反復帝王切開
今回妊娠14週、4回目の出産となります。反復帝王切開のリスクについて教えてください。
一度目が羊水過少症、骨盤狭、予定日超過のため帝切になり、その後の出産も帝切です。4回目の帝切に私なりに子宮破裂、腸壁などへの癒着など、リスクは覚悟の妊娠です。
質問は、37週になったらすぐ手術になるといわれてますが、それまで子宮が持つのか?
出産前の安静や入院が必要になってくるのか?
術中に癒着が酷かったり、子宮が薄いためなどの理由で、子宮を取ってしまうこともあるのか?
その他注意すべきことはあるのでしょうか?
正直考え出すと、不安でしょうがないので、先生のアドバイスをお聞かせください。お願いします。

*************

回答 たまごママネット医師団
 以前には帝王切開術(帝切)は3回までにとどめておくことが望ましいとよく言われていましたが、現在では術後の感染症や縫合不全が少なくなりましたので、4-5回まで帝切を受けられても特別に危険であるとは考えられていません。
多くの方は早産徴候もなく臨月までもつことが多いので、現時点で予防的な入院が必要になるとも言えないでしょう。
術後の腹腔内癒着には個人差が大きく、2回目の帝切でも高度の癒着をきたしている方もいれば、4回目でもほとんど癒着のない方もおられます。前回の手術経過が特に問題なかったのなら今回もそれほどリスクは高くならないでしょう。
 反復帝切の一番大きな危険性は、子宮切開創周囲(子宮下部前面)に胎盤が高度に癒着して手術時に大出血をきたす症例がまれにあることです。
一般的に帝切後の妊娠時に前置胎盤(胎盤が子宮口を覆う状態)が認められた場合にはこのような「癒着胎盤」の危険が少なからずあります。
今後もし胎盤が子宮口にかかっている、あるいは位置が低いと言われたら、できるだけ救急体制の整った周産期センター病院で出産されることをお勧めします。そのような異常がなければ、地元の産院で診ていただいたらよいと思います。
衣笠先生 尼崎医療生協病院産婦人科 06.3.10



トップ