から見るとちょっと心配になることが良くあります。この様なとき育児書を見ると決して良い方には考えず、悪い方へと考えてしまいがちです。腸重責という病気は、乳幼児に見られる小児科の疾患の中で決して見逃してはいけない緊急疾患の一つです。急に激しく泣き、しばらくグッタリし、また激しく泣き出すことを繰り返します。腸の中に腸がもぐり込み腸閉塞になります。浣腸をすると大量の血便が見られ、緊急な治療が必要になります。質問の赤ちゃんのように自然に良くなったり、何日も繰り返したりはしませんので決して腸重責ではありません。
質問の赤ちゃんの様子から考えると、まだ昼と夜が逆転しているように思えます。赤ちゃんは昼によく寝ると夜に短い睡眠になり何回も哺乳をするようになります。特に3ヶ月までの赤ちゃんではまだ1日のリズムがしっかりしていないために逆転がよく見られます。これは夜泣きとは違うものになります。これを直すには赤ちゃんのリズムを大人の昼と夜のリズムに合わせるように働きかけることが大事になります。昼には寝ているからとそのままにしないで、積極的に抱っこや声がけ、外気浴などを行いこまめに哺乳を行います。
夜はなるべく静かにし、余計な刺激を与えないようにします。これを繰り返していると次第に夜の睡眠時間が長くなってきますので試してみてください。
夜寝るときにはできるだけ添い寝をしてみてください。赤ちゃんはお母さんの匂いがわかります。お母さんの匂いを感じると赤ちゃんは安心感を得られ静かになります。お母さんの匂いが無いと不安になり落ち着かなくなり、睡眠が浅くなり何回も泣くことがあります。赤ちゃんはお腹の中でずっとお母さんに守られて育ってきました。生まれて間もない赤ちゃんはまだお母さんから離れては生きていけません。お母さんに添い寝をしてもらえば赤ちゃんは安心して落ち着いて眠れる様になります。

トップ