トップ  戻る

8.楽しい食事 ―孤食じゃ気持ちは太らないー
 食事は空腹を満たして栄養を摂るだけのものでしょうか?
 残念なことに、一人で食事をする子が増えています。
 前の項でも述べましたが、楽しい食事が気持ちも満たしてくれます。
 そして、食卓はいろんなルールや対人関係を学習する場でもあります。 少し子どもが大きくなると、その日にあった出来事を話す機会にもなります。
 楽しい食卓では食事も進みます。これは大人も赤ちゃんも子どもも同じです。
 たとえ同じ食卓についていてもお母さんはテレビ、お父さんは新聞を・・というのでは弧食と変わりないと思います。
 まずはテレビを消して、新聞を置いて食事を楽しむ環境を整えてみてはどうでしょう。
きっとテレビより、新聞より楽しいこと請け合いです!!
 小さい子どもの食事は、はじめは、口に入る量よりこぼしてしまう量の方が多いかもしれません。でも、不必要にしからないで見ていることも必要な時期もあるように思います。(我が家でも毎食後、私が雑巾を持って床じゅう拭いてまわります・・・)
 「あーっ、こぼしちゃった!」といっては私の顔を見ます。「よかよか、後で拭くけん」と言うと、安心したようにまた食べ始めます。
 きっと、叱ってしまうと失敗を恐れて食べることが楽しくなくなってしまうのではないかと思うのです。もちろん、故意に悪いことをすれば叱りますが。
 出来ないことを指摘するのではなく、出来るようになっていくことを一緒に喜べると楽しいですね。
 弧食(一人食べ)の回数が多い子どもは身体の不調を抱える率が明らかに高くなってしまいます。
 子どものその時々の"おいしい顔!!"をお見逃しなく!!

前のページ  次のページ
1.人間は何を食べるようにできているの?
2.複合汚染
3.安全な食事とは
4.アトピーについて
5.ビタミンAの大切さ
6.葉酸
7.離乳食について
8.楽しい食事 ―孤食じゃ気持ちは太らないー
9.子どものおやつーおやつイコールお菓子じゃない!?ー