育児相談 便に血が混じる

便の色が赤茶色になり、血が斑点状に混ざっているのが見られるようになり心配です。
もうすぐ生後3ヶ月の女の子の母です。
先週末から便の色が赤茶色になり、血が斑点状に混ざっているのが見られるようになりました。子どもはいたって元気で、いつもどおり母乳をごくごく飲んでいるのですが、症状が何日も続くので昨日病院に行きました。
そこでK2シロップをいただき、現在便の検査結果待ちです。
こちらのサイトを拝見して「赤ちゃんのウンチに点々と血がついていることはよくあることです。腸の粘膜からの軽い出血で、腸の蠕動や便の刺激でおきたもので病的なものではありません。」との回答を読み、安心したのですが、この症状はどれくらい続くものなのでしょうか。
また、月齢としては母乳をあげている限りずっとみられる症状なのでしょうか。
今後の参考のために、安心のために、教えてください。

*************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんのウンチに点々と血がついていたり、糸をひくような少量の血液がみられることは比較的よく経験され、赤ちゃんの哺乳状況や機嫌がよいようなら心配することはありません。
頻度や期間についてハッキリしたことは言えないのですが、2、3日の間に数回のみといった場合が多いように思います。
長く続いたり、頻繁に繰り返すとき、血液の量が多いときには便のついたオムツを持参して小児科を受診される事をお勧めします。平林先生 大阪市立十三市民病院 07.5.17


便に糸くずのような血がときおり混じり除去食をして母乳を与えていますが必要でしょうか。
3ヶ月の子どものことで、ご相談します。10日ほど前より便に糸くずのような血がときおり1箇所から数箇所、混ざるようになりました。うんちは1日1回〜5回以上のこともありまちまちです。現在完全母乳で育てています。乳児良性直腸出血や大腸リンパ濾胞増殖症と言った病名に症状がよく似ているように思われます。いずれも成長とともに、治り特に治療の必要性はないようですが、どのような病気なのか教えてください。また、この二つの病名は、同じものですか?
 小児科では、血液の周りの便を顕微鏡でみる検査に出したところ、わずかに好酸球が認められると言うことでした。しかしこの結果では、アレルギーと断定するほどでもないし、心配ないことも多いようだけれども、アレルギー性腸炎を疑って、除去食をして試して見ますか?という提案があり今牛由来のものを一切除去した上で、母乳を与えています。現在6日目ですが多少貧血気味のようで、少しふらつきます。除去食の影響ではないかと、他の栄養バランスも心配で、果たして、まだアレルギーと診断されていないのに除去食を続けることに不安を感じます。良いアドバイスをお願いいたします。

*************

回答 たまごママネット医師団
母乳栄養の時、母乳中に含まれる乳糖が腸管の中で発酵し大量のガスが発生し、便は強い酸性になり、腸管の動きも活発になります。この強い酸性の環境はビフィズス菌が繁殖するのに適していて母乳の赤ちゃんの腸内細菌はこのビフィズス菌が優位になります。ビフィズス菌は腸管粘膜の中まで入り込み、そこで増殖し体に害を与える病原体やアレルギーを起こす物質が体の中に入り込むのを防ぐ働きをします。
  人工栄養では酸性度が低くなり大腸菌が増えてきますが、大腸菌には病気を予防する働きはありません。腸管内に住み着いたビフィズス菌は母乳栄養が終わった後も長く住み続け、細菌やウィルスによる腸炎や、食事性のアレルギーから体を守ってくれます。一方で、強い酸性や腸管ガスの増加は腸管粘膜を刺激をして粘膜の充血を来たし、しみだすような出血を起こします。このため母乳栄養をしている赤ちゃんでは時々便の中にポツポツとした点状の血液や、糸を引いたような線状の出血をみることがあります。機嫌が良く、よく飲んで、体重が増えていれば心配のないものです。
もし大量の出血があったり、普段と違う様子がある場合には病気を考えます。母乳栄養時の微量の出血は気をつけておむつをみていると時々みられるもので、特別のものではありません。
お母さんは偏りのないバランスの良い食事に気をつけて、いろんなものを美味しく食べてください。 
渡辺眞史先生 06.4.28


ウンチに赤い血のようなものが混ざっていました。
生まれて半月なんですが、今日オムツを替えていたらウンチに赤い血のようなものが混ざっていました。量はほんの少しなのですが・・体調はいつもと変わらないと思います。母乳とミルクの混合で育児しています。様子を見て病院に行った方がいいのでしょうか?それともすぐに病院に行った方がいいのでしょうか?ウンチは黄色く少しネバッとしてました。宜しくお願い致します。

**************

回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんの便に血液が混じることはよく見られます。特に母乳の赤ちゃんには多く見られます。最近はミルクも母乳に近くなったためか、ミルクの赤ちゃんでもみられるようになりました。
これは便の酸性度やガスの刺激で腸粘膜が刺激を受けて出血したものです。
オムツにポツポツと点状に出血したり、糸を引いたように線状に出血したりします。
機嫌がよくて、哺乳が普段と変わらないときには心配ないと考えます。
もし、べったりと出血が見られたり、お腹が張っている、痛がる様子がある、機嫌や飲みが悪いときには小児科を受診する必要があります。
質問の内容からは心配のないものと思います。 04.3.11

便に少し血が混じっていて心配です。
10日前に便に少し血が混じっていたので、産院の小児科の先生に見ていただいたところ、「腸の粘膜に傷がいってるのかもしれない。続いたら大きな病院でみてもらう必要があるが、たぶん大丈夫だろう。」とのことでした。その後、便に血液が混ざることはなく安心していたのですが、先日また少量の血液が混じった便がでました。(3回ほどでて、今は出ていません)母乳もしっかりのんでいるし機嫌もいいです。このまま様子を見ていたらいいのでしょうか。(生後2ヶ月半)

**************

回答  たまごママネット医師団
出血の様子や生後2ヵ月半と言う年齢を考えると、新生児メレナのような生命にかかわるような病気のご心配はありません。
赤ちゃんのウンチに点々と血がついていることはよくあることです。腸の粘膜からの軽い出血で、腸の蠕動や便の刺激でおきたもので病的なものではありません。
もし肛門の辺りからの多量の出血なら真っ赤な便となりますし、もっと上方の腸からの出血の場合は黒い色の便となります。
機嫌もよく、おっぱいもよく飲み、ぐっすり寝ているようであればご心配は要りません。
岡村先生  岡村産婦人科医院 04.01.18 


赤いゼリー状のウンチの量が増えて心配です。
現在4ヶ月の女の子がいます。母乳のみで育てています。
今日の朝、2回目のウンチに少し赤い(オレンジっぽい)ウンチが混じっていました。
いつもは、黄色の水状のウンチなのですが、少し粘々したカンジもありました。
夕方3回目のウンチで、その赤いゼリー状のウンチの量が増えていました。
2,3日前から、私(母親)は少し風邪気味で、子どもも鼻の奥をグズグズいわせてます。
母乳を飲む量も調子の良いときは、両胸を10分ずつくらい飲みますが、今日は、片胸5分くらいしか飲みません。しかし、授乳の量に関しては、今までにも何度かムラがありました。
今回は、ウンチに見たことのない色が混じっていたことが気になりメールしました。心配ないでしょうか。
*************
回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんの便はよく見ると粘液や少量の血液が混じっていたりします。
便の性状も水様だったりベタベタだったり様々です。
機嫌や哺乳に問題なければその多くは心配のないものです。
質問の便の色が何かということは便を見てみないとはっきりしたことは言えませんが、心配のないものに思えます。もし続くようでしたらかかりつけの小児科で便を診てもらってください。
お母さんが風邪をひくと赤ちゃんも風邪をひきます。お母さんが先に風邪をひくことが多いですから、赤ちゃんが風邪をひくころには母乳の中に風邪の免疫が含まれるようになります。
母乳が一番の風邪薬になりますからしっかり与えてください。 04.01.01

もうすぐ4ヶ月になる娘の便について気になったので質問します。
今日の夕方、いつもの黄色の水っぽい便に混ざって、黒いひじきのようなものがたくさん混ざっていました。血が混ざって出たようにも見えますし心配です。娘は特にお腹痛がったり機嫌が悪い様子もないです。母乳のみで育てていますが、昨日、ダイエットぺプシを500ml程飲んだので、それが母乳に出たのかとか考えましたが、そんな事はありますか?また
母乳をあげている間の食べ物は、甘いものは何故ひかえた方がよいのか教えてください。
**************
回答  たまごママネット医師団
赤ちゃんの便をよく見てみると少し血液が混じっていたり、粘液状のものが混じっていることがあります。赤ちゃんが機嫌が良く、飲みも良ければ心配はありません。黒いひじき状のものが何なのかについては、そのものを見ないとはっきりしたことは言えません。おそらく、血液ではなく、胆汁や粘液の変化したものと思います。赤ちゃんの様子からは心配のないものに思えますが、繰り返すときや、心配なときには便を持って小児科で見てもらってください。
お母さんが食べたもので赤ちゃんの便に変なものが出ることはありませんので、その心配はいりません。
母乳を与えているときの食事は、糖分や脂肪分をとりすぎないようにします。甘いものをとりすぎると乳房の平滑筋の緊張が高まりオッパイの張りが強くなります。また乳腺が詰まりやすくなり、乳腺炎をおこすことがあります。このため甘いものは控えるようにしますが、全く食べてはいけないというわけではありませんので、疲れたときや甘いものが欲しくなったときには少し控えめに食べてください。


トップ